Civil Engineer's Forum-FORUM8 このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Google

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

Home Back
UC-1シリーズ 建築/プラント
 
UC-1  プラント基礎の設計・3D配筋 Ver.2
¥500,000(税別)
レンタル ¥150,000〜(税別)
高圧ガス設備等耐震設計指針を参考としたプラント基礎の設計・図面作成プログラム

初版リリース : '13.08.06 / 最新Ver.リリース : '13.08.06

計算―CAD統合電子納品対応SXF3.1対応
3D配筋対応3D配筋対応IFC/Allplan対応

Products Guide
製品カタログ(PDF)
体験版
ダウンロード
操作ガイダンス
ダウンロード
Q&A
Order
製品購入
アカデミー価格
サブスクリプション
ライセンスパック
レンタルライセンス/フローティングライセンス
Windows Vista/7/8/10 対応
製品詳細価格/購入サンプル画面

  プログラム概要
ライン
高圧ガス設備等耐震設計指針を参考とした耐震設計構造物のレベル1地震動、レベル2地震動(設備)の耐震照査を行うプログラムです。
  関連情報
新製品紹介

  プログラムの機能と特長
ライン
  • 塔類(スカート支持)、塔類(レグ支持)、球形貯槽、横置円筒形貯槽、平底円筒形貯槽に対応。
  • レベル1地震動(設備)は、静的震度法と修正震度法に対応。
  • レベル2地震動(設備)は、塑性評価法に対応。
  • 貯槽能力Wの算出ツール機能。
  • 重要度や構造物高さ(又は貯蔵能力)に応じて、静的震度法や修正震度法を内部的に自動で切り替えて計算
  • 設備に使用する鋼材材質は、基準値の登録画面で登録後に、任意値で計算する事が可能になります。
  • 重要度区分は、事業所の種類、ガス種類、貯槽能力、境界線までの距離から算出可能。
  • 水平方向の応答倍率β5は、減衰定数を考慮した補正した係数を算出可能。
  • 設備に使用する材質は、基準値登録した材質を使用することが可能。
  • レベル2地震動(設備)は、塑性評価法で使用する特性値や許容塑性率は直接指定した値で検討可能。
  • 基礎形式は、杭基礎及び直接基礎に対応。
  • 杭基礎の検討杭種は、PHC杭、鋼管杭に対応。(地層傾斜無し、断面変化無し)

 
球形貯槽:損傷箇所   応力を算定する部位と応力種類(L1)

  • 支持構造材の部位によっては、組合せによる応力の判定が可能
応力の組合せの種類 判定式
圧縮応力および曲げ応力の組合せ σc / fc + σb / fb ≦ 1
引張応力及び曲げ応力の組合せ σt / ft + σb / fb ≦ 1
圧縮応力、曲げ応力及びせん断応力の組合せ √( (σc+σb)2 + 3τ2 ) ≦ ft
引張応力及びせん断応力の組合せ 作図システムで任意形状
(基礎ボルトに限定) (σt + 1.6τ) /1.4 ≦ ft

fc:当該支持構造材の耐震設計用許容圧縮応力
fb:当該支持構造材の耐震設計用許容曲げ応力
ft:当該支持構造材の耐震設計用許容引張応力
σc:当該支持構造材に生じる圧縮応力
σb:当該支持構造材に生じる曲げ応力
σt:当該支持構造材に生じる引張応力
τ:当該支持構造材に生じるせん断応力
  • 設備のレベル2地震動の耐震評価は、1次の振動モードが卓越する耐震設計構造物であるとみなし、損傷モード毎にエネルギー一定即を適用し、塑性評価法により評価。
  • 特性値や許容塑性率は、予め指針で定められた値で検討可能。直接指定した値でも検討可能
■基礎照査
  • 杭基礎(PHC杭、鋼管杭)及び直接基礎のレベル1地震動に対応
  • 設備及び基礎を含めて一括で計算が可能
  • 基礎の応力計算は、建築学会規定「建築基礎構造設計指針」に準拠した方法で計算
  • フーチングやペデスタル部分の照査に対応
  • 杭基礎の照査では、支持力、引抜力の検討など、長さ/径比による低減率μを考慮した支持力の算定、または別途求めた値でも検討できるように、許容支持力及び許容引抜力の直接指定にも対応
  • 直接基礎の計算では、接地圧やすべりの照査に対応
  • 杭頭水平力に対する検討では、khの算出方法を以下の2つより選択して計算できます。
建築基礎構造設計指針の式 福岡・宇都の式
Kh = 0.8・E0・B(-3/4) Kh = 0.691×N0.405
kh:水平地盤反力係数(kg/cm3) kh:水平地盤反力係数
  (kg/cm3
E0:地盤の変形係数(kg/cm2)
D :杭径 (cm)

■計算書プレビュー
全体結果を各項目毎に出力する事が可能で、計算結果の流れを把握できるように各所に数値結果を含めた結果としています。

■図面作成
構造一般図 基礎 および 貯槽の平面図、正面図、側面図
配筋図 基礎の配筋図(平面図、断面図、加工図、鉄筋表)

  • SXF(SFC/P21)、DXF/DWG、JWW/JWC形式のファイル出力に対応
  • 3D配筋:3DS、IFC、Allplan形式のファイル出力に対応
Page Top PageTop

  適用基準及び参考文献
ライン
適用基準
  • 高圧ガス設備等耐震設計指針「レベル1耐震性能評価(耐震設計設備・基礎)編」
  • 高圧ガス設備等耐震設計指針「レベル2耐震性能評価(解説編)」
  • 高圧ガス設備等耐震設計指針「レベル2耐震性能評価(評価例編)」
参考文献
  • 建築基礎構造設計指針(1988年1月)
  • 鋼構造設計規準(1973年)第5章許容応力度法
  • 鉄筋コンクリート構造計算規準・同解説
  • 薄板鋼構造計算・設計施工基準・同解説
Page Top PageTop

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
三井共同建設コンサルタント
[ イベント ]
フォーラムエイト設立30周年記念






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
地盤改良の設計計算Ver.6
UC-1 for SaaS FRAME(面内)
マネージャ Ver.2
電子納品支援ツール Ver.15
UC-win/Road Ver.12
Allplan 2017

キャンペーン実施中
30周年記念スプリング
UC-win/Road Ver.12リリース
記念、64bitネイティブ対応
トレードアップ
セミナー来場者優待

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
5/9  組込システム入門体験
5/10  UC-win/Road DS体験
5/11  擁壁の設計・3D配筋
5/12  UC-win/Road DS体験

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CALS/CAD
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション