Civil Engineer's Forum-FORUM8 このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Google

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

Multiframe
総合情報
Vol.51
 3次元構造解析セミナー
日時 : 2018年7月11日(水) 9:30〜16:30
会場 : 大阪支社 OAPタワーセミナールーム
※TV会議システムにて 大阪・名古屋・福岡・
  仙台・札幌・金沢・ 宮崎・岩手・沖縄 同時開催
参加費 : 18,000円
Webセミナー対応
 Multiframe 機能紹介

今回はMultiframe Shape Editor(以下SE)を使った、CADデータ(DXF形式)のインポート方法について簡単にご紹介させていただきます。

1.使用データ
今回使用するCADデータは、押し出し成型断面を想定した、図のような形状を使用します。隅角部にはRを考慮しています。

  • 中空押し出し型鋼:60×80×1.6×2.2
  • 隅角部:R=0.3mm
  • 材質:SN400
Click to enlarge the image. Click to enlarge the image.
■図1 モデル図

2.CADデータの確認
SEでは「閉じた図形」、「開いた図形」とも認識しますが「開いた図形」では面積が計算されません。また、線が重なっている場合なども正しく認識されない可能性があります。そのため用意するCADデータでは、線が正しく接続されているかなどに特に注意が必要です。

3.CADデータのインポート
CADデータの準備が出来ましたら、SEにてインポートしてみます。
「ファイルメニュー|インポート|DXF」より該当のファイルを開きます。“インポートオプション“画面が開きますので、パラメータを設定します。
右:+ve=X、左:+ve=Y、正面:+ve=Z、単位:mm、弧の長さ:0.1
※R=0.3があるため弧の長さを短く設定します。「1.0」ではRを認識せず直線として読み込まれます。

Click to enlarge the image. Click to enlarge the image.
■図2 ファイルメニュー|インポート

4.インポート後
インポート直後の状態はまだ材料が設定されていないため、次のようになっていました。R部は正しく認識されていました。

Click to enlarge the image. Click to enlarge the image.
■図3 インポート直後全体/R部拡大

5.材料の設定
次に材料を設定しますが、外側4の図形を横にずらしてみると4つの図形が重なっていることが分かります。そこで、中空部分は材料なしのままとして、外側4の図形のみ材料を設定します。

  • 外側4の図形を選択後ダブルクリックします。
  • 属性画面が開きますので、“穴(材料なし等)”のチェックを外します。
  • グループ:Steel、材料:SN400として、OKをクリックします。材料が設定されました。
Click to enlarge the image.
■図4 図形移動
Click to enlarge the image. Click to enlarge the image.
■図5 多角形の属性設定

6.多角形の属性設定
外側4の図形を元の位置に戻しますと、中空部分と正しく重ね合わされていることが確認できます。中立軸を図心位置と一致させます。
「Ctrl+A」などですべての図形を選択し、「右クリックメニュー|中立軸に整列|中立軸中心」をクリックします。これで中立軸と図心位置が一致しました。

最後に、セクションライブラリーに登録すれば、Multiframeで使用することが出来ます。

Click to enlarge the image. Click to enlarge the image.
■図6 図形確認 図7 セクション完成 ■図8 Multiframeで使用

Multiframe 21.02 日本語版 2017年9月リリース
■開発元:Bentley Systems(Formation Design SystemsはBentley Systemsに吸収合併)



前ページ
  
インデックス
(Up&Coming '18 盛夏号掲載)
戻る
Up&Coming

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
いすゞ自動車株式会社
[ お知らせ ]
IT導入補助金対象製品・
サービスのご案内







>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
PC単純桁の設計・CAD
(部分係数法・H29道示対応)
床版打設時の計算
(部分係数法・H29道示対応)
RC断面計算(部分係数法・
H29道示対応) Ver.2
BOXカルバートの設計・3D配筋(下水道耐震)Ver.12
開水路の設計・3D配筋 Ver.4

キャンペーン実施中
IT導入補助金
CIM・i-Con技術セミナー連動
新道示トレードアップ
グレードアップ

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
7/23  UAVプラグイン・VR 宮崎
7/24  下水道耐震設計
7/24
〜25
 ジュニア・ソフトウェア
8/1  DesignBuilder

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CALS/CAD
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション