Civil Engineer's Forum-FORUM8
このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Yahoo! JAPAN

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

Q&A 二柱式橋脚の設計計算(部分係数法・H29道示対応)
 Q&A ('19.11.11)
>> 旧基準製品Q&A


NEW! 更新内容
Q4−5.二柱式橋脚における柱の設計はどのような照査を行っているのか('19.11.11)

目  次
 1.適用範囲、制限条件  

Q1−1.既設検討・補強設計に対応しているか

Q1−2.三柱式橋脚の設計計算は可能か

Q1−3.「橋脚の設計・3D配筋(部分係数法・H29道示対応)」との機能上の違いは何か
 2.形状  

Q2−1.柱部材において、中空・テーパー形状に対応しているか
 3.上部工反力、任意荷重  

Q3−1.「荷重|永続/変動/偶発(衝突)」の各ケース画面で上部工反力の詳細入力を行う場合に「初期入力」画面の「地震時水平反力RH」は反映されないのか

Q3−2.上部工に作用する雪荷重(SW)の入力方法を教えてほしい
 4.柱の設計  

Q4−1.「荷重|偶発(レベル2地震動)」画面の「柱の塑性化」の設定は計算へどのように影響するのか

Q4−2.「Pa≧khc・W」の照査が行われない

Q4−3.杭基礎連動時において、「基礎の設計・3D配筋(部分係数法・H29道示対応)」側で偶発(レベル2地震動)に対するフーチング照査が行われない

Q4−4.柱ごとに上部工反力や分担重量を設定することは可能か

Q4−5.二柱式橋脚における柱の設計はどのような照査を行っているのか
 5.フーチングの設計  

Q5−1.フーチング柱間の照査位置を指定したいが可能か
 6.連動  

Q6−1.杭基礎連動時に動的解析により別途求められている橋脚基部の断面力を用いて基礎の照査を行う手順は?

Q6−2.「Engineer's Studio」データのエクスポートに対応しているか
 7.設計調書  

Q7−1.設計調書への対応予定を教えてほしい
 8.その他  

Q8−1.「震度算出(支承設計)(部分係数法・H29道示対応)」との連携に対応しているか







 1.適用範囲、制限条件 

Q1−1.

既設検討・補強設計に対応しているか
A1−1. 現在は対応しておりません。
H29道示を適用した既設検討・補強設計に関する参考資料や基準類の発刊後に対応を検討する予定です。
 

Q1−2.

三柱式橋脚の設計計算は可能か
A1−2. 申し訳ございませんが、対応しておりません。
 

Q1−3.

「橋脚の設計・3D配筋(部分係数法・H29道示対応)」との機能上の違いは何か
A1−3. Ver.1では、主に以下の機能上の違いがあります。

 ・はりの設定不可
 ・柱本数は2本(単柱は不可)
 ・柱の中空、テーパー設定不可
 ・柱間のフーチング照査が可能
 ・段差フーチングは不可
 ・深礎連動は不可
 2.形状 

Q2−1.

柱部材において、中空・テーパー形状に対応しているか
A2−1. 現行バージョンでは、柱部材において中空及びテーパーを考慮した形状には対応しておりません。
恐れ入りますが、ご了承ください。
 3.上部工反力、任意荷重 

Q3−1.

「荷重|永続/変動/偶発(衝突)」の各ケース画面で上部工反力の詳細入力を行う場合に「初期入力」画面の「地震時水平反力RH」は反映されないのか
A3−1. Ver.1.0.4より、下記の手順で地震時水平反力RHを反映できるように拡張を行っています。
 1. 「荷重|永続/変動/偶発(衝突)」の該当するケース画面を開きます。
 2. 同画面の「初期入力とRHを連携する」をチェック(レ)します。
 3.「詳細入力」ボタンを押下し開かれる画面で「HEQ」が反映されていることを確認して下さい。

※既に地震時水平反力を入力している場合は警告が表示されます。必要に応じて削除して下さい。
 

Q3−2.

上部工に作用する雪荷重(SW)の入力方法を教えてほしい
A3−2. 上部工に作用する雪荷重は、「荷重|永続/変動/偶発(衝突)」画面の各荷重ケース画面で下記の何れかの方法で設定して下さい。

■「詳細入力」を使用する場合
 1.「上部工反力|詳細入力を行う」にチェック(レ)します。
 2.「詳細入力」ボタンより開かれる画面で荷重種別を「SW」とし荷重を入力して下さい。
 ※荷重種別を選択することで荷重組合せ係数及び荷重係数を自動的に乗じます。
  従いまして、上記係数を考慮しない雪荷重の特性値を入力して下さい。

※詳細入力としての雪荷重は、Ver.2.0.0より対応しています。


■「詳細入力」を使用しない場合
「Rex」に荷重組合せ係数及び荷重係数を乗じた雪荷重を入力して下さい。
 4.柱の設計 

Q4−1.

「荷重|偶発(レベル2地震動)」画面の「柱の塑性化」の設定は計算へどのように影響するのか
A4−1. (1)「期待する」と「期待しない」
設計を行う上で、塑性化を期待する部位を「設計者」が決定する(明確にする)必要があるため選択としています。
水平変位の照査については両者で計算上の違いはありません。


(2)「許容しない」
ダム湖に架かる橋の橋脚のように地震後の点検や修復が著しく難しい場合を想定しています。


上記の(1),(2)より、現在はH29道示X(P.176)の図-解8.3.2と「荷重|偶発(レベル2地震動)」画面の「柱の塑性化」の選択より水平変位の制限値を決定しています。

最終的に適用される制限値は、計算書の「結果詳細|柱の設計(偶発(レベル2地震動)に対する照査)|結果一覧」の「δa」をご覧下さい。
 ・破壊形態が曲げ破壊型以外または柱の塑性化を「許容しない」としている場合
   水平変位の制限値を式(8.4.1)の「δyEd」とします。

 ・破壊形態が曲げ破壊型かつB種の橋の場合
   水平変位の制限値を式(8.4.2)の「δls2d」とします。

 ・破壊形態が曲げ破壊型かつA種の橋の場合
   水平変位の制限値を式(8.4.6)の「δls3d」とします。


せん断力に対する照査では下記の通り制限値を決定しています。
 ・「期待する」:正負交番作用による補正係数ccを考慮した「Ps」を用います。
 ・「期待しない」又は「許容しない」:正負交番作用による補正係数ccを1.0とした「Ps0」を用います。
 

Q4−2.

「Pa≧khc・W」の照査が行われない
A4−2. 「Pa≧khc・W」の照査を行うことはできません。
H29道示では、H24道示以前の水平耐力による照査から水平変位による照査へ変更されました。
具体的には、要求される耐荷性能に応じて下記の照査を行います。


耐荷性能1(A種の橋)
 δres≦δa(水平変位の照査)
 Pres≦Psd(せん断力の照査)

耐荷性能2(B種の橋)
 δres≦δa(水平変位の照査)
 Pres≦Psd(せん断力の照査)
 δR≦δRa(残留変位の照査)

構造細目(共通)
  Pa≧0.4c2z・W(水平耐力の下限値照査)

ここに,
 δres:水平変位(mm)
 δa :水平変位の制限値(mm)
 δR :残留変位(mm)
 δRa :残留変位の制限値(mm)
 Pres :せん断力(N)
 Psd :せん断力の制限値(N)
 c2z :レベル2地震動の地域別補正係数
 W :等価重量(N)
 

Q4−3.

杭基礎連動時において、「基礎の設計・3D配筋(部分係数法・H29道示対応)」側で偶発(レベル2地震動)に対するフーチング照査が行われない
A4−3. 杭基礎連動時は、「二柱式橋脚の設計計算(部分係数法・H29道示対応)」側で偶発(レベル2地震動)に対するフーチング照査を行います。
従いまして、基礎側で計算実行し、二柱式橋脚側の結果確認及び計算書でご確認下さい。
※「橋脚の設計・3D配筋(部分係数法・H29道示対応)」と仕様が異なります。
 

Q4−4.

柱ごとに上部工反力や分担重量を設定することは可能か
A4−4. 可能です。
本製品では、柱ごとの上部工反力やその他作用力、分担重量等の入力に対応しています。

<注意点>
震度連携時、ES・F3Dエクスポート時は、左右柱の水平変位は同一としてモデル化します。
従いまして、左右の上部工が別々に挙動する(振動特性が異なる)ようなモデルはサポート外となります。
 

Q4−5.

二柱式橋脚における柱の設計はどのような照査を行っているのか
A4−5. 本製品では、各柱を単柱としてそれぞれの作用状況に応じて下記の照査を行います。
■永続/変動/偶発(衝突)作用が支配的な状況に対する照査
 ・耐荷性能照査(限界状態に応じた曲げモーメント、軸力、せん断力に対する照査)
 ・耐久性能照査(内部鋼材の防食、部材の疲労)

■偶発(レベル2地震動)作用が支配的な状況に対する照査
 ・耐荷性能照査(水平変位≦水平変位の制限値、せん断力≦せん断力の制限値)
 ・Pa≧0.4・C2z・W(構造細目)
 5.フーチングの設計 

Q5−1.

フーチング柱間の照査位置を指定したいが可能か
A5−1. 現在は柱間の曲げモーメントが最大(最小)となる位置を抽出し計算しています。
申し訳ございませんが、任意の照査位置を指定することはできません。
 6.連動 

Q6−1.

杭基礎連動時に動的解析により別途求められている橋脚基部の断面力を用いて基礎の照査を行う手順は?
A6−1. 「考え方|偶発(レベル2地震動)」画面において、「フーチング・基礎|杭基礎プログラムとの連動時|レベル2地震時の作用力を直接指定する」をチェックしてください。
これにより、「基礎の設計・3D配筋(部分係数法・H29道示対応)」側の「偶発作用|基本条件」画面が直接指定モードへ切り替わります。
※直接基礎の場合は、動的解析で算定された作用力を直接指定することはできません。
 

Q6−2.

「Engineer's Studio」データのエクスポートに対応しているか
A6−2. Ver.2.0.0より、「Engineer's Studio」(Ver.8〜)のデータエクスポートに対応しています。
メイン画面メニューの「Engineer's Studioデータファイル」またはスピードボタンよりエクスポートを行ってください。
全体系モデルのエクスポートを行うには「震度算出(支承設計)(部分係数法・H29道示対応)」(Ver.3.0.0(Suite2.0.0))以降との連携が必要です。
 7.設計調書 

Q7−1.

設計調書への対応予定を教えてほしい
A7−1. 設計調書については、国土交通省や地方自治体の書式の公開を待って対応する予定としております。
 8.その他 

Q8−1.

「震度算出(支承設計)(部分係数法・H29道示対応)」との連携に対応しているか
A8−1. 初版より対応しており、設計水平震度及び分担重量の連携が可能です。
また、剛性モデルは、2本分の柱を、5節点4部材または5部材の1本棒にモデル化します。



戻る
UC-1 INDEX


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
株式会社オリエンタルコンサル
タンツ 関東支社 交通政策部

[ お知らせ ]
第13回フォーラムエイトデザイン
フェスティバル開催のご案内






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
水門の設計計算 Ver.5
砂防堰堤の設計計算 Ver.3
UC-win/Road Ver.14
ブロックUIプログラミングツール
プラグイン
UC-1 Cloud 自動設計シリーズ BOXカルバート

キャンペーン実施中
新製品 UC-1 Cloud 自動設計
シリーズ BOXカルバートリリース
グレードアップ
プログラミング教育ツール
リリース記念 Shade3Dバンドル

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
11/22  UC-win/Road DS体験
  名古屋
11/26  UAVプラグイン・VR体験
  宮崎
11/27  スイート積算体験
12/3  橋脚の設計・3D配筋(部分
  係数法・H29道示対応)
  /橋脚の復元設計

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CAD/CIM、建設会計
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・3D配筋CAD
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・クラウドデータバックアップサービス
・ファイル共有サービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション