Civil Engineer's Forum-FORUM8
このページをスタートページに設定する QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

   
Ver. 日付 内  容
9.00.00 22.05.31

■変更内容
【機能追加・改善】
[建築基準:深層混合処理工法]

  1. 2018年版指針の擁壁下の改良のとき、仮想ケーソンとしての照査を可能としました。配置タイプは、両方向ラップ、全面改良、櫛型配置です
  2. 液状化対策でない場合も、液状化の影響を考慮した改良地盤の検討を可能としました。
  3. 液状化の影響を考慮する検討を行う場合に、低減係数を自動で算出できるようにしました。
  4. 偏土圧の検討時における下部地盤の許容鉛直支持力度の算出過程を計算書に出力するようにしました。
  5. 鉛直支持力の算定において、下部地盤が粘性土の場合でも先端N値を出力するようにしました。
  6. 64bitに対応しました。※x64版のみ

[土木基準:深層混合処理工法]
  1. 荷重状態の名称を任意に指定できるようにしました。

[土木基準、液状化対策基準:深層混合処理工法]
  1. 改良体の内部摩擦角φが計算に不要な場合は、入力画面に表示しないようにしました。

[浅層混合処理工法]
  1. 偏心を考慮した設計用荷重を指定できるようにしました。
  2. 支持力係数算定の内部摩擦角度の上限値について、計算書およびヘルプに説明を追加しました。

[液状化の判定]
  1. 液状化判定の結果一覧を1頁にまとめて出力できるよう書式を改善しました。

[共通:深層混合処理工法]
  1. 基礎底面の水平荷重を集中荷重として載荷するようにしました。

【仕様の変更】
[建築基準:深層混合処理工法]
  1. 大地震時の水平抵抗の検討において、「仮想底面に伝達する鉛直荷重Nse」算定時の面積の考え方を変更しました。
    ブロック単位、櫛型配置の場合は、改良体の面積ではなく、改良地盤の面積を使用します。
    規定では、改訂版(P88)、2018年版(P85)ともに「改良体の面積」と記載されていますが、下記、設計例では改良地盤の面積を使用しています。
    ブロック配置、櫛型配置の場合は、改良体全体を一つの構造物とみなすため、設計例に準じて改良地盤の面積を使用するように変更しました。
    「改訂版 建築物のための改良地盤の設計及び品質管理指針」P140〜設計例「10.3 建築物構造3」
    「2018版 建築物のための改良地盤の設計及び品質管理指針」P216〜設計例「12.6.2 設計例題-1(液状化地盤)」
    ※本修正により、旧バージョンと結果が異なる場合がございます。

【不具合修正】
  1. 基礎スラブ(改良仕様)を複数登録した場合に鉛直支持力の計算書にてDf’の表示がすべて同じ値になるのを修正しました。
    ※出力のみの不具合で計算には影響ありません。

【土木基準:深層混合処理工法】
  1. 「荷重ケース」画面「主動側土圧・水圧」タブの[w, αの計算]ボタンによる基礎底面荷重wが正しくない場合があるのを修正しました。

■ヘルプの追加・修正

  1. 「概要」−「バージョン及び改良点」−「Ver.9.0.0」
  2. 「概要」−「必要システム及びプロテクト」−「必要システム」
  3. 「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「深層混合処理工法(建築基準)」−「計算条件」
  4. 「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「深層混合処理工法(建築基準)」−「地層」
  5. 「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「深層混合処理工法(建築基準)」−「地層」−「N値データ」
  6. 「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「深層混合処理工法(建築基準)」−「改良仕様」
  7. 「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「深層混合処理工法(建築基準)」−「考え方」
  8. 「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「浅層混合処理工法」−「計算条件」
  9. 「操作方法」−「メニューの操作」−「入力」−「浅層混合処理工法」−「荷重」
  10. 「計算理論及び照査の方法」−「深層混合処理工法(建築基準)」−「鉛直支持力の検討」−「改良体の鉛直応力度」
  11. 「計算理論及び照査の方法」−「深層混合処理工法(建築基準)」−「水平抵抗の検討」−「常時・中地震時の検討」
  12. 「計算理論及び照査の方法」−「深層混合処理工法(建築基準)」−「水平抵抗の検討」−「大地震時の検討」
  13. 「計算理論及び照査の方法」−「浅層混合処理工法」−「改良地盤の鉛直支持力」
  14. 「計算理論及び照査の方法」−「浅層混合処理工法」−「下部地盤の鉛直支持力」
  15. 「計算理論及び照査の方法」−「浅層混合処理工法」−「パンチング破壊の検討」
9.00.01 22.06.27

■変更内容
【不具合修正】
【建築基準:深層混合処理工法】

  1. 複数の地盤データが登録されている場合に地層の切り替えでエラーが発生する場合がある不具合を修正しました。
  2. SWS試験のデータから多層地盤のデータを作成する場合にqu値が正しく算定されない不具合を修正しました。
  3. 多層地盤の入力において、カット&ペーストで表を編集した際にEo、Φ、quの自動計算値が更新されない不具合を修正しました。
    ※(2)(3)の不具合に該当する旧データは、ファイル読込時に正しい値に更新する処理を行っています。
    本修正により、旧バージョンと結果が異なる場合がございます。


【共通】

  1. 基礎連動ファイルの読込でエラーが発生する不具合を修正しました。


■ヘルプの追加・修正

  1. 「概要」−「バージョン及び改良点」−「Ver.9.0.0〜Ver.9.0.1」
Page Top Page Top

■ 更新履歴バックナンバー
   ・地盤改良の設計計算 Ver.9
   ・地盤改良の設計計算 Ver.8
   ・地盤改良の設計計算 Ver.7
   ・地盤改良の設計計算 Ver.6
   ・地盤改良の設計計算 Ver.5
   ・地盤改良の設計計算 Ver.4
   ・地盤改良の設計計算 Ver.3
   ・地盤改良の設計計算 Ver.2
   ・地盤改良の設計計算 Ver.1

戻る
バージョン更新情報

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
前田建設工業株式会社
土木事業本部 土木技術部 ICT推進グループ

学校法人三友学園 専門学校岡山情報ビジネス学院 情報スペシャリスト学科/情報システム学科
[ 新連載 ]
パーソナルデザイン講座 プレゼンテーション編






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
基礎の設計・3D配筋(部分係数法・H29道示対応) Ver.6
マンホールの設計・3D配筋 Ver.9
UC-1 Cloud 自動設計 RC断面計算
Shade3D Ver.23
電子納品支援ツール(機械設備工事対応) Ver.9

キャンペーン実施中
サマープレゼントキャンペーン

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
8/19  BIM/CIM入門
8/23  エンジニアの
  プログラミング入門体験
8/24  ビッグデータ解析体験
8/25  3D配筋CAD体験

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CAD/CIM、建設会計
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・3D配筋CAD
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・クラウドデータバックアップサービス
・ファイル共有サービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション