Civil Engineer's Forum-FORUM8 このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Google

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

連載(全5回)
統合医療とメンタルヘルス
最終回 心の病気からの回復:統合医療をとおして
安田病院心療内科、統合医療アール研究所所長 板村 論子 (いたむら ろんこ)
プロフィール  関西医科大学卒業、京都大学大学院博士課程修了、医学博士。
マウントシナイ医科大学留学、東京慈恵会医科大学、帯津三敬三敬塾クリニック院長を経て現職。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医、日本心療内科学会上級登録医・評議員、日本心身医学会専門医、日本森田療法学会認定医。日本統合医療学会認定医・理事。日本ホメオパシー医学会専門医・専務理事。日本人初の英国Faculty of Homeopathy専門医(MFHom)。2014年度アリゾナ大学統合医療プログラムAssociate Fellow修了。『国際ホメオパシー医学事典』『女性のためのホメオパシー』訳。『妊娠力心と体の8つの習慣』監訳。『がんという病と生きる 森田療法による不安からの回復』共著など多数。
はじめに

 2017年1月号から5回にわたり『統合医療とメンタルヘルス』について紹介しています。統合医療は「人」がより健康で幸せに生きることを目的にした医療でもあり、近代西洋医学に基づいた従来の医療や、先端医療と伝統医療や相補・代替医療(CAM)を融合させ、患者さん一人ひとりに生きかたにあった医療を提案しています。約4人に1人は、人生のどこかで心の病気になるといわれています。かつては心の風邪と称されたうつ病も、2年以上うつ病の治療を受けている慢性うつ病の人も少なくありません。薬を飲んでいても健康な時にくらべ日常生活に不調を来し、苦しんでいる人も多いのです。うつ病の治療として、投薬治療よりもまず休息と養生があげられます。休息と養生の意味するところは、古くから言われている自然良能つまり自然治癒力がより働くようになることです。CAMはこの自然治癒力に働きかけるものが大半です。米国の2000-2001年のNational Comorbidity Survey Replication Survey(NCS-R)の調査では、うつ病患者の15.3%がCAMを受けていると報告されています。第5回の最後には世界で最も使われている相補・代替医療であるホメオパシーによるメンタルヘルスの統合医療、特にうつ病について紹介したと思います。


世界で最も用いられている相補・代替医療:ホメオパシー

 ホメオパシーは現在世界80ヵ国以上で用いられています。(図1・図2)
 ホメオパシーでは、ホメオパシー薬(レメディ)を介してうつ病患者の自己治癒システムに働きかけ回復へと導きます。ホメオパシーは約230年前にドイツ人医師であるハーネマンが体系づけた医療です。欧州を中心に日本の漢方のような位置づけにあります。ホメオパシーでは、病気の人が語る物語(Narrative)を通し、身体症状だけでなく、心理社会的な側面を含め理解することによって、その人の持つ自己治癒過程に働きかけるホリスティック(全人的)な医療と考えられています。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

図1 世界に拡がるホメオパシー

図2 欧州におけるホメオパシー


2つの原則から成り立っています。そのひとつは 類似の原則です。病気の人の全体像をひとつのパターンとしてとらえ、それにもっとも類似しているパターンを持つレメディによって、その人の持つ自己治癒過程に刺激を与えます。さらにもうひとつの理論は刺激を与えるレメディは、最小限で効果的な投与をおこなうことです。レメディは現在では3000種類以上あります。その原材料の約65%が植物由来でそのほか動物、鉱物などです。段階的な希釈と振盪である活性化を経て種々のポテンシー(効力)を有します。また身体に障害を与えないレベルの濃度まで希釈されています。レメディの薬効は、中毒学、プルービング、症例報告にもとづいています。現在レメディは欧州、米国では医薬品として認可されています。
 診察では従来の治療同様の過程に加え、ホメオパシーの問診を行い、レメディを選択します。レメディ選択に際し、多様なストラテジーを用い、必要に応じて重要と考えられるいくつかの症状をルブリックスとして選びRepertorisationを行います。ホメオパシーのストラテジーは多様です。慢性では症状全体からパターンを読むHolistic approachをおこないますが、病態レベルが進んだ場合、病気の人のcenter of gravityやthemeに焦点をあてたMethod of complexityなどを選択します。
画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
図3 ホメオパシーの診察と多様なストラテジー(※)
DSM-Vの大うつ病エピソードから精神症状に対応するルブリックスとして選び、コンピューターによるRepertorisationです。多数のレメディが対応可能となります。(図3)

※筆者が考える患者の病態レベルによるストラテジー。ホメオパシーでは急性から慢性までまた病態レベルのsurfaceからdepthに合わせた治療が可能である。Isopathy、Tautopathy、Miasm、Familyなどのホメオパシー専門用語。


ホメオパシーによるうつ病からの回復過程

 ホメオパシーは自己治癒過程に働きかけ回復の手助けをする 医療であり、現代医療と統合的に用いることで、回復を早め、症状の軽減 あるいは投薬量を減らす ことが可能となります。うつ病の患者さんはすでに抗うつ薬による治療を受けています。筆者はホメオパシーを統合医療として行うにあたり3段階の治療目標を定めています。第1段階では投薬はそのまま継続し、QOL(生活の質)の改善。第2段階は減薬、第3段階はホメオパシー薬も終了し完全に回復することを目指します。(図4)
 実際2年以上投薬治療を受けている慢性うつ病の31人の方のうち13人がホメオパシーを始めて2年以内に完全に回復しました。ある30代後半のIT関係の技術者の男性です。約5年前より仕事上のストレスからうつ病と診断され、これまでに2回休職と復職を繰り返しています。10ヵ月前から3度目の休職になり、抗うつ薬、抗不安薬、抗精神病薬、睡眠薬など6剤を服用していますが、復職の見通しがつきません。ホメオパシーの問診では生理的状態、局所症状、心理的状態をみていきます。全体の症状から Holistic approach を用いて Staphisagria 30c,1日1 pill毎日処方としました。
画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
図4 統合医療としてのホメオパシーと治療目標

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
図5 うつ病の症状に対応するホメオパシー薬(レメディ)

 治療2ヵ月後には、あまり改善がなく、空虚感がつよいことから、より深いレベルに対応したMethod of Complexityのストラテジーを用いてレメディをAurum sulphuratum 30cに変更しました。治療4ヵ月後には空虚感はおちついきていました。抑うつのレベルは7/10。その後目標の第2段階に入り、徐々に投薬量を減らしていきました。治療10ヵ月後には仕事に行けるようになり、薬は必要なくなりました、レメディの服用もときどき忘れていました。第3段階です。治療1年後に復職しました。レメディも服用していませんでした。治療1年5ヵ月後でホメオパシーによる治療は終了しました。現在治療終了後3年以上経っていますが再発していません。このような難治性のうつ病のかたにCAMの一つであるホメオパシーを統合的に用いることで、その人本来の自己治癒過程に働きかけ根本的な回復、抗うつ薬だけでは得られない回復が可能と考えます。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
図6 ホメオパシーによる回復過程

おわりに

 統合医療とは医療の受け手である「人」を中心とした医療システムです。ストレス社会といわれる現代、日々のストレスに起因するメンタルの不調などは、これといった原因を特定できないものもあります。溢れる情報に埋もれながらも自分で何とかしようとしている人も多いでしょう。診断書が出され心の病気になって、医師に完全にお任せして薬だけでも数種類飲んでいるのに、いつになったら治るのか不安が募るばかりです。本当に自分にあった医療でメンタルの不調から解放されたい。そんな人々のニーズに応える医療が、まさに統合医療なのです。自分の心と体に目を向けて、健康を手に入れるために何をすればよいのか、統合医療は教えてくれます。



前ページ

インデックス
(Up&Coming '18 新年号掲載)
戻る
Up&Coming

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
メイワスカイサポート
[ お知らせ ]
FORUM8デザインフェスティバル2017-3Days+Eveレポート






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
深礎フレームの設計・3D配筋
(部分係数法・H29道示対応) Ver.2
ラーメン式橋台の設計計算
(部分係数法・H29道示対応)
RC断面計算
(部分係数法・H29道示対応)
Engineer's Studio® 面内 Ver.3
UC-1 Engineer's Suite 積算 Ver.4

キャンペーン実施中
新道路橋示方書対応リバイバル
UC-win/Road Ver.13リリース
記念
UC-1 Engineer's Suite積算
新バージョンリリース
セミナー来場者優待

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
1/23  3D配筋CAD体験
1/24  大型土のう/補強土壁の
 設計体験
1/25  UC-win/Road・VR 沖縄
1/25  バーチャルリアリティによる
 道路設計

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CALS/CAD
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション