Civil Engineer's Forum-FORUM8 このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Google

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

Maxsurf
総合情報
Vol.47
 Maxsurf Stabilityの応用

船舶の排水量等計算に使われるMaxsurf Stabilityは、タンクや区画の定義を容易に行えるため、フローティングドックなどの詳細な沈降シミュレーションを行えます。
フローティングドックによりケーソンなどの設置を行う場合、注水の手順がクリティカルとなり、不安定な状態をできるだけ避け、安定した沈降を行わなければなりません。Maxsurf Stabilityによるシミュレーションは、安全な注水手順を検証することを容易に行うのみならず、実際の沈降作業中にリアルタイムのオンボード解析が可能で、不測の事態が起きフローティングドックが不安定な状態となっても、即座に安定度対策を講じることができます。

多くのフローティングドックは平面から成り立っているため、MaxsurfModelerの出番はそれほど多くありません。アウトラン形状をMaxsurf Modelerで決めてしまえば、タンク割りから安定度計算までの残りの作業はStabilityで行います。このアウトラインを決めるのも、フローティングドックの外側の枠を定義するためのサーフェイスを張るだけで、実際の区画やケーソン自体のモデリングも省略できます(ケーソンが単純な形状をしているとして)。Maxsurf Stabilityには、タンクや区画の定義に加え、非浮力容積区画(浮力を持たない区画)やネガティブリンク区画(区画内に別の容積域が重なっているような場合の削除分)などの設定ができるため、フローティングドックにケーソンが搭載されているような場合に沈降が進むに従い、バラストタンクへの注水ならびに、ケーソン周りへ海水が浸入し、ケーソンが浮力を持つ様子をシミュレートすることができるのです。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
■図1

Maxsurf Modelerによるフローティングドックのモデリング。バラストタンクやケーソン自体のモデリングはほぼ省略し、Stabilityが持つ区画機能を使って複雑なタンクレイアウトや搭載物の定義を行う。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。 画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
■図2 バラストタンクの配置をMaxsurf Stabilityで行った状態。
画像をクリックすると大きな画像が表示されます。 画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
■図3

フローティングドックデッキ上にケーソンを搭載した場合の海水の浸入や浮力の有り無し箇所をStability上で定義した様子。絵は2基のケーソンがデッキに搭載されている状態で、空洞に見える部分がケーソン内部を表している。フローティングドックが沈降するに従い、デッキが水に浸かり、ケーソン周りも海水で満たされる様子をシミュレートできる。

バラストタンクに注水を行うと沈降が始まり、重量重心と浮力が釣り合った状態が求められる。そのときのGMの大きさにより安定性が評価され、GMの値が小さく不安定と判断されると、注水の手順を変えるなりの手段で改善が検討される。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
■図4

開発元:Bentley Systems(Formation Design SystemsはBentley Systemsに吸収合併)


前ページ
  
インデックス
(Up&Coming '17 盛夏号掲載)
戻る
Up&Coming

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
株式会社デンソー
エレクトロニックコントロール
コンポーネント部

[ お知らせ ]
平成29年道路橋示方書対応製品
価格発表のご案内






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
Engineer's Studio® Ver.7
控え壁式擁壁の設計計算 Ver.6
弾塑性地盤解析(GeoFEAS)2D Ver.4
Geo Engineer's Studio(Lite)
BOXカルバートの設計・3D配筋 Ver.16

キャンペーン実施中
平成29年新道示対応準備
CIM・i-Con技術セミナースタート
レンタルライセンス買い取り
有償セミナー受講料割引

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
9/26  斜面の安定計算
10/3  土留め工の性能設計計算
 体験
10/4  レジリエンスデザイン・BIM系
 解析支援体験
10/5  地盤の動的有効応力解析
 (UWLC)

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CALS/CAD
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション