Civil Engineer's Forum-FORUM8
このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Yahoo! JAPAN

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

Q&A防潮堤・護岸の設計計算 Q&A ('18.10.19)

NEW! 更新内容

Q24.控え鋼矢板式護岸の計算はできますか('18.10.19)

Q25.波返し工の底面と、堤体の天端幅は必ず一致していないといけないか('18.10.19)

Q26.下段マウンドの背面勾配を任意の値にする方法を教えてください('18.10.19)

Q27.地震時安定計算を行うにあたって、浮力を考慮したいのですが、設定方法がわからない('18.10.19)

Q28.「基礎捨石底面における地盤支持力の検討」の設定が有効にならない('18.10.19)

目  次
 

Q1.レベル2地震動には対応しているか?

Q2.海→陸方向の作用(波力)に対応していますか?

Q3.基礎検討時は「基礎の設計計算」等で別途モデル化しなければならないのでしょうか

Q4.波力の計算式は何に対応しているか

Q5.基礎との連動方法を教えてほしい

Q6.重力式Bタイプについて、フーチング上の土重量を、躯体重量にカウントしたいので設定方法を教えてほしい

Q7.[波返し工]タブ:「波返し工の入力座標PH3の下端位置<円弧中心のY座標」になっています。

上記のようなエラーが出て入力を受け付けてくれないのだが、回避方法はあるか


Q8.設計震度の計算プログラムはあるか?

Q9.常時と地震時で残留水位の値を変えて計算を行いたいが、可能か

Q10.[検討ケース]-[津波作用時]の画面で設定できる「一様部波圧pm係数」というのは何を設定したらよいか

Q11.[検討ケース]-[波の谷作用時]、[波の峰作用時]で設定できる、水深変化の設定はどこに影響するのか

Q12.波力計算時の前面水深の範囲はどのように考えて計算されているのか

Q13.計算条件の画面にて設定できる「上載荷重-壁体と仮想した境界面から前方の上載荷重」は何のために設けられているのか

Q14.土圧強度の直接指定の設定で、他の検討ケースに値をコピーしたいが、簡単に設定できる方法はあるか

Q15.基礎の設計計算へのデータ連動時に、割増し係数が設定されているが、この値の根拠は何か

Q16.背面土砂の傾斜を入力しているが土圧計算時に角度が考慮されていないようだ

Q17.フーチング上の土重量の前面側を考慮しない場合に対応しているか

Q18.支持力の計算について、極限支持力での照査を行いたいのですが、設定する方法を教えてほしい

Q19.重力式の背面勾配が鉛直になってしまうが、傾きがある場合はどうすればよいか

Q20.自重の水位を考慮した計算で使用している水位はどの値を使っているのか

Q21.重力式とL型で何か違いはあるのか

Q22.レベル1地震動の入力に震度があるが、これは設計水平震度を入れればよいのか

Q23.波圧下端位置が前面土砂高である場合に、揚圧力が前面土砂高位置での波圧になっている根拠は何か

Q24.控え鋼矢板式護岸の計算はできますか

Q25.波返し工の底面と、堤体の天端幅は必ず一致していないといけないか

Q26.下段マウンドの背面勾配を任意の値にする方法を教えてください

Q27.地震時安定計算を行うにあたって、浮力を考慮したいのですが、設定方法がわからない

Q28.「基礎捨石底面における地盤支持力の検討」の設定が有効にならない



 

Q1.

レベル2地震動には対応しているか?
A1. レベル2地震動については対応しておりません。
本件については、当社地盤解析シリーズである「UWLC」による動的有効応力FEM解析が必要になると考えられます。
将来的にはこのUWLCへの連携、もしくは本製品内での解析処理を検討したいと思いますが、現時点ではUWLCにて別途検討して頂くようにお 願いしたいところです。
 

Q2.

海→陸方向の作用(波力)に対応していますか?
A2. Ver.2.0.0から海→陸方向の作用(波力)に対応しました。
 

Q3.

基礎検討時は「基礎の設計計算」等で別途モデル化しなければならないのでしょうか
A3. 基礎側の照査を、道路橋示方書に準拠するのであれば、現行製品では弊社「基礎の設計計算」等のソフトを使って別途計算していただく必要があります。
Ver.2では設計した防潮堤について「基礎の設計計算」とファイルを介した連動の機能が利用可能です。
 

Q4.

波力の計算式は何に対応しているか
A4. 本製品では、以下の波力算出式に対応しています。


 

Q5.

基礎との連動方法を教えてほしい
A5. 基礎との連動は、ファイルを介した連動となります。そのため、それぞれ独立した設計計算となり、計算書も別々となります。
ファイル連動の手順は以下の通りです。
1. 防潮堤ですべての入力項目を設定し、計算実行ができる状態にします
2. 次に、ファイルメニューの「基礎連動用XMLファイルのエクスポート」を押下し、*.XPRファイルを吐き出します
3. 基礎の設計を立ち上げ、[新規作成]→(適用したい基礎形式)を選択してください。
4. [橋脚連動用XMLファイル|インポート]から、2.で吐き出したファイルを読込んでください。
 

Q6.

重力式Bタイプについて、フーチング上の土重量を、躯体重量にカウントしたいので設定方法を教えてほしい
A6. Ver2.1.0以降の製品であれば設定が可能となります。
[考え方|計算条件]において、重力式Bタイプ設計時「□土砂重量を考慮する」にチェックを入れてください。
 

Q7.

[波返し工]タブ:「波返し工の入力座標PH3の下端位置<円弧中心のY座標」になっています。

上記のようなエラーが出て入力を受け付けてくれないのだが、回避方法はあるか
A7. Ver.2.1.0より、波返し工の形状入力を見直し、ある程度自由度のある入力が可能となっています。
[初期入力]画面の波返し工「□重量計算でブロック割を適用する」のチェックを外していただくと、入力が可能になります。
ただし、このチェックを外した場合、計算書の重量計算について、詳細な計算式が出力されませんのでご了承ください。
 

Q8.

設計震度の計算プログラムはあるか?
A8. 国土交通省
国土技術政策総合研究所
港湾研究部
港湾施設研究室
http://www.ysk.nilim.go.jp/kakubu/kouwan/sisetu/
で紹介されているツールがあります。
 

Q9.

常時と地震時で残留水位の値を変えて計算を行いたいが、可能か
A9. 残留水位の値を検討ケース毎に直接変更することはできませんが、計算時に使用している残留水位は基本的に(γRWL×RWL)の値を使用しているため、部分係数をご変更いただくことである程度の対応は可能かと思います。
部分係数は、上部ツールバーの[基準値|部分係数]で変更することができます。
 

Q10.

[検討ケース]-[津波作用時]の画面で設定できる「一様部波圧pm係数」というのは何を設定したらよいか
A10. 本プログラムでは谷本式、修正谷本式に対応するため、波圧計算時の係数を指定できるようになっています。

谷本式の場合は2.2、修正谷本式の場合は3.0を用いて計算してください。
 

Q11.

[検討ケース]-[波の谷作用時]、[波の峰作用時]で設定できる、水深変化の設定はどこに影響するのか
A11. 港湾基準にて設計を行う際に、波力に対し考慮する部分係数の値が異なります。
それぞれの部分係数の値については、[基準値]-[部分係数]の画面にて確認することができます。
 

Q12.

波力計算時の前面水深の範囲はどのように考えて計算されているのか
A12. 本プログラムでは、[考え方]-[計算条件]の画面において、前面水深を「前面潮位〜前面土砂高」とするか、「前面潮位〜設置高」とするかを設定する項目を設けております。
設計例に合わせてご利用いただければと思います。
 

Q13.

計算条件の画面にて設定できる「上載荷重-壁体と仮想した境界面から前方の上載荷重」は何のために設けられているのか
A13. 漁港基準では、P.424に、滑動、転倒時は載荷しない状態、支持力や端趾圧の検討は載荷する場合についても検討すると記載しています。

本プログラムでは、この上載荷重を考慮するか否かの計算スイッチを設けていますが、検討項目毎に設定を変更することはできませんので、設計者のご判断で、場合によっては、2ケースの検討を行って下さい。
 

Q14.

土圧強度の直接指定の設定で、他の検討ケースに値をコピーしたいが、簡単に設定できる方法はあるか
A14. 各画面、シート上で右クリックを行うとポップアップメニューが表示されます。
ここから、各検討ケース間、または「主働側」⇔「受働側」間のコピーが可能です。
 

Q15.

基礎の設計計算へのデータ連動時に、割増し係数が設定されているが、この値の根拠は何か
A15. 平成24年度 道路橋示方書・同解説 T:共通編 のp.124に記載されている表-3.1.1の許容応力度の割増係数を参考にしています。
 

Q16.

背面土砂の傾斜を入力しているが土圧計算時に角度が考慮されていないようだ
A16. 土圧計算時の背面土砂勾配は、勾配を入力しただけでは考慮されません。
[考え方|土圧]画面で「土圧計算時に背面土砂勾配を考慮する」という項目がありますので、該当する場合はチェックを入れて下さい。
 

Q17.

フーチング上の土重量の前面側を考慮しない場合に対応しているか
A17. Ver.2.2.0より対応しております。
[考え方-計算条件]に 「□前面土砂重量を考慮しない」項目がありますので、こちらにチェックを入れてください。
 

Q18.

支持力の計算について、極限支持力での照査を行いたいのですが、設定する方法を教えてほしい
A18. 支持力検討は、基礎捨石がある場合に行います。
よって、初期入力画面で捨石マウンド(上段、下段いずれか)の設定を行ってください。
照査内容の詳細は、製品ヘルプ[計算理論および照査の方法|防潮堤・護岸の設計|地盤支持力の検討|基礎捨石底面における地盤支持力の検討] をご覧ください。
 

Q19.

重力式の背面勾配が鉛直になってしまうが、傾きがある場合はどうすればよいか
A19. [初期入力]画面では設定できませんので、[形状-堤体側面]画面にて、背面側勾配の設定を「鈍角」にしてください。
 

Q20.

自重の水位を考慮した計算で使用している水位はどの値を使っているのか
A20. 残留水位R.W.Lを使用しております。
 

Q21.

重力式とL型で何か違いはあるのか
A21. 土圧の作用面の考え方、土砂重量の考慮の有無などが異なります。
詳細は、製品ヘルプ[計算理論及び照査の方法−作用−土圧−算定の原則]、[操作方法−標準的な操作の流れ−本体データ生成ルール]などを参考いただけます。
 

Q22.

レベル1地震動の入力に震度があるが、これは設計水平震度を入れればよいのか
A22. お考えの通りです。
震度の標準値ではなく、地域別補正係数等すべて考慮した設計水平震度を設定してください。
入力した震度の値をそのまま使用して、土圧や動水圧など地震時の作用力を算出しています。
 

Q23.

波圧下端位置が前面土砂高である場合に、揚圧力が前面土砂高位置での波圧になっている根拠は何か
A23. 作用下端位置が「前面土砂高」の場合、前面土砂を通過することによる低減などを考慮し、揚圧力を精確に計算することは困難です。
本来であれば、浸透流解析などを行って等水頭線から揚圧力を算定する必要がありますが、
防潮堤のような構造物で、上記のような精密な揚圧力の考慮は必須ではないと考えられます。
したがって、本プログラムでは簡易的に(安全側となるよう)、「揚圧力Pu=前面土砂高での波力P」として計算を行います。
別途浸透流解析などで算定した揚圧力を使用する場合は、各検討ケースにて揚圧力を直接指定してください。
浸透流解析は、弊社製品『2次元浸透流解析(VGFlow2D)』で行うこともできます。
 

Q24.

控え鋼矢板式護岸の計算はできますか
A24. 「控え鋼矢板式護岸」は、当社の「矢板式係船岸の設計計算」が扱っている「普通矢板式係船岸」と類似の形状と思われます。ただし、本製品はあくまでも護岸でなく、係船岸、岸壁を対象としております。
 

Q25.

波返し工の底面と、堤体の天端幅は必ず一致していないといけないか
A25. 可能です。
[堤体側面|波返し工]の入力画面で、「□波返し底幅を躯体天端幅に一致させる」のチェックを外してください。
対応形状の詳細は、画面右下のボタンから起動できるヘルプ内に記載しております。
 

Q26.

下段マウンドの背面勾配を任意の値にする方法を教えてください
A26. 下段マウンド画面で、背面勾配を設定することができます。
 

Q27.

地震時安定計算を行うにあたって、浮力を考慮したいのですが、設定方法がわからない
A27. 浮力は、計算書出力を行った場合に、「壁体体積と重心位置」−「水位を考慮するブロックデータ」内にて浮力を考慮した重量を計算しております。
このときに考慮する水位は「基本条件」画面の潮位および残留水位の値を使用しますので、この値を適切に入力してください。
プログラムヘルプの「計算理論及び照査の方法」−「作用」−「一般事項」−「考慮する外力」も併せてご覧ください。
 

Q28.

「基礎捨石底面における地盤支持力の検討」の設定が有効にならない
A28. [形状]で上段、下段いずれかの捨石マウンドを入力していただく必要がございます。






戻る
UC−1 INDEX


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
医療法人知邑舎 岩倉病院
リハビリテーションセンター

[ お知らせ ]
デザインフェスティバル 2018
-3Days+Eveのご案内







>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
調節池・調整池の計算 Ver.8
たて込み簡易土留めの設計
計算Ver.3
FEMLEEG Ver.9
補強土壁の設計計算 Ver.6
等流・不等流の計算・3DCAD Ver.8

キャンペーン実施中
IT導入補助金
技術サービス早割
オータムFPBポイント倍増

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
11/12
 -13
 UC-win/Road・エキスパート・
トレーニングセミナー
11/21  建築基礎、地下車庫の設計
11/22  スパコンクラウド(R)
11/27  Shade3D

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CAD/CIM、建設会計
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション