Civil Engineer's Forum-FORUM8 このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Google

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

Vol. 17
表技協検定試験の実施について

日本国内の科学技術に対する基本方針として、既に平成8年度から5カ年計画として4期20年に渡って科学技術基本計画が実施されてきました。しかし、世界の中での我が国の立ち位置は全体として劣後傾向にあり、国として危機感とスピード感を伴う対応が必要であるとして、平成28年度より第5期科学技術基本計画の5カ年計画が実施されています。

ICT(Information and Communication Technology)の飛躍的進展等を受け、「第4次産業革命」(IoT時代のものづくり)と銘打って、イノベーションを巡る熾烈な国際競争に打ち勝つための方向性が政府より示されています。
 一般財団法人最先端表現技術利用推進協会(以下、表技協)では、こういった国の方針とも合致し、企業や技術者を支援するものとして「表技協検定」を企画しました。


基本方針
 表技協における検定事業の目的

企業や技術者が、ICT等をベースにイノベーションの担い手となるためのモチベーション(動機付け)を提供します。そのための付帯として学習用テキストの構築、研修および達成程度の目安としての検定を行います。
こうした事業は、時代に応じた内容への高度化もさることながら、継続することが強く求められることから、安定性の確立も重要な対応と考えています。


 検定対象分野の設定

(1) 背景
ICT等をベースにしたイノベーションについては、ほぼ全ての技術分野が対象となりますが、当協会での技術検定対象分野は、初期から全てをカバーすることは現実的でなく、ある程度の分野に絞って段階的な拡大を目指すのが現実的であると考えています。当面は内外の状況を把握しつつ、対応可能な分野から順次設定することとし、その際、国が各省庁にて展開している「超スマート社会」実現のための方針をベースとして検討しました。

(2) 求められる対応技術
ICT等をベースにしたイノベーションについては、ほぼ全ての技術分野が対象となりますが、当協会での技術検定対象分野は、初期から全てをカバーすることは現実的でなく、ある程度の分野に絞って段階的な拡大を目指すのが現実的であると考えています。当面は内外の状況を把握しつつ、対応可能な分野から順次設定することとし、その際、国が各省庁にて展開している「超スマート社会」実現のための方針をベースとして検討しました。

(3) 想定される対象分野
表技協の活動は、ハードとソフトの両面において、まちづくり分野における最先端表現技術の利用促進に深く関与しています。そこで、最先端表現技術を利用したまちづくりを「VRまちづくり」と呼称し、まちづくりの4つの部門(1.計画・管理、2.設計・施工、3.アセスメント、4.対話・協議)を設定。これらの各分野において、最先端表現技術の利用を通じた業務の効率化・高度化を図りつつ、部門間のスムースな連携を促すことを想定しています。

 

(4) 当面の対象とする部門
科学技術基本計画に関連する省庁の中で、まちづくり分野を広く所管する国土交通省の施策内容を見ると、表技協が対応している技術(IMやVRをツールとしたCIMソリューション)と関連する施策も多数あります。さらに国土交通省においては、科学技術基本計画を踏まえて、まちづくり分野の高度化を図る目的で「情報化施工」や「i-Construction」といった施策を掲げています。
なお、国交省の平成29年度予算(5.7兆円)概要を細分化し、「情報化施工」や「i-Construction」に関連する部分を抽出して合計すると、1兆円を超えることとなります。
従って、これらの事業がスムースに推進できるよう、表技協が構築を目指す検定事業においては、初期の対応としてこれらのまちづくり部門に絞って推進することとしています。


 事例紹介

「i-Construction」と情報技術との連携
国交省が目指すi-Constructionのターゲットは、現場での労働生産性の向上、安定的な経営環境の確立であり、そのために現場の安全や新技術の導入、グローバルな対応や契約方式の変革などが一体となった支援体制を前提としています。その中で、次の3点を視野に入れた対応が求められています。

  1. 建設現場を最先端の工場へ(近年の衛星測位技術等の進展とICT化により、屋外の建設現場においても、ロボットとデータを活用した生産管理が実現)
  2. 建設現場に最先端のサプライチェーンマネジメントを導入(鉄筋のプレハブ化等による建設現場の生産工程等と一体化したサプライチェーン管理の実現)
  3. 建設現場の2つの「キセイ」の打破と継続的な「カイゼン」(イノベーションを阻害している書類による納品などの「規制」や年度末の工期設定などの「既成概念」の打破)

これらの連携を達成するための「情報技術」をコアとし、その連携のあり方をCPS(Cyber-Physical-System)としたi-Constructionの推進イメージを、右上の図に示します。図の外側の緑の領域が建設現場での対応、内側の青色の領域が情報の収集と発信を表現。中央のクラウドコンピュータが、処理したデータを現場に伝達する役割を担っています。
今回の研修・検定の対象は、青色の領域およびクラウドコンピューティングに関連する情報技術とし、CIMやフロンローディングにつながる情報・知識を取得することを目的としています。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。


 今後の予定

表技協では、検定事業を具体化するにあたって、実現可能性検証調査(フィジビリティ調査)を実施しました。その結果、関連する講習会等を含めた教育システムおよびその成果の把握手段として、検定による評価が強く求められていることがわかりました。現在、学識経験者(外部委員として、中日本ロード・メンテナンス東京株式会社社長 朝日理登氏、株式会社大林組 情報技術推進課長 杉浦伸哉氏)を含む6名の試験委員による委員会を開催し、準備を進めています。
目標としては、平成30年3月中に、講習会を含む教育システム・検定準備を完了し、来年度となる平成30年度4月以降の実施を目指しております。
また、皆様の表技協への入会もお待ちしております。詳しくは表技協ホームページをご覧ください。

表技協ホームページ http://soatassoc.org

前ページ
  
インデックス
(Up&Coming '17 秋の号掲載)

Up&Coming

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
中国船級社
[ お知らせ ]
FORUM8デザインフェスティバル2017-3Days+Eveのご案内






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
UC-win/Road (Simulink連携
プラグイン・オプション)
FEMLEEG Ver.8
洪水吐の設計計算 Ver.3
H29道示対応
UC-BRIDGE橋台橋脚
ラーメン橋脚設計ラーメン橋脚
設計計算
震度フーチング
基礎深礎フレーム
UC-win/Road(ログデータUDP
受信オプション)

キャンペーン実施中
H29道路橋示方書対応リリース
記念、複数同時購入割引
UC-win/Road Ver.12 PSQ
認証取得
オータムFPBポイント倍増

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
10/20  Engineer's Studio(R)活用
10/24  レジリエンスデザイン・ 
 CIM系解析支援体験
10/26  UC-win/Roadクリエイター
 入門(岩手)
10/27  下水道耐震設計体験

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CALS/CAD
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション