Civil Engineer's Forum-FORUM8
このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Yahoo! JAPAN

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

   ホーム > 最新情報 > プレスリリース > 2010年 11月 4日ニュース

Civil Engineer's Forum-FORUM8 News Release
2010年11月4日
株式会社フォーラムエイト
フォーラムエイト 建設データ交換モデルIFC対応製品「橋脚の設計 for Allplan」リリース。
Build Live Tokyo 2010、チームF8W16が活用し、「IFCデータ連係賞」を受賞。


株式会社フォーラムエイト(所在地:東京都目黒区上目黒2-1-1 代表取締役 伊藤裕二) は、2010年10月29日(金)リリースの橋脚の設計Ver.8(Ver.8.02.00.)においてIFC形式及びAllplan形式のファイル出力(橋脚の設計 for Allplan)に対応し、図面出力の3次元配筋生成機能を拡張しました。

●「橋脚の設計」のIFC 出力
IFC の普及により3 次元CAD の浸透が期待されていることから、弊社でもIFC 対応を進めており、今回「3次元配筋ビューワ」の出力機能にIFC ファイル出力を組込んだ「橋脚の設計」をリリース致します。この対応により橋脚の躯体情報をIFC ファイルでAllplan やIFCViewer で読込み表示することが可能となりました。
フォーラムエイトでは今後も、3次元配筋機能の拡張・改善を進め、「3次元配筋シミュレーション」がよりいっそう普及することを目指しています。

また、UC-win/Roadにつきましても、IFCファイルの型式で地形データの交換が出来るプラグインオプションの開発を進めております。さらに、UC-Drawでも次期バージョンで3Dビューア機能で表示される鉄筋配置をIFCで出力3Dできるよう開発を進めており、近日リリース予定です。

●橋脚の設計 for Allplan
 弊社のCAD 統合製品では、構造物中の鉄筋を実際の鉄筋径で3次元表示することで配筋状態を確認できる「3次元配筋ビューワ」の搭載を進めています。このビューワは3ds ファイル出力機能を備えているので、3ds ファイル対応の3DCAD では、設計計算と一致した配筋状態を3次元表示で確認することができます。 
今回、3次元情報の出力拡張としてAllplan ファイル出力およびIFC ファイル出力に対応しました。以下にその機能を紹介します。

●3次元情報の連動
 Allplan はドイツのCADメーカー Nemetschek社により開発されたBIM 統合ソリューションで、3D 表示、レンダリング、数量計算などの機能を備えた建築CAD ですが、土木構造物を扱うこともでき、躯体・鉄筋を3次元上で表示して編集が可能です。また、編集した鉄筋配置などを反映した2次元配筋図(平面図、断面図など)や鉄筋加工図、部材数量表を作成する機能を備えています。
今回、鉄筋情報(鉄筋径、配置情報など)を扱えるAllplan 形式ファイルの出力を「3次元配筋ビューワ」に組込みました。この対応によりCAD 統合版製品からAllplan へ正確なデータ連動が可能となり、Allplan での3次元配筋シミュレーションが効率よく行えるようになりました。 この第1弾として「橋脚の設計」をリリースします。

Allplanでの読込み表示/橋脚の設計/3次元配筋ビューワ表示


Build Live Tokyo 2010にてチームF8W16が「データ連係賞」を受賞
●フォーラムエイトメンバーを中心とする「チームF8W18」は、48時間のデザインプロセスライブ Build Live Tokyo 2010に参加し、「IFCデータ連係賞」を受賞しました。参加チームは、BIMによるデータ連係、デザインシミュレーション、コラボレーション、 設計手法など様々な形で、BIMの効果を示すデザインプロセスに挑戦しました。

【IFC とは】
 IFC(Industry Foundation Classes) とは、建物を構成する柱や壁、ドアなどの寸法・形状・位置・材質など物理的情報の他、階・部屋・ゾーンなどの空間概念やプロジェクト・組織などの幅広い情報を扱うフォーマットです。IFC は、建築CAD や建築アプリケーション間の情報の共有、相互運用を実現するもので、建築家が設計した「柱」は、他の業種の担当者も同じ「柱」として扱うことができ、積算、設備設計、施工、施設管理の効率を計ることができます。
 IAI 日本では、IFC 建築モデルに鉄筋コンクリート構造情報を付加した国際標
準(ST-2) を日本の建築構造計算に適したフォーマットに拡張(ST-Bridge)することを検討中で2011 年の完成を目指しています。また、土木分野ではIAI フランス支部が開発した「IFC Bridge」(橋梁プロダクトモデル)が存在し、日本も土木分科会が参加しています。ここでは橋梁の3次元モデルに関する業務や研究が行われています。特に、鉄筋については1本ごとの形状、配置情報や継ぎ手の扱いなど細かな考慮が必要なため、こういった点において検討が進められています。


【株式会社フォーラムエイトとは】
バーチャルリアリティ、3次元解析など先進のソフトウェアと豊富な実績を有する設計支援・CADソフトを開発/販売/サポートする独立系ソフトウェア企業です。土木、建築、交通、自動車分野など海外も含めた精力的な展開を行っています。また従来までの解析支援サービスに加えて3D・VRエンジニアリングサービスとして、「3Dスキャン・モデリングサービス」、「3D模型サービス」、「3D図面サービス」というVRモデリングやBIMに関連したサービスを開始しており、実際の空間を計測しデータ化、モデル化とシミュレーション、そして3Dでの出力まで、3Dモデルを軸に一連のシリーズとして提供しております。登録ユーザ数も13,067(2010年8月9日現在)と数多くのユーザー様にご利用いただいております。

[この件に関するお問い合わせ先]
(会社名)株式会社フォーラムエイト
(部署名)バージョンアップセンターチーム
(担当者名)山口
TEL: 03-5773-1888
e-mail:yamaguchi@forum8.co.jp

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
ARTC(車両研究測試中心)
(台湾)

[ お知らせ ]
ユーザ要望アンケートご協力の
お願い







>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
基礎の設計・3D配筋(部分
係数法・H29道示対応) Ver.3
控え壁式擁壁の設計計算 Ver.7
揚排水機場の設計計算 Ver.4
3DモデルIFC変換ツール
建築杭基礎の設計計算 Ver.5

キャンペーン実施中
IM&VR BIM/CIM関連製品導入
新規ユーザ様ご紹介
会計ソフトお試し0円

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
7/23  UC-win/Road
  Advanced・VR(東京)
7/24  線形最適化OHPASS
7/25  Arcbazar・環境アセスVR
7/26  動的解析

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CAD/CIM、建設会計
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・3D配筋CAD
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・クラウドデータバックアップサービス
・ファイル共有サービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション