Civil Engineer's Forum-FORUM8 このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Google

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

Ver. 日付 内  容
8.00.00 '16.07.29

■主な改訂内容

  1. 断面力ケース毎に応力度の種類を指定した照査が可能となりました。
  2. 斜引張鉄筋に対し、鉄筋規格を指定することが可能となりました。
  3. 使用可能な鉄筋材質を2種類に拡張しました。
  4. 斜引張応力度の算出位置を以下の中から選択可能となりました。
    ・τmax発生位置:最大せん断応力度τmaxが生じる位置にて算出
    ・σI最大位置:斜引張応力度σIが最大となる位置にて算出
    ・図心及びウェブ幅:図心及びウェブ幅が最も薄くなる位置にて算出した中で最も厳しい値
  5. メイン画面及び結果画面における断面図の描画領域をユーザの指定した範囲で表示させることに対応しました。

■ヘルプの修正

  • ヘルプ−概要−バージョン情報及び改良点−Ver8.0.Xの履歴
  • ヘルプ−計算理論及び照査方法−計算式及び算出の考え方−斜引張応力度
8.00.01 '16.09.27 ■主な修正内容
  1. 「限界状態設計法」タブを選択した状態では、ツリー選択によるケース移動ができない不具合を修正しました。
  2. 描画設定において炭素繊維のパレット色を変更すると、鉄筋2のパレット色が変更されてしまう不具合を修正しました。
  3. 描画設定の初期化ボタンをクリックすると、断面図上の鉄筋が描画されなくなる不具合を修正しました。
  4. 許容応力度法−NM図の再計算を実行すると、エラーメッセージ「コンクリートまたは鉄筋のヤング係数が0.0になっています。」が必ず表示される不具合を修正しました。
  5. テキスト出力において列数を2以上とした場合、許容応力度法−照査結果を罫線位置がずれて表示される不具合を修正しました。
  6. 矩形二軸断面のテキスト出力において、照査結果の表が正しく出力されない不具合を修正しました。
  7. 照査結果(許容)において、単位系切替ボタンによる鉄筋応力度の変換が正常に動作しない不具合を修正しました。
  8. 鉄筋規格2に対してH14道路橋示方書以前に記載された鉄筋材質(SR235、SD295A、SD295B)を用いても、警告メッセージが表示されない不具合を修正しました。
  9. 材質あるいは径の異なる鋼材を断面の同じ高さに複数配置した場合、主鉄筋として先に入力された鋼材がM-φ算出時の最外縁鋼材として用いられる不具合を修正しました。
  10. 1つのプロジェクトに複数のケースが存在し、それぞれ異なるM-φの準拠基準が設定されていた場合、2ケース目以降のM-φ曲線が正しく描画されない不具合を修正しました。
  11. 「引張主鉄筋比ptの領域判定位置」スイッチで『中立軸位置』を選択しても、タブ移動や計算を行うとスイッチが『コンクリート断面図心』に変わる不具合を修正しました。

■ヘルプの修正
  1. ヘルプ−概要−バージョン情報及び改良点−Ver8.0.Xの履歴
8.00.02 '16.12.27 ■主な改定内容
  1. プロジェクトとケースのツリービューでのクリック移動がスムーズに行えるようになりました。
  2. 限界状態において曲げ耐力計算を行っていなくても、出力時には常に曲げ耐力の結果を表示しておりましたが、計算時のみに結果を出力させるように対応しました。
  3. 「道示W」に準拠したせん断照査において、荷重に地震の影響を考慮した場合、許容せん断応力度τa1に平均せん断応力度の値を用いるように変更しました。地震の影響を考慮するには、「許容応力度法」−「共通(断面力)」−「応力度の種類」にて、「地震」を選択して下さい。
  4. 任意二軸のPPF出力において、断面図内に表示される中立軸の描画範囲を拡張しました。

■主な修正内容
  1. 限界状態において「土木学会コンクリート標準示方書(2012)」に準拠し、テキスト出力で「出力タイトルの表現」を『基準の表現』とした場合、正常に出力できない不具合を修正しました。
  2. 鉄筋2の許容引張応力度(一般荷重、地震・衝突)の値を変更しても正しく反映されない不具合を修正しました。
  3. 最外縁に設置された鋼材がPC鋼材の場合、降伏ひずみが正しくえられない不具合を修正しました。
  4. 限界状態において「土木学会コンクリート標準示方書(2012)」に準拠した場合、テキスト出力のβnの算出式表記が適切でない不具合を修正しました。
  5. せん断関係斜引張鉄筋の許容引張応力度(地震・衝突)の値が基準値にて設定された値に対応していない不具合を修正しました。

■ヘルプの修正
  1. ヘルプ−概要−バージョン情報及び改良点−Ver8.0.Xの履歴
Page Top Page Top
 ■ 更新履歴バックナンバー
    ・RC断面計算 Ver.8
    ・RC断面計算 Ver.7
    ・RC断面計算 Ver.6
    ・RC断面計算 Ver.5
    ・RC断面計算 Ver.4
    ・RC断面計算 Ver.3
    ・RC断面計算 Ver.2
    ・RC断面計算 Ver.1
戻る
バージョン更新情報

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
三井共同建設コンサルタント
[ イベント ]
フォーラムエイト設立30周年記念






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
地盤改良の設計計算Ver.6
UC-1 for SaaS FRAME(面内)
マネージャ Ver.2
電子納品支援ツール Ver.15
UC-win/Road Ver.12
Allplan 2017

キャンペーン実施中
30周年記念スプリング
UC-win/Road Ver.12リリース
記念、64bitネイティブ対応
トレードアップ
セミナー来場者優待

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
5/9  組込システム入門体験
5/10  UC-win/Road DS体験
5/11  擁壁の設計・3D配筋
5/12  UC-win/Road DS体験

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CALS/CAD
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション