Civil Engineer's Forum-FORUM8 このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Google

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

Q&AUC-1 Engineer's Suite 積算 Q&A ('17.021)

NEW! 更新内容

Q20.サンプルはどのようなものを用意していますか?('17.02.21) 

目  次
 

Q1.既設橋梁補修(補強)データは対応していますか?

Q2.ライフサイクルコスト比較表に対応していますか?

Q3.労務費は全国網羅されているか?

Q4.施工単価、基礎単価などは都道府県(県庁所在地)レベルのもののようですが、市区町村レベルのものはどのように扱えばよいでしょうか?

Q5.端数処理はどのように処理されていますか?

Q6.単価データベースは、工事費画面からしか呼出す事ができないのですか?

Q7.単価データベースの歩掛に、排出ガス対策として「第1次基準値」と「第2次基準値」の選択がありますが、何か違いがあるのですか?

Q8.設計業務の積算に対応していますか?

Q9.施工単価、施工パッケージ型単価から選択(取込)した項目は本体側の工事費画面で確認する方法はありますか?

Q10.施工パッケージ型単価を選択したものは、計算書に詳細が出力されますか?

Q11.本年度(H27)の施工パッケージ型単価は、H27.4適用版とH27.10適用版と2つありますが、どちらが今後提供される予定でしょうか?

Q12.単価更新は年間どの月に対応を予定していますか?

Q13.土地改良の積算に対応していますか

Q14.47都市全ての単価データベースではなく、ある都市のみを使用する事はできますか?

Q15.スイート積算と数量連携する製品群は?

Q16.本年度(H28)の国土交通省積算基準が昨年と同様に「4月版」と「10月版」と年2回発刊される予定ですが、どちらが今後提供される予定でしょうか?

Q17.H28年度、黄本の間接工事費の主な改訂はどうなっているか

Q18.H28年度、積算方法で注意する点はありますか?

Q19.設計書の取込み(*.xls「EXCEL97-2003,2007」)機能を用いる場合に、必要な条件はありますか?

Q20.サンプルはどのようなものを用意していますか?



 

Q1.

既設橋梁補修(補強)データは対応していますか?
A1. 本プログラムは、国土交通省土木工事積算基準の道路維持修繕(主に、橋梁補修工,橋梁補強工)にある一般的な歩掛は用意しております。
既設橋梁補修(補強)データが、橋梁架設工事の積算(日本建設機械化協会)の補修補強工事専用の歩掛をお考えなら、これに準拠した歩掛は対応しておりません。
 

Q2.

ライフサイクルコスト比較表に対応していますか?
A2. 申し訳ありませんが、対応しておりません。
 

Q3.

労務費は全国網羅されているか?
A3. 労務費は、全国(47都道府県)に対応しています。
 

Q4.

施工単価、基礎単価などは都道府県(県庁所在地)レベルのもののようですが、市区町村レベルのものはどのように扱えばよいでしょうか?
A4. 手動で変更する必要があります。
手動で入力した単価表、歩掛などをお客様独自のデータベースとして保存出来る機能はVer.1.0.1[2014/10/10時点]にはありませんが、次バージョン(Ver.1.1.0)で対応を予定しています。
 

Q5.

端数処理はどのように処理されていますか?
A5. 数量、単価、金額、間接工事費等で個別に止めと丸め方法 (切り捨て, 切り上げ, 四捨五入, 五捨五入) を選択する事が可能です。
設定は、オプション−端数処理の設定画面で行います。
 

Q6.

単価データベースは、工事費画面からしか呼出す事ができないのですか?
A6. Ver.1.1.0で工事費画面以外から単価DBを確認できる機能を追加しました。
メイン画面のメニュー「ファイル(F)−単価データベース参照(R)」を実行すると、単価DB内の単価や単価表を参照する事ができます。
 

Q7.

単価データベースの歩掛に、排出ガス対策として「第1次基準値」と「第2次基準値」の選択がありますが、何か違いがあるのですか?
A7. 第1次基準値と第2次基準値では、排ガスの基準値量によって分類されています。
排ガスとは、建設 機械の使用に伴い発生する一酸化炭素、炭素水素、窒素酸化物、粒子状物質、黒煙を指しています。
第2次基準値の方が第1次基 準値よりも少ない排ガスを求められる事になります。
 

Q8.

設計業務の積算に対応していますか?
A8. 本プログラムは、国土交通省土木工事積算基準に準拠して、請負工事費の予定価格の積算を目的としたものです。
国土交通省の設計業務等 標準積算基準書は、土木工事業に係る設計業務等に用いる業務委託料を求める積算が必要となるため対応していません。
 

Q9.

施工単価、施工パッケージ型単価から選択(取込)した項目は本体側の工事費画面で確認する方法はありますか?
A9. 本体側の工事費画面では、KeyIDの表記で判断できます。
施工単価から選択した項目:KeyID=[ A??? ] (Aのプレフックスが付きます)
施工パッケージ型単価から選択した項目:KeyID=[ C??? ] (Cのプレフックスが付きます)
 

Q10.

施工パッケージ型単価を選択したものは、計算書に詳細が出力されますか?
A10. 計算書では、以下のように施工パッケージは積算条件の詳細内訳が出力されます。

 

Q11.

本年度(H27)の施工パッケージ型単価は、H27.4適用版とH27.10適用版と2つありますが、どちらが今後提供される予定でしょうか?
A11. H27.4 適用版の提供を予定しています。
 

Q12.

単価更新は年間どの月に対応を予定していますか?
A12. 年間4回(1月、4月、7月、10月)を予定しています。
 

Q13.

土地改良の積算に対応していますか
A13. 農林水産省の積算基準(土地改良工事積算基準)には、現在のところ対応しておりません。
現時点で対応時期を明確にお答えすることができませんが、今後の開発の検討課題とさせていただきます。
 

Q14.

47都市全ての単価データベースではなく、ある都市のみを使用する事はできますか?
A14. Ver.2から1都市と工種(ユーザ指定可能)を限定したライセンス(Lite版)を用意しました。
このライセンスをご利用ください。
 

Q15.

スイート積算と数量連携する製品群は?
A15. 2016年12月下旬時点で連携する製品は次の通りです。

<単独製品>
・擁壁の設計 Ver.16.0.0
・BOXカルバートの設計 Ver.15.0.0
・橋脚の設計 Ver.13.2.0
・橋台の設計 Ver.14.2.0
・基礎の設計 Ver.1.2.0
・ラーメン橋脚の設計,RC下部工の設計Ver.2.2.0
・柔構造樋門の設計 Ver.9.1.0
・開水路の設計 Ver.2.1.0

<スイート製品>
・UC-1 Engineer’s Suite擁壁の設計
・UC-1 Engineer’s SuiteBOXカルバートの設計
・UC-1 Engineer’s Suite橋脚の設計
・UC-1 Engineer’s Suite橋台の設計
・UC-1 Engineer’s Suite基礎の設計
・UC-1 Engineer’s Suite ラーメン橋脚の設計
・UC-1 Engineer’s Suite柔構造樋門の設計
・UC-1 Engineer’s Suite開水路の設計
・UC-1 Engineer’s Suite土留め工の設計
・UC-1 Engineer’s Suite仮設構台の設計
・UC-1 Engineer’s Suite二重締工の設計
・UC-1 Engineer’s Suite切梁式二重締切工の設計
・UC-1 Engineer's Suite 深礎フレームの設計・3D配筋
 

Q16.

本年度(H28)の国土交通省積算基準が昨年と同様に「4月版」と「10月版」と年2回発刊される予定ですが、どちらが今後提供される予定でしょうか?
A16. H28.4月版の提供を予定しています。
 

Q17.

H28年度、黄本の間接工事費の主な改訂はどうなっているか
A17. 間接工事費の主な改訂は以下の通りです。

・橋梁保全工事の新設
・「河川・道路構造物工事」「鋼橋架設工事」「道路維持工事」の率の見直し
・「東京特別区/横浜市/大阪市」における「大都市補正の増設」
 

Q18.

H28年度、積算方法で注意する点はありますか?
A18. 従来は、共通仮設費に積み上げていた交通誘導警備員の計上をH28年改訂から、直接工事費として積み上げるようになった点があります。
 

Q19.

設計書の取込み(*.xls「EXCEL97-2003,2007」)機能を用いる場合に、必要な条件はありますか?
A19. 本機能を利用する前に、該当するエクセルのインストールが必要となります。
 

Q20.

サンプルはどのようなものを用意していますか?
A20. 以下、7ファイルを用意しています。

・Sample01.F3A 橋梁下部工事(鋼管杭基礎)

・Sample02.F3A PC橋架設工事(プレテンション方式)

・Sample03.F3A 築堤護岸工事

・Sample04.F3A 道路災害復旧工事

・Sample05.F3A 砂防堰堤工事

・Sample06.F3A 橋梁下部工事(鋼管杭基礎) ※積算本体と単価DB双方連動

・Sample07.F3A 橋梁下部工事(鋼管杭基礎) ※概算積算






戻る
UC−1 INDEX


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
パイオニア株式会社 川越事業所
[ イベントレポート ]
デザインフェスティバル 2016






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
UC-1 for SaaS FRAME(面内)
マネージャ Ver.2
電子納品支援ツール Ver.15
UC-win/Road Ver.12
Allplan 2017
配水池の耐震設計計算 Ver.7

キャンペーン実施中
UC-win/Road Ver.12リリース
記念、VRサポートサービス
グレードアップ
リバイバル
TV番組放映期間特別価格

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
4/5  EXODUS・SMARTFIRE体験
4/6  斜面の安定計算
4/7  スイート積算体験
4/11  UAVプラグイン・VR体験

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CALS/CAD
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション