Civil Engineer's Forum-FORUM8 このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Google

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

新製品紹介

●Allplan 日本語版 3次元土木建築 BIM統合ソリューション

●製品概要
 今年4月に英語版を先行リリースしましたが、GUIと基本マニュアルを日本語に翻訳した日本語版をこのほどリリースしますので、改めてご紹介します。
 AllplanシリーズはドイツのCADメーカーNemetschek社Allplan GmbHにより開発されたBIM統合ソリューションです。Allplanシリーズのうち、Architecture(一般建築モジュール)とEngineering(RC構造物モジュール)を弊社で取り扱っています。
 この2つはプログラムとしては同一のもので、多くの基本的な機能は共通していますが、どちらのモジュールのライセンスを購入するかによって各モジュールを特徴付ける機能が使用可能となり、前者と後者に分かれます。


●機能・特徴
Allplan2009 Architecture
 基本的な2D、3DのCAD要素の描画はもちろん、壁・柱・スラブなどの建築要素に対して、厚さ・層数・材質などの属性を設定してモデル作成を行えます。各階の床から天井までの高さを予め定義しておき、各階の建築部材ごとに個別のファイルで管理されます。また、様々なデザインの窓・ドア・ファサードなどの部材もライブラリに登録されており、きめ細かい意匠検討が可能です。平面図、立面図などの2D図面と3D(アニメーション)画面が常にリンクしながら、モデルの確認を行えます。
 ほとんどすべてのコマンドが、メニューからだけでなく、ポインタ移動によって瞬時に現れるパレットにアイコンとして用途に応じて分類・格納されており、アイコンが散乱することなく、作業画面を広く使えます。


 また、頻繁に使用する部材をウィザードとして登録しておくことにより、複雑な属性を持った部材でも、ウィザードパレットからのドラッグ&ドロップで簡単に配置できます。
 完成後のモデルに対して、日時・都市名を指定することにより、1日の日射の当たり方、影のでき方を検討する機能もあります。また、モデル周囲にカメラ視点軌跡を設定して、動画を作成することもできます。


Allplan2009 Engineering
 構造工学、土木工学、鋼構造物、道路・都市デザイン、橋梁などの大規模構造物のためのモジュールです。Architectureと多くの機能を共有しながら、RC構造物、鋼構造物、道路・都市デザインなどに関する機能が加わっています。Architecture 同様、2D図面と3D画面が常にリンクしており、3D画面では、コンクリートを好みの透過表示にしてあらゆる方向から配筋の様子を確認することもできます。
 RC構造物に関する大変便利な機能として、FFコンポーネント機能があります。これは、棒鋼、メッシュ、肋筋など、様々な形状の鉄筋がライブラリに登録されており、鉄筋径、本数、コンクリートかぶりなどを細かく調整し、さらに、調整済みの鉄筋集合体がドラッグ&ドロップで、任意の大きさ・形状のコンクリートの型枠形状に自動的にフィットするものです。鉄筋同士の衝突検出機能もあります。フィクスチャ(コンクリートの中に埋め込まれる金属部材)についても、様々な種類のものがライブラリに登録されています。配置された鉄筋のリストもコマンド1つで自動的に作成されます。その他、HVAC要素の配置も行えます。
道路・都市デザイン関連の機能を使用すると、デジタル地形モデルを作成し、その上に建物、橋、道路、鉄道などを配置し、テクスチャを貼り付けることによって、3D画面で都市景観の検討も行えます。






 ●日時 : 2009年11月18日(水)〜20日(金)   ●会場 :東京コンファレンスセンター・品川
   『Allplan(Architecture)日本語版』/『Allplanの韓国における建築適用事例』
      11月18日(水) 13:40〜  「建築・BIM」セッション
   『Allplan(Engineering)日本語版発表』/『Allplanの韓国における土木適用事例』
      11月19日(木) 10:40〜  「CAD&VR」セッション

VR-Studio(R) 新製品セミナー

 ●日時 : 2009年 10月28日(水) 13:30〜17:00   ●参加費 : 無料
 ●本会場 : フォーラムエイト福岡支社 セミナールーム
■Allplan2009 日本語版 リリース予定日:2009年11月
(Up&Coming '09 晩秋の号掲載)
戻る
Up&Coming

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
三井共同建設コンサルタント
[ イベント ]
フォーラムエイト設立30周年記念






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
地盤改良の設計計算Ver.6
UC-1 for SaaS FRAME(面内)
マネージャ Ver.2
電子納品支援ツール Ver.15
UC-win/Road Ver.12
Allplan 2017

キャンペーン実施中
30周年記念スプリング
UC-win/Road Ver.12リリース
記念、64bitネイティブ対応
トレードアップ
セミナー来場者優待

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
4/26  VRまちづくりシステム体験
5/9  組込システム入門体験
5/10  UC-win/Road DS体験
5/11  擁壁の設計・3D配筋

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CALS/CAD
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション