Civil Engineer's Forum-FORUM8 このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Google

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

Ver. 日付 内  容
1.00.00 '13.06.06 新規リリース。
1.00.00 '13.06.19 Ver.1.00.00再リリース版
  • UC-1 for SaaS基本ライセンスが付与されます。(有効ライセンス期間)
  • NetUpdate のライセンスが付与されます。(有効ライセンス期間)
2.00.00 '13.07.31 ■要望対応
  • 入力:杭頭補強鉄筋の材質設定を追加しました。「基礎」→「杭頭補強鉄筋」画面に入力を用意しています。
  • 入力:「地盤バネ」→「常時」,「地震時」画面の「計算」ボタン押下によるバネ値算出において、これまでせん断バネは鉛直方向バネに0.3を乗じて算出しておりましたが、同画面に「バネの比λ」の入力を用意し、任意の値を乗じて算出できるようにしました。
  • 計算:温度上昇および温度下降を考慮した検討に対応しました。「考え方」→「基本・荷重」画面に入力を用意しています。温度上昇、下降はそれぞれ温度荷重をフレームモデルに載荷することで検討します。RC函体のみを対象とします。
  • 計算:乾燥収縮を考慮した検討に対応しました。「考え方」→「基本・荷重」画面に入力を用意しています。乾燥収縮は温度荷重としてフレームモデルに載荷することで検討します。RC函体のみを対象とします。
  • 計算:単鉄筋構造による検討に対応しました。単鉄筋構造とは二次製品や小規模ボックス等に見受けられる鉄筋を部材断面中心付近にのみ配置したものとなります。「初期入力」画面に「配筋構造:複鉄筋構造/単鉄筋構造」のスイッチを用意しています。RC函体の単ボックスで直接基礎の場合のみを対象とします。
  • 計算:最小鉄筋量の照査に対応しました。常時、レベル1地震時毎に検討を行います。「考え方」→「応力度照査」画面に「最小鉄筋量照査(RC部材):行わない/行う」のスイッチを用意しています。また照査方法は道示Wの方法とコンクリート標準示方書の方法の2種類を用意しています。RC部材のみを対象とします。
  • 計算:最大鉄筋量の照査に対応しました。常時、レベル1地震時毎に検討を行います。「考え方」→「応力度照査」画面に「最大鉄筋量照査(RC部材):行わない/行う」のスイッチを用意しています。RC部材のみを対象とします。
  • 計算:開きょの場合に側壁下端の照査においてモーメントシフトを考慮できるようにしました。「考え方」→「応力度照査」画面に「側壁下端のモーメントシフト:行わない/行う」のスイッチを用意しています。
  • 出力:計算書の「設計条件」-「地盤条件および補正係数」に出力している地質表において、「形状」→「地盤」画面で入力されている地質情報を全て出力するようにしました。

■不具合修正
  • 計算:負の周面摩擦力の検討において、50%浮力を適用した場合に死荷重による杭頭荷重が正しくない場合があり、これを修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.2.0.0〜」→「Ver.2.0.0」
  • 「概要」→「プログラムの機能概要」→「機能および特長」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「初期入力」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「地盤バネ」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「基礎」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「配筋」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「考え方」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「断面方向の計算」→「FRAMEデータ」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「断面方向の計算」→「最小鉄筋量照査」 ※追加
  • 「計算理論及び照査の方法」→「断面方向の計算」→「最大鉄筋量照査」 ※追加
  • 「Q&A」→「断面方向」→「1.適用範囲、制限事項」→「Q1-2〜6」 ※追加
  • 「Q&A」→「断面方向」→「2.荷重」 ※追加
  • 「Q&A」→「断面方向」→「3.基礎」 ※追加
  • 「Q&A」→「断面方向」→「4.配筋」 ※番号の変更(Q2からQ4へ)
  • 「Q&A」→「断面方向」→「4.配筋」→「Q4-7〜8」 ※追加
  • 「Q&A」→「断面方向」→「5.必要鉄筋量」 ※番号の変更(Q3からQ5へ)
  • 「Q&A」→「断面方向」→「6.曲げ照査」 ※番号の変更(Q4からQ6へ)
  • 「Q&A」→「断面方向」→「7.せん断照査」 ※番号の変更(Q5からQ7へ)
  • 「Q&A」→「断面方向」→「7.せん断照査」→「Q7-5〜6」 ※追加
  • 「Q&A」→「断面方向」→「8.レベル2地震時」 ※追加
  • 「Q&A」→「断面方向」→「9.骨組み(FRAME)データ」 ※追加
  • 「Q&A」→「縦方向」→「1.縦方向」 ※追加
  • 「サポート」→「ご購入についてのお問い合わせ」
2.00.01 '13.10.17 ■不具合修正
  • 入力:「初期入力」画面にて適用基準=水道施設を選択して確定後、再度「初期入力」画面を開いて確定した時、縦断方向のせん断変形係数GDの算出が正しく行われなくなる不具合があり、これを修正しました。
  • 計算:液状化の判定において、地表面から20mの層の液状化の判定を行うとし、測定点毎のN値が20m以深も入力されている場合に、正常に平均FL値が算出されない不具合があり、これを修正しました。
  • 出力:詳細計算書の「縦断方向の検討」→「レベル1地震時照査」の判定結果の出力内容が不正の場合があり、これを修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.2.0.0〜」→「Ver.2.0.1」
2.01.00 '13.11.08 ■機能追加
  • ファイルメニューに「サンプルデータフォルダを開く」を追加しました。
  • ヘルプメニューに「製品サポートQ&Aページ」を追加しました。

■要望対応
  • 入力:水平変位振幅の直接入力に対応しました。「初期入力」画面に「水平変位振幅:計算/入力」のスイッチを用意しています。入力選択時は「荷重」→「水平変位振幅」画面にて入力可能となります。
  • 計算:縦方向の照査方法がプレキャスト(縦連結)の場合に、可とう性継手遊間に対する検討時のγ2, γ3算出において現在は地盤振動の換算波長L'を用いておりますが、地盤振動の波長Lを扱えるよう対応しました。「考え方」→「縦方向」画面に「可とう性継手遊間に対する検討時のγ2, γ3算出に用いる波長:地盤振動の波長L/地盤振動の換算波長L'」のスイッチを用意しています。

■仕様変更
  • 計算:縦方向の照査方法がプレキャスト(縦連結)の場合に、部材間バネによるスパン中央の変位量δspの算出において、下水道施設耐震計算例(4章10-69〜70)による算出方法を変更しました。
  • 計算:縦方向の照査方法がプレキャスト(縦連結)の場合に、地震時曲げモーメントの算出において目地が離間しない場合に継手による断面力低減係数Cxを考慮するようにしました。旧データ読み込み時にCxが1.0以上の場合は1.0、0.1未満の場合は0.1として扱います。またこの扱いは「考え方」→「縦方向」画面で変更することも可能です。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.2.1.0〜」→「Ver.2.1.0」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「ファイル」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「初期入力」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「荷重」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「考え方」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「ヘルプ」
  • 「計算理論及び照査の方法」-「縦断方向の計算」―「縦連結」―「地震時軸力に対する検討」
  • 「計算理論及び照査の方法」-「縦断方向の計算」―「縦連結」―「地震時曲げモーメントに対する検討」
  • 「計算理論及び照査の方法」-「縦断方向の計算」―「縦連結」―「可とう性継手部の遊間に対する検討」
  • 「Q&A」→「断面方向」→「3.基礎」→「Q3-6」 ※追加
2.01.01 '14.06.05 ■要望対応
  • 入力:土の単位体積重量の入力下限値を0.10(kN/m3)に拡張しました。
  • ヘルプ:PHC杭またはPC杭のとき、「基礎」-「基本」画面の『鋼材量』および『配置半径』は、レベル2地震時の杭体照査およびPHC杭の杭頭カットオフ区間の杭体照査にのみ用いていることを画面ヘルプに明記しました。

■不具合修正
  • 計算:底版がインバート形状で、せん断耐力の照査位置が曲げ耐力の照査位置と同じ場合に、せん断耐力照査に用いる部材高が不正になる場合があり、これを修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.2.1.0〜」→「Ver.2.1.1」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「基礎」
  • 「Q&A」→「断面方向」→「1.適用範囲、制限事項」→「Q1-7」 ※追加
  • 「Q&A」→「断面方向」→「1.適用範囲、制限事項」→「Q1-8」 ※追加
  • 「Q&A」→「断面方向」→「2.荷重」→「Q2-10」 ※追加
  • 「Q&A」→「断面方向」→「3.基礎」→「Q3-7」 ※追加
  • 「Q&A」→「断面方向」→「6.曲げ照査」→「Q6-7」 ※追加
  • 「Q&A」→「断面方向」→「7.せん断照査」→「Q7-7」 ※追加
3.00.00 '14.07.02 ■要望対応
  • 『下水道施設の耐震対策指針と解説 2014年版』 公益社団法人 日本下水道協会に対応しました。
    1. 動的変形係数を用いた地盤反力係数に対応
    2. 表層地盤の動的せん断弾性係数を用いた周面せん断力に対応
    3. 液状化の判定において、『平成24年道路橋示方書・同解説 X耐震設計編』公益社団法人 日本道路協会に対応
  • 入力、計算:「形状」→「地盤」画面のα
    1. Eo(地震時)をレベル1地震時、レベル2地震時それぞれにおいて入力できるようにしました。また、これに伴い側壁や底版の分布バネまたは杭基礎時の支点バネについて、レベル1地震時、レベル2地震時で別々に設定可能としています。

■不具合修正
  • 計算:「地震時固定荷重」は死荷重状態の荷重ですが、杭基礎時のFRAMEモデルにおいて、地震時の支点条件を用いて断面力を算出している不具合があり、これを修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.3.0.0〜」→「Ver.3.0.0」
  • 「概要」→「プログラムの機能概要」→「概要」
  • 「概要」→「プログラムの機能概要」→「機能および特長」
  • 「概要」→「プログラムの機能概要」→「適用基準及び参考文献」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「初期入力」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「形状」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「地盤バネ」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「断面方向の計算」→「荷重」→「地震時水平力(レベル1)」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「断面方向の計算」→「荷重」→「地震時水平力(レベル2)」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「液状化の判定」→「液状化の判定(道示X H14)」 ※従来の「液状化の判定」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「液状化の判定」→「液状化の判定(道示X H24)」 ※追加
  • 「Q&A」→「断面方向」→「1.適用範囲、制限事項」→「Q1-9」 ※追加
3.00.01 '14.09.12 ■要望対応
  • 入力:適用基準が下水道施設の場合、「考え方」→「縦方向」画面→「断面力低減係数ξ,Cxの取り扱い」→「レベル2」の初期値を"0.1を最小値とする"から"計算値を使用"に変更しました。これは下水道施設対策指針と解説の2014年版P.157, 2006年版P.96を参考にしています。
  • 入力:許容押抜きせん断応力度の初期値について、道示W表-4.2.1はσck=30まで記述されておりσck>30の場合はこの表を元に線形補間で算出していましたが、道示V表-3.2.7はσck=60まで記述されているため、σck>30は道示V表-3.2.7を元に算出するよう変更しました。

■不具合修正
  • 入力:「形状」→「地盤」画面でセル移動方向を下向きに指定している場合において、入力最下層の土質変更時にプログラム動作が停止してしまう不具合があり、これを修正しました。
  • 入力:適用基準が下水道施設2014の場合、矩形きょと矩形きょの継手部の照査およびマンホールと矩形きょの接続部の照査において、縦締め連結しない二次製品の検討が行えない不具合があり、これを修正しました。
  • 入力:開きょ選択時に、本来は未対応の適用基準=土地改良施設および水道施設が選択できてしまう不具合があり、これを修正しました。
  • 入力:埋戻し土を考慮する場合に、「形状」→「地盤」画面の埋戻し土入力表でVsi以降の値が正常にセットされない不具合があり、これを修正しました。
  • 入力:「基礎」-「杭配置」画面確定時の杭間隔≧最小杭中心間隔を満たしているかのチェックにおいて、例えば千鳥配置の場合でも格子状のすべての杭が配置されていることを前提にチェックを行っていたため、実際に配置されている杭のみを対象としてチェックを行うよう修正しました。
  • 計算:杭基礎で検討ケース数が比較的多い場合、計算実行時にエラーが発生することがあり、これを修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.3.0.0〜」→「Ver.3.0.1」
  • 「Q&A」→「断面方向」→「1.適用範囲、制限事項」→「Q1-10」 ※追加
3.01.00 '15.01.05 ■要望対応
  • 入力:「形状」→「地盤」画面→「層厚(m)」の入力下限値を0.010(m)に拡張しました。
  • 計算:水位ケース数(死荷重ケース数)の上限を拡張しました。最大10ケースまで検討可能です。またこれに伴い、任意死荷重,任意地震荷重Lv1, 任意地震荷重Lv2も最大10ケースまでに拡張しました。
  • 計算:本体を基盤面直上に設置した場合に、底版の周面せん断力を無視できるようにしました。「考え方」-「基本・荷重」画面→「底版の周面せん断力を無視する(基盤面上に設置時)」のスイッチを用意しています。
  • 計算:曲げ照査において、常時、レベル1地震時、レベル2地震時それぞれで単鉄筋/複鉄筋の指定に対応しました。「考え方」→「応力度照査」画面 →「鉄筋」にスイッチを用意しています。
  • 計算:支間部の曲げ照査において、Mの極値(せん断力の符号が反転する位置)が無い場合は照査を省略していましたが、支間中央を照査位置として照査を行えるようにしました。「考え方」-「応力度照査」画面→「Mの極値がないとき支間中央点とする」スイッチを用意しています。
  • 計算:限界状態設計に用いる材料係数について、これまで曲げせん断共通としていましたが、曲げ,せん断それぞれ用の入力を用意し異なる値で検討できるようにしました。
  • 計算:液状化による浮上りに対する検討に用いる「底面に作用する過剰間げき水圧による揚圧力UD」の有効上載圧σv'について、粘性土の考慮に対応しました。「考え方」-「基本・荷重」画面→「UD算出に用いる有効上載圧σv'の扱い:粘性土を考慮/粘性土を無視」スイッチを用意しています。
  • 計算:杭頭接合部の底版コンクリートの水平方向押抜きせん断応力度照査について、作用する水平力の向きに応じて左右の照査側を決めて照査していましたが、左右とも照査し厳しい方を抽出するようにしました。
  • 計算:縦方向の検討に用いる断面定数の算出において、ハンチの無視に対応しました。「考え方」→「縦方向」画面→「断面定数算定時のハンチ:考慮しない/する」スイッチを用意しています。
  • 出力:適用基準=下水道施設2006または2014の場合に、レベル1地震時の設計水平震度の算出に用いる地盤別補正係数CGおよび重要度別補正係数CIの記号を地盤別補正係数SGおよび重要度別補正係数SIに変更しました。

■不具合修正
  • 出力:適用基準=下水道施設2014の場合に、詳細計算書「荷重」→「地震時水平力(レベル2)」に出力している基準書名「下水道施設の耐震対策指針と解説 (社)日本下水道協会」の年版を「2006年版」から「2014年版」に修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.3.1.0〜」→「Ver.3.1.0」
  • 「概要」→「プログラムの機能概要」→「機能および特長」
  • 「概要」→「プログラムの機能概要」→「適用範囲」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「初期入力」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「荷重」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「考え方」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「ヘルプ」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「断面方向の計算」→「荷重」→「常時、地震時固定荷重」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「断面方向の計算」→「荷重」→「地震時水平力(レベル1)」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「断面方向の計算」→「荷重」→「地震時水平力(レベル2)」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「断面方向の計算」→「許容応力度法照査」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「断面方向の計算」→「耐力照査」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「断面方向の計算」→「液状化による浮上りに対する検討」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「断面方向の計算」→「杭頭結合計算」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「縦断方向の計算」→「断面定数」
  • 「Q&A」→「断面方向」→「1.適用範囲、制限事項」→「Q1-11」 ※追加
  • 「Q&A」→「断面方向」→「2.荷重」→「Q2-11」 ※追加
  • 「Q&A」→「断面方向」→「3.基礎」→「Q3-8」 ※追加
3.01.01 '15.06.16 ■不具合修正
  • 表示:杭基礎で杭頭モーメントを載荷しない状態でも本体照査を行う場合に、計算確認画面において杭頭M無視時の判定がOUT(赤表示)でもボタン色が赤色で表示されない不具合があり、これを修正しました。
  • 表示:部材毎の結果確認画面でのレベル2地震時せん断耐力結果出力において、2,3連ボックスの頂底版中隅角部の結果が正しく出力されない場合があり、これを修正しました。
  • 表示,出力:部材毎の結果確認画面や詳細計算書での常時およびレベル1地震時の曲げ応力度及び最小鉄筋量照査結果出力において、2,3連ボックスの頂底版中隅角部の結果が正しく出力されない場合があり、これを修正しました。
  • 出力:一覧計算書でのレベル2地震時結果出力において、2,3連ボックスの頂底版中隅角部の使用鉄筋が誤って出力される場合があり、これを修正しました。なお、本現象は出力上のみの問題で計算結果への影響はありません。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.3.1.0〜」→「Ver.3.1.1」
  • 「Q&A」→「断面方向」→「1.適用範囲、制限事項」→「Q1-12」 ※追加
  • 「Q&A」→「断面方向」→「1.適用範囲、制限事項」→「Q1-13」 ※追加
  • 「Q&A」→「断面方向」→「1.適用範囲、制限事項」→「Q1-14」 ※追加
  • 「Q&A」→「断面方向」→「3.基礎」→「Q3-9」 ※追加
4.00.00 '15.09.10

■要望対応

  • 『下水道施設耐震計算例-管路施設編-2015年版』,
    『下水道施設耐震計算例-処理場・ポンプ場編-2015年版』(公益社団法人日本下水道協会) の発刊に伴い、以下の対応を行いました。
    1. 固有周期を算出する際の係数αDにおいて、レベル1地震動で1.25、レベル2地震動で2.00を初期値としました
    2. 表層地盤の動的ポアソン比において、加重平均による自動算出に対応しました。
    3. 地域区分をA,B,CからA1,A2,B1,B2,Cに変更しました。
    4. 剛域部材長の設定方法として道示Vによる設定方法を追加しました。
    5. 杭基礎時の杭体バネは層毎のEDでなく、表層地盤のEDを用いて算出するよう変更しました。
    6. 側壁自重においてハンチ重量を含めて軸線高で除して算出する方法に対応しました。
    7. 周面位置での頂底版周面せん断力の算出に対応しました。
    8. 地層変化位置毎での側壁周面せん断力の算出に対応しました。
    9. 常時底版反力時に、地震時固定荷重の基礎形式を底版反力で算出できるよう対応しました。
    10. 常時底版反力時に、底版自重を載荷した断面力算出に対応しました。
    11. レベル2地震時の曲げ照査でハンチ端での照査に対応しました。
    12. PC部材の平均せん断応力度の照査において、道示W,土工指針H21の方法に対応しました。
    13. 縦方向現場打ち:断面力低減係数を詳細式での算出に対応しました。
    14. 縦方向現場打ち:水平,鉛直面内の断面照査において2方向(上下反転)断面での照査に対応しました。
    15. 縦方向縦連結:離間前等価軸剛性算出時のコンクリート断面積においてハンチ分の無視に対応しました。
    16. 縦方向縦連結:地震時軸力の計算において目地離間時でも補正係数ξ1を計算値で扱えるよう対応しました。
    17. 縦方向縦連結:縦締めPC鋼棒に生じる引張力に初期緊張力を含めず扱えるよう対応しました。
    18. 縦方向縦連結:目地開きの検討において地盤のひずみにより生じる目地開き量の算出に対応しました。
  • 図面作成に対応しました。
    1. 1,2,3連ボックスカルバート本体の配筋図および構造一般図を作成することができます。
  • 入力,表示,出力:マンホールと矩形きょの接続部の検討、矩形きょと矩形きょの継手部の照査において、許容値の入力を用意し、許容値と比較および結果の判定に対応しました。なお、許容値に0が設定されている場合、許容値との比較および結果の判定は行わず、結果の表示のみ行います。
  • 計算:矩形きょと矩形きょの継手部の照査において、縦締め連結しない二次製品での屈曲角の計算に対応しました。
  • 計算:矩形きょと矩形きょの継手部の照査において、地盤の液状化に伴う永久ひずみによる抜出し量の計算に対応しました。
  • 計算:矩形きょと矩形きょの継手部の照査において、地盤の液状化に伴う地盤沈下による屈曲角,抜出し量の計算に対応しました。

■不具合修正
  • 計算:基礎形式が直接基礎で「常時の検討(直接基礎時)=底版反力」で任意地震荷重を考慮するとき、FRAMEモデルの任意地震荷重の支点ケースが不正となる不具合があり、これを修正しました。
  • 計算:函体種別がPC函体のとき、PC部材の死荷重時の結果に誤って設計荷重時のケースが抽出される場合があり、これを修正しました。
  • 出力:計算書の「荷重」-「死荷重」-「躯体自重」の出力において、ハンチ部重量の単位に誤りがあり、これを修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.4.0.0〜」→「Ver.4.0.0」
  • 「概要」→「必要システム及びプロテクト」
  • 「概要」→「プログラムの機能概要」→「概要」
  • 「概要」→「プログラムの機能概要」→「機能および特長」
  • 「概要」→「プログラムの機能概要」→「適用範囲」
  • 「概要」→「プログラムの機能概要」→「適用基準及び参考文献」
  • 「操作方法」→「標準的な処理の流れ」→「設計手順」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「初期入力」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「形状」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「考え方」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「図面作成」 ※追加
  • 「計算理論及び照査の方法」→「断面方向の計算」→「荷重」→「地震時水平力(レベル1)」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「断面方向の計算」→「荷重」→「地震時水平力(レベル2)」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「断面方向の計算」→「許容応力度法照査」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「縦断方向の計算」→「断面力の算定」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「縦断方向の計算」→「断面照査」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「縦断方向の計算」→「矩形きょと矩形きょの継手部の検討」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「縦断方向の計算」→「縦連結」→「地震時軸力に対する検討」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「縦断方向の計算」→「縦連結」→「地震時曲げモーメントに対する検討」
4.00.01 '15.10.02

■要望対応

  • 入力:表層地盤の動的ポアソン比νDを「加重平均による計算値を使用」で算出する場合、地表面からの水位が表層地盤以深に存在するとき、表層地盤の動的ポアソン比νD=地下水以浅のポアソン比νD1として扱うよう修正しました。
  • 計算,ファイル:適用基準=下水道施設2014で地域区分をA2またはB2選択時に、不正なSvが設定されてしまい、またファイル保存時に不正な区分で保存されてしまう不具合があり、これを修正しました。なお、本現象に該当するファイル読み込み時は、メッセージを表示し正しい区分に自動修正します。
  • 計算:矩形きょと矩形きょの継手部の照査方法が縦締め連結しない二次製品での地震動による屈曲角の算出において、継手部の屈曲角θの算出に不具合があり、これを修正しました。
  • 出力:杭基礎の場合に、詳細計算書「2.2死荷重」の荷重図に不正な線を描画してしまう場合があり、これを修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容

  • 「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.4.0.0〜」→「Ver.4.0.1」
4.00.02 '15.11.24

■不具合修正

  • 計算:2,3連ボックスの基礎形式=底版反力で、側壁自重の扱い=ハンチ含まない、底版自重の扱い(常時底版反力時)=考慮、ハンチ重量=考慮の場合に、計算実行時にエラーが発生することがあり、これを修正しました。
  • 計算:マンホールと矩形きょの接続部の検討において、地震動による抜出し量の照査結果がすべて0で出力されてしまう場合があり、これを修正しました。
  • 出力:基礎形式=底版反力で、底版自重の扱い(常時底版反力時)=考慮の場合に、詳細計算書の死荷重の外力集計表において躯体自重に底版が出力されない不具合があり、これを修正しました。なお、本現象は出力上のみの問題で計算結果への影響はありません。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.4.0.0〜」→「Ver.4.0.2」
  • 「Q&A」→「断面方向」→「1.適用範囲、制限事項」→「Q1−15」※追加
  • 「Q&A」→「断面方向」→「2.荷重」→「Q2−12」※追加
  • 「Q&A」→「断面方向」→「10.液状化の判定」→「Q10−1」※追加
4.01.00 '16.05.06 ■重要
ライセンスの認証をサブスクリプション方式に変更しました。
詳しくは、弊社ホームページの「FORUM8サブスクリプションサービス移行のご案内」をご覧ください。
http://www.forum8.co.jp/product/subscription.htm

■不具合修正
  • 計算:最小鉄筋量、最大鉄筋量の結果が保存されない不具合があり、これを修正しました。
  • 計算:任意死荷重の4ケース目以降が正常に載荷されない不具合があり、これを修正しました。
  • 出力:「考え方」→「縦方向画面→「目地開き量の検討」にて「地盤のひずみにより生じる目地開き量W2を算出」がチェックされている場合、詳細計算書の「縦断方向の検討」→「地震時軸力に対する検討」→「(4)目地開き量の照査」において、最後の不等号記号の表記が反対で出力されている不具合があり、これを修正しました。なお、本件は出力上のみの問題で、計算結果への影響はありません。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.4.1.0〜」→「Ver.4.1.0」
  • 「概要」→「著作権」→「プログラム使用権許諾」
  • 「概要」→「必要システム及びプロテクト」→「必要システム」
  • 「概要」→「必要システム及びプロテクト」→「プロテクト」
  • 「操作方法」-「メニューの操作」-「ヘルプ」
4.01.01 '16.06.17 ■不具合修正
  • 表示,出力:適用基準=下水道施設2014または2006で、レベル2地震時にハンチ端も照査する場合に、ハンチが存在しない場合の結果の表示および出力が適切でなかったため、ハンチが存在しない場合のハンチ端の結果は表示しないよう修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.4.1.0〜」→「Ver.4.1.1」
4.01.02 '16.06.22 ■要望対応
  • ヘルプ:「概要」→「プログラムの機能概要」→「適用基準及び参考文献」のコンクリート標準示方書を、対応済みで最新の2012年版に更新しました。

■不具合修正
  • 図面:底版主鉄筋および配力筋径の図面連動が正しくない場合があり、これを修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.4.1.0〜」→「Ver.4.1.2」
  • 「概要」→「プログラムの機能概要」→「適用基準及び参考文献」
4.01.03 '16.09.14 ■要望対応
  • 表示,出力:目地が離間しない場合は、目地開き量の検討を省略できるよう対応しました。「考え方」→「縦方向」画面→「目地開き量の検討」に「目地が離間しない場合、目地開き量の検討省略」スイッチを用意しています。
  • 表示,出力:目地離間の『離間』表記を離間または離隔のどちらで表記するか選択可能としました。「考え方」→「縦方向」画面→「目地開き量の検討」に「『離間』文字列の扱い」スイッチを用意しています。
  • 計算:付着応力度の照査において鉄筋周長の和は外側鉄筋を用いて算出していましたが、「考え方」→「応力度照査」画面→「せん断照査の有効高=曲げの向きに応じる」が選択されている場合は引張側の鉄筋を対象として周長の和を算出するようにしました。
  • 図面:「一般図」および「3D配筋生成(躯体)」に本体開口部を作図するように改善しました。

■不具合修正
  • 計算:計算実行時に杭体断面力算出の問題によりエラーが発生する場合があり、これを修正しました。
  • 表示:平均せん断応力度の照査方法(RC部材)=道示W,土工指針H21で計算実行した時、各部材毎のせん断応力度の結果表示において、M,N及び各補正係数が0で表記されてしまう場合があり、これを修正しました。
  • 出力:死荷重ケース数が4ケース以上の時、詳細計算書「#章設計断面力」→「レベル2地震時」において4ケース目以降の断面力が空白で出力されてしまう不具合があり、これを修正しました。なお、本件は出力上のみの問題で結果への影響はありません。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.4.1.0〜」→「Ver.4.1.3」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「考え方」
  • 「Q&A」→「断面方向」→「1.適用範囲、制限事項」→「Q1−16」※追加
  • 「Q&A」→「断面方向」→「2.荷重」→「Q2−13」※追加
  • 「Q&A」→「断面方向」→「3.基礎」→「Q3−10」※追加
  • 「Q&A」→「断面方向」→「8.レベル2地震時」→「Q8−2」※追加
5.00.00 '16.12.01 ■要望対応
  • 入力:本体配筋の主鉄筋かぶりの入力上限値を99.9(cm)に拡張しました。
  • 入力:せん断補強鉄筋を部材照査位置毎に設定できるよう対応しました。
  • 計算:『水道施設耐震工法指針・解説2009(社)日本水道協会』への対応を行いました。「初期入力」画面の適用基準に「水道施設2009」のスイッチを追加しています。なお、従来の「水道施設」スイッチは「水道施設1997」に変更しています。
  • 計算:内水位および動水圧の考慮に対応しました。内水位は「荷重」→「死荷重」画面に各内空毎の入力を用意しています。また、動水圧は「考え方」→「基本・荷重」画面に「動水圧:考慮しない/考慮する」スイッチを用意しています。内水位が満水の時は自由水面がないもの、満水でない時は自由水面があるものとして扱います。
  • 計算:丸鋼(SR235)に対応しました。「材料」画面にSR235の選択を追加しています。なお、丸鋼設定時は図面作成を行うことができません。
  • 計算:地震時の頂版バネ設定について、これまで適用基準=土地改良施設または水道施設の場合のみ可能でしたが、適用基準=下水道施設2006または下水道施設2014の場合も可能としました。「地盤バネ」→「レベル#地震時」画面にて「頂版にバネを設置」スイッチ選択時に頂版バネの入力が可能となります。
  • 計算:本体設計の曲げ耐力照査に用いる終局モーメントの収束条件は、これまで偏心量(M/N)一定として算出しておりましたが、偏心量(M/N)一定またはN一定のいずれかを指定できるようにしました。「考え方」→「応力度照査」画面にスイッチを用意しています。

■L2非線形解析オプション
  • 『水道施設耐震工法指針・解説2009T総論(社)日本水道協会』→「3.3.立坑、暗渠、共同溝及びシールドトンネルの耐震計算法」の「3.3.1総説」や「3.3.5暗渠、共同溝の耐震計算法」では、構造部材の非線形特性考慮に関して記述されています。これよりレベル2地震時照査の断面力を部材の非線形特性を考慮して算出する機能を追加しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.5.0.0〜」→「Ver.5.0.0」
  • 「概要」→「プログラムの機能概要」→「概要」
  • 「概要」→「プログラムの機能概要」→「機能および特長」
  • 「概要」→「プログラムの機能概要」→「適用範囲」
  • 「概要」→「プログラムの機能概要」→「適用基準及び参考文献」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「初期入力」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「形状」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「材料」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「地盤バネ」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「荷重」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「考え方」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「レベル2」 ※追加
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「計算確認」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「断面方向の計算」→「荷重」→「常時、地震時固定荷重」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「断面方向の計算」→「荷重」→「地震時水平力(レベル1)」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「断面方向の計算」→「荷重」→「地震時水平力(レベル2)」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「断面方向の計算」→「レベル2地震時照査(非線形)」 ※追加
5.00.01 '17.01.30 ■要望対応
  • 入力:コンクリートの許容軸圧縮応力度の自動設定において、設計基準強度σck>30の場合、これまで道示W(H24.3)P.157の表-4.2.1を元に線形補間で求めておりましたが、道示V(H24.3)P.128を参考にσck×0.85×(1/3)で算出するよう変更しました。
  • 入力,出力:L2地震時のせん断耐力算出時の準拠基準について、コンクリート標準示方書2007年の表記を2012年に変更しました。なお、計算内容に変更はありません。

■不具合修正
  • 計算:曲げ応力度照査において、丸鋼(SR235)時の鉄筋許容値が不正となる不具合があり、これを修正しました。
  • 計算:底版がインバート形状のとき、底版の剛域寸法によってレベル2地震時の計算でエラーとなる場合があり、これを修正しました。
  • 表示:常時及びレベル1地震時の総括表及び結果一覧において、側壁の鉄筋許容値が不正となる場合があり、これを修正しました。
  • ファイル:ファイル読み込み時にL1地震時の丸鋼(SR235)用鉄筋許容値が正常に読み込めない不具合があり、これを修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.5.0.0〜」→「Ver.5.0.1」
  • 「概要」→「必要システム及びプロテクト」→「必要システム」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「考え方」
  • 「計算理論及び照査の方法」−「断面方向の計算」−「耐力照査」
  • 「Q&A」→「断面方向」→「1.適用範囲、制限事項」→「Q1−8」
  • 「Q&A」→「断面方向」→「1.適用範囲、制限事項」→「Q1−18」※追加
  • 「Q&A」→「断面方向」→「9.骨組み(FRAME)データ」→「Q9−3」※追加
5.00.02 '17.03.15 ■要望対応
  • 入力:「形状」→「縦連結構造」画面→「標準部ピース数」の入力上限値を99個から199個へ拡張しました。

■不具合修正
  • 計算:地層数が28層以上の場合に、計算実行でエラーとなる場合があり、これを修正しました。
  • 表示,出力:レベル2地震時のせん断耐力照査結果に対する結果確認画面の表示や計算書出力において、Vyd=0より(γi・vd)/Vyd=∞となるケースが存在する場合に、抽出が正常に行われない不具合があり、これを修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.5.0.0〜」→「Ver.5.0.2」


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
パイオニア株式会社 川越事業所
[ イベントレポート ]
デザインフェスティバル 2016






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
UC-1 for SaaS FRAME(面内)
マネージャ Ver.2
電子納品支援ツール Ver.15
UC-win/Road Ver.12
Allplan 2017
配水池の耐震設計計算 Ver.7

キャンペーン実施中
UC-win/Road Ver.12リリース
記念、VRサポートサービス
グレードアップ
リバイバル
TV番組放映期間特別価格

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
4/5  EXODUS・SMARTFIRE体験
4/6  斜面の安定計算
4/7  スイート積算体験
4/11  UAVプラグイン・VR体験

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CALS/CAD
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション