Civil Engineer's Forum-FORUM8
このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Yahoo! JAPAN

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

Q&A集 Q&A集
Ver. 日付 内  容
4.00.00 '04.09.08 ■追加機能および修正(変更)内容
【全般】
・基礎の設計計算Ver.4,杭基礎の設計Ver.4として、下記の機能に対応しました。(Ver.4のライセンスが必要です)
 ・2.5次元解析による杭基礎レベル2地震時照査に対応しました。この機能を用いることによって、以下の照査を行うことが可能です。
  ・地層傾斜を考慮したレベル2地震時照査。
  ・異なる杭径,杭長の杭が混在するケースのレベル2地震時照査。
  ・2.5次元解析による斜杭を考慮したレベル2地震時照査。
  ・慣性力の向きと直交方向に死荷重を載荷してレベル2地震時行う。
・増し杭工法時の底版許容応力度法照査に対応しました。

【要望対応】
(入力部)
・SC+PHC杭の設計において、杭径の異なるSC杭とPHC杭の組合せに対応しました。以下の組合せを考慮することが可能です。(Ver.3のライセンスが必要です)
  ・SC杭φ318.5,PHC杭φ300.0(mm)
  ・SC杭φ355.6,PHC杭φ350.0(mm)
・「地層」−「土質一覧」−「土質データ(2)」画面の周面摩擦力度の上限値を、900.0(kN/m2)から2000.0(kN/m2)へ変更しました。
・杭基礎の「底版形状」画面の入力において、柱の入力を座標の正(+)から負(−)の順に、右から1,2,3と入力する仕様としていましたが、左から右に1,2,3と入力するように改めました。同様に、「予備計算」−「作用力計算」の出力も改めました。
(計算部)
・杭基礎,直接基礎の多柱式橋脚フーチング許容応力度法照査において、橋軸直角方向の柱間のせん断応力度照査を、せん断スパンの影響を考慮しないものとして照査できるようにしました。「底版設計」−「計算条件」画面の『連続フーチングの柱間のせん断照査』で設定してください。
・杭基礎,直接基礎の多柱式橋脚フーチング柱間レベル2地震時照査に対応しました。「底版設計」−「計算条件」画面の『連続フーチングの柱間照査=する』と設定してください。詳しい照査方法は、こちらをご参照ください。
  ・杭基礎:「計算理論及び照査の方法」−「杭基礎」−「レベル2地震時照査」−「基礎の非線形性を考慮した解析方法」−「底版照査」
  ・直接基礎:「計算理論及び照査の方法」−「直接基礎」−「底版照査」−「レベル2地震時照査」
・「橋脚の設計」との連動時の底版レベル2地震時照査において、増し杭工法時のせん断耐力Ss算出用の有効高dを、増厚後の底版厚を用いて引張側主鉄筋の最外縁かぶりに対する高さとしていましたが、「既設道路橋基礎の補強に関する参考資料」の増厚部の上面側の有効高を考慮することができなかったため、直接入力できるようにしました。橋脚側の「補強」−「フーチング部材」で設定してください。
(出力部・結果確認部)
・鋼管矢板基礎の「レベル2地震時の照査」−「計算結果」の『WF’』の説明を分かりやすい表現に改めました。

【不具合対策】
(入力部)
・杭基礎の「杭本体」−「その他」画面において、流動化考慮時、[計算]ボタンを押下しても地盤から決まる支持力上限値が算出されない不具合があり、これを対策しました。
(計算部)
・盛りこぼし橋台における杭基礎の設計において、地盤変位荷重による地震時の全相対変位の算出方法を変更しました。詳細は「計算理論及び照査の方法」−「杭基礎」−「橋台特殊設計(側方移動/盛りこぼし橋台)」をご参照ください。
・盛りこぼし橋台において、盛土高H1が(mm)単位で設定されているとき、予備計算時に「杭断面数が足りない」が表示されるケースがあり、これを対策しました。
・杭基礎の常時,レベル1地震時の安定計算において、底版前面水平抵抗を考慮する場合、底版前面の地盤反力度の一部が抵抗土圧強度を超えていても、全ての地盤反力度が抵抗土圧強度を超えない限り底版前面抵抗を抵抗力として考慮した計算を行わない不具合があり、これを対策しました。
・「橋脚の設計」との連動時の底版レベル2地震時照査において、増し杭工法時、杭中心位置における降伏曲げモーメントMy算出に用いる主鉄筋量の取扱いに誤りがあったため、以下のように対策を行いました。
・上側引張時のとき、柱前面と同様、有効幅内のうち柱部を除いた範囲の補強部鉄筋量のみ考慮して照査していたため、柱部の鉄筋を考慮した照査を行うようにしました。
・拡幅された増設底版の下側引張の照査に対して、既設底版位置と同様に、既設+補強鉄筋を用いて照査していたため、補強鉄筋のみ考慮した照査を行うようにしました。
・杭基礎の杭体応力度照査において、杭径・杭長変化あり,地層傾斜ありのとき、「計算・結果確認」−「杭体応力度」画面を開き直して追加計算を行うと、錆代を無視した応力度照査を行ってしまう不具合の対策を行いました。
・「杭基礎の設計計算」のデータファイル読込み時、杭体第2,3断面のヤング係数を設定する処理が抜けていたため、常時,レベル1地震時の安定計算時にエラーメッセージ「0割が発生しました」が表示される不具合の対策を行いました。
(出力部・結果確認部)
・鋼管矢板基礎の「レベル2地震時の照査」−「地層データ」の出力において、「(3)基礎前面の水平方向地盤抵抗」を「(3)基礎底面の水平方向地盤抵抗」と出力していたため改めました。また、地盤抵抗の出力順を道路橋示方書の記述順に合わせました。

■ヘルプの追加
・「概要」−「バージョン及び改良点」−「Ver.4.00.00」(追加)
・「概要」−「プログラム機能概要」−「プログラム概要」
・「概要」−「プログラム機能概要」−「機能及び特長」
・「概要」−「プログラム機能概要」−「適用範囲」
・「概要」−「プログラム機能概要」−「適用基準および参考文献」
・「概要」−「プログラム機能概要」−「旧製品との相違」
・「概要」−「プログラム機能概要」−「旧製品および杭基礎の設計のデータファイルについて」
・「概要」−「プログラム機能概要」−「杭基礎の設計との入力箇所の対比表」
・「操作方法」−「標準的な処理の流れ」−「設計手順」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「地層」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「計算条件」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「杭配置」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「予備計算・結果確認」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「底版形状」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「杭頭結合計算」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「底版設計(橋脚)」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「レベル2地震時」−「基本条件(橋脚)」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「レベル2地震時」−「基本条件(橋台)」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「レベル2地震時」−「底版設計(橋台)」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「レベル2地震時」−「杭本体」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「レベル2地震時」−「地盤データ」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「計算・結果確認」−「安定計算」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「計算・結果確認」−「杭頭結合計算」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「計算・結果確認」−「杭頭補強鉄筋」(削除)
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「計算・結果確認」−「杭頭カットオフ」(削除)
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「計算・結果確認」−「底版許容応力度法照査」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「計算・結果確認」−「レベル2地震時」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「計算・結果確認」−「底版レベル2地震時照査」(追加)
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「鋼管矢板基礎」−「形状」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「鋼管矢板基礎」−「レベル2地震時基本条件(橋脚)」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「鋼管矢板基礎」−「レベル2地震時基本条件(橋台)」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「直接基礎」−「底版形状」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「直接基礎」−「レベル2地震時基本条件」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「直接基礎」−「底版設計」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「直接基礎」−「計算・結果確認」−「底版照査(レベル2)」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「計算書作成」−「[杭基礎]」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「設計調書」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「計算実行」−「■杭基礎の計算内容設定項目」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「ヘルプ」
・「操作方法」−「UC−1連動」−「UC-1製品との連動」
・「計算理論及び照査の方法」−「杭基礎」−「橋台特殊設計(側方移動/盛りこぼし橋台)」
・「計算理論及び照査の方法」−「杭基礎」−「底版許容応力度法照査」
・「計算理論及び照査の方法」−「杭基礎」−「レベル2地震時照査」−「基礎の非線形性を考慮した解析方法」−「2.5次元解析によるレベル2地震時照査」(追加)
・「計算理論及び照査の方法」−「杭基礎」−「レベル2地震時照査」−「基礎の非線形性を考慮した解析方法」−「底版照査」
・「計算理論及び照査の方法」−「直接基礎」−「底版照査」−「許容応力度法照査」
・「計算理論及び照査の方法」−「直接基礎」−「底版照査」−「レベル2地震時照査」
4.00.00

4.00.01
'04.09.30 ■追加機能および修正(変更)内容
【要望対応】
(入力部)
 ・杭基礎の「杭配置」−「斜角」画面の斜角の上限値を15(度)から20(度)へ変更しました。
 ・杭基礎の「予備計算:結果確認」−「Kv値」画面において、計算杭長が範囲外で入力されているとき、計算杭長以外の入力箇所をクリックするたびに「計算杭長は0.10〜100.00の範囲で入力してください。」のメッセージが頻繁に表示されていたため、「Kv値」画面を抜けるときにのみ表示するように改善しました。
 ・杭基礎の「レベル2地震時照査」−「地盤データ」画面において、「杭間隔÷杭径」の計算ができない条件のとき、「計算」ボタン押下時にメッセージを表示するようにしました。
(計算部)
 ・杭基礎の「杭配置」−「盛りこぼし橋台」画面において、[計算]ボタン押下時の変形係数Eδの算出方法を、『1.5×Esp』,『1.5×αEk』から選択できるようにしました。
 ・鋼管矢板基礎の中掘り工法コンクリート打設方式での許容支持力算出に対応しました。
 ・ケーソン基礎の頂版の部材計算において、頂版下面の鉛直力算出に頂版の浮力を考慮するか否かの選択を追加しました。「基本条件」画面の「部材計算の頂版の浮力の取扱い」で指定してください。
(出力部・結果確認部)
 ・杭基礎の下記項目に杭本数の出力を追加しました。
   ・「設計条件」−「杭の条件」
   ・「レベル2地震時の照査」−「設計条件」
 ・杭基礎の「断面計算」−「杭体応力度」の出力において、『x』(中立軸)について説明文を出力するようにしました。
 ・杭基礎の「レベル2地震時照査」−「設計条件」の出力において、PC鋼材量,配置半径等の出力を追加しました。
 ・杭基礎の「レベル2地震時の照査」−「計算結果一覧表」の出力に、下記項目を追加しました。
 ・最大曲げモーメントMmaxの抽出条件を追加しました。
 ・せん断耐力Psの出力箇所にコンクリートが負担するせん断耐力Scと帯鉄筋の負担するせん断耐力Ssを出力するようにしました。

【不具合対策】
(計算部)
 ・杭基礎のレベル1地震時の安定計算において、層厚が0.00(m)となるとき、まれに「不正な浮動小数点演算命令」のメッセージが表示され計算に失敗するケースがあり、これを対策しました。
 ・杭基礎の底版レベル2地震時照査において、増し杭工法時、補強鉄筋のみを用いて有効高を算出していた不具合の対策を行いました。
 ・杭基礎の多柱式橋脚フーチング柱間レベル2地震時照査において、標高で指定された水位をフーチング下面からの高さとして計算していた不具合の対策を行いました。
 ・水平変位の制限を緩和する杭基礎の設計において、「計算条件」−「入力条件」画面の『作用力(自動計算)=自動計算のみ』のとき、作用力画面で確定しないと作用力が反映されない不具合の対策を行いました。
(出力部・結果確認部)
 ・杭基礎の「計算・結果確認」−「総括表」,および「杭体応力度」画面において、算出された杭体応力度が微小に許容応力度を超える場合、まれにOUTと判定されないケースがあり、これを対策しました。
 ・杭基礎の「底版照査(レベル2)」画面において、プリンタ出力/HTMLファイル出力時のタイトルが「許容応力度法」となっていた不具合の対策を行いました。
 ・ケーソン基礎の入力テキスト出力の対象構造物に誤った名称を出力していた不具合の対策を行いました。
(その他)
 ・Ver.3.05.00〜Ver.3.05.02の杭基礎のデータファイル読込み時、「計算条件」−「入力条件」画面で「M−φ=自動計算」と設定されていると、「M−φの計算に失敗しました」と表示されるケースがあり、これを対策しました。

■ヘルプの追加
・「概要」−「バージョン及び改良点」−「Ver.4.00.01」(追加)
・「概要」−「プログラムの機能概要」−「機能及び特長」の「◆鋼管矢板基礎」
・「概要」−「プログラムの機能概要」−「適用範囲」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「杭配置」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「鋼管矢板基礎」−「形状」の「■許容支持力・引抜力」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「ケーソン基礎」−「基本条件」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「設計調書」の『(3)鋼管矢板基礎の設計計算』
・「操作方法」−「UC−1連動」−「UC−1製品との連動」
・「計算理論及び照査の方法」−「ケーソン基礎」−「部材計算:頂版」
・「計算理論及び照査の方法」−「ケーソン基礎」−「作用力」
・「計算理論及び照査の方法」−「鋼管矢板基礎」−「鋼管矢板基礎本体の計算」
4.00.01

4.01.00
'04.11.02 ■追加機能および修正(変更)内容
【全般】
 ・下部工製品との連動において、共有データの受け渡しにXMLを使用するように変更しました。
 本バージョンと連動可能な各製品の最低バージョンは次の通りです。
  ・「橋脚の設計 Ver.3」 : Ver.3.05.00 以上
  ・「橋台の設計 Ver.3」 : Ver.3.05.00 以上
  ・「擁壁の設計 Ver.4」 : Ver.4.00.00 以上
  ・「擁壁の設計 Ver.3」 : Ver.3.05.00 以上
  ・「箱式橋台の設計計算」 : Ver.1.01.00 以上
  ・「ラーメン式橋台の設計計算」 : Ver.1.01.00 以上

【要望対応】
(入力部)
 ・鋼管ソイルセメント杭の「ソイルセメントの変形係数Esc」のデフォルト値を、3.75×10^5 (kN/m2)から5.00×10^5 (kN/m2)に変更しました。
(計算部)
 ・SC+PHC杭のレベル2地震時照査において、PHC杭部分のせん断耐力照査を行えるようにしました。「レベル2地震時基本条件」−「計算条件」画面の『SC杭+PHC杭時のPHC杭のせん断力照査』スイッチより、照査するか否かを選択してください。
 (出力部・結果確認部)
 ・水平変位の制限を緩和した杭基礎のとき、「予備計算」−「地盤反力度の上限値」の出力を追加し、地盤反力度の上限値の算出過程を確認できるようにしました。
 ・UC−1連動時、杭基礎の「レベル2地震時の照査」−「底版照査」−「設計条件」の出力に、主鉄筋,スターラップを出力するようにしました。
 ・杭基礎の「計算・結果確認」−「底版照査(レベル2)」画面において、『釣合鉄筋量』を『1/2釣合鉄筋量』と表記するようにしました。
(図面作成)
 ・図面確認において、「JWWファイル」および「JWCファイル」の出力に対応しました。
 ・図面確認において、印刷プレビューに対応しました。

【不具合対策】
(入力部)
 ・杭基礎の「地層」画面で地層数を増減して確定終了を行ったとき、「計算条件」−「入力条件」で「層厚」等を「自動計算」としているとき、まれに「杭断面数が少ないです」とメッセージが表示されるケースがあり、これを対策しました。
 ・杭基礎の「杭本体」画面において、増し杭工法で斜杭を考慮する場合、既設杭の左上の杭に斜杭が設定されている場合、「かぶり<杭半径(0.0)となるように修正してください。」と表示され画面を確定終了することができなくなるケースがあり、これを対策しました。
 ・杭基礎の「杭本体」−「M−φ」画面において、鋼管杭,鋼管ソイルセメント杭のとき、または流動化考慮時、不必要な「軸力=0時」のページが表示されていたので、表示しないようにしました。
 ・杭基礎の「地盤データ」画面において、基礎天端標高,設計地盤面を1(mm)単位で指定しているとき、下記不具合があり、これを対策しました。
  ・杭が突出しているにもかかわらず、突出部に地盤バネを考慮した計算を行ってしまうケースがある。
  ・水平変位の制限を緩和した杭基礎のとき、低減係数DEが0.000となる層が生じるケースがある。
(計算部)
 ・杭基礎で簡易入力のとき、安定計算で「コレスキーの計算失敗」とエラーが表示され、正常に安定計算が終了しない不具合の対策を行いました。
 ・杭基礎の多柱式橋脚フーチング柱間レベル2地震時照査において、底版前面水平抵抗を考慮するとき、液状化考慮時に「底版前面水平抵抗」画面の『低減係数DE』が0.000と設定されている,また同画面のX方向の水平方向地盤反力係数kHEが全て0.000と設定されていると底版レベル2地震時照査時にエラーが発生する不具合の対策を行いました。
 ・鋼管矢板基礎の仮締切り計算において、5(mm)以下の極めて短い部材が作成される場合、受働側圧が正しく算出されないケースがあり、これを対策しました。仮締切り予備計算以降の再計算を行ってください。
 ・ケーソン基礎,地中連続壁基礎の頂版の部材照査において、せん断照査のせん断スパンの取扱いに誤りがあり、これを対策しました。
 ・ケーソン基礎,地中連続壁基礎の頂版の剛体判定の算式に誤りがあり、これを対策しました。
(出力部・結果確認部)
 ・杭基礎の「レベル2地震時の照査」−「設計条件」の出力において、SC杭のとき、計算書プレビュー時の解析に失敗し正しく出力されない不具合の対策を行いました。
 ・杭基礎の「設計条件」−「地層データ」の出力において、盛りこぼし橋台のとき、盛土部の層厚に誤った層厚を出力していた不具合の対策を行いました。
 ・杭基礎の「基礎杭計算結果一覧表」の出力において、RC杭,SC杭,場所打ち杭で「応力度と許容値の差」で抽出する場合、圧縮応力度σs’に対して許容引張応力度σsaが出力されるケースがあり、これを修正しました。
 ・杭基礎の「計算・結果確認」−「総括表」−「応力度」画面において、PHC杭で全杭同一条件でない(地層傾斜あり,杭径・杭長変化あり,斜杭ありのうち、いずれかに該当する)とき、コンクリートの引張応力度σtが許容引張応力度σta以内であってもOUTと判定されるケースがあり、これを対策しました。
 ・鋼管矢板基礎の「計算・結果確認」−「仮締切り計算」−「一覧表」画面において、使用していない材質(SKY400,SKY490)の結果に対して許容応力度の判定を行っており、またOUTの場合赤表示していたため、使用しない材質の結果は表示しないようにしました。
(その他)
 ・Ver.3.02.01以前のデータファイル読込み時、「底版設計」画面のデータが正しく入力されていない状態のデータのとき、読込みに失敗する不具合の対策を行いました。

■ヘルプの追加
・「概要」−「バージョン及び改良点」−「Ver.4.01.00」(追加)
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「計算条件」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「予備計算・結果確認」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「レベル2地震時」−「基本条件(橋脚)」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「レベル2地震時」−「基本条件(橋台)」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「レベル2地震時」−「杭本体」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「レベル2地震時」−「地盤データ」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「計算・結果確認」−「レベル2地震時」
・「計算理論及び照査の方法」−「ケーソン基礎」−「部材計算:頂版」
・「計算理論及び照査の方法」−「ケーソン基礎」−「部材計算:作業室天井スラブ」
・「計算理論及び照査の方法」−「地中連続壁基礎」−「部材計算:頂版」
4.01.00

4.01.01
'04.12.01 ■追加機能および修正(変更)内容
【全般】
・橋台製品とのUC−1連動時、橋台特殊設計(盛りこぼし橋台/側方移動)の照査に対応しました。当機能を使用するには、下記バージョンをインストールする必要があります。
 ・側方移動
  「橋台の設計 Ver.3」      :Ver.3.06.00以上
  「箱式橋台の設計計算」    :Ver.1.02.00以上
  「ラーメン式橋台の設計計算」 :Ver.1.02.00以上
 ・盛りこぼし橋台
  「橋台の設計 Ver.3」      :Ver.3.06.00以上
  ※「箱式橋台の設計計算」,「ラーメン式橋台の設計計算」は未対応。
・杭基礎レベル2地震時照査の底版前面水平抵抗の機能拡張を行いました。
1)水平地盤反力度の上限値pHuを算出できるようにしました。「底版前面水平抵抗」画面において、算出に必要な土質データを入力する,または[データ連動]ボタンにより「地層」画面の土質データを連動し、[kH,pHu計算]ボタンにより算出してください。
2)底版前面水平抵抗の層数を2層から5層に拡張しました。

【要望対応】
(入力部)
 ・「地層」−「液状化」画面の『Kp』を自動計算できるようにしました。同画面「計算条件」の「受働土圧係数Kp」を『内部計算』と設定してください。
 ・STマイクロパイル(タイプT)の斜角の入力上限を30度にしました。
 ・杭基礎の「杭頭結合計算」−「杭径・底版形状」画面において、方法Bのときの『杭の埋込み長L』の入力上限を200mmから500mmに変更しました。
 ・鋼管矢板基礎の「基準値」−「鋼管矢板基礎」−「H形鋼」画面の記号の表記を、計算書の記号に合わせました。
(計算部)
 ・増し杭工法時の底版照査において、増厚時に既設上側鉄筋を考慮した計算が行えるようにしました。「底版設計」−「計算条件」の「増し杭工法時の既設底版上側鉄筋」を『考慮する』と設定してください。
(出力部・結果確認部)
 ・ケーソン基礎,地中連続壁基礎の「安定計算」−「安定計算結果一覧表」に判定結果(OK/OUT)の出力を追加しました。

【不具合対策】
(入力部)
 ・PHC/PC杭でせん断照査方法が「杭体のせん断力≦杭体のせん断耐力」のとき、「杭本体」−「杭種別データ」画面の『配置区間』がファイル保存されない不具合の対策を行いました。
 ・杭基礎の「杭頭結合計算」−「杭頭補強鉄筋」画面でデータを変更したとき、「計算条件」−「入力条件」で「M−φ=自動計算」としていても、「杭本体」−「M−φ」画面の「杭頭仮想コンクリートの降伏モーメントMy」が、X方向のみ再計算されない不具合の対策を行いました。
 ・鋼管矢板基礎の仮締切り計算において、「基準値」−「鋼管矢板基礎」−「H形鋼」画面でデータを変更しても、「仮締切り」−「支保工(1)」画面で[適用]ボタンを押下しないと変更したデータが反映されないため、対策を行いました。
 ・ケーソン基礎の「作用力」画面において、設計上の地盤面が頂版下面以深で頂版支持部張出長>0.000(m)のとき、設計水平震度=0.00と入力していると「不正な浮動小数点数演算命令」とエラーが表示されてしまう不具合の対策を行いました。
(計算部)
 ・杭基礎の版としてのレベル2地震時せん断照査において、連続フーチングのとき、X方向の側面側照査範囲を、側面側柱中心位置ではなく、柱間中心位置までとしていた不具合の対策を行いました。
 ・鋼管矢板基礎の頂版・矢板結合部のレベル2地震時の計算において、頂版下面位置での水平反力HRが負となるケースを想定していなかったため、HRを絶対値として抵抗曲げモーメントMrを算出するように対策しました。
(出力部・結果確認部)
 ・増し杭工法時の「底版許容応力度法照査」−「既設死荷重」−「形状寸法図」の出力において、既設底版上面中心が増設底版上面中心から偏心しているとき、柱位置がずれて描画されてしまう不具合の対策を行いました。
 ・杭基礎の設計調書の「基礎工詳細設計調書(その3)(X方向)」において、仮想RC断面の許容引張応力度(地震時)が出力されない不具合の対策を行いました。
(UC−1連動)
 ・「橋脚の設計」との連動時の底版レベル2地震時照査において、増し杭工法時、下記不具合がありこれを対策しました。
  ・拡幅せずに上面増厚のみ行っているとき、上側引張時のフーチングの降伏曲げモーメントMyが正しく算出されない。
  ・柱補強により柱前面位置が増設部にあるとき、下側引張の補強鉄筋の取得に失敗し、警告メッセージが表示され柱前面位置の照査が省略される。

■ヘルプの追加
・「概要」−「バージョン及び改良点」−「Ver.4.01.01」(追加)
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「地層」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「計算条件」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「底版設計(橋脚)」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「レベル2地震時」−「底版前面水平抵抗」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「計算・結果確認」−「総括表」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「計算・結果確認」−「安定計算」
・「操作方法」−「UC−1連動」−「UC−1製品との連動」
・「計算理論及び照査の方法」−「杭基礎」−「レベル2地震時照査」−「基礎の非線形性を考慮した解析方法」−「底版照査」
・「Q&A」−「杭基礎」−「4.支持力、周面摩擦力」−「Q4−8」
4.01.01

4.02.00
'04.12.28 ■追加機能および修正(変更)内容
【全般】
・鋼管矢板基礎,ケーソン基礎,地中連続壁基礎の作用力直接指定によるレベル2地震時照査に対応しました。(Ver.4のライセンスが必要です。)
・増し杭工法時の連続フーチング許容応力度法照査に対応しました。(Ver.4のライセンスが必要です。)
・直接基礎の基礎底面の形状として、帯状に対応しました。「設計条件」画面で「基礎底面の形状=帯状」と設定してください。(Ver.4のライセンスが必要です。)

【要望対応】
(入力部)
・液状化を除く全基礎において、コンクリートの設計基準強度σckの任意指定に対応しました。「基準値」−「コンクリートの許容応力度」画面で入力してください。
・杭基礎の「作用力」画面に[水位連動]ボタンを設け、「地層」−「地層線」−「設計地盤面」画面の「水位高(常時,地震時)」を連動できるようにしました。
・「橋脚の設計Ver.3」との連動時、橋脚側,基礎側の両方で柱部の定着鉄筋を考慮できる状態となっていたため、基礎側の「底版設計」−「配筋」画面を削除し、柱部の定着鉄筋を設定できないようにしました。
・鋼管矢板基礎の「仮締切り」−「支保工(1)」画面に、撤去ステップは頂版打設前を対象としているとの説明を表記するようにしました。
・直接基礎の水平地盤(道路橋示方書,道路公団)の支持力計算において、偏心方向=1方向のとき、Y/X方向の両方向一括計算に対応しました。
・直接基礎の「作用力」−「作用力」画面において、斜面上の基礎(道路公団)のとき、作用力に負の値を入力できないようにしました。
(計算部)
・水平変位の制限を緩和する杭基礎の設計時、1/2Mmax点が着目点間(部材内)にあるとき、上方の格点を1/2Mmax点としていましたが、深い方の格点を1/2Mmax点とするように変更しました。
・SC+PHC杭のせん断耐力照査において、PHC部にスパイラル鉄筋を考慮できるようにしました。「レベル2地震時基本条件」−「計算条件」画面の『SC杭+PHC杭のPHC杭の杭体せん断力照査』スイッチより選択し、「杭本体」画面で『スパイラル鉄筋の配置区間』を入力してください。
(出力部・結果確認部)
・直接基礎のツリービューにおいて、計算結果が許容値を超えた場合、結果項目を緑色表示ではなく杭基礎同様にNG表示とするようにしました。
・鋼管杭および鋼管ソイルセメント杭のとき、計算書に「断面計算」−「着目点ごとの杭体応力度」の出力を設け、着目点ごとに現場溶接が可能であるか不可であるか(許容応力度の90%を超える点にマークを付ける)を出力するようにしました。
(図面作成)
・鋼管杭・鋼管ソイルセメント杭・PHC杭・PC杭の図面生成に対応しました。(Ver.4のライセンスが必要です。)
・場所打ち杭のかぶり詳細図(縦断面)に対応しました。
(その他)
・「基礎の設計計算」,「杭基礎の設計」のライセンスを、使用する機能によって自動的に切り替える機能を追加しました。メニューの「オプション」−「動作環境の設定」画面において、自動選択スイッチをチェックしてください。

【不具合対策】
(計算部)
・水平変位の制限を緩和する杭基礎の設計時、抵抗モーメントMr発生位置が正しく算出されていなかったため、正しく算出するよう対策を行いました。
・杭基礎のレベル2地震時照査において、場所打ち杭自動配筋により断面変化位置を決定しているとき、断面変化位置の小数点以下4桁以降の端数の取扱いに誤りにより、まれに「データエラーが発生しました」とエラーが発生するケースがあり、これを対策しました。
・直接基礎の「底版許容応力度法照査」−「断面力算出」−「(4)浮力」の出力において、「作用力」画面で水位に底版下面以深(負の値)を入力した場合、逆向きに浮力を考慮した断面力を出力していた不具合の対策を行いました。

■ヘルプの追加
・「概要」−「バージョン及び改良点」−「Ver.4.02.00」(追加)
・「概要」−「プログラムの機能概要」−「プログラム概要」
・「概要」−「プログラムの機能概要」−「機能及び特長」
・「概要」−「プログラムの機能概要」−「旧製品との相違」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「計算条件」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「材料」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「底版形状」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「作用力」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「底版設計」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「レベル2地震時」−「基本条件(橋脚)」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「レベル2地震時」−「基本条件(橋台)」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「レベル2地震時」−「杭本体」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「計算・結果確認」−「底版許容応力度法照査」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「計算・結果確認」−「底版レベル2地震時」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「ケーソン基礎」−「基本条件」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「ケーソン基礎」−「レベル2地震時基本条件(橋脚)」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「ケーソン基礎」−「計算・結果確認」−「安定計算」−「レベル2地震時」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「鋼管矢板基礎」−「レベル2地震時基本条件(橋脚)」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「鋼管矢板基礎」−「計算・結果確認」−「レベル2地震時」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「地中連続壁基礎」−「基本条件」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「地中連続壁基礎」−「レベル2地震時基本条件(橋脚)」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「地中連続壁基礎」−「計算・結果確認」−「安定計算」−「レベル2地震時」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「直接基礎」−「設計条件」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「直接基礎」−「作用力」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「直接基礎」−「底版設計」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「直接基礎」−「基礎バネ」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「基準値」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「計算書作成」−「杭基礎」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「図面作成」(追加)
・「操作方法」−「メニューの操作」−「設計調書」−「E直接基礎」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「オプション」
・「計算理論及び照査の方法」−「杭基礎」−「底版許容応力度法照査」
・「計算理論及び照査の方法」−「杭基礎」−「レベル2地震時照査」−「基礎の非線形性を考慮した解析方法」−「底版照査」
・「計算理論及び照査の方法」−「鋼管矢板基礎」−「レベル2地震時」
・「計算理論及び照査の方法」−「ケーソン基礎」−「安定計算:レベル2地震時」
・「計算理論及び照査の方法」−「地中連続壁基礎」−「安定計算:レベル2地震時」
4.02.00

4.02.01
'05.02.02 ■追加機能および修正(変更)内容
【全般】
・仮想ケーソン基礎を考慮した群杭としての軸方向許容押し込み支持力の検討に対応しました。(Ver.4のライセンスが必要です。)

【要望対応】
(入力部)
・鋼管矢板基礎の「形状」−「許容支持力・引抜力」画面の内部土短辺長の入力下限値を0.01(m)に変更しました。
(計算部)
・増し杭工法時、柱が既設底版上に存在しなくても下記計算を行えるようにしました。
   ・作用力自動計算(既設死荷重時を除く)
   ・底版レベル2地震時照査
   ・「レベル2地震時基本条件」−「基本条件(杭基礎)」画面の作用力計算
(出力部・結果確認部)
・ケーソン基礎の「安定計算(レベル2地震時)」−「安定計算結果一覧表」,「水平震度〜変位曲線」に、設計地盤面が頂版天端以深となったときのケーソン本体に作用する水平震度を出力するようにしました。

【不具合対策】
(入力部)
・杭基礎の「杭配置」−「水平抵抗」画面において、地層数が0となったデータファイルを読込んだ場合、底版前面水平抵抗のデータを正しく入力しても画面を確定終了できないため、入力できるようにしました。
・作用力直接指定による杭基礎レベル2地震時のとき、入力手順によっては、多柱式橋脚のレベル2地震時照査が行えてしまうケースがあるため、照査できないようにしました。
・杭基礎の「杭本体」−「杭種別データ」画面において、場所打ち杭で2.5次元解析の時、鉄筋段数を減らし、複数の杭を選択して「適用」ボタンを押下したとき、モジュール違反が発生する不具合の対策を行いました。
(計算部)
・側方移動を考慮した杭基礎の設計において、抵抗モーメント発生位置算出に誤りがあり、まれに杭体応力度計算時に「不正な不動小数点数演算命令」エラーが発生するケースがあり、これを対策しました。
・杭基礎の底版許容応力度法照査において、2次元で斜角付きのとき、Y方向の斜角を正しく取得することができず、直杭として算出していた不具合の対策を行いました。
・杭基礎の「杭本体」−「その他」画面の「杭体から決まる支持力の上限値」算出において、場所打ち杭の2.5次元解析によるレベル2地震時照査を行うとき、「材料」画面で杭体コンクリート設計基準強度σckを変更しても、杭配置図上で左上の杭(1行1列)以外の杭に対して、設計基準強度が反映されない不具合があり、これを対策しました。
(出力部・結果確認部)
・増し杭工法で「せん断力照査方法=杭体のせん断力照査」のとき、計算書の「レベル2地震時の照査」の「杭地中部変位,断面力」の出力において、既設杭の着目点ごとのせん断判定『○』,『×』が正しく判定されていなかった不具合の対策を行いました。
・斜面上の直接基礎のとき、「計算・結果確認」−「支持力計算」−「支持力係数」画面において、『荷重ケース』を変更しないと『斜面−Nc』,『斜面−Nγ』が表示されない不具合の対策を行いました。
・ケーソン基礎の「部材計算」−「頂版」−「完成後」−「3.曲げに対する応力度照査」の出力において、許容値に対して最も厳しいケースではなく、常に最後の荷重ケースの結果を出力していた不具合の対策を行いました。
(UC−1連動)
・UC−1連動時、杭頭結合計算を行わないとき、「基準値」−「鉄筋の許容応力度」画面の鉄筋の許容応力度σsaに一般部材=水中部材の値が設定されてしまう不具合があり、これを対策しました。
(その他)
・杭基礎のデータファイル読込みにおいて、鋼管杭,鋼管ソイルセメント杭,PHC杭,PC杭のとき、まれに「ファイルの読み込みに失敗しました。」と表示されファイルを読み込むことができないケースがあり、これを対策しました。

■ヘルプの追加
・「概要」−「バージョン及び改良点」−「Ver.4.02.01」(追加)
・「概要」−「プログラムの機能概要」−「プログラム概要」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「地層」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「計算条件」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「杭配置」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「作用力」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「レベル2地震時」−「基本条件(橋脚)」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「レベル2地震時」−「基本条件(橋台)」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「レベル2地震時」−「杭本体」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「計算・結果確認」−「安定計算」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「鋼管矢板基礎」−「レベル2地震時基本条件(橋脚)」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「鋼管矢板基礎」−「レベル2地震時基本条件(橋台)」
・「計算理論及び照査の方法」−「杭基礎」−「許容支持力と許容引抜力」
・「Q&A」−「杭基礎」−「5.地盤反力係数、杭軸方向のバネ定数」−「Q5−9」
4.02.01

4.02.02
'05.03.07 ■追加機能および修正(変更)内容
【要望対応】
(入力部)
・杭基礎の杭軸方向バネ定数Kv算出において、L(杭長)/D(杭径)が10.0未満の場合でも算出できるようスイッチを追加しました。「計算条件」−「設計条件」−「k値・Kv値」画面の『Kv算出時のL/D<10時の計算』を『計算する』としてください。
・杭基礎の「杭配置」画面で「杭径(板厚)」,「材質」を変更したとき、「杭頭結合計算」画面を未入力状態にし、杭頭結合計算に用いる杭径の再設定を促すようにしました。
・直接基礎の「設計条件」−「土質」画面で土の単位重量を変更したとき、「作用力」画面を未入力状態にし、γ1,γ2の再設定を促すようにしました。
・ケーソン基礎の「基礎バネ」−「地盤バネ」画面において、地盤反力係数の入力制限を緩和しました。
(計算部)
・杭基礎の常時,レベル1地震時の安定計算において、底版前面水平抵抗を考慮するとき、底版前面地盤の弾塑性解析に対応しました。
・ケーソン基礎の安定計算実行時、計算不能となった場合の警告メッセージを詳しくしました。
(出力部・結果確認部)
・杭基礎の「安定計算」−「杭軸直角方向バネ定数」,「杭基礎の剛性行列」の出力において、計算しない方向のバネ値も出力するようにしました。
・杭基礎の「安定計算」−「負の周面摩擦力に対する検討」の出力において、鋼管杭および鋼管ソイルセメント杭のとき、使用材質(SKK400/SKK490)にかかわらず常に両材質の結果表示および判定を行っていたのを、中立点位置の材質の結果のみ表示,判定するようにしました。
・杭基礎の「断面計算」−「杭体応力度」のせん断応力度の出力に、部材幅b,有効高dを追加しました。
・杭基礎の「レベル2地震時の照査」−「計算結果一覧表」の『※最大曲げモーメントの抽出条件』の出力において、鋼管杭,鋼管ソイルセメント杭,マイクロパイルのとき、コンクリート杭の条件説明を出力しないようにしました。
(図面作成)
・加工図の寸法表示タイプを土木製図基準[平成15年版]とした場合の帯筋加工図(継ぎ手2ヶ所・曲げあり)の寸法引出位置を変更しました。

【不具合対策】
(入力部)
・杭基礎の「杭本体」−「杭種別データ」画面において、場所打ち杭で2.5次元解析の時、区間数を減らし、複数の杭を選択して「適用」ボタンを押下したとき、モジュール違反が発生するケースがあり、これを対策しました。
・杭基礎の「底版前面水平抵抗」画面において、橋台基礎時のとき、条件を満たしていても『データ連動』ボタンによる土質データの連動ができない誤りがあり、これを対策しました。
(出力部・結果確認部)
・杭基礎の「計算・結果確認」−「レベル2地震時計算」−「一覧表」画面において、橋台基礎で2.5次元解析のとき、押込み支持力の上限値に達した杭と達していない杭が混在した杭列により降伏に達したとき、エラーが表示され、計算値が表示されない不具合の対策を行いました。
・鋼管矢板基礎の負の周面摩擦力の検討において、支持力算出に用いる鉛直反力Rと杭体応力度の検討に用いる死荷重時の鋼管矢板の鉛直荷重Poが異なった値となるケースがあり、これを対策しました。
・鋼管矢板基礎の「仮締切り計算」の出力において、小判形のとき、H形鋼の名称,断面諸量に直線部,円弧部を逆に出力していた箇所があり、これを対策しました。
・直接基礎の連続フーチングのレベル2地震時照査を行うとき、「レベル2地震時基本条件」−「基本条件(直接基礎)」画面の『上載土厚』が底版高さより低いとき、「計算・結果確認」−「底版照査(レベル2)」−「X方向」−「柱基部断面力」画面の『柱基部断面力より算出した作用力』の算出に失敗する不具合があり、これを対策しました。
(図面作成)
・鋼管杭,鋼管ソイルセメント杭の図面作成において、中杭,下杭の単位質量に上杭の値を出力していた不具合の対策を行いました。

■ヘルプの追加
・「概要」−「バージョン及び改良点」−「Ver.4.02.02」(追加)
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「地層」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「計算条件」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「レベル2地震時」−「底版前面水平抵抗」
・「計算理論及び照査の方法」−「杭基礎」−「安定計算および杭体断面力の計算」−『(4)フーチングの前面水平抵抗力』
・「計算理論及び照査の方法」−「杭基礎」−「安定計算および杭体断面力の計算」−『(4)フーチングの前面水平抵抗力』−『■道路橋示方書』
・「計算理論及び照査の方法」−「杭基礎」−「安定計算および杭体断面力の計算」−『(4)フーチングの前面水平抵抗力』−『■国鉄建造物設計標準』
・「計算理論及び照査の方法」−「杭基礎」−「杭バネ定数の計算」
・「Q&A」−「杭基礎」−「5.地盤反力係数、杭軸方向のバネ定数」−「Q5−6」
4.02.02

4.03.00
'05.04.01 ■追加機能および修正(変更)内容
【要望対応】
(全般)
・橋台増し杭工法に対応しました。(Ver.4のライセンスが必要です。)
  ・鋼管矢板基礎のレベル2地震時の機能拡張を行いました。(Ver.4のライセンスが必要です。)
  ・流動化の検討に対応しました。「レベル2地震時基本条件」画面の「計算条件」により指定してください。
  ・設計地盤面が基礎天端より下がる場合、基礎天端からモデル化する方法を追加しました。「基本条件」画面の「突出部の仮想井筒モデル化方法」により指定ください。
(入力部)
・「地層」−「地層線」画面の『入力方法』スイッチは「地層線」ページのみ有効となるようにしました。
・杭基礎の「杭配置」−「データ」画面の鋼管厚の最小値を、4.5(mm)から1.0(mm)に変更しました。
・杭基礎の「杭頭結合計算」−「杭径・底版形状」画面の『Lo=a・d(a)』は、『杭頭補強鉄筋の定着長の計算方法』スイッチが『Lo=σsa・Ast/(τoa・U)』のときは入力が不要であるので、入力できないようにしました。

(計算部)
・杭基礎の予備計算実行時に表示される警告メッセージの説明を詳しくしました。
・増し杭工法時の既設死荷重時の作用力自動計算において、既設底版上の上載土厚を0と入力してもテーパ上の上載土重量を考慮して算出していたため、既設死荷重時の上載土厚を考慮するか否かの選択を追加しました。「作用力」−「基本条件」画面の『既設死荷重時の上載土厚を考慮する』により指定してください。
・直接基礎のレベル2地震時照査において、地盤反力度の合力の作用位置eNが正しく求まらない条件の時、計算を中断するようにしました。
(出力部・結果確認部)
・杭基礎の「結果一覧」−「安定計算・杭体応力度」の『曲げ応力度』の出力に、「詳細出力」−「基礎杭計算結果一覧表」と同じ曲げ応力度を出力するように仕様を変更しました。

【不具合対策】
(入力部)
・増し杭工法時を選択し、一度も「杭配置」−「基礎天端」画面を開かずに予備計算を行うと、正しい基礎天端標高が計算に反映されない不具合の対策を行いました。
・場所打ち杭で「断面計算」画面の主鉄筋,帯鉄筋を変更したとき、Ver.4.02.02において、「杭本体」画面が未入力状態になっていなかったため、未入力状態とするようにしました。
・2.5次元解析による杭基礎レベル2地震時照査を行っていたデータを変更し、水平変位の制限を緩和した杭基礎の照査を行うと、「地盤データ」画面でエラーが発生し、入力画面を開くことができない不具合の対策を行いました。
(計算部)
・杭基礎の杭体せん断応力度照査において、2.5次元解析時、杭体せん断力分布によっては最大せん断力Smaxを正しく抽出することができないケースがあり、これを対策しました。
(出力部・結果確認部)
・杭基礎の盛りこぼし橋台時の「計算・結果確認」−「総括表」−「安定計算」画面において、地盤変位荷重を考慮した常時のケースに対しても判定(許容変位を超えている場合赤表示する)を行っていたため、行わないようにしました。
・杭基礎の「レベル2地震時の照査」の杭頭仮想鉄筋コンクリート断面Myの出力において、鋼管杭または鋼管ソイルセメント杭のとき、引抜き側(軸力=0時)のMyが出力されないケースがあり、これを対策しました。
・杭基礎の「レベル2地震時の照査」−「底版照査」−「設計条件」の出力において、橋脚の設計との連動時、上面増厚のみフーチング補強を行っているとき(拡幅しないとき)、補強鉄筋の降伏点σyが正しく出力されない不具合の対策を行いました。
(図面作成)
・鋼管杭,鋼管ソイルセメント杭において、材料表の中杭・下杭の材質に上杭の材質を作図していた不具合の対策を行いました。
・鋼管杭,鋼管ソイルセメント杭において、鉄筋表の先端補強リング筋の鉄筋長が正しくない不具合の対策を行いました。
・場所打ち杭おいて、かぶり詳細図(縦断面図)に鉄筋が作図されないケースがあり、これを対策しました。

■ヘルプの追加
・「概要」−「バージョン及び改良点」−「Ver.4.03.00」(追加)
・「概要」−「プログラムの機能概要」−「プログラム概要」
・「概要」−「プログラムの機能概要」−「機能及び特長」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「地層」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「計算条件」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「杭配置」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「底版形状」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「作用力」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「底版設計(橋脚)」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「レベル2地震時」−「基本条件(橋台)」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「レベル2地震時」−「底版設計(橋台)」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「鋼管矢板基礎」−「基本条件」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「鋼管矢板基礎」−「レベル2地震時基本条件(橋脚)」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「鋼管矢板基礎」−「レベル2地震時基本条件(橋台)」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「鋼管矢板基礎」−「計算・結果確認」−「レベル2地震時」
・「計算理論及び照査の方法」−「杭基礎」−「補強設計(増し杭工法)」
・「計算理論及び照査の方法」−「鋼管矢板基礎」−「レベル2地震時」
・「計算理論及び照査の方法」−「ケーソン基礎」−「安定計算:レベル2地震時」−「(5)応答塑性率の照査」
・「Q&A」−「直接基礎」−「1.設計方法」−「A1-6」
4.03.00

4.03.01
'05.05.09 ■追加機能および修正(変更)内容
【要望対応】
(入力部)
・「地層」画面で液状化の判定を行っているとき、「低減係数」画面の[液状化の詳細出力]ボタンより、液状化の判定結果の詳細出力を行えるようにしました。
・杭基礎の「計算条件」画面において、プレボーリング杭工法でRC杭,PHC杭,SC杭以外の杭種が選択されたとき、画面確定時に警告メッセージを表示するようにしました。
・杭基礎の「杭配置」−「斜角」画面において、斜角の指定方法の改善(範囲指定,行・列指定の追加)を行いました。
・杭基礎の「材料」画面に場所打ち杭の帯鉄筋の許容引張応力度σsaの入力を設け、任意の許容応力度を指定できるようにしました。
・杭基礎の「予備計算・結果確認」−「許容支持力」画面の『許容支持力』の入力下限値を1(kN/本)にしました。
・杭基礎の「杭頭結合計算」−「杭径・底版形状」画面において、押抜きせん断応力度τv算出用の有効厚さhの取扱いについての詳細を表記しました。
(計算部)
・杭基礎の「計算条件」−「入力条件」画面で許容支持力・引抜力を自動計算するとしているとき、常時の許容引抜力を常に0として取扱うことができるようにしました。『常時の許容引抜力を常に0とする』をチェックしてください。
・杭基礎のレベル2地震時照査において、連立方程式の解(原点変位の増分)が求められない状態となった場合、あらかじめ警告を表示し、計算を中断するようにしました
(出力部・結果確認部)
・杭基礎の「設計条件」に「K値の補正係数μ」の値を出力するようにしました。
・杭基礎の「安定計算」−「負の周面摩擦力に対する検討」−「3.杭体応力度の検討」の出力において、『杭頭に加えられた死荷重による杭頭荷重Po』,『負の周面摩擦力Rnf』の値を出力するようにしました。
・杭基礎の「計算・結果確認」−「杭体応力度」画面において、曲げ応力度照査の曲げモーメントの抽出条件(杭頭剛結時/杭頭ヒンジ時)を表示するようにしました。杭体応力度照査を再計算後、表示されるようになります。
・直接基礎の支持力係数図の描画において、目盛り(数値)を細かく出力するようにしました。

【不具合対策】
(入力部)
・杭基礎の「材料」画面において、不適切な入力値の範囲エラーが発生するケースがあり、これを対策しました。
・杭基礎の「杭本体」−「杭種別データ」画面において、場所打ち杭自動配筋を行っているとき、まれに自動配筋結果の鉄筋が正しく連動されないケースがあり、これを対策しました。
(計算部)
・「杭基礎の設計」のみライセンスを保有しているとき、直接基礎のVer.4の有償機能である「基礎底面形状を帯状とした設計」を行うことができない不具合の対策を行いました。
(出力部・結果確認部)
・杭基礎の「設計条件」−「杭の条件」の出力において、ねじ込み式マイクロパイルのとき、『翼部長』,『軸部長』の値を逆に出力していた不具合の対策を行いました。
・杭基礎の「レベル2地震時の照査」−「設計条件」の出力において、2.5次元解析で1本杭のとき、死荷重時反力ではなく軸力=0時のM−φを出力していた不具合の対策を行いました。
・杭基礎の設計調書の「基礎工設計調書(その3)」において、『照査方法』に誤った照査条件が出力されるケースがあり、これを対策しました。
・直接基礎の「許容鉛直支持力」−「有効載荷面積および支持力係数の図化」の出力において、偏心2方向のとき、X方向の支持力係数の図が正しく出力されない不具合の対策を行いました。
(図面作成)
・[図面作成モード→基準値(K)→図面生成条件(G)→各杭種画面]の「鉄筋表シートデータの保存」の選択が反映されないケースがあり、これを対策しました。
・[図面作成モード→鉄筋→主鉄筋→○段鉄筋情報]画面のガイド図において、位置Hの寸法線が間違った所から引き出されていたため修正しました。

■ヘルプの追加
・「概要」−「バージョン及び改良点」−「Ver.4.03.01」(追加)
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「地層」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「計算条件」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「杭配置」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「杭頭結合計算」
・「計算理論及び照査の方法」−「杭基礎」−「場所打ち杭の自動配筋」
・「計算理論及び照査の方法」−「ケーソン基礎」−「安定計算(常時,暴風時,レベル1地震時)」−「地盤反力係数」
4.03.01

4.04.00
'05.06.01 ■追加機能および修正(変更)内容
【要望対応】
(全般)
・「橋脚の設計」,「橋台の設計」との連動において、2.5次元解析に対応しました。(Ver.4のライセンスが必要です。)
 なお、本照査を行うには、下記バージョンをインストールする必要があります。インストール後、各製品の「初期入力」画面の『基礎形式』により選択してください。詳しくは、各製品の[ヘルプ]をご参照ください。
  ・「橋脚の設計」:Ver.3.08.00以降
  ・「橋台の設計」:Ver.4.01.00以降
・杭基礎,直接基礎の設計調書に底版照査のテンプレート「下部工設計調書 フーチング」を追加しました。
(入力部)
・「地層」画面の液状化判定において、地盤種別の判定に用いる耐震設計上の基盤面を指定,もしくは自動判定できるようにしました。同画面の「計算条件」の『耐震設計上の基盤面』により指定してください。
・杭基礎の「杭配置」画面において、底版前面水平抵抗を考慮するとき、「水平抵抗」ページ以外でも常に「受働土圧強度P1,P2」の入力範囲外の警告を表示するようにしました。
・杭基礎の「許容値」画面において、許容応力度の入力制限(下限値)を緩和しました。
・液状化の判定において、地盤種別算定用の平均N値の最小値を、0.1から0.0に変更しました。
・「擁壁の設計Ver.5」,「基礎の設計計算Ver.4,杭基礎の設計Ver.4」の連動環境において、旧データ(*.arwi)のファイル読み込みに対応しました。
(計算部)
・杭基礎レベル2地震時照査において、橋台基礎の土圧算出における水位以深の単位重量γの取扱いを指定できるようにしました。「レベル2地震時基本条件」−「裏込め土」画面で選択してください。
・杭基礎の底版レベル2地震時照査において、「橋台の設計」との連動時、斜角付き底版(平行四辺形)を照査可能にしました。なお、本照査を行うには、「橋台の設計」(Ver.4.01.00以降)をインストールする必要があります。
・増し杭工法底版許容応力度法照査において、既設上面鉄筋を考慮した照査を行う場合,または上面増厚なしのとき、既設上面鉄筋に対しても、補強後、増加荷重により生じた引張応力度と既設死荷重時に生じた引張応力度の足し合わせによる照査を行うようにしました。
・ケーソン基礎の旧データ(Ver.3.05.01以前のファイル)読込み後、レベル2地震時安定計算を行わずに頂版の部材照査を行うと、頂版下面に作用する水平力,モーメントが正しく算出されないため、再計算を促すようにしました。
(出力部・結果確認部)
・杭基礎の「計算・結果確認」−「レベル2地震時計算」−「詳細表示」画面において、断面力図,前面地盤状態図の描画,および杭頭反力の詳細を表示するようにしました。
・杭基礎の「設計条件」の出力において、割増係数ごとの杭体の許容応力度を出力するようにしました。
・杭基礎の「断面計算」−「杭体応力度」の出力において、場所打ち杭で自動配筋を行わず断面変化位置のみ自動算定しているとき(断面変化位置を0と指定した場合)、第2断面の算出位置Lを荷重ケースごとに出力するようにしました。
・杭基礎の「レベル2地震時の照査」−「設計条件」の出力に、杭頭仮想コンクリート断面の耐力(降伏モーメントMy)と杭体の耐力との比較結果を出力するようにしました。
・杭基礎の「レベル2地震時の照査」−「計算結果一覧表」の出力において、「せん断力照査方法=杭基礎のせん断力照査」のとき、基礎に作用するせん断力として、杭反力分,突出部の杭体慣性力分をそれぞれ出力するようにしました。
・杭基礎の安定計算結果の出力および結果確認画面において、変位(水平,鉛直)を『cm』単位ではなく『mm』単位で出力するようにしました。
(図面作成)
・日本道路公団から公開された「調査等業務の電子納品要領(案)図面作成編 平成17年4月」のレイヤ情報設定に対応しました。

【不具合対策】
(入力部)
・直接基礎の旧データ(Ver.3.02.01以前のファイル)読込みにおいて、「偏心方向=1方向」,「計算方向=X方向」のデータのとき、「作用力」画面のデータが正しく読み込まれない不具合の対策を行いました。
(計算部)
 ・杭基礎の常時,レベル1地震時の作用力自動計算において、上載土厚が入力されているにもかかわらず、上載土の慣性力を考慮しないと設定したとき、ごくまれに「浮動小数点数のオーバーフロー」エラーが発生するケースがあり、これを対策しました。
・杭基礎のレベル2地震時の照査において、常時,レベル1地震時=2.5次元解析,レベル2地震時=2次元解析のとき、斜杭を指定しているにもかかわらず直杭として照査していた不具合の対策を行いました。
・増し杭工法時の底版照査において、既設/補強鉄筋の材質が異なるとき、それぞれの材質が以下の計算に正しく反映されていない(既設/補強鉄筋のどちらかの材質に固定されていた)不具合の対策を行いました。
・許容応力度法照査:最小鉄筋量照査の終局曲げモーメントMu,必要鉄筋量
・レベル2地震時照査:降伏曲げモーメントMy
(出力部・結果確認部)
・増し杭工法時の「底版許容応力度法照査」−「既設死荷重時」−「断面力算出」の出力において、既設死荷重時の上載土砂を考慮しないと設定していても、既設底版のテーパ上の上載土砂を考慮した断面力を出力していた不具合の対策を行いました。
・杭基礎の「計算・結果確認」−「底版照査(レベル2)」画面において、プリンタ出力,HTMLファイル出力を行うとき、地震動タイプT/Uの照査ケースが出力されない不具合の対策を行いました。
・杭基礎の入力テキスト出力において、「底版前面水平抵抗」画面で2層を超える層を入力している場合、アドレス違反エラーが発生し、正しく出力することができない不具合の対策を行いました。

■ヘルプの追加
・「概要」−「バージョン及び改良点」−「Ver.4.04.00」(追加)
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「地層」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「計算条件」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「レベル2地震時」−「基本条件(橋台)」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「レベル2地震時」−「杭本体」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「計算・結果確認」−「レベル2地震時」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「計算書作成」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「設計調書」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「設計調書」−『(2)杭基礎の設計計算』
・「操作方法」−「メニューの操作」−「設計調書」−『(6)直接基礎』
・「計算理論及び照査の方法」−「杭基礎」−「杭体応力度照査」
・「計算理論及び照査の方法」−「杭基礎」−「場所打ち杭の自動配筋」
・「計算理論及び照査の方法」−「杭基礎」−「底版許容応力度法照査」
4.04.00

4.04.01
'05.06.24 ■追加機能および修正(変更)内容
【要望対応】
(入力部)
・杭基礎の「杭配置」−「斜杭」画面等において、底版寸法に対して非常に杭径が小さい場合、杭の選択状態が判別しづらいため、判別可能なサイズで杭を描画するようにしました。
・増し杭工法時の既設死荷重時の上載土砂の取扱い(考慮/無視)を、作用力自動計算,底版照査で異なった設定にした場合、警告を表示するようにしました。
・鋼管矢板基礎の「形状」−「形状入力」画面において、円形のとき、外周鋼管矢板を本数指定できるようにしました。
(出力部・結果確認部)
・水平変位の制限を緩和した杭基礎の「安定計算」の出力に、『地中部最大曲げモーメント』,『1/2Mmax』を追加しました。
・杭基礎の「レベル2地震時の照査」−「計算結果一覧表」の出力において、khcF≦khyFの関係より応答塑性率の照査を省略するとき、khcFの算出式の詳細を出力するようにしました。
・杭基礎の「レベル2地震時の照査」−「予備計算」−「底版前面水平抵抗」に底版前面水平抵抗の詳細な計算過程を出力するようにしました。
・鋼管矢板基礎の「レベル2地震時の照査」−「液状化無視/考慮,地震動タイプT/U」の出力に、基礎前面の地盤反力度,地盤反力度の上限値,および分布図を出力するようにしました。
(その他)
・メイン画面の3面図において、杭基礎のとき、正方向の向きとして矢印を表示するようにしました。

【不具合対策】
(入力部)
・直接基礎の「作用力」−「作用力」画面において、水平地盤(道路公団)のとき、『上載荷重』が入力できないケースがありこれを対策しました。(底版許容応力度法照査=する,作用力自動計算=しないの条件の時)
(計算部)
・鋼管矢板基礎のレベル2地震時照査において、「レベル2地震時基本条件」画面の確定終了時に設定する各検討ケースごとの計算分割数に誤りがあり、レベル2地震時照査が正しく計算されないケースが生じていたため、対策を行いました。
(出力部・結果確認部)
・杭基礎の「断面計算」−「着目点ごとの杭体応力度」の出力において、鋼管ソイルセメント杭のとき、杭体の許容応力度を変更しても、変更した値が出力されない不具合の対策を行いました。
・杭基礎の「底版許容応力度法照査」−「形状寸法図」の出力において、旧データファイル読込み後、底版形状を変更しても、変更前の寸法で底版形状図が描画されるケースがあり、これを対策しました。
・「橋脚の設計」との連動時、橋脚側の「下部工設計調書 フーチング」の「フーチング橋軸直角方向」−「保有水平耐力法」の結果が出力されないケースがあり、これを対策しました。
(その他)
・Ver.4.03.00〜Ver.4.04.00のバージョンにおいて、基礎形式=鋼管矢板基礎の旧データ(Ver.3.02.01以前のファイル)を読込むことができない不具合の対策を行いました。

■ヘルプの追加
・「概要」−「バージョン及び改良点」−「Ver.4.04.01」(追加)
・「概要」−「プログラムの機能概要」−「適用基準および参考文献」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「計算条件」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「レベル2地震時」−「底版前面水平抵抗」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「鋼管矢板基礎」−「形状」
・「計算理論及び照査の方法」−「ケーソン基礎」−「部材計算:頂版」
4.04.01

4.05.00
'05.08.04 ■追加機能および修正(変更)内容
【要望対応】
(全般)
・全杭同一条件以外(地層傾斜あり,杭径・杭長変化あり,斜杭ありのいずれか)における、杭体応力度一括計算に対応しました。(Ver.4のライセンスが必要です)
また、この条件下における場所打ち杭の図面作成に対応しました。(Ver.4のライセンスが必要です)
上記を行うには、「計算条件」−「設計条件」−「応力度照査」画面で『地層傾斜,杭径・杭長変化,斜杭あり時の杭体応力度計算方法=全杭,全断面一括計算』を選択してください。
・ケーソン基礎の計算書の「沈下計算」−「詳細出力」に沈下計算の詳細な計算過程を出力するようにしました。(Ver.4のライセンスが必要です)
(入力部)
・杭基礎の「材料」−「その他」画面の上載土の単位重量の入力下限値を15.00(kN/m3)から5.00(kN/m3)へ変更しました。
・杭基礎の「地盤データ」画面の「杭間隔÷杭径」の算出方法を改善しました。
1)杭の配置が整形配置でない場合(千鳥配置や任意に杭を削除している場合)、杭中心最小間隔を用いて算出した値を初期設定するようにしました。
2)増し杭工法時、既設杭と増し杭の杭中心最小間隔と最大杭径より算出できるようにしました。「レベル2地震時基本条件」−「計算条件」の『増し杭工法時の杭間隔÷杭径の算出方法』を『杭最小間隔÷最大杭径』と設定してください。
※参考文献:「既設道路橋基礎の補強に関する参考資料(H.12.2)社団法人日本道路協会」
(計算部)
・場所打ち杭自動配筋において、1/2Mmax点による第2断面変化位置算定を、許容応力度を満たさないとき満たすまで下方に下げるか否かを選択できるようにしました。「断面計算(場所打ち杭配筋)」画面の『第2断面変化位置の算出方法』により指定してください。
・杭基礎の杭体応力度の照査に用いる断面力を0.1(m)刻みで詳細に抽出するようにしました。
・杭基礎の杭体応力度の照査において、杭頭条件=杭頭剛結・ヒンジのとき、剛結,ヒンジの最大断面力に対する応力度照査を行っていましたが、剛結,ヒンジの断面力に対する各応力度の中で、最も厳しい応力度の結果を抽出し照査するようにしました。
・群杭としての許容支持力照査に用いる支持力係数を直接指定できるようにしました。「計算・結果確認」−「安定計算」−「群杭」で入力してください。
・杭基礎の基礎バネ(固有周期算定用地盤バネ定数)計算に、群杭の影響を考慮した水平方向地盤反力係数の補正係数μを考慮できるようにしました。「計算条件」−「設計条件」−「k値・Kv値」画面の「k値の補正係数μ−基礎バネ計算にも適用する」をチェックしてください。
(出力部・結果確認部)
・杭基礎の「断面計算」−「杭体応力度」の出力において、抵抗曲げモーメントMrを全断面に対して出力するようにしました。(「計算・結果確認」−「杭体応力度」画面も同様)
・場所打ち杭自動配筋で第3断面変化位置を算出する際の抵抗曲げモーメントMrが算出できない場合、計算書の「断面計算」−「杭体応力度」の出力,および結果確認画面において、OUTとして判定結果を表記するようにしました。
(UC−1連動)
・下部工製品との連動時、下部工製品と本製品との位置関係によっては、エラーメッセージや警告が下部工製品の背面側に隠れるケースがあったため、常に最前面に表示するようにしました。
(図面作成)
・主鉄筋の下端かぶりの入力範囲を拡張(最大値3000mm)しました。
・鋼管杭・鋼管ソイルセメント杭の部材表において、鋼管の単位質量を「単位質量=0.02466×鋼管厚×(鋼管の外径−鋼管厚)」で算出するようにしました。
・鋼管杭・鋼管ソイルセメント杭の1段主鉄筋かぶりの入力範囲を拡張(最小値-100mm)しました。
・PHC杭・PC杭のカットオフ長の入力範囲を拡張(最小値0mm)しました。
・PHC杭・PC杭の鉄筋先端位置の指定方法を杭頭からの距離に変更しました。
・PHC杭・PC杭の材料表において、「単位質量・1本当り質量・質量」の項目は表示しないようにしました。

【不具合対策】
(入力部)
・杭基礎の「地層」−「地層線」画面の「入力方法」が「標高入力」の状態で画面を開くと、地層傾斜(X方向/Y方向)が選択できない状態となる不具合の対策を行いました。
・水平変位の制限を緩和する杭基礎において、「レベル2地震時基本条件」−「その他」画面で『水平変位の制限を緩和する杭基礎=浮力考慮』を選択後、レベル2地震時照査を行わないとしたとき、「地盤データ」画面の『上載荷重』の入力値が受働土圧強度の計算に反映されない不具合の対策を行いました。
・杭基礎の「レベル2地震時基本条件」−「計算条件」画面の「せん断照査方法」が選択できなくなるケースがあり、これを対策しました。
・杭基礎の「レベル2地震時基本条件」−「基本条件(杭基礎)」画面において、橋台基礎で2.5次元解析のとき、Y方向のHd,Mdを変更してもレベル2地震時が未計算状態にならない不具合の対策を行いました。
(計算部)
・杭基礎,直接基礎の底版許容応力度法照査において、斜引張鉄筋の必要鉄筋量を1(m)あたりではなく全幅当たりで算出していた不具合の対策を行いました。
(出力部・結果確認部)
・杭基礎の「レベル2地震時の照査」−「計算結果一覧表」−「応答塑性率の照査」の「せん断力の照査」の出力において、杭体のせん断力照査のとき、『Sc』,『Ss』に誤った値を出力するケースがあり、これを対策しました。
・杭基礎の「レベル2地震時の照査」−「液状化無視/考慮・地震動タイプT/U・浮力無視/考慮」の「M−φ関係」の出力において、3区間以上あるときの『深さ』が正しく出力されていない不具合の対策を行いました。
・杭基礎の「レベル2地震時の照査」−「液状化無視/考慮・地震動タイプT/U・浮力無視/考慮」の断面力図,前面地盤反力度分布図をWord出力したとき、図の一部が出力されず、欠落してしまう不具合の対策を行いました。
・鋼管矢板基礎の「レベル2地震時計算」−「一覧表」結果確認画面において、小数点以下の計算値のゴミにより、まれに判定(OK/OUT)が正しく表示されないケースがあり、これを対策しました。
(その他)
・2.5次元解析による杭基礎レベル2地震時照査を行うデータを変更し、増し杭工法にしたとき、底版配筋データがファイル保存されない不具合の対策を行いました。
・杭基礎のデータファイルの読込みにおいて、橋台基礎で「レベル2地震時基本条件」画面が未入力の状態で保存したデータのとき、読込みに失敗するケースがあり、これを対策しました。

■ヘルプの追加
・「概要」−「バージョン及び改良点」−「Ver.4.05.00」(追加)
・「概要」−「プログラムの機能概要」−「プログラム概要」
・「概要」−「プログラムの機能概要」−「機能及び特長」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「ファイル」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「地層」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「計算条件」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「断面計算」−「断面計算」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「断面計算」−「場所打ち杭自動配筋」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「杭頭結合計算」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「レベル2地震時」−「基本条件(橋脚)」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「レベル2地震時」−「基本条件(橋台)」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「レベル2地震時」−「杭本体」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「レベル2地震時」−「地盤データ」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「計算・結果確認」−「安定計算」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「計算・結果確認」−「杭体応力度」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「鋼管矢板基礎」−「形状」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「計算書作成」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「図面作成」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「設計調書」
・「操作方法」−「UC−1連動」−「UC−1製品との連動」
・「計算理論及び照査の方法」−「杭基礎」−「杭体応力度照査」
・「計算理論及び照査の方法」−「杭基礎」−「場所打ち杭自動計算」
4.05.00

4.05.01
'05.09.01 ■追加機能および修正(変更)内容
【要望対応】
(全般)
 ・全杭同一条件以外(地層傾斜あり,杭径・杭長変化あり,斜杭ありのいずれか)における場所打ち杭自動配筋に対応しました。(Ver.4のライセンスが必要です)
(入力部)
 ・杭基礎の「計算条件」−「基本条件」画面の「レベル2地震時照査」スイッチ選択時の警告メッセージを詳しくしました。
 ・液状化の判定のとき、「基準値」画面を入力できないようにしました。
(計算部)
 ・場所打ち杭の自動配筋において、第2断面,第3断面の鉄筋配置(段数,本数)が同じ場合、第3断面の鉄筋量は第2断面の鉄筋量の1/2を下限として鉄筋径を決定していましたが、許容応力度を満たす最も小さな鉄筋径となるよう改善しました。
 ・杭基礎レベル2地震時の荷重変位曲線の最大数を拡張しました。
 ・鋼管矢板基礎の仮締切り計算において、盤ぶくれの検討に対応しました。「仮締切り」−「基本条件」画面の『盤ぶくれの検討=する』と設定してください。
 ・液状化の判定において、地盤種別を直接指定できるようにしました。
(出力部・結果確認部)
 ・杭基礎の「断面計算」−「杭体応力度」の出力において、単純式で表せる杭種に対して応力度の計算式を出力するようにしました。
 ・杭基礎の「基礎杭計算結果一覧表」の出力に以下の改善を行いました。
    ・各荷重ケースに対して、計算値と許容値の比較(大小関係),および総合判定(OK/OUT)を出力するようにしました。
    ・杭体応力度の抽出対象となる断面(上杭のみ/全断面)を指定できるようにしました。
    ・1ページに4ケース出力するようにしました。
 ・直接基礎の「水平地盤(道路橋示方書)」のとき、計算書の「予備計算」−「地盤の単位重量」に支持地盤および根入地盤の単位重量の算出過程を出力するようにしました。
 ・直接基礎の「安定計算結果一覧表」−「鉛直支持力に対する照査」の出力において、『tanθ=H/V』ではなく基礎中心の作用力『水平力H』を出力するように改善しました。
 ・ケーソン基礎の「安定計算」−「計算結果・詳細出力」の出力に、基礎底面の鉛直地盤反力度,および基礎底面の水平方向せん断地盤反力度の上限値の算出過程を追加しました。
(図面作成)
 ・鋼管杭・鋼管ソイルセメント杭・PHC杭・PC杭において、以下のように画面および図面の表記等を変更しました。
    ・設計上の表現「上杭・中杭・下杭」を図面作成モードにおいては「先頭杭・中央杭・先端杭」という表現にしました。
    ・「現場継ぎ手位置」により「上杭・中杭・下杭」と分類しました。
 ・鋼管杭・鋼管ソイルセメント杭・PHC杭・PC杭において、「現場継ぎ手位置」の入力方法を変更しました。
 ・鋼管杭・鋼管ソイルセメント杭の材料表において、「上杭・中杭・下杭」で分類して表記するようにしました。
 ・PHC杭・PC杭の材料表において、「先頭杭・中央杭・先端杭」に関係なく種類(A種・B種・C種)と杭長が等しければ本数を合計して表記するようにしました。
(その他)
 ・「基準値」−「荷重ケース」画面の初期荷重ケーステーブルから施工時を削除しました。

【不具合対策】
(入力部)
 ・杭基礎の「計算条件」−「設計条件」−「支持力・引抜力」画面で『根入れ比≦5の極限支持力度』を変更しても予備計算が未計算とならず、許容支持力,引抜力が再計算されないケースがありこれを対策しました。(鋼管杭で中掘り(最終打撃)工法,または打込み(バイブロハンマ)工法のとき)
 ・杭基礎の「地盤データ」画面において、作用力を指定してレベル2地震時照査を行うとき、「上載荷重算出用の上載土厚の指定」が『地盤面(地震時)』に固定されてしまうケースがあり、これを対策しました。
 ・鋼管矢板基礎の「頂版」−「応力度計算」画面において、上側鉄筋量が下側鉄筋量の1/3より小さくなっているかの判定を、小数点以下のゴミを考慮して厳密に行うようにしました。
(計算部)
 ・杭基礎のレベル2地震時照査において、以下の不具合があり、これを対策しました。
    ・杭体モーメントが終局モーメントあるいは全塑性モーメントに達する範囲が生じたとき、ごくまれに杭軸直角方向バネ定数K1〜K4が正しく求まらず,杭体モーメント分布が正しく算出されないケースが生じていた。
    ・地中部最大曲げモーメントMmaxが終局モーメントあるいは全塑性モーメントに達する範囲が生じたとき、正しいMmaxが抽出されないケースがあった。
    ・詳細な状態変化点(杭体が降伏に達した、杭頭反力が押込み,引抜き支持力の上限値に達した)の計算に対する水平震度の取扱いに誤りがあり、最終的な設計荷重が正しく求まらないケースが生じていた。
 ・杭基礎の底版許容応力度法照査において、「底版設計」−「計算条件」画面の『増し杭工法時の既設死荷重時の上載土砂=考慮しない』のとき、既設死荷重時の水位の取扱いに誤りがあり、既設死荷重時のFRAMEモデルに浮力が考慮されない不具合の対策を行いました。
(図面作成)
 ・鋼管杭・鋼管ソイルセメント杭の材料表において、裏当てリング長の算出に失敗している場合があり、これを修正しました。
 ・図面生成等で「帯鉄筋配筋範囲」が「帯鉄筋ピッチ」で割り切れるとき、データチェックエラーが発生する場合があり、これを修正しました。
(その他)
 ・Ver.4.00.00以前の杭基礎のデータファイル読込みにおいて、場所打ち杭でM−φ自動計算のとき、「ファイルの読込みに失敗しました」と表示され、読み込むことができないケースがあり、これを対策しました。

■ヘルプの追加
・「概要」−「バージョン及び改良点」−「Ver.4.05.01」(追加)
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「計算条件」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「断面計算」−「断面計算」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「断面計算」−「場所打ち自動配筋」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「レベル2地震時」−「杭本体」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「鋼管矢板基礎」−「仮締切り」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「鋼管矢板基礎」−「計算・結果確認」−「仮締切り計算」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「直接基礎」−「作用力」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「液状化の判定」−「設計条件」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「基準値」−「荷重ケース」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「計算書作成」−『杭基礎』
・「計算理論及び照査の方法」−「杭基礎」−「許容支持力と許容引抜力」
・「計算理論及び照査の方法」−「杭基礎」−「場所打ち杭の自動配筋」
・「計算理論及び照査の方法」−「杭基礎」−「レベル2地震時照査」−「基礎の非線形性を考慮した解析方法」−「杭の軸直角方向の抵抗特性」
・「計算理論及び照査の方法」−「鋼管矢板基礎」−「仮締切り部の計算」−「■盤ぶくれの検討」(追加)
・「計算理論及び照査の方法」−「鋼管矢板基礎」−「頂版の設計」−「■杭頭と頂版の結合部の計算」
・「計算理論及び照査の方法」−「直接基礎」−「水平地盤(道路橋示方書)」−「鉛直支持力」
・「Q&A」−「杭基礎」−「23.地震時保有水平耐力」−「Q23−34」(追加)
4.05.01

4.05.02
'05.10.11 ■追加機能および修正(変更)内容
【要望対応】
(入力部)
 ・杭基礎の有償機能の判定を厳密に行うよう改善し、地層傾斜なし,杭径・杭長変化なし,斜杭なしで『全杭,全断面一括計算』が選択されていても警告を表示しないようにしました。
(計算部)
 ・水平変位の制限を緩和する杭基礎のとき、レベル2地震時照査を行わない場合でも、「地盤データ」画面の『上載荷重』算出に用いる上載土厚,水位を指定可能としました。「材料」−「その他」画面で指定してください。
 ・杭基礎における杭頭結合計算の杭頭カットオフ区間の照査において、中詰め部補強鉄筋を無視した照査が行えるようにしました。(鉄筋径=0と入力することにより無視されます。)
 ・杭基礎,直接基礎の連続フーチングの柱間照査において、柱間の中間点の引張の向き(上側引張/下側引張)の判定として、どちらの柱前面に生じる曲げモーメントを参照するか設計者の判断で指定できるようにしました。「底版設計」−「計算条件」画面で指定してください。
(出力部・結果確認部)
 ・杭基礎,直接基礎の底版レベル2地震時照査において、断面力の算出過程の詳細を出力するよう改善しました。
 ・計算書の「結果一覧」の杭体応力度の出力において、出力対象を下記から選択できるようにしました。
   ・抽出断面のみ出力する(抽出断面を明記)
   ・全断面の出力を行う
(図面作成)
 ・場所打ち杭において、主鉄筋10層(継ぎ手数9ヶ所)に対応しました。
 ・鋼管杭・鋼管ソイルセメント杭・PHC杭・PC杭の杭頭結合方法Aに対応しました。

【不具合対策】
(入力部)
 ・杭基礎の「杭配置」−「側方流動圧」画面において、杭間隔が不等間隔となる場合でも、整形配置とみなし、側方流動圧による最大荷重強度pmaxを算出するようにしました。
(計算部)
 ・杭基礎の杭体応力度照査において、地層傾斜あり,杭径・杭長変化あり,斜杭ありのいずれかで、「計算条件」−「設計条件」−「応力度照査」画面で『全杭,全断面一括計算』が指定されているとき、「杭配置」画面で杭長を変更しても変更した杭長が杭体応力度照査に反映されず、正常に計算できないケースがあり、これを対策しました。
 ・杭基礎レベル2地震時照査において、増し杭工法のとき、既設杭がコンクリート杭ので既設杭の全杭が引抜側に存在し,いくつかの計算条件が適合するとき、まれに0割エラーが発生し正しく計算が終了しない不具合の対策を行いました。
 ・杭基礎の底版レベル2地震時照査において、既設底版上に増厚を行わず拡幅のみを行い、また既設底版にテーパが付いているとき、誤った鉄筋量を用いて曲げ照査を行うケースがあり、これを対策しました。
 ・鋼管矢板基礎のレベル2地震時照査の予備計算において、20層の地層データを入力しているとき、アドレス違反が発生し計算に失敗するケースがあり、これを対策しました。
(出力部・結果確認部)
 ・杭基礎の「レベル2地震時の照査」−「計算結果一覧表」の出力,および「レベル2地震時照査」結果確認画面において、鋼管杭,または鋼管ソイルセメント杭で杭体の曲げモーメントが曲げ耐力に対して最も厳しくなる部材(M/Myが最大となる部材)が杭頭部となるとき、最大曲げモーメントが正しく抽出されないケースがあり、これを対策しました。
 ・杭基礎の「結果一覧」の杭体応力度の出力において、応力度の出力対象として圧縮応力度ではなく引張応力度が抽出されたとき、誤って圧縮応力度を出力していた不具合の対策を行いました。
 ・杭基礎の設計調書において、Y方向の底版レベル2地震時照査結果が上側引張のみ,下側引張のみのいずれかのとき、「アドレス違反」が発生し、出力できない不具合があり、これを対策しました。
(図面作成)
 ・場所打ち杭において、レイヤ属性を「CADによる図面作成要領(案)」とした場合、かぶり詳細図(縦断面)の引出線レイヤ名称が間違っており、これを修正しました。
(UC−1連動)
 ・「橋台の設計」との連動時、新規状態から作成したデータのとき、方向名称が両方向ともに「橋軸直角方向」となる不具合の対策を行いました。
(その他)
 ・Ver.4.05.00〜4.05.01の杭基礎のファイル読込みにおいて、地層傾斜あり,または杭径・杭長変化ありで「計算条件」−「設計条件」−「応力度照査」画面の『地層傾斜,杭径・杭長変化,斜杭あり時の杭体応力度計算方法=杭および断面を指定して計算』が選択されているとき、ファイル読込み時にエラーが発生し、正しく読み込むことができないケースがあり、これを対策しました。

■ヘルプの追加
・「概要」−「バージョン及び改良点」−「Ver.4.05.02」(追加)
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「杭配置」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「材料」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「杭頭結合計算」の『■底版許容値』に『τoa』の説明を追記。
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「底版設計(橋脚)」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「レベル2地震時」−「地盤データ」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「鋼管矢板基礎」−「仮締切り」
・「計算理論及び照査の方法」−「杭基礎」−「底版許容応力度法照査」
・「計算理論及び照査の方法」−「杭基礎」−「レベル2地震時照査」−「基礎の非線形性を考慮した解析方法」−「底版照査」
4.05.02

4.05.03
'05.11.18 ■追加機能および修正(変更)内容
【要望対応】
(入力部)
・杭基礎の「杭配置」−「寸法」画面の[杭座標]ボタンより開く画面において、既に配置されている杭の座標を1本ごとにセットできるようにしました。
・杭基礎の「レベル2地震時基本条件」−「その他」画面において、橋台基礎のとき、検討ケース名を指定できるようにしました。
・ケーソン基礎において、各部材の鉄筋量の任意指定に対応しました。
(出力部・結果確認部)
・増し杭工法時の「底版許容応力度法照査」−「既設死荷重時」−「形状寸法図」の出力において、柱が既設底版上からはみ出すケースの描画に対応しました。
・杭基礎,直接基礎の「底版許容応力度法照査」−「設計条件」に荷重ケース名の出力を追加しました。
・鋼管矢板基礎,ケーソン基礎,地中連続壁基礎,直接基礎において、ファイル名,およびコメント等を出力可能にしました。
(図面作成)
・場所打ち杭において、「定尺鉄筋」に対応しました。

【不具合対策】
(入力部)
・杭基礎の「計算条件」画面において、Ver.3以前のライセンスで『全杭,全断面一括計算』が選択されているとき、[確定]ボタン押下時、警告が表示され画面を閉じることができない不具合の対策を行いました。
(計算部)
・杭基礎の常時,レベル1地震時の断面力算出において、杭長が長く,杭体に作用する水平荷重(側方流動圧等)が大きい場合などにおいて、杭体状態量(杭体曲げモーメント・せん断力,変位)を杭先端まで正しく算出できないケースがあり、これを対策しました。
・杭基礎のレベル2地震時照査において、杭体モーメントが終局モーメントあるいは全塑性モーメントに達する範囲の剛性の取扱いに誤りがあり、上部構造慣性力作用位置の変位が正しく算出されないケースが生じていたため、これを対策しました。
・ケーソン基礎,地中連続壁基礎の常時,レベル1地震時の安定計算において、設計地盤面が基礎天端より下がるときでも基礎天端の水平変位を用いて基礎の変位照査を行っていた不具合対策を行いました。
(出力部・結果確認部)
・増し杭工法時の「予備計算」−「作用力計算」の出力において、既設荷重時の「(3)自重および上載土重量」の『計』に誤った重量が出力されるケースがあり、これを対策しました。
・杭基礎の「底版許容応力度法照査」−「剛体判定」の出力において、地層傾斜なし,杭長・杭径変化なし,斜杭ありの条件の時、杭本数および増し杭の杭軸方向バネ定数Kvが正しく出力されない不具合の対策を行いました。
・杭基礎の「レベル2地震時の照査」−「底版照査」−「断面力算出」の出力において、2.5次元解析のとき、Y方向の杭反力による断面力が正しく出力されていない不具合の対策を行いました。
・杭基礎の「レベル2地震時の照査」−「底版照査」−「断面力算出」の出力において、底版左側の張  出長が0のとき、フーチング自重および上載土重量のプレビューおよび出力時にエラーが発生し、正しく出力することができない不具合の対策を行いました。
・杭基礎の「レベル2地震時の照査」−「底版照査」の出力において、増し杭工法で底版寸法を1(mm)単位で指定しているとき、使用鉄筋量一覧に不必要な微小な鉄筋量が出力されてしまうケースがあり、これを対策しました。
・ケーソン基礎の「部材計算」−「側壁鉛直方向」の出力において、充実断面時、『配筋データ』に不必要な『内側鉄筋』を出力していたので削除しました。

■ヘルプの追加
・「概要」−「バージョン及び改良点」−「Ver.4.05.03」(追加)
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「杭配置」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「レベル2地震時」−「基本条件(橋台)」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「計算・結果確認」−「底版レベル2地震時」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「ケーソン基礎」−「鉄筋」−「側壁,隔壁」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「ケーソン基礎」−「鉄筋」−「パラペット」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「ケーソン基礎」−「鉄筋」−「頂版」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「ケーソン基礎」−「鉄筋」−「作業室天井スラブ」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「ケーソン基礎」−「鉄筋」−「刃口,2次応力」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「ケーソン基礎」−「鉄筋」−「頂版」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「基準値」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「計算書作成」の[鋼管矢板基礎],[ケーソン基礎],[地中連続壁基礎],[直接基礎],[液状化の判定]
・「操作方法」−「メニューの操作」−「図面作成」
・「計算理論及び照査の方法」−「杭基礎」−「底版許容応力度法照査」
4.05.03

4.05.04
'06.01.05 ■追加機能および修正(変更)内容
【要望対応】
(入力部)
・直接基礎のフーチングの前面抵抗を考慮した照査において、「設計条件」−「埋戻し土」画面の地盤反力係数が1方向分しか入力できていなかったため、両方向の入力ができるよう拡張しました。
(計算部)
・水平変位の制限を緩和した杭基礎の設計時、「作用力」画面確定時、浮力無視/考慮の何れかケースのみ照査可能とのメッセージを表示するようにしました。
・直接基礎の支持力係数Nqの算出において、θcrの線の下側(Uの領域)の算出に対応しました。
(図面作成)
・帯鉄筋・組立筋のフックの入力方法を変更しました。
・杭頭結合方法や杭頭補強鉄筋の有無にかかわらず、常に「杭頭結合計算」−「杭径・底版形状」画面で入力された『杭の埋込み長』を用いて図面作成を行うようにしました。

【不具合対策】
(入力部)
・「地層」画面の[読込]ボタンによる地層データ読込みにおいて、「杭配置」画面が未入力状態の杭基礎データのとき、警告が表示され読み込むことができない不具合の対策を行いました。
・杭基礎の「杭頭結合計算」−「杭頭作用力」画面において、杭頭作用力を変更直後に[計算実行]ボタンを押下しても、変更した杭頭作用力が計算に反映されない不具合の対策を行いました。
(計算部)
・杭基礎の「計算条件」画面の『根入れ比≦5の極限支持力度』のスイッチを変更したとき、自動計算でも押込み支持力の上限値が再計算されない不具合の対策を行いました。
・杭基礎の底版レベル2地震時照査において、連続フーチングの柱間照査を行い,上載土が底版上面より低いとき、まれに計算時にエラーが発生し、計算が正しく終了しないケースがあり、これを対策しました。
・鋼管矢板基礎のレベル2地震時照査において、設計地盤面が基礎天端より下がるとき、受働土圧および地盤反力係数を誤って設計地盤面ではなく頂版下面より算出していた不具合の対策を行いました。
・直接基礎の根入れ部の極限水平支持力において、レベル1地震時における地盤の受働土圧を、道示W式(解11.5.10)ではなく共通編2.2.6により算出していた不具合の対策を行いました。
※「道路橋示方書・同解説平成14年3月」の正誤表(社団法人日本道路協会)に未対応であった。
(出力部・結果確認部)
・杭基礎の「レベル2地震時の照査」−「液状化無視/考慮,地震動タイプT/U,浮力無視/考慮」の出力において、2.5次元解析のとき、杭体断面力,地盤反力度が同一の杭を同タイプとして出力しており、地盤反力度の上限値が異なる杭も誤って同タイプとして出力するケースがあり、これを対策しました。
・杭基礎の「レベル2地震時の照査」−「底版照査」−「設計条件」の出力において、「橋脚の設計」との連動時、底版補強(上面増厚のみ)を行うとき、不必要な下面補強鉄筋を出力していたため、削除しました。
・杭基礎の「レベル2地震時の照査」−「底版照査」−「断面力算出」の出力において、レベル2地震時安定計算が計算不能となるケースがあるとき、エラーが発生するケースの対策を行いました。
・杭基礎の設計調書「基礎工設計調書(その3)」において、以下の不具合を修正しました。
  ・流動化検討時で基礎が降伏に達していないとき、『流動力』を0と出力していた不具合の対策を行いました。
  ・レベル2地震時のみフーチング前面の水平抵抗を考慮するとき、「フーチング前面の地盤抵抗」に『2(無視)』と出力していた不具合の対策を行いました。
(図面作成)
・鋼管ソイルセメント杭において、計算部で入力される「最下端杭の杭長」に「固化体の余裕長」が含まれているにも関わらず、図面作成部では含まずに作図していた不具合の対策を行いました。
・帯鉄筋の加工図作成時のデータチェックに誤りがありエラーが発生する不具合の対策を行いました。
(その他)
・連動時、底版許容応力度法照査を行うと設定されたデータファイルの読込みを行うと、基礎側で底版許容応力度法照査が行われる不具合の対策を行いました。

■ヘルプの追加
・「概要」−「バージョン及び改良点」−「Ver.4.05.04」(追加)
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「作用力」
・「計算理論及び照査の方法」−「杭基礎」−「レベル2地震時照査」−「基礎の非線形性を考慮した解析方法」−「杭本体の材料非線形性」
・「計算理論及び照査の方法」−「直接基礎」−「水平地盤(道路橋示方書)」−「鉛直支持力」
・「計算理論及び照査の方法」−「直接基礎」−「水平地盤(道路公団)」−「フーチング前面の抵抗を考慮する場合の作用力」
・「計算理論及び照査の方法」−「直接基礎」−「水平地盤(道路公団)」−「滑動」
・「計算理論及び照査の方法」−「直接基礎」−「水平地盤(道路公団)」−「鉛直支持力」
4.05.04

4.05.05
'06.02.14 ■追加機能および修正(変更)内容
【要望対応】
(入力部)
・地中連続壁基礎の「形状」−「形状寸法」画面の隔壁位置の入力上限を、9.999(m)から99.999(m)に拡張しました。
【不具合対策】
(入力部)
・杭基礎の「底版設計」−「曲げ照査位置(レベル2)」画面において、「杭位置を照査位置に加える」としたとき、照査位置数が上限の10点を超え、「設定値が範囲外です」とエラーが発生するケースがあり、これを対策しました。
(計算部)
・杭基礎レベル2地震時のせん断耐力照査において、斜杭ありで『M−φ算出用軸力の取り扱い=杭列ごと反力』のとき、杭基礎のせん断耐力の合計が正しく算出されない不具合の対策を行いました。
・鋼管矢板基礎で作用力を直接指定してレベル2地震時照査を行うとき、設計地盤面が基礎天端以深となった場合でも、基礎本体の慣性力が正しく計算に考慮されないケースがあり、これを対策しました。
・鋼管矢板基礎のレベル2地震時照査において、立上り・締切り方式で設計地盤面が頂版下面以深となり、且つモデル化方法を『基礎天端』としているとき、内部土の慣性力の算出に誤りがあり、過大に考慮していた不具合の対策を行いました。
・鋼管矢板基礎の仮締切り計算において、直線部の支保工バネ算出に誤りがあり、切梁の断面積A2ではなく腹起しの断面積A1を用いて算出していた不具合を修正しました。
(出力部・結果確認部)
・杭基礎の「レベル2地震時の照査」−「設計条件」−「5.杭本体データ」の出力において、マイクロパイルのとき、『鋼管厚』が常に0.0(mm)と出力される不具合の対策を行いました。
・杭基礎の「レベル2地震時の照査」−「底版照査」−「形状寸法図」の出力において、作用力を直接指定した杭基礎の設計のとき、誤った上載土厚を用いて図化するケースがあり、これを対策しました。
(UC−1連動)
・下部工製品との連動時、ファイル読込みを行うと、「杭頭結合計算」−「底版許容値」画面のデータが再設定され、初期状態となってしまう不具合の対策を行いました。

■ヘルプの追加
・「概要」−「バージョン及び改良点」−「Ver.4.05.05」(追加)
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「底版設計(橋脚)」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「レベル2地震時」−「底版設計(橋台)」
・「Q&A」−「鋼管矢板基礎」−「5.支持力、周面摩擦力」−「Q5−5」
・「Q&A」−「鋼管矢板基礎」−「5.支持力、周面摩擦力」−「Q5−10」(削除)
4.05.05

4.05.06
'06.04.06 ■追加機能および修正(変更)内容
【要望対応】
(全般)
・杭基礎のレベル2地震時照査において、杭体モーメントが全塑性モーメントあるいは終局モーメントに達した部材の曲げ剛性を、コンクリート杭は道示W12.10.4(P.412)図-解12.10.3のY−U区間,鋼管杭及び鋼管ソイルセメント杭はY−Y’区間の勾配に対する低減率を設定していただく方法にて変更できるようにしました。
(計算部)
 ・場所打ち杭の断面変化位置算出において、自動計算により決定された第3断面位置における応力度が許容応力度を超えるケースがあるため、常に許容応力度以内となるよう改善しました。
・杭基礎のレベル2地震時照査において、0.00(m)の層厚の層が存在する場合でも照査可能としました。
・鋼管矢板基礎の盤ぶくれの照査において、N値が2以下の軟弱粘性土においても、粘着力から推定した周面摩擦力を考慮できるようにしました。
・鋼管矢板基礎の頂版のレベル2地震時照査において、脚柱下端外縁に作用する鋼管矢板の水平反力による曲げモーメントに、外周鋼管矢板だけでなく隔壁鋼管矢板の水平反力も考慮するようにしました。
・杭基礎,鋼管矢板基礎,ケーソン基礎,地中連続壁基礎,直接基礎のフーチングまたは頂版の部材計算において、常に釣合鉄筋量照査を行うようにしました。
(出力部・結果確認部)
・水平変位の制限を緩和する杭基礎の設計時、「設計条件」−「バネ定数および許容支持力・引抜力」の水平方向地盤反力係数,受働土圧強度に低減係数DEを考慮した値を出力するようにしました。
・鋼管矢板基礎の「部材計算」−「頂版の計算」−「レベル2地震時」の出力において、「4)鋼管矢板および中打ち単独杭の杭頭部拘束モーメント」の項目名を、「4)外周鋼管矢板および隔壁鋼管矢板の杭頭部拘束モーメント」に変更しました。
(UC−1連動)
・「橋脚の設計」との連動時の「レベル2地震時の照査」−「底版照査」−「設計条件」の出力において、配置による入力における底版配筋の種類数が5種類以上のときでも出力可能としました。
(図面作成)
・図面生成時に使用していた全角文字「( ) =/」を半角文字に変更しました。

【不具合対策】
(入力部)
・杭基礎の「計算条件」−「設計条件」−「杭」画面で施工工法を変更したとき、施工工法によっては、最大周面摩擦力度が再計算されないケースがあったため、これを対策しました。
・2.5次元解析によるレベル2地震時照査を行っていたデータを変更し、水平変位の制限を緩和する杭基礎の設計を行うよう計算条件を変更したとき、エラーが発生し「地盤データ」画面を開くことができない不具合の対策を行いました。
(計算部)
・杭基礎の杭体応力度照査において、既設杭/増し杭ともに場所打ち杭で、それぞれの杭長が異なるとき、「断面計算」画面で『既設杭』ページを開いた状態で[確定]終了すると、計算時に0割エラーが発生する不具合の対策を行いました。
・2.5次元解析による杭基礎レベル2地震時照査において、杭径,杭長が異なる杭が混在しているとき、地盤から決まる杭の極限引抜き力の算出,及び出力に誤りがあり、これを対策しました。
・橋台増し杭工法のレベル2地震時照査において、「計算条件」−「基本条件」画面で『荷重の向き=負方向』が選択された状態で[確定]終了すると、レベル2地震時照査に失敗し計算が行われない不具合の対策を行いました。
・直接基礎の基礎底面の許容鉛直支持力算定において、支持力係数の算出に用いる荷重の傾斜tanθ(=HB/V)が微小な値(0.0001以下)となるとき、支持力係数Nγの算出に失敗するケースがあり、これを対策しました。
・鋼管矢板基礎の杭頭結合部のレベル2地震時照査において、作用力を直接指定して照査するとき、誤った死荷重時鉛直力を用いて鋼管矢板に作用する軸力を算出していた不具合の対策を行いました。
・ケーソン基礎の側壁水平方向の部材照査において、照査位置に作用する静水圧の算出に誤りがあり、照査位置より下方の水圧を作用荷重に考慮して断面力を算出していた不具合対策を行いました。
(出力部・結果確認部)
・杭基礎「レベル2地震時の照査」−「底版照査」の出力において、底版形状によっては、図の出力に失敗し、計算書を出力することができない不具合の対策を行いました。
・杭基礎の「レベル2地震時の照査」の出力において、「底版レベル2地震時照査=する」としているにもかかわらず、照査結果が全く存在しないとき、出力時にエラーが発生しプレビューすることができない不具合の対策を行いました。
・鋼管矢板基礎の「レベル2地震時の照査」−「頂版に作用する鋼管矢板の反力」の出力において、流動力検討時,または作用力を直接指定してレベル2地震時照査を行うとき、不必要な設計水平震度が出力されていたため、これを削除しました。
・杭基礎,直接基礎の底版許容応力度法照査で最小鉄筋量照査がOUTのとき、ツリービューの「底版照査(許容)」がNG表示されない不具合の対策を行いました。
・杭基礎の設計調書の「基礎工設計調書(その3)」において、流動化検討時、死荷重時の水平変位が0.00以上となるときの基礎天端の水平変位に対する許容変位に誤った値を出力していた不具合の対策を行いました。
(UC−1連動)
・UC−1連動時の底版レベル2地震時照査において、上位製品でフーチングのコンクリートの設計基準強度σckを変更しても、基礎側の「材料」画面を確定終了しないと平均せん断応力度τcが更新されない不具合の対策を行いました。
(その他)
・鋼管矢板基礎,ケーソン基礎,地中連続壁基礎時の橋脚連動用XMLファイルのインポートにおいて、常時,レベル1地震時の荷重ケースごとの水位に誤りがあり、標高ではなく底版下面からの高さを連動していた不具合の対策を行いました。

■ヘルプの追加
・「概要」−「バージョン及び改良点」−「Ver.4.05.06」(追加)
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「地層」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「杭配置」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「レベル2地震時」−「基本条件(橋脚)」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「レベル2地震時」−「基本条件(橋台)」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「レベル2地震時」−「杭本体」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「計算・結果確認」−「底版レベル2地震時照査」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「直接基礎」−「計算・結果確認」−「底版照査(レベル2)」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「液状化の判定」−「検討位置」の『[検討位置]ダイアログ−[N値測定点]ボタン』
・「計算理論及び照査の方法」−「杭基礎」−「レベル2地震時照査」−「基礎の非線形を考慮した解析方法」−「杭本体の材料非線形性」
・「計算理論及び照査の方法」−「杭基礎」−「レベル2地震時照査」−「基礎の非線形を考慮した解析方法」−「底版照査」
・「計算理論及び照査の方法」−「鋼管矢板基礎」−「仮締切り部の計算」−「■盤ぶくれの検討」
・「計算理論及び照査の方法」−「直接基礎」−「底版照査」−「レベル2地震時照査」
・「Q&A」−「液状化の判定」−「1.設計方法」−「Q1−2」
4.05.06

4.05.07
'06.05.10 ■追加機能および修正(変更)内容
【要望対応】
(出力部・結果確認部)
・鋼管矢板基礎の「部材計算」−「頂版の計算」の出力において、頂版厚,上載土厚の記号に同じ『h』を用いていたので、異なった記号を表記するようにしました。
・直接基礎の「設計条件」−「形状および作用力」の出力において、『※水平力H,モーメントMの符号は安定計算に影響しないため絶対値で計算する。』と出力するようにしました。

【不具合対策】
(入力部)
・「橋台の設計」との連動時において、平行四辺形の底版形状のとき、杭の配置によっては「レベル2地震時照査」−「底版設計」画面を確定終了することができないケースがあったため、これを対策しました。
(計算部)
・増し杭工法時の作用力自動計算において、2.5次元解析のとき、既設死荷重時のY方向/X方向の水平力,モーメントが、計算を行うたびに入れ替わる不具合の対策を行いました。
(出力部・結果確認部)
・杭基礎の「断面計算」−「杭体応力度」の出力において、常時,レベル1地震時の計算対象が1方向のみで、計算書の出力設定を『出力方向の順番=X→Y方向』としたとき、曲げ応力度,せん断応力度の結果の表が改ページされないケースがあり、これを対策しました。
(図面作成)
・増し杭の加工図が「図面生成条件」で設定した縮尺で作図されない不具合の対策を行いました。

【その他の修正】
(計算部)
・杭基礎のレベル2地震時照査において、次の条件のとき、計算実行時に警告メッセージを表示するようにしました。
 1)応答変位となる状態(上部構造慣性力作用位置の水平変位=応答変位)が求まらないとき。
 2)上部構造慣性力作用位置の水平変位が実情にあわない結果となったとき。
・「レベル2地震時基本条件」−「計算条件」画面の「塑性化した部材の曲げ剛性の取扱い」の低減率の初期設定を1/10000にしました。

■ヘルプの追加
・「概要」−「バージョン及び改良点」−「Ver.4.05.07」(追加)
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「杭配置」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「レベル2地震時」−「基本条件(橋脚)」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「レベル2地震時」−「基本条件(橋台)」
・「Q&A」−「杭基礎」−「23.地震時保有水平耐力」−「Q23-35」(追加)
4.05.07

4.05.08
'06.07.04 ■追加機能および修正(変更)内容
【要望対応】
(入力部)
・杭基礎の「計算条件」−「設計条件」−「その他の条件」画面の常時,レベル1地震時の許容変位量の上限値を50.0(mm)から99.0(mm)に変更しました。
・杭基礎の「杭頭結合計算」−「底版許容値」画面において、各許容値の入力上限を緩和しました。
・杭基礎の「予備計算・結果確認」画面において、任意杭のとき、[全計算]ボタンを押下しても、「許容支持力」画面の許容支持力・引抜力を初期設定しないようにしました。
・杭基礎の「杭頭結合計算」−「杭径・底版形状」画面において、鋼管及び鉄筋の材質に応じた『溶接長の計算に用いる許容せん断応力度τsa』を自動設定できるようにしました。
・地中連続壁基礎の「形状」画面において、隔壁数が1のとき、内空幅の下限値(側壁幅の3倍以上)に対する制限を入力画面上で行うようにしました。
(計算部)
・杭基礎の杭頭結合計算において、SC杭のとき、鋼管杭とPHC杭のどちらに準じて計算を行うか指定できるようにしました。「杭頭結合計算」−「基本条件」画面で選択してください。
(出力部・結果確認部)
・直接基礎の「安定計算結果」−「地盤反力に対する検討」の出力において、台形分布(X>B)のとき、地盤反力の作用幅Xは表示しないようにしました。
・杭基礎の「基礎工設計調書(その1)」において、土質定数の低減係数DEの表記を、『1.0.2』から『1.1/6』に変更しました。
(出力部・結果確認部)
・鋼管杭・鋼管ソイルセメント杭・PC杭・PHC杭において、底版埋込部(配筋エリア1)に帯鉄筋(または組立筋)を配筋するか否か選択できるようにしました。
・杭頭結合部の杭頭〜鉄筋先端の距離(鉄筋長TL)を各段ごとに設定できるようにしました。
【不具合対策】
(入力部)
・増し杭工法で斜杭考慮時、杭列数の上限の判定に誤りがあり、計算可能な杭列数にもかかわらず計算できないケースがあり、これを対策しました。
・鋼管矢板の部材(頂版,頂版・矢板結合部,杭頭結合部)の「荷重ケースの設定」画面において、荷重ケースの参照番号が1〜60ではなく1〜30となっていた誤りを修正しました。
・地中連続壁基礎の「形状」画面において、隔壁位置に対する警告メッセージの誤りを修正しました。
・直接基礎の「底版形状」画面において、多柱式橋脚の底版レベル2地震時照査を行う条件のとき、計算対象外としているX方向にテーパが付いた形状とした場合でも、チェックが行われず計算を行うことができる不具合の対策を行いました。
(計算部)
・橋脚基礎の増し杭工法時、「レベル2地震時基本条件」−「基本条件(杭基礎)」画面の既設死荷重時における水平力Hd’,モーメントMd’がレベル2地震時照査に反映されない不具合の対策を行いました。
・杭基礎のレベル2地震時照査において、作用力直接指定による橋脚基礎のレベル2地震時照査を行っていたデータを変更し、橋台基礎にした時、誤った設計荷重を用いてレベル2地震時照査を行ってしまう不具合の対策を行いました。
・鋼管矢板基礎の「レベル2地震時の照査」−「計算結果」の出力において、流動化検討時以外のとき、降伏時,最終震度時の『上部工慣性力作用位置変位』が正しく出力されない不具合の対策を行いました。
(出力部・結果確認部)
・地層傾斜を考慮した杭基礎レベル2地震時照査において、軟岩・土丹を支持層とする打込み鋼管杭のとき、計算書の「レベル2地震時の照査」−「予備計算」−「押込み支持力の上限値」の『地盤から決まる極限支持力』に誤った値を出力していた不具合の対策を行いました。
・鋼管矢板基礎の「仮締切り計算」−「変位・断面力図」の出力において、総ステップ数を超える変位・断面力図が出力されるケースがあり、これを対策しました。
・ケーソン基礎の「部材計算」−「側壁鉛直方向」の出力において、充実断面の時、『中空断面』と出力される箇所があったため、これを削除しました。
・杭基礎の設計調書において、寸法値を等ピッチで出力している時、寸法線及び寸法値の位置が正しく出力されない不具合の対策を行いました。
(UC−1連動)
・「橋脚の設計」との連動時、橋脚側の「材料」−「地盤/埋め戻し土」画面の『hG』,『γt』を変更しても、基礎側の「地盤データ」画面が未入力状態とならず、設定した上載土厚,上載土の単位重量が「上載荷重」,「受働土圧強度」に反映されないケースがあり、これを対策しました。
・橋脚連動用XMLファイルのインポートにおいて、作業中の計算条件と異なる条件のデータをインポートしたとき、作業中の条件が優先され、不正な計算条件となるケースがあり、これを対策しました。

■ヘルプの追加
・「概要」−「バージョン及び改良点」−「Ver.4.05.08」(追加)
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「計算条件」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「杭頭結合計算」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「底版設計(橋脚)」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「レベル2地震時」−「底版設計(橋台)」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「鋼管矢板基礎」−「部材」−「頂版」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「鋼管矢板基礎」−「部材」−「頂版・矢板結合部」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「鋼管矢板基礎」−「部材」−「杭頭結合部」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「地中連続壁基礎」−「形状」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「直接基礎」−「設計条件」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「液状化の判定」−「設計条件」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「図面作成」
・「Q&A」−「杭基礎」−「4.支持力、周面摩擦力」−「Q4−8」
・「Q&A」−「杭基礎」−「4.支持力、周面摩擦力」−「Q4−18」(追加)
・「Q&A」−「杭基礎」−「18.他「UCー1シリーズ」との関連」−「Q18−2」
・「計算理論及び照査の方法」−「杭基礎」−「杭頭と底版の結合部の計算」
4.05.08

4.05.09
'06.08.21 ■追加機能および修正(変更)内容
【要望対応】
(入力部)
・杭基礎の「杭頭結合計算」−「杭頭補強鉄筋」画面において、最大かぶりの制限を緩和しました。
・杭基礎の「地盤データ」画面において、非常に大きな水平地盤反力係数kHEが算出された場合、入力画面を確定終了することができないケースがあるため、kHEの入力桁数を1桁増やし、確定終了できるよう改善しました。
(計算部)
・増し杭工法時の底版レベル2地震時照査において、照査断面内の有効鉄筋量が0となるケースのときの警告メッセージが不適切で分かりづらかったため、改善しました。
(出力部・結果確認部)
・杭基礎の設計調書において、以下の修正を行いました。
 ・「基礎工設計調書(その1)」において、全杭同一条件のとき、「支持地盤の種類」を出力するようにしました。
 ・「基礎工設計調書(その2)」において、場所打ち杭のとき、杭体の使用鉄筋(径,本数,鉄筋量),使用帯鉄筋,必要帯鉄筋量を出力するようにしました。
【不具合対策】
(入力部)
・杭基礎の「杭配置」−「斜杭」画面で斜杭を指定しても、設定したデータが破棄され、正しく斜杭と認識されないケースがあり、これを対策しました。
(計算部)
・場所打ち杭の断面変化位置算出において、抵抗モーメントの算出に用いる鉄筋量として最小鉄筋量または任意の鉄筋量を指定している場合、第3断面の断面変化位置が正しく求まらない,または計算が完了しないケースがあり、これを対策しました。
・流動化の影響を考慮した杭基礎レベル2地震時照査において、「地層」画面で流動荷重強度を算出している時、誤った流動荷重を杭体に載荷するケースがあり、これを対策しました。
・鋼管矢板基礎の仮締切り計算において、施工総ステップ数,支保工設置ステップ,底盤コンクリート打設ステップを変更した場合、不必要なステップに支点バネが載荷されてしまうケースがあり、これを対策しました。
(出力部・結果確認部)
・杭基礎の「底版許容応力度法照査」−「断面力算出」の出力において、照査断面より外側の有効杭列の杭鉛直反力が0.000(kN)と出力されるケースがあり、これを対策しました。
・杭基礎の「基礎工設計調書(その3)」において、次の記述ミスを修正しました(1.5kheW→1.5khcW,央老塑性率→応答塑性率)
・ケーソン基礎の計算書の「部材計算」−「刃口」の「1.荷重」の出力において、オープンケーソンのとき、内側から刃口に作用する荷重の説明に誤りがあり、これを修正しました。
(その他)
・鋼管矢板基礎において、橋脚連動用XMLファイルをインポートとしたとき、「作用力」−「脚柱下端作用力」画面の「橋軸直角方向」を開かないと、インポートした上載土厚が橋軸直角方向の設計外力の計算,及び計算書に反映されない不具合の対策を行いました。
・杭基礎の入力テキスト出力において、常時,レベル1地震時の作用力の方向(X方向/Y方向)が逆に出力される不具合の対策を行いました。

■ヘルプの追加
・「概要」−「バージョン及び改良点」−「Ver.4.05.09」(追加)
・「操作方法」−「メニューの操作」−「設計調書」の『(2)杭基礎の設計計算』
・「Q&A」−「杭基礎」−「23.地震時保有水平耐力」−「Q23-27」
4.05.09

4.05.10
'06.11.08 ■追加機能および修正(変更)内容
【要望対応】
(入力部)
・杭基礎の「地盤データ」画面の『杭間隔÷杭径』の算出において、増し杭工法で「レベル2地震時基本条件」−「計算条件」画面の『増し杭工法時の杭間隔÷杭径の算出方法』スイッチが『杭最小間隔÷最大杭径』のとき、整形配置でない場合は警告を表示し設計者の方が決定した値を入力していただくよう仕様を変更しました。
・「地層」画面の液状化の判定において、礫質土のNa(粒度の影響を考慮した補正N値)を内部計算する場合でも、計算スイッチSW=0であれば、土の平均粒径D50が未入力(=0.000)でも計算実行できるよう改善しました。
(計算部)
・ケーソン基礎,地中連続壁基礎において、従来、安定計算がOUTのとき、レベル2地震時部材計算を行っていませんでしたが、他の基礎にあわせ、OUTであっても照査するよう仕様の変更を行いました。
(出力部・結果確認部)
・杭基礎の「設計条件」−「杭配置図・側面図」の『杭頭座標』の出力において、杭1本ごとの座標ではなく各方向の座標を示したものであるとの注釈を追記しました。
・杭基礎の「レベル2地震時の照査」−「設計条件」−「5.杭本体データ」の出力において、単杭(1列杭)のとき、計算に用いない「軸力=0.0時」のM−φ関係を出力しないようにしました。
・「地層」−「低減係数」画面の[液状化の詳細出力]ボタンより表示される液状化の判定の詳細出力から、不必要な「護岸高さ」を削除しました。
(その他)
・杭基礎のサンプルデータ(Kui_2.F8F)のスパイラル鉄筋/PC鋼材の値を適正な値に変更しました。

【不具合対策】
(入力部)
・SC杭+PHC杭でPHC杭のせん断力照査を行うとき、「計算条件」画面を確定終了すると、スパイラル鉄筋の配置区間が初期化され、せん断力照査が正しく算出されない不具合の対策を行いました。
・ケーソン基礎の「レベル2地震時基本条件」−「基本条件(ケーソン基礎)」画面において、作用力を直接指定するとき、[作用力計算]ボタンによる鉛直力V’が正しく算出されないケースがあり、これを対策しました。
(計算部)
 ・水平変位の制限を緩和した杭基礎の照査において、まれに杭先端付近に大きなモーメントが発生するケースがあり、これを対策しました。
・水平変位の制限を緩和した杭基礎の照査において、底版前面水平抵抗を「考慮する(道示/国鉄)」から「考慮しない(無視)」に変更したとき、誤って底版前面水平抵抗を考慮した計算を行ってしまう不具合の対策を行いました。
・杭基礎レベル2地震時照査において、斜杭を考慮する時、押込み支持力の上限値,引抜支持力の上限値が正しく算出されないケースがあり、これを対策しました。
・杭基礎の底版レベル2地震時照査において、多柱式橋脚で柱間の照査を行わない時、まれに「不正な浮動小数点数演算命令」が発生し、計算が実行されないケースがあり、これを対策しました。
(出力部・結果確認部)
・直接基礎の「計算・結果確認」−「支持力計算」−「照査結果」画面において、底版前面抵抗を考慮した場合の滑動照査結果『fs(根入れ)』が、判定結果がOUTでも赤表示とならない不具合の対策を行いました。
・杭基礎の「レベル2地震時の照査」−「底版照査」−「断面力算出」−「b)杭反力」の出力において、斜杭を有する時、杭頭水平反力による曲げモーメントに誤った値を出力していた不具合の対策を行いました。
・鋼管矢板基礎の計算書において、橋台基礎の時、計算に影響のない不必要な項目が出力されている箇所があったため、これを削除しました。
・直接基礎の「許容鉛直支持力」−「地盤の許容支持力」の出力において、斜面上の基礎(道路公団)で斜面傾斜角β’=0.0(度)のとき、常時の許容鉛直支持力Qaに誤った値を出力していた不具合の対策を行いました。
(図面作成)
・帯鉄筋または組立筋がフレア溶接の場合、鉄筋表内のフレア溶接箇所の合計数が正しくないケースがあり、これを対策しました。

■ヘルプの追加
・「概要」−「バージョン及び改良点」−「Ver.4.05.10」(追加)
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「杭配置」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「底版形状」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「鋼管矢板基礎」−「レベル2地震時基本条件(橋脚)」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「鋼管矢板基礎」−「レベル2地震時基本条件(橋台)」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「設計調書」の『(2)杭基礎の設計計算』−「2.基礎工設計調書」−「(3)その3」
・「計算理論及び照査の方法」−「杭基礎」−「安定計算および杭体断面力の計算」−『(3)フーチングの変位と杭頭反力』
・「計算理論及び照査の方法」−「鋼管矢板基礎」−「頂版の設計」−「■頂版の計算」
・「計算理論及び照査の方法」−「鋼管矢板基礎」−「レベル2地震時」
・「計算理論及び照査の方法」−「ケーソン基礎」−「安定計算:常時,暴風時,レベル1地震時」
4.05.10

4.05.11
'07.01.17 ■追加機能および修正(変更)内容
【要望対応】
(出力部・結果確認部)
・杭基礎の「レベル2地震時の照査」−「底版照査」−「設計条件」の出力において、「橋脚の設計」との連動時、計算に用いないスターラップは出力しないようにしました。
・鋼管矢板基礎の出力において、常時,レベル1地震時の仮想井筒梁計算/レベル2地震時計算/基礎バネごとに、継手管外径による補正を考慮した継手のせん断剛度,耐力を出力するようにしました。
・設計調書のレベル2地震時照査結果の出力において、基礎の塑性化を考慮しない(応答塑性率の照査を行わない)場合、基礎の変位の判定結果(回転角≦0.02rad)は出力しないようにしました。

【不具合対策】
(計算部)
・鋼管矢板基礎の仮締切り計算において、弾塑性解析による計算時、最下層の最下部材内に弾性領域と非線形領域の境界が生じた場合、鋼管矢板の断面力が正しく算出されない不具合の対策を行いました。
(出力部・結果確認部)
・杭基礎の「設計条件」−「1.杭の条件」の斜角の出力において、地層傾斜あり,杭径・杭長変化ありのいずれかの条件で全杭の斜角が同一のとき、誤った斜角が出力される不具合の対策を行いました。
・杭基礎の「設計条件」−「杭配置図・側面図」の出力において、増し杭工法で杭列数が多いとき、杭頭座標の注釈が次項の表と重なって出力されるケースがあり、これを対策しました。
・杭基礎の「レベル2地震時の照査」−「底版照査」−「設計条件」の出力において、「橋脚の設計」との連動時、「既設底版上面の鉄筋」が常に『考慮しない』と出力される不具合の対策を行いました。
・直接基礎の「底版レベル2地震時照査」−「設計条件」の出力において、設計水平震度khcFの値が正しく四捨五入されない(Ex:0.2950→0.29)ケースがあり、これを対策しました。
・ケーソン基礎の「予備計算」−「基礎底面地盤の許容鉛直支持力度」の出力において、充実断面で許容鉛直支持力度の算式としてオープンケーソンを用いるとき、誤ってニューマチックケーソンの算式を出力していた不具合の対策を行いました。
(図面作成)
・図面確認のSXF出力において、引出線の引出部と表示部が同一角度の場合に結合して出力されないケースがあり、これを対策しました。

■ヘルプの追加
・「概要」−「バージョン及び改良点」−「Ver.4.05.11」(追加)
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「地層」
4.05.11

4.05.12
'07.07.20 ■追加機能および修正(変更)内容
【要望対応】
(入力部)
 ・鋼管矢板基礎の外周鋼管矢板の配置方法の見直しを行い、隔壁考慮時の直線部配置本数を従来よりも想定した形状に近い配置とすることができるよう改善しました。
 ・杭基礎の「安定計算」−「負の周面摩擦力に対する検討」の出力において、『杭頭に加えられた死荷重による杭頭荷重Po』は計算を行う方向のみ出力するようにしました。
 ・安定計算から独立して杭頭結合計算のみを設計する場合でも計算書を出力できるようにしました。
 ・杭基礎の設計調書「比較表混在(許容応力度法)」において、設計荷重(Vo,Ho,Mo)と照査結果(δ,Pmax,Pmin)を異なる荷重ケースから抽出していたため、同一ケースの結果を出力するようにしました。
(図面作成)
 ・杭配置図の作図方法に「時計回り方向の90度回転」を追加しました。
 ・鋼管杭・鋼管ソイルセメント杭において、材質を変更できるようにしました。

【不具合対策】
(計算部)
 ・杭基礎の底版許容応力度法照査において、照査可能な条件にもかかわらず計算できないケースがあり、これを対策しました。(Ver.3.04.00〜)
 ・鋼管矢板基礎の常時,レベル1地震時の仮想井筒梁計算において、負方向に作用力を載荷したとき(作用水平力<0.0で負の水平変位が生じるとき)、計算結果が正しく算出されない不具合の対策を行いました。(Ver.1.00.00〜)
 ・鋼管矢板基礎の仮締切り計算において、地盤の非線形性を考慮した収束計算に誤りがあり、一度塑性化した領域が弾性領域に転じた場合でも、塑性部材として計算し塑性部材として出力されていた不具合の対策を行いました。(Ver.1.00.00〜)
 ・ケーソン基礎のレベル2地震時安定計算において、基礎底面地盤に塑性化領域が生じた場合の回転バネ値の補正に誤りがあり、正しい回転バネが計算に反映されず、場合によっては安定計算がエラー終了するケースがあり、これを対策しました。(Ver.1.00.00〜)
 ・ケーソン基礎の橋台レベル2地震時照査において、基礎が降伏に達し応答塑性率の照査を行う条件のとき、応答変位時(上部構造の慣性力作用位置での水平変位が応答変位に達した状態)ではなく、最終震度時(khA)の状態を用いて基礎の変位照査,および部材照査が行われていた不具合の対策を行いました。(Ver.2.01.04〜)
 ・ケーソン基礎の側壁水平方向の部材照査において、照査位置に作用する静水圧の算出に誤りがあり、照査位置より下方の水圧を作用荷重に考慮して断面力を算出する不具合の対策を行いました。(Ver.1.00.00〜)
 ・地中連続壁基礎の安定計算において、鉛直バネの補正が正しく行われず、必要な計算精度が得られないケースがあり、これを対策しました。(Ver.1.00.00〜)
(出力部・結果確認部)
 ・杭基礎の「計算・結果確認」−「レベル2地震時計算」−「荷重変位関係」画面において、死荷重時(水平震度0.0時)に微小な(-0.0000以下の)負の水平変位が生じるとき、最初の線が描画されないケースがあり、これを対策しました。(Ver.4.05.10〜)
 ・鋼管矢板基礎の「仮締切り計算」−「計算結果一覧表」の出力において、外周鋼管矢板の材質としてSKY400/SKY490が混在している時、締切部/井筒部の材質ごとの最大応力度が正しく抽出されないケースがあり、これを対策しました。(Ver.1.00.00〜)
 ・鋼管矢板基礎の「仮締切り計算」−「根入れ長の検討」の出力において、計算対象外(最下段の切梁が第1ステップで設置される)のケースであっても、計算が正常に完了した最後の結果が出力されるてしまうケースがあり、これを対策しました。(Ver.1.00.00〜)
 ・ケーソン基礎の作業室天井スラブの応力度照査において、完成後の曲げ応力度に対する最も厳しい結果の抽出処理に誤りがあり、誤った結果が出力されるケースの対策を行いました。(Ver.1.00.00〜)
(図面作成)
 ・場所打ち杭において、図面作成モード『鉄筋|主鉄筋』画面内の定尺鉄筋への補正が正しく行われないケースがあり、これを対策しました。(Ver.4.05.03〜)
 ・杭配置図の軸方向線が正しく作図されないケースがあり、これを対策しました。(Ver.4.02.00〜)
(その他)
 ・杭基礎のファイル読込みにおいて、地層傾斜,または杭径・杭長の異なる杭があり、「杭配置」画面が入力されていない状態で保存されたデータファイルのとき、読込み時にエラーが発生し正しく読み込むことができない不具合の対策を行いました。(Ver.4.05.00〜)

■ヘルプの追加
 ・「概要」−「バージョン及び改良点」−「Ver.4.05.12」(追加)
 ・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「計算条件」
 ・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「着目杭の指定」
 ・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「基準値」−「杭基礎」−「(4)その他」
 ・「操作方法」−「メニューの操作」−「設計調書」の『A杭基礎の設計計算』−『1.基礎工詳細設計調書』−『(2)その2 およびその3』
 ・「計算理論及び照査の方法」−「直接基礎」−「底版照査」−「レベル2地震時照査」
 ・「サポート」−「ご購入についてのお問合せ」
Page Top Page Top
 ■ 更新履歴バックナンバー
    ・基礎の設計計算 Ver.11
    ・基礎の設計計算 Ver.10
    ・基礎の設計計算 Ver.9
    ・基礎の設計計算 Ver.8
    ・基礎の設計計算 Ver.7
    ・基礎の設計計算 Ver.6
    ・基礎の設計計算 Ver.5
    ・基礎の設計計算 Ver.4
    ・基礎の設計計算 Ver.3
    ・基礎の設計計算 Ver.2
    ・基礎の設計計算 Ver.1
戻る
バージョン更新情報

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
東日本旅客鉄道株式会社
[ お知らせ ]
地方創生・国土強靭化
FORUM8セミナーフェア






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
建築杭基礎の設計計算 Ver.5
Engineer's Studio® Ver.9
二柱式橋脚の設計計算(部分係数法・H29道示対応) Ver.2
BOXカルバートの設計・3D配筋 Ver.18
スイート給与計算-出面管理-

キャンペーン実施中
地方創生・国土強靭化
セミナーフェア連動
好評につき延長!
FORUM8 Shade3D
トレードアップ

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
5/23  車両軌跡/駐車場作図
5/24  3DCAD Studio®・VR
5/28
-29
 UC-win/Road・エキスパート・
  トレーニング(東京)
5/30  建築基礎,地下車庫の設計

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CAD/CIM、建設会計
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・3D配筋CAD
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・クラウドデータバックアップサービス
・ファイル共有サービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション