Civil Engineer's Forum-FORUM8 このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Google

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe


  はじめに    福田知弘氏による「都市と建築のブログ」の好評連載の第42回。毎回、福田氏がユーモアを交えて紹介する都市や建築。今回は沖縄の3Dデジタルシティ・モデリングにフォーラムエイトVRサポートグループのスタッフがチャレンジします。どうぞお楽しみください。
Vol.42

沖縄:行逢りば兄弟
  大阪大学大学院准教授 福田 知弘
  プロフィール    1971年兵庫県加古川市生まれ。大阪大学准教授、博士(工学)。環境設計情報学が専門。国内外のプロジェクトに関わる。吹田市教育委員会 教育委員,神戸市都市景観審議会委員、CAADRIA(Computer A ided Architectural Design Research In Asia)学会 元会長、NPO法人もうひとつの旅クラブ理事。「光都・こうべ」照明デザイン設計競技最優秀賞受賞。主な著書に「VRプレゼンテーションと新しい街づくり」「はじめての環境デザイン学」など。
ふくだぶろーぐは、http://fukudablog.hatenablog.com/

沖縄へ

半年ほど前に、沖縄を訪れた。早いもので、前回の訪問から10年以上が経っていた。今回は那覇近辺の各地区を訪ねることができた。早速ご紹介しよう。

港川外人住宅街

那覇空港から車で25分。元々は1960年代よりミリタリーハウジング(米軍基地の人々とその家族の住居)として整備されたが、今は当時の外人住宅の風景を残しつつ、店舗にリノベーションして、個性豊かなお店が60軒ほど並んでいる。間取りは個性的で、各部屋や廊下は広く、カフェや雑貨屋さんに相応しい。

港川ステイツサイドタウンと呼ばれるこの外国人住宅地は、通りが10本あり、各通りに面して平屋の戸建て住宅が8軒ほど並んでいる。通りには、オレゴン、アリゾナ、ミシガン、カンザス、バージニア、ネバダ、フロリダ、インディアナ、テキサス、ジョージアと、アメリカの州の名前が付けられている(写真1)。

どのお店も素敵な雰囲気なので結構悩んだあげく、タツノオトシゴがドアのノブや壁画に沢山あしらわれたカフェ「Limpid」でランチ(写真2)。店主のご夫婦が自ら料理、接客サービス、そして、店舗のリノベーションもされているそうだ(写真3)。店内には貝殻が散りばめられ、壁にはシンボリックな絵が描かれている。書斎のようなコーナーは2人が横並びで座る席にアレンジされ(写真4)、靴を脱いで自宅のようにくつろげる部屋も用意されていた。

1 港川外人住宅街
2 Limpid

3 Limpid 内観 4 かつては書斎?

5 南ヌ窯
6 ガジュマルと焼き物

壺屋やむちん通り

やむちんとは焼き物のこと。1682年、琉球王府が、それまで美里村(現・沖縄市)の知花焼、首里の宝口窯、那覇の湧田窯にあった3ヶ所の窯場を那覇市壺屋に統合したことがはじまりである。

「南窯」という名前のカフェを抜けて野外に出ると本物の南ヌ窯(ふぇーぬかま)に出た(写真5)。この窯は、主に、酒甕、水甕、厨子などを焼く、荒焼専用の登り窯。壺屋に現存する唯一のもので、琉球王府が与えたものだそう。窯は長さ20m、幅3mもあり、国際通りからも近い街なかの施設としては存在感がある。窯を覆う赤瓦の屋根は耐火性を考慮して琉球石灰岩の柱で支えてある。窯周辺はガジュマルが群生しており、その足下では毛細血管のような根っこと焼き物が絡み合っており、神聖な雰囲気であった(写真6)。

やむちん通りのメインストリートは琉球石灰岩の石畳で景観整備されているがこの舗装が素晴らしく自然である。景観整備と聞くと、これ見よがしに頑張ってしまった残念な事例が少なくないが、やむちん通りに華やかさはない。車道、路肩、歩道は石灰岩の形で意匠が異なっており見分けがつく。住民の生活が感じられる街路としても、来訪者が求める沖縄らしい街路としても成立している。このインフラに面して、昔ながらの焼き物の店、新たなアトリエギャラリー、そして窯元が軒を並べている(写真7)。焼き物は、抱瓶、厨子、シーサーなど、沖縄らしい独特の姿形を眺めるだけでも楽しい。抱瓶とは、沖縄地方で用いられる携帯用の酒瓶であり、腰につけやすいように胴の横断面が三日月形をしている。焼き物に描かれるデザインは、伝統的な柄、水玉や唐草模様が中心であるが、伝統的な表現を守ったものもあれば、現代風にアレンジしたもの、かわいさを追求したもののある。扱う焼き物は、陶器だけでなく、琉球ガラスもある。

メインストリートから一歩入れば、古い石積みやツタが続く路地(すーじぐゎー)にも出会える。こちらは、より本物の生活空間である。

7 壺屋やむちん通り

斎場御獄

那覇から斎場御獄(せーふぁうたき)へ。道中、地図を眺めていると、シュガーホールがあることに気づいた(写真8)。20数年前、研究室のゼミ旅行で沖縄を訪問した時、シュガーホールを設計した建築家・真喜志好一さんに案内して頂いたことがあった。確か梅雨が明けて本格的な青空が広がり、背の高いサトウキビ畑の中を通り抜けて、現地に行ったことを覚えている。当時は佐敷町であったが、周辺の村と併せて、南城市になっていた。

8 シュガーホール

斎場御獄は、琉球の精神文化の象徴である琉球開びゃく七御嶽のひとつ。王朝時代、聞得大君(きこえおおきみ)の即位儀礼がおこなわれた琉球王国最高の聖地。

御門口(うじょうぐち)は斎場御獄に入る参道の入り口。入り口には、6つの香炉が置かれており、この数は、敷地内の神域(いび)の数と同じである。 かつては、ここから先は神事をする人しか入ることができなかったので、それ以外の人はここで香炉に向かって祈りを捧げていた。

大庫理(うふぐーい)は最初の拝所。大広間や一番座という意味がある。石段が一段上がっているのは、屋敷に上がるのと同じイメージ。この辺りに来るともう森の中である。

寄満(ゆんいち)は「豊穣の満ちた所」という意味。当時、貿易で栄えた琉球王国に寄せられ、数々の交易品が集まった場所とされる(写真9)。

シキヨダユルとアマダユルの壺。せり出した二本の鍾乳岩から滴り落ちる「聖なる水」を受けるため、二つの壺が置かれている(写真10)。

10 シキヨダユルとアマダユルーの壺

三庫理(さんぐーい)は2つの巨大な鍾乳石が絶妙なバランスで支え合い、そこにできた三角形の隙間を抜けた突き当り部分が拝所となっている(写真11)。
9 寄満
11 三庫理

斎場御獄の敷地内には、拝所をはじめとして、石灰岩の巨岩が点在していた(写真12)。沖縄戦当時、米軍の艦砲射撃でできた穴に水がたまった艦砲穴も見られた。また、三庫理からは、海が見え、平べったい久高島が臨める。この島は、知念半島の東約5kmに位置し、周囲8kmの平べったい島。琉球開びゃくの祖・アマミキヨが天から降り立ち、国づくりを始めた地と伝えられ、神の島といわれる(写真13)。

12 斎場御獄の巨岩 13 久高島

行逢りば兄弟

壺屋やむちん通りは思っていた以上に素敵だった。パンフレットをしげしげ眺めると、読谷村にはもっと大きな敷地に登り窯や工房が並んでいるとあり、出かけてみた。確かに、広い敷地にゆったりと工房が構えられており、陶器や琉球ガラスの仕事場も見せてもらうことができた。目当ての工房が休みだったことは残念であった。

近くの座喜味城跡に立ち寄る。1416年から1422年、築城家として名高い護佐丸が築いた、曲線の美しい城。城壁を上りきれば東シナ海を臨める(写真14)。

那覇空港へ帰り際、港川外人住宅街にもう一度立ち寄った。初日のランチで得たリラックス感を味わいたくなった。沖縄のフルーツタルト専門店・オハコルテでラ・フランスのタルトを頂き、(写真15)お土産にヒラミーレモンケーキを。

沖縄には黄金言葉(くがにくとぅば)という言葉があり、昔から伝えられてきた教えや教訓のことを指す。「行逢りば兄弟(いちゃりば・ちょーでー)」はそのひとつで、「一度会えば兄弟のようなもの」という意味。横のつながりを大切にする沖縄の人々の思いやりの深さや温かさを表しており、人と人の出会いやつながりの大切さを教えてくれている。滞在中、人懐っこい猫に何匹も出会えた。「行逢りば兄弟」たる人々と暮らしている彼らもまた「行逢りば兄弟」たる猫であった(写真16)。

14 座喜味城跡
15 ラ・フランスのタルト 16 行逢りば兄弟猫


3Dデジタルシティ・沖縄 by UC-win/Road
「沖縄」の3Dデジタルシティ・モデリングにチャレンジ

今回は、那覇空港から近く、那覇市内では唯一の海水浴場「波の上ビーチ」をメインにデータを作成しました。ビーチから見る海は、空を「陰影:CIE 標準の綺麗な空」、時間を夕方にして、さらに温度表示を「温暖」に設定し、浜辺とバイパスの夕景を表しています。一転して、そのバイパスからの景観は、空に夏らしいスカイドームを選択し、水面設定で南国の海と空の明るさを表現。

ビーチと空港を結ぶ「那覇うみそらトンネル」では雷雨を表現しました。FORUM8 沖縄のオフィスがある那覇市IT創造館はAllplanでモデリングしています。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
波の上ビーチから海を見る

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。 画像をクリックすると大きな画像が表示されます。 画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
波之上臨港道路からの景観 那覇うみそらトンネル坑口 那覇市IT創造館

VR-Cloud®で体験!特設ページ にて、3Dデジタルシティの操作・閲覧が可能です。

UC-win/Road CGレンダリングサービス スパコンクラウド(R)

「UC-win/Road CGサービス」では、POV-Rayにより作成した高精細なCG画像ファイルを提供するもので、今回の3Dデジタルシティ・沖縄のレンダリングにも使用されています。POV-Rayを利用しているため、UC-win/Roadで出力後にスクリプトファイルをエディタ等で修正できます。また、スパコンの利用により高精細な動画ファイルの提供が可能です。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

前ページ インデックス
(Up&Coming '18 盛夏号掲載)
戻る
Up&Coming

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
いすゞ自動車株式会社
[ お知らせ ]
IT導入補助金対象製品・
サービスのご案内







>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
PC単純桁の設計・CAD
(部分係数法・H29道示対応)
床版打設時の計算
(部分係数法・H29道示対応)
RC断面計算(部分係数法・
H29道示対応) Ver.2
BOXカルバートの設計・3D配筋(下水道耐震)Ver.12
開水路の設計・3D配筋 Ver.4

キャンペーン実施中
IT導入補助金
CIM・i-Con技術セミナー連動
新道示トレードアップ
グレードアップ

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
7/23  UAVプラグイン・VR 宮崎
7/24  下水道耐震設計
7/24
〜25
 ジュニア・ソフトウェア
8/1  DesignBuilder

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CALS/CAD
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション