健康経営方針

公開:2017年9月29日

健康経営優良法人2020認定:2020年3月5日

更新(第35期 期首目標):2020年10月6日


ソフトウェア事業における多様な人材が、心身ともに健康を保持し社会性・協調性に満ちた精神で働き続けることができるために、当社は健康促進・増進活動、働き方改革活動を推進し、会社の発展成長、社会への貢献を目指します。

健康経営推進施策と目標

● 全従業員の健康診断または人間ドックを実施し、健康状態を把握した上で産業医の指導や助言を行う。
目標:受診率100%

● 有給休暇としての健康スポーツ休暇制度を、従業員の健康促進、体力増進に役立てる。
目標:参加率100%

● 全従業員に禁煙手当制度を導入し、禁煙の機会、動機を与え、健康への配慮を促す。
目標:喫煙者ゼロ

● リフッレッシュ休暇手当拡充し、5年に一度の長期休暇取得を促進する。
目標:取得率90%以上

● メンタルヘルスチェックを義務づけ、適切に総務グループで対応し、産業医、社会保険労務士などの専門家の助言を得て対応する。
目標:受検率100%

● 有給休暇取得率、74.9%(第32期2019年)をさらに推進し、80%以上を目指す。
目標:80%以上

● アニバーサリー休暇手当制度(連続3日間以上の休暇に対し5万円の手当)を運用し、休暇取得の促進につなげる。
目標:支給率100%

その他

   
  • 安全衛生委員会及びISO事業継続マネジメントの関連活動を強化し、従業員の安全や衛生、健康への関心、活動を高める。
  • ハラスメント防止規程、相談窓口を設置し様々なハラスメントから従業員を守る。
  • 健康保持・増進に役立つソフトウェアやシステムの開発に取り組む。
  • 健康保険組合、各種保養施設、統合医療推進顧問などからの情報や活動を積極的に社内共有する。
  • 高年齢社員の高度人間ドック受診(グランドハイメデック倶楽部)を支援する。

▲メンタルヘルス対策 自然体験プログラム視察ツアーの様子

▲健康スポーツ休暇(左:山梨/右:宮崎)でのヨガ体験

関連記事

▼健康経営優良法人2020認定(2020年3月5日掲載)
https://www.forum8.co.jp/forum8/news200305.htm
▼「健康優良企業(銀)」の認定を取得(2019年1月15日掲載)
https://www.forum8.co.jp/forum8/news190115.htm
▼「TOKYO働き方改革宣言企業」の認定を取得(2019年3月20日掲載)
https://www.forum8.co.jp/forum8/news190320.htm ▼健康経営 Health and Productivity (Up&Comingにて連載中)
http://www.forum8.co.jp/topic/hap0.htm
▼統合医療とメンタルヘルス (Up&Comingにて連載、全5回)
http://www.forum8.co.jp/topic/health0.htm
▼第1回日玖統合医療シンポジウムレポート (Up&Coming '17 秋の号掲載)
http://www.forum8.co.jp/topic/hot-news119.htm#no.5
▼メンタルヘルス対策 自然体験プログラム視察ツアー (Up&Coming '16 春の号掲載)
http://www.forum8.co.jp/topic/social-action113.htm

LOADING