Civil Engineer's Forum-FORUM8 このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Google

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

Q&AWindows製品 共通Q&A ('16.11.29)

NEW!更新内容



Q3−16. ユーザー情報ページからダウンロードしたセットアップファイル(差分ファイル)をダブルクリックして解凍しようとすると “Bad table” と表示されて失敗する。




 目  次
1.インストールに関するQ&A  

Q1−1.製品をファイルサーバなどの共有フォルダにインストールし、 他のPCからプログラムを起動したら正常に動作しない。

Q1−2.ソフトを統合CD-ROMからインストールしようとすると、セットアップ開始時に 「ストリング変数が、足りません」とメッセージが出てその後、ハングアップするが どうすればいいのか?

Q1−3.統合CD-ROM からソフトのインストールを行ったところ、プログラム開始時に、「プログラム開始エラー *****.EXEファイルは、欠落エクスポート***.****にリンクされています。 」とのエラーメッセージが出て、起動できない。どのように処理したらいいのか?

Q1−4.統合CD-ROMからインストールしようとすると、「EComponent EroorがモジュールCDMENU.EXEの00714AAで発生しました。このコントロールはバージョンが4.70以降のCOMCTL32.DLLを必要とします」と出て作業が出来ないが?

Q1−5.製品インストール後起動時にエラーメッセージ「クラスが登録されていません」とでるが?

Q1−6.データファイルは、製品バージョンによって読み込めないこともあるのか?

Q1−7.インストール後、製品起動等作業を行うと「BLOBは変更されています」となり、うまく利用が出来ないが?

Q1−8.WINNTで製品をインストールしたら、上手く起動できない場合があるが?

Q1−9.【エラー421 セットアップは一時的なディレクトリにインストールサポートファイルSETUP.LIBをコピーすることができません。空き容量を確保して再度実行して下さい。】 とメッセージが出ますがどうすれば良いか?

Q1−10.アプリケーションを削除しようとしたが、上手く削除が出来ないが?

Q1−11.インストール時に「 Win32エラー。コード123 ファイル名、ディレクトリー名、またはボリュームラベルの構文が正しくありません。」と表示され、インストールが出来ないが?

Q1−12.新しい統合CD-ROMが郵送されてきたが、NETUPDATEで製品更新をしたものとバージョンが同じ場合でも再インストールする必要があるか?

Q1−13.ルートディレクトリに誤ってインストールした為、製品を削除できなくなったが?

Q1−14.統合CD−ROM NO4(VOL27)で「D:\\image\ProductInstallMenu.jpg」「D:\\image\guid-on.jpg」等のエラーが表示され、自動起動メニューが使用できない。

Q1−15.製品ダウンロードに「差分ファイル」と「SetUPファイル」があるが、製品を最新版に更新するにはどちらをダウンロードすればいいのか?

Q1−16.Windows Vistaで製品CDのメニューよりインストールを試すが、うまくいかない。

Q1−17.インストールの途中で 「問題が発生したため、Windows Installerを終了します。」というメッセージが表示され終了してしまう。

Q1−18.インストールしようとするとメッセージが表示されて中断する。
---------------
F8 仮設構台の設計 5 セットアップ
----------------
インストーラ情報
キーを作成できませんでした:\Software。そのキーへの十分なアクセスがあることを確認するか、またはサポート担当者に問い合わせてください。
---------------- 

Q1−19.インストールしようとすると
 “インストールプログラムにはディレクトリ・・・アクセスするための特権が不足しています”
というメッセージが表示され先に進まない。


Q1−20.FORUM8の製品をインストールしようとすると “デジタル署名が無効・・・” というメッセージが表示され中断する。
-----------------
キャビネットファイル Data1.cab のデジタル署名が無効なため、必要なファイルをインストールできません。キャビネットファイルが壊れている可能性があります。エラー266がWinVerify Trustによって返されました。
------------------


Q1−21.インストールしようとしても、「他のセットアップインスタンスが既に実行されています」というメッセージが表示され、先に進まない。

Q1−22.インストールしようとしても、インストールウィザードには「変更」「修復」「削除」という選択肢しかなく、インストールすることができない。

Q1−23.Windows7のマシンで、FORUM8製品を最新版にするために差分ファイルをインストールフォルダに上書きしようとすると
 “アクセスが拒否されました”
というエラーが発生する。


Q1−24. Windows7のマシンでインストールしようとしたところ“互換性が無い”というメッセージが表示され中断した。

Q1−25. 製品をインストールしようとFORUM8のCDのメニューをクリックしても反応が無い。

Q1−26. FORUM8製品をインストールしようとすると”管理者権限が必要”という内容のメッセージが表示され、中断する。

Q1−27. 製品のインストールが途中でストップして先に進まない。

Q1−28. 送られてきたCD(DVD)のメニューが表示されない(自動起動しない)。

Q1−29. 標準ユーザーの権限で製品をインストールして使用したい。

Q1−30. 製品をインストールしたが、デスクトップにショートカットが作成されていない。

Q1−31. ユーザ情報ページからダウンロードした差分ファイルを使った更新について。「擁壁の設計」や「橋台の設計」などは、差分として「Prog」というフォルダがありその中にいくつかのファイルが入っているが、「Prog」フォルダごとインストールフォルダに上書きするのか、それとも「Prog」フォルダの中のファイルを取り出して上書きするのか。

Q1−32. インストールしようとすると「指定された状態で使用するには無効なキーです」とメッセージが表示され中断する。

Q1−34. ユーザ情報ページからダウンロードした差分ファイル(圧縮ファイル)を、C:\ あるいは C:\Program Files(C:\Program Files (x86)) を指定して解凍しようとしたところ、“展開先フォルダを作成できません”というエラーメッセージが表示される。

Q1−35. FORUM8製品をインストールしようとすると “別のバージョンがインストールされている” 旨のメッセージが表示され中断する。

Q1−36. FORUM8ホームページ(ユーザ情報ページ)からダウンロードした圧縮ファイルを解凍しようとすると “有効なwin32アプリケーションではありません” というメッセージが表示され失敗する。

Q1−37. FORUM8製品のインストール先に差分ファイルを上書きしようとしたが、上書き確認のメッセージが表示されず、更新もされていない 。

Q1−38. RUSツールでパスワードを入力して最新版に更新したが、当該製品プログラムを起動すると旧版のままで、最新版になっていない。

Q1−39. 新しいバージョン(例:Ver.1.1.0)をインストールする際、コントロールパネル「プログラムと機能」で旧バージョン(例:Ver.1.0.0)をアンインストールしておく必要はあるか。

Q1−40. コントロールパネルからアンインストールしようとすると、ファイルが無い旨のメッセージが表示され、中断する。

Q1−41. インストールしようとすると "選択した機能は現在使用できないネットワークリソースにあります" というメッセージが表示される。

Q1−42. 下記メッセージが表示されインストールが中断する。
  “BDEが実行されています”
  “BDE Administratorを使って新しい設定を更新してください”


Q1−43. 「調表出力ライブラリVer.2」をインストールしているにも関わらず、「設計調書」ボタンを押すと、”調表出力ライブラリがインストールされていないため設計調書作成モードに移行できない”とのメッセージが表示される。

Q1−44. CDからインストールしようとしているが、CDのメニューが表示されず、インストールすることができない。

Q1−45. サブスクリプションサービスでは “自動更新” との説明があるが、 自動的に最新版がインストールされるということか。

Q1−46. 最新版を使用するには旧バージョンもインストールしておく必要があるか。

Q1−47. ユーザー情報ページやホームページからダウンロードした圧縮ファイル(*.EXE)を解凍すると、ファイルが散らばってしまう。

2.環境に関するQ&A

Q2−1.Windows環境でのトラブル対応

Q2−2.Windows95/98/Meで製品使用中に頻繁にフリーズ現象がおこりますが何か原因があるのでしょうか?

Q2−3.製品をインストールしたが、Veiwer版で起動し正規版で使用できないが?(ローカルキーを使用)

Q2−4.下部工製品と基礎製品をインストールしましたが、エラーが発生し、うまく連動できません。

Q2−5.製品をインストールし起動したところ、「この製品は有償バージョンアップとなっています。ライセンスの更新手続きを行ってください。」と表示されるが?

Q2−6.Windows 7 の製品動作確認について

Q2−7.Windows 8 Preview版 動作確認結果について

Q2−8.インストール時にウィルスが検知された

Q2−9.
 現象1: 起動しようとしても、タイトル画像が表示されたままで、フリーズした状態になる(メイン画面が立ち上がってこない)。
 現象2: 起動はするが、「初期入力」画面でデータを入力・確定するとモジュールエラーが発生する。


Q2−10.FORUM8製品は64bitのOSに対応しているか。

Q2−11.Windows7のXPモードで使用することはできるか。

Q2−12. FORUM8製品のメイン画面のメニューが文字化け(???表示)してしまった。対処法は?

Q2−13. 新たにユーザーアカウントを追加してFORUM8製品を起動しようとしたところ
  “選択した機能は現在使用できないネットワークリソースにあります。”
というメッセージが表示され、 起動しない。


Q2−14. OSには”Home”や”Professional”といったエディションがあるが、FORUM8製品を使用する上で推奨されるエディションはあるか。

Q2−15. Mac OSに仮想化ソフトをインストールしてWindowsを動作させ、FORUM8製品を使用したい。

Q2−16. Windows10のPCで使用することはできるか。

3.ダウンロードに関するQ&A

Q3−1.差分ファイルを解凍・上書きしたプログラムを実行しようとするとアプリケーションエラー「ExceptionがモジュールUC1SHINDO.EXEの0000C501で発生しました。」となったが?

Q3−2.差分やVIEWER版のダウンロードが異様に遅く画面に90分と出るが?わずか1.4MBのファイルでなぜか?

Q3−3.ダウンロードしたが、製品が前のままだが?

Q3−4.問題なく計算出来ていたプログラムを差分ファイルのダウンロードによりUpデートしたら既存データでも設計が出来なかったり読み込めなくなったが?

Q3−5.差分ファイルをダウンロードし解凍すると「setup.dllを上書きしますか」と表示されるが?

Q3−6.製品ダウンロードの手順を簡単に説明してほしい?

Q3−7.NetUPDATEとダウンロードサイトの利用によるバージョンアップにはどのような差があるのか?

Q3−8.差分サイトに記載の最低バージョンを持っていない際にはどうすれば最新版の製品に出来るのか?

Q3−9.ダウンロードを行なうと、特定ファイルやサイトだけが表示が出来ず、ダウンロードが出来ないが?

Q3−10.ダウンロードサイトには、製品毎に複数のダウンロードファイルがあるが全て必要なのか?

Q3−11. ユーザ情報ページから「F8出力編集ツール」をダウンロードしようとすると“セキュリティの警告”のメッセージが表示される。

Q3−12. FORUM8ホームページの「サポート」から操作ガイダンスやツール類をダウンロードすることができない。

Q3−13. ユーザ情報ページからセットアップファイル、差分ファイルをダウンロードしようとすると "ダウンロードしたユーザーの人数が少ないため ..." というメッセージが表示されるのだが、問題はないか。

Q3−14. FORUM8ホームページ(ユーザ情報ページ)からファイルをダウンロードしようとすると、セキュリティソフトが警告が発するのだが、問題はないか。

Q3−15. ユーザー情報ページのダウンロードサービスは、サポート期限時にリリースされていたバージョンをダウンロードできるようになっていないのか。

Q3−16. ユーザー情報ページからダウンロードしたセットアップファイル(差分ファイル)をダブルクリックして解凍しようとすると “Bad table” と表示されて失敗する。

4.バージョンアップセンターでの購入に関するQ&A 

Q4−1.プログラムをネット販売でバージョンアップ購入しましたが、どうすれば製品として使用できるのか?

Q4−2. 購入を申し込んだところ、プロテクトキーは届いたが、CDが同梱されていなかった。

 
5.製品の操作に関するQ&A 

Q5−1.データの保存先をFDやMOドライブにすると、上手くいかない場合があるが?

Q5−2.セル入力時に「”は浮動小数点数ではありません」というエラーメッセージが出るが?

Q5−3.製品によっては、起動時にデフォルトで表示されている数値や入力データがあるが、これは何か意味があるのか?

Q5−4.入力選択において画面がフリーズする場合があるが?

Q5−5.製品利用時に入力データによってはエラーメッセージを出して計算できない場合があるが、このメッセージの意味は?

Q5−6.製品付属のhelpやQ&Aの一括印刷は可能か?

Q5−7.計算方法などは製品helpに載っているようだが、help内でうまく見つけられないが?

Q5−8.データファイルのアイコンが製品のものでなく、ダブルクリックしても目的の製品が起動しない。
 
Q5−9.Windowsのエクスプローラーで、作成したデータファイルが表示されない。

Q5−10.データファイルを開こうとすると“読み込みに失敗しました”というエラーが発生する。

Q5−11.ファイルが見つからない旨のメッセージが表示されFORUM8製品が起動しない、再インストールしても同じメッセージが表示される。

Q5−12.起動しようとしても“DLLのCOM登録エラー”というメッセージが表示されて立ち上がってこない。

Q5−13.Windows7のマシンにて一般ユーザーのアカウントでFORUM8製品を起動しようとすると、毎回管理者アカウントの入力ウィンドウが表示される。

Q5−14. 設計調書を作成したいのだが、メイン画面の「設計調書」ボタンが反転表示していて押すことができない。

Q5−15. FORUM8製品を起動しようとしても、製品名が載っている画像が一瞬表示されるだけで、メイン画面が立ち上がってこない。Windowsのタイトルバーに当該製品のボタンはある。

Q5−16. 「基礎の設計計算,杭基礎の設計」を起動し、基礎形式を選択すると “適合するライセンスが見つかりませんでした” というメッセージが表示される。

Q5−17. FORUM8製品で作成したデータを、当該製品のインストールフォルダにファイル保存しようとしたところ、エラーにより拒否される。マシンのOSはWindows7。

Q5−18. 例えば「UC-1 Engineer's Suite 橋台の設計」と「基礎の設計計算,杭基礎の設計」を連動させることはできるか。

Q5−19. 例えば「UC-1 Engineer's Suite 下部工基礎スイート」のライセンスがひとつあるとき、このうち「橋脚の設計」をマシンAで、「橋台の設計」をマシンBで使用することはできるか。

Q5−20. 計算書の印刷プレビュー画面のメニュー ファイル→ファイル出力 でファイル形式を*.pdfで出力しようとすると “有償機能” というメッセージが表示される。

Q5−21. 起動しようとしてもメイン画面が表示されない。タスクバーにも該当するプログラムのボタンは無い。タスクマネージャのプロセスには表示がある。

Q5−22. 作成した入力データファイルの保存場所がわからなくなった。

6.ホームページに関するQ&A 

Q6−1.ASPビューワー版を実行すると、「今のセキュリティーではactivXが動作せず表示が正常ではない」とのエラーメッセージが出るが?

Q6−2. ユーザ情報ページのダウンロードサービスには「FTP」と「HTTP」の2つがあるが、違いは?

Q6−3. FORUM8ファイル転送サービスで、ファイルをアップロードしている途中でエラーになり失敗する。

 
7.その他 
 

Q7−1.サポート窓口宛お問い合せデータを添付いただく際の留意点について

Q7−2.htmlファイルで保存したデータを修正するときの留意点は?

Q7−3.問合の質問を送ったにも関わらず、回答がこないが?

Q7−4.参考文献と計算式の数値が異なるのはなぜか?

Q7−5.インテル以外のCPU、例えばAMDのCPUなどに関しても動作上問題ないか?

Q7−6.出力時にタイトル、説明文等が横向きになる?

Q7−7.統合CD-ROMに記載の製品ごとのフォルダ名称などはどうすればわかるのか?

Q7−8.計算書をPDF形式ファイルで出力する方法。

Q7−9.計算ファイルをHTML出力しデータの利用として他のフォルダに移動すると図や表などの表示がされない。

Q7−10.Possible_Virusの検知について。

Q7−11.FORUM8製品は公的機関の認定を受けているのか。また信頼性、妥当性はどのように確認しているのか。

Q7−12. ローカルプロテクトキーでFORUM8製品を使用。購入当時とは別のPCで使用しても問題はないか。

Q7−13. メールで問い合わせたら、どのぐらいの時間で回答があるか。


Q7−14. 計算書のプレビュー画面で保存した *.ppf というファイルを開きたい。

Q7−15. 「UC-win/FRAME(3D)」でメニューなどが英語表記になっている。言語を切り替えることもできない。

Q7−16. FAX認証で使用している。サポート期限後は使用できなくなるのか。

Q7−17. FORUM8製品を使用するマシンを変更する際、何らかの手続き(FORUM8への連絡)が必要か。

Q7−18. 保守契約している製品の最新版のCD(DVD)が送られてきたが、パスワード発行書が同封されていない。

Q7−19. 「橋台の設計Ver.13」「橋脚の設計Ver.12」と「基礎の設計計算,杭基礎の設計Ver.11」「深礎フレームVer.8」が連動しない。

Q7−20. Windows7のPCで使用。FORUM8プログラムのインストールフォルダ内に作成したデータファイルを保存したところ、ファイルに鍵のマークが付き、取り出せなくなった。(「ファイルを開く」ダイアログで当該ファイルを見ることはできる。)

Q7−21. 下部工製品と基礎工製品を連動させようとしたときに表示されるエラーの対処法。

Q7−22. プロテクトキーが破損した。新しいものに交換できるか。

Q7−23. FORUM8製品(UC-1シリーズ)起動時に表示される画像の橋はどこの何という橋か。

Q7−24. 電話サポートの回数の上限は?

Q7−25. プロテクトキーを紛失したら再発行してもらえるのか。

Q7−26. ローカルライセンスがひとつある。複数のマシンにインストールして使用しても問題はないか。

Q7−27. ユーザー情報ページの「ダウンロードサービス」で同じ製品(バージョン)が複数掲載されていて、それぞれファイルをダウンロードできるようになっている。どれをダウンロードしたらよいか。(使用しているシリアルNo.に対応するものでなければならない?)

Q7−28. ユーザー情報ページのパスワード「接続用」「管理用」の違いは?

Q7−29. FORUM8のファイル転送サービスを利用できない。ファイル転送サービスのメール記載のダウンロードURLをクリックすると”このページは表示できません”と表示される。

8.問合支援ツールに関するQ&A 

Q8−1.問合支援ツールを使用したいが、プルダウンメニューでは反転していて選択できないが?

Q8−2.問合支援ツールはどこのフォルダへインストールしても良いか?

Q8−3.問合支援ツールのインストール後の簡単な操作方法は?

Q8−4.問合支援ツールで送った内容は、どのようにすれば再確認できるのか?

Q8−5.問合支援ツールは送信メールサーバー(SMTP)の設定をしないと利用できないのか?

Q8−6.問合支援ツールの設定(POP3,アカウント、パスワード)を行い送信しようとしたが、図のようなエラーが出て送信できないが?

Q8−7.メールアドレスを入力しているが 「アドレスが正しくありません」とエラーになるが?

Q8−8.[送信メールサーバー(SMTP):]に自社メールサーバを設定するが、エラーが出る。
入力にミスはないようだが何故か?

Q8−9.インターネットとの間にプロキシサーバがあるが、問題はないか?

Q8−10. 「問い合わせ支援ツール」で入力したサーバー情報はFORUM8に送られるのか。


上記以外のQ&Aは下記のQ&A履歴に含まれております。

Q&A履歴


1.インストールに関するFAQ(プロテクト関係も含む)  

Q1−1.

製品をファイルサーバなどの共有フォルダにインストールし、 他のPCからプログラムを起動したら正常に動作しない。
A1−1. 製品は必ず使用するマシン上でインストールプログラムを使用して、インストールしてください。
Windowsアプリケーションのインストールプログラムは、単にフォルダを作成してフ ァイルをコピーするプログラムではありません。
必要に応じてレジストリなどを変更し、場合によってはシステムDLLのアップデートを行うなどして、プログラムの動作環境を整えます。
 
Q1−2. ソフトを統合CD-ROMからインストールしようとすると、セットアップ開始時に 「ストリング変数が、足りません」とメッセージが出てその後、ハングアップするが どうすればいいのか?
A1−2. これはパソコンの内部の設定で問題になっていると思われます。
以下の手順で変更頂ければ問題は無くなると思われます。
マイコンピューター → コントロールパネル → 地域
ここの地域指定を「日本語」にして下さい。
 
Q1−3. 統合CD-ROM からソフトのインストールを行ったところ、プログラム開始時に、「プログラム開始エラー *****.EXEファイルは、欠落エクスポート***.****にリンクされています。 」とのエラーメッセージが出て、起動できない。どのように処理したらいいのか?
A1−3. ソフトインストール中に何らかの理由によりインストールが失敗しています。
一度マイコンピューター→コントロールパネル→アプリケーションの追加と削除によりソフトをアンインストールし、インストール下さい。

この際、以下の点に留意下さい。
@他のアプリケーションは終了しておく。
Aインストールガイド(画面での案内)に従い、確認しながらインストールを行う。
 むやみに「enter」キーを連打するとWindows側の作業でストップすることが有ります。
又他のメッセージでインストールが出来ない場合にも同じ方法で回避できる場合がありますので、まず@を実行してください。
ウイルス駆除ソフトなどが常駐したり起動している場合にもマシン側のリソースをかなり消費しておりsetupソフトが上手く起動できずエラーになることがあります。此の場合には、常駐ソフトなどを全て終了し、再度手順道理に作業を行ってください。

なお、一般的なインストールの際の注意点として
・旧版のソフトがインストールされている場合には、先にアンインストールを行っておく。
・データベース方式でデータを格納しているプログラム(UC-win/RCやFRAMEマネージャなど)では、先にデータをエクスポートしておく必要がある。
 
Q1−4. 統合CD-ROMからインストールしようとすると、
「EComponent EroorがモジュールCDMENU.EXEの00714AAで発生しました。このコントロールはバージョンが4.70以降のCOMCTL32.DLLを必要とします」
と出て作業が出来ないが?
A1−4. 本件は利用マシンにインストールされているCOMCTL32.DLLのバージョンが古いためMENU.EXEをご利用いただけないためのエラーです。
対策としては、

@エクスプローラーにて統合CD-ROM内部の必要なフォルダを選択し直接必要な作業を行って頂く。
A本件はご利用いただいている環境のIE(インターネットエクスプローラー)のバージョンを更新頂く。

以上により作業を行ってください。
 
Q1−5. 製品インストール後起動時にエラーメッセージ「クラスが登録されていません」とでるが?
A1−5. インストールフォルダ名称に起因するエラーメッセージで、OS側で出されているものです。
APインストール時にフォルダ名称を漢字を利用されたり、カナ半角文字と混在された場合に生じる場合があります。
恐れ入りますが、インストール時のフォルダ名称を任意に作成される際には「C:\Shindo」などの単純な名称のフォルダにして再度インストールしてお試し下さい。
なお、できますれば弊社ソフトインストール時のデフォルトの名称フォルダをご利用下さい。
 
Q1−6. データファイルは、製品バージョンによって読み込めないこともあるのか?
A1−6. 残念ながら製品間のバージョンにおいて、データ読み込みは上位互換にのみ対応しております。その為、バージョンの異なる新版データを旧バージョンの製品版では読むことは出来ません。
エラーメッセージを表示し、読み込め無い旨を警告致します。上下互換が出来ないのは製品機能強化の際に、データ形式に差が生じているためです。

旧バージョンをご使用で、新版データのやりとりをされる場合には、出来ますれば、ご利用のお客様の製品バージョンを更新して頂くことをお奨めします。

更新方法は、便利なNetUPDATEをご利用いただくことも会わせてお奨めいたします。
 
Q1−7. インストール後、製品起動等作業を行うと「BLOBは変更されています」となり、うまく利用が出来ないが?
A1−7. このエラーメッセージは、データベースエンジン(データベース管理部)が出しているエラーであり、何らかの理由により製品更新に失敗したか、旧バージョンに上書きインストールを行ったなどが考えられます。
データベースエンジンを利用しているプログラムにおいて生じる場合が在ります。
弊社プログラムではFRAME製品、UC-win/RC、調表出力ライブラリーがこれに該当致します。

エラーが生じた場合には、お手数ですが一度該当製品をアンインストール後、再度インストールを行ってください。
その際、最新版製品を弊社ホームページからダウンロード頂き、更新していただくことをお奨めいたします。
この方法にても問題が解決できない場合には、お手数ですがサポート窓口までご連絡下さい。
 
Q1−8. WINNTで製品をインストールしたら、上手く起動できない場合があるが?
A1−8. ご指摘の現象が発生する製品に関して、次の項目をご確認ください。

@製品のインストール方法
インストールは、どのユーザで行われているのでしょうかを確認してください。
例)Administrator、他のユーザ、使用するユーザ

A使用時のユーザ
インストールした後に、実際に使用しているユーザ(現象が発生するユーザ)を確認してください。
例は@と同様です。

WindowsNTの場合@、Aが異なる場合には、レジストリの書込/読込権限が異なり、アクセス違反になる場合があります。
例えば、Administratorでプログラムをインストールした場合には、他のユーザで使用する場合、レジストリの書込権限(読込権限は有り)がないため、プログラムがレジストリを書き込みにいく処理(通常、ほとんどのプログラムが書き込みます)がある場合には、エラーが発生します。

その為、エラーが発生することになります。
そこで、インストール時に使用される権限で、製品を起動、操作されることをお奨めいたします。
 
Q1−9. 【エラー421 セットアップは一時的なディレクトリにインストールサポートファイルSETUP.LIBをコピーすることができません。空き容量を確保して再度実行して下さい。】 とメッセージが出ますがどうすれば良いか?
A1−9. インストール作業がどの方法、手順でされているのか解りませんが、本メッセージはご使用のマシンの作業領域が空いていない場合に生じます。
ハードディスクの容量をご確認下さい。
マシン上のWindows作業領域に余裕がない場合には、インストール作業が出来ません。
また、インストール時に他のアプリケーションが起動している場合や、常駐ソフトが起動している場合にはこれらを終了し、再度インストール作業を御願いいたします。
 
Q1−10. アプリケーションを削除しようとしたが、上手く削除が出来ないが?
A1−10. 以下のようなメッセージが出されている場合には、製品インストールを管理している「インストールシールド」が、何らかの理由により、インストール時の情報と削除しようとした時のソフトの情報が異なるため、製品を削除できないことを示しています。
A1-10
メッセージは異なりますが「外部エラ−のため、外部DLLのロ−ドが呼び出せません」のメッセージが出る場合も同様です。

原因としては、
@旧バージョン製品を削除せず上書きインストールした。
A差分によるインストールに失敗した。
 ・最低バージョンを満たしていない環境で上書きをした。
 ・ダウンロードミスで壊れたファイルを上書きした。
等が考えられます。
この様な場合には、製品インストールフォルダに保存されているデータが有る場合には、データを全てコピーして移動した後、製品フォルダ毎削除して下さい。
エクスプローラなどで作業をされると簡単に削除出来ます。
その後、新版製品を弊社HPなどで入手いただき、更新作業をお願いいたします。
 
Q1−11. インストール時に「 Win32エラー。コード123 ファイル名、ディレクトリー名、またはボリュームラベルの構文が正しくありません。」と表示され、インストールが出来ないが?
A1−11. 本件は、OS側が出しているメッセージですが、

@新しいパソコンへのインストールの場合
プリンタードライバー、プリンターなしの状態でインストールを行った場合
この場合には、プリンターを接続されていなくともダミーで結構ですのでドライバーをインストールしプリンターポートをアクティブにしてください。

Aインストール時のフォルダ名称に起因する問題の場合。
大変お手数ですが、製品インストールフォルダにはデフォルト設定としていただくか、若しくは漢字や半角カナなどを混ぜた名称とされないよう御願いいたします。

一度製品をアプリケーションの追加と削除にて削除頂き、再インストールいただきますよう御願いいたします。

BAで改善されない場合には、一度ディスクチェックを行う。
<方法>
1.「マイコンピュータ」を開き、インストールするドライブで右クリックをする。
2.「(*:)のプロパティ」ダイアログが開く(*:はインストールドライブ)。
3.「ツール」タブに「エラーチェック」という項目がありますので「チェックする」を実行する。
 
Q1−12. 新しい統合CD-ROMが郵送されてきたが、NETUPDATEで製品更新をしたものとバージョンが同じ場合でも再インストールする必要があるか?
A1−12. 必要ありません。
基本的に、NetUPDATEでダウンロードする「差分ファイル」による製品更新ししていただいたものと、統合CD-ROMなどのメディアからの更新したものと何ら変わりません。
 
Q1−13. ルートディレクトリに誤ってインストールした為、製品を削除できなくなったが?
A1−13. 製品インストールの際、インストールフォルダを誤って変更されたために、製品のインストール先がルート上になってしまったことが原因です。
この際、複数製品を同時インストールされると、共通するファイルは上書きされてしまいアプリケーションの追加と削除ではうまく削除が出来なくなることがあります。
このような場合は、製品の削除方法としては、製品として格納するファイルをすべて削除していただくしかありません。
全製品の情報を記載できませんので、代表方法を記載します

@インストールに失敗した製品を再度デフォルト設定のままインストールする。
Aエクスプローラーにて格納されたフォルダ\Programfiles\FORUM8\製品名フォルダの中身を確認する。
B検索機能を利用して、「格納されたフォルダ\Programfiles\FORUM8\製品名フォルダ」以外のフォルダにある、Aの中身と同じファイルを探して削除する。
(フリーソフトの比較ツール等をご使用になりますと、簡単に構成ファイルを見つける事が出来ます。)
以上の方法でハード上の不要なファイルを削除して下さい。一部のDLLファイルについては上記方法では削除できず残ってしまいますが、ご理解いただきますよう御願いいたします。
 
Q1−14. 統合CD−ROM NO4(VOL27)で「D:\\image\ProductInstallMenu.jpg」「D:\\image\guid-on.jpg」等のエラーが表示され、自動起動メニューが使用できない。
A1−14. Windows98、Me環境で同種のエラーが発生いたします。ご迷惑をおかけして申し訳ありません。
下記を参考にセットアップを行うようにしてください。なお、CD-ROMをセットすると自動的にメニューが起動しますが、〔Shift〕キーを押しながらCD-ROMをセットすると、自動起動をキャンセル出来ます。なお、WindowsNT、2000、XPでは正常に起動します。

■ネットワーク環境が有る場合
他のパソコンのCD-ROMドライブをネットワークで共有し、ネットワークからCDメニュー(CDMenu.exe)を実行することで、メニューを起動することが出来ます。ただし、ネットワークドライブに割り当てると、エラーが発生しますので、割り当てないようにしてください。

■ネットワークが利用できない場合
UC-1とプロテクトドライバのインストールは、Disk2にある一括セットアップ(f8setup.exe)が利用出来ます。
また、エクスプローラ等でCD-ROM内を表示させ、製品個別フォルダ内の[setup.exe]を実行することで個別に製品インストールを行うことができますので、UC-win、その他プログラムは、製品のセットアップを個別に実行してください。製品のフォルダは、CD-ROMのルートにおいてある、’readme.txt’を参考にしてください。

■HDDに十分な空き容量が有る場合
CD-ROMの内容を、新しく作成したフォルダにコピーすることで、CDメニューを起動することが出来ます。
 
Q1−15. 製品ダウンロードに「差分ファイル」と「SetUPファイル」があるが、製品を最新版に更新するにはどちらをダウンロードすればいいのか?
A1−15. ■「差分ファイル」について
現在インストールされている製品バージョンがダウンロード欄に記載しております「最低バージョン」以上である場合にお使いいただけるものです。
《使用方法》
1.差分ファイルをダウンロード後、任意のフォルダ内でファイルを実行し、解凍します。
2.展開されたファイル一式を製品がインストールされているフォルダに上書きコピーします。
これでバージョンアップが完了です。

※最低バージョンを満たしていない製品を差分ファイルで更新した場合、製品起動に必要なファイルが不足するなどして製品が起動できない状態となりますので、必ずダウンロード欄に記載の「最低バージョン」をご確認ください。
インストールされている製品のバージョンは、製品メニュー「ヘルプ」-「バージョン情報」にてご確認いただけます。


■「Setupファイル」について
「差分ファイル」によるバージョンアップが不可の場合(現在インストールされている製品が「最低バージョン」未満の場合)や製品を新規にインストールまたは再インストールしていただく場合にお使いいただくものです。
《使用方法》
1.現在インストールされている製品をコントロールパネルの「アプリケーションの追加と削除」にてアンインストールします。
 製品によってはご使用のデータが削除されるものもありますので、アンインストール前には、データのバックアップをおとりください。
2.SetUPファイルをダウンロード後、任意のフォルダ内でファイルを実行し、解凍します。
3.展開されたファイル内の「SetUP.exe」を実行し、あとは画面の指示に従ってインストールを行ってください。


なお、弊社ホームページの[サポート]-[UC-Win]また[UC-1]ページにて「無償保守」として提供しているファイルは、製品インストール用の「SetUPファイル」ですので、こちらからダウンロードしたファイルを使用される場合は、上記「SetUPファイル」と同様の手順でインストールを行ってください。
 
Q1−16. Windows Vistaで製品CDのメニューよりインストールを試すが、うまくいかない。
A1−16. 弊社よりお送りした製品CDをWindows VistaのPCでご利用いただく場合、CDのメニューが正常に動作しない場合がございます。その場合は、以下の手順で製品をインストールいただきますようお願いいたします。
 1.製品CDを挿入したドライブを「右クリック」→「開く」を選択します。
 2.次にinstallフォルダを「右クリック」→「開く」を選択します。
 3.setup.exeを「右クリック」→「開く」を選択します。
 4.Install Shield Wizard が起動しましたら、画面の指示に従いインストールを完了させて下さい。
    
Q1−17 インストールの途中で
 「問題が発生したため、Windows Installerを終了します。」
というメッセージが表示され終了してしまう。
A1−17. インストールタイプの選択がある場合、インストール時のタイプとして「このユーザーのみ」を選択されたのであれば、「すべてのユーザー(全員)」を選択してみてください。「このユーザーのみ」ですと失敗するケースがあります。

「すべてのユーザー(全員)」を選択してインストールが中断するとき、あるいはインストールタイプの選択がなくてインストールが中断するときは、PDFファイルをご覧ください。次の2つについて手順をご説明しております。
 ■ Windowsインストーラーの修復
 ■ Windows Installer Service の再起動
まず「Windowsインストーラーの修復」を行い、インストールが行えるか確認をお願いいたします。
「Windowsインストーラーの修復」でも変わらないときは「Windows Installer Service の再起動」を行ってください。
 ※「Windows Installer Service の再起動」の説明の画像はWindows7のものですが、WindowsXPと基本的には同じです。
 ※説明文中に「擁壁の設計Ver.11」とありますが実際にインストールする製品に読み替えてください。
 
Q1−18 インストールしようとするとメッセージが表示されて中断する。
---------------
F8 仮設構台の設計 5 セットアップ
----------------
インストーラ情報
キーを作成できませんでした:\Software。そのキーへの十分なアクセスがあることを確認するか、またはサポート担当者に問い合わせてください。
----------------
A1−18. アプリケーションのインストールなど、システムに変更が加えられる操作を行うためには管理者(Administrator)の権限が必要です。
コントロールパネルの「ユーザーアカウント」で、現在マシンにログインしているアカウントの権限が「Administorator」になっているかお確かめください。「標準ユーザー」のときは、管理者の権限でマシンにログインし直してインストールを実行してください。
 
Q1−19 インストールしようとすると
 “インストールプログラムにはディレクトリ・・・アクセスするための特権が不足しています”
というメッセージが表示され先に進まない。
A1−19. ユーザーアカウントの権限の問題と考えられます。
アプリケーションのインストールなど、システムに変更が加えられる操作を行うためには管理者(Administrator)の権限が必要です。
コントロールパネルの「ユーザーアカウント」で、現在マシンにログインしているアカウントの権限が「Administorator」になっているかお確かめください。「標準ユーザー」のときは、管理者の権限でマシンにログインし直してインストールを実行してください。

または、次の操作によりインストールをお試しください。
1.FORUM8のCDを挿入し、CD/DVDドライブを右クリックメニューの「開く」で開き、さらに「install」フォルダを開く。
 あるいは、ユーザ情報ページからダウンロードした圧縮ファイルを解凍する。 
2.「install」フォルダの中の setup.exe 、あるいは解凍したファイルのうち setup.exe の右クリックメニューから「管理者として実行」をクリックする。

一部の製品(「土留め工の設計」など)はインストールウィザードで、インストールタイプとして次の2つから選ぶようになっています。
  このユーザーのみ
  すべてのユーザー(全員)
この選択肢があれば、すべてのユーザー(全員) でインストールを進めてみてください。
 
Q1−20 FORUM8の製品をインストールしようとすると “デジタル署名が無効・・・” というメッセージが表示され中断する。
-----------------
キャビネットファイル Data1.cab のデジタル署名が無効なため、必要なファイルをインストールできません。キャビネットファイルが壊れている可能性があります。エラー266がWinVerify Trustによって返されました。
------------------
A1−20. インストール時のcabファイルの電子署名が正しいものがどうかの判定に使うOSの持つルート証明書が古いためエラーが起きています。

WindowsXP以上のOSでは、まずWindowsUpdateを行い、OSを最新の状態にしてFORUM8製品インストールをお試しください。

【WindowsXP】
[コントロールパネル] - [プログラムの追加と削除] - [Windows コンポーネントの追加と削除] で「ルート証明書の更新」を有効にしてからWindowsUpdateを実行してください。

【Windows7】
 1.コントルールパネルを開いて、タイトルバー右下の入力ボックスに「ポリシー」と入力。
 2.「グループポリシーの編集」をクリック。
 3.「グループポリシーの設定」で「コンピュータの構成」→「Windowsの設定」→「セキュリティの設定」→「公開キーのポリシー」→「証明書パス検証の設定」を選択してダブルクリック。
 4.表示される「証明書パス検証の設定のプロパティ」の「ネットワークの取得」で「Microsoft証明書プログラムで証明書を自動更新する」にチェック。

WindowsUpdateを行ってもエラーになるときは下記手順でルート証明書をインストールしてください。

1.マイクロソフトのウェブサイト(下記URL)よりダウンロードしたrootsupd.exeを実行する
2.念のためマシンを再起動する
3.FORUM8製品のインストールを行う

http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=25249786-2b8e-4c51-8f4b-727ce25cc2c5&displaylang=ja&Hash=3sC2y%2fAZglU4l%2fcy1dZl8k0eo7tp93xTAdWGFbcaTuUDi%2bF4xkpa4njr9AKIcClsZXgRBsU%2bcWNpbSpq%2f5l34Q%3d%3d

 
Q1−21 インストールしようとしても、「他のセットアップインスタンスが既に実行されています」というメッセージが表示され、先に進まない。
A1−21. セットアッププログラムが既に実行されているときにさらに実行しようとするとこのメッセージが表示されます。
セットアッププログラムの終了を待つか、マシンを再起動してください。

 
Q1−22 インストールしようとしても、インストールウィザードには「変更」「修復」「削除」という選択肢しかなく、インストールすることができない。
A1−22. すでに目的のプログラムがインストールされているためです。
Windowsのスタートメニューに登録されていることをお確かめください。

 
Q1−23 Windows7のマシンで、FORUM8製品を最新版にするために差分ファイルをインストールフォルダに上書きしようとすると
 “アクセスが拒否されました”
というエラーが発生する。
A1−23. Windows7のユーザーアカウント制御(UAC)により Program Files への書き込みが制限されていることが原因と考えます。
ユーザーアカウント制御(UAC)についてマイクロソフト社のウェブサイトに説明がありますので、こちらを参考に設定を変更してください。

Microsoft Windows
ユーザー アカウント制御
 
Q1−24 Windows7のマシンでインストールしようとしたところ“互換性が無い”というメッセージが表示され中断した。
--------------------
このファイルのバージョンは、現在の実行中のWindowsのバージョンとは互換性がありません。コンピュータのシステム情報を確認してx86(32ビット)またはx64(64ビット)のどちらのバージョンのプログラムが必要であるかを確認してからソフトウェアの発行者に問い合わせてください。
---------------------
A1−24. Windows7のリリース以前に開発した製品の中には、このメッセージを表示してインストールすることができないものがあります。
(ただし、32bitのWindows7であればインストールできることもあります。)
おそれいりますが、別のOSのマシンでご使用いただくようお願いいたします。

 
Q1−25 製品をインストールしようとFORUM8のCDのメニューをクリックしても反応が無い。
A1−25. お手数をおかけしますが、ユーザ情報ページからセットアップファイルをダウンロードして、インストールいただくようお願いいたします。

ユーザ情報ページにはFORUM8ホームページ(トップページ)でログインします。
ログインするにはパスワードが必要です。パスワードはお名前を登録されている担当者のかたにお知らせしておりますので、ご確認ください。
パスワードが不明なときは営業窓口までお問い合わせください。

 
Q1−26 FORUM8製品をインストールしようとすると”管理者権限が必要”という内容のメッセージが表示され、中断する。
A1−26. インストールの際には管理者の権限が必要です。
Q1-19の回答をご参照ください。

 
Q1−27 製品のインストールが途中でストップして先に進まない。
A1−27. おそらく「問い合わせ支援ツール」のインストールウィザードが起動しているものと思われます。
Windowsのタスクバーに「問い合わせ支援ツール」のインストールウィザードのボタンがあるかご確認ください。
ボタンがあればこれを押して「問い合わせ支援ツール」のインストールウィザードを前面に表示させ、インストールの有無を選択して続行ください。

 
Q1−28 送られてきたCD(DVD)のメニューが表示されない(自動起動しない)。
A1−28. お手数をおかけしますが、当該CD(DVD)のドライブの右クリックメニューから「開く」を実行し、直接内容をご覧ください。
製品のセットアップファイルは「install」、RUSツールは「rus」というフォルダに格納されています。
Q1-25もご覧ください。

 
Q1−29 標準ユーザーの権限で製品をインストールして使用したい。
A1−29. 標準ユーザーでインストールしようとすると管理者(Administrator)のパスワードが要求されます。
アンインストールについても管理者(Administrator)のパスワードが求められます。
すなわち管理者の権限が必要です。
(インストール時にシステムのレジストリやWindowsのシステム領域に書き込みをしますので、管理者権限が必要となります。)
インストールすれば標準ユーザーでも使用できます。

 
Q1−30 製品をインストールしたが、デスクトップにショートカットが作成されていない。
A1−30. お手数をおかけしますが、ご自身でショートカットを作成いただくようお願いいたします。

(Windows7の場合)
Windowsのスタートメニュー→すべてのプログラム→FORUM8 とたどり、目的の製品の右クリックメニューで「コピー」し、デスクトップ上で「貼り付け」をしてください。

 
Q1−31 ユーザ情報ページからダウンロードした差分ファイルを使った更新について。「擁壁の設計」や「橋台の設計」などは、差分として「Prog」というフォルダがありその中にいくつかのファイルが入っているが、「Prog」フォルダごとインストールフォルダに上書きするのか、それとも「Prog」フォルダの中のファイルを取り出して上書きするのか。
A1−31. 「Prog」フォルダごと上書きしていただければ結構です。インストール先の変更があったファイルだけが置き換わり、他の変更のないファイルはそのまま残ります。

 
Q1−32 インストールしようとすると「指定された状態で使用するには無効なキーです」とメッセージが表示され中断する。
A1−32. この問題は8/11日のWindowsUpdate KB2918614をインストールされたPCで発生することがあります。
このUpdateによりセキュリティの強化が行われ、問題が発生しているようです。

対策として、下記の方法があります。
1.暗号化キーのキャッシュ(一時ファイル)を削除する
2.該当のWindows Updateをアンインストールする

1.の方法で改善される場合は2.の作業は必要ありません。

1.暗号化キーのキャッシュ(一時ファイル)を削除する
Windows XP :
C:\Documents and Settings\ユーザ名\Application Data\Microsoft\Crypto\RSA\

WindowsVista以降 :
C:\Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Microsoft\Crypto\RSA\

このフォルダはWindowsの暗号化機能の秘密鍵ファイルのキャッシュが格納されています。このファイルが破損すると
問い合わせのようなエラーが起きます。キャッシュ(一時ファイル)なので、必要時に再作成されるようです。

消すと問題が起きるかもしれないので、まずRSABak等にリネームして、再起動しインストールをします。
RSAフォルダが再作成されて下り、中身があればリネームしたRSABak等は削除しても構いません。

2.該当のWindows Updateをアンインストールする
  1. コントロールパネルを開きます
  2. 「プログラムのアンインストール」を選択します
  3.左側の一覧から「インストールされた更新プログラムを表示」をクリックします
  4.インストールされている Windows Update の一覧から 「KB2918614」 を選択します
  5.「アンインストール」を選択し、アンインストールを実行します
  6.PCを再起動します
  7.弊社製品のインストールを行います
  8.「KB2918614」をWindowsUpdate を実行し、再度「KB2918614」 を再インストールします

※Windowsの更新プログラムをアンインストールすることで、不具合が生じる可能性があります。アンインストールはお客様の責任の上で行ってください。

 
Q1−33 新しいバージョンをインストールした後も旧バージョンがそのまま残っているのだが、自動的に削除されないのか。
A1−33. 自動的に削除されることはありません。不要であればご自身でコントロールパネルの「プログラムと機能」でアンインストールしてください。

 
Q1−34 ユーザ情報ページからダウンロードした差分ファイル(圧縮ファイル)を、C:\ あるいは C:\Program Files(C:\Program Files (x86)) を指定して解凍しようとしたところ、“展開先フォルダを作成できません”というエラーメッセージが表示される。
A1−34. お手数をおかけしますが、いったんデスクトップなどを指定して解凍し、展開されたファイル(フォルダ)を目的の製品のインストールフォルダに上書きしてください。

 
Q1−35 FORUM8製品をインストールしようとすると “別のバージョンがインストールされている” 旨のメッセージが表示され中断する。
A1−35. 旧バージョンがインストールされている状態で新バージョンがインストールされようとすると、共存させることができないため、メッセージを表示して旧バージョンのアンインストールを促しています。
(たとえば「UC-BRIDGE」のVer.10.0.0がインストールされているときVer.10.0.2をインストールしようとするとメッセージが表示されます。Ver.9とVer.10は共存させることができます。)
旧バージョンをコントロールパネルでアンインストールしてから新バージョンをインストールしてください。

 
Q1−36 FORUM8ホームページ(ユーザ情報ページ)からダウンロードした圧縮ファイルを解凍しようとすると “有効なwin32アプリケーションではありません” というメッセージが表示され失敗する。
A1−36. FTPダウンロードが制限されている環境では正常にダウンロードできず、ファイル解凍時にエラーになることがあります。
ユーザ情報ページでファイルをダウンロードするときはFTPではなくHTTPダウンロードを行ってください。
ホームページ(サポートページ)は基本としてFTPダウンロードですので、ダウンロードしたいファイルを明記の上、サポート窓口までお問い合わせください。FORUM8ファイル転送サービスでご希望のファイルをお送りします。

 
Q1−37 FORUM8製品のインストール先に差分ファイルを上書きしようとしたが、上書き確認のメッセージが表示されず、更新もされていない。
A1−37. インストールフォルダ内にある差分ファイルをご確認ください。ファイル名が変わっていませんでしょうか(末尾に “(1)”などと番号が振られていませんか)。
このようなときは予めインストールフォルダにある更新対象ファイルの名前を変えておき、差分ファイルを保存してみてください。

 
Q1−38 RUSツールでパスワードを入力して最新版に更新したが、当該製品プログラムを起動すると旧版のままで、最新版になっていない。
A1−38. RUSツールでパスワードを入力してプロテクトキーにライセンスを登録するだけでは最新版を使用することはできません。セットアップファイルでインストールしてください。

 
Q1−39 新しいバージョン(例:Ver.1.1.0)をインストールする際、コントロールパネル「プログラムと機能」で旧バージョン(例:Ver.1.0.0)をアンインストールしておく必要はあるか。
A1−39. 事前にアンインストールしておいてください。
※2015.7.28現在、アンインストールすることなくインストール(上書きインストール)できる製品もあります。順次、上書きインストール可の製品をリリースしてまいります。

 
Q1−40 コントロールパネルからアンインストールしようとすると、ファイルが無い旨のメッセージが表示され、中断する。
A1−40. アンインストールしたい製品のセットアップファイルを実行すると「変更」「修復」「削除」の選択肢が表示されますので、「削除」を選択して、アンインストールをお試しください。
この方法でアンインストールできないときはサポート窓口までお問い合わせください。

 
Q1−41 インストールしようとすると "選択した機能は現在使用できないネットワークリソースにあります" というメッセージが表示される。
A1−41. 当該製品のアンインストールが正常に行われておらず、前回インストール時の情報が残っていることから、エラーになっているようです。
メッセージ中にある場所(前回インストールしたときと同じ場所と考えられます)にセットアップファイルを置き、インストールを実行してください。

 
Q1−42 下記メッセージが表示されインストールが中断する。
  “BDEが実行されています”
  “BDE Administratorを使って新しい設定を更新してください”
A1−42. 次の2点をお確かめいただき、改めてインストールを行ってください。
 ・他に起動しているアプリケーション(特にデータベースを使用するもの)を終了する
 ・管理者(Administrator)の権限で実行する

 
Q1−43 「調表出力ライブラリVer.2」をインストールしているにも関わらず、「設計調書」ボタンを押すと、”調表出力ライブラリがインストールされていないため設計調書作成モードに移行できない”とのメッセージが表示される。
A1−43. 「調表出力ライブラリVer.2」インストールが正常に行えていないと考えられます。いったんコントロールパネル(プログラムと機能)で「調表出力ライブラリVer.2」をアンインストールして、改めてインストールしてください。

 
Q1−44 CDからインストールしようとしているが、CDのメニューが表示されず、インストールすることができない。
A1−44. 使用しているPCによってはCDのメニューは自動で表示されません。このようなときはWindowsのエクスプローラーでCDの中身を直接参照し、該当するセットアップファイルをダブルクリックしてインストールしてください。

 
Q1−45 サブスクリプションサービスでは “自動更新” との説明があるが、 自動的に最新版がインストールされるということか。
A1−45. “自動更新” とは、ユーザー様からサブスクリプション契約解除のお申し出がない限りは契約が自動的に更新になるという意味です。
ご使用いただいている製品プログラムが自動的に最新版になるわけではございませんので、ご自身でユーザー情報ページから最新版をダウンロード、インストールしてください。

 
Q1−46 最新版を使用するには旧バージョンもインストールしておく必要があるか。
A1−46. 不要です。最新版だけをインストールしてください。

 
Q1−47 ユーザー情報ページやホームページからダウンロードした圧縮ファイル(*.EXE)を解凍すると、ファイルが散らばってしまう。
A1−47. 解凍実行時に表示される「展開先の指定」というダイアログで「書庫名でフォルダを作成」にチェックを付けて続行してください。これにより、圧縮ファイルと同じ名称のフォルダの中にまとめてファイルが展開されます。

2.ハードウェア、OS、メディアに関するFAQ  

Q2−1.

Windows環境でのトラブル対応
A2−1. Windowsの利用が広がるにつれ、インフォメーションセンタへの問い合わせも、Windowsの環境に起因したトラブルが増えています。
Windowsは使い勝手がよくなった反面、システムの構造や構成が DOSに比べかなり複雑化しているため、一旦トラブルが発生するとその現象だけから原因を調べるのはかなり難しくなります。そこで、 Windows環境でのトラブルの場合には、インフォメーションセンタへのお問い合わせの前に、下記項目をご確認の上ご連絡いただくと迅速かつ的確な対応につながります。
まず、Windows環境下ではトラブルの原因となったソフトウェアまたはハードウェアをある程度特定する事が必要です。具体的には、
 ・「ライト」などWindowsに添付されたAPを動かしてみる。
 ・他のAPをすべて終了させ、目的のAPだけを起動してみる。
 ・グラフィックドライバの解像度や色数を低く設定してみる。
 ・LAN やメモリを扱う特殊なデバイスドライバをはずしてみる。
といった方法で調査します。
また、パソコンネットなどで提供されているWindows のアップデート情報を入手し、Windows または使用ドライバを最新版にアップデートする。
ことで対策できる場合も多いようですのでお試しください。
 
Q2−2. Windows95/98/Meで製品使用中に頻繁にフリーズ現象がおこりますが何か原因があるのでしょうか?
A2−2. OSがWindows95/98/Meの場合、システムリソース不足に起因する現象と考えられます。
ご利用環境で(他のアプリケーションや常駐プログラムにより)、製品が必要とするだけのシステムリソースが確保できなくなりますと、ご指摘の現象が発生いたします。
対策としては まず他のアプリケーションや常駐プログラム等を全て終了していただき、使用する製品プログラムのみを起動させご利用下さい。また、常駐プログラム等を終了しても十分なリソースが確保できない時は、一度マシンを再起動し、他のプログラムを起動せずに製品プログラムのみを実行してみて下さい。
リソースについては、OS付属のリソースメーターをご利用頂くと現状での消費量などを確認いただくことが可能です。
リソースの不足はWin95,98,Me等のOSでの制約であるため、ご予算がお許しになるようでしたら、WinNTやWin2000などの、実装メモリによりリソース等が拡張されるOSのご利用をお奨めします。
 
Q2−3. 製品をインストールしたが、Veiwer版で起動し正規版で使用できないが?(ローカルキーを使用)
A2−3. いくつかの可能性が考えられます。以下の点をお試しください。
●最新のプロテクトドライバのインストール
 弊社ホームページ(http://www.forum8.co.jp/)の
  「ホーム」⇒「サポート」⇒「製品別サポート」⇒「プロテクトドライバ」⇒「ハードウェアキー対応プロテクトドライバ」より最新のプロテクトドライバをダウンロードし、インストールし起動をご確認ください。
  ・ハードウェアキー対応プロテクトドライバの場合:「Local_Driver740.EXE」
  ・USB対応プロテクトドライバの場合:「Driver4.102.5.22.exe」
●プロテクトキーの接続
 プリンタポート用プロテクトキーの場合、認識には微弱ではありますが、電力を必要とします。そのため、 連結個数やプリンタケーブルの長さにより認識できなくなります。
 [パソコン→プリンタケーブル→プロテクトキー]と接続されている場合、電力の供給はマシンからのみとなり、 プロテクトキー(プリンタケーブル)がプリンタに接続されており、プリンタの電源ONの場合は、プリンタ側からも電力が供給される状態となります。プリンタケーブルは短めのものをご利用いただき、可能でしたらプリンタに接続し、プリンタの電源をONにした状態でもお試しください。
 プロテクトキーが老朽化している場合、微少な電圧の差の影響を受けやすくなります。
  ※USBポート用プロテクトキーの場合は関係ありません。
●ライセンスの登録
 正しいライセンスが登録されているか確認し、未登録であれば以下の手順で登録してください
  1.プロテクトキー接続マシンで「RUSツール」を起動する。
  2.[次へ]を押してシリアル番号(No.19102)が表示されていることを確認する。
  3.[次へ]を押してパスワードを入力する。
  4.[更新内容]の表示が正しいことを確認して、[登録・更新]ボタンを押す。
 ※上記「RUSツール」は弊社ホームページ( http://www.forum8.co.jp/)からダウンロードいただけます。
 「ホーム」→「サポート」→「製品別サポート」→「総合環境支援ツール」→「RUSツール」→「ダウンロード」とおすすみください。
「rus40402s.exe」をダウンロード後、解凍し、展開されたファイルの中の「F8RUS.exe」
 を実行しますと、RUSツールが起動します。
●ハードウェアキーの種類の指定
 メニュー「ヘルプ」−「バージョン情報」−「ハードウェアキーの選択」でご使用のハードウェアキーを選択してください。
  ・プリンタポート用プロテクトキーの場合・・・ローカルキー(LPT)
  ・USBポート用プロテクトキーの場合・・・ローカルキー(USB)
 
Q2−4. 下部工製品と基礎製品をインストールしましたが、エラーが発生し、うまく連動できません。
A2−4. 連動ができない第一の原因として製品のバージョンが古いことが挙げられます。まずはそれぞれの製品を最新バージョンに更新し、連動をお試しください。
最新版は、弊社ホームページ(http://www.forum8.co.jp/)の「ユーザ情報ページ」からダウンロードいただけます。
なお、「ユーザ情報ページ」にログインするにはユーザIDとパスワードの入力が必要です。ユーザID、パスワードが分からない場合は、ご担当の営業窓口までお問い合わせください。

最新版をご利用いただきましても連動ができない場合は、以下についてご確認いただきますようお願いいたします。
■プロテクトキーの設定
 基礎プログラムがViewer版になっている場合は、連動させることはできません。
 基礎製品を単独起動し、メインメニューの「ヘルプ」−「バージョン情報」−「ハードウェアキーの選択」で、ご利用のプロテクトキーのタイプに応じた設定をお願いいたします。
 ※「杭基礎の設計/基礎の設計計算」は、メインメニューの「オプション」−「動作環境の設定」画面で『ハードウェアキーの設定=自動的に切り替える』を選択することにより、使用されている機能に応じてライセンスを自動的に選択します。
■「F8 Com Server」のインストール
 連動に必要な「F8 Com Server」をインストールされているか、ご確認ください。
 コントロールパネルの「プログラムの追加と削除」のインストールされているプログラム一覧に「F8 Com Server」の名称がありませんでしたら、インストールされていません。その場合は、こちらからセットアップファイルをダウンロードし、インストールをお願いいたします。
  http://www.forum8.co.jp/download/f8com-down.htm
■連動対象選択
 下部工製品の連動対象選択にご注意ください。下部工製品のメインメニューの「オプション」−「動作環境の設定」で「連動対象選択画面を表示する」にチェックを付けておきますと、連動時に連動させたい杭基礎プログラムのバージョンが指定できます。
■新規連動が可能か
 次の手順で新規連動が可能であるかをご確認ください。
  1.下部工製品を新規作成で起動します。
  2.「初期入力」画面の「基礎形式」において、「杭基礎」を選択します。
  3.「基礎」−「基礎の扱い」で「他のプログラムと連動する」を選択し「確定」を押下します。
  4.「連動対象の選択」ウィンドウで、連動させたい「杭基礎の設計」のバージョンをお選びください。
 最新版をインストールしているにも関わらず上記の手順で新規連動を開始できない、または該当する製品名がグレー表示の場合、製品のインストールに失敗している可能性があります。
 一度すべての製品を再インストールしてご確認ください。

■「橋脚の設計」の場合の新規連動方法につきましては下記をご確認ください。

 1.「橋脚の設計Ver.5」を新規作成で起動します。
 2.「初期入力」画面の「基礎形式」において、「杭基礎(連動)」または「杭基礎2.5次元解析(連動)」を選択します。
 3.「初期入力」画面の「連動対象の選択」において、連動させたい「基礎の設計計算、杭基礎の設計」のバージョンを選択し「詳細設定」を押下します。

※2.で「杭基礎(連動)」または「杭基礎2.5次元解析(連動)」を選択するとすぐその下に「連動対象」が表示されます
これ以外を選択した場合は、「連動対象」は表示されません
※3.で「詳細設定」を押すと2.で指定したバージョンの基礎プログラムが起動します
 
Q2−5. 製品をインストールし起動したところ、「この製品は有償バージョンアップとなっています。ライセンスの更新手続きを行ってください。」と表示されるが?
A2−5. インストールした製品は有償バージョンアップ製品となっており、その製品をご使用いただくにはプロテクトに登録されているライセンスの追加登録が必要です。
保守契約をご利用いただいている場合、製品CDと伴にプロテクトのライセンス追加登録のためのパスワード発行書が送られてきますので、その情報と「RUSツール」を使用してライセンスの追加登録を行ってください。
ライセンスの追加登録の手順は以下の通りです。
◆ライセンスの登録
 1.プロテクトキー接続マシンで「RUSツール」を起動する。
 2.[次へ]を押してシリアル番号が表示されていることを確認する。
 3.[次へ]を押してパスワードを入力する。
 4.[更新内容]の表示が正しいことを確認して、[登録・更新]ボタンを押す。
※上記「RUSツール」は弊社ホームページ( http://www.forum8.co.jp/)からダウンロードいただけます。
「ホーム」→「サポート」→「製品別サポート」→「総合環境支援ツール」→「RUSツール」→「ダウンロード」とおすすみください。
「rus40402s.exe」をダウンロード後、解凍し、展開されたファイルの中の「F8RUS.exe」を実行しますと、RUSツールが起動します。
 
Q2−6. Windows 7におけるフォーラムエイト製品の動作情報を知りたい。
A2−6. こちらをご覧下さい。Windows 7 の製品動作確認について
 
Q2−7. Windows8 Preview版におけるフォーラムエイト製品の動作情報を知りたい。
A2−7. こちらをご覧下さい。Windows 8 Preview版 動作確認結果
 
Q2−8. インストール時にウィルスが検知された
A2−8. 「ラーメン橋脚の設計計算、RC下部工の設計計算」「落橋防止システムの設計計算」について、一部のウィルスチェックソフトで、「RhSplash.dl」l、「RCSplash.dll」(以上、ラーメン橋脚の設計計算、RC下部工の設計計算)、「BFSplash.dll」(落橋防止システムの設計計算)からウィルスが検知されたと報告されるケースが発生しました。
本件につきましては、開発元に確認をお願いして、「RC下部工の設計計算、ラーメン橋脚の設計計算」については2012年10月9日、「落橋防止システムの設計計算」については2012年10月13日に誤検知に対する修正を行っていただいております。
 
Q2−9. 現象1: 起動しようとしても、タイトル画像が表示されたままで、フリーズした状態になる(メイン画面が立ち上がってこない)。
現象2: 起動はするが、「初期入力」画面でデータを入力・確定するとモジュールエラーが発生する。
A2−9. 原因はいろいろ考えられますが、特に3D表示機能を搭載した製品については、使用するマシンに十分な描画性能が備わっていませんと、起動しない、あるいはエラーが発生することがあります。
これが原因の場合の対処法としてはハードウェアアクセラレータの設定の変更があります。
ここではWindows7とWindowsXPについて設定の変更方法を説明します。

Windows7:
1.コントロールパネル(すべてのコントロールパネル項目)→ディスプレイ→解像度の調整→詳細設定→トラブルシューティング と進みます。
2.「設定の変更」ボタンを押して表示される画面で「ハードウェアアクセラレータ」の設定を、「最大」から「なし」におとします。
 ※「設定の変更」ボタンが押せないときは、おそらく使用されているマシンのグラフィックカードの名称を表示したタブがあるかと思いますので(例:GeForce 7600 GS)、そちらから設定の変更を行ってください。
 ※例に挙げたNVIDIA社の GeForce 7600 GS の場合、NVIDIA Control Panel の 3D Settings(Adjust Image Settings with Preview) で Quality から Performance 方向へ移動させます。
3.FORUM8製品が正常に起動するか確認します。

WindowsXP:
1.デスクトップ画面右クリックから「プロパティ」を選択し、画面プロパティを開きます。
2.[画面のプロパティ]−[設定]タブから「詳細設定」を押します。
3.[トラブルシューティング]タブで「ハードウェアアクセラレータ」の設定を、「最大」から「なし」におとします。
4.FORUM8製品が正常に起動するか確認します。

ハードウェアアクセラレータの設定を変更することにより起動するようになったのであれば、グラフィックドライバに原因がある可能性が高いため、お使いのマシン機種のメーカーまたはグラフィックカードのメーカーのホームページより最新のグラフィックドライバを入手し、更新されることをお勧めします。

 
Q2−10. FORUM8製品は64bitのOSに対応しているか。
A2−10. 弊社製品は32bitアプリケーションですので64bitOSには対応していません。ただし64bitOS上でも32bitモードで動作します。
 
Q2−11. Windows7のXPモードで使用することはできるか。
A2−11. FORUM8製品はXPモードでの使用を想定していないため、動作確認は行っておりません。
参考までに、USBプロテクトキーは Windows7またはXPモードどちらか排他的になるため、ある製品はWindows7、ある製品はXPモードといった使い方はできないようです。
 
Q2−12. FORUM8製品のメイン画面のメニューが文字化け(???表示)してしまった。対処法は?
A2−12. 原因は次の2つが考えられます。


1.フォントキャッシュが破損している

Windowsのフォントキャッシュが一部破損している可能性が考えられます。
Microsoft社のサポート情報にあります「フォント キャッシュを削除して、再構築するには」の手順をお試しください。

Microsoftサポート
特定のフォントが、フォント一覧に表示されない場合の対処方法 (Windows XP の場合)


2.言語設定、システムロケールが「日本」でない

使用されているOSは日本語OSでしょうか。
日本語OSの場合、言語設定、システムロケールが「日本」以外に設定されていないかご確認ください。
その際、下記の方法でご変更ください。

[コントロールパネル]−[時計、言語、および地域]−[地域と言語]で
 ・[形式]タブ−[形式]
 ・[場所]タブ−[現在の場所]
 ・[管理]タブ−[システムロケールの変更]ボタン−[現在のシステムロケール]
の3カ所を「日本語」・「日本」から「英語(米国)」・「米国」等に変更して再起動し、「日本」に戻し再起動する。
(複数のユーザーを登録している場合、ユーザー毎にログインして、それぞれのユーザーで設定する必要がある。)

英語OSを使用されている場合、Windows「言語パック」をインストールすることで英語OSでも日本語を正しく表示出来るようになります。
但し、この機能を使用するにはWindows 7 UltimateまたはEnterpriseが必要となります。ご了承ください。

なお、弊社のUC-1製品は、日本語環境での使用のみのサポートとなり、それ以外の場合は正常に動作しないことがあります。
 
Q2−13. 新たにユーザーアカウントを追加してFORUM8製品を起動しようとしたところ
  “選択した機能は現在使用できないネットワークリソースにあります。”
というメッセージが表示され、 起動しない。
A2−13. 権限の問題と考えられます。
追加したアカウントに管理者の権限を与えるか、当該製品の再インストールをしてください。再インストールの際にインストールタイプ(全てのユーザー/このユーザーのみ)の選択があるときは「全てのユーザー」を選んでください。

 
Q2−14. OSには”Home”や”Professional”といったエディションがあるが、FORUM8製品を使用する上で推奨されるエディションはあるか。
A2−14. エディションは問いません。

 
Q2−15. Mac OSに仮想化ソフトをインストールしてWindowsを動作させ、FORUM8製品を使用したい。
A2−15. 仮想PCでの使用は動作保証外となっております。
おそれいりますが、ユーザー様のご判断にてご利用いただきますようお願いいたします。

関連Q&A
Q2−11. Windows7のXPモードで使用することはできるか。

 
Q2−16. Windows10のPCで使用することはできるか。
A2−16. 現在販売中の最新の製品についてはWindows10で動作することを確認しております。
こちらもご覧ください。
 → Windows 10 ビルド版 動作確認結果

3.ダウンロードに関するQ&A  

Q3−1.

差分ファイルを解凍・上書きしたプログラムを実行しようとすると、アプリケーションエラー「ExceptionがモジュールUC1SHINDO.EXEの0000C501で発生しました。」となったが?
A3−1. 以下のようなメッセージも出ているかとおもいます。
「このアプリケーションの実行に必要なライブラリファイルのうち1つが見つかりません。UC1Connection.DLL」
これは解凍がうまくいっていないためこの様なメッセージを出しています。
プログラムの差分によって異なりますが、一つの差分ファイルに沢山のファイルが圧縮されている場合、どこか解凍用のフォルダを作って解凍し、 中身を製品フォルダに上書きした方が問題無く作業を行えます。

この様にうまく動かないときは解凍し直す(ダウンロードファイルを再度実行する)ことで大体の場合成功します。
BADファイル(5)等、他のメッセージの場合には、ダウンロードミスが考えられますので再度ダウンロードを行っていただきますよう御願いいたします。
 
Q3−2. 差分やVIEWER版のダウンロードが異様に遅く画面に90分と出るが?わずか1.4MBのファイルでなぜか?
A3−2. @弊社のホームページが込み合っている
Aお客様のご利用されているプロバイダーが混雑している
Bご利用の電話回線、モデムの速度が遅い

等が考えられます。@Aの際にはお時間をずらして頂き再度アクセス頂ければ改善されますので、ご確認ください。
 
Q3−3. ダウンロードしたが、製品が前のままだが?
A3−3. ダウンロードされただけでは製品のバージョンは以前のままです。
以下の作業を行ってください。

@差分ファイルのダウンロードを行ったとき、
まずホームページからダウンロードする際に、ファイルの保存先として指定した場所に格納されている差分ファイル(自己解凍形式*.EXE)を解凍します。
差分ファイルの存在場所はなるべく、プログラム格納フォルダ外にしてください。何らかの不具合による差分ファイルの破損や解凍ミスなどでプログラムを直接上書きする事を防ぐためです。
解凍作業は単純に*.EXEファイルを実行する作業(エクスプローラーなどで選択するかマウスでファイルを指定しダブルクリック)です。その後解凍されたファイルをプログラム格納フォルダに上書き下さい。
以上で完了です。製品のhelpを確認しバージョンが更新されているかどうかを確認下さい。

AVIEWER版のダウンロードを行ったとき、
差分を使用せず一挙にプログラムを新しくする場合や差分を提供していないプログラムの際にこの作業を行います。弊社から差分ファイルを提供していないプログラムにはデータベース方式を採用しているプログラムがあり、これらは事前にデータを保存(エクスポート)しておかないと、旧バージョンプログラムと伴に削除されてしまいますので必ずデータの保存作業を行った後作業を実施してください。
マイコンピュータ→アプリケーションの追加と削除により(アンインストールシールドを使用し)旧バージョンプログラムをアンインストール下さい。
基本的な解凍作業は@に準じ、解凍してください。解凍先にできたsetup.exeをエクスプローラーなどで選択しインストール作業を行ってください。
後の作業は統合CD-ROMなどからインストールされる作業と同じです。
 
Q3−4. 問題なく計算出来ていたプログラムを差分ファイルのダウンロードによりUpデートしたら既存データでも設計が出来なかったり読み込めなくなったが?
A3−4. ご使用の既インストールプログラムのバージョンが解りませんが、まず差分ファイル使用時には以下をご確認下さい。

@使用ソフトのバージョン  
  help→バージョン情報に記載されているバージョンを確認。

A弊社差分ダウンロードサイトに記載している最低バージョンを確認差分によるUpデートにはこの最低バージョンがマシンにインストールされていることが前提です。

BAの条件を満たしておれば 差分ファイルのダウンロード
  この際ファイルを「●このプログラムをディスクに保存する」を選択し、任意のフォルダへ保存下さい。

C差分ファイル*****.EXEを格納フォルダで選択し解凍した後、プログラムが格納されているフォルダへ上書きする。

是により最新版へUpデートが完了します。この作業の段階でAの確認作業を行わずインストール済みのバージョンが古いまま上書きを行った場合に、製品の挙動がおかしくなり起動できなくなったり、既保存ファイルの設計が出来ない様な現象になります。
ホームページからのダウンロードの際には最低バージョンをまずご確認いただきご利用ください。

またホームページに公開しておりますNetUPDATEはこの最低バージョンを確認してUpデートを行いますので、この様な現象は生じません。ただし、ご利用の環境の製品が、古く差分で作業が出来ない場合には、VIEWER版のダウンロード同様setupが必要となります。
 
Q3−5. 差分ファイルをダウンロードし解凍すると「setup.dllを上書きしますか」と表示されるが?
A3−5. ダウンロードされた差分ファイルの保存フォルダを同じフォルダにされ、それらファイルの解凍先を共有しておられることが原因です。
同じフォルダに異なる製品の差分ファイルをダウンロードし、同時に解凍されたりすると、既に解凍されているプログラムのsetup.dllなどを上書きする場合があります。
一度に作業を行う際には解凍時には作業フォルダを考えて作業頂ければ良いと存じます。
また、作業フォルダ内を削除して転用されている場合には、エクスプローラーなどのファイル表示設定(表示→フォルダオプション→表示など)において、
「隠しファイルとシステムファイルを表示しない」
という設定のままで削除が出来ていないことも考えられます。
 
Q3−6. 製品ダウンロードの手順を簡単に説明してほしい?
A3−6. 弊社ホームページよりダウンロード頂く方法は差分サイト、ビュワー版サイトの2種がありますが、基本操作は同じ手順でダウンロードいただくことになりますので、以下ビュワー版サイトでの作業を記載致します。
以下に簡単ですがダウンロードの方法をご説明致します。
 
@ご利用環境でインターネットに接続頂く。
A弊社FORUM8サイトに接続する ブラウザソフトのアドレス覧に「http://www.forum8.co.jp」と入力下さい。
A表示される弊社メイン画面の左フレームから「サポート」を左クリック
BTech画面が表示され「製品別サポート」を左クリックし、ダウンロードを行なう製品シリーズを左クリック。
Cシリーズ製品の一覧表が表示され、ダウンロードを行なう製品の「VIEWER版」(「ダウンロード」)を左クリック

此処までの作業でダウンロードサイトの製品部が開きます。
 
D製品に必要なファイルが表示されますので全てのexeプログラムをダウンロード頂きます。
E此処のファイルを同時にダウンロード可能ですが1つづつクリック下さい。
Fクリックすると「ファイルのダウンロード」窓が表示されますので、●このプログラムをディスクに保存する(s)を選択し「OK」ボタンを押します。
G名前を付けて保存 画面が開きますのでお好みの任意なフォルダを指定し保存として下さい。是にて選択フォルダへファイルがダウンロードされます
Iこのダウンロードしたファイルを任意フォルダ上でダブルクリックし、任意の解凍フォルダをして「OK」をクリックすると自動で解凍されます。
Jそこで解凍されたSetup.exeファイルを選択すると製品インストールが始まります。

※インストール前にアプリケーションの追加と削除により利用されている旧製品を削除しておき上書きインストールをしないように御願いいたします。
尚製品によっては予めデータファイルをエクスポートする必要がありますが、(FRAME製品、UC-winシリーズ)一般的にはフォルダ内のデータファイルは削除されませんので特定製品のみご確認頂き作業を御願いいたします。
 
Q3−7. NetUPDATEとダウンロードサイトの利用によるバージョンアップにはどのような差があるのか?
A3−7. 現在のNetUPDATEでダウンロードしていただくファイル形式は、当初ご用意していた*.CAB形式ファイル形式だけから変更し、差分サイトやビュワー版ダウンロードサイトにてご提供している製品ファイルと同じ物もダウンロードが可能です。その為、ファイルそのものは全く同じものとお考え下さい。

NetUPDATEを御利用いただく利便性としましては、以下の4つが主に挙げられます。

(1)
ダウンロード後、自動で製品を更新する事が出来る。
差分ファイルで提供してる製品については、最低バージョンを満たした環境で在れば自動で製品を更新する事が可能です。
差分サイトやビュワー版サイトを利用の際には、プログラムをダウンロードし、自己解凍させた後、差分ファイルの上書き作業等を必要としますが、NetUPDATEにおいてはこの作業を自動で行うことが可能です。
また、ファイルダウンロード時にしばしばファイルの転送に失敗する場合(原因としましては、プロバイダーや回線の混雑に起因するものなど)が在り、製品更新に失敗したとのお問い合せをサポート窓口へ寄せられる場合がありますが、NetUPDATEではファイルの比較機能を有しておりますので、この様な場合にはエラーを返し製品更新を行いません。
その為、不用意な失敗を防ぐことが可能です。 

(2)
製品の上書きインストールによる起動エラーを防ぐことが出来る。
ダウンロード時に差分提供してない場合にも、誤って上書きインストールする事は在りません。
差分提供を行っていないプログラムバージョンの際には、ホームページ差分サイトのプログラム部には「ダウロード」と記載しておりますが、この場合には、製品ダウンロードを行いますが、ダウンロード後自動で製品を更新せずメッセージを返します。
その為、誤った更新をしてしまうことを防ぐことが可能です。

(3)
一斉製品ダウンロードが可能です。

(4)
時間設定をして戴くことにより、定期的にプログラム更新が可能です。

詳しくは、NetUPDATEのhelpをご確認頂けると幸ですが、本製品をご利用いただき自動製品更新にお役立て頂けると幸です。
 
Q3−8. 差分サイトに記載の最低バージョンを持っていない際にはどうすれば最新版の製品に出来るのか?
A3−8. 弊社ホームページにて提供しております差分ファイルは、ホームページの差分サイトに記載の最低バージョンがご利用環境下にあることを前提としております。
一般的な最低バージョン製品は、弊社から保守DISKとしてお送りしている統合CD-ROMに記載のバージョンですが、製品更新の際に、大規模な改訂をした場合には、その版を最低バージョンとします。その為、ホームページ上の最低バージョンが統合CD-ROMと異なる場合が御座います。
その際には、以下の方法で製品を入手し、最新版にて設計いただきますよう御願いいたします。
ただし、何れの製品に於いてもデータの保全については、製品毎にデータ管理に差異がありますので、必ずデータをバックup(ファイル化する、異なるフォルダへコピー保存する)する事をお奨め致します。

@NETUPDATE ver.1.10から追加された「一括ダウンロード機能」を使用する
この方法にて旧版のアンインストールと新版のインストールを行ってください。

ダウンロード可能製品タブに製品一覧があります。
ここで、ダウンロードしたい製品名称のチェックボックス□にレ点を入れて、アップデート開始ボタンを押すと、自動的にダウンロードします。
製品をアップデートするときは、NETUPDATE の「設定→拡張機能→製品ダウンロード」でインストール先やファイル解凍方法を指定する事が可能です。

是により製品のインストールが可能となりますのでこの機能をご使用下さい。

Aホームページよりダウンロードをする場合
当社ホームページにアクセス頂き「サポート」→「製品別サポート」→「ダウンロードする製品シリーズ」→「シリーズ製品一覧」からご希望の製品をダウンロードして頂き、任意フォルダ上で製品を自己解凍させた後、Setup.exeを選択しインストール下さい。この際 アプリケーションの追加と削除にて旧版をアンインストールいただいてから作業を行ってください。
 
Q3−9. ダウンロードを行なうと、特定ファイルやサイトだけが表示が出来ず、ダウンロードが出来ないが?
A3−9. サイトの混み具合やタイミングにより、上手くダウンロードが出来ずエラーメッセージを返す場合があります。
この場合には、再度時間を変更して、アクセスしてみていただけませんでしょうか。
希にホームページ接続後、サイトが英語表示になったりする場合があるようですが、これは弊社が利用しているサイト設置プロバイダー側とのアクセスの問題のようです。
ブラウザソフトの「更新」ボタン等で再表示させていただくことにより、正常に表示されます。
上記方法で改善できない場合には、御利用されようとしたリンク部やファイル名称等をサポート窓口までお教え戴けませんでしょうか。
 
Q3−10. ダウンロードサイトには、製品毎に複数のダウンロードファイルがあるが全て必要なのか?
A3−10. 全てのファイルが必要です。
製品によっては20数個のファイルになりますが、差分ファイルサイト及びVIEWER版サイトからダウンロード頂く場合には、全ファイルをもって製品を構成しておりますので、お手数ですが全てをダウンロード下さい。
なお、ホームページサイトからでは、各々のファイルのダウンロードを指定することが必要ですが、NetUPDATEをご使用になるとその設定が省略できます。Q3−8を併せてご参考下さい。
   
Q3−11. ユーザ情報ページから「F8出力編集ツール」をダウンロードしようとすると“セキュリティの警告”のメッセージが表示される。
A3−11. 「F8出力編集ツール」につきましては無償ツールの扱いとしており、SSLで保護しない設定にしております。
そのため、“セキュリティの警告”確認ダイアログの表示の際には「いいえ」をお選びいただきませんと、ダウンロードができないようになっております。
わかりにくくなっており恐縮ですが、このダイアログが表示された際には「いいえ」をお選びいただくようお願いいたします。

 
Q3−12. FORUM8ホームページの「サポート」から操作ガイダンスやツール類をダウンロードすることができない。
A3−12. FTP接続が制限されている環境ではダウンロードすることができません。
お望みのファイルの名称を添えて、サポート窓口までお問い合わせください。
なお、ユーザ情報ページのダウンロードサービスは、FTP接続が制限されている環境を配慮し、HTTPダウンロードをご用意しております。

 
Q3−13. ユーザ情報ページからセットアップファイル、差分ファイルをダウンロードしようとすると "ダウンロードしたユーザーの人数が少ないため ..." というメッセージが表示されるのだが、問題はないか。
A3−13. InternetExplorer のSmartScreenフィルター機能が発するメッセージです。
問題はありませんので、ダウンロードを続行してください。

 
Q3−14. FORUM8ホームページ(ユーザ情報ページ)からファイルをダウンロードしようとすると、セキュリティソフトが警告が発するのだが、問題はないか。
A3−14. 使用されているセキュリティソフトでファイルのダウンロードを制限する設定になっていると考えられます。
公開しているファイルの安全性に問題はないと考えますが、どうしてもダウンロードできないときは、ご希望があればFORUM8ファイル転送サービスで送付しますので、サポート窓口までお問い合わせください。

 
Q3−15. ユーザー情報ページのダウンロードサービスは、サポート期限時にリリースされていたバージョンをダウンロードできるようになっていないのか。
A3−15. ダウンロードサービスは現時点の最新版だけを公開しております。サポート期限が過ぎてサポートが終了した製品のダウンロードサービスは停止となります。

 
Q3−16. ユーザー情報ページからダウンロードしたセットアップファイル(差分ファイル)をダブルクリックして解凍しようとすると “Bad table” と表示されて失敗する。
A3−16. ネットワークの混雑などが原因でダウンロードに失敗しファイルが破損していると考えられます。
しばらく時間をおいて改めてダウンロードいただくようお願いいたします。

4.バージョンアップセンターでの購入に関するQ&A  

Q4−1.

プログラムをネット販売でバージョンアップ購入しましたが、どうすれば製品として使用できるのか?
A4−1. 弊社ホームページオーダーサイト「バージョンアップセンター」にてバージョンupを頂いた場合には、こちらから新しいプロテクト(ハードウェアキー)をお送りするのではなく、お客様ご所有のプロテクトに、弊社から発行させて戴いたパスワードを、お客様ご自身で書き込んでいただく形を取っております。

その作業手順は、

@パスワードの発行
製品購入と同時にお送りしております 『パスワード発行書』を、記載の弊社FAX番号宛お送りいただく必要が御座います。
お送りいただいていない場合には、まずこの発行書をご確認いただきFAX下さい。
此方で受入後、、パスワードを発行いたします。

Aパスワードのプロテクトへの書き込み
パッケージと伴にお送りしている統合版CD−ROMに御座います「RUSツール(リモートupデートツール)」を使用して、プロテクトにライセンスを書き込むことが可能です。製品を使用する為には、この作業をしていただく必要があります。

ご所有の統合CD-ROMを起動し、画面中のプロテクトツールからRUSツールを起動ください。
この時、「README」を選択いただくか、ご送付の「導入の手引き」をご確認いただくと詳しい作業手順をご確認頂くことが可能です。
※もしこの作業にてプロテクトに書き込みが出来ない場合には、その旨をお書き添えいただき、サポート窓口までFAX若しくはメールにてご連絡頂きます様御願いいたします。

以上の作業で、ライセンスをプロテクトに書き込み、製品を起動して下さい。
このとき、プロテクトの情報が認識されない場合には まず help→バージョン情報にて製品のプロテクトに応じた「ローカル」か「ネットワーク」に変更いただき、製品として起動することをご確認下さい。
    
Q4−2. 購入を申し込んだところ、プロテクトキーは届いたが、CDが同梱されていなかった。
A4−2. FORUM8製品の初回購入時に限り、セットアップファイルなどを収録したCDをお送りしております。ご了承ください。
セットアップファイルはユーザ情報ページからダウンロードしていただくようお願いいたします。
 ※ユーザ情報ページにはFORUM8ホームページ(トップページ)でログインしてください。ログインする際にパスワードが必要です。パスワードをご存じでないときは担当営業までお問い合わせください。

5.製品の操作に関するFAQ  

Q5−1.

データの保存先をFDやMOドライブにすると、上手くいかない場合があるが?
A5−1. @FDやMO-DISKの残容量をお確かめ下さい
特にFDでは、1.44MB(1.25MB)の容量しか有りませんので、弊社ソフトでも結果ファイルを同時に保存するプログラムではその容量が足りない場合や、既に残容量が少ない場合には、保存が出来ないため、上手く作業が出来ません。
またフォーマットされていない場合や、マシンのドライブによっては認識できないフォーマット等が有りますのでご確認下さい。

AWrite Protectはかかっていませんか?
これらDISK媒体は書き込み禁止に設定することが可能です。
この設定になっていないかをお確かめ下さい。

B利用マシンにおいてアクティブになっていますか?
他のマシン上のドライブへ書き込もうとされている際には、LAN上で認識されているのか、また「共有」とされていますか、この認識がされていない際には書き込めません。

Cプログラムのバージョン
弊社製品のバージョンをお確かめ下さい。
製品バージョンを http://www.forum8.co.jp/tech/ver.htmの履歴と比べ、古い製品の場合には最新版をご入手ごご確認下さい。

以上で改善されない場合には 画面上のメッセージ、並びにエラーのタイミング、製品名をお書き添えの上サポート窓口までお送り下さい。
 
Q5−2. セル入力時に「”は浮動小数点数ではありません」というエラーメッセージが出るが?
A5−2. 本件は入力セル部において、以下の作業方法で生じることがあります。

@入力しにくいセル部で入力項目をマウスでドラッグ選択し青色反転させる。
A@の後 Backspaceキーを押し反転文字を消去。
Bクリアされたセルへ数値を入力する。
Cエラーが発生する。

この様な入力方法時にこの現象が生じる場合がございます。
生じた際にはESCキーで入力をキャンセル下さい。
お手数ですが、削除時にはDELキーを使用いただくなどマウスのドラッグによる方法ではなく、入力セルをクリックしDELなどとして消去されるように御願いいたします。
  
Q5−3. 製品によっては、起動時にデフォルトで表示されている数値や入力データがあるが、これは何か意味があるのか?
A5−3. プログラムによっては、特定項目について、数値を入力していないとエラーが出る仕様となっているものがあり、この為起動時に入力誤解のない数値をデフォルトとしております。
これはプログラムの入力のガイドの意味も含んでおり、各入力項目に必要な数値を入力いただき
ご設計下さい。
この値で設計して頂くものではありませんのでご注意下さい。

なお、基準値や設定値については指針等に応じた諸値としておりますので、上記内容は該当しません。
 
Q5−4. 入力選択において画面がフリーズする場合があるが?
A5−4. 考えられる原因として以下の2点があります。

@ソフトの問題
・インストール不良
・製品更新ミス
・ダウンロードファイルの破損
・データ固有の現象
が考えられます。
この場合には再インストールをして頂き、再度現象をご確認ください。
サンプルデータで現象が生じない場合には、該当データを製品バージョンを明記の上サポート窓口宛お送り下さい。
インストールで改善されない場合にはAもご確認下さい

Aマシン固有の現象の場合
一概にはいえませんが、マシン固有の問題で入力ウインドを選択した状態で画面がフリーズする状況があるようです。
この場合には、まずメーカーサイトに保守ドライバーのダウンロードが出来るようになっている場合が多いので、最新版をダウンロードし、グラフィックドライバを更新されると改善されることが多々あります。
 
Q5−5. 製品利用時に入力データによってはエラーメッセージを出して計算できない場合があるが、このメッセージの意味は?
A5−5. 製品により以下の3種類に分けられます。

@エラーメッセージ表示ウインドウに「ヘルプ」ボタンを用意している製品
このボタンを選択しエラーメッセージ対策をご確認下さい。

A製品helpに『メッセージ』として対応方法などを記載している製品
此方をご確認いただきメッセージに対する対策をご検討下さい。

B@A以外製品
メッセージの生じるデータとメッセージを併記のうえサポート窓口宛お送り下さい。
 
Q5−6. 製品付属のhelpやQ&Aの一括印刷は可能か?
A5−6. 本製品のヘルプは、Winodwsのヘルプシステムを利用しているため、残念ながら、一括印刷を行うことができません。その為、お手数ですが該当部を選択していただき、個々に出力頂く必要があります。
 
Q5−7. 計算方法などは製品helpに載っているようだが、help内でうまく見つけられないが?
A5−7. 製品helpの構成から複数ページにわたる記載の際には、表示ウインドウの「>>」を選択いただき、次ページに移動いただく必要があります。次ページが無い場合には、製品の参考文献を参照いただくこととして記載をしていない場合がございます。まずは次ページを確認していただき、ご利用下さい。
    
Q5−8. データファイルのアイコンが製品のものでなく、ダブルクリックしても目的の製品が起動しない。
A5−8. 修復インストールによりファイルの関連付けがされるようになるかお試しください。
インストールウィザードで表示される「プログラムの保守」画面で「修復」を選択してインストールを行ってください。「プログラムの保守」画面が表示されないときはそのままインストールしてください。
 
Q5−9. Windowsのエクスプローラーで、作成したデータファイルが表示されない。
A5−9. ファイルをProgram Filesフォルダ以下(製品の既定のインストール先もこちらになります)に保存された場合は、Windows Vista以降のOSに搭載された「ユーザアカウント制御(UAC)」により、ファイルが実際に指定されたフォルダとは異なるフォルダに保存されます。

ユーザアカウント制御が有効かどうかは、以下より確認できます。
[スタート] - [コントロールパネル] - [ユーザーアカウント] - [ユーザーアカウント制御設定の変更]

もしユーザアカウント制御が有効であれば、ファイルは以下の場所に保存されていると思われます。
(たとえば「FRAME(面内)Ver.3」の既定のインストール先(C:\Program Files\FORUM 8\FrameIn3)に
ファイルを保存された場合を例として説明いたします)

C:\Users\(ユーザ名)\AppData\Local\VirtualStore\Program Files\FORUM 8\FrameIn3


(ユーザ名)の部分は、お客様がお使いのWindowsのユーザ名になります。
また、エクスプローラのアドレスバーに「%LocalAppData%」と入力いただくことで、VirtualStoreフォルダまで表示することもできます。
 
Q5−10. データファイルを開こうとすると“読み込みに失敗しました”というエラーが発生する。
A5−10. データファイルを保存しているフォルダをご確認ください。
データファイルが存在するフォルダの階層が深い場合やフォルダパス名(ファイル名を含む)が長いとエラーが発生することがあります。
例えばデスクトップに当該ファイルをコピーして、開くことができるかお確かめください。
解決しないときは開くことのできないデータファイルを添えてサポート窓口までお問い合わせください。
 ※破損防止のためデータファイルは圧縮してメールに添付してください。
 
Q5−11. ファイルが見つからない旨のメッセージが表示されFORUM8製品が起動しない、再インストールしても同じメッセージが表示される。
A5−11. セキュリティソフトの誤判断により、特定のファイルが削除・隔離され、正常に起動しないケースがあります。
いったんセキュリティソフトを停止させてから、使用したい製品を再インストールし、起動するかお確かめください。
 ※セキュリティソフトを停止させる際は、安全のため、ネットワークに接続しないようにしておいてください。
 
Q5−12. 起動しようとしても“DLLのCOM登録エラー”というメッセージが表示されて立ち上がってこない。
A5−12. Windows7ではセキュリティが強化され、Administrator権限でインストールしても、プログラム起動時に自動で制限ユーザとして扱われることがあります。
そのため、表示されているメッセージにありますように、初回起動時のみ「管理者モード」で起動する必要があります。
(たとえば「震度算出(支承設計)Ver.8」であれば、Windowsの「スタート」−「プログラム」−「Forum8」−「震度算出(支承設計) 8」−「震度算出(支承設計) 8」で右クリックして「管理者として起動」を選択してください。)
以後は通常起動でご利用いただけます。
 
Q5−13. Windows7のマシンにて一般ユーザーのアカウントでFORUM8製品を起動しようとすると、毎回管理者アカウントの入力ウィンドウが表示される。
A5−13. Windows7はセキュリティが強化されたため、管理者の権限がありませんと、Program Files への書き込みができない仕組みになっております。
下記のどちらかの方法でご使用ください。

1.Windowsのスタートメニューに登録されているFORUM8製品のショートカットを右クリックし、「管理者として実行」する。
2.Windowsのスタートメニューに登録されているFORUM8製品のショートカットを右クリックし、「プロパティ」→「互換性」と進み、「特権レベル □管理者としてこのプログラムを実行する」にチェックを付け、以後は通常どおりFORUM8製品を起動する。

マイクロソフト社のウェブサイトも参考になさってください。

■ Windows クライアント TechCenter
必ず管理者として実行するようにアプリケーションを構成する
 
Q5−14. 設計調書を作成したいのだが、メイン画面の「設計調書」ボタンが反転表示していて押すことができない。
A5−14. 設計調書を作成するには「調表出力ライブラリ」をインストールする必要がございます。

「調表出力ライブラリ」にはVer.1とVer.2があり、お使いの製品のバージョンによって対応する「調表出力ライブラリ」のバージョンが異なります。例えば「橋脚の設計」のVer.11や「基礎の設計計算,杭基礎の設計」のVer.10など新しいバージョンであれば、「調表出力ライブラリ」Ver.2が必要です。
(よほど古い製品あるいはバージョンでない限り、Ver.2を使用します。)

「調表出力ライブラリ」のVer.2はこちらからダウンロードいただけます。
ホームページのメニュー→サポート→製品別サポート→統合環境支援ツール→調表出力ライブラリVer.2 製品版ダウンロード)

インストール用の自己解凍ファイルをダウンロード、解凍し、「setup.exe」を実行してください。インストールが始まりますので、あとは画面の指示に従ってください。
※すべてのFORUM8製品は終了させて「調表出力ライブラリ」をインストールしてください。
 
Q5−15. FORUM8製品を起動しようとしても、製品名が載っている画像が一瞬表示されるだけで、メイン画面が立ち上がってこない。Windowsのタイトルバーに当該製品のボタンはある。
A5−15. Windowsのデスクトップの表示範囲外にメイン画面があると考えられます。
キー操作によるウィンドウの移動をお試しください。

1.FORUM8製品を起動します。
2.タスクバー上の当該FORUM8製品のボタンを押した状態とします。このとき、アクティブウィンドウとなっております。
 または、Alt+Tabキーにて開く“タスク切り替えウィンドウ”にて、FORUM8製品が選択された状態(アクティブウィンドウ)にしてください。異なる場合は、Altキーを押したまま、Tabキーにて切り替えて選択してください。
3.Alt+スペースキーを押します。
 ※この操作は、画面上には変化がない場合もございますが、アクティブウィンドウのシステムメニューを開く操作となります。
4.Mキーを押します。
 ※この操作で、アクティブウィンドウのシステムメニュー内の“移動”を実行し、ウィンドウ移動モードとします。
 ※マウスカーソルが十字カーソルに変化したとき、ウィンドウ移動モードになったことを示します。
5.矢印キー(→・←・↑・↓)のいずれか1つを押してください。
 ※この段階でキーまたはマウスでのウィンドウ移動モードとなります。
6.マウスにてウィンドウ位置を決めてください。
 ※マウスポインタがウィンドウ上部中央をロックした状態で、移動位置決定待ち状態となっております。マウス左クリックの位置で決定されます。

 
Q5−16. 「基礎の設計計算,杭基礎の設計」を起動し、基礎形式を選択すると “適合するライセンスが見つかりませんでした” というメッセージが表示される。
A5−16. 「基礎の設計計算,杭基礎の設計」のハードウェアキー設定をお確かめください。
まず、「基礎の設計計算,杭基礎の設計」のメニューを ヘルプ→通常/Web認証切り替え とたどり「通常モード」を選択します。
次に ヘルプ→バージョン情報→ハードウェアキー設定 とたどり、「基礎の設計計算」のライセンスをお持ちであれば「基礎の設計計算」をViewer版以外に、「杭基礎の設計」のライセンスをお持ちであれば「杭基礎の設計」をViewer版以外に設定してください。

 
Q5−17. FORUM8製品で作成したデータを、当該製品のインストールフォルダにファイル保存しようとしたところ、エラーにより拒否される。マシンのOSはWindows7。
A5−17. Windows7のユーザーアカウント制御(UAC)が原因と考えられます。
Q1-23をご覧ください。
ユーザーアカウント制御(UAC)の設定を変更する、あるいは Program Files 以下のフォルダ以外にファイルを保存してください。

 
Q5−18. 例えば「UC-1 Engineer's Suite 橋台の設計」と「基礎の設計計算,杭基礎の設計」を連動させることはできるか。
A5−18. できません。Suite製品はSuite製品としか連動しません。
 →UC-1 Engineer's Suite 製品情報ページ

 
Q5−19. 例えば「UC-1 Engineer's Suite 下部工基礎スイート」のライセンスがひとつあるとき、このうち「橋脚の設計」をマシンAで、「橋台の設計」をマシンBで使用することはできるか。
A5−19. できません。Web認証しているマシン1台でお使いいただきます。
 →UC-1 Engineer's Suite 製品情報ページ

 
Q5−20. 計算書の印刷プレビュー画面のメニュー ファイル→ファイル出力 でファイル形式を*.pdfで出力しようとすると “有償機能” というメッセージが表示される。
A5−20. 印刷プレビュー画面のメニュー ファイル→ファイル出力 からのPDFファイル出力は「F8出力編集ツール」のライセンスが必要です。
ただし、PDFファイル作成ソフトをインストールすることで、ライセンスが無くともPDFファイル出力ができます。
印刷プレビュー画面のメニュー ファイル→印刷 でプリンタにPDFファイル作成ソフトを選択し、出力実行してください。

 
Q5−21. 起動しようとしてもメイン画面が表示されない。タスクバーにも該当するプログラムのボタンは無い。タスクマネージャのプロセスには表示がある。
A5−21. セキュリティソフトが起動をブロックしている可能性があります。セキュリティソフトをいったん停止し、起動するかお確かめください。

 
Q5−22. 作成した入力データファイルの保存場所がわからなくなった。
A5−22. まず対象製品のメインメニュー → ファイル → ファイルを開き直す をご覧ください。ここに、これまで使用したファイルの履歴が表示されますので、該当するファイルの名称、保存場所をお確かめください。
履歴にもないときは、入力データファイルの名称あるいは拡張子でファイルを検索してください(Windowsの検索機能を使用してください)。ファイルの拡張子は対象製品のメインメニュー ファイル → 開く で表示されるダイアログにある「ファイルの種類」でお確かめください。


6.ホームページに関するQ&A 

Q6−1.

ASPビューワー版を実行すると、「今のセキュリティーではactivXが動作せず表示が正常ではない」とのエラーメッセージが出るが?
A6−1. 御利用のブラウザにおけるセキュリティ設定の問題で、本現象が生じております。
セキリュティの項目を確認いただき、「ActiveX」が有効になっているかどうかをご確認ください。
この設定で設定条件によって、無効などが選択されている場合、ご指摘の現象が生じることがあります。
設定を変更し、再度ご確認下さい。

 
Q6−2. ユーザ情報ページのダウンロードサービスには「FTP」と「HTTP」の2つがあるが、違いは?
A6−2. これまでダウンロードサービスはFTPによるダウンロードに限定しておりましたが、セキュリティ上、FTPダウンロードができない環境に配慮してHTTPダウンロードもご用意しました。
ダウンロードするファイルは同じもので、速度にも違いはありません。環境が許せばどちらをご利用いただいても結構です。

 
Q6−3. FORUM8ファイル転送サービスで、ファイルをアップロードしている途中でエラーになり失敗する。
A6−3. 最新の「Internet Explorer」や、「Google Chrome」「Firefox」といった他のウェブブラウザでお試しいただけますでしょうか。
これらのウェブブラウザでもアップロードができないとなりますと、貴社のネットワークにおいて何らかの制限がかけられていることも考えられます。ネットワーク管理者のかたにも確認いただくようお願いいたします。


7.その他  

Q7−1.

サポート窓口宛お問い合せデータを添付いただく際の留意点について
A7−1. サポート窓口あてデータを添付いただく際によく問題となるのが、データ不足、若しくはリンクファイルの送信です。

データ不足は製品におけるお問い合せの生じていないデータを誤って送信されている場合に現象が確認できない場合や、複数製品との比較の際に一方のデータが添付されていない際に当たります。
送信の際には、複数データが添付されているかどうかをご確認いただいた上で、送信いただきますよう御願いいたします。

リンクファイルの送信は、圧縮ツールを使用された際のカット&ペーストの際の問題で生じていることが多いと思われます。

圧縮ファイルを作成され自己解凍形式として*.EXEとされるとカット&ペーストでの切り貼りではショートカットキーが作成されファイルそのものをコピ−できません。
この作業時の留意点は、Ctrlキーを同時に押す必要がある点です。

また、圧縮ツールの古い製品によっては拡張子が落ちてしまい4桁の拡張子が3桁となったり、*.DAT形式でお送りされる場合があります。
この場合には、製品データであるかどうか識別できない場合もありますのご注意下さい。

※出来ますればデータを作成されている製品名称、バージョンは必ずお書き添え下さい。
 
Q7−2. htmlファイルで保存したデータを修正するときの留意点は?
A7−2. html形式にて保存されたファイルは、テキスト文章として保存される部分と、リンク図化ファイルとして保存されるものの2種類があります。
これらはリンクされており、htmlファイルの利用時には、リンクされているファイル全てが必要となります。
誤って*.htmlファイルだけをコピーしたり、別のフォルダに移動するなどすると、リンクされているファイルや図は表示できず、画面上で「×」表示となってしまします。
弊社製品においてhtml形式にて保存される際には、計算書のテキスト部分は拡張子htmlとして保存されますが、図の部分は添付される画像ファイルの保存形式を選択いただき(BMP、JPG、PNG形式など製品でサポートしている形式で)、ファイル保存されます。

これらの図についての編集を行ないたい場合には、保存時の拡張子のデータを処理できる別ソフトが必要となります。
計算書のテキスト部についてはhtml形式をサポートしているアプリケーションでの加筆修正は可能ですが、図化部分についての修正機能はなく、表示機能のみとなっております。
その為、図については、表示部で右クリック→プロパティ 等でリンクされているファイル名称を(例file:///C:/ユーザーデータ/32ImageFile0155.bmp)確認し、そのファイルを別ソフトにて修正頂くよう御願いいたします。

なお、製品によっては計算式などの一部をテキストでは表現不可能なため、図化データとして保存している場合があります。
このような「計算式」を修正される際には、図と同様の別ソフトを使用しての修正が必要となりますので、ご注意下さい。
 
Q7−3. 問合の質問を送ったにも関わらず、回答がこないが?
A7−3. 大変申し訳有りませんが、以下をご確認下さい。

@お送り先は、サポート窓口アドレス若しくはfax番号で間違いないか?
>>FORUM8 サポート窓口

・旧インフォメーションセンター宛(東京)にFAXで送付されている場合
・各営業所宛、他部署へFAX、メールでお送りになられている場合
・バージョンUPセンタやデリバリーセンターなど問合窓口外へのメールの場合

上記の場合には、全て「サポート窓口」へ転送作業を必要とします。
サポート窓口へ直接お問い合わせを頂く際と異なり、これらの宛先では随時受付をしていないため、受信及び転送までに相当時間が掛かる場合があります。
お間違えのないようにお送りいただきますよう御願いいたします。

A旧DOS版製品のご質問の場合
既に廃盤となった製品については、全て保守期限が切れており、調査並びに回答にお時間を要します。
場合によっては、ご要望に添えない場合があります。
この場合には、その旨ご解答申し上げますが、お時間を頂くとが御座いますのでご了承いただきますよう御願いいたします。

B調査の遅れ
お送りいただいたデータなどの不足や、FAXなどで入力データを戴いた場合は直接のデータがないためこちらで入力し直す必要があり、に時間を要することがあります。
その場合には、その旨回答をお送りいたしますのでデータなど詳細な資料をお送り戴きますよう御願いいたします。

C弊社受付処理の遅れ
誠に申し訳御座いませんが、弊社サポート窓口では1日平均60−100件のお問い合せを戴いており、且つ営業時間を17:00までとさせていただいております。
その為、受付窓口に同時に多くのお問い合せが有った際には、その処理作業にお時間を頂く際が御座います。
急ぎの場合でも、受付順での対応とさせていただいておりますので、ご理解いただきますよう御願いいたします。

また、営業時間外に頂いたお問い合わせは翌日朝、週末の場合には翌週朝の処理となる為、対応が遅い場合があります。出来るだけ速やかに処理を行っておりますが、ご理解いただきお時間を頂きますよう御願いいたします。


現在の新しい製品ではhelpに問合支援ツールをご用意しております。此方ではお送りいただく際にマシンなどの環境やお客様のライセンス情報なども全て認識できるようにしておりますので、お客様の此方の利用をお奨め致します。また、ファックスでお問合せいただいた場合は、戴いたものをデータ化するのに時間がかかるため、なるべくメールでお問合せ戴きますよう御願いいたします。
 
Q7−4. 参考文献と計算式の数値が異なるのはなぜか?
A7−4. よくいただくご質問に『ご質問に道路土工指針記載の数値と異なる計算式を記載しているのはなぜか?』、もしくは『適用式が異なっているのではないか』とのご指摘があります。

これらのご質問の場合、一般的に参考文献の誤植や単位系の差による参考文献の記載内容の変更により、help記載式や参考文献とに相違が有る場合があります。
例えば道路土工指針では、初版に誤植があり、雑誌『道路 日本道路協会 1999年5月号』にて正誤表を発表されるとともに、正誤表の配布が行なわれました。
また、道路橋示方書ではH8年版ではSI単位系の記載は無いため、『(社) 日本道路協会、 道路橋示方書・同解説SI単位系移行に関する参考資料 平成10年7月』にてSI単位系における単位系移行を記載しています。
その為、購入書籍によっては誤植のままの場合や、従来単位系での計算式のままである場合が考えられます。お手数ですが一度確認いただき、確認できない場合には該当部を詳しくご指摘いただき、サポート窓口宛にお問い合せいただきますよう御願いいたします。
 
Q7−5. インテル以外のCPU、例えばAMDのCPUなどに関しても動作上問題ないか?
A7−5. Windows動作環境においては、特に問題なく起動が可能です。
ご存じのように昨今はCPUの処理速度も格段に向上し、最新のCPUでは1.2Ghzもの速度を持つようになっています。
その為、マシンによってはメインボードのCPUを高速度のものに交換できる仕様としているものも少なくありません。
弊社ソフトは基本動作環境をWindows上としており、95,98,ME、NT、2000上であればマシンスペックにより快適性に差は生じるものの問題なく動作可能です。
 
Q7−6. 出力時にタイトル、説明文等が横向きになる?
A7−6. 印刷プレビューのフォント設定(”A”のボタンを押す)において、フォントに縦書き用フォントが選択されている場合に生じます。(フォント名の前に@マークがついているものが縦書きフォントです)
この場合には、文字だけが横を向いてしまいますので、フォントを変更いただきご確認下さい。
 
Q7−7. 統合CD-ROMに記載の製品ごとのフォルダ名称などはどうすればわかるのか?
A7−7. 現在の統合CD-ROMは2枚組であり、2枚目については、CD-ROM中にディレクトリ一覧情報を用意しております。以下の手順でご利用下さい。
またDISK1については、記載製品内容が少ないため特段ご用意しておりませんので、エクスプローラーなどでご確認いただきますよう御願いいたします。

@Autorunにて起動後「インストールガイド」を選択。
A「CD-ROM製品ディレクトリ一覧」を選択下さい。
Bテキストファイルとして、メモ帳などで表示確認いただくことが可能です。
 
Q7−8. 計算書をPDF形式ファイルで出力する方法。
A7−8. PDF形式ファイルはAdbe社の「Acrobat」によりファイル出力したファイルであり、製品出力機能では直接サポートしておりません。
その為、まずAcrobat製品をご購入いただき、インストールしていただく必要があります。 インストール後、印刷実行時に「印刷」ウインドウや「ファイル]−[プリンタ設定]のプリンタ名を確認下さい。「AcrobatPDFWriter」を選択することでPDFファイルを任意の場所へ出力することが可能となります。
 
Q7−9. 計算ファイルをHTML出力しデータの利用として他のフォルダに移動すると図や表などの表示がされない。
A7−9. 画像部分が正常に表示されなくなる(リンクがはずれる)のはhtml形式ファイルのツリー構造の問題です。
リンクされている画像などのデータと文書データ(html)をあわせてコピーしないとリンクファイルが確認できず表示が「×」となりリンクが落ちてしまいます。

画像データと文書データをあわせて利用するには階層フォルダを作り同じフォルダ内に準備することが容易ですがアプリケーション機能などによる利用も可能です。

例えば
1)HTMLファイルで出力した計算結果データファイルをWordで開く。(Word 2000など新しいバージョンをお奨めします)
2)メニューの「編集→リンクの設定」を選択すると、リンクがはられた画像データのリンク元の一覧が表示されます。
  ここですべての画像ファイルを選択し、□「文書に図を保存(P)」をチェックしていただき、OKボタンを押します。
3)計算結果データファイルをWord文書(*.doc)として文書を保存します。

以上の方法で保存したWord文書(*.doc)を利用する方法も簡易な方法です。
 
Q7−10. Possible_Virusの検知について。
A7−10. 弊社の『斜面の安定計算』または『二重締切工の設計計算 Ver.3』の2製品に含まれている「slp_cnt.dll」がトレンド社の『ウィルスバスター』のウィルス検索時に『possible_virus”は不正な活動を行う疑いのあるPE型ファイル、ワーム型ファイルを発見する時の表示メッセージです。』と検知されて隔離されてしまう症状が2004年3月24日より発覚しております。
これは、ウイルス検索エンジン7.000において、不審な挙動のあるWindows上の実行ファイルを検知した場合、「Possible_Virus」という名前で検出する現象でございます。ただし、この検出はあくまでも「疑い」であり、「possible_virus」の発見が報告された場合には、実際にウイルスコードが含まれているのか否かを確認する必要があります。
そのため、弊社が同日該当するファイルをトレンド社に送付しましたところ、ウィルスコードが含まれていないことが確認され、2004年3月25日トレンド社より修正されたパターンファイル837 (1.837.00)が更新されております。こちらのパターンファイルですと検知いたしませんので、これまでに検知されて隔離されてしまったお客様は、最新バージョンにアップデートしていただきますようお願い致します。パターンファイルのアップデート後は、念のため隔離されたファイルを戻すのではなく、該当製品をアンインストールして再度インストールしていただきますよう重ねてお願い申し上げます。
 
Q7−11. FORUM8製品は公的機関の認定を受けているのか。また信頼性、妥当性はどのように確認しているのか。
A7−11. 土木系の設計ソフトウェアに対する公的機関による認定制度等は現状存在しないため、FORUM8製品は公的機関による認定は受けておりません。

現在、各種事例集が発刊され、これらには計算例が掲載されています。FORUM8では、これら計算例とFORUM8製品の計算結果を照合し、妥当性を検証しております。
ただし、公に出版されている計算例では入力条件が不足していたり、誤植や入力データそのものの誤り等が往々にしてみられますので、このような場合は適当に類推して検証することもあります。この場合は結果を完全に一致させることができないので、値のオーダーや傾向等を総合的に勘案して比較検証をしているのが実情です。製品によっては、製品ヘルプ−サンプルデータに、参考とした出典を明記し、計算結果を比較しています。結果が合致しない部分については、設計条件が不明な場合や、考え方が異なる場合などが考えられ、可能な範囲でコメントを記しています。

なお、FORUM8では、製品のテストは各開発部署が策定、実施し、開発部門における全社的な活動、業務となっていますが、別途テスト専任部署を設け、効果的かつ合理的なテストのあり方を研究、実行しています。
また、ユーザ様からの製品に対するお問合せは規定の手順により対応し、寄せられた内容から要望および不具合を収集し、製品へのフィードバックを実施しています。
 
Q7−12. ローカルプロテクトキーでFORUM8製品を使用。
購入当時とは別のPCで使用しても問題はないか。
A7−12. 使用許諾上、問題はございません。ただしユーザ登録されている事業所内のPCに限ります。
他事業所で使用される場合は、ライセンス移行の処理を行いますので、担当営業までご連絡ください。

 
Q7−13. メールで問い合わせたら、どのぐらいの時間で回答があるか。
A7−13. 原則としてお問い合わせを受け付けた当日にご返答差し上げるようにしております。
しかしながら調査の状況によっては翌日以降になることもございます。予めご了承ください。
 ※サポート窓口の営業時間(平日9:00〜17:00)外に受信したメールは翌営業日の受付として取り扱います。

 
Q7−14. 計算書のプレビュー画面で保存した *.ppf というファイルを開きたい。
A7−14. *.ppfは「F8出力編集ツール」のファイルです。「F8出力編集ツール」をインストールしてください。
「F8出力編集ツール」はユーザ情報ページからダウンロードいただけます。
※ダウンロードの際の注意点があります。Q3−11もご一読ください。

 
Q7−15. 「UC-win/FRAME(3D)」でメニューなどが英語表記になっている。言語を切り替えることもできない。
A7−15. セットアップファイルに含まれる *.msi をダブルクリックしてインストールすると英語表記になることがあります。
コントロールパネルで「UC-win/FRAME(3D)」をアンインストールして、setup.exe をダブルクリックしてインストールし直してください。

 
Q7−16. FAX認証で使用している。サポート期限後は使用できなくなるのか。
A7−16. サポート期限後もお使いいただけますが、FAX認証には認証開始から180日の使用期限があります。180日を過ぎましたら改めてFAX認証を行う必要があります。

 
Q7−17. FORUM8製品を使用するマシンを変更する際、何らかの手続き(FORUM8への連絡)が必要か。
A7−17. ・プロテクトキー(ローカル)で使用する場合
手続きは不要です。
マシンのOSに対応したプロテクトドライバをインストールしてご使用ください。

・プロテクトキー(ネットワーク)で使用する場合
手続きは不要です。
プロテクトキー(NetPRO)を接続するマシンを変更するときは、ライセンスマネージャと、OSに対応したプロテクトドライバをインストールしてください。

・Web認証で使用する場合
Web認証で使用するマシンを変更するときは、これまで使用していたマシンと弊社サーバーとのアクティベーションを解除する必要があります(この作業はFORUM8で行います)。
使用するマシンを変更されるときは、デリバリセンターまたはサポート窓口まで、アクティベーション解除をご依頼ください。 
 デリバリセンター(FORUM8大阪) Mail:dc@forum8.co.jp TEL:06-7711-3888  
 サポート窓口 Mail:ic@forum8.co.jp TEL:0120-1888-93

 
Q7−18. 保守契約している製品の最新版のCD(DVD)が送られてきたが、パスワード発行書が同封されていない。
A7−18. 最近プロテクトキーを交換されていませんでしょうか。
交換の際、最新バージョンのライセンスを登録して出荷しますので、ユーザー様によるライセンス登録の作業が発生しないバージョンのパスワードは発行しません。
(この場合、ユーザ情報ページの「ライセンス情報」にパスワードは掲載されません。)

 
Q7−19. 「橋台の設計Ver.13」「橋脚の設計Ver.12」と「基礎の設計計算,杭基礎の設計Ver.11」「深礎フレームVer.8」が連動しない。
A7−19. これらの製品を連動させるには、「基礎の設計計算,杭基礎の設計Ver.11」「深礎フレームVer.8」のインストールフォルダ内にあります連動制御ファイル(*.LKF)を更新する必要がございます。
連動制御ファイルを更新した「基礎の設計計算,杭基礎の設計Ver.11」「深礎フレームVer.8」がリリースされていないため、ご迷惑をおかけし、申し訳ございません。
連動制御ファイルをダウンロードし、各製品のインストールフォルダ内に上書きしてください。

Foundation11.LKF
上記ファイル名を右クリックし「対象をファイルに保存」してください。
圧縮ファイルとなっておりますので、任意のツールで解凍してください。
展開されるファイル Foundation11.LKF を「基礎の設計計算,杭基礎の設計Ver.11」インストールフォルダに上書きしてください。
デフォルトのインストールフォルダ: C:\Program Files\Forum 8\Foundation11
※最新版Ver.11.1.1(5/16現在)

SFrameL8.LKF
上記ファイル名を右クリックし「対象をファイルに保存」してください。
圧縮ファイルとなっておりますので、任意のツールで解凍してください。
展開されるファイル SFrameL8.LKF を「深礎フレームVer.8」インストールフォルダに上書きしてください。
デフォルトのインストールフォルダ: C:\Program Files\Forum 8\SFrame8
※最新版Ver.8.3.4(5/16現在)

 
Q7−20. Windows7のPCで使用。FORUM8プログラムのインストールフォルダ内に作成したデータファイルを保存したところ、ファイルに鍵のマークが付き、取り出せなくなった。(「ファイルを開く」ダイアログで当該ファイルを見ることはできる。)
A7−20. この現象はWindows7の仕様で、フォルダに対して共有の設定で一部または全部のユーザーでアクセス権なしが設定されている場合に鍵のマークが付くようです。

・鍵マークを外す方法
1. いったん共有にする。
 フォルダ右クリック→共有→ホームグループ(読み取り) に設定。
 このとき鍵マークは解除されますが、フォルダが共有になっているので「2.」を行います。
2. 共有を解除する。
 フォルダ右クリック→プロパティ→「共有」タブの「詳細な共有」ボタンを押す→「このフォルダを共有する」のチェックを外す。

また、下記フォルダが実際の保存場所になるようです。
こちらにご自身で作成されたファイルがあるかと存じます。
 C:\Users\xxxx\AppData\Local\VirtualStore\Program Files
  ※ xxxはユーザ名です。

 
Q7−21. 下部工製品と基礎工製品を連動させようとしたときに表示されるエラーの対処法。

エラー1
----------------
現在連動を行っている上位製品は未対応製品となります。
上位製品の製品名、バージョン、および本プログラムのバージョンをご確認の上、サポート窓口までお問い合わせください。
---------------

エラー2
-----------------
プロテクトの制限のため「基礎の設計計算」プログラムとの連動は行えません。
連動中のデータを破棄して、「基礎の設計計算」プログラムを強制終了します。
-----------------
A7−21. エラー1について
連動バージョンの不整合が原因です。最新版をインストールしてください。
※最新版はユーザ情報ページからダウンロードいただけます。
 ユーザ情報ページにはFORUM8ホームページ(トップページ)でログインしてください。
 ログインするにはパスワードが必要です。パスワードは担当者としてお名前をご登録いただいているかたにお知らせしておりますのでご確認ください。

エラー2について
基礎工製品がViewer版の設定になっていることが原因です。基礎工製品のメインメニュー→ヘルプ→バージョン情報 で、Viewer版から製品版(ローカル、ネットワーク)に変更してださい。

関連Q&A
Q2−4. 下部工製品と基礎製品をインストールしましたが、エラーが発生し、うまく連動できません。

 
Q7−22. プロテクトキーが破損した。新しいものに交換できるか。
A7−22. 有償で交換を承ります。ローカルプロテクトキーは1万円(税抜)、ネットワークプロテクトキーは2万円(税抜)となっております。
詳しくは営業窓口までお問い合わせください。

 
Q7−23. FORUM8製品(UC-1シリーズ)起動時に表示される画像の橋はどこの何という橋か。
A7−23. ポルトガルのドン・ルイス1世橋です。

 
Q7−24. 電話サポートの回数の上限は?
A7−24. 1ライセンスあたり年間18回が上限です。
(プレミアム契約されている場合は上限がありません。)
データ入力のしかたや計算の考え方など製品の内容に関するご質問はカウント対象となります。ただし不具合が確認された場合はカウントしません。またインストールやプロテクトキー、ライセンス認証に関するご質問もカウント対象外としております。

 
Q7−25. プロテクトキーを紛失したら再発行してもらえるのか。
A7−25. 改めて購入いただくことになります。
詳しくは営業担当にお問い合わせください。

 
Q7−26. ローカルライセンスがひとつある。複数のマシンにインストールして使用しても問題はないか。
A7−26. ユーザー登録のある事業所内で使用されるのであれば問題はございません。
製品とプロテクトドライバをインストールしてください(プロテクトキーを接続してください)。

 
Q7−27. ユーザー情報ページの「ダウンロードサービス」で同じ製品(バージョン)が複数掲載されていて、それぞれファイルをダウンロードできるようになっている。どれをダウンロードしたらよいか。(使用しているシリアルNo.に対応するものでなければならない?)
A7−27. 「ダウンロードサービス」には、ライセンス数分の製品名(バージョン)が表示される仕組みになっております。ファイルは同じものですので、どれを使用されても結構です。

 
Q7−28. ユーザー情報ページのパスワード「接続用」「管理用」の違いは?
A7−28. 接続用: ユーザー情報ページにログインするためのパスワードです。
管理用: ユーザー情報ページで登録情報を変更するためのパスワードです。

 
Q7−29. FORUM8のファイル転送サービスを利用できない。ファイル転送サービスのメール記載のダウンロードURLをクリックすると”このページは表示できません”と表示される。
A7−29. ファイル転送サービスのトップページ、
 https://file.forum8.co.jp/
にアクセスできないようでしたら、プロキシなどでアクセスが制限されている可能性が考えられます。
他にはブラウザの設定に依存する可能性もございますので、Internet Explorer 以外のWebブラウザが使用できる場合は一度そちらもお試しいただけますでしょうか。


8.問合支援ツールに関するQ&A  

Q8−1.

問合支援ツールを使用したいが、プルダウンメニューでは反転していて選択できないが?
A8−1. 問合支援ツールは、製品インストールと同時にインストールされるものではないため、別途インストールしていただく必要があります。
入手方法としては、

@ホームページよりダウンロードいただく方法。
以下のサイトからダウンロードしていただき、インストールを行なって下さい。
http://www.forum8.co.jp/download/f8support-down.htm

A統合CD-ROM2000年No.5以降を使用する方法。
これ以降の統合CD-ROMをご使用いただき、インストールして頂きますよう御願いいたします。
 
Q8−2. 問合支援ツールはどこのフォルダへインストールしても良いか?
A8−2. 基本的にはどこのフォルダでも問題はありませんが、デフォルトの設定でインストールされることをお奨めいたします。
 
Q8−3. 問合支援ツールのインストール後の簡単な操作方法は?
A8−3. インストール後、まずご利用になられる製品を起動します。
その製品のhelpを開けていただき、その中から「Internet利用による問合」を選択して下さい。
これにより問合支援ツールが起動します。
その後の簡単な手順は、

1)オプション→サーバーにてアドレス名称を入力
2)担当者のお名前、御連絡先をお書き下さい(この情報は内部保存され、次回起動時も有効
です)。件名、分類を続けてご記入下さい(問い合わせの内容を分類していただけると幸です)。
3)問合内容、あるいは要望事項を入力部へ記載下さい。この時、画面の状況などをお送りいただく手段としてキャプチャ機能を、また設計データをお送りいただく手段としては添付機能を用意させて戴いております。

<キャプチャ機能について>
@メインバー上の「キャプチャ」ボタンを選択して下さい。任意の画面を切り取る事が可能です。
※予めこの機能を利用する際には、必要な画面を起動させて表示させておいてください。
A問合内容部や疑問部が有れば、指定機能により←○□ボタンを押し画面に加筆下さい。
B画像名を入力し、「メール本文へ戻る」ボタンで戻ります。

4)送信ボタンを押す

以上により、お問合せ、あるいはご要望が弊社へ送信されます。
回答は基本的にメールにてさせて戴きます。
 
Q8−4. 問合支援ツールで送った内容は、どのようにすれば再確認できるのか?
A8−4. 本プログラムは、過去に送信分について記録も閲覧できるように保存することや、下書きとして準備しておくことも可能な仕様となっております。
「開く」、及び「保存」がこの機能に当ります。
問合送信後、「開く」を選択いただくと、計算プログラムで過去に問合支援ツールを開いたことのあるプログラムがツリーに表示されます。
送信された製品名を、左ダブルクリック(名称の前の+をクリック)頂くことで、下書きと送信済みを表示できます。
下書きとして保存される際には、問合支援ツールでの問合作成作業中に「保存」ボタンを押すことで下書きに保存する事が可能となりますので、上記「開く」作業でご確認下さい。
この中に保存されている送信記録を選択していただければ、確認頂くことができます。
なお、削除ボタンを押して戴くことにより、削除も可能です。
 
Q8−5. 問合支援ツールは送信メールサーバー(SMTP)の設定をしないと利用できないのか?
A8−5. メールサーバー(SMTP)の設定が無い限り、送信は出来ません。
MSNなどのフリーメールや、AOL等のソフトを固定化しているプロバイダーをご利用のユーザー様の場合には、現在その動作方法などの対応方法をサポートできておりません。
その為、上記のフリーメールや一部のプロバイダをご利用の場合には、残念ながら問合支援ツールを現在のところご使用戴くことが出来ません。
申訳ありませんが、従来の問合方法(メールやFAX)を御利用いただき、サポート窓口宛お送りいただきますよう御願いいたします。
なおQ8−4の保存ファイルを添付送信いただくことでも対応は可能ですので、宜しければこちらをご利用下さい。
 
Q8−6. 問合支援ツールの設定(POP3,アカウント、パスワード)を行い送信しようとしたが、図のようなエラーが出て送信できないが?
Q8-6
A8−6. 本メッセージは以下の原因が考えられます。
@送信メールサーバー(SMTP)の内容が正しくない。
本支援ツールでは、送信メールサーバー(SMTP)の設定は必須です。ご使用の環境下で既存のメールプログラム(Outlook等)が正常に動作しる場合、これらのプログラムで設定されているSMTPと同じ内容にし、再度試行してください。

A受信メールサーバー(POP3)の認証が必要。
ご利用のメールサーバーによっては、送信のみの場合でも受信メールサーバー(POP3)での認証を必要とする場合があります。SMTPのみの設定でメールの送信に失敗する場合は、受信メールサーバー(POP3)、アカウント名、パスワードも設定ください。

B受信メールサーバー(POP3)の設定内容が正しくない。
既存の受信メールサーバー(POP3)、アカウント名、パスワードを一旦削除して、再入力後、送信して下さい。
 
Q8−7. メールアドレスを入力しているが 「アドレスが正しくありません」とエラーになるが?
A8−7. メールアドレス入力欄において半角大文字の入力等の制限はありませんが、アドレス入力欄への入力で、

・全角文字である。
・アドレス入力欄に[@][.]の入力がなされていないまま他の入力欄にうつってしまった。

というような場合に、「アドレスが正しくありません」のメッセージが表示されますので、この2点をご確認ください。
 
Q8−8. [送信メールサーバー(SMTP):]に自社メールサーバを設定するが、エラーが出る。
入力にミスはないようだが何故か?
A8−8. SMTPの欄には“**.**.**.**”のような形式で入力されることを想定していたため、メールサーバ名(例えば“DominoSrv”,“mail.MSExchng”など)によっては、エラーとなってしまいます。ネットワーク管理者の方にメールサーバのIPアドレス(“210.130.1.14”のようなドット(.)を含む4つの数字列)をお尋ねになり、入力してください。
サーバの種類によっては、[受信メールサーバー(POP3):],[アカウント名:],[パスワード:]の設定も必要になる場合もあります。
 
Q8−9. インターネットとの間にプロキシサーバがあるが、問題はないか?
A8−9. プロキシサーバを介してメールを送信する際の基本的な設定は、一般的なメールソフトと変りません。
ご使用のメーラ(電子メールソフト)と同様の設定で結構です。
 
Q8−10. 「問い合わせ支援ツール」で入力したサーバー情報はFORUM8に送られるのか。
A8−10. サーバー情報は送信されません。お問い合わせの内容、ご連絡先のほか、使用されているマシンの情報が送信されます。
(マシン情報は、お問い合わせの問題の解決のために参考にさせていただいております。)


戻る
製品共通サポート


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
パイオニア株式会社 川越事業所
[ イベントレポート ]
デザインフェスティバル 2016






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
UC-1 for SaaS FRAME(面内)
マネージャ Ver.2
電子納品支援ツール Ver.15
UC-win/Road Ver.12
Allplan 2017
配水池の耐震設計計算 Ver.7

キャンペーン実施中
UC-win/Road Ver.12リリース
記念、VRサポートサービス
グレードアップ
リバイバル
TV番組放映期間特別価格

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
4/5  EXODUS・SMARTFIRE体験
4/6  斜面の安定計算
4/7  スイート積算体験
4/11  UAVプラグイン・VR体験

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CALS/CAD
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション