地方創生・国土強靭化 FORUM8セミナーフェア

国土強靱化の施策と地域活性化の取り組みを連携することで相乗効果を図り、特に各自治体におけるインフラ分野での取り組みを重点化する方針が、内閣官房によって示されています。

フォーラムエイトではこの度、これらの施策の推進を目的としたセミナーフェアを2022年2月より全国で開催。各地域における国土強靭化とDXについての特別講演と併せて、デジタル田園都市構想実現を支援する製品・ソリューションを提案いたします。

セミナー日程

※以下の表は横方向にスクロールが可能です

開催日 開催時間 開催地 会場 備考
2022年04月22日(金) 13:30~17:20 秋田 秋田キャッスルホテル(4階:放光の間)
2022年02月01日(火) 14:00~19:00 沖縄 オンライン(対象地域:沖縄県) 開催終了
2022年02月03日(木) 14:00~19:00 福岡 オンライン(対象地域:九州・中国地方) 開催終了
2022年02月15日(火) 14:00~19:00 松山 オンライン(対象地域:四国地方) 開催終了
2022年02月18日(金) 14:00~19:00 大阪 オンライン(対象地域:近畿・中国地方) 開催終了
2022年03月02日(水) 14:00~19:00 富山 オンライン(対象地域:北陸) 開催終了
2022年03月04日(金) 14:00~19:00 名古屋 オンライン(対象地域:中部) 開催終了
2022年03月16日(水) 14:00~19:00 仙台 オンライン(対象地域:東北地方) 開催終了
2022年04月15日(金) 14:00~17:25 札幌 セミナー:京王プラザホテル札幌(地下1階:プラザホール) 開催終了

※新型コロナウイルス感染症の拡大状況により、オンラインでの開催となる場合があります。

セミナー概要

特別講演

特別講演

事業構想大学院大学 学長

田中 里沙 氏

「DXを活用した地方創生と国土強靭化の推進に向けて」
 

地域の活性化および人材育成における自らの研究・実践の経験をふまえて、北海道におけるDXを活用した国土強靭化の取り組みについて紹介します。また、デジタル田園都市国家構想についても、レジリエンスと地方創生の観点から説明し、IT導入による課題解決の重要性や、今後の展望についても解説します。

<講師プロフィール>
学校法人先端教育機構・事業構想大学院大学にて、地方創生、新事業創出、マーケティングコミュニケーションの研究と実践、地域人材育成に取り組む。ナショナル・レジリエンス懇談会、国土強靱化の広報・普及啓発活動のあり方に関する検討会、社会資本整備審議会、中央環境審議会、財政制度等審議会財政制度分科会、委員等を務める。

芝浦工業大学 システム理工学部 環境システム学科 教授

増田 幸宏 氏

「国土強靱化とDXへの期待、沖縄における取組」

<講師プロフィール>
建築・都市環境工学、設備工学を専門とし、建築・都市のレジリエンス工学や新たな環境インフラ構築に関する研究に取り組む。(一社)レジリエンス協会 副会長(2012年~)、豊橋技術科学大学 客員教授(2018年~)、(一社)日本危機管理学会 副会長(2018年~)、(一財)リスクファイナンス総合研究所 理事(2021年~)など歴任。2018年より現職。

芝浦工業大学 システム理工学部 環境システム学科 教授

増田 幸宏 氏

「国土強靱化とDXへの期待、四国における取組」
 

現況と将来を見える化・共有することの重要性と、新しいレジリエンスの視点が分野を超えて大きな指針となることを説き、組織のレジリエンス構築のためのBCM・BCPについても説明。また、デジタル田園都市国家構想と絡めて、IT導入により地方の課題を解決し新たな変革の波を起こすことの必要性と、そのモデル事例を紹介し、その基盤整備に向けた今後の展望にも触れます。

<講師プロフィール>
建築・都市環境工学、設備工学を専門とし、建築・都市のレジリエンス工学や新たな環境インフラ構築に関する研究に取り組む。(一社)レジリエンス協会 副会長(2012年~)、豊橋技術科学大学 客員教授(2018年~)、(一社)日本危機管理学会 副会長(2018年~)、(一財)リスクファイナンス総合研究所 理事(2021年~)など歴任。2018年より現職。

京都大学大学院 工学研究科 教授

藤井 聡 氏

「九州における国土強靭化に向けた取り組みと今後の展望」

<講師プロフィール>
京都大学大学院・工学研究科・都市社会工学専攻教授、同大学レジリエンス実践ユニット長、内閣官房参与(第2〜4次安倍内閣、防災減災ニューディール担当)、一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会副会長。1968年生。京都大学卒業後、同大学助教授等を経て現職。専門は公共政策論.著書は「列島強靭化論」「巨大地震Xデー」「大衆社会の処方箋」等多数。表現者クライテリオン編集長。

京都大学大学院 工学研究科 教授

藤井 聡 氏

「関西における国土強靭化に向けた取り組みと今後の展望」

国土強靱化の考え方や、政策における自らの経験をふまえて、関西地域における国土強靱化への取り組みの重要性を説明。東南海地震などの巨大災害における災害予測について具体的に示し、道路港湾堤防建築物の耐震強化による大幅な減災効果や、地方でのインフラ整備によるリスクの分散化による対策などを説きます。

<講師プロフィール>
京都大学大学院・工学研究科・都市社会工学専攻教授、同大学レジリエンス実践ユニット長、内閣官房参与(第2〜4次安倍内閣、防災減災ニューディール担当)、一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会副会長。1968年生。京都大学卒業後、同大学助教授等を経て現職。専門は公共政策論.著書は「列島強靭化論」「巨大地震Xデー」「大衆社会の処方箋」等多数。表現者クライテリオン編集長。

芝浦工業大学 システム理工学部 環境システム学科 教授

増田 幸宏 氏

「国土強靱化とDXへの期待、北陸における取組」
 

現況と将来を見える化・共有することの重要性と、新しいレジリエンスの視点が分野を超えて大きな指針となることを説き、組織のレジリエンス構築のためのBCM・BCPについても説明。また、デジタル田園都市国家構想と絡めて、IT導入により地方の課題を解決し新たな変革の波を起こすことの必要性と、そのモデル事例を紹介し、その基盤整備に向けた今後の展望にも触れます。

<講師プロフィール>
建築・都市環境工学、設備工学を専門とし、建築・都市のレジリエンス工学や新たな環境インフラ構築に関する研究に取り組む。(一社)レジリエンス協会 副会長(2012年~)、豊橋技術科学大学 客員教授(2018年~)、(一社)日本危機管理学会 副会長(2018年~)、(一財)リスクファイナンス総合研究所 理事(2021年~)など歴任。2018年より現職。

芝浦工業大学 システム理工学部 環境システム学科 教授

増田 幸宏 氏

「国土強靱化とDXへの期待、中部における取組」
 

現況と将来を見える化・共有することの重要性と、新しいレジリエンスの視点が分野を超えて大きな指針となることを説き、組織のレジリエンス構築のためのBCM・BCPについても説明。また、デジタル田園都市国家構想と絡めて、IT導入により地方の課題を解決し新たな変革の波を起こすことの必要性と、そのモデル事例を紹介し、その基盤整備に向けた今後の展望にも触れます。

<講師プロフィール>
建築・都市環境工学、設備工学を専門とし、建築・都市のレジリエンス工学や新たな環境インフラ構築に関する研究に取り組む。(一社)レジリエンス協会 副会長(2012年~)、豊橋技術科学大学 客員教授(2018年~)、(一社)日本危機管理学会 副会長(2018年~)、(一財)リスクファイナンス総合研究所 理事(2021年~)など歴任。2018年より現職。

京都大学大学院 工学研究科 教授

藤井 聡 氏

「東北おける国土強靭化に向けた取り組みと今後の展望」

国土強靱化の考え方や、政策における自らの経験をふまえて、東北地域における国土強靱化への取り組みの重要性を説明。東南海地震などの巨大災害における災害予測について具体的に示し、道路港湾堤防建築物の耐震強化による大幅な減災効果や、地方でのインフラ整備によるリスクの分散化による対策などを説きます。

<講師プロフィール>
京都大学大学院・工学研究科・都市社会工学専攻教授、同大学レジリエンス実践ユニット長、内閣官房参与(第2〜4次安倍内閣、防災減災ニューディール担当)、一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会副会長。1968年生。京都大学卒業後、同大学助教授等を経て現職。専門は公共政策論.著書は「列島強靭化論」「巨大地震Xデー」「大衆社会の処方箋」等多数。表現者クライテリオン編集長。

ご挨拶

  • 秋田県 副知事

    猿田 和三 氏

  • 秋田市 市長

    穂積 志 氏

  • 秋田大学 学長

    山本 文雄 氏

特別講演

京都大学大学院 工学研究科 教授

藤井 聡 氏

「東北おける国土強靭化に向けた取り組みと今後の展望」

国土強靱化の考え方や、政策における自らの経験をふまえて、東北地域における国土強靱化への取り組みの重要性を説明。東南海地震などの巨大災害における災害予測について具体的に示し、道路港湾堤防建築物の耐震強化による大幅な減災効果や、地方でのインフラ整備によるリスクの分散化による対策などを説きます。

<講師プロフィール>
京都大学大学院・工学研究科・都市社会工学専攻教授、同大学レジリエンス実践ユニット長、内閣官房参与(第2〜4次安倍内閣、防災減災ニューディール担当)、一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会副会長。1968年生。京都大学卒業後、同大学助教授等を経て現職。専門は公共政策論.著書は「列島強靭化論」「巨大地震Xデー」「大衆社会の処方箋」等多数。表現者クライテリオン編集長。

特別講演

秋田大学大学院 教育学研究科 教職実践専攻 特別教授

林 信太郎 氏

「秋田における火山・地震の災害への備えと地域開発への活用
ー歴史的事象の防災教育・観光DXへの展開」

火山活動や地震は災害という面と自然の恵みという面の、二つの点で人々の暮らしと関わっています。災害の備えについては、今から2500年前の鳥海山の頂上部分の巨大崩落や、1804年(江戸時代)に象潟に発生した象潟地震とよばれるマグニチュード7の地震など歴史的な災害、そして未来の災害についても触れ災害への備えとしてDXがどのように活用可能かご講演いたします。また、観光を通じた活用の例として、Web VR・ARを活用し教育・観光DXへ適用した秋田県にかほ市様の取組についてご紹介します。

<講師プロフィール>
1985年、東北大学理学博士(理学部地学)。論文の題は「Petrology of Chokai volcano, northeastern Japan (東北日本、鳥海火山の岩石学) 」。2002年より、秋田大学教育文化学部教授。2014年4月より、秋田大学教育文化学部附属小学校校長を兼任。現在に至る。主な著書に「知っておきたい 日本の火山図鑑」、「世界一おいしい火山の本―チョコやココアで噴火実験」等多数。

プレゼンテーション1「UC-1、FEMセミナー」

  • Engineer's Studio®、FEMLEEG、Geo Engineer's Studio最新機能
  • DF2021 IM&VR・i-Constructionセッション 特別講演紹介、VDWC受賞作品
  • FEM解析支援・技術サービス最新事例、国土強靭化NaRDA受賞作品紹介
  • 3DVR浸水ハザードマップサービス他、各種災害対策ソリューション
  • UC-1シリーズ最新情報~小規模河川氾濫解析 他~
  • UC-1Cloud 自動設計シリーズ(BOX・擁壁・土留め工)

プレゼンテーション2「VR・CG、クラウド活用セミナー」

  • プラトー、各種オープンデータの活用によるデジタルツイン構築
    ~スマートシティ、デジタル田園都市国家構想活用のご提案~
    <>
  • VRシミュレーション最新事例、3DVRコンテスト受賞作品のご紹介
  • 各地方都市、研究プロジェクトにおけるVR適用事例のご紹介
  • UC-win/Road最新情報、IFC対応/4Dシミュレーション、VISSIM連携、今後の展開
  • 自動運転・MaaS、組込分野における活用/スイート千鳥エンジンの活用
  • F8VPS(フォーラムエイトバーチャルプラットフォーム)の活用
  • クラウド活用営業支援ツール、会計管理ソリューション「スイートERP」
  • BIM/CIM対応3Dパラメトリックツール、インフラデジタルデータベース
  • 3DCGソフト Shade3D最新情報、BIM/CIM照査オプション、今後の展開

タイムテーブル

14:00~14:20 挨拶
14:20~15:20
特別講演
「国土強靱化とDXへの期待、沖縄における取組」
芝浦工業大学 システム理工学部 環境システム学科 教授 増田 幸宏 氏
特別講演
「国土強靱化とDXへの期待、四国における取組」
芝浦工業大学 システム理工学部 環境システム学科 教授 増田 幸宏 氏
特別講演
「九州における国土強靭化に向けた取り組みと今後の展望」
京都大学大学院 工学研究科 教授 藤井 聡 氏
特別講演
「関西における国土強靭化に向けた取り組みと今後の展望」
京都大学大学院 工学研究科 教授 藤井 聡 氏
特別講演
「国土強靱化とDXへの期待、北陸における取組」
芝浦工業大学 システム理工学部 環境システム学科 教授 増田 幸宏 氏
特別講演
「国土強靱化とDXへの期待、中部における取組」
芝浦工業大学 システム理工学部 環境システム学科 教授 増田 幸宏 氏
特別講演
「東北における国土強靭化に向けた取り組みと今後の展望」
京都大学大学院 工学研究科 教授 藤井 聡 氏
15:20~16:00 プレゼンテーション1「UC-1・FEMセミナー」
16:00~16:15 休憩
16:15~17:25 プレゼンテーション2「VR・CG、クラウド活用セミナー」
17:30~19:00 オンライン会場
F8VPS(フォーラムエイトバーチャルプラットフォームシステム)、バーチャルショールーム体験コーナー

タイムテーブル

14:00~14:20 挨拶
14:20~15:20
特別講演
「DXを活用した地方創生と国土強靭化の推進に向けて」
事業構想大学院大学 学長 田中 里沙 氏
15:20~16:00 プレゼンテーション1「UC-1・FEMセミナー」
16:00~16:15 休憩
16:15~17:25 プレゼンテーション2「VR・CG、クラウド活用セミナー」

タイムテーブル

13:30~13:40 ご挨拶
株式会社フォーラムエイト 代表取締役社長 伊藤裕二
13:40~13:55 ご挨拶
秋田県 副知事 猿田 和三 氏
秋田市 市長 穂積 志 氏
秋田大学 学長 山本 文雄 氏
13:55~14:55
特別講演
「東北における国土強靭化に向けた取り組みと今後の展望」
京都大学大学院 工学研究科 教授 藤井 聡 氏
14:55~15:10 休憩
15:10~16:10
特別講演
「秋田における火山・地震の災害への備えと地域開発への活用ー歴史的事象の防災教育・観光DXへの展開」
秋田大学大学院 教育学研究科 教職実践専攻 特別教授 林 信太郎 氏
16:10~16:40 プレゼンテーション1「UC-1・FEMセミナー」
16:40~17:20 プレゼンテーション2「VR・CG、クラウド活用セミナー」

お知らせ

過去の開催レポート

LOADING