Civil Engineer's Forum-FORUM8
このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

Q&ABOXカルバートの設計・3D配筋(下水道耐震) Q&A('18.12.14)

NEW! 更新内容



Q2−15. 計算書の「荷重の組合せ」−「基本荷重ケース」の「地震時水平力」にcase-1, case-2があるが、これは何と何の荷重を示しているのか。 (Ver.12)




目  次
 I 断面方向 
 1.適用範囲、制限事項

Q1−1. 地震動(慣性力)の向きは?(Ver.8)

Q1−2. 丸鋼(SR235)に対応しているか。(Ver.11)


Q1−3. 開渠で側壁厚が変化する形状の計算は可能か。(Ver.8)

Q1−4. 剛域を考慮する場合に設計曲げモーメントをシフトせずに取り扱っているが根拠は?(Ver.9)

Q1−5. 剛域を考慮する場合、ハンチを考慮していない剛域寸法が設定されるのはなぜか。(Ver.9)

Q1−6. 適用基準で下水道施設2006や下水道施設2014を選択した場合、「材料」画面の安全係数は全て1.0で初期値が設定されているが根拠は?(Ver.9)

Q1−7. 「初期入力」画面 −「重要度別補正係数SI」とは何に用いるのか。出典は?(Ver.9)

Q1−8. 初期入力画面に「埋め戻し土の入力」の選択(する/しない)がありますが、埋め戻し土を考慮するか否かはどのように使い分ければよいか。(Ver.9)

Q1−9. 縦断方向の計算で、土被り厚を変化させることは可能か。(Ver.10)

Q1−10. マンホールと矩形きょの接続部の照査を行う場合の「マンホールの深さ」にはどの深さを設定すればよいか。(Ver.10)

Q1−11. 下水道耐震2014年版に記載の震度法による開きょの検討は可能か。(Ver.11)

Q1−12. 埋戻し土を考慮する場合、埋戻し土は土圧(死荷重)のみに考慮し、その他は原地盤として計算することはできるか。(Ver.11)

Q1−13. 基盤面直上にボックスを設置した計算を行いたく、地盤画面で基盤面直上の層まで設定しているが、『BOX底面以深の地盤情報がありません』とエラーが表示され設定できない。基盤面直上にボックスを設置するケースは検討できないのか。(Ver.11)

Q1−14. 底版に張出しがある形状の構造物を対象とした計算を行いたいが、可能か。(Ver.11)

Q1−15. 断面力低減係数ξ1が0.1固定になってしまう。0.1でなく計算値をそのまま使用したいが何か方法はあるか。(Ver.11)

Q1−16. BOXが地表面から突出しているようなモデルは計算可能か。(Ver.11)

Q1−17. 底版に張出を設けた形状は可能か。(Ver.11)

Q1−18. 表層地盤の固有周期Tsの自動算出時にTGに乗じる固有周期補正係数αD(下水道計算例2015年版前編1-11, 2-18等での記号)の入力はあるか。(Ver.12)

Q1−19. 安定計算は可能か。(Ver.12)

 2.荷重

Q2−10. 水平変位振幅を直接入力することは可能か?(Ver.8)

Q2−11. 頂版のみ温度荷重を考慮することは可能か。可能な場合、BOXカルバートの設計のように断面力を割増係数α=1.15で除して常時換算しているか。(Ver.9)

Q2−12. 任意活荷重(縦断方向)で入力する輪荷重(kN)は2輪分か、それとも1輪分か。(Ver.9)

Q2−13. 任意死荷重を設定した場合、地震時のケースにも任意死荷重は考慮されるか。任意地震荷重でも同じ荷重を入力する必要があるか。(Ver.10)

Q2−14. 地震時の設計応答速度Svは線形補間で算出していると思うが、手計算結果と一致しない。(Ver.11)

Q2−15. 計算書の「荷重の組合せ」−「基本荷重ケース」の「地震時水平力」にcase-1, case-2があるが、これは何と何の荷重を示しているのか。 (Ver.12)

 3.基礎

Q3−6. 杭の変位量で地盤と杭頭の相対変位差およびボックスと杭頭の相対変位差が許容値15mm程度とあるが出典先は?(Ver.8)

Q3−7. 杭基礎の許容鉛直支持力,引抜力の計算に用いる各載荷状態(常時、L1地震時、L2地震時)の安全率の設定根拠は?(Ver.8)

Q3−8. RC杭で使用している断面性能の根拠を教えて欲しい。(Ver.9)

Q3−9. 適用基準=下水道施設2014の場合に、水平方向地盤ばね定数を地下水以浅、以深で分けないのはなぜか。(Ver.9)

Q3−10. 杭頭補強鉄筋のかぶりはどこからの距離か。(Ver.10)

 4.配筋

 -

 5.必要鉄筋量

 -

 6.曲げ照査

Q6−7. 道路土工カルバート工指針(H21年度版)(P.140)に記載のハンチを設けない場合の断面は、余裕としてコンクリートの曲げ圧縮応力度が 許容応力度の3/4程度となる部材厚にするのが望ましい。を選択する箇所はあるか。(Ver.8)

Q6−8. 曲げ応力度照査で、鉄筋の許容応力度σsaがマイナスになっているのはなぜか。(Ver.11)

 7.せん断照査

Q7−7. せん断応力度照査の出力において、全ケース中で最大のせん断力ではないケースが抽出されることがある。抽出方法について教えてほしい。(Ver.8)

 8.レベル2地震時

Q8−2.適用基準=下水道施設2014時に、「形状」→「地盤」画面の「Ts算出用係数」においてL2地震時用の初期値を2.000としている根拠は?(Ver.10)

Q8−3. レベル2地震時の曲げ耐力照査において、ハンチ端も照査したいが可能か。(Ver.11)

Q8−4. レベル2地震時の曲げ耐力Mudが「RC断面計算」で計算したMudと一致しない。(Ver.12)

 9.骨組(FRAME)データ

Q9−1. 断面力計算のFRAMEモデルにおいて、ハンチがある場合でもハンチを無視してモデル化しているが、何か考慮するスイッチがあるか。(Ver.10)

Q9−2. ヤング係数を変更しても、常時の断面力がヤング係数変更前と変わらない。(Ver.12)

 10.液状化の判定

Q10−1. 液状化の判定で、層毎の平均FLの算定方法は?(Ver.10)



上記以外のQ&Aはすべて製品ヘルプのQ&Aに取り込んでおります。最新バージョンの製品を取得の上、Q&Aをご覧下さい。





  I 断面方向 
 1.適用範囲、制限事項

Q1−1.

地震動(慣性力)の向きは?(Ver.8)
A1−1. 左→右固定となります。左←右には対応していません。

 
Q1−2. 丸鋼(SR235)に対応しているか。(Ver.11)
A1−2. Ver.11.0.0より丸鋼に対応しています。
「材料」でSR235を選択してください。なお、丸鋼選択時は図面作成を行うことは出来ません。
また、Ver.11.0.0未満で丸鋼での計算を行いたい場合は、
・「材料」で、鉄筋の設計降伏強度を変更
・「許容値」で、鉄筋の許容応力度を変更
・「配筋」で、小さな鉄筋径を入力し、ピッチまたは本数を調整して鉄筋量を近似
の入力でご対応くださいますようお願いいたします。

 
Q1−3. 開渠で側壁厚が変化する形状の計算は可能か。(Ver.8)
A1−3. ヘルプの「概要」−「プログラムの機能概要」−「適用範囲」に記載しておりますように本プログラムで取り扱うことのできる断面形状は、部材厚が全長にわたって等厚なものとしており、側壁厚が変化する形状には対応しておりません。ご了承ください。

 
Q1−4. 剛域を考慮する場合に設計曲げモーメントをシフトせずに取り扱っているが根拠は?(Ver.9)
A1−4. 「道路橋示方書・同解説 T共通編/W下部構造編 H24.3 (社)日本道路協会」P.211に剛域を考慮する場合としない場合の設計曲げモーメントの取り扱いが記述されており、こちらで剛域を設定しない場合のみ部材厚/2の分だけシフトするよう記述されています。この内容を元に剛域設定時はシフトせずに取り扱っています。

 
Q1−5. 剛域を考慮する場合、ハンチを考慮していない剛域寸法が設定されるのはなぜか。(Ver.9)
A1−5. 適用基準類の中で唯一剛域を考慮している「土地改良施設耐震設計の手引き平成16年3月社団法人農業土木学会発行」の計算例を元に、本プログラムでは剛域の自動設定ではハンチの影響は考慮しておりません。
ハンチの影響を考慮されたい場合につきましては、「形状」−「剛域」画面にて直接、値を変更してご対応いただきますようお願いいたします。

 
Q1−6. 適用基準で下水道施設2006や下水道施設2014を選択した場合、「材料」画面の安全係数は全て1.0で初期値が設定されているが根拠は?(Ver.9)
A1−6. 「下水道施設耐震計算例−管路施設編 後編−2001年版 (社)日本下水道協会」の計算例を参考としております。
同書P.19に記述の「耐震計算例編集に伴う基本条件の統一表」では安全係数はすべて1.0で記述されており、実際の計算例もすべて1.0が用いられています。
これを元に本プログラムはすべて1.0を初期値としております。

なお、「下水道施設の耐震対策指針と解説-2014年版-」には安全係数について記述がなく、2014年版準拠の計算例も発刊されていないことから2006年版同様上記計算例を参照しています。

 
Q1−7. 「初期入力」画面 −「重要度別補正係数SI」とは何に用いるのか。出典は?(Ver.9)
A1−7. レベル1地震時の躯体慣性力の算出に用いており、
 ・「下水道施設の耐震対策指針と解説−2014年版−(社)日本下水道協会」(P.253)
 ・「下水道施設の耐震対策指針と解説−2006年版−(社)日本下水道協会」(P.177〜178)
にSI=1.1の記述があり、本プログラムでも1.1を初期値としています。
また、本プログラムで参考としている「下水道施設耐震計算例−管路施設編 後編−2001年版 (社)日本下水道協会」の計算例では以下の箇所に記載されています。
 ・「8.現場打ちボックスカルバート(開削用,直接基礎)」→P.8-24
 ・「9.既製・PCボックスカルバート(開削用)」→P.9-28
 ・「10.プレキャストボックスカルバート(RC)」→P.10-9

 
Q1−8. 初期入力画面に「埋め戻し土の入力」の選択(する/しない)がありますが、埋め戻し土を考慮するか否かはどのように使い分ければよいか。(Ver.9)
A1−8. 「下水道施設の耐震対策指針と解説-2014年版- (社)日本下水道協会」(P.147)
「下水道施設の耐震対策指針と解説-2006年版- (社)日本下水道協会」(P.86)
に以下のように記載されています。
 ----------
 計算に用いる土質定数は、原地盤のものとする。ただし、小口径の矩形きょのように外径に対して開削幅が広く、かつ埋戻し土の強度が
 周辺地盤と大きく異なると判断される場合は、埋戻し土の土質定数も考慮する。
 ----------

埋戻し土を考慮するか否かについては、設計者の方のご判断で設定していただきますようお願いいたします。

 
Q1−9. 縦断方向の計算で、土被り厚を変化させることは可能か。(Ver.10)
A1−9. 土被り厚は一定としており、変化させることはできません。

 
Q1−10. マンホールと矩形きょの接続部の照査を行う場合の「マンホールの深さ」にはどの深さを設定すればよいか。(Ver.10)
A1−10. 地表面からマンホール下端までの深さを設定してください。

 
Q1−11. 下水道耐震2014年版に記載の震度法による開きょの検討は可能か。(Ver.11)
A1−11. 現在は、開きょについて下水道耐震2006年版に記載の応答変位法にしか対応しておらず、下水道耐震2014年版に記載の震度法には対応しておりません。どうぞご了承ください。
なお、
・道路土工シリーズ「擁壁の設計・3D配筋」
・水工シリーズ「開水路の設計・3D配筋」
は、ともに土地改良「水路工」による開きょの検討に対応しており、下水道耐震2014年版についても同様に検討可能となります。

 
Q1−12. 埋戻し土を考慮する場合、埋戻し土は土圧(死荷重)のみに考慮し、その他は原地盤として計算することはできるか。(Ver.11)
A1−12. 可能です。
「初期入力」画面の「埋戻し土の土質定数を用いる項目」において「常時」のみにチェックを付けてください。
これにより埋戻し土の土質定数は常時のみに考慮されます。

 
Q1−13. 基盤面直上にボックスを設置した計算を行いたく、地盤画面で基盤面直上の層まで設定しているが、『BOX底面以深の地盤情報がありません』とエラーが表示され設定できない。基盤面直上にボックスを設置するケースは検討できないのか。(Ver.11)
A1−13. 底版バネの自動算出時に底版直下の地質データを参考に算出することより、底版直下に地質データが存在しない場合は「地盤」画面の確定を不可としています。
従いまして、底版以深に地質データが存在するよう、最下層に基盤面の層データを追加してください。

 
Q1−14. 底版に張出しがある形状の構造物を対象とした計算を行いたいが、可能か。(Ver.11)
A1−14. 申し訳ございませんが、本プログラムでは底版に張出がある形状に対応しておりません。ご了承ください。

 
Q1−15. 断面力低減係数ξ1が0.1固定になってしまう。0.1でなく計算値をそのまま使用したいが何か方法はあるか。(Ver.11)
A1−15. 「考え方」−「縦方向」画面に『断面力低減係数ξ, Cxの取り扱い』の選択を設けております。
お考えのデータでは「0.1を最小値とする」が選択されているものと思われます。
「計算値を使用」に設定いただくことで計算値をそのまま使用することになります。

 
Q1−16. BOXが地表面から突出しているようなモデルは計算可能か。(Ver.11)
A1−16. 本プログラムでは地表面は左右同じ高さで頂版天端以上としており、地表面からボックスが突出した状態での入力および計算を行うことはできません。どうぞご了承ください。
ただし、常時につきましては、以下の方法で等価な荷重状態を作成することは可能かと存じます。
・「形状」−「土被り」画面で、土被り厚=0.0とします。
・「荷重」−「任意死荷重」で、地表面が頂版天端にあるときと地表面が頂版天端より下にあるときとの土圧の差分を土圧の作用方向と逆向きに設定します。

なお、地震時については応答変位法にて行っており、地中にボックスが存在していることを前提としておりますので突出した状態には対応しておらず、また代用入力方法等についても適切な情報を持ち合わせておりません。どうぞご了承ください。

 
Q1−17. 底版に張出を設けた形状は可能か。(Ver.11)
A1−17. 底版への張出の設置には対応しておりません。ご了承ください。

 
Q1−18. 表層地盤の固有周期Tsの自動算出時にTGに乗じる固有周期補正係数αD(下水道計算例2015年版前編1-11, 2-18等での記号)の入力はあるか。(Ver.12)
A1−18. 「形状」→「地盤」画面の下側にある「Ts算出用係数(×TG)」がご質問の固有周期補正係数αDに該当します。

 
Q1−19. 安定計算は可能か。(Ver.12)
A1−19. 本プログラムの参考元である各基準類の基準書や計算例では安定計算について特に記述されておらず、安定計算には対応しておりません。

 2.荷重

Q2−10.

水平変位振幅を直接入力することは可能か?(Ver..8)
A2−10. 可能です。
「初期入力」画面に「水平変位振幅:計算/入力」のスイッチを用意しています。
「入力」選択時は「荷重」→「水平変位振幅」画面にて水平変位振幅を入力可能となります。

 
Q2−11. 頂版のみ温度荷重を考慮することは可能か。可能な場合、BOXカルバートの設計のように断面力を割増係数α=1.15で除して常時換算しているか。(Ver.9)
A2−11. 「考え方」→「基本・荷重」画面に温度変化の入力を各部材毎に用意しておりますのでこちらでご入力ください。
なお、本製品では「BOXカルバートの設計」製品と異なり断面力を割増係数α=1.15で除する常時換算は
行っておらず、「温度変化時」として常時や地震時とは分けて検討しています。

 
Q2−12. 任意活荷重(縦断方向)で入力する輪荷重(kN)は2輪分か、それとも1輪分か。(Ver.9)
A2−12. 1輪分の輪荷重(kN)を入力してください。入力された輪荷重を2倍して荷重強度を算出します。

 
Q2−13. 任意死荷重を設定した場合、地震時のケースにも任意死荷重は考慮されるか。任意地震荷重でも同じ荷重を入力する必要があるか。(Ver.10)
A2−13. 任意死荷重は死荷重ケースに含まれるため、地震時のケース(死荷重+地震荷重)のケースにも死荷重として含まれています。
そのため、任意死荷重で入力した荷重は、地震時のケースにも考慮されます。
なお、任意地震荷重Lv1、Lv2で入力された荷重は、Lv1、Lv2のケースのみに考慮されます。

 
Q2−14. 地震時の設計応答速度Svは線形補間で算出していると思うが、手計算結果と一致しない。(Ver.11)
A2−14. 設計応答速度Svは線形補間ではなく対数線形補間で算出しています。
詳しくはヘルプ「計算理論及び照査の方法」→「断面方向の計算」→「荷重」−「地震時水平力(レベル1)」および「地震時水平力(レベル2)」に算出式を記載しており
ますのでこちらをご参照ください。

 
Q2−15. 計算書の「荷重の組合せ」−「基本荷重ケース」の「地震時水平力」にcase-1, case-2があるが、これは何と何の荷重を示しているのか。(Ver.12)
A2−15. ・地震時水平力(レベル#) (case-1):死荷重(case-1)に組み合わせる地震荷重
・地震時水平力(レベル#) (case-2):死荷重(case-2)に組み合わせる地震荷重
であることを意味します。
「形状」−「地盤」画面で「地盤のせん断強度を算出する」がチェックされている場合、下記式にて地盤のせん断強度を算出し、そのせん断強度を周面せん断力の上限値とします。
 τmax = C + σn・tanφ
 ここに、
  τmax:地盤のせん断強度 (kN/m2)
  C:地盤の粘着力 (kN/m2)
  σn:有効上載土圧
  φ:地盤の内部摩擦角
上記の有効上載土圧σnについて、「形状」−「地盤」画面で「有効上載土圧の算出に水位を考慮する」がチェックされている場合、水位による土の重量変化を考慮して算出します。
このことより、死荷重ケース(外水位ケース)によって地盤のせん断強度が異なることとなり、つまりは周面せん断力、地震荷重が異なることになります。
そのため、各死荷重ケース(外水位ケース)に応じた地震荷重を用意しており、そのcase番号を名称の最後に付けています。

 3.基礎

Q3−6.

杭の変位量で地盤と杭頭の相対変位差およびボックスと杭頭の相対変位差が許容値15mm程度とあるが出典先は?(Ver.8)
A3−6. 「下水道施設耐震計算例−処理場・ポンプ場編−2002年版 (社)日本下水道協会」→「4. U類 (地中埋設線状構造物)」のP.4-70を参考としています。

 
Q3−7. 杭基礎の許容鉛直支持力,引抜力の計算に用いる各載荷状態(常時、L1地震時、L2地震時)の安全率の設定根拠は?(Ver.8)
A3−7. 「下水道施設耐震計算例−処理場・ポンプ場編−2002年版 (社)日本下水道協会」の以下の箇所を参考としています。
 支持力算出に用いる安全率:P.109の表4-6-3-1
 引抜力算出に用いる安全率:P.110の6-3-3の(2)


 
Q3−8. RC杭で使用している断面性能の根拠を教えて欲しい。(Ver.9)
A3−8. 1種については杭基礎設計便覧(昭和61年1月)、2種については杭基礎設計便覧(平成4年10月)を参照しています。
また、断面性能表についてヘルプの「計算理論及び照査の方法」−「断面方向の計算」−「杭体データ」の【杭種別データ:RC杭】に記載しております。

 
Q3−9. 適用基準=下水道施設2014の場合に、水平方向地盤ばね定数を地下水以浅、以深で分けないのはなぜか。(Ver.9)
A3−9. 公益社団法人 日本下水道協会のHPで公開されている「下水道施設の耐震対策指針と解説-2014年版-」説明会での質疑応答では、「応答変位法は表層地盤を一律とみなして計算する方法である」との記載があり、本製品では、表層地盤が複数の層で構成される場合でも、動的せん断弾性波速度や動的ポアソン比は、表層地盤に対して1つの値をとるものと考えています。
現プログラムでは、水位の有無を問わず表層地盤全体で同一のポアソン比を用いる仕様としており、地下水以浅以深問わず、1種類のばねとしています。

 
Q3−10. 杭頭補強鉄筋のかぶりはどこからの距離か。(Ver.10)
A3−10. 仮想コンクリート断面外縁からのかぶりを入力してください。

 4.配筋

 -
 -

 -

 -
 5.必要鉄筋量

 -

 -


 -
 -
 6.曲げ照査

Q6−7.

道路土工カルバート工指針(H21年度版)(P.140)に記載のハンチを設けない場合の断面は、余裕としてコンクリートの曲げ圧縮応力度が 許容応力度の3/4程度となる部材厚にするのが望ましい。を選択する箇所はあるか。(Ver.8)
A6−7. 「許容値」→「常時」、「レベル1地震時」画面→「コンクリート」の「許容曲げ圧縮応力度隅角部(ハンチ無)σca」がご質問に該当します。
「許容曲げ圧縮応力度隅角部(ハンチ有)σca」の3/4の値を初期値としており、また「許容曲げ圧縮応力度隅角部(ハンチ有)σca」の入力を変更した際にもその3/4値を自動セットします。

 
Q6−8. 曲げ応力度照査で、鉄筋の許容応力度σsaがマイナスになっているのはなぜか。(Ver.11)
A6−8. 鉄筋の応力度σsは、σs>0.0のとき引張応力度,σs<0.0のとき圧縮応力度が生じていることを示しています。
圧縮軸力(Nが正)に対して曲げモーメントがかなり小さい(0に近い)場合に、σsが圧縮応力度となる傾向があります。
鉄筋に
・引張応力度(σs>0.0)が生じる設計断面では、σsaとして「許容値」画面の「鉄筋の許容引張応力度」で設定されている値
・圧縮応力度(σs<0.0)が生じる設計断面では、σsaとして「許容値」画面の「鉄筋の許容圧縮応力度」で設定されている値
を出力し、応力度の符号にあわせて出力しております。
なお、鉄筋に圧縮応力度が生じても(σs<0.0となっていても)、許容応力度内であれば問題ありません。

 7.せん断照査

Q7−7.

せん断応力度照査の出力において、全ケース中で最大のせん断力ではないケースが抽出されることがある。抽出方法について教えてほしい。(Ver.8)
A7−7. 本プログラムのせん断応力度照査では、各照査断面ごとに全検討ケースについてせん断応力度を計算し、(せん断応力度/許容せん断応力度)が最大となるケースを抽出しています。

[入力]−「考え方」−「応力度照査」の入力画面で「平均せん断応力度の照査方法(RC部材)=道示W、土工指針H21」が選択されている場合、製品ヘルプの「計算理論及び照査の方法」−「断面方向の計算」−「許容応力度法照査」の『2)せん断応力度, 許容せん断応力度』の『許容せん断応力度の割増 2)土工指針(H21)準拠』に記載されていますように、有効高、引張主鉄筋比、軸方向圧縮力の影響を考慮して許容せん断応力度の割増を行っており、軸方向圧縮および曲げモーメントが影響しますので、必ずしも最大せん断力時が『応力度/許容応力度』最大とはなりません。

なお、本プログラムでは全検討ケースについて応力度結果を出力することが可能です。
計算実行後、「計算書作成」→「結果詳細」ボタン押下にて表示される「出力項目選択」画面にて『断面方向:全検討ケースの応力度=出力する』に設定して頂くことで、計算書の「断面照査」に全検討ケースの結果が出力されますので、こちらをご参照頂くことで抽出結果を確認することが可能です。

 8.レベル2地震時

Q8−2.

適用基準=下水道施設2014時に、「形状」→「地盤」画面の「Ts算出用係数」においてL2地震時用の初期値を2.000としている根拠は?(Ver.10)
A8−2. 「下水道施設耐震計算例−管路施設編 後編−2001年版 (社)日本下水道協会」ではレベル1、レベル2地震時ともαD = 1.25として扱われていましたが、「下水道施設耐震計算例−管路施設編−前編 2015年版 (社)日本下水道協会」(P.2-10)では、レベル2地震時のαD = 2.00 で扱われており、この内容を元にレベル2地震時用の初期値を2.00としています。

 
Q8−3. レベル2地震時の曲げ耐力照査において、ハンチ端も照査したいが可能か。(Ver.11)
A8−3. 可能です。
「考え方」→「応力度照査」画面→「曲げ照査点」に「レベル2地震時 ハンチ端も照査する」の入力スイッチを用意しています。
こちらにチェックを付けていただけますと、部材端だけでなくハンチ端についても結果を確認することが出来ます。

 
Q8−4. レベル2地震時の曲げ耐力Mudが「RC断面計算」で計算したMudと一致しない。(Ver.12)
A8−4. 「考え方」−「応力度照査」画面の『曲げ耐力の算出方法』をご確認ください。
『曲げ耐力の算出方法=N一定』を選択されていないでしょうか。

「RC断面計算」では限界状態設計法による通常の結果確認画面や計算書では、「M/N一定」で算出したMudのみ表示され、「N一定」で算出したMudを確認することができません。
ただし、RC断面計算プログラムで「限界状態設計法」→「基本定数」タブ画面にて「曲げ耐力Mu(N一定で計算)の参考出力=する」として計算実行後、「ファイル」メニュー→「印刷プレビュー」→「テキスト印刷プレビュー」で表示される計算書の「#.終局限界状態の検討」→「●作用軸力と軸方向耐力を一致させた場合の、曲げ耐力の参考出力」でN一定時のMudが確認できますので、こちらの値と比較することで一致することが確認できます。

 9.骨組(FRAMEデータ)

Q9−1.

断面力計算のFRAMEモデルにおいて、ハンチがある場合でもハンチを無視してモデル化しているが、何か考慮するスイッチがあるか。(Ver.10)
A9−1. 本プログラムでのFRAME解析時の本体骨組みモデルにつきましては、
「道路橋示方書・同解説 W下部構造編(H24.3)日本道路協会」P.211の
 3)断面力を算出する場合の軸線は、ハンチを無視した部材断面の図心軸線に一致させる。
の内容を採用しており、ハンチの影響を考慮した骨組みモデル化は行っておりません。

 
Q9−2. ヤング係数を変更しても、常時の断面力がヤング係数変更前と変わらない。(Ver.12)
A9−2. ヤング係数を変更した場合、変位に影響が生じます。
バネ基礎で部材分布バネを有する場合など変位が断面力に関係するケースでは、ヤング係数の変更により断面力値も変わりますが、常時の検討で基礎形式=底版反力度の場合、断面力値は変化しません。

 10.液状化の判定

Q10−1.

液状化の判定で、層毎の平均FLの算定方法は?(Ver.10)
A10−1. 説明図をご参照ください。







戻る
UC-win INDEX


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
医療法人知邑舎 岩倉病院
リハビリテーションセンター

[ お知らせ ]
デザインフェスティバル 2018
-3Days+Eveのご案内







>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
Engineer's Studio® Ver.8
UC-1 Engineer's Suite 積算
Ver.5
矢板式係船岸の設計計算 Ver.4
調節池・調整池の計算 Ver.8
たて込み簡易土留めの設計
計算Ver.3

キャンペーン実施中
IT導入補助金
技術サービス早割
オータムFPBポイント倍増

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
12/14  Arcbazar・
  環境アセスVR
12/18  擁壁の設計・3D配筋
12/20  橋脚の設計・3D配筋
  (部分係数法・H29道示対応)
  /橋脚の復元設計
12/21  土留め工の性能設計

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CAD/CIM、建設会計
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション