Civil Engineer's Forum-FORUM8 このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Google

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

Support Topics
サポートトピックス / UC-win/Road 保守・サポートサービス関連情報
UC-win/Road Ver.12(64bit版)による
データ作成
 
UC-win/RoadはVer.12において初めて64bit対応しました。従来の32bit版では、ソフトが使用可能なメモリ量が最大約4GB(実質約3GB)に制限されていました。そのため、100kmを超えるような巨大かつ長大な空間と道路を作る場合は、作り込みをある程度抑えるなど、メモリ使用量が3GBを超えないよう注意する必要がありました。
64bit対応により、PCの搭載メモリを最大限使用することが可能となり、巨大な空間の作り込みや大解像度のテクスチャを多数使用したデータが作成できるようになりました。今回はその一例を紹介します。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
▲図1 データ作成範囲
 広大な空間と長大道路の作成
関東から関西まで一つの地形で表現した例です。東西約500km、南北約90kmの広大な地形を作成し、その中に弊社事務所がある東京(品川)、名古屋、大阪、神戸の景観を合成し、各地域の間を高速道路でつないでいます。道路総延長は600kmを超え、従来のUC-win/Roadでは道路生成の段階でメモリオーバーとなる規模のデータとなっています。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
▲図2 長大道路のイメージ

各地域にはそれぞれ弊社事務所周辺のサンプルデータが合成されており、通常と同様のシミュレーションが行えます。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。 画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
▲図3-1 東京本社 ▲図3-2 名古屋ショールーム
画像をクリックすると大きな画像が表示されます。 画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
▲図3-3 大阪支社 ▲図3-4 神戸研究室
  高解像度テクスチャの多用

クラウドサーバ構築
UC-win/Roadの交差点テクスチャの解像度はデフォルトで1024ピクセルとなっており、高精度に表現する場合は2048ピクセルで作成します。上限値は4096ピクセルですが、広く作り込まれているデータではメモリ不足に陥りやすくなる他、データ容量にも影響するため、従来は4096ピクセルの交差点は多く作れませんでした。64bit版ではメモリを気にすることなく高解像度のテクスチャを使用できるため、巨大な交差点でも見た目の品質を確保することができます。
なお、交差点テクスチャ編集画面では4096ピクセル以上のテクスチャを生成することはできませんが、交差点を3Dモデルに変換することで、さらに大きい8192ピクセルといったテクスチャが貼れるようになり、より高精細な表現となります。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
▲図4 巨大交差点での比較 左:2048ピクセル 右:4096ピクセル

高解像度の断面テクスチャ
路面テクスチャやガードレール、遮音壁といった道路断面で使用されるテクスチャは、通常は1〜2mの正方形、あるいは幅を合わせた縦長(横長)のテクスチャを4〜10mごとに繰り返す設定で使用します。しかし、テクスチャの模様によっては、同じテクスチャの繰り返しがはっきりと認識できてしまうことで違和感につながる場合もあります。その場合は、テクスチャの繰り返し周期を60〜100mなど長めに設定し、同じ模様の繰り返しにならない非常に長いテクスチャを貼りつけることで違和感を低減できます。
見た目の精度を確保するには非常に高解像度の画像を使用することになりますが、問題なく対応できます。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
▲図5 テクスチャ1枚で64m分の遮音壁を表現した例
(1024×16384ピクセル)

その他のテクスチャ
交差点や断面以外にも、地形テクスチャ、航空写真、スカイドーム等で高解像度のテクスチャを扱う機会は多くあり、このようなテクスチャに対しても効果を発揮します。スカイドームの場合、16384ピクセルのテクスチャを作成することにより、画像のように非常に緻密で繊細な星空も表現できます。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
▲図6 16384ピクセルで作成した星空のスカイドーム
 その他
テクスチャだけでなく、モデルの処理についても64bit化の効果が得られます。広範囲に非常に多数のモデルを配置した場合や、非常にポリゴン数の大きいモデルを多用する場合等にメモリ制限を気にすることなく作り込みが行えます。画像は、多数の建物を配置した都市モデルに高精度の港湾関連モデルを配置した例です。
内訳は、テクスチャ付き建物:200棟、テクスチャなし建物:1200棟、石油プラント:20,000ポリゴン、コンテナ・クレーン:12,000ポリゴン、船:90,000ポリゴン、となります。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
▲図7 高精度モデルと広範囲の作り込みイメージ

また、氾濫・津波解析等の解析結果や、地形の詳細メッシュ等外部のデータを読み込む際にも、より規模の大きいデータの読み込みが可能です。より長時間の解析シミュレーションの実行や、5mメッシュ等の詳細地形を広範囲に適用するなどの対応が可能になり、より表現の幅が広がります。点群についても従来7000万点までだった読み込み数の制限がなくなることで広範囲の点群表現が実現します。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
▲図8 左:50mメッシュ地形 右5mメッシュを広範囲に適用した場合

おわりに
このように、メモリ制限がなくなることでより自由かつ壮大なVRデータ作成が可能となります。UC-win/Roadの64bit対応を機に、メモリを豊富に利用できる特徴を活かしてこれまでより大きく、あるいは細かいデータ作成に取り組んでみてはいかがでしょうか。


前ページ
 
インデックス
(Up&Coming '17 春の号掲載)
戻る
Up&Coming

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
三井共同建設コンサルタント
[ イベント ]
フォーラムエイト設立30周年記念






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
電子納品支援ツール(電気通信設備対応) Ver.11
UC-1 for SaaS FRAME(面内)
マネージャ Ver.2
電子納品支援ツール Ver.15
UC-win/Road Ver.12
Allplan 2017

キャンペーン実施中
30周年記念スプリング
UC-win/Road Ver.12リリース
記念、64bitネイティブ対応
トレードアップ
セミナー来場者優待

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
5/24・25  UC-win/Road・エキス
 パート・トレーニング
5/26  配水池・揚排水機場
 の設計
6/2  UC-win/Road Advanced
 ・VR
6/6  線形最適化OHPASS体験

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CALS/CAD
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション