Civil Engineer's Forum-FORUM8 このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Google

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

Home Back
UC-1シリーズ 道路土工
 
UC-1  共同溝の耐震計算
¥192,000(税別)
レンタル ¥57,600〜
(税別)
液状化の判定、液状化による浮上り照査、縦断方向の耐震設計を行うプログラム

初版リリース : '12.12.27

電子納品対応

Products Guide
製品カタログ(PDF)
体験版
ダウンロード
操作ガイダンス
ダウンロード
Q&A
Order
製品購入
アカデミー価格
サブスクリプション
ライセンスパック
FPBポイント・バンク
レンタルライセンス/フローティングライセンス
Windows Vista/7/8/10 対応
製品詳細価格/購入サンプル画面ユーザ紹介/評価・Q&A

  プログラム概要
ライン
「共同溝設計指針 (S.61.3)(社)日本道路協会」を参考に、地盤の液状化の判定、共同溝の液状化による浮上り照査、共同溝の縦断方向の耐震設計を行うプログラムです。
1990年代にDOS版として自社開発していた「液状化判定・共同溝の耐震設計」を諸般の事情により廃版としていましたが、再リリースを望む声に応えてWindows版「共同溝の耐震計算」としてリメイクしました。
  関連情報
新製品紹介

  プログラムの機能と特長
ライン
■概要

本製品は「共同溝設計指針 (S.61.3) (社)日本道路協会」を参考に、
  • 地盤の液状化の判定
  • 共同溝の液状化による浮上り照査
  • 共同溝の縦断方向の耐震設計
が行えます。

本製品では共同溝設計指針の内容を元にレベル1地震時までを対象とします。本製品は上記3種類の照査を最大5ヶ所まで同時に行えます。共同溝の浮上り、耐震設計は、3連3階までの形状のものについて検討を行います。内空を連結することが可能です。但し、上階部の幅が下よりも広い形状については入力できません。

▲計算可能な形状例


■計算機能
  • 液状化、共同溝の浮上りの検討、共同溝の耐震設計を同時に5ヶ所まで計算できます。
  • すべての検討においてレベル1地震時を対象に行います。
  • 液状化の判定において道示V(H24.3)の方法を選択時は、液状化すると判定された土層について土質定数に乗じる係数を、「道路橋示方書V耐震設計編(H24.3) 8.2.4 耐震設計上土質定数を低減させる土層とその扱い」に基づいて算出します。
  • 地盤種別は、特性値から求める方法、当該地盤の地層構造から算出する方法を選択することができます。
  • 共同溝形状は、3連3階までで各種形状を取り扱うことができます。
  • 計算結果は、計算確認モードで一覧表および図を用いてわかりやすく表示しています。
    計算書作成モードでは、図表混じりで詳細に高品質出力をプリンタおよび画面上(プレビュー)に出力します。


■液状化の判定

共同溝設計指針の方法は従来の道示V耐震設計編(昭和55年5月)の方法でかなり古いものとなります。そこで本製品では次の2種類の方法を用意しました。
  1. 道路橋示方書 V耐震設計編(H24.3)
  2. 道路橋示方書 V耐震設計編(H14.3)
レベル1地震時の液状化に対する抵抗率FLを算出して液状化の判定を行います。H24.3選択時は液状化が生じると判定された場合の土質定数の低減係数DEの算出も行います。


■液状化による浮上り照査

共同溝底面が液状化の判定を行う必要のある土層に位置する場合、またはその土層以深の粘性土層への共同溝の根入れが不十分な場合を対象に行います。

上載土の荷重Ws、本体の自重WB、上載土のせん断抵抗Qs、本体側面の摩擦抵抗QB、本体底面に作用する静水圧による揚圧力US、本体底面に作用する過剰間げき水圧による揚圧力UDを考慮しますが、各層の液状化に対する抵抗率FLを入力し、検討時にFLが1.0以下の層におけるQs、QBは考慮しないものとして検討します。




■縦断方向の耐震設計

共同構の耐震設計は、共同溝指針に「軟弱地盤部、地盤条件変化部または特殊な構造となる箇所について行う。」と書かれています。本製品は、このうちの軟弱地盤部、地盤条件変化部についての耐震設計を行います。

共同溝の耐震設計は、応答変位法によるものとし、
  1. 継手を設けた場合の断面力の低減
  2. 地盤条件変化部における断面力の補正
  3. 共同溝の応力度算定における断面力の重ね合わせ
を考慮して行います。
Page Top PageTop

  適用基準及び参考文献
ライン
適用基準
  • 共同溝設計指針 (昭和61年) (社)日本道路協会
  • 道路橋示方書・同解説 V 耐震設計編(平成24年3月) (社)日本道路協会
  • 道路橋示方書・同解説 V 耐震設計編(平成14年3月) (社)日本道路協会
Page Top PageTop

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
三井共同建設コンサルタント
[ イベント ]
フォーラムエイト設立30周年記念






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
擁壁の設計・3D配筋 Ver.17
電子納品支援ツール(電気通信設備対応) Ver.11
UC-1 for SaaS FRAME(面内)
マネージャ Ver.2
電子納品支援ツール Ver.15
UC-win/Road Ver.12

キャンペーン実施中
30周年記念スプリング
UC-win/Road Ver.12リリース
記念、64bitネイティブ対応
トレードアップ
セミナー来場者優待

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
6/23  Arcbazar・環境アセスVR体験
6/27  UC-win/Road Advanced・
 VR(東京)
7/4  UC-win/Road DS体験
 (名古屋)
7/5  鋼橋自動/限界状態設計
 体験

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CALS/CAD
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション