Civil Engineer's Forum-FORUM8 このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Google

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe


  はじめに    福田知弘氏による「都市と建築のブログ」の好評連載の第39回。毎回、福田氏がユーモアを交えて紹介する都市や建築。今回はイスタンブールの3Dデジタルシティ・モデリングにフォーラムエイトVRサポートグループのスタッフがチャレンジします。どうぞお楽しみください。
Vol.39

イスタンブール:古今東西
  大阪大学大学院准教授 福田 知弘
  プロフィール    1971年兵庫県加古川市生まれ。大阪大学准教授、博士(工学)。環境設計情報学が専門。国内外のプロジェクトに関わる。吹田市教育委員会 教育委員、神戸市都市景観審議会委員,CAADRIA(Computer Aided Architectural Design Research In Asia)学会 元会長、NPO法人もうひとつの旅クラブ理事。「光都・こうべ」照明デザイン設計競技最優秀賞受賞。主な著書に「VRプレゼンテーションと新しい街づくり」「はじめての環境デザイン学」など。
ふくだぶろーぐは、http://fukudablog.hatenablog.com/

長い道のり

今年7月、CAAD Futures 2017国際会議参加のため、イスタンブールを訪問した。受理された論文「Integration of a Structure from Motion into Virtual and Augmented Reality for Architectural and Urban Simulation(建築・都市シミュレーションのためのStructure from Motion(SfM)技術のVR/ARへの統合)」を発表するためである。SfMは、異なる位置から撮影された複数枚の写真から、3次元構造を推定する技術であり、論文では、SfMで作成する大量の3次元モデルをVR仮想空間に入力する方法と、SfMで3次元構造を推定する際に生成されるカメラ情報を利用したARシステムの開発内容について示した。さらに、それぞれ、水木しげるロードリニューアル計画(境港市)と極洋電機本社ビル計画(大阪市)で検証したものである。
1 CAAD Futures 2017 集合写真

CAAD Futuresは、建築分野のコンピュータ設計に関する学会であり、1985年に設立されて以来、奇数年に会議が開催されてきた。今回は第17回を迎えた。この1年、トルコやイスタンブールでは、テロやクーデター未遂事件が複数発生しており、国・大学・個人の方針で、学会参加を取り止めた研究者・学生も多かったようだ。よって、出席者はそれほど多くなかったのだが、むしろ、顔の見える人数で、議論と交流を深めることができた(写真1, 2)。
イスタンブールへは、成田空港から12時間強のフライト。大阪からだと成田でのトランジットを含めて21時間かかった。論文が受理・出版されるまでの長い道のり、大阪からイスタンブールまでの長い道のり、さらに、ホテルから学会場・イスタンブール工科大学までの長い道のり(新市街の路面電車が工事中のため2kmほど歩く必要があった)… いい思い出がひとつでも増えれば。
2 CAAD Futures 2017 クロージング

ボスポラス海峡

学会初日と2日目の夜、レセプションとカンファレンスディナーがそれぞれ行われた。会場は異なるが、いずれも、アジアとヨーロッパをつなぐボスポラス海峡に面したイスタンブール欧州側のレストラン(写真3)。窓から臨む海峡のパノラマはなんとも贅沢。対岸は、アジアの西端である(本当のアジア西端はトルコのババ岬)。我々は、アジアの東端から来たのだから(同じく、ロシアのデジニョフ岬)、アジアのビッグさをひしひしと感じた。

ボスポラス海峡は、黒海とマルマラ海を結ぶ。この下流となる、マルマラ海とエーゲ海を結ぶダーダネルス海峡と併せて、黒海と地中海を結んでいる、交通の要衝である。そのため、大小、様々な種類の船が行き交っており、この風景を眺めているだけでも飽きない。

食事中、都市の歴史の話題となった。ローマとイスタンブールの研究者が話をリード。トルコには、世界最古の都市遺跡「カタル・フユク」があり、その時代は何と紀元前7500年頃。ギリシャやローマの都市よりもはるかに古い。そんなわけで「Rome is young!」という名言が飛び出した。

学会最終日には、ボスポラス海峡を1時間ほどクルージング(写真4)。最優秀プレゼンテーション賞(Best Presentation Award)はこの船上で発表された(写真5)。何とも素敵な演出だった。
3 カンファレンスディナー
4 ボスポラス海峡ボートツアー 5 最優秀プレゼンテーション賞授賞式

学会が開かれたイスタンブール工科大学は、1773年に設立された世界で3番目に古い技術系大学。伝統的な国立大学らしい品格のある建物で、中庭は特に気持ちがいい(写真6)。建物入り口には、猫の守衛さんがお待ちかね(写真7)。まちなかにも猫が多く、日本の猫よりも人なつこかった。トルコの人々の気質と似通っているのであろうか。

キャンパスは、カンファレンスバレーと呼ばれる、ホテルや国際会議場が集まる地区にあった。谷を渡るために、ロープウェイが設けられている(写真8)。運営は、イスタンブールのメトロ。なので、公園のアトラクションではなく、立派な公共交通である。
6 イスタンブール工科大学 7 大学の守衛さん 8 ロープウェイ

トルココーヒー

ホテル近くの路地にある、小さなコーヒーショップで朝食。日本では、トルココーヒーが有名だが、現地ではチャイ(紅茶)の方が普通。という訳で、チャイを注文する機会が多かったが、やはり、トルココーヒーを注文してみた(写真9)。カップの内壁に残ったコーヒーの粉模様で物語を作り、ああでもない、こうでもないと、ワイワイやるのが日常なのだそう。この日は、夜明け前からプレゼン準備をしていたからか、粉模様は尾の長いニワトリに見えた(写真10)。が、トルコ人の友人にこの写真を見せると、砂漠を延々と歩き続ける、ラクダに見えたそうだ。

イスタンブールは坂道が多い(写真11)。新市街の坂上から、地下を走るケーブルカー、テュネルに乗ってガラタ橋へ。テュネルは、ロンドン地下鉄に次いで世界で2番目に古い(さらに、世界一短い)地下鉄。ガラタ橋のたもとに着くと、そこからトラムに乗って、金角湾を渡り、旧市街へ。ブルーモスク(スルタンアフメト・モスク)、アヤソフィア付近は、狭い街路全体に渡って軌道が敷かれている(写真12)。
9 トルココーヒー
10 粉模様

11 坂道の果物屋さん 12 旧市街を走るLRT 13 ブルーモスク

ブルーモスクは、6本のミナレットと直径27.5mの大ドームを持ち「世界で最も美しいモスク」と謳われる(写真13)。アヤソフィア(写真14)は現在、博物館となっている(1935〜)が、当初は正教会(キリスト教 537〜1204)として作られ、その後、カトリック教会(キリスト教 1204〜1261)、正教(キリスト教 1261〜1453)、モスク(イスラム教 1453〜1931)と運命を辿ってきた。ブルーモスクよりもかなり古い。地下宮殿(バシリカ・シスタン)は、東ローマ帝国時代の貯水池。ギリシャ神話の怪物・メドゥーサの顔が彫られた古代の石塊を土台にした石柱もあった(写真15)。ヴァレンス水道橋は、ローマ帝国時代の遺構。空港と旧市街を結ぶアタテユルク大通りを水道橋が跨いでおり、旧市街に入った(または、出た)ことを感じさせてくれるランドマークである。

14 アヤソフィア
15 地下宮殿

Google翻訳とGoogleマップ

スマホが登場して10年。海外では、電話会社につなぐと割高なので、WiFiスポットを探すことになる。そのため、WiFiスポットをウリにしている店舗が増えた。
旅の楽しみのひとつは食事であるが、その土地のモノを楽しみたいと思いつつ、安くておいしいものを探し当てるのにいつも苦労する。ツーリストメニューではなく、ジモティがお気に入りのモノを食べてみたい。イスタンブールのレストランのメニューはトルコ語で書かれており、尚更難解である。そこで、Google翻訳のリアルタイム翻訳機能を使ってみた。これは、スマホのカメラでメニューを写すと、アプリが画像から文字を読み取り、自動的に翻訳してくれる。メニューのタイトルなど、特殊なフォントは読み取れなかったが、一般的なフォントの文字は概ね翻訳してくれた(写真16)。まだ少し手間と正確性が気にはなるものの、カメラで読み取った画像上でテキストがトルコ語から日本語にリアルタイムに置き換わる様子は、演出的である。特に、メニューの内容を丁寧に調べたい時には便利であろう。

(a) メニュー (b) 画像を読み取り翻訳 (c) 注文した料理

また、街なかを歩いている時には、WiFiに接続できないこともある。そこで、まず、ホテルの部屋などでWiFiが接続された状態でGoogleマップにその都市の地図を予めダウンロードしておく。そうすれば、WiFiに接続できない時でも、地図は詳細に表示され、GPSで現在位置を地図上に表示してくれるため、迷子にならずに済む。さらに、Googleマップの乗換案内機能が充実しており、ホテルから空港へ、路線バスと鉄道を使って向かうルートと方法を正確に知らせてくれる(写真17)。旅行者にとっては、特に、路線バスの系統、到着時刻、降車駅を地図情報と共に教えてくれるのが有りがたい。さらに、先述のGPS機能を使って、乗り込んだ路線バスが今どのあたりを走っていて、あと何駅で降車するのか、随時確認できるため、安心であった。

(a) 乗換案内 (b) 路線バスと 鉄道の乗換 (c) 現在地の表示 (d) 路線バス車中(ヴァレンス水道橋付近)

ボストンへ

イスタンブールからは、翌週にアメリカ・MITで開催される、VRサマーワークショップに出席するため、ボストンに向かった。そして、VRサマーワークショップ終了後、ボストンから東京へ。結局、地球を一周した貴重な機会となった。



3Dデジタルシティ・イスタンブール by UC-win/Road
「イスタンブール」の3Dデジタルシティ・モデリングにチャレンジ
今回は、アジアとヨーロッパの境目に位置するイスタンブールの街を作成しました。世界遺産となっている旧市街の歴史地域や、新市街の中心であるタクシム広場周辺を表現しています。どちらの地域もトラムが走る情緒溢れる街並みとなっており、多くの観光客で賑わっている様子を見ることができます。特に旧市街のほうは、6世紀に建てられたアヤソフィアを初めとして、スルタンアフメト・モスクや地下宮殿など大規模な建築を表現しており、非常に魅力的な空間となっています。 画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
旧市街(アヤソフィアとモスク)

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。 画像をクリックすると大きな画像が表示されます。 画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
旧市街(噴水広場とアヤソフィア) 新市街(タクシム広場) 新市街(イスティクラル通り)

VR-Cloud®で体験!特設ページ にて、3Dデジタルシティの操作・閲覧が可能です。

UC-win/Road CGレンダリングサービス スパコンクラウド(R)

「UC-win/Road CGサービス」では、POV-Rayにより作成した高精細なCG画像ファイルを提供するもので、今回の3Dデジタルシティ・イスタンブールのレンダリングにも使用されています。POV-Rayを利用しているため、UC-win/Roadで出力後にスクリプトファイルをエディタ等で修正できます。また、スパコンの利用により高精細な動画ファイルの提供が可能です。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

前ページ インデックス
(Up&Coming '17 秋の号掲載)
戻る
Up&Coming

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
中国船級社
[ お知らせ ]
FORUM8デザインフェスティバル2017-3Days+Eveのご案内






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
UC-win/Road (Simulink連携
プラグイン・オプション)
FEMLEEG Ver.8
洪水吐の設計計算 Ver.3
H29道示対応
UC-BRIDGE橋台橋脚
ラーメン橋脚設計ラーメン橋脚
設計計算
震度フーチング
基礎深礎フレーム
UC-win/Road(ログデータUDP
受信オプション)

キャンペーン実施中
H29道路橋示方書対応リリース
記念、複数同時購入割引
UC-win/Road Ver.12 PSQ
認証取得
オータムFPBポイント倍増

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
10/20  Engineer's Studio(R)活用
10/24  レジリエンスデザイン・ 
 CIM系解析支援体験
10/26  UC-win/Roadクリエイター
 入門(岩手)
10/27  下水道耐震設計体験

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CALS/CAD
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション