Civil Engineer's Forum-FORUM8
このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Yahoo! JAPAN

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

未来を可視化する
長谷川章のアート眼
vol.2

社会の未来を語るキーワード「シンギュラリティ」をテーマに、
長谷川章のアート眼が捉えるものを連載していきます。
人類が生命を超え、加速する未来を可視化する鍵を探ります。

  長谷川 章(はせがわ あきら)氏
デジタルアートクリエイター
1947年石川県小松生まれ。日本民間放送連盟TVCM部門最優秀賞を始め、ACC賞など数々の賞を受賞。NHK大河ドラマ「琉球の風」を始めNHKニュース、中国中央電視台(CCVT)ロゴ、企業TVCMなど、数千本を制作。
 Akira Hasegawa

人類はこんにちIoT,AI、シンギュラリティー、などこの先の未来はどうなるのか?先行きがみえないと恐れおののいている。

それは、過去の延長上に未来があると思い込んでいるからである。
パソコンが1万倍のスピードで演算できる性能になったら?世界が逆転するのだ、そして時間と空間から開放されるのだ。

そこで、一例を考えてみた。

鬼の面 後ろの正面 のっぺらぼう

73億人民の、73億人民による、73億人民のためのニュース 7.3 billion people news

技術の積み重ねの延長には、新しい発明やアートは生まれない。
今存在する国家、大企業、エネルギー、情報の常識などはむしろ現実を維持が実務でであり守りの砦であるからだ。

そこで、まさに1世紀にもならんとするマスメディアに一石を投じるとしよう。


リアルタイムを捉える

いまやテレビはニュース番組が80%になっている。

これは人々の関心が常に「現在」にあるからである。動物はいつも、いま何が起こっているのかを知りたがるのだ。

しかし、すでにニュース番組はリアルタイムからは取り残されてしまった。
テレビ局という中央集権システムがある限り、本当のリアルタイムを捕まえることはできないからである。

カメラマンや新聞記者、共同通信、ロイターの記者たちは、事件が起こった後を撮影しているに過ぎない。
燃えたあとの家を映し、交通事故の後始末をリポートするのみである。

これは大きく捉えれば、時間の設定の問題である。時間とはタイミング合わせの方便であり、人が定めた古い尺度でしかない。
いまや人々はテレビを見ずにネットを見る。なぜならテレビは「管理者側」の時間であり、ネットは「自分たち」の時間だからである。
人々はすでに自分たちの時間を生き始めているのだ。

ネットの発達により、我々はようやく時間の檻から抜け出そうとしている。
大勢のタイミング合わせのための時間ではなく、人それぞれに時間が流れていることに気づき始めているのだ。

そして事件は、人々の時間の中に不意に起こるものなのである。現在の中央集権システムでは、それを捉えることはできない。

これから望まれるのは、本当のリアルタイムを捉える分散型のニュースシステム。それが我々の提案する7.3 billion people newsである。


7.3 billion people news

地球の人口73億人、それぞれがスマートフォンやそれに類するデバイスを持っている。
個々人の生きている時間で起こる事件こそが本当の意味でのニュースなのだ。
人はニュースソース(資源)であり、ニュースオリジン(起源)であり、ニュースそのものである。

73億人のそれぞれの時間に起こったライブニュースを、リアルタイムでネットにアップするプラットフォーム。それが7.3 billion people newsである。

アップされたニュースは人工知能によりカテゴライズされ、関連ニュース、
情報とともに公開される。
事件、政治、経済、売れ筋、カブ、天気予報、音楽、タレント芸能、アートシーン、
スポーツ、文化…
旧来のカテゴリを逸脱するニュースもこれからどんどん増えてくるだろう。
新しいニュースカテゴリの創出が起こるのだ。また過去のニュースとの関連により、
過去のニュースに新しい見方を提供することもできるだろう。

閲覧数や引用数によってニュースはランキングされる。
直近1時間のベストニュースから、1日、1週間、1ヶ月、1年…

これらのトップランキングのニュースは、既存のテレビ局へ放送契約され、投稿者にキックバックされる。

我々のあとを、テレビ局や新聞社がついてくるのである。


運営について

この運営はプラットフォームではなくてむしろプラットホームレスである、これは一団体や企業、放送局が運営するのではない。
あくまでも73億人の一人ひとりが自主的に参加し、投稿する。つまり73億の放送局があるようなものである。

撮影するデバイスを同一のものにすることも考えられるだろう。
撮影、アップなどが行えるデバイスを入手することで、この7.3 billion people newsに参加したことになる。

オリンピックニュースカテゴリを開設し、全人類がオリンピックニュースチャンネルを共有する。
閲覧数や引用数の多いランキング上位のニュースにはポイントを発行し、そのポイントでアマゾンやアリババといったECサイトで使用できれば、あくまでも個人による、新たなオリンピック経済圏を構築できるだろう。




前ページ
  
インデックス
  
次ページ
(Up&Coming '19 新年号掲載)

Up&Coming

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
東日本旅客鉄道株式会社
[ お知らせ ]
地方創生・国土強靭化
FORUM8セミナーフェア







>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
控え壁式擁壁の設計計算 Ver.7
揚排水機場の設計計算 Ver.4
3DモデルIFC変換ツール
建築杭基礎の設計計算 Ver.5
Engineer's Studio® Ver.9

キャンペーン実施中
地方創生・国土強靭化
セミナーフェア連動
好評につき延長!
FORUM8 Shade3D
トレードアップ

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
6/18  UAVプラグイン・VR(東京)
6/19  Maxsurf
6/20
-21
 UC-win/Road・エキスパート
  ・トレーニング(福岡)
6/25  交通解析・VRシミュレーション

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CAD/CIM、建設会計
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・3D配筋CAD
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・クラウドデータバックアップサービス
・ファイル共有サービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション