Civil Engineer's Forum-FORUM8 このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Google

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

製品詳細価格/購入サンプル画面ユーザ紹介/評価・Q&A


  プログラム概要
ライン
「UC-Drawツールズ(Strut Double-wall cofferdam)」は、切梁式二重締切工の図面を一括自動生成するためのプログラムです。
UC-Drawツールズ(図面確認 Ver.6)は、2010年 6月 17日、OCF検定に合格しました。
また、2012年 1月、OCF定期検定に合格し、OCF検定認証を継続しています。
(OCF:オープンCADフォーマット評議会 http://www.ocf.or.jp/

■OCF検定結果
 ・申請ソフトウェア: UC-Drawツールズ(図面確認 Ver.6)  ・バージョン: 1  ・カテゴリー: 自動製図
OCF検定
 

■スピーディな図面作成
壁体の種類や寸法などを入力することにより内部的に作図データを一括生成するため、短時間に目的とする切梁式二重締切工の図面が得られます。

■数量計算作業の解消
入力された形状情報や部材情報を基に数量計算書を作成できますので部材数量の計算作業を解消します。

■柱状図や設計条件表の作図
切梁式二重締切工自体の作図の他に、柱状図や設計条件表の作図も行えます。

■細かな作図書式に対応
作図条件で寸法線や引出線・文字・表などの作図書式の細かな設定が行えます。
各図形はその設定に基づいて生成されますのできめ細かな図形生成が行えます。

■各種基準類に沿った図面作成
以下の基準類に準拠した図面作成が行えます。
  ・CAD製図基準(案) 国土交通省 平成20年5月版
  ・CADによる図面作成要領(案) 日本道路公団 平成13年10月版
  ・調書等業務の電子納品要領(案) 日本道路公団 平成17年4月版

■生成図面の確認・編集・印刷
生成した図面の確認表示や図形・寸法線・引出線などの編集(位置調整)、プリンタ・プロッタへの印刷が行えます。

■様々な形式の図面ファイル出力に対応
弊社の製品である「UC-Draw」のオリジナル形式のファイル(PSX)だけではなく、「SXF」・「DXF」・「DWG」「JWW」・「JWC」形式のファイル出力が行えます。

  プログラムの機能と特長
ライン

<作図図形とその内容>

 平面図
◆外形線
  壁体、切ばり支保工、引張材関連の部材について作図します。

◆寸法線
  掘削幅・堤体関連・切ばり支保工関連の寸法を作図します。

◆矢視
  前後堤体および左右堤体の断面図切り出し位置を示す矢視を作図します。

◆引出線(部材)
  鋼材の名称(断面寸法)、および、その部材の「長さ」や「ピッチ」、「本数」などの情報を作図します。

◆その他
  図形タイトルとして、『平面図』と「矢視表記記号」を作図します。


 断面図
◆外形線
  壁体、切ばり支保工関連の鋼材、引張材関連の部材、掘削面、河床面、中詰土天端面、水面について作図します。

◆寸法線
  掘削幅・堤体幅・切ばり支保工関連の寸法を作図します。

◆矢視
  平面図切り出し位置を示す矢視を作図します。

◆引出線(深度)
  掘削面、支保工段位置、壁体上端、中詰土天端面、水面、河床面について作図します。

◆引出線(部材)
  鋼材の名称(断面寸法)、および、その部材の「長さ」や「ピッチ」、「本数」などの情報を作図します。

◆その他
  図形タイトルとして、『断面図』と「矢視表記記号」を作図します。


 主要部材数量表
構成する部材の数量を表形式で作図します。

◆作図対象部材
  ・壁体…………………………………鋼矢板、鋼管、継手管
  ・腹起し………………………………H形鋼
  ・切ばり………………………………H形鋼
  ・中間杭………………………………H形鋼
  ・隅火打ち・切ばり火打ち……………H形鋼
  ・引張材
  ・引張材用腹起し……………………溝形鋼・H形鋼

◆作図項目
  各部材別情報(部材名、材質等、寸法、単位質量、数量、質量)、部材ごとの合計量(質量)を表記します。

<部材別情報>
  1)部材名・・・・・各部材の名称(上記の作図対象部材参照)を作図します。
  2)材質等・・・・・部材名称を作図します(但し、引張材は「直径」を作図します)。
  3)寸法・・・・・・・部材名称を作図します(但し、引張材は「直径」を作図します)。
  4)単位・・・・・・・部材の単位を作図します。
  5)数量・・・・・・・部材の合計長を作図します。
  6)単位質量・・・部材の単位質量を作図します。
  7)質量・・・・・・・部材の質量(数量×単位質量)を作図します(但し、引張材については作図しません)。
  8)備考・・・・・・・作図しません。

<部材の種類ごとの合計量>
  1)鋼矢板・・・・・・・・・・・・・すべての鋼矢板の合計質量を作図します。
  2)鋼管矢板・・・・・・・・・・・すべての鋼管、および、継手管の合計質量を作図します。
  3)引張材・・・・・・・・・・・・・すべての引張材の合計長、および、合計質量を作図します。
  4)形鋼・・・・・・・・・・・・・・・すべてのH形鋼および溝形鋼の合計質量を作図します。


 設計条件表
設計条件表に作図する以下の項目を設定します。

  ・土圧-安定計算
  ・土圧-断面計算
  ・水圧
  ・堤体の上載荷重(kN/m2)
  ・中詰土


 柱状図
  ・標高
  ・深度
  ・層厚
  ・土質記号
  ・土質名
  ・色調
  ・N値(サンプリング点)
  ・サンプリング点名称
  ・水位


<数量算出方法>

 ■引張材(1本当り)
 引張材の数量算出(長さ)は、以下の方法で行います。

 
  B :堤体幅
  θ:設置角度
  L :引張材長
  WI :内壁厚
  WO:外壁厚
  H :腹起し材のウェブ高

  L = (B + WI/2 + WO/2 + H*2) / sin(θ)


 ■腹起し材(単壁の1段、1本当り)
 腹起し材の数量算出(長さ)は、以下の方法で行います。

   WB:壁体延長
   L :腹起し材長

   L = WB

 ※腹起し材は、各単壁(内壁、外壁)にともに、1段当り引張材の上下に1本ずつ設置します。
 
 
Page Top TOP

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
株式会社デンソー
エレクトロニックコントロール
コンポーネント部

[ お知らせ ]
平成29年道路橋示方書対応製品
価格発表のご案内






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
弾塑性地盤解析(GeoFEAS)2D Ver.4
Geo Engineer's Studio(Lite)
BOXカルバートの設計・3D配筋 Ver.16
柔構造樋門の設計・3D配筋 Ver.11
開水路の設計・3D配筋 Ver.3

キャンペーン実施中
平成29年新道示対応準備
CIM・i-Con技術セミナースタート
レンタルライセンス買い取り
有償セミナー受講料割引

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
8/18  橋梁長寿命化・維持管理
 体験
8/22  河川シリーズ体験
8/23  Allplan体験
8/24  UC-win/Road・VR(福岡)

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CALS/CAD
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション