Civil Engineer's Forum-FORUM8
このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Yahoo! JAPAN

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

Q&A集 Q&A集
Ver. 日付 内  容
8.00.00 '09.04.30 ■追加機能および修正(変更)内容
【機能拡張】
(計算部)
・杭基礎の安定計算において、杭体水平荷重(杭体に作用する水平方向の任意荷重(分布荷重,集中荷重))を考慮した計算に対応しました。
・杭基礎設計便覧(H19.1)に準拠した水平変位の制限を緩和する杭基礎の設計において、照査対象の制限を緩和し、地層傾斜あり,杭径・杭長変化あり,斜杭あり,2.5次元解析時においても照査できるようにしました。
・鋼管杭のとき、断面ごとの杭径変化に対応しました。(図面作成含む)
(図面作成)
・柱状図の作図に対応しました。
・主鉄筋継ぎ手交互の鉄筋情報生成に対応しました。

【その他の要望】
(計算部)
・側方移動の影響を考慮した杭基礎の設計において、側方流動圧載荷範囲に対しても断面変化を行えるようにしました。(上杭=SC杭(φ318.5mm),下杭=PHC杭(φ300.0mm)の組合せのような杭径が異なるケースは除く)
(出力部・結果確認部)
・杭基礎の「計算・結果確認」−「杭体応力度」画面において、許容応力度および荷重ケース名を表示するようにしました。
・杭基礎の「レベル2地震時の照査」−「設計条件」の出力において、「橋台の設計」との連動時、橋台を橋脚として設計する場合は『底版下面から水位までの高さ』を出力しないようにしました。
・ケーソン基礎,地中連続壁基礎の「部材計算」−「側壁水平方向」の出力において、断面力図のスケールがまれに非常に大きくなるケースが生じていたため、適切なスケールで描画されるよう改善しました。
(その他)
・下部工製品との連動時、底版前面水平抵抗を考慮する条件であれば、下部工製品側で底版厚を変更したとき、基礎側の底版前面水平抵抗に関する入力画面を未入力状態とするようにしました。
・杭基礎のメイン画面の3D表示において、橋台基礎で竪壁寸法が入力されていないとき(「レベル2地震時基本条件」−「底版」画面の『底版形状を入力する』がチェックされていないとき)、竪壁を表示しないようにしました。

【不具合対策】
(計算部)
・杭基礎設計便覧に準拠した水平変位の制限を緩和した杭基礎の設計において、杭突出部水平荷重を考慮するとき、通常設計(水平変位の制限を緩和しない)のケースが存在した場合、エラーが発生し結果を得ることができない不具合の対策を行いました。(Ver.7.02.00〜)
・連続フーチングの許容応力度法照査において、増し杭工法のとき、柱間の最大モーメント抽出位置が柱前面となる場合の上面側の補強鉄筋の取扱いに誤りがあり、既設柱とぶつかる範囲の補強鉄筋を常に考慮した応力度を算出していた不具合の対策を行いました。(Ver.4.02.00〜)
・杭基礎のレベル2地震時照査において、2.5次元解析で杭行数×杭列数が100を超えるとき、計算実行時にエラーが発生し結果を参照することができないケースがあり、これを対策しました。(Ver.7.01.00〜)
・鋼管矢板基礎の根入れ長の検討において、対象となる地層数が20層を超えるとき、エラーが発生し結果を参照することができない不具合の対策を行いました。(Ver.7.00.00〜)
(出力部・結果確認部)
・杭基礎の「計算・結果確認」−「底版照査(レベル2)」−「X方向」−「柱基部断面力」画面において、「柱基部断面力により算出した作用力」に許容応力度法照査に用いる底版上の任意荷重を考慮した作用力が表示されるケースがあり、これを対策しました。(Ver.7.04.01〜)
・鋼管矢板基礎の「レベル2地震時の照査」−「地盤反力度の上限値の詳細出力」の出力において、液状化考慮時のpHuに低減係数DEが考慮されていない不具合の対策を行いました。(Ver.1.00.00〜)
・ケーソン基礎の「部材計算」−「側壁水平方向」−「許容応力度法」の出力において、[出力項目]ボタンより開く画面で照査対象の設定を「下記選択の検討ケースを出力」としたとき、結果一覧表が崩れて出力されるケースがあり、これを対策しました。(Ver.3.04.02〜)
(その他)
・Acrobat3D(PDF出力)に対応しました。(Adobe SystemsのAdobe Acrobat3D Ver8またはAdobe Acrobat 9 ProExtendedのインストールが必要)(※メイン画面の3D図:ポップアップメニュー「PDF出力」から実行します。)

■ヘルプの追加
・「概要」−「バージョン及び改良点」−「Ver.8.00.00」(追加)
・「概要」−「プログラムの機能概要」−「プログラム概要」
・「概要」−「プログラムの機能概要」−「機能及び特長」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「地層」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「計算条件」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「杭配置」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「着目杭の指定」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「予備計算・結果確認」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「作用力」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「レベル2地震時」−「基本条件(橋脚)」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「レベル2地震時」−「基本条件(橋台)」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「レベル2地震時」−「任意荷重」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「レベル2地震時」−「杭本体」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「レベル2地震時」−「地盤データ」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「計算・結果確認」−「杭体応力度」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「図面作成」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「ヘルプ」
・「計算理論及び照査の方法」−「杭基礎」−「水平変位の制限を緩和する杭基礎」
・「計算理論及び照査の方法」−「杭基礎」−「杭バネ定数の計算」
・「計算理論及び照査の方法」−「ケーソン基礎」−「部材計算:側壁鉛直方向」
・「Q&A」−「杭基礎」−「1.適用基準、準拠基準等」−「Q1−11」
8.00.00

8.00.01
'09.05.07 ■追加機能および修正(変更)内容
【不具合対策】
(計算部)
・杭基礎のレベル2地震時照査において、2次元解析で左上(1行1列)の杭が存在しないとき、耐震設計上の地盤面より上方の杭体慣性力が考慮されない不具合の対策を行いました。(Ver.7.00.00〜)

■ヘルプの追加
・「概要」−「バージョン及び改良点」−「Ver.8.00.01」(追加)
8.00.01

8.01.00
'09.06.18 ■追加機能および修正(変更)内容
【機能拡張】
・水門の耐震設計に対応しました。これにより、本プログラム単独あるいは弊社製品「水門の設計計算」との連動による水門の常時,暴風時及びレベル1地震時、レベル2地震時の杭基礎の照査が可能となります。

【その他の要望】
(入力部)
・杭基礎の「計算条件」画面で杭種を変更したとき、「許容値」画面の杭体の許容応力度を杭種に応じて初期設定し直すようにしました。
・杭基礎の「作用力」−「杭突出部水平荷重」画面において、動水圧および慣性力の『設計水平震度』の入力下限値を0.10から0.01に変更しました。
・杭基礎の「杭頭結合計算」−「杭頭補強鉄筋」画面の『内径』の項目名を、『内径(充実断面のときは0.0)』に変更しました。
・杭基礎の「地盤データ」画面において、受働土圧強度ppの入力上限値を99990.00(kN/m2)から999990.00(kN/m2)に拡張しました。
・ケーソン基礎の頂版の剛体判定において、オープンケーソンの側壁下端位置を底版上面/刃口付け根から任意に選択できるようにしました。
(出力部・結果確認部)
・杭基礎の「設計条件」の出力に断面二次モーメントを追加しました。
・杭基礎の「設計条件」−「バネ定数,許容支持力・引抜力,断面二次モーメント」の出力において、全ての常時ケースの許容引抜力を0として照査するとき、常時の許容引抜力を0と出力するようにしました。
・杭基礎の「レベル2地震時の照査」−「計算結果一覧表」の出力において、1(mm)以下の微小な初期変位が生じる場合であっても、これを考慮した応答塑性率の算出式を出力するようにしました。
・杭基礎の「下部工設計調書 フーチング」の設計調書において、UC−1連動時であっても『保有水平耐力法』の出力を行うようにしました。
・鋼管矢板基礎の「計算・結果確認」−「基礎バネ計算」画面において、単位荷重が大きすぎるために基礎バネ計算に失敗するケースの警告を改善しました。
(UC−1連動)
・「橋脚の設計」との連動時においても、橋脚の終局水平耐力に大きな余裕があるか否かを設計者のご判断として設定できるようにしました。橋脚側の「考え方」−「保有耐力法」−「はり・フーチング・基礎」画面で「柱の耐力に大きな余裕があるかの判定方法=直接指定」と設定し、「荷重」−「保有耐力法ケース」画面の「柱の耐力」により指定して下さい。ただし、本機能を用いるには、「橋脚の設計Ver.7(Ver.7.00.00〜)」が必要です。
・「橋台の設計」や「擁壁の設計」等において、本体の計算機能で杭基礎の設計を行っている状態から新たに本プログラムとの連動を行ったとき、上位製品で選択していたコンクリート設計基準強度σckに対する許容応力度を初期設定するようにしました。

【不具合対策】
(計算部)
・杭基礎の常時,レベル1地震時の安定計算において、突出している(設計地盤面が底版下面より下がる)とき、この突出部に杭体水平荷重を載荷すると、誤った設計地盤面変位が算出される不具合があり、これを対策しました。(Ver.8.00.00〜)
(出力部・結果確認部)
・鋼管矢板基礎の「レベル2地震時の照査」−「計算結果」−「(1)設計荷重」の出力において、流動化の検討時、死荷重時の作用力Hd,Mdが設定されている場合の水平力Hに誤った値が出力される不具合があり、これを対策しました。(Ver.4.03.00〜)
(図面作成)
・図面作成において、場所打ち杭の杭長が入力した長さより長くなる場合がある点の対策を行いました。

■ヘルプの追加
・「概要」−「バージョン及び改良点」−「Ver.8.01.00」(追加)
・「概要」−「プログラムの機能概要」−「機能及び特長」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「ファイル」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「基礎選択」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「地層」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「計算条件」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「杭配置」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「許容値」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「作用力」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「レベル2地震時」−「基本条件(橋脚)」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「レベル2地震時」−「流動荷重」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「レベル2地震時」−「地盤データ」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「レベル2地震時」−「底版前面水平抵抗」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「ケーソン基礎」−「基本条件」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「基準値」の『・杭基礎』−『(4)回転杭』
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「基準値」の『・その他』
・「操作方法」−「メニューの操作」−「設計調書」の『A杭基礎の設計計算』
・「操作方法」−「メニューの操作」−「オプション」
・「操作方法」−「UC−1連動」−「UC−1製品との連動」
・「計算理論及び照査の方法」−「杭基礎」−「許容支持力と許容引抜力」
・「計算理論及び照査の方法」−「杭基礎」−「杭バネ定数の計算」の『(2)杭軸方向バネ定数』
・「計算理論及び照査の方法」−「杭基礎」−「水門の設計」(追加)
・「計算理論及び照査の方法」−「ケーソン基礎」−「部材計算:頂版」−「(4)剛体判定」
8.01.00

8.01.01
'09.06.25 ■追加機能および修正(変更)内容
【要望対応】
(入力部)
・杭基礎レベル2地震時照査において、群杭効果を考慮した水平地盤反力係数の補正係数ηkを、0.66667ではなく2/3として計算することができるようにしました。これにより、若干ながら計算精度の向上が期待できます。「基準値」−「杭基礎」−「その他」画面の「補正係数ηkを指定する」を切り替えてください。

■ヘルプの追加
・「概要」−「バージョン及び改良点」−「Ver.8.01.01」(追加)
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「基礎選択」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「地層」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「計算条件」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「杭配置」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「レベル2地震時」−「基本条件(橋脚,水門)」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「基準値」の『・その他』
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「基準値」の『・杭基礎』−『(4) 回転杭』
・「操作方法」−「メニューの操作」−「オプション」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「計算書作成」の『[杭基礎]』
・「計算理論及び照査の方法」−「杭基礎」−「許容支持力と許容引抜力」
・「計算理論及び照査の方法」−「杭基礎」−「杭バネ定数の計算」の『(2) 杭軸方向バネ定数』
8.01.01

8.01.02
'09.06.29 ■追加機能および修正(変更)内容
【不具合対策】
(計算部)
・盛りこぼし橋台の杭基礎のレベル2地震時照査において、斜面の傾斜を考慮した地盤バネの低減を行うとき、地盤変位荷重による杭体荷重が考慮されない不具合の対策を行いました。(Ver.8.00.00〜)
(出力部・結果確認部)
・杭基礎の「設計条件」−「バネ定数,許容支持力・引抜力,断面二次モーメント」の出力において、H形鋼杭のとき、断面二次モーメントの出力でモジュール違反が発生し出力できない不具合の対策を行いました。(Ver.8.01.00〜)

■ヘルプの追加
・「概要」−「バージョン及び改良点」−「Ver.8.01.02」(追加)
8.01.02

8.02.00
'09.09.01 ■追加機能および修正(変更)内容
【機能拡張】
 ・橋台基礎の補強設計(増し杭工法)を拡張し、前趾側の橋軸方向だけでなく、後趾側および橋軸直角方向側にも増設できるようにしました。なお、「橋台の設計」との連動時にこの照査を行うには、「橋台の設計Ver.8」(Ver.8.00.00〜)が必要です。
【その他の要望】
(入力部)
 ・杭基礎の「材料」画面で場所打ち杭の主鉄筋材質を変更したとき、「杭頭結合計算」−「底版許容値」画面の杭頭補強鉄筋の材質にも同設定を反映できるようにしました。
(計算部)
 ・杭基礎の許容支持力の算定において、摩擦杭のとき、従来極限支持力度qdの算出に必要なデータが入力されている場合はこれを考慮した支持力を算出していましたが、極限支持力度qdを考慮するか否かのスイッチを設け、明示的に指定するようにしました。「計算条件」−「設計条件」−「支持力・引抜力」画面の「摩擦杭も支持杭同様の極限支持力度qdを考慮する」スイッチにより指定して下さい。
 ・杭基礎の常時,レベル1地震時の安定計算において、底版前面水平抵抗を考慮するとき、底版前面が全弾性(底版前面の全範囲の地盤反力度が受働土圧強度に達していない)と仮定した場合と、全塑性(全範囲の地盤反力度が受働土圧強度に達した)と仮定した場合の底版前面の水平変位が逆向きとなったとき、底版前面の水平抵抗の影響が正しく考慮されていない状態となっていたため、弾塑性解析の考え方の見直しを行いました。
 ・杭基礎の負の周面摩擦力の検討において、設計地盤面より上方の周面摩擦力を考慮するか否かの選択を設けました。「計算条件」−「設計条件」−「その他の条件」画面の「設計地盤面より上の周面摩擦力」により指定してください。
 ・軸力変動を考慮した杭基礎レベル2地震時照査において、杭に引抜力が生じ、杭体の降伏曲げモーメントMyが小さくなったとき、まれにMyが正値であるにもかかわらず「My≦0.0となった」とのエラーが生じて計算不能となるケースがあったため、Myが負値となったか否かの判定の見直しを行いました。
(出力部・結果確認部)
 ・杭基礎の「設計条件」の出力において、杭基礎設計便覧(H19.1)準拠時でPHC杭/PC杭/RC杭/SC杭+PHC杭のとき、スパイラル鉄筋の有無を出力するようにしました。
 ・杭基礎の「設計条件」−「地層データ」の出力において、通常の杭種,施工工法の場合、f'(杭に引抜きが生じる場合の最大周面摩擦力度)は出力しないようにしました。
 ・杭基礎の設計調書の「杭基礎比較一覧表」の出力において、常時と地震時の間に不要な隠し行があったため、これを削除しました。
 ・建築杭の「計算・結果確認」−「水平力検討」画面において、「一覧」モードの【全支点水平力・判定一覧】の表に対し、選択された支点のセルを色分けするようにしました。

【不具合対策】
(計算部)
 ・側方移動/盛りこぼし橋台の常時,レベル1地震時の安定計算において、Y方向の計算に対し、X方向のバネ値を用いて杭体荷重による杭頭変位を求めていたため、Y方向/X方向のバネ値が異なる場合、Y方向の安定計算が正しく行われない不具合の対策を行いました。(Ver.3.05.00〜)
 ・盛りこぼし橋台のレベル2地震時照査において、斜面の傾斜を考慮した地盤バネの低減を行うとき、「地盤データ」画面の着目点ピッチに0.20(m)以外が設定されていると、レベル2地震時照査が正しく行われず、結果を得ることができなくなるケースがあり、これを対策しました。(Ver.7.01.00〜)
 ・鋼管矢板基礎の「部材」−「頂版」画面において、隔壁・中打ち単独杭を考慮するとき、「応力度計算」タブの[計算実行]ボタンを2回押下しないと不適切な有効高を用いた計算が行われてしまう不具合の対策を行いました。(Ver.6.04.00〜)
 ・ケーソン基礎の安定計算において、地盤バネ=常時扱い,地盤耐力=地震時扱いの荷重ケースが存在するとき、最大周面摩擦力度分布によっては、まれに安定計算が完了せず結果を得ることができないケースがあり、これを対策しました。(Ver.1.00.00〜)
(出力部・結果確認部)
 ・鋼管矢板基礎の「合成応力度計算」−「詳細出力」の出力において、断面変化位置で最大応力度が発生する場合、上下断面の材質が同じとき、上部材の下端の節点と下部材の上端の節点の両方に最大応力度発生位置を示す「○」,「◎」が表記されてしまう不具合の対策を行いました。(Ver.1.00.00〜)
(その他)
 ・Web認証(未認証を含む)でプログラムを終了したとき、再度プログラムを起動するとモジュール違反のエラーが発生する不具合の対策を行いました。(※建築杭オプションは除く)(Ver.8.01.01〜)

■ヘルプの追加
・「概要」−「バージョン及び改良点」−「Ver.8.02.00」(追加)
・「概要」−「プログラムの機能概要」−「プログラム概要」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「計算条件」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「杭配置」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「作用力」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「レベル2地震時」−「基本条件(橋脚)」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「レベル2地震時」−「基本条件(橋台)」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「レベル2地震時」−「底版設計(橋台)」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「ヘルプ」
・「計算理論及び照査の方法」−「杭基礎」−「安定計算および杭体断面力の計算」の『(4) フーチングの前面水平抵抗力』
・「計算理論及び照査の方法」−「杭基礎」−「レベル2地震時照査」−「基礎の耐力の照査」−「橋台の作用力」
・「計算理論及び照査の方法」−「液状化の判定」−「土質定数の低減係数」−「レベル1地震時」
・「Q&A」−「杭基礎」−「18.他「UCー1シリーズ」との関連」の「Q18-1」
8.02.00

8.03.00
'09.09.30 ■追加機能および修正(変更)内容
【機能拡張】
 ・杭基礎の常時,レベル1地震時の最大荷重ケース数を30ケースから60ケースに拡張しました。
 ・杭基礎,直接基礎の橋脚底版の部材照査において、主鉄筋の指定方法を拡張し、"150+60@125+150" のような詳細な配置による指定が行えるようにしました。
【その他の要望対応】
(計算部)
 ・PHC杭,PC杭,RC杭において、スパイラル鉄筋の諸元を断面ごとに定義,計算できるようにしました。
 ・杭基礎,直接基礎の底版許容応力度法照査において、有効な柱前面の主鉄筋が未設定の場合の警告が不適切であったため、これを改善しました。
(出力部・結果確認部)
 ・建築杭の「支持力の対する検討」−「支持力検討結果」の出力において、『検定比』(PNmax/Ra)を出力するようにしました。
(その他)
 ・Windows7に対応しました。
 ・「ラーメン橋脚の設計計算」で作成された連動用XMLファイルのインポートに対応しました。メニューの「ファイル」−「橋脚連動用XMLファイル」から読込みを行ってください。※「ラーメン橋脚の設計計算」で連動用XMLファイルのエクスポートを行うには Ver.7.02.00以降が必要です。

【不具合対策】
(計算部)
 ・ケーソン基礎の吊桁の部材計算において、ディープビームとして必要鉄筋量を算出するとき、部材幅の取扱いに誤りがあり、実幅ではなく単位幅(=1.0m)として計算していた不具合の対策を行いました。(Ver.1.00.00〜)

■ヘルプの追加
・「概要」−「バージョン及び改良点」−「Ver.8.03.00」(追加)
・「概要」−「必要システム及びプロテクト」−「必要システム」
・「概要」−「プログラムの機能概要」−「適用範囲」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「ファイル」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「断面計算」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「作用力」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「底版設計(橋脚)」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「レベル2地震時」−「杭本体」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「計算・結果確認」−「杭体応力度」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「直接基礎」−「底版設計」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「直接基礎」−「計算・結果確認」−「底版照査(レベル2)」
・「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「基準値」の「荷重ケース」
・「操作方法」−「UC−1連動」−「UC−1製品との連動」
・「操作方法」−「UC−1連動」−「橋脚連動用XMLファイル」
・「計算理論及び照査の方法」−「ケーソン基礎」−「部材計算:吊桁」
・「Q&A」−「杭基礎」−「.地盤反力係数、杭軸方向のバネ定数」−「Q5-7」
・「サポート」−「技術的なお問合せ」−「製品版をご利用の方」−「お問い合せの方法」−「問合せ様式−2」
8.03.00

8.04.00
'09.12.25 ■機能拡張
(1)「地層」−「N値」画面に測定点ごとの N値の入力を追加し、平均N値の推定および測定点ごとの詳細なN値を用いた液状化の判定が行えるようにしました。
(2)SL杭(スリップレイヤーコンパウンド 塗布杭)の負の周面摩擦力の検討に対応しました。
(3)橋台基礎の杭の照査において、斜面傾斜 の影響による水平方向地盤反力係数の低減を考慮した設計に対応しました。(盛りこぼし橋台(NEXCO)の設計時は既対応)
(4)杭基礎の「結果一覧の出力」において、 杭頭結合計算,底版照査結果を出力するようにしました。また、レベル2地震時の全検討ケース結果を一覧表形式で出力するようにしました。
(5)杭基礎の計算書に「断面計算」−「杭の 断面変化位置」を追加し、断面変化位置を示す図を図化するようにしました。

■その他の要望
(入力部)
(1)「地層」−「土質一覧」−「土質データA」画面で動的変形係数EDを推定するとき、常に小数点以下2桁で丸めたVsiを用いて推定するようにしまし た。
(2)杭基礎の「材料」−「杭体」画面におい て、「杭体のヤング係数」の入力下限値を0.001にしました。
(3)杭基礎,直接基礎の「底版設計」−「配 筋」画面において、配置による入力を行う場合の縁端距離の入力上限を50000(mm)に変更しました。
(4)鋼管矢板基礎の継手のせん断ずれを考慮 した仮想井筒ばり解析において、継手の剛性を0とした検討に対応しました。(L1,L2安定計算,基礎バネ計算)
(5)液状化の判定において、平均粒径D50 の入力上限を99(mm)にしました。
(6)液状化の判定において、20(m)以深 に対してもN値測定点を設定できるようにしました。
(出力部・結果確認部)
(1)直接基礎の「設計条件」−「形状および作用力」の出力において、絶対値ではなく符号を考慮した作用力を出力するようにしました。
(2)直接基礎の「底版レベル2地震時照査」 −「断面力算出」−「b)地盤反力」の出力において、「hN」の説明を削除しました。
(その他)
(1)「橋脚の設計」との連動時、基礎側のメニューの「ファイル」−「名前を付けて保存」よりファイル保存を行うとき、橋脚側で底版主鉄筋が入力されて いない状態であれば底版配筋を保存しないようにしました。

■不具合対策
(入力部)
(1)杭基礎の「底版設計」画面において、橋台基礎で前趾のみ/後趾のみの補強を行っているとき、竪壁に配置する定着鉄筋を考慮すると、「鉄筋入力エ ラー」が発生するケースがあり、これを対策しました。(Ver.8.03.00〜)
(2)地中連続壁基礎のレベル2地震時照査に おいて、エレメント間継手を考慮しないとき、不要な継手部の鉄筋かぶりのチェックを行っていたため、チェックを行わないようにしまし た。(Ver.1.00.00〜)
(計算部)
(1)増し杭工法時の底版許容応力度法照査において、既設底版に任意鉛直荷重を載荷したとき、誤った載荷位置にて既設底版の断面力が算出される、あるいは 任意荷重を考慮されないなどの問題があり、これを対策しました。(Ver.8.03.00〜)
(2)増し杭工法時の底版レベル2地震時照査 において、版としてのせん断照査の側面側の軸方向引張鉄筋比ptに誤りがあり、有効幅内の鉄筋量ではなく全幅当たりの総鉄筋量を用いていた不具合の対策を 行いました。(Ver.1.01.00〜)
(3)鋼管矢板基礎の仮締切り計算において、 弾塑性解析法による収束計算の過程でプログラム内部の部材数がちょうど上限となると、エラーが発生し結果を参照することができなくなるケースがあったた め、これを対策しました。(Ver.1.00.00〜)
(4)ケーソン基礎,地中連続壁基礎のレベル 2地震時照査において、N値が2以下の軟弱粘性土に対してαp>1とした地盤反力度の上限値を用いたいた不具合の対策を行いまし た。(Ver.1.00.00〜)
(その他)
(1)「橋台の設計」との連動時、橋台を橋脚として設計する条件のとき(竪壁保耐の計算を行うとき)基礎側で単独データファイル保存を行うと、エラーが表 示されデータファイルを保存することが出来ないケースがあり、これを対策しました。(Ver.8.03.00〜)

■ヘルプの追加
(1)「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「地層」
(2)「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「計算条件」
(3)「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「杭配置」
(4)「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「斜面(盛土)形状」
(5)「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「予備計算・結果確認」
(6)「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「レベル2地震時」−「基本条件(橋脚,水門)」
(7)「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「レベル2地震時」−「基本条件(橋台)」
(8)「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「レベル2地震時」−「地盤データ」
(9)「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「液状化の判定」−「設計条件」
(10)「計算理論及び照査の方法」−「杭基礎」−「許容支持力と許容引抜力」
(11)「計算理論及び照査の方法」−「杭基礎」−「斜面の傾斜を考慮した地盤バネの低減」
(12)「Q&A」−「鋼管矢板基礎」−「Q9−10」
8.04.00

8.04.01
'10.01.20 ■機能拡張
(入力部)
(1)液状化の判定において、一度に計算可能な検討位置数を5箇所から10箇所に拡張しました。
(出力部・結果確認部)
(1)杭基礎の「底版許容応力度法照査」−「せん断応力度照査」の出力において、Cdsの算出に用いる柱前面の有効高の出力を追加しました。

■不具合対策
(入力部)
(1)杭基礎の「地層」画面において、地層傾斜時、間隔Uを変更するとエラーが発生し平均N値が0となってしまうケースがあり、これを対策しまし た。(Ver.8.04.00)
(計算部)
(1)杭基礎のレベル2地震時照査において、2.5次元解析のとき、水平震度〜変位曲線の解析結果を格納する領域が不足しエラーが発生するケースがあり、 これを対策しました。(Ver.4.00.00〜)
(出力部・結果確認部)
(1)杭基礎の結果一覧の出力において、レベル2地震時の「変位の照査」の回転角に誤った値(基礎降伏時の値)が出力される不具合の対策を行いまし た。(Ver.8.04.00)
(その他)
(1)「橋台の設計」との連動で橋脚基礎としての設計において、竪壁が橋軸直角方向に偏心しているとき、竪壁位置が正しく連動されないケースがあり、これ を対策しました。(Ver.8.02.00〜)

■ヘルプの追加
(1)「概要」−「バージョン及び改良点」− 「Ver.8.04.00〜Ver.8.04.01」
(2)「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「レベル2地震時」−「地盤データ」
(3)「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「液状化の判定」−「検討位置」
(4)「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「液状化の判定」−「計算・結果確認」
(5)「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「基準値」−「杭基礎」−「(5)その他」
8.04.01

8.05.00
'10.04.01 ■機能拡張
(1)PHC杭,PC杭のレベル2地震時のせ ん断耐力照査において、杭頭カットオフによるプレストレスの損失を考慮する区間を鉄筋コンクリート断面と仮定した計算(杭体部分,中詰め部分それぞれのせ ん断耐力を考慮した計算)に対応しました。
 ※参考文献:杭基礎設計便覧 社団法人日本道路協会(平成19年1月)
(2)作用力を指定して杭基礎のレベル2地震 時照査を行うとき、両方向の同時計算に対応しました。
(3)杭基礎において、杭の円形自動配置に対 応しました。
(4)根入れの浅いケーソン基礎の設計におい て、常時,レベル1地震時のスラブの部材照査(許容応力度法照査)に対応しました。
(5)直接基礎の滑動の照査において、2方向 偏心を考慮した有効載荷面積を用いた照査に対応しました。

■要望対応
(入力部)
(1)ケーソン基礎の「形状」画面において、オープンケーソンのとき、施工時内水位を変更したとき刃口の部材照査結果を破棄し、再計算を促すようにしまし た。
(2)杭体のヤング係数の入力下限値を 1.00(N/mm2)から0.01(N/mm2)にしました。
(3)鋼管矢板基礎の「形状」−「形状入力」 画面において、基礎形状が矩形面取りの場合の「井筒仮定外径」の表記を「面取り部の仮定外半径」に変更しました。
(4)液状化の判定の「検討位置」−「地盤種 別」画面において、全層の平均N値が0となっているとき、警告を表示し入力を促すようにしました。
(5)「橋台の設計」との連動時の「地盤デー タ」画面において、橋台を橋脚として設計する条件のとき、「上載荷重算出用の上載土厚の指定」を「地盤面(地震時)」に固定するようにしました。
(計算部)
(1)杭基礎の杭軸方向バネ定数Kv算出において、突出時の杭長の取扱いを選択できるようにしました。「計算条件」−「設計条件」−「k値・Kv値」画面 のスイッチにより「設計地盤面以深の杭長」,「現地盤面以深の杭長」,「底版下面以深の杭長」から選択して下さい。
(2)回転杭工法のとき、杭先端極限支持力度 の直接指定に対応しました。
(3)PHC杭,PC杭の杭頭カットオフの杭本体の照査において、中詰め部の許容せん断力の算出に軸力を考慮するか否かの選択を設けました。「杭頭結合計 算」−「杭頭カットオフ」画面の「軸方向力の取扱い」において選択してください。
(4)杭頭補強鉄筋の定着長の計算において、道路土工指針等の橋梁以外の杭基礎を想定し、定着長に10・d(dは補強鉄筋の直径)を無視した検討に対応し ました。
(5)場所打ち杭の杭体コンクリートの設計基準強度σck=18(N/mm2)とした計算が行えるようにしました。
(6)群杭としての許容支持力照査において、支持力係数Nγが1.0未満となる場合、メッセージを表示するようにしました。
(出力部・結果確認部)
(1)杭基礎の「結果一覧」の出力において、鋼管系杭のとき、許容圧縮応力度σtaを負値として出力するようにしました。
(2)杭基礎の「設計条件」−「杭配置図・側面図」の「杭頭座標」の出力において、杭1本ごとに座標指定を行った場合、1本ごとの座標(X座標,Y座標) を出力できるようにしました。
(3)ケーソン基礎の「部材計算」−「側壁水平方向」の「荷重図」の出力において、微小な荷重の場合、矢印の向きが荷重の作用方向と異なるケースが生じて いたため、常に適切な作用方向に描画するよう改善しました。

■不具合対策
(入力部)
(1)杭基礎の「底版設計」画面において、底版補強時に[配筋図]ボタンを押下すると、エラーが発生し配筋図を確認することができないケースがあり、これ を対策しました。(Ver.8.03.00〜)
(計算部)
(1)PHC杭の杭の軸方向バネ定数Kv算出において、「予備計算・結果確認」−「Kv値」画面で任意の設計杭長を指定してKvを算出するとき、誤った換 算断面積を用いたKv値が算出されるケースがあり、これを対策しました。(Ver.6.02.00〜)
(2)ケーソン基礎の安定計算において、水位 が基礎底面以深となるよう設定されているとき、基礎底面の鉛直力VBに負の浮力が考慮される不具合があり、これを対策しまし た。(Ver.1.00.00〜)
(出力部・結果確認部)
(1)盛りこぼし橋台の杭基礎の設計時、斜面傾斜の影響を考慮する条件で計算書の「断面計算」の出力を行おうとすると、アドレス違反が発生し出力すること ができないケースがあったため、これを対策しました。(Ver.8.04.00〜)
(2)杭基礎の「結果一覧」の出力において、コンクリートの圧縮応力度σc,鉄筋の引張応力度σtが異なる荷重ケースから抽出されるケースがあったため、 1荷重ケースの結果を出力するようにしました。(Ver.8.04.00〜)
(3)杭基礎の「断面計算」の出力において、地層傾斜または杭径・杭長変位ありの条件で配置されていない杭が存在する(千鳥配置等)とき、不要なエラーが 発生する不具合の対策を行いました。(Ver.8.04.00〜)
(4)杭基礎の「断面計算」−「断面力図」の出力において、杭長によっては断面力図が枠外に飛び出るケースがあり、これを対策しまし た。(Ver.8.04.00〜)

■ヘルプの追加
(1)「概要」−「バージョン及び改良点」− 「Ver.8.04.00〜Ver.8.05.00」
(2)「概要」−「必要システム及びプロテクト」−「必要システム」
(3)「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「地層」
(4)「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「計算条件」
(5)「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「杭配置」
(6)「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「許容値」
(7)「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「予備計算・結果確認」
(8)「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「杭頭結合計算」
(9)「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「レベル2地震時」−「基本条件(橋脚,水門)」
(10)「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「レベル2地震時」−「基本条件(橋台)」
(11)「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「レベル2地震時」−「杭本体」
(12)「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「鋼管基礎基礎」−「形状」
(13)「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「ケーソン基礎」−「基本条件」
(14)「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「直接基礎」−「設計条件」
(15)「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「建築杭」−「許容支持力」
(16)「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「建築杭」−「M-N図」
(17)「計算理論及び照査の方法」−「杭基礎」−「杭バネ定数の計算」の「(2) 杭軸方向バネ定数」
(18)「計算理論及び照査の方法」−「杭基礎」−「杭頭と底版の結合部の計算」
(19)「計算理論及び照査の方法」−「直接基礎」−「水平方向(道路橋示方書)」−「滑動」
(20)「計算理論及び照査の方法」−「ケーソン基礎」−「根入れの浅いケーソン基礎」
(21)「Q&A」−「杭基礎」−「5.地盤反力係数、杭軸方向のバネ定数」−「Q5−6」
(22)「Q&A」−「杭基礎」−「5.地盤反力係数、杭軸方向のバネ定数」−「Q5−7」
8.05.00

8.05.01
'10.04.30 ■機能拡張
(1)「フーチングの設計計算」用連動XML ファイルの出力に対応しました。

■要望対応
(出力部・結果確認部)
(1)杭基礎の入力テキスト出力において、基礎天端標高を小数点以下3桁まで出力するように変更しました。
(2)流動化検討時の計算書出力において、道示X(P127)の規定により流動化が生じないと判断される場合、その理由を出力するようにしました。

■不具合対策
(出力部・結果確認部)
(1)杭体応力度画面および計算書出力の断面計算において、計算しない杭頭条件の結果が保持されている場合があり、断面変化位置図が正しく描画されない ケースがあったのでこれを対策しました。(Ver.7.02.00〜)
(2)旧版データファイルの読み込み時に、負の周面摩擦力の検討結果にSL杭として検討を行っていないにも拘らず、「SL杭」と出力されてしまう部分が あった問題を修正しました。(Ver.8.04.00〜)
(3)杭基礎の入力テキスト出力において、「計算条件」−「設計条件」−「応力度照査」画面の『剛結,ヒンジの計算項目』が正しく出力されない不具合の対 策を行いました。

■ヘルプの追加
(1)「概要」−「バージョン及び改良点」− 「Ver.8.04.00〜Ver.8.05.01」
(2)「操作方法」−「メニューの操作」−「ファイル」の『フーチング連動用XMLファイル』
8.05.01

8.05.02
'10.07.06 ■要望対応
(入力部)
(1)ケーソン基礎の「形状」画面において、作業室の高さの制限を緩和しました。
(2)鋼管矢板基礎,ケーソン基礎,地中連続壁基礎の「作用力」−「脚柱形状寸法」画面で任意の脚柱断面積を入力しても、再度画面を開くと内部計算値に置き換わってしまうケースがあったため、置き換わらないよう対策しました。
(計算部)
(1)場所打ち杭の断面変化位置の自動計算を行う場合と、断面変化位置を直接入力する場合で、出力に表示される断面毎の杭長が微妙に異なる場合があったので対策しました。
(出力部・結果確認部)
(1)杭基礎,直接基礎の底版レベル2地震時照査の出力において、連続フーチングの柱間照査を行うとき、「断面力算出」のフーチング自重,上載土重量の計算過程出力を、浮力無視,浮力考慮をそれぞれ出力するようにしました。
(2)杭基礎のレベル2地震時底版照査の出力において、せん断照査の結果表にCdsを算出する際に使用する『柱又は壁前面位置におけるフーチングの有効高d』を出力するようにしました。
(3)杭基礎の「設計条件」−「地層データ」の出力において、レベル1地震動照査時に液状化を考慮しない場合は低減係数DEを出力しないようにしました。
(4)杭基礎の「杭頭結合計算結果確認」画面において、杭頭補強鉄筋溶接部のせん断応力度による溶接長の計算を行う場合でも計算結果が出力されていなかったので、出力するように変更しました。

■不具合対策
(入力部)
(1) 鋼管矢板基礎の「部材」−「杭頭結合部」画面で荷重ケースを10ケース設定しているとき、「基準値」−「荷重ケース」画面で頂版の設計に用いる荷重ケース名称等を変更すると、頂版の設計に用いるデータの一部が崩れてしまう不具合があり、これを対策しました。(Ver.1.00.00〜)
(計算部)
(1)杭体応力度計算において、斜面の傾斜を考慮した地盤バネの低減を行うとき、抵抗モーメントMr発生位置が正しく算出されない不具合の対策を行いました。(Ver.8.04.00〜)
(2)杭体応力度計算において、斜面の傾斜を考慮した地盤バネの低減を行うとき、Nmax/Nminの杭のみ計算を行っていましたが、杭列数(杭タイプ数)分の計算を行うようにしました。(Ver.7.01.00〜)
(出力部・結果確認部)
(1)杭基礎計算書「安定計算」−「群杭としての軸方向押込み力に対する検討」において、『仮想ケーソン基礎底面地盤の極限支持力度qd'』の単位が誤っていたのでこれを修正しました。(Ver.4.02.01〜)
(2)杭基礎計算書「杭頭結合計算」−「設計条件」の出力において、回転杭で方法Aのとき、杭種が正しく出力されない不具合の対策を行いました。(Ver.8.01.00〜)
(3)杭基礎計算書「断面計算」の出力において、盛りこぼし橋台で斜面傾斜の影響を考慮するとき、出力ピッチの設定によってはエラーが表示され出力を行うことができないケースがあったため、これを対策しました。(Ver.8.04.00〜)
(4)鋼管矢板基礎計算書「レベル2地震時の照査」の出力において、部材数が多い(基礎長が長く計算ピッチが細かい)とき、前面地盤反力度分布図の出力時にエラーが発生するケースがあり、これを対策しました。(Ver.4.04.01〜)
(5)杭基礎計算書「断面計算」−「断面力図」において、グラフ下部に出力している『1/2Mmax』の値が杭頭ヒンジの場合のみ『Mmax』の値となっていた問題を修正しました。(Ver.8.04.00〜)
(6)杭基礎計算書「計算・結果確認」−「レベル2地震時計算」−「詳細表示」画面のM図において、2次元解析で斜面の傾斜による地盤バネの低減を行うとき、2列目以降のMy,Muが正しく描画されないケースがあり、これを対策しました。(8.04.00〜)

■ヘルプの追加
(1)「概要」−「バージョン及び改良点」−「Ver.8.04.00〜Ver.8.05.02」
(2)「操作方法」−「メニューの操作」−「設計調書」の『A杭基礎の設計計算』
(3)「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「地層」
(4)「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「杭配置」
8.05.02

8.05.03
'10.07.30 ■要望対応
(その他)
(1)橋台増し杭工法の連動時に、計算を行わない方向のレベル1地震時荷重ケース連動処理を改善しました。

■不具合対策
(計算部)
(1)斜面傾斜の影響を考慮する条件下で、傾斜方向に杭列が1列しか存在しない場合に、結果データを正しく取得する事が出来ないケースがあったのでこれを 対策しました。(Ver.8.05.02〜)

■ヘルプの追加
(1)「概要」−「バージョン及び改良点」− 「Ver.8.04.00〜Ver.8.05.03」
(2)「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「断面計算」の帯鉄筋本数に関する説明
(3)「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「杭基礎」−「杭配置」
8.05.03

8.05.04
'10.09.30 ■要望対応
(入力部)
(1)「計算条件」画面の確定終了時において、 中掘り杭工法で摩擦杭のとき、採用には十分検討 する旨のメッセージを表示するようにしました。
(2)場所打ち杭の「断面 計算」画面において、入力漏れを防止するため主 鉄筋の初期値をセットしないようにしました。
(出力部・結果 確認部)
(1)杭基礎計算書「設計条件」の側面図出力に おいて、地層の描画範囲の下限を描画域下端から 9割の位置に設定していたため、入力データに よっては杭先端付近の地層が描画されないケース があったので対策しました。

■不具合対策
(計算部)
(1)杭基礎レベル2地震時照査において、「計算条件」−「設計条件」−「支持力・引抜力」画面の『極限支持力度の算出方法』スイッチを変更したとき、押込み/引抜き支持力の上限値が再計 算されない不具合の対策を行いました。(Ver.1.00.00〜)
(2)鋼管矢板基礎の仮締切り計算において、先行変位を考慮した頂版打設後の検討を行うとき、頂版打設直前と施工後ステップの打設範囲の部材数が異なる場合、不適切な断面力,変位が算定さ れる不具合の対策を行いました。(Ver.5.02.00〜)
(出力部・結果 確認部)
(1)橋台連動時のレベル2底版照査結果出力において、前趾上載土厚が0.0mになっていると形状寸法図が正しく出力できないケースがあったのでこれを対策しました。(Ver.2.00.00〜)
(その他)
(1)図面作成において、組立筋の寸法線を作図する設定にすると、主鉄筋先端から組立筋1本目までの配置寸法が不足している点の対策を行いました。

■ヘルプの追加
(1)「概要」− 「バージョン及び改良点」− 「Ver.8.04.00〜Ver.8.05.04」
(2)「操作方法」−「メニューの操作」− 「入力」−「杭基礎」−「杭配置」−「マイ クロパイルの入力方法」
(3)「計算理論及び照査の方法」−「杭基 礎」−「許容支持力と許容引抜き力」の「■ 群杭としての許容支持力照査」
Page Top Page Top
 ■ 更新履歴バックナンバー
    ・基礎の設計計算 Ver.11
    ・基礎の設計計算 Ver.10
    ・基礎の設計計算 Ver.9
    ・基礎の設計計算 Ver.8
    ・基礎の設計計算 Ver.7
    ・基礎の設計計算 Ver.6
    ・基礎の設計計算 Ver.5
    ・基礎の設計計算 Ver.4
    ・基礎の設計計算 Ver.3
    ・基礎の設計計算 Ver.2
    ・基礎の設計計算 Ver.1
戻る
バージョン更新情報

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
東日本旅客鉄道株式会社
[ お知らせ ]
地方創生・国土強靭化
FORUM8セミナーフェア







>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
控え壁式擁壁の設計計算 Ver.7
揚排水機場の設計計算 Ver.4
3DモデルIFC変換ツール
建築杭基礎の設計計算 Ver.5
Engineer's Studio® Ver.9

キャンペーン実施中
地方創生・国土強靭化
セミナーフェア連動
好評につき延長!
FORUM8 Shade3D
トレードアップ

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
6/25  交通解析・VRシミュレーション
6/26  Allplan
6/27  地方創生・国土強靭化(札幌)

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CAD/CIM、建設会計
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・3D配筋CAD
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・クラウドデータバックアップサービス
・ファイル共有サービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション