FORUM8(フォーラムエイト)では、土木設計支援ソフトだけでなく、シミュレーションソフト、建築設計ソフト、構造解析ソフト、避難解析、建物エネルギーシミュレーション、BIMなどの様々な土木、建築、道路といった生活環境を整える業務をされているユーザ様により良いソフトを提供をしていきます。
Civil Engineer's Forum-FORUM8
このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Yahoo! JAPAN

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

Q&A集 Q&A集
Ver. 日付 内  容
5.03

(Ver.6)
6.00
'09.07.27 ■追加機能および修正(変更)内容
◆機能拡張・改善

  • 「SXF Ver.3.1」に対応しました。出力するSXFバージョンの設定は、ファイル入出力設定の「SXF入出力」タブにて行います。
  • 以下のコマンドにて、要素の表示順を変更できるように対応しました。
      ・「表示(D) → 表示順入れ替え(R)」
      ・「表示(D) → 基準の前面に移動(F)」
      ・「表示(D) → 基準の背面に移動(B)」
      ・「SXF表示機能及び確認機能要件書(案) H19.11」に「SXF表示機能及び確認機能要件書(案) H21.3」の機能を追加しました。
  • 「図面の設定」ダイアログボックスにて、図面が任意サイズの場合の呼び方と、図面の正位(縦/横)の表示に対応しました。
  • 「ファイル(F) → 指定領域印刷(A)」にて、任意の範囲および縮尺による印刷に対応しました。
  • 線種ピッチの表示について、画面の表示倍率にかかわらず、一定のピッチで表示できるように対応しました。線種ピッチ表示の設定は、「設定(S) → システム設定(S) → 基本表示設定(H)」にて行います。
  • 「表示(D) → 代替フォント使用箇所の表示(A)」にて、フォントが変更された箇所を表示できるように対応しました。
  • 以下のコマンドにて、文字種別ごとの使用箇所を表示できるように対応しました。
      ・「表示(D) → 漢字使用箇所の表示(C)」
      ・「表示(D) → 平仮名使用箇所の表示(H)」
      ・「表示(D) → 片仮名使用箇所の表示(K)」
  • 以下の条件を満たす場合に、作図部品の分解に対応しました。
      ・スケールシートの縮尺が「X方向=Y方向」であること。
      ・作図部品の貼り付け尺度が「X倍率=Y倍率」であること。
      ・入れ子の場合は、親となる作図部品が上記の2条件を満たすこと。
  • 「計測(M) → 周長[要素指定](S)」で、クロソイド曲線の計測に対応しました。
  • 「設定(S) → システム設定(S) → 基本表示設定(H)」で、線種ピッチ表示オプションに「拡大縮小する」を選択している場合の、実線以外の線種ピッチの表示速度を改善しました。
  • 「表示(D) → 要素選択制御ウィンドウ(F)」に、「全要素から選択」ボタンを追加しました。
  • DWG・DXFの入力で、文字列中に含まれるタブ文字を指定した数の半角スペースに置き換えるように対応しました。
  • DWG・DXFの出力で、レイヤ名と線種名のチェック時のメッセージを改善しました。
  • DWG・DXFの出力で、分解可能な作図部品を出力できるように対応しました。

◆機能変更
  • 「図面のスケールシート設定」ダイアログボックスにおいて、最初のスケールシートを「用紙のスケールシート」として、位置を固定するようにしました。
  • ファイル読み込み後、子ウィンドウの数が1枚の場合は、最大化表示を行うようにしました。
  • すでに「配筋(H)」メニューへ移行済みのため、配筋図生成機能については削除しました。

■ヘルプの追加・変更箇所
□「はじめに」
  ・「バージョン情報」
    ・「Ver.5.03」の改訂内容(「Ver.5.02」からの変更点)
□「製品概要」
  ・「UC-Drawの主要機能」
□「基本事項」
  ・「データファイル」
□「操作方法」
  ・「基本操作」
    ・「連続コマンドモード」
    ・「要素情報ウィンドウの操作」
    ・「要素選択制御ウィンドウの操作」
  ・「ファイルの入出力」
    ・「ファイルを読み込む」
    ・「ファイルを保存する」
    ・「ファイルの入出力条件を指定する」
    ・「複数の図面ファイルを一括でSXFファイルに変換する」
  ・「図面の印刷」
    ・「ドライバ出力で印刷する」
    ・「印刷イメージをプレビューする」
    ・「図面の印刷倍率を指定する」
    ・「図面の印刷位置を調整する」
    ・「朱書きの印刷有無を指定する」
  ・「補助機能」
    ・「SXF属性の追加・修正・削除を行う」
□「メニューリファレンス(図面モード)」
  ・「ファイル(F)」
    ・「開く(O)」   
    ・「開き直す(L)」
    ・「SXF一括出力(A)」
    ・「複数ファイルSXF出力(B)」
    ・「指定領域印刷(A)」
  ・「表示」
    ・「最前面に移動(T)」
    ・「最背面に移動(B)」
    ・「表示順入れ替え(R)」
    ・「基準の前面に移動(F)」
    ・「基準の背面に移動(B)」
    ・「代替フォント使用箇所の表示(A)」
    ・「漢字使用箇所の表示(C)」
    ・「平仮名使用箇所の表示(H)」
    ・「片仮名使用箇所の表示(K)」
  ・「設定(S)」
    ・「システム設定(S)」
      ・「基本表示設定(H)」
      ・「ファイル入出力設定(F)」
      ・「スケールシート設定(C)」
    ・「図面設定(Z)」
    ・「スケールシート設定(C)」
□「メニューリファレンス(朱書きモード)」
  ・「ファイル(F)」
    ・「開く(O)」   
    ・「開き直す(L)」
    ・「SXF一括出力(A)」
    ・「複数ファイルSXF出力(B)」
    ・「指定領域印刷(A)」
  ・「表示」
    ・「代替フォント使用箇所の表示(A)」
    ・「漢字使用箇所の表示(C)」
    ・「平仮名使用箇所の表示(H)」
    ・「片仮名使用箇所の表示(K)」
  ・「設定(S)」
    ・「システム設定(S)」
      ・「基本表示設定(H)」
      ・「ファイル入出力設定(F)」
  ・「図面情報(I)」
    ・「図面設定参照(Z)」
□キーワード他
  ・「指定領域印刷」ダイアログボックス
  ・「図面の設定」ダイアログボックス
  ・「図面印刷」ダイアログボックス
  ・「部分印刷」ダイアログボックス
  ・「複数ファイルSXF出力」ダイアログボックス
  ・DWG・DXF出力
  ・DWG・DXF入力
  ・SXFファイルの入出力機能に関する注意事項
  ・SXF入出力
6.00

6.10
'09.09.30 ◆機能拡張・改善
  • Windows7に対応しました。
  • DWG・DXF入出力で要素の互換性の向上
     入出力の互換性
      入力
      ・グループ → グループ
      ・ブロック参照 → 作図部品配置
      ・一括挿入ブロック → 作図部品配置
      出力
      ・グループ → グループ
      ・既定義シンボル → 文字列、グループのいずれか
      ・作図部品 → ブロック&ブロック参照

◆問題点対策
  • 角度寸法線のSXF出力時に矢印が欠落する場合がある点を対策しました。
  • 表示順の移動でエラーが発生する場合がある点を対策しました。
  • 表示順の制御のため表示速度が遅くなっていた点を対策しました。
  • 原点が(0,0)以外のスケールシートで計測を行った場合に、計測値が正しく貼付られない点を対策しました。
  • 「カレントスケールシート以外も編集」で計測を行った場合に、計測値が正しく貼付られない点を対策しました。
  • ハッチング作図中に表示を変更した場合に、ラバーバンドが正しく表示されない点を対策しました。
  • 選択状態の要素がそのまま印刷される点を対策しました。
  • 実線以外を「編集→延長」で延長した場合に表示がおかしくなる点を対策しました。

■ヘルプの追加・変更箇所
□「はじめに」
・「バージョン情報」
□「操作方法」
・「ファイルの入出力」
・「ファイルを読み込む」
・「ファイルを保存する」
・「ファイルの入出力条件を指定する」
□「メニューリファレンス(図面モード)」
・「ファイル(F)」
 ・「開く(O)」   
 ・「開き直す(L)」
 ・「名前を付けて保存(S)」
 ・「追加読み込み(T)」
 ・「SXF一括出力(A)」
 ・「複数ファイルSXF出力(B)」
・「設定(S)」
 ・「システム設定(S)」
 ・「ファイル入出力設定(F)」
□「メニューリファレンス(朱書きモード)」
・「ファイル(F)」
 ・「開く(O)」   
 ・「開き直す(L)」
 ・「名前を付けて保存(S)」
 ・「SXF一括出力(A)」
 ・「複数ファイルSXF出力(B)」
・「設定(S)」
 ・「システム設定(S)」
 ・「ファイル入出力設定(F)」
□キーワード他
・「Ver.6.00」の改訂内容(「Ver.5.03」からの変更点)
6.10

6.11
'10.03.17 ■主な修正内容
  • JWWファイルを読込み、SFCファイル出力を行った際にSFCファイルが正常に作成されない場合がある点を対策しました。

■ヘルプの修正
  • はじめに−バージョン情報
Page Top Page Top
 ■ 更新履歴バックナンバー
    ・UC-Draw Ver.8
    ・UC-Draw Ver.7.1
    ・UC-Draw Ver.7
    ・UC-Draw Ver.6
    ・UC-Draw Ver.5
    ・UC-Draw Ver.4
    ・UC-Draw Ver.3
    ・UC-Draw Ver.2
    ・UC-Draw Ver.1
戻る
バージョン更新情報

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
川崎重工業株式会社
[ お知らせ ]
デザインフェスティバル2018
レポート






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
RC下部工の設計・3D配筋(部分係数法・H29道示対応) Ver.2、
RC下部工の設計計算(部分係数法・H29道示対応) Ver.2
ラーメン橋脚の設計・3D配筋(部分係数法・H29道示対応) Ver.3、ラーメン橋脚の設計計算(部分係数法・H29道示対応) Ver.3
震度算出(支承設計)(部分係数法
・H29道示対応) Ver.3
橋脚の設計・3D配筋
(日本基準/英語版)
基礎の設計・3D配筋
(日本基準/英語版)

キャンペーン実施中
地方創生・国土強靭化
セミナーフェア連動
FORUM8 Shade3D Ver.19
リリース記念
マルチライセンス

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
3/28
-29
 ジュニア・ソフトウェア
4/4  鋼橋自動/限界状態設計
4/5  橋梁下部工設計
  (部分係数法・H29道示対応)
4/5  地方創生・国土強靭化

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CAD/CIM、建設会計
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション