Civil Engineer's Forum-FORUM8
このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Yahoo! JAPAN

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

製品詳細価格/購入サンプル画面ユーザ紹介/評価・Q&A

  プログラム概要
ライン
本プログラムは、面外荷重を受ける任意形平面格子構造の断面力算出を行うものです。構造物の対象は主として道路橋格子桁を取り扱います。面外の鉛直荷重に対する格子構造の影響線を求め、次にこの影響線を用いて死荷重・活荷重を載荷させて断面力を計算します。
公益社団法人 日本道路協会より平成29年11月に発刊された道路橋示方書・同解説に対応しています。

▲メイン画面

  関連情報
新製品紹介
  任意形格子桁の計算(部分係数法・H29道示対応) Ver.3.0.0 改訂内容<2020年3月2日リリース>NEW
ライン
  1. 集中荷重に荷重係数(SW:雪荷重)を考慮した解析に対応
  2. 『設計要領 第二集 橋梁編 平成28年8月』に基づく支承に作用する負の反力の算出に対応。
  3. メイン画面の2Dモデル表示において、部材番号の表示を追加。
  4. 3Dモデル表示における視点移動に対応。

  プログラムの機能と特長
ライン
部分係数による計算処理
道路橋示方書・同解説(平成29年版)より、部分係数法の考え方が設計に取り入れられています。
本製品ではこれに対応するため、部分係数による計算処理を以下のように行っています。
部分係数表(プログラム−メニュー−基準値−部分係数)を参照して、各荷重データ(作用の種類)に応じた部分係数を取得し、下記のいずれかの処理を行います。
  • 死荷重データ(D)
  • 活荷重データ(L)
  • 雪荷重(SW)
  • 支点沈下データ(SD)
に対して、
計算に用いる荷重値 =
入力された荷重値 × 荷重係数γq × 荷重組合せ係数γp
この計算に用いる荷重値で解析を行い、結果を出力します。

  • クリープ(CR)
  • 乾燥収縮(SH)
  • 温度差の影響(TF)
▲部分係数
に対して、
出力する計算結果 = 内部計算結果  × 荷重係数γq × 荷重組合せ係数γp
このまま結果を出力します。

作用の種類
本製品で扱う荷重データ(作用の種類)は次に示すとおりとなります。これらの荷重データ(作用の種類)に対して、道路橋示方書・同解説(平成29年版)、T編、3.1作用の種類 に基づき、荷重記号および作用特性の分類をすると以下のとおりとなります。

死荷重データ(D)    (永続作用)
活荷重データ(L)    (変動作用)
雪荷重(SW)       (変動作用)
クリープ(CR)      (永続作用)
乾燥収縮(SH)     (永続作用)
温度差の影響(TF)  (変動作用)
支点沈下データ(SD) (永続作用)

▲作用の種類
各荷重データに対する荷重記号および作用特性の分類については、本製品においては、例えば、死荷重データあるいは活荷重データという区分の中での荷重データ入力が明確であるため、各荷重データに対する荷重記号および作用特性の分類は上記に示す通りプログラムでは内部固定としています。

作用の組合せ
想定される荷重ケースと作用の組合せについては、次のように考えます。

構造モデル 荷重ケース 作用の組合せ(記号) 
非合成桁 死荷重+活荷重 (D+L)or(D+L+TH)
合成桁(合成前) 死荷重 (D+L)
雪荷重の作用もあり得ることから、(D)ではなく(D+L)とします。
合成桁(合成後) 死荷重+活荷重 (D+L)or(D+L+TH)
クリープ(CR)、乾燥収縮(SH)、温度差の影響(TF)、支点沈下データ(SD)についても、(D+L)or(D+L+TH)の作用組合せの中で考慮可能としています。

『設計要領 第二集 橋梁編 平成28年8月』 支承に作用する負の反力
「道路橋示方書・同解説 T共通編 平成29年11月」に記載の支承部に作用する力(10.1.1)に加え、「設計要領 第二集 橋梁編 平成28年8月」支承に作用する負の反力に対応しています。
画像をクリックすると大きな画像が表示されます。 画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
▲入力画面 ▲結果画面
(式 2-2-1)

ここに、
RL+I:衝撃を含む活荷重による最大の負の支承反力
Rd1 :支承に負の反力を生じさせる部分に加わる死荷重による支承反力
Rd2 :支承に正の反力を生じさせる部分に加わる死荷重による支承反力

▲計算式

集中荷重に荷重係数(SW:雪荷重)を考慮した解析に対応
図1に示す張り出し端の部材へかかる雪荷重を、集中荷重として支点上に載荷する場合は、集中荷重は「その他の荷重」となるため、部分係数としては『1.05』が適用されていました。Ver.3では、雪荷重として判定するスイッチを設けたことで、道路橋示方書に示される雪荷重の荷重係数として『1.00』が適用できるよう機能を追加しました(図2)。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。 画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
▲図1 ▲図2

  適用基準および参考文献
ライン
  • 道路橋示方書・同解説 平成29年 I 共通編 II 鋼橋編 IV下部構造編 (公社)日本道路協会
  • 設計要領 第二集 橋梁編 平成28年8月 東・中・西日本高速道路(株)
  • 鋼道路橋の疲労設計指針 平成14年3月 (公社)日本道路協会
  • 道路橋示方書・同解説 SI単位系移行に関する参考資料 平成10年 7月 (公社)日本道路協会
  • 連続合成2主桁橋の設計例と解説 平成17年8月 (一社)日本橋梁建設協会

Page Top Page Top


FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
三菱地所パークス株式会社
[ お知らせ ]
Up&Coming129号デジタルブック版公開中






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
擁壁の設計・3D配筋 Ver.20
斜面の安定計算 Ver.13
圧密沈下の計算 Ver.11
任意形格子桁の計算(部分係数法・H29道示対応) Ver.3
地盤改良の設計計算 Ver.7

キャンペーン実施中
【テレワーク支援 第2弾】クラウド製品ディスカウント
トレードアップ
同時購入
新製品 UC-1 Cloud 自動設計シリーズ 擁壁リリース
スイートデータ消去
SNS いいね!
地方創生・国土強靭化FORUM8セミナーフェア開催

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
4/3  線形最適化OHPASS体験
4/7  UC-win/Road SDK/
  VR-Cloud(R) SDK
4/9  レジリエンスデザイン・
  CIM系解析支援体験
4/10  土留め工の設計・3DCAD

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CAD/CIM、建設会計
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・3D配筋CAD
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・クラウドデータバックアップサービス
・ファイル共有サービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション