3D・CGコンテンツ事業を展開するゲーム開発グループによる本連載では、
同社のゲームコンテンツ関連技術とUC-win/RoadのVR技術とのコラボレーションによる新たな展開から、
クリエイター陣による企画・制作のノウハウまで、様々な内容を紹介していきます。

千鳥エディターとゲームのリリース

千鳥エディター

2021年8月にリリースしたスイート千鳥エンジンVer.1.06.00では、UIデータを作成できるツール「千鳥エディター」を追加しました。千鳥エディターを使用することで、エディター上で表示結果を確認しながらUIデータを作成することができます。千鳥エディターはゲームの実装ツールとは分離しているため、プログラマーとデザイナーで分業してのゲーム製作が行いやすくなります。

千鳥エディターでは、パネルやボタンなどの要素を画面上に配置したり、それらの要素に貼る画像を画面上で調整したり、要素の位置や表示状態などをアニメーションさせたりすることができます。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

図1 千鳥エディター画面

画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

図2 千鳥エディターで作成したデータの表示イメージ

使用できる要素
千鳥エディターで使用できる要素は9種類あります。一部の要素は親子関係を持つことができ、親子関係とすることで、位置をまとめて移動させたり、表示状態をまとめて変更させたりできます。

コンポーネント 各要素のベースとなる要素
ボタン 通常時と押下時のビジュアルを設定して、押下時にビジュアルを切り替えられる要素
リニアレイアウト 子要素を自動で整列する要素。子要素の並ぶ方向やマージンなどを設定することで、子要素の配置を制御可能
パネル 最も基本的な要素。コンポーネントとは異なり、子要素を持つことが可能
回転パネル 回転や傾きを設定することができるパネル。子要素を持つことができ、子要素も親要素と同様に回転可能
スクロールビュー 子要素をスクロールして位置を変更できる要素
テキストボックス テキストを表示できる要素
ビジュアルセット 複数のビジュアルを持つことができ、切り替えて表示できる要素
参照コンポーネント 他のプロジェクトで作成されたUIデータを、要素として追加したもの
表1 各要素についての説明

使用できるアニメーション

千鳥エディターで使用できるアニメーションは9種類あります。アニメーションには大きく分けて2種類あり、1つ目は「トゥイーン」で、開始時間における値と終了時間における値を指定して、開始と終了の間の値の時間変化を補完してアニメーションするというものです。2つ目は「フレーム」で、特定の時刻で状態を切り替えるものです。

色トゥイーン 開始時間と終了時間における要素の色指定
スケールトゥイーン 開始時間と終了時間における要素のスケール指定
アルファトゥイーン 開始時間と終了時間における要素の透過度指定
パストゥイーン 開始時間から終了時間の間の要素の移動経路の指定
サイズトゥイーン 開始時間と終了時間における要素のサイズ指定
回転トゥイーン 開始時間と終了時間における要素の回転量の指定。回転パネルに対して設定可能
プロパティフレーム 特定の時刻で、要素の表示状態やセンタリング設定などの変更
ビジュアルインデックス
フレーム
特定の時刻で、ビジュアルセットに表示するビジュアルの切り替え。ビジュアルセットに対して設定可能
空フレーム 特定の時刻にセットする、何も行わないフレーム
表2 各アニメーションについての解説
スイート千鳥エンジンを使用したゲーム

2021年9月にリリースしたスイート千鳥エンジンVer.1.07.00、および、Ver.1.07.01では、スイート千鳥エンジンを使用して開発したゲームである「モグラで脳トレ!~瞬間記憶モグラ叩き~」、「わたしの音楽帳」、「ゲームで覚える勘定科目」、「Flap Hero」を追加しました。ここでは、「ゲームで覚える勘定科目」と「Flap Hero」について紹介します。「モグラで脳トレ!~瞬間記憶モグラ叩き~」と「わたしの音楽帳」については、これまでのゲーム開発ニュースにて紹介しているので、下記URLをご覧ください。

■「モグラで脳トレ!~瞬間記憶モグラ叩き~」 https://www.forum8.co.jp/topic/game131.htm
■「わたしの音楽帳」 https://www.forum8.co.jp/topic/game133.htm

ゲームで覚える勘定科目
「ゲームで覚える勘定科目」は、次々と画面に表示される勘定科目に合わせてカードを選ぶ、勘定科目を覚えるのに役立つゲームです。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます

図3 ゲームで覚える勘定科目 タイトル画面

3つの難易度があり、難易度が上がるほど表示される勘定科目の種類が増えていきます。難易度が上がったり、連続で正解したりすると獲得できるスコアが大きくなります。1ゲームの時間は30秒でスピーディに遊ぶことができるため、効率的に勘定科目を覚えることができます。

間違えた勘定科目は、ゲーム終了時に一覧で正解を確認することができます。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます

図4 ゲームで覚える勘定科目 ゲーム画面

画像をクリックすると大きな画像が表示されます

図5 ゲームで覚える勘定科目 結果画面

Flap Hero
「Flap Hero」は、同名のフリーゲームをスイート千鳥エンジンに移植したゲームです。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます

図6 Flap Hero タイトル画面

落下していく小鳥を、土管や地面に衝突しないようにタイミングよくジャンプさせて、できるだけ遠くまで導きます。土管を1つ超えるごとにスコアを1得ることができます。土管の真ん中に着地すると、ワープして離れた土管に移動できるので、うまく利用することでスコアを稼ぐことができます。

土管や地面に2度衝突してしまうとゲームが終了となり、そのゲームで稼いだスコアと、それまでの最高スコアが表示されます。

画像をクリックすると大きな画像が表示されます

図7 Flap Hero ゲーム画面

画像をクリックすると大きな画像が表示されます

図8 Flap Hero 結果画面

(Up&Coming '21 秋の号掲載)



前ページ
    
インデックス
    


Up&Coming

LOADING