バーチャルショールーム

2020年に発生した新型コロナによるパンデミックは、文化施設、イベント、観光地などへの訪問制限や自粛による活動停止状態を招きました。このような状況を背景として、フォーラムエイトは、いつでもどこでもVRの体験を通じて、知る/学ぶ/理解する/情報を共有する/共感することができるように、バーチャルツアーアプリケーションの提供を開始します。

※デスクトップでは、Microsoft Edge、Google Chrome等でご覧下さい。
(Internet Explorerには対応しておりません。)
※AndroidはGoogle Chromeブラウザ、iOSはSafariブラウザを推奨します。
(その他のブラウザでは表示されない場合がございますので、ご注意ください。)

iOSでの設定方法(サイトを開く前に設定する必要があります。)

  • 1.「設定」を開きます

  • 2.「Safari」のアイコンをタップします

  • 3.「詳細」のタブをタップします

  • 4.「Experimental Features」をタップします

  • 5.「WebGL 2.0」をオンにします

  • 6.端末を再起動します。

  • 7.うまく表示されない場合は、一度Safariブラウザを閉じて、「設定」>>「Safari」>> 「履歴とWebサイトデータ消去」をタップし、履歴とWebサイトデータを消去します。

  • 8.再度、Safariを開いて、ページを開きます。

操作方法

  • ●前後左右の移動

    キーボードの十字キーで移動が可能です。

    モバイルの場合は、指1本で操作します。

  • ●上下左右の視点の移動

    マウスをドラッグして上下左右の視点の移動が可能です。

    モバイルの場合は、上下の視点移動を指2本、左右の視点移動を指1本で操作します。

  • ●視点の移動

    左上のビデオのアイコンから、各地点までの移動が可能です。

  • ●スクリプト再生

    左上の気球のアイコンから、各シミュレータのスクリプトを閲覧できます。

●動画の再生

各シミュレータの上にある水色の再生ボタンから動画を閲覧できます。

バーチャルショールームとは

本アプリでは、完全VRあるいはハイブリッド形式のどちらでも利用できます。現実空間を再現して、その場所に関係づけられた情報を共有・紹介することができるため、仮想空間内の様々なコンテンツがあたかも実際に展示されているようにシェアできます。

また、三密状態や損傷を避けるため直接の訪れることが困難な文化遺産などに対しても、バーチャルで行けるような仕組みを検討しました。パンデミック終息後でも広報目的や現地での観光VR体験コーナーとして引き続き活用できます。

東京本社ショールーム写真(左)と、バーチャルツアー内の各種展示システム

バーチャルツアーの技術と特徴

従来のVR-Cloud®の技術を活用してVRの遠隔リアルタイム利用を実現しており、関係者間での計画検討、合意形成、シミュレーションに加えて、重要な資産であるVRコンテンツを最大限に活用できます。ウェブブラウザ上で動作するアプリケーションであるため、常に新しいコンテンツを提供でき、期間限定のイベントなどにも柔軟に対応。ブラウザが動作するあらゆる端末で利用できます。

また、CGレンダリング手法に物理ベースレンダリングの最新技術を採用し、高精度のモデリングに対応。VRはXRの一部として今後もAR/MRとして利用できます。

バーチャルショールーム展示

本システムのデモンストレーション体験として、弊社のショールームをバーチャル展示しています。これまでUC-win/Roadを使って作成してきた都市の3DVRモデルを活用し、ショールームのコンテンツを充実させました。展示スペース内を自由に移動したり、自動案内を利用しながら、3DVRで展示物の紹介や説明を見ることができます。

また、ソフトウェアアプリケーションとして、以下の機能を自由に組み合わせることが可能です。

  • 3Dモデルファイル(*.glb)を組み合わせた空間作成:世界標準ファイルフォーマットの対応によりVR空間を作成
  • 3Dモデルのアニメーション再生:静的な3Dデータだけでなく、キャラクターのアニメーションや機械の動きなどを表現、インパクトのある高度な体験が可能
  • 動画や音声再生:説明用のコンテンツ閲覧やデジタルサイネージのようにVR空間の一部としての動画再生が可能
  • 歩行シミュレーションまたは完全な自由移動:歩行シミュレーションにより自然な感覚での移動方法で仮想空間を堪能。自由移動では無重力状態で空間内を自由自在に移動が可能
  • 3Dパスの作成と3Dパスに沿った視点移動:移動軌道をあらかじめ定義し、体験する場所から別の場所へ体験者を誘導することが可能。また、自動ウォークスルーシミュレーションが作成可能
  • 3Dアイコンによるコンテンツ再生や任意URLへの移動:他のコンテンツとのリンクが可能。任意のホームページやURLを使用するアプリケーションを自動実行し、関係するミーティングや投票や掲示板システムに移動

上記のアクションを組み合わせたスクリプトの作成と実行により、自由体験型だけではなく、重要なコンテンツを確実に確認できるような自動案内がが可能となります。この場合、案内中は一時停止して自由操作を行ってから自動案内を再開することができます。途中で時間をかけてコンテンツを見ることも可能で、打ち合わせや会議に使うVRであれば、一時停止中に補足や協議、確認などで便利に使える機能です。

LOADING