Civil Engineer's Forum-FORUM8 このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Google

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

Ver. 日付 内  容
1.00.00 '13.04.11 新規リリース。
1.01.00 '13.04.30 ■機能拡張
  • 試行くさび時に見かけの震度を用いる場合に、載荷重や水上の土重を考慮できるようにしました。
    考慮する場合は、「見かけの震度 kh‘2」を選択して下さい。
  • 突起を考慮した滑動照査において、突起抵抗土圧を考慮する場合の抵抗土圧幅を選択できるようにしました。
  • クーロン土圧時における載荷荷重の換算時に、X≧(H+Ho)の場合は換算等分布荷重を0とするようにしました。

■機能改善
  • U型擁壁時のフェンス荷重を水平力及びモーメントHで初期設定するようにしました。
  • 杭の許容支持力算出用のオプションにおいて、押込み力及び引抜き力の杭の有効重量の初期値を、「無視」から「考慮」に変更しました。
  • L型,逆L型時におけるかかと版(つま先版)つけ根の断面力の初期値を、「M1の値を使用する(常にM1の値を用いる)」から「M1の値を使用する」に変更しました。
  • 傾斜地盤の寸法効果係数の初期値を「0.3」から「0.333」に変更しました。
  • 初期入力画面において、ブロック積時の形状寸法の入力チェックを行うようにしました。
  • 杭基礎の設計との連動時に、「材料」-「土砂・水」画面確定時に連動データが反映されるようにしました。

■不具合対策
  • 浮き上がりの検討におけるVuとPvが正しく計算されない場合があったため修正しました。
  • 前輪荷重のエラーチェックが、剛性防護柵の場合にも行われていたため修正しました。
  • プログラムを終了した場合にRuntimeErrorが発生する場合があったため修正しました。
  • 計算書の安定計算及び防護柵の表示において、中地震時の照査を行わない場合に正しく表示されない場合があったため修正しました。
  • 結果詳細計算書の作用力の集計図において、U型擁壁時の土圧が描画されない場合があったため修正しました。
  • 図面作成において、たて壁開口部補強筋の鉄筋本数が正しくない場合があった点の対策を行いました。

■ヘルプ
1.概要
  • バージョン及び改良点-Ver.1.1.0について
  • UC-1 Engineer's Suite について-クラウドファイル共有連携
2.操作方法
  • 操作方法-『入力』モードの操作-形状-形状(土砂)
  • 操作方法-『入力』モードの操作-基礎-基礎(支持地盤、根入地盤)
  • 操作方法-『入力』モードの操作-荷重-荷重(土圧)
3.計算理論及び照査の方法
  • 荷重の考え方-土圧の考え方-算定の原則
  • 安定計算(直接基礎)-許容応力度法-滑動に対する照査
4.サポート
  • ご購入についてのお問合せ
1.01.00 '13.06.19 Ver.1.01.00再リリース版
  • UC-1 for SaaS基本ライセンスが付与されます。(有効ライセンス期間)
  • NetUpdate のライセンスが付与されます。(有効ライセンス期間)
1.01.01 '13.07.03 ■機能拡張
  • 杭基礎時の地層データの低減係数DEについて、地震規模毎の指定に対応しました。

■機能改善
  • EPS考慮時において、載荷荷重が作用していないケースでもEPS上に土砂が存在すれば側圧を考慮するようにしました。
  • 段差フーチング時は軽量盛土を設定できないためデータチェックを追加しました。

■不具合修正
  • 土圧式が「土圧強度分布」または「土圧合力」の場合に、竪壁設計時の土圧基点位置に誤りがある場合があったため修正しました。
  • 初期入力画面において、裏込め土と支持地盤の土質を関東ローム層にしても設定が反映されていなかったため修正しました。
  • 3層以上の多層地盤について、土圧を土圧係数直接指定で算出すると単位重量が正しく反映されなかったため修正しました。
  • U型以外の場合に、初期入力画面でフェンス荷重を設定すると詳細入力に正しく反映されなかったため修正しました。
  • 置換基礎の滑動照査において、有効載荷幅を常に底面幅としていたため「支持地盤,根入地盤」画面の「突起無時の底版幅」を参照するようにしました。
  • 限界状態設計法時の鋼管杭の計算結果において、不要な判定を行っていたため修正しました。

■ヘルプ
1.概要
  • バージョン及び改良点-Ver.1.1.xについて
1.02.00 '13.08.05 ■機能追加
  • 静止土圧時の水位毎の見かけの震度に対応しました。
  • かさ上げ盛土高比>1の場合のHの扱いの選択(躯体高,土圧作用高)に対応しました。
  • 落石防護柵の設計において、落石運動エネルギーの低減係数の指定に対応しました。
  • 崩壊土砂による移動の力の設定において、移動高さの最小値制限の指定に対応しました。
  • 軽量盛土の傾斜角度が90度の場合に、軽量盛土背面側土圧を単層として計算できるようにしました。
  • 仮想のり面傾斜角の算出基準の選択を多層地盤にも反映するようにしました。
  • 宅地防災準拠時の土圧係数による土圧算出において、「載荷荷重から5(kN/u)を控除」の設定を安定計算,部材設計毎に指定できるようにしました。
  • U型擁壁フレーム計算の骨組み部材数を55から100に拡張しました。

■機能改善
  • 適用基準が土工指針(H24)の場合、U型擁壁の底版軸力の初期設定を「考慮する」に変更しました。
  • U型擁壁の内部土圧の初期設定を安定計算、側壁設計、底版設計の全てで「考慮する」に変更しました。
  • 設計要領に準拠する場合の設計震度は擁壁工指針に準じて初期化するようにしました。
  • 初期入力画面において、「衝撃力・崩壊土」のデータを変更すると前面土砂高さが0設定されていたので入力値を反映するようにしました。
  • 二段積み擁壁時の上側擁壁の形状入力は、躯体左下座標が開始位置となることを画面上に表示しました。
  • 結果詳細計算書において、U型擁壁の杭基礎及びバネ基礎時は設計条件出力に分布バネを表示するようにしました。
  • 結果詳細計算書において、粘着力が過大で土圧が計算できなかった場合でも土圧計算過程を表示するようにしました。
  • 結果詳細計算書において、杭の許容支持力算出時の水中部杭長が負値となる場合は0と表示するようにしました。
  • 結果詳細計算書において、FCB考慮時の側圧係数の算出式と結果が一致しない場合は式を表示しないようにしました。
  • 図面作成において、たて壁主鉄筋の曲げ長に「計算値」または「作図条件の値」のいずれかを選択できるようにしました。
  • 図面作成において、たて壁主鉄筋を「定尺鉄筋」とした場合、たて壁正面図の寸法線を「全長鉄筋」と 「途中止め鉄筋」の配置情報を合成して作図するようにしました。
  • 図面作成において、L型擁壁で主鉄筋をシングル配筋とし、設定された「底版主鉄筋ピッチ」と「たて壁主鉄筋ピッチ」が異なる場合、メッセージを表示するようにしました。
  • 図面作成において、逆T擁壁の底版上面主鉄筋に継ぎ手があり、後趾主鉄筋の先端が前趾かぶりを確保できない場合は、 底版上面主鉄筋を「継ぎ手なし形状」で配筋するようにしました。
  • 図面作成において、U型擁壁の主鉄筋タイプが「側壁底版一体型」の場合に「組立筋の記号(先頭文字)」を設定できるようにしました。

■不具合修正
  • 擁壁工指針(H24)の支持力照査条件に合致しない場合でも、擁壁工指針(H24)の方法で照査を行う場合があったため修正しました。
  • 背面土砂形状が任意形の場合、盛土の荷重換算を行うことはできませんが、U型左側土砂が任意形の場合は荷重換算を選択することができていたため修正しました。
  • U型時の土圧入力画面において、右側,左側の土圧式に「クーロン(修正物部・岡部)」を選択している場合に、内部,受働の土圧式が正常に反映されない場合があったため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、U型側壁を片持ち梁照査する場合の躯体単位重量表示に誤りがあったため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、剛性防護柵の衝突荷重を考慮する場合に、たわみ性防護柵の前輪荷重が表示されていたため修正しました。

■ヘルプ
1.概要
  • バージョン及び改良点−Ver.1.2.0について
2.操作方法
  • 『入力』モードの操作−初期入力
  • 『入力』モードの操作−形状−形状(側面)
  • 『入力』モードの操作−形状−形状(土砂)
  • 『入力』モードの操作−荷重−荷重(土砂、落石)
  • 『入力』モードの操作−考え方−考え方(浮力、土圧・水圧:土圧)
  • 『入力』モードの操作−考え方−考え方(衝撃力、崩壊土)
3.計算理論及び照査の方法
  • 荷重の考え方−土圧の考え方−静止土圧
  • 防護柵の設計−落石防護柵の設計−防護柵の安全性
  • 軽量盛土工法−軽量盛土工法の土圧
4.サポート
  • ご購入についてのお問合せ
1.02.01 '13.10.09 ■機能改善
  • 載荷荷重範囲の安定照査毎指定時において、全ケースで載荷荷重が選択されていることをチェックするようにしました。
  • 土砂ブロック割り時において、幅や高さが0に近いブロックが存在すると体積等が計算できないため誤差対策を行いました。
  • 土砂捕捉容量の計算において、急斜面形状に鉛直部分が存在すると容量計算ができない場合があったため誤差対策を行いました。

■不具合修正
  • 地盤反力計算時において、後方偏心の三角形分布の場合にかかと版設計時の地盤反力に誤りがあったため修正しました。
  • U型擁壁設計時において、側壁を片持ち梁で考える場合に側壁高さ<水位と設定されているとフレーム計算エラーが発生する場合があったため修正しました。
  • 任意形状設計時において、かかと版設計を行った場合でも結果総括画面にかかと版結果が表示されない場合があったため修正しました。
  • 任意形状設計時において、前面土砂の影響が計算に反映されない場合があったため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、U型擁壁の滑動計算に受働土圧を考慮する際の計算式に誤りがあったため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、設計条件の任意モーメント荷重が入力通りに表示されていなかっため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、任意形状の揚圧力図に不要な部分があったため修正しました。
  • 結果一覧計算書において、仮想鉄筋コンクリート断面の判定に誤りがあったため修正しました。
  • 図面作成において、逆T式擁壁の底版上面主鉄筋形状が正しくない場合があったため修正しました。

■ヘルプ
1.概要
  • バージョン及び改良点−Ver.1.2.1について
1.03.00 '13.11.06 ■機能追加
  • ファイルメニューに「サンプルデータフォルダを開く」を追加しました。
  • ヘルプメニューに「製品サポートQ&Aページ」を追加しました。

■機能拡張
  • 設計要領 第2集 −擁壁編・カルバート編−(平成25年7月)に対応しました。
    1. 発行年度をH18年、H25年から選択できるようにしました。
    2. H25年選択時は下記設定を行います。
      1. もたれ式擁壁設計時に壁面地盤反力簡便法を採用
      2. もたれ式擁壁設計時の偏心量照査を「常時:eは負,地震時:e≦B/6又はeは負」と設定
      3. 試行くさび法による土圧算出基準を土工指針(H24)に設定
      4. 許容支持力算出基準を「道示W」に設定
    3. 年度に関わらず、地震規模の初期値を大規模としました

■機能改善
  • 結果詳細計算書において、設計条件の水位に不要なケースが表示される場合があったため修正しました。

■不具合修正
  • 天端張出しがある場合に、竪壁照査位置のブロック割が正しく行われない場合があったため修正しました。
  • 任意形状(座標入力)時に、壁面地盤反力算出用の係数に誤りがある場合があったため修正しました。
  • 落石検討時において、不要な土砂捕捉容量に関するメッセージが表示される場合があったため修正しました。

■その他
  • ライセンス認証モードとしてFAX認証モードを追加しました。

■ヘルプ
  1. 概要
    • バージョン及び改良点−Ver.1.3.0について
  2. プログラムの機能概要
    • 適用基準及び参考文献
  3. 操作方法
    • メニューの操作−ファイル
    • メニューの操作−ヘルプ
    • 『入力』モードの操作−初期入力
    • 『入力』モードの操作−基礎−基礎(支持地盤、根入地盤)
    • 『入力』モードの操作−荷重−荷重(土圧)
    • 『入力』モードの操作−考え方−考え方(安定計算:直接基礎)
    • 基準値画面の操作−計算用設定値
    • 適用基準及び参考文献
  4. 計算理論及び照査の方法
    • 荷重の考え方−土圧の考え方−テルツァギー・ペック
    • 安定計算(直接基礎)−許容応力度法−鉛直支持力の照査
    • 安定計算(杭基礎)−許容応力度法−杭のバネ定数
    • 底版の設計−平均せん断応力度の計算
  5. Q&A
    1. 適用範囲、制限条件
    2. 任意形状
    3. 自重、慣性力
    4. 土圧
    5. 浮力、水圧
    6. 地表面載荷荷重
    7. 前面土砂
    8. 任意荷重
    9. EPS工法、底版の剛体照査
    10. 安定計算、許容支持力計算
    11. 杭基礎
    12. 配筋
    13. 竪壁の設計
    14. 底版の設計
    15. 示力線
    16. 自動計算
    17. その他
1.03.01 '13.11.21 ■機能改善
  • U型の躯体高さや土砂高さによっては、1mm未満の荷重載荷幅が発生し計算不可となる場合があったため、1mm未満の載荷幅をスキップするようにしました。
  • 図面作成において、平面折れ擁壁(折れ角度:90度)で、左右底版の配力筋径を変えられるようにしました。

■不具合修正
  • U型設計時において、下記条件を満たしていると部材設計時に負の土圧力が作用していたため修正しました。
    土圧式が試行くさび法,粘着力が過大で土圧力が0,側壁照査方法が「底版一体」
  • U型設計時において、杭配置入力値とフレームモデルの杭支点位置が異なる場合があったため修正しました。
  • 逆T型設計時において、つま先端部とかかと端部の高さが異なる時にハンチが考慮されていると、メイン画面の躯体寸法が正しく表示されなかったため修正しました。
  • 全体安定(円弧すべり)用の載荷荷重入力値が正しく保持されない場合があったため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、二段積み擁壁の地震時合成角算出式が正しく表示されない場合があったため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、杭本体の地震時スターラップが正しく表示されない場合があったため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、地震荷重自動決定時の荷重組み合わせケース出力が適切ではなかったため修正しました。

■ヘルプ
1.概要
  • バージョン及び改良点−Ver.1.3.1について
2.Q&A
  • 1.適用範囲、制限条件
1.03.02 '14.01.17 ■機能改善
  • U型擁壁設計時において、任意活荷重の「左側壁内側からの距離」の入力範囲を見直しました。
  • 待受擁壁設計時において、「多点折れ土圧」「複数作用面」の制限チェックを計算実行前に行うようにしました。
  • 初期入力画面で前面土砂高を変更した場合、2ケース目の前面土砂水平力を考慮する設定を行っていましたが、この設定を行わないようにしました。
  • 図面作成において、U型擁壁の鉄筋生成の際に、側壁天端鉄筋の配筋省略ができなかったため修正しました。

■不具合修正
  • Ver1.0.0に対する上書きインストールで更新されないファイルがあったため修正しました。また、上書きインストールは不可としました。
  • 壁面地盤反力を考慮する場合に、簡便法を選択しているにもかかわらず地盤係数法で計算される場合があったため修正しました。
  • 任意形状設計時において、仮想のり面傾斜角を擁壁工指針(H24)で算出する際に、「形状」−「側面」画面の「壁背面となす角α」が反映されなかっため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、U型擁壁左側の衝突荷重種別等の表示に誤りがあったため修正しました。

■ヘルプ
1.概要
  • バージョン及び改良点−Ver.1.3.2について
2.Q&A
  • 4.土圧
  • 18.その他
1.03.03 '14.02.14 本バージョンは、擁壁の設計 Ver.13.3.3 と同等の機能を有しています

■機能改善
  • U型底版定着位置計算における「隅角部モーメントに対する計算方法」の初期値を「抵抗モーメンのみから計算する」に変更しました。
  • 壁面地盤反力簡便法の係数κlの自動設定値の最大値を1.0としました。

■不具合修正
  • 壁面地盤反力考慮時において、竪壁設計時の壁面地盤反力が台形分布する場合の計算に誤りがあったため修正しました。
  • 壁面地盤反力考慮時において、示力線計算時に0割が発生する場合があったため修正しました。
  • 杭本体の照査において、せん断応力度照査結果がスターラップによりOK判定となる場合、曲げの照査結果も常にOKと判定していたため修正しました。
  • 竪壁天端上に載荷荷重を考慮している場合に、メイン画面上の載荷荷重が適切に描画されない場合があったため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、U型底版が無筋の場合のせん断応力度の部材厚表示に誤りがあったため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、静止土圧採用時にクーロン土圧の書式が表示される場合があったため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、物部岡部法(修正物部岡部法)の土圧図が正しく描画されない場合があったため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、竪壁天端上に載荷荷重を考慮している場合の載荷荷重図が適切に描画されない場合があったため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、風荷重の描画サイズが適切に描画されない場合があったため修正しました。
  • 図面作成において、竪壁天端に突起がある場合、「単位メートルでの作図」が正常に作図できない場合があったため修正しました。

■ヘルプ
1.概要
  • バージョン及び改良点−Ver.1.3.xについて
2.00.00 '14.03.31 本バージョンは、擁壁の設計 Ver.14.00.00 と同等の機能を有しています

■機能追加
  • 地震時保有水平耐力法によるレベル2地震時照査に対応しました。
  • メイン画面の3D表示において、下記の拡張を行いました。
    1. 土砂、基礎地盤面、水位の描画に対応しました。
    2. ワイヤーフレームの表示に対応しました。
    3. テクスチャ設定に対応しました。
    4. 透過表示に対応しました。
    5. 各種ファイル形式(BMP,3DS,VRML,Allplan,IFC)でのエクスポートに対応しました。
  • 計算書表示において、単独プレビュー機能を追加しました。

■機能拡張
  • 試行くさび法時の土圧強度分布について、土圧作用高さを等間隔に分割することで推定する方法に対応しました。
  • 修正物部・岡部式の土圧係数を直接入力できるようにしました。また、土圧係数算出時の壁面摩擦角を道示に準拠して算出できるようにしました。
  • 壁面地盤反力の計算において、壁面全長バネや台形分布でも計算できるようにしました。
  • バネ基礎時のU型擁壁において、複数の画面に散在している反作用側の設定を1画面での設定に再編成しました。
  • バネ基礎時のU型擁壁において、安定計算時の水平反力(直接基礎方式)に対応しました。
  • バネ基礎時のU型擁壁において、側壁設計モデルと底版設計モデルを同一モデルとして計算できるようにしました。
  • U型擁壁の内水圧において、軸線からの高さでの算出に対応しました。
  • 適用基準の土地改良を農道と水路工から選択できるようにしました。

■不具合修正
  • 軽量盛土(EPS)考慮時において、EPS側圧に土砂重量分が考慮されない場合があったため修正しました。
  • バネ基礎時に支持力係数を直接入力した場合に、地盤反力が正しく表示されない場合があったため修正しました。
  • 滑動の照査の結果が、該当しない場合でも「∞」と表示される場合があったため修正しました。
  • U型擁壁時に側壁を片持ち梁照査する場合において、内側水位の設定を「考慮」とすると、左側壁外側の静水圧が考慮されていたため修正しました。
  • 地層データの入力において、初期値が適切に設定されない場合があったため修正しました。
  • 結果確認及び計算書において、PC杭やPHC杭の危険値が正しく判定できない場合があったため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、鉄筋配置の図と表でかぶりの値が異なる場合があったため修正しました。

■ヘルプ
1.概要
  • バージョン及び改良点−Ver.2.0.0について

2.プログラムの機能概要
  • 適用範囲

3.操作方法
  • メイン画面の操作−メイン画面(基本的な操作について)
  • 『入力』モードの操作−初期入力
  • 『入力』モードの操作−材料−材料(躯体)
  • 『入力』モードの操作−基礎−基礎(分布バネ:杭基礎)
  • 『入力』モードの操作−基礎−基礎(分布バネ:バネ基礎)
  • 『入力』モードの操作−荷重−荷重(設計震度)
  • 『入力』モードの操作−荷重−荷重(土圧)
  • 『入力』モードの操作−荷重−荷重(組み合せ:保耐法)
  • 『入力』モードの操作−部材−部材(竪壁配筋,側壁配筋,底版配筋,突起配筋,張出配筋)
  • 『入力』モードの操作−考え方−考え方(安定計算:直接基礎)
  • 『入力』モードの操作−考え方−考え方(部材設計:竪壁設計)
  • 『入力』モードの操作−考え方−考え方(部材設計:保耐法)
  • 『入力』モードの操作−考え方−考え方(部材設計:U型設計)
  • 『入力』モードの操作−考え方−考え方(浮力、土圧・水圧:土圧)
  • 『計算確認』モードの操作−保耐法−保耐法(安全性の検討)
  • 『計算確認』モードの操作−保耐法−保耐法(底版断面照査)
  • 『計算確認』モードの操作−保耐法−保耐法(竪壁断面照査)
  • 『計算書作成』モードの操作−結果一覧
  • 『計算書作成』モードの操作−結果詳細
  • オプション画面の操作−表示項目の設定

4.計算理論及び照査の方法
  • 荷重の考え方−土圧の考え方−試行くさび法(盛土)
  • 安全性の判定(保有水平耐力法)−震度の増加方法と各震度の作用力
  • 安全性の判定(保有水平耐力法)−直接基礎−設計の基本
  • 安全性の判定(保有水平耐力法)−直接基礎−浮き上りを考慮したモーメントと回転角
  • 竪壁の設計−保有水平耐力法による照査−全体の流れ
  • 竪壁の設計−保有水平耐力法による照査−杭基礎連動
  • 竪壁の設計−保有水平耐力法による照査−設計震度の算出−曲げモーメントの算出
  • 竪壁の設計−保有水平耐力法による照査−設計震度の算出−水平震度の算出
  • 竪壁の設計−保有水平耐力法による照査−設計震度の算出−せん断耐力の算出
  • 竪壁の設計−保有水平耐力法による照査−設計震度の算出−ひび割れ水平耐力、降伏水平耐力、終局水平耐力の算出
  • 竪壁の設計−保有水平耐力法による照査−設計震度の算出−破壊形態の判定
  • 竪壁の設計−保有水平耐力法による照査−設計震度の算出−許容塑性率の算出
  • 竪壁の設計−保有水平耐力法による照査−設計震度の算出−等価重量の算出
  • 竪壁の設計−保有水平耐力法による照査−設計震度の算出−安全性の判定
  • 底版の設計−保有水平耐力法による照査−設計方針
  • 底版の設計−保有水平耐力法による照査−断面力の集計
  • 底版の設計−保有水平耐力法による照査−曲げモーメントの照査
  • 底版の設計−保有水平耐力法による照査−せん断力に対する照査

5.サンプルデータ
  • サンプルデータ

6.Q&A
  • 14.底版の設計
2.00.01 '14.04.22 本バージョンは、擁壁の設計 Ver.14.0.1 と同等の機能を有しています

■機能追加
  • 杭基礎プログラムとの連動時において、地層データの単位重量を連動するようにしました。
  • 試行くさび法による土圧算定時において、土塊重量計算時に微小な誤差が発生する場合があったため修正しました。

■機能拡張
  • 保有水平耐力法による竪壁照査を行う場合に、許容応力度法の竪壁変化位置の計算ができなかったため修正しました。
  • 保有水平耐力法による竪壁照査を行う場合に、保有水平耐力法用の使用鉄筋量が適切に初期化されない場合があったため修正しました。
  • U型擁壁設計時において、底版設計時の静止土圧下端強度に誤りがあったため修正しました。
  • 旧バージョンのデータ読込時に、保有水平耐力法用の配筋データが設定されない場合があったため修正しました。
  • 初期入力画面で基準名称を変更した場合に、支持地盤材料の選択肢が適切でない場合があったため修正しました。
  • 保有水平耐力法による竪壁照査のみを行う場合に、底版照査用のエラーメッセージが表示される場合があったため修正しました。
  • メイン画面や計算書表示において、U型の右内側ハンチが入力通りに描画されない場合があったため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、U型擁壁底版設計時の静止土圧合力表示が適切でなかったため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、設計条件の前面土砂図が入力通りに表示されない場合があったため修正しました。

■不具合修正
  • 軽量盛土(EPS)考慮時において、EPS側圧に土砂重量分が考慮されない場合があったため修正しました。
  • バネ基礎時に支持力係数を直接入力した場合に、地盤反力が正しく表示されない場合があったため修正しました。
  • 滑動の照査の結果が、該当しない場合でも「∞」と表示される場合があったため修正しました。
  • U型擁壁時に側壁を片持ち梁照査する場合において、内側水位の設定を「考慮」とすると、左側壁外側の静水圧が考慮されていたため修正しました。
  • 地層データの入力において、初期値が適切に設定されない場合があったため修正しました。
  • 結果確認及び計算書において、PC杭やPHC杭の危険値が正しく判定できない場合があったため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、鉄筋配置の図と表でかぶりの値が異なる場合があったため修正しました。

■ヘルプ
1.概要
  • バージョン及び改良点−Ver.2.0.xについて
  • 必要システム−必要システム

2.操作方法
  • 『入力』モードの操作−考え方−考え方(部材設計:U型設計)

3.Q&A
  • 4.土圧
2.00.02 '14.05.29 本バージョンは、擁壁の設計 Ver.14.0.2 と同等の機能を有しています

■機能改善
  • 仮想背面設定が「かかと端:傾斜」の場合に発生していた、背面土砂ブロック割り時の計算誤差対策を行いました。
  • サンプルデータ「MAKUKUI1.f8r」において、荷重組合せにおける不要な設定を削除しました。

■不具合修正
  • シングル配筋時の配筋自動設定において、両側引張となっている場合に配筋情報が正しく反映されない場合があったため修正しました。
  • 部材設計を行わない場合や任意形状で基礎底面が傾斜している場合に、示力線が正しく表示されなかったため修正しました。
  • 土圧入力画面において土圧式を修正物部・岡部としている場合に、水中の見かけの震度算出時の水位ピッチが入力できなかったため修正しました
  • U型擁壁の内部土圧算定時に、不要なメッセージが表示される場合があったため修正しました。また、内部土砂用のφres、φpeakの入力は不要なため項目を削除しました。
  • U型擁壁の安定計算において、必要水平反力が受働土圧を超えているために計算不可である場合のメッセージが表示されない場合があったため修正しました。
  • U型擁壁の結果確認の断面力図が表示されなかったため修正しました。
  • 結果一覧計算書において、浮力の安定照査毎指定時に安定計算結果や部材設計結果が正しく表示されなかったため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、U型擁壁の内部土圧の描画スケールが適切でない場合があったため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、U型擁壁の左側側壁の衝突荷重図の描画が適切でない場合があったため修正しました。
  • エラーメッセージダイアログボックスのヘルプを開くことができなかったため修正しました。
  • 図面作成において、平面形状に斜角がある場合、竪壁前面主鉄筋が側面からのかぶり位置に配置されない点を修正しました。

■ヘルプ
1.概要
  • バージョン及び改良点−Ver.2.0.xについて
2.00.03 '14.08.22 本バージョンは、擁壁の設計 Ver.14.0.3 と同等の機能を有しています

■機能改善
  • 竪壁保耐法時の結果詳細計算書の表示において、耐力による判定結果を追加しました。
  • 「考え方」−「安定計算」画面において、「B/3<e<B /2の場合を考慮」を選択した場合の地盤反力図を、偏心を考慮しない図として描画するようにしました。

■不具合修正
  • U型擁壁のバネ基礎時において、側壁片持ち梁時の地盤反力が適切に算出されない場合があったため修正しました。
  • U型擁壁時において、側壁部 材のFRAMEデータに底版部材のヤング係数が用いられてい たため修正しました。
  • U型擁壁で地震時に静止土圧の増分を考慮している場合にお いて、左側静止土圧によるモー メントに増分が考慮されていな かったため修正しました。
  • 壁面地盤反力を考慮している場合は、支持力算出の方法として傾斜地盤は選択できませんが、選択可能だったため修正しました。
  • つま先版、かかと版の杭反力算出過程表示において、杭反力を絶対値で表示していたため修正しました。
  • 「荷重」−「土圧」画面において、「土圧分布を推定」を選択できない条件の場合においても選択可能な場合があったため修正しました。
  • 地盤反力の判定において、計算値≦許容値となっているにも関わらず赤表示となる場合があったため修正しました。
  • PC,PHC杭において、同ケース内で引張応力度の正値と負値が混在している場合に、結果確認及び計算書出力で危険値 が正しく判定できなかったため修正しました。
  • 杭基礎連動時には保耐法による底版照査は杭基礎側でのみ行っているため、計算確認画面においても結果が表示されませんが、結果総括に誤った結果が表示されていたため表示しないように修正しました。
  • かかと版側にハンチのある形状において、メイン画面の土砂形状が適切に描画されない場合があったため修正しました。
  • 壁面地盤反力簡便法を考慮している場合に、変形係数の入力項目が表示されなかったため修正しました。
  • U型擁壁のバネ基礎時において、「考え方」−「安定計算」 画面の「バネ基礎時の水平反 力」は「考慮する」が初期値となっていますが、画面を一度も確定していない場合に考慮され なかったため修正しました。
  • 地表面の形状によっては3D が正しく描画されない場合があったため修正しました。
  • 「基準値」−「図面生成条 件」−「配筋図」画面において、単位メートルでの作図を「作図する」としている場合に、3Dが正しく描画されない場合があったため修正しまし た。
  • 計算確認画面において、限界状態設計法の底版設計時に「せん断に対する安全性の検討」の計算結果がNGの場合でも、ス テータス表示が緑で表示されていたため修正しました。
  • 結果一覧計算書において、部材構成(竪壁RC,つま先無筋等)によっては最小鉄筋量、最大鉄筋量が正しく表示できない 場合があったため修正しまし た。
  • 結果詳細計算書において、最小鉄筋量の使用鉄筋量表示で、上側引張時に下側配筋が表示されていたため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、地震荷重自動決定で地震時土圧が 採用されているケースでも、かかと版の土圧の計算では常時土圧の計算式が表示されていたた め修正しました。
  • 結果詳細計算書において、切土考慮時に載荷荷重を一様分布 で設定している場合に、U型擁壁の左側土圧図の載荷荷重が適切に描画されなかったため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、偏土圧が発生しないケースにおいても、滑動計算表の水平反力に受働土圧が表示されることがあったため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、壁面地盤反力簡便法でQt=0となった場合のqv1,qv2の表示が不適切であったため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、形状がもたれ式Cや混合擁壁下側もたれCの場合に、土圧を考慮 しない高さの表示に底版傾斜部の高さが考慮されていなかったため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、擁 壁工指針H24時のバネ基礎の地盤反力照査表が適切でなかっ たため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、かかと版のせん断応力度の照査の 「部材断面に作用する曲げモー メント」に、曲げ応力度の照査に用いる値を表示していたため修正しました。
  • 図面作成において、U型擁壁の側壁底版一体主鉄筋(継ぎ手 2ヶ所)の加工図が正常でない場合がある点を修正しました。

■ヘルプ
1.概要
  • バージョン及び改良点−Ver.2.0.xについて
2.01.00 '14.10.15 本バージョンは、擁壁の設計 Ver.14.01.00 と同等の機能を有しています

■機能改善
  • 「UC-1 エンジニアスイート 積算」へ連携する数量の「プレビュー」と「ファイル保存」に対応しました

■機能拡張
  • 保耐法時の照査方向指定に対応しました。
  • 背面土砂慣性力の有無指定に対応しました。
  • 突起無筋計算に対応しました。
  • 試行くさび法時の「土圧強度分布を推定2」について、ピッチ指定に対応しました。
  • 堆積時防護柵の土圧作用高の選択肢に、防護柵高さで計算する方法「崩壊土堆積高(防護柵下端より)」を追加しました。
  • 土圧係数(詳細入力)初期化時の地震規模選択を追加しました。
  • かかと版がない形状でも、仮想背面の扱いが「かかと端」であれば改良試行くさび法による土圧計算を行えるようにしました。
  • 結果詳細計算書において、部材設計時の任意荷重描画に対応しました。

■機能改善
  • 地震時土圧合力分解時に地震時合成角を考慮する場合、見かけの震度の制限チェックを追加しました。
  • 二段積みの上部擁壁荷重設定値で、上部擁壁の地盤反力度を計算できるか否かの計算前チェックを追加しました。
  • 部材照査を行わない場合でも、材料画面の「断面計算時の扱い」を選択できるようにしました。
  • 結果総括画面において、竪壁や側壁設計で前面引張や内側引張になった場合の配筋情報表示に対応しました。
  • 結果詳細計算書において、設計条件出力の載荷荷重図描画方法を変更し、入力した範囲が全て描画されるようにしました。
  • 結果詳細計算書において、設計条件出力に慣性力方向の表示を追加しました。
  • 結果詳細計算書において、ブロック割り時の表タイトルを「自重」から「体積」に変更しました。
  • 結果詳細計算書において、壁面地盤反力簡便法でQt≦0の場合はqv1=0,qv2=0となることを追記しました。
  • 結果詳細計算書において、杭反力を再計算した場合の底版設計時杭反力は、杭反力直接指定時の書式で表示するようにしました。
  • 結果詳細計算書において、土地改良時のせん断応力度計算過程にjの説明文を追加しました。 結果詳細計算書において、U型擁壁時の出力項目「分布バネ反力(抵抗バネモデル)」と「作用力の算定(抵抗バネモデル)」の表示順を変更しました。

■不具合修正
  • 最大鉄筋量の照査に用いるヤング係数値に、計算用設定値画面の入力値が使われていなかったため修正しました。
  • 待受け擁壁設計時において、かかと端から延びている切土面が急勾配である場合、竪壁設計時の土圧作用面下端座標が正しく設定されなかったため修正しました。
  • 軽量盛土傾斜角が緩やかで地表面線と傾斜線との交点が躯体より離れていると、メイン画面の図で軽量盛土部分が着色されない場合があっため修正しました。
  • U型擁壁設計時において、水平方向が拘束されない場合のメッセージに表示される画面名称に誤りがあったため修正しました。
  • U型擁壁設計時において、側壁を片持ち梁として扱う場合の「荷重の考慮」に関するメッセージ内容に誤りがあったため修正しました。
  • U型擁壁設計時において、構造解析画面の「部材データ」に表示される部材番号とステータスバーに表示される部材番号が一致していなかったため修正しました。
  • U型擁壁設計時において、フーチングにハンチがある場合に、フーチング照査位置の描画位置に誤りがあったため修正しました。
  • 「荷重」−「受働土圧」画面の土砂描画でエラーが発生する場合があったため修正しました。
  • 基準値ファイルを指定している場合、基準値が一致しているデータを読み込んだ場合でも「共有デ−タファイルの基準値使用しますか」とメッセージが表示されていたため修正しました。
  • 結果総括画面において、後方偏心をOKとする常時の危険値判定に誤りがあったため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、U型擁壁設計時の水平反力が受働土圧を超えている場合にはフーチングの設計を出力できないようにしました。
  • 結果詳細計算書において、軽量盛土傾斜角が緩やかで地表面線と傾斜線との交点が躯体より離れていると、土圧図が描画されない場合があっため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、後方偏心で且つ地震時地盤反力照査を行わない場合、許容支持力に9999.999と表示されていたため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、U型側壁モデルと底版モデルの土圧作用面が異なる場合に、側壁の設計出力における土圧図が底版設計時のものとなっていたため修正しました。
  • 結果一覧計算書において、許容支持力が算出できない場合の支持力に関する判定が○×で表示されていたため、−表示するようにしました

■ヘルプ
1.概要
  • バージョン及び改良点−Ver.2.1.xについて
2操作方法
  • 『入力』モードの操作−材料−材料(躯体)
  • 『入力』モードの操作−荷重−荷重(組み合せ)
3.Q&A
  • 18.その他
2.01.01 '14.10.30 本バージョンは、擁壁の設計 Ver.14.01.01 と同等の機能を有しています

■機能改善
  • サンプルデータ MANUCHO19の設計震度補正方法を「地域のみを考慮」に変更しました。
  • 許容支持力を道示Ⅳ,設計要領,速度場法により求める場合に、安全率>0のデータチェックを追加しました。
  • 天端形状に前面突起や背面突起を設定している場合の幅に関するデータチェックにおいて、「天端幅」表記を「突起幅」表記に変更しました。

■不具合修正
  • U型擁壁設計時において、土圧式がクーロン,静止土圧,土圧係数(簡易入力)の場合に、フレーム荷重の上端土圧強度が正しく設定されない場合があったため修正しました。
  • U型擁壁設計時において、バネ基礎且つ側壁片持ち梁の場合に、底版に任意モーメント荷重が設定されていると、計算実行時若しくは構造解析画面でエラーが発生する場合があったため修正しました。
  • 壁面地盤反力(簡便法)採用時において、地震時ケースκl,κdが正しく設定されない場合があったため修正しました。
  • サンプルデータAUTOCHO1を置換基礎に変更し、鉛直支持力照査を行う設定にすると計算実行時にエラーが発生していたため修正しました。
  • 保耐法による照査において、竪壁の照査及び底版の照査のいずれかのみを行う場合に、結果総括のステータス表示が適切でない場合があったため修正しました。
  • 保耐法で杭基礎連動を行っている時、「荷重」−「組み合わせ(保耐法)」画面の「杭基礎連動対象荷重」と「慣性力の扱い」が正しい位置に表示されなかったため修正しました。
  • 限界状態設計法時の「考え方」−「部材設計」画面のヘルプにおいて、「鉄筋の腐食条件」に関する説明に誤りがあったため修正しました。

■ヘルプ
1.概要
  • バージョン及び改良点−Ver.2.1.xについて
2.Q&A
  • 18.その他
2.01.02 '14.12.04 本バージョンは、擁壁の設計 Ver.14.01.02 と同等の機能を有しています

■機能改善
  • 竪壁保耐計算時において、躯体の自重による偏心を考慮できるようにしました。
  • U型擁壁の側壁の扱いの初期値を、土工指針時は「片持ち梁」,土工指針以外の場合は「底版一体」としました。
  • 図面作成において、主鉄筋の曲げ長算出方法を拡張(鉄筋曲げ加工を考慮し、定着長=直線長+円孤長とした曲げ長算出に対応)しました。

■不具合修正
  • 竪壁保耐計算時において、設計水平震度khcに誤りがあったため修正しました。
  • 竪壁保耐計算時において、躯体慣性力の荷重強度に誤りがあったため修正しました。
  • 竪壁保耐計算時において、土圧強度の水平成分に誤りがあったため修正しました。
  • 竪壁保耐計算時において、見かけの震度(水位毎)が考慮できなかったため修正しました。
  • 竪壁保耐計算時において、任意土圧(土圧強度,土圧係数)が考慮できなかったため修正しました。
  • 竪壁保耐計算時において、静水圧を無視すると計算実行時にエラーが発生していたため修正しました。
  • 改良試行くさび法において、前方土くさび生成に誤りがあったため修正しました。
  • 全体安定の検討時において、ブロック積み時に躯体ブロックの座標が正しく設定されなかったため修正しました。
  • U型擁壁の構造解析結果画面において、部材分布バネ反力画面の部材切り替えが正しく行えない場合があったため修正しました。
  • 浮力の安定照査毎指定時において、鉛直支持力の結果表示が正しく行えない場合があったため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、竪壁保耐の「初降伏時の水平変位」のTypeT時の値がTypeUの値となっていたため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、竪壁保耐の結果一覧表の「せん断耐力Ps0(係数1.0)」の値が表示されなかったため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、杭の許容支持力の地震時ケースの算出過程が表示されない場合があったため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、U型擁壁の地震時ケースには不要な主働土圧モデルの地盤反力計算過程が表示されていたため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、杭基礎時の底版剛体照査における「厚さの上限値」が照査の有無に関わらず表示されていたため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、U型側壁を片持ち梁として扱う場合に、左側壁に任意荷重を設定すると出力実行できなかったため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、地震動の方向と反対側の静水圧の扱いを無視としている場合、地震時慣性力を無視しているケースで静水圧が正しく描画されない場合があったため修正しました。

■ヘルプ
1.概要
  • バージョン及び改良点−Ver.2.1.xについて
2.Q&A
  • 12.配筋
2.01.03 '15.01.05 本バージョンは、擁壁の設計 Ver.14.01.03 と同等の機能を有しています

■機能改善
  • 竪壁保耐計算において、軸力が小さくて軸力範囲外エラーとなる場合の対応策「最大圧縮ひずみ時の曲げモーメントを適用」を初期設定時から採用するようにしました。
  • 壁面地盤反力と斜面上基礎の支持力計算の組み合わせを制限するためのデータチェックを計算実行前にも行うようにしました。
  • 図面作成において、U型擁壁のシングル配筋の場合、側壁底版一体主鉄筋を定尺鉄筋としないようにしました。

■不具合修正
  • 旧版製品データファイル(*.rwi, *.arwi, *.rwa, *,rw2, *.gty)を読み込むことができなかったため修正しました。
  • 杭頭接合部照査において、鋼管ソイルセメント杭の仮想鉄筋コンクリート断面の直径Doの初期値に杭径を採用していたため、鋼管径を採用するように修正しました。
  • U型擁壁設計時において、平面形状が矩形の場合に左側と右側の奥行き長が異なる場合があったため修正しました。
  • 底版せん断照査位置照査の初期化処理において、底版高さH/2=底版長となった場合は計算不能なので、付け根位置に設定するようにしました。
  • 逆L型、もたれ式の段差フーチングにおいて、計算不能な形状が設定可能となっていたため、設定不可となるようデータチェックを追加しました。
  • 段差フーチング時は壁面地盤反力を適用することができませんが、設定可能となっていたため、設定不可となるようデータチェックを追加しました。
  • もたれ式の段差フーチングにおいて、逆T型−Bタイプ用のデータチェックを行っていたため修正しました。
  • 浮力の安定照査毎指定時において、転倒に対する照査を偏心量・安全率の両方行う場合に、結果表示が正しく行えない場合があったため修正しました。
  • 結果一覧計算書において、浮力の安定照査毎指定を行った場合、部材設計の危険値判定に誤りがあったため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、段差フーチング時の設計条件出力の形式表示が常に「逆T型−A」となっていたため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、段差フーチング時の底版照査位置図が正しく描画されなかったため修正しました。
  • 図面作成において、U型擁壁の内空幅が小さい場合に、底版配力筋が配筋されない場合があったため修正しました。

■ヘルプ
1.概要
  • バージョン及び改良点−Ver.2.1.xについて
2.Q&A
  • 4.土圧
2.01.04 '15.02.12 本バージョンは、擁壁の設計 Ver.14.01.04 と同等の機能を有しています

■機能改善
  • L型擁壁シングル配筋のかぶり詳細図作図に対応しました。

■不具合修正
  • 保耐法計算時において、見かけの震度(連続、不連続)が計算に考慮されていなかったため修正しました。
  • 全体安定検討時において、地震時ケース検討時に設計震度が考慮されていなかったため修正しました。
  • 壁面地盤反力考慮時において、底面の地盤反力が前方偏心の三角形分布となる場合に、つま先版の地盤反力が正しく計算できなかったため修正しました。
  • 試行くさび法計算時において、土砂形状によっては土くさび面積を求める際にエラーとなっていたため修正しました。
  • 限界状態設計法の計算確認画面において、杭本体計算結果がNGである場合のヒントが竪壁設計時のヒントとなっていたため修正しました。
  • 「荷重」−「土圧」画面の「修正物部・岡部の壁面摩擦角」の設定が静止土圧時に反映されていなかったため修正しました。
  • 結果詳細計算書及び結果一覧計算書において、重力式裏法付加形状の寸法値が正しく表示されていなかったため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、二段積み擁壁の寸法線が重なって表示される場合があったため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、突起の設置位置によっては寸法値が正しく表示されていなかったため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、U型擁壁の土圧式が土圧強度分布である場合、左側土圧強度に右側の値が表示されていたため修正しました。
  • 結果一覧計算書において、荷重ケースの設定によっては限界状態設計法の耐震性の検討が正しく表示されなかったため修正しました。
  • 結果一覧計算書において、無筋構造時の杭基礎に限界状態設計法を採用していると結果一覧出力が実行できなかったため修正しました。
  • 結果一覧計算書において、竪壁と突起のコンクリート材料(鉄筋,無筋)が異なっていると竪壁照査位置が正しく表示されなかったため修正しました。
  • 図面作成において、L型擁壁天端の地覆幅が小さい場合に図面が生成できない場合があった点の対策を行いました。

■ヘルプ
1.概要
  • バージョン及び改良点−Ver.2.1.xについて
2.Q&A
  • 18.その他
2.01.05 '15.03.25 本バージョンは、擁壁の設計 Ver.14.01.05 と同等の機能を有しています

■機能改善
  • U型擁壁の底版中央部とフーチングの高さが異なると、誤差によりブロック割りが正常に行えない場合があったため誤差対策を行いました。
  • 切土設定時に切土開始位置を「底版後端」としていると、誤差により切土面が正常に設定されない場合があったため修正しました

■不具合修正
  • 底版保耐で杭基礎連動を行っている時、土砂荷重や浮力の連動に誤りがあったため修正しました。
  • 底版保耐で杭基礎連動を行っている時、慣性力方向が→向きの荷重連動に誤りがあったため修正しました。
  • 竪壁保耐で任意荷重を考慮している場合にエラーが発生する場合があったため修正しました。
  • 擁壁工指針H24準拠時に、「載荷荷重範囲の安定照査毎指定」と「許容支持力度の計算比較」を設定していると支持力の危険値判定が正しく行われなかったため修正しました。
  • U型擁壁で後方偏心しているか否かの判定に誤りがあったため修正しました。
  • U型擁壁で「浮力の安定照査毎指定」を設定していると計算確認画面や結果詳細が正しく表示されなかったため修正しました。
  • U型擁壁の底版を二段配筋としていると、底版定着長計算を行うことができなかったため修正しました。
  • U型擁壁の左フーチング上土砂慣性力が考慮されない場合があったため修正しました。
  • もたれ式,ブロック積み擁壁の偏心量照査方法の考え方を「常時:eは負、地震時:e≦B/6又は負」としていると、転倒照査を含んだ危険水位計算を正しく行うことができなかったため修正しました。
  • もたれ式擁壁Cタイプの場合に、二段積み擁壁の土砂形状の変換が正しく行われなかったため修正しました
  • 重力式で底版高さが設定されている場合、側面形状画面の竪壁勾配が正しく表示されなかったため修正しました。
  • 水位画面で水位ケース数を変更すると、「範囲チェックエラー」が発生する場合があったため修正しました。
  • 結果一覧計算書において、曲げ応力度照査結果が正しく表示されない場合があったため修正しました。
  • 結果一覧計算書において、せん断補強鉄筋比を設定していると出力が行えない場合があったため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、竪壁保耐結果一覧内のPs0及びPsの表示に誤りがあったため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、底版せん断応力度照査時の2.5dに2.5d'の値が表示されていたため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、一様分布の載荷荷重図が正しく表示されない場合があったため修正しました。
  • ヘルプの「計算理論及び照査の方法−断面計算−許容応力度法−曲げ応力度計算」において、ヤング係数比の算出式に誤りがあったため修正しました。
  • 図面作成において、U型擁壁の側壁底版一体型鉄筋継ぎ手長が、図面作図条件画面の値と異なる場合が有ったため修正しました。

■ヘルプ
1.概要
  • バージョン及び改良点−Ver.2.1.xについて
2.Q&A
  • 7.前面土砂
  • 8.任意荷重
3.00.00 '15.03.31 本バージョンは、擁壁の設計 Ver.15.00.00 と同等の機能を有しています

■機能追加
  • 鉄道基準に対応しました。適用範囲は以下になります。
    形状タイプ:逆T、L型、逆L型
    基礎粗形式:直接基礎
    荷重状態:常時、レベル1地震動
  • U型擁壁の抵抗側判定方法の選択を追加しました。
  • 自治体基準に広島市、札幌市、神戸市を追加しました。
  • 地盤反力度を許容値と比較しない機能を追加しました。

■機能拡張

  • 水位毎の見かけの震度算出方法を連続、不連続から選択できるようにしました。
  • 落石時の最大回転角の計算方法を選択できるようにしました。

■ヘルプ
1.概要
  • バージョン及び改良点−Ver.3.0.xについて
  • 著作権−プログラム使用権許諾
  • プログラムの機能概要−機能及び特徴
  • プログラムの機能概要−適用基準及び参考文献

2.操作方法
  • 『入力』モードの操作−初期入力
  • 『入力』モードの操作−材料−材料(躯体)
  • 『入力』モードの操作−荷重−荷重(荷重の扱い)
  • 『入力』モードの操作−荷重−荷重(載荷荷重)
  • 『入力』モードの操作−荷重−荷重(列車荷重)
  • 『入力』モードの操作−荷重−荷重(土圧)
  • 『入力』モードの操作−荷重−荷重(組み合せ)
  • 『入力』モードの操作−部材−部材(竪壁配筋,側壁配筋,底版配筋,突起配筋,張出配筋)
  • 『入力』モードの操作−考え方−考え方(部材設計:限界状態設計)
  • 『入力』モードの操作−考え方−考え方(衝撃力、崩壊土)
  • 『計算確認』モードの操作−安定計算−安定計算(安定計算結果)
  • 『計算確認』モードの操作−部材設計−部材設計(竪壁,底版,突起,天端張出)
  • 『計算書作成』モードの操作−結果一覧
  • 『計算書作成』モードの操作−結果詳細

3.計算理論及び照査の方法
  • 荷重の考え方−土圧の考え方−試行くさび法(盛土)
  • 安定計算(直接基礎)−鉄道基準−安全性の検討
  • 安定計算(直接基礎)−鉄道基準−使用性の検討
  • 断面計算−限界状態設計法−使用性の照査

4.サンプルデータ
  • サンプルデータ

5.Q&A
  • 15.示力線
3.00.01 '15.05.12 本バージョンは、擁壁の設計 Ver.15.00.01 と同等の機能を有しています
  • U型擁壁の土圧式の組み合わせが「外側:静止土圧」,「内側:土圧係数」の場合に、内部土圧計算時の壁面摩擦角が常に0となっていたため修正しました。
  • U型擁壁の左側切土の壁面摩擦角直接指定値が計算に反映されなかったため修正しました。
  • U型フーチング照査位置初期化において、左側フーチング長判定に右側フーチング長を用いていたため修正しました。
  • U型擁壁の側壁を片持ち梁とする場合、任意荷重が計算に反映されない場合があったため修正しました。
  • 多層地盤における竪壁土圧計算において、層設定によってはエラーが発生する場合があったため修正しました。
  • 仮想背面が「実背面」の場合に、背面土砂ブロックが正しく生成されない場合があったため修正しました。
  • 竪壁変化位置,定着位置の最小鉄筋量がNG判定の場合でも、結果総括ではOK判定となることがあったため修正しました。
  • 杭基礎連動ファイルをファイルメニューの「開く」で開くとエラーが発生していたため修正しました。
  • U型擁壁Bタイプの場合、結果詳細計算書の出力項目選択画面が正しく表示されなかったため修正しました。
  • 結果一覧計算書において、最小鉄筋量が正しく表示されない場合があったため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、U型擁壁左側壁のスターラップ計算結果が表示されない場合があったため修正しました。

■ヘルプ
1.概要
  • バージョン及び改良点−Ver.3.0.xについて

2.Q&A
  • 14.底版の設計
3.00.02 '15.06.12 本バージョンは、擁壁の設計 Ver.15.00.02 と同等の機能を有しています

■不具合修正
  • 擁壁工指針(H24)準拠時において、「許容支持力度の計算比較」を行う場合にVo/B’ ≦ qaの計算が正しく行われなかったため修正しました。
  • 擁壁工指針準拠時に、基準年度を「H11年度」から「H24年度」に変更した場合の基礎地盤の土質定数の初期化に誤りがあったため修正しました。
  • 浮力の算出時において、背面土砂の無い設定の場合にも背面土砂分の浮力が考慮される場合があったため修正しました。

■ヘルプ
1.概要
  • バージョン及び改良点−Ver.3.0.xについて

2.Q&A
  • 13.竪壁の設計
3.01.00 '15.07.01 本バージョンは、擁壁の設計 Ver.15.01.00 と同等の機能を有しています

■機能追加
  • 竪壁無筋時の部分配筋に対応しました。
  • 杭頭剛結とした場合の杭頭モーメントを考慮した底版の応力計算に対応しました。
  • 結果詳細計算書において、応力計算結果を一覧表で表示できるようにしました。


■機能拡張
  • 「載荷荷重範囲の安定照査毎指定」時に、支持力計算用の偏心量eの計算過程を表示するようにしました。
  • 受働土圧算出に用いる「土圧作用面の傾き」の入力値を自動設定できるようにしました。
  • 基準名称を「土工指針」,「道示IV」以外としている場合の受働土圧の壁面摩擦角を、各基準に準拠して初期化するようにしました。
  • U型擁壁設計時において、受働土圧の壁面摩擦角を主働土圧と同じ扱いとするか否かの選択を設けました。
  • 初期入力画面において、基準名称を変更した場合に形状タイプを初期化しないようにしました。
  • 「材料」−「土砂・水」画面に、φres,φpeakに関する注意文を表示するようにしました。
  • 結果詳細計算書の許容値表示において、計算書出力項目で選択されている項目のみ表示するようにしました。
  • 結果詳細計算書において、U型擁壁底版の曲げモーメント図の照査位置図とMmax,Mmin図を個別に出力できるようにしました。
  • 結果詳細計算書において、U型擁壁設計時の「荷重の考慮」を「軸線内(側壁,底版の荷重条件は同一)」とした場合にも側壁,底版の断面力図を個別表示するようにしました。
  • 結果詳細計算書において、地盤反力を許容値と比較しない場合には、設計条件の許容値の表示を行わないようにしました。
  • 結果詳細計算書の設計条件の水位表示において、水位=0のケースも表示するようにしました。


■不具合修正
  • 杭基礎時において、引き抜きが発生した場合のかかと版せん断スパンの算出値が正しく計算されない場合があったため修正しました。
  • 「材料」−「躯体」画面において、計算用設定値画面で任意追加した無筋コンクリート部材を選択するとエラーとなる場合があったため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、U型擁壁の左側土圧図の描画スケールを修正しました。
  • 図面作成において、L型擁壁(シングル配筋)の断面図に作図するかぶり寸法値を純かぶりとした際に、かぶり値が芯かぶりで表示されていたため修正しました。
  • 図面作成において、平面折れ擁壁の折れ角度が90度以上(折れ内角が90度以下)で、底版配力筋に定尺鉄筋を使用する場合に、底版配力筋の加工図が定尺鉄筋とならなかったため修正しました。
  • 図面作成において、平面折れ擁壁の折れ角度が90度以下(折れ内角が90度以上)で、底版配力筋の底版下面図と加工図の鉄筋記号が、奇数鉄筋と偶数鉄筋で逆に表記する場合があったため修正しました。

■ヘルプ
1.概要
  • バージョン及び改良点−Ver.3.1.xについて

2.Q&A
  • 4.土圧
3.01.01 '15.07.28 本バージョンは、擁壁の設計 Ver.15.01.01 と同等の機能を有しています

■機能改善
  • データ読み込み時の形状寸法に0.0001未満の微小値(ゴミ)が付加されてしまう場合があったため修正しました。

■不具合修正
  • 竪壁保耐計算時において、基部以外が終局に達した場合のδuの算出が不適切であったため修正しました。
  • 竪壁保耐計算時において、地域区分B又はCの場合の地域別補正係数の取り扱いに誤りがあったため修正しました。
  • 段差フーチング計算時において、前面水圧鉛直成分が考慮されていなかったため修正しました。
  • 段差フーチング計算時において、山側に水平力が作用する場合は水平地盤と同様の計算を行うよう修正しました。
  • U型擁壁計算時において、「土圧強度分布を推定」の2又は3で土圧分布を推定する場合、フレーム計算に推定結果が反映されていなかったため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、設計条件出力の壁面摩擦角は地震規模毎に表示するようにしました。
  • 結果詳細計算書において、改良試行くさび法(切土)の表示記号を修正しました。
  • 図面作成時において、逆T型,L型,逆L型,U型以外の形状では竪壁変化位置設定を反映しないようにしました。

■ヘルプ
1.概要
  • バージョン及び改良点−Ver.3.1.xについて

2.Q&A
  • 13.竪壁設計
3.02.00 '15.08.19 本バージョンは、擁壁の設計 Ver.15.02.00 と同等の機能を有しています

■機能拡張
  • 揚圧力計算時において下記機能を追加しました。
     @水圧鉛直成分の有無選択
     A片側水位時の等分布計算
  • 落石検討時の最大回転角照査において下記機能を追加しました。
     @照査の有無選択
     A計算値>上限値の場合は回転角を上限値とする
  • ブロック積み擁壁検討時において下記機能を追加しました。
     @天端幅入力方法の選択(控長+裏込厚,水平幅)
     A簡易式による地盤反力計算時に全鉛直力としてコンクリート自重のみを考慮
  • 試行くさび法及び物部・岡部式,修正物部・岡部式において、見かけの震度直接入力に対応しました。
  • 支持力照査基準が土地改良関連や宅地防災関連である場合に、基礎幅の考え方を「B:短辺,L:長辺」と「B:側面,L:正面」から選択できるようにしました。
  • 荷重組み合わせ画面での条件変更時に許容値の初期化を行うか否かの選択を追加しました。

■機能改善
  • 浮力の安定照査毎指定,載荷荷重範囲の安定照査毎指定時の荷重組み合わせに関するエラーメッセージを図入りメッセージに変更しました。
  • 許容支持力計算時において、Df<t1+t2の場合のデータチェックを追加しました。
  • 杭基礎連動時において、荷重名称・略称の初期化タイミングを修正しました。
  • 材料−躯体画面において、入力値変更時の許容値の初期化は関連項目のみ行うようにしました。
  • 竪壁保耐計算時において、許容応力度法用の鉄筋径を変更した場合に保耐法用の本数初期化を行わないようにしました。
  • 竪壁保耐計算時において、横拘束筋の本数は通常1本であることをヘルプに記載しました。
  • 結果詳細計算書において、慣性力が作用しない場合でも慣性力作用位置を表示するようにしました。
  • 結果詳細計算書において、示力線方程式の計算過程出力が各区間毎の最下端位置の式となっていたので、任意位置の式を表示するようにしました。
  • 結果詳細計算書において、設計条件出力の地層データ表に平均N値や低減係数を追加しました。
  • 結果詳細計算書において、杭先端から杭径分の周面摩擦力を控除して許容押し込み支持力を求める場合の合計値表示を変更しました。
  • 結果詳細計算書において、崩壊土による移動の力のFsmが負値となる場合は移動速度を0と表示するようにしました。
  • 結果詳細計算書において、設計条件出力の壁面摩擦角や土圧作用面が鉛直面となす角度は静止土圧時には表示しないようにしました。
  • 結果詳細計算書において、クーロン式や土圧係数による上端土圧強度の表記をq・KからK・qに変更しました。
  • 結果詳細計算書において、土圧図の載荷荷重が条件によっては表示されない場合があったため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、竪壁保耐時のB種橋の表記をB種に変更しました。
  • 結果詳細計算書において、せん断耐力計算時のzの計算式及び計算結果を表示するようにしました。

■不具合修正
  • U型擁壁設計時において、内水位>躯体全高時は水の慣性力計算を行うことができないためデータチェックを追加しました。
  • 結果詳細計算書において、荷重図の外形線が正常に描画されない場合があったため修正しました。

■ヘルプ
(1)概要
  • バージョン及び改良点−Ver.15.2.xについて
3.02.01 '15.09.07 本バージョンは、擁壁の設計 Ver.15.02.01 と同等の機能を有しています

■機能改善
  • 結果詳細計算書において、試行くさび法による土圧計算でβ’+θ≧φとなった場合に、β’が表示されていなかったため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、集中荷重のサイズが他荷重と比較して極端に小さい場合に、荷重の方向が上向きに描画されていたため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、過大な粘着力により負の土圧力の計算過程を表示する場合、土圧合力の最小値が表示されていたため、最大値を表示するようにしました。
  • 図面作成において、側壁断面にテーパがある場合に「側壁底版一体型」主鉄筋を配筋できるように改善しました。
  • 図面作成において、U型擁壁の内空幅を拡張しました。

■不具合修正
  • 「底版設計時の扱い」が「両側を無視」の場合でも、底版設計の内部土砂重量計算時に内部土圧鉛直成分が考慮される場合があったため修正しました。
  • 基準名称を土地改良(水路工)としている場合に、初期入力画面の支持地盤の選択肢が表示されなくなる場合があったため修正しました。
  • 計算用設定値画面において、バイナリ形式の基準値データが読み込めなかったため修正しました。
  • 計算用設定値画面において、設計基準を水路工としている場合に、無筋コンクリートのせん断応力度、曲げ引張り応力度の基準値の値に誤りがあったため修正しました。
  • メイン画面の3D描画において、つま先版とかかと版の高さが異なる形状でハンチを設定した場合に、背面土砂の高さが正確に描画されなかったため修正しました。
  • メイン画面の3D描画において、U型設計時に縦断勾配が設定されている場合に正しく描画されなかったため修正しました。

■ヘルプ
1.概要
  • バージョン及び改良点−Ver.3.2.xについて

2.Q&A
  • 3.自重、慣性力
3.02.02 '15.09.25 本バージョンは、擁壁の設計 Ver.15.02.02 と同等の機能を有しています

■機能改善
  • 杭基礎連動時において保耐法による照査を行う場合に、誤差により杭基礎側の底版形状画面が確定できない場合があったため修正しました。
  • 図面作成において、折り曲げのある鉄筋の加工図で、鉄筋線が折れ点で連続していない(わずかな隙間がある)点を改善しました。

■不具合修正
  • 限界状態設計法の検討時において、杭本体の大地震時ケースの耐震性の照査が行われていなかったため修正しました。
  • 限界状態設計法の検討時において、杭本体の軸方向圧縮耐力の上限値に構造物係数が考慮されていなかっため修正しました。
  • 載荷荷重範囲の安定照査毎指定を直接指定としている場合に、支持力照査に用いる偏心量の計算過程の表示に転倒照査時の設定を用いていたため修正しました。
  • 杭基礎連動時において、クーロン式により土圧を算定する場合に、「荷重」−「土圧」画面の「土砂の勾配n」が0となっていると計算実行時にエラーとなっていたため修正しました。
  • 杭基礎連動時において、不要なバージョンチェックを行っていたため修正しました。
  • 結果総括において、設計鉄筋量に危険値以外の値が表示される場合があったため修正しました。
  • 結果一覧計算書において、保耐法によるかかと版のせん断照査が正しく表示されない場合があったため修正しました。

■ヘルプ
1.概要
  • バージョン及び改良点−Ver.3.2.xについて
3.02.03 '15.10.16 本バージョンは、擁壁の設計 Ver.15.02.03 と同等の機能を有しています

■機能改善
  • 設計要領の発行年度表記を25年度から26年度に変更しました。
  • 「ポンプ場」準拠で許容支持力を算出する場合に、荷重偏心を考慮できるようにしました。


■不具合修正
  • U型擁壁設計時において、内部土圧式を土圧係数(詳細入力)とした場合に、側壁設計時の内部土圧が考慮されていなかったため修正しました。
  • U型擁壁設計時において、内部土圧式を土圧係数(詳細入力)とした場合に、土砂高さの初期化に誤りがあったため修正しました。
  • 鉛直支持力算出用データを直接指定としている場合に、基礎幅の考え方を「B:短辺,L:長辺」としていても短辺と長辺の判定が正しく行われていなかったため修正しました。
  • 載荷荷重画面において、6行目以降の設定内容が計算に反映されていなかったため修正しました。
  • 組み合せ画面において、「土砂慣性力」の「前面」が選択できない場合があったため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、前面土砂の設定が「鉛直力なし」「慣性力あり」の場合に、前面水ブロックデータが正しく出力されなかったため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、内部土圧を両側無視の設定としている場合でも、側壁設計時の断面力集計図に内部土圧が描画されていたため修正しました。

■ヘルプ
1.概要
  • バージョン及び改良点−Ver.3.2.xについて

2.Q&A
  • 3.自重、慣性力
3.02.04 '15.11.18 本バージョンは、擁壁の設計 Ver.15.02.04 と同等の機能を有しています

■機能改善
  • 図面作成において、逆T式擁壁のシングル配筋に対応しました。(「図面作成-鉄筋-竪壁鉄筋」画面でシングル配筋の設定が可能です。)
  • 図面作成において、底版主鉄筋(下面筋)の「曲げなし形状」に対応しました。
  • 図面作成において、開口部補強筋の鉄筋長を改善(開口部かぶり位置から両端に定着長を確保する長さに改善)しました。
  • 図面作成において、U型擁壁の天端幅一定(側壁基部厚変化)の図面作成に対応しました。
  • 図面作成において、U型擁壁の側壁底版一体主鉄筋径を側壁外面主鉄筋と底版下面主鉄筋の大きい方の鉄筋径で配筋するように改善しました。

■不具合修正
  • U型擁壁設計時において、土地改良(水路工)時のフーチングの壁面摩擦角算出に誤りがあったため修正しました。・杭基礎設計時において、液状化考慮時の安定計算結果判定が正しく行われない場合があったため修正しました。
  • 杭基礎設計時において、最外縁杭より外側の底版せん断照査位置のせん断スパン算出に誤りがあったため修正しました。
  • 待受け擁壁設計時において、ポケット容量が崩壊土量に対して過大であると、堆積土砂のブロック割りが正しく行われなかったため修正しました。
  • 混合擁壁設計時において、粘着力が過大で上側土圧が0となる場合の下側土圧作用位置算出に誤りがあったため修正しました。
  • 二段積み計算時において、下側擁壁にハンチが設定されているとメイン画面及び計算書の形状図が正しく描画されなかったため修正しました。
  • 結果詳細出力において、保耐法採用時及び浮力を考慮しない設定の場合に、「自重による作用力」の部材名称に誤りがあったため修正しました。
  • 図面作成において、U型擁壁のシングル配筋で底版先端かぶり寸法線が正常な位置に作図されていない場合があった点を修正しました。

■ヘルプ
1.概要
  • バージョン及び改良点−Ver.3.2.xについて

2.Q&A
  • 6.地表面載荷荷重
3.02.05 '15.12.16 本バージョンは、擁壁の設計 Ver.15.02.05 と同等の機能を有しています

■不具合修正
  • 多層地盤計算時において、δ1≠0の場合の地震時土圧に誤りがあったため修正しました。
  • 拡張子がrwiの旧版データファイルを読み込むことができなくなっていたため修正しました。
  • 初期入力画面の設定により荷重ケース数が変化した場合に、許容値初期化処理が行われない場合があったため修正しました。
  • Ver12.2.x以前のバージョンで作成したデータを読み込むと、計算用設定値画面−許容支持力算出データの回転杭のデータが全て0となっていたため修正しました。
  • U型擁壁設計時において、左側の修正物部岡部法の壁面摩擦角の設定(適用基準に従う,道示に従う)が左側計算時に反映されていなかったため修正しました。
  • 宅地防災準拠時に杭基礎連動を行うと割増係数の入力値が連動されていなかったため修正しました。
  • 宅地防災準拠時の場所打ち杭の地震時許容せん断応力度が正しく初期化されていなかったため修正しました。
  • 杭基礎連動時において、液状化考慮の場合に形状等を変更するとエラーが発生する場合があったため修正しました。・結果確認画面において、浮力の安定照査毎指定時に、鉛直力合計値<0となったケースが表示されなかったため修正しました。
  • 結果詳細出力において、U型側壁片持ち梁時の任意荷重強度が正しく表示されなかったため修正しました。
  • 結果詳細出力において、支持力照査をV/B'で行う場合の壁面地盤反力の表示に誤りがあったため修正しました。
  • 結果詳細出力において、混合擁壁の下側擁壁に任意荷重を考慮すると計算書が表示できなかったため修正しました。
  • 結果詳細出力において、U型左側底版に張出のある形状で二段積みの計算を行った場合、計算書が表示できなかったため修正しました。
  • ヘルプの切土土圧説明において、土工指針(H24)以外の地震時式の内容に誤りがあったため修正しました。
  • ヘルプの全体安定入力において、過剰間隙水圧の表記に誤りがあったため修正しました。
  • 図面作成において、たて壁主鉄筋に定尺鉄筋を使用した際に、たて壁主鉄筋の天端が躯体外に作図される場合があったため修正しました。

■ヘルプ
1.概要
  • バージョン及び改良点−Ver.3.2.xについて

2.Q&A
  • 10.安定計算、許容支持力計算
3.02.06 '16.03.03 本バージョンは、擁壁の設計 Ver.15.02.06 と同等の機能を有しています

■機能改善
  • 「考え方」−「部材設計」画面−「底版,フーチング設計」の「抵抗側が反力となった場合」の初期値を「壁面反力(抵抗側鉛直成分:無視する)」に変更しました。
  • 杭本体の断面変化位置と地層境界が一致する場合に、誤差により正しく計算できない場合があったため修正しました。
  • 結果詳細出力において、杭基礎時の地層データのN値が誤差により適切に表示されない場合があったため修正しました。

■不具合修正
  • U型擁壁設計時において、バネ基礎の水平反力発生ケースの最大・最小地盤反力が正しく抽出されなかったため修正しました。
  • U型擁壁設計時において、側壁を片持ち梁として扱う場合に、側壁高<水位の静水圧を三角形分布で計算していたため修正しました。
  • U型擁壁設計時において、端部のσcaを低減する設定の場合に中央部まで低減されてしまう場合があったため修正しました。
  • U型擁壁設計時において、地震動と反対側の有効率を設定している場合に、粘着力考慮時の内部土圧算出高さに正しく算出できなかったため修正しました。
  • 底版保耐計算において、組み合わせケース設定によっては底版計算が正しく行わない場合があったため修正しました。
  • 杭基礎連動において保耐法による照査を行う場合に、擁壁本体側の土圧の鉛直成分を考慮する設定であると、Mdが正しく算出できなかったため修正しました。
  • 杭基礎連動において保耐法による照査を行う場合に、本来選択できないはずの浮力1〜浮力3が選択可能となっていたため修正しました。
  • 杭反力直接入力時に、地層データチェックを行っていたため修正しました。
  • 適用基準を土地改良としている場合に、引張側に配筋しているにも関わらず、配筋されていないメッセージが表示される場合があったため修正しました。
  • 軽量盛土適用時において、躯体形状や軽量盛土水平距離の設定によっては軽量盛土背面の土圧が正しく計算できなかったため修正しました。
  • 粘着力を考慮していない場合でも、粘着力が過大というメッセージが表示される場合があったため修正しました。
  • 結果総括画面において、部材設計を行わない場合でもせん断補強鉄筋比の結果が表示されていたため修正しました。
  • 結果一覧出力において、せん断補強鉄筋比の計算を行なっているとエラーにより出力実行できない場合があったため修正しました。
  • 結果詳細出力において、内水位が天端位置の場合に、内水圧が正しく描画されない場合があったため修正しました。
  • 結果詳細出力において、地震動と反対側の有効率を設定している場合に、内部土圧算出時の有効率が表示されなかったため修正しました。
  • 結果詳細出力において、U型側壁片持ち梁時の左側壁静水圧の水位表示に誤りがあったため修正しました。
  • ヘルプの「計算理論及び照査の方法−軽量盛土工法」の説明図が一部表示されなかったため修正しました。

■ヘルプ
1.概要
  • バージョン及び改良点−Ver.3.2.xについて

2.Q&A
  • 1.適用範囲、制限条件
  • 10.安定計算、許容支持力計算
4.00.00 '16.04.25 本バージョンは、擁壁の設計 Ver.16.00.00 と同等の機能を有しています

■共通事項
  • ライセンスの認証をサブスクリプション方式に変更しました。

■機能追加
  1. 土地改良「水路工」のH26年改訂版に対応しました。
     ・限界状態設計法時の修正係数と荷重係数を荷重毎に設定できるようにしました。
     ・ケース毎の照査方法選択(許容応力度法,限界状態設計法)に対応しました。
     ・全体安定照査基準を追加しました。
     ・浮力を考慮した示力線方程式に対応しました。
     ・許容支持力算出基準の「ポンプ場」を「土地改良(水路工H26)」に変更しました。
  2. U型擁壁の内部土圧式に静止土圧と修正物部・岡部法を追加しました。
  3. 必要地盤反力の表示に対応しました。
  4. 結果詳細計算書への判定(○×)表示選択を追加しました。

■機能拡張
  1. 最大荷重ケース数を下記から選択できるようにしました。
    ・組合せ数10×水位数2
    ・組合せ数20×水位数1

■機能改善
  1. 杭頭接合部の許容値初期化において、底版が存在しない場合は竪壁材料を用いて初期化するようにしました。
  2. 結果詳細出力において、荷重名称をまとめて表示する場合の文字列を、デフォルトマージンにあわせて自動改行するようにしました。
  3. 図面作成において、以下の改善を行いました。
     ・もたれ式擁壁の「たて壁:無筋、底版:鉄筋配置」の図面作成に対応しました。
     ・底版下面配力筋のたて壁内配筋を「たて壁前背寸法や基準ピッチに応じて自動配置(0本〜n本)」するように改善しました。
     ・鉄筋生成時の主鉄筋配置を「奇数本配置、隅数本配置」から選択できるように改善しました。
     ・U型擁壁の縦断勾配を「±20%」から「±50%」に拡張しました。

■不具合修正
  • 任意形状で多層地盤計算を行なうと、矩形の背面土砂ブロックが不足する場合があったため修正しました。
  • 杭基礎連動において保耐法による照査を行う場合に、データが保存できない場合があったため修正しました。
  • 結果一覧出力において、壁面地盤反力考慮時の反力作用幅の表示に誤りがあったため修正しました。
  • 結果詳細出力において、静止土圧を主働土圧と記載している箇所があったため修正しました。
  • 結果詳細出力において、U型内部水圧が台形分布の場合の表示が適切でなかったため修正しました。
  • 結果詳細出力において、U型側壁片持ち時の水圧算出過程における左側水位の表示に誤りがあったため修正しました。
  • 結果詳細出力において、U型側壁片持ち時の左側壁土圧算出過程における軸線外土圧の表示に誤りがあったため修正しました。
  • 結果詳細出力において、水平反力算出時の表示単位に誤りがあったため修正しました。
  • 結果詳細出力において、常時ケースのみの場合に地震時荷重自動決定を選択しているとエラーが発生する場合があったため修正しました。

■ヘルプ
1.概要
  • バージョン及び改良点
  • 著作権−プログラム使用許諾権
  • 必要システム−必要システム
  • プログラムの機能概要―適用基準及び参考文献

2.操作方法
  • メニューの操作−ファイル
  • 「入力」モードの操作−初期入力
  • 「入力」モードの操作−材料−材料(躯体)
  • 「入力」モードの操作−荷重−荷重(土圧)
  • 「入力」モードの操作−荷重−荷重(組み合せ)
  • 「入力」モードの操作−考え方−考え方(安定計算:直接基礎)
  • 「入力」モードの操作−考え方−考え方(安定計算:杭基礎)
  • 「入力」モードの操作−考え方−考え方(部材設計:許容応力度法)
  • 「入力」モードの操作−考え方−考え方(部材設計:オプション)
  • 「入力」モードの操作−全体安定−全体安定(円弧すべり)
  • オプション画面の操作−計算書表示の設定

3.計算理論及び照査の方法
  • 安定計算(直接基礎)−限界状態設計法−剛体安定(安全性)
  • 安定計算(直接基礎)−限界状態設計法−安全性照査−転倒に対する照査
  • 安定計算(直接基礎)−限界状態設計法−安全性照査−滑動に対する照査
  • 安定計算(直接基礎)−限界状態設計法−安全性照査−浮力に対する照査 
  • 安定計算(直接基礎)−限界状態設計法−剛体安定(使用性)−地盤反力度の照査
  • 安定計算(共通)−示力線の考え方
  • 断面計算−限界状態設計法−使用性の照査
  • 断面計算−限界状態設計法−最小鉄筋量の照査
  • 断面計算−限界状態設計法−最大鉄筋量の照査
  • 竪壁の設計−許容応力度法,限界状態設計法による照査
  • 底版の設計−許容応力度法,限界状態設計法による照査
  • 全体安定−円弧すべり法による安全率

4.サンプルデータ
  • サンプルデータ

5.Q&A
  • 5.浮力、水圧
4.00.01 '16.06.06 本バージョンは、擁壁の設計 Ver.16.00.01と同等の機能を有しています

■不具合修正
  • 背面土砂高がかかと版高以下である場合に、背面土砂重量が適切に算出されない場合があったため修正しました。
  • もたれ式Cタイプ設計時において、側面形状画面を確定するとエラーが発生していたため修正しました。
  • U型擁壁設計時において、左側フーチングの剛域長が0となっていると底版断面力が正常に抽出できなかったため修正しました。
  • 静止土圧適用時において、盛土荷重換算時の地表面形状が水平とならなかったため修正しました。
  • 結果確認画面において、もたれ式の偏心量が0となる場合の判定に誤りがあったため修正しました。
  • 結果詳細出力において、水平反力>受働土圧となって受働土圧を適用した場合の滑動照査表示内容に誤りがあったため修正しました。
  • 結果詳細出力において、U型部材設計時の地盤反力計算過程表示に土砂重量が表示されなかったため修正しました。
  • 図面作成において、逆L型擁壁の3D配筋生成で、底版主鉄筋のフックが底版外に作図される場合があったため修正しました。

■ヘルプ
1.概要
  • バージョン及び改良点−Ver.4.0.xについて

2.Q&A
  • 14.底版の設計
4.00.02 '16.07.19 本バージョンは、擁壁の設計 Ver.16.00.02と同等の機能を有しています

■機能改善
  • サンプルデータMANUKUI1の正面形状幅とブロック長を同じ長さ(10m)に変更しました。

■不具合修正
  • 保耐法(底版保耐)の応答変位時の集計において、見かけの震度(水位毎以外)を考慮している場合の土圧計算に誤りがあったため修正しました。
  • 仮想のり面傾斜角β‘の算出基準として「土工指針(H24)」を選択時に、「土工指針(H11)」の考え方が採用される条件に誤りがあったため修正しました。
  • 浮力の安定照査毎指定を「しない」以外に設定している場合に、組み合わせケース数が正しく設定されない場合があったため修正しました。
  • U型Bタイプの3D描画でエラーが発生していたため修正しました。
  • 結果詳細出力において、地震荷重自動決定時の地震時壁面摩擦角表示に誤りがあったため修正しました。
  • 設計調書出力において、地震時ケースの無い場合でも、U型フーチングの地震時鉄筋情報が表示されていたため修正しました。
  • 図面作成において、逆L型擁壁やU型擁壁に、開口部が設けてあり、また、シングル配筋で配筋する場合に、開口部補強筋が圧縮側に配筋される場合があったため修正しました。

■ヘルプ
1.概要
  • バージョン及び改良点−Ver.4.0.xについて

2.Q&A
  • 10.安定計算、許容支持力計算
4.01.00 '16.09.02 本バージョンは、擁壁の設計 Ver.16.01.00と同等の機能を有しています

■機能改善
  • 任意荷重(鉛直荷重)に起因する慣性力に対応しました。
  • 曲げひび割れ幅照査の必要判定に対応しました。
  • 前面張出がない場合の支柱重量考慮に対応しました。
  • 宅地防災時の大地震時許容支持力の安全率有無指定に対応しました。
  • 土圧作用面を常に鉛直面とする土圧計算に対応しました。
  • 入力データ出力を計算書作成モードでも選択できるようにしました。

■機能改善
  • 底版の曲げ照査位置とせん断照査位置が同じ位置に設定されている場合、メッセージを表示し「曲げ+せん断」としてまとめるか否かを確認するようにしました。
  • 竪壁保耐計算時に、初降伏位置と終局位置が異なる場合はKha=0となる旨のメッセージを表示するようにしました。
  • 荷重組み合わせ画面で慣性力方向を無視とした場合、土砂慣性力は不要なので選択できないようにしました。
  • 基礎形式を段差フーチングや置換基礎に変更した場合の形状初期化を行わないようにしました。
  • 常時ケースしか設定されていない場合は、地震荷重自動決定の設定を参照しないようにしました。
  • 見かけの震度(水位毎)採用時は一様分布載荷荷重しか考慮できない制限を、地震時ケースにのみ適用するようにしました。
  • 安定照査,部材照査ともに行わない場合、結果総括画面に表示する情報が存在しないので、その旨を示すメッセージを表示するようにしました。
  • 前面張出部の計算で、誤差により任意荷重が考慮できない場合があったので誤差対策を行いました。
  • 結果詳細計算書において、竪壁保耐の結果一覧表に地震時保有水平耐力Paの表示を追加しました。
  • 結果詳細計算書において、竪壁保耐の設計水平震度説明文を数値入りで表示するようにしました。
  • 結果詳細計算書において、U型受働土圧は必要時にのみ表示するようにしました。
  • 結果詳細計算書において、U型側壁設計時の壁面反力モデルは必要時にのみ表示するようにしました。
  • 結果詳細計算書において、設計条件の土砂慣性力は必要時にのみ表示するようにしました。
  • 結果詳細計算書において、設計条件の地震動の方向と異なる土圧は必要時にのみ表示するようにしました。
  • 結果詳細計算書において、転倒に対する照査の記号説明における「n:安全率」を「n:許容偏心量の底版幅に対する比」に変更しました。

■不具合修正
  • 多層地盤でのクーロン土圧計算において、土砂全高≦水位となっているケースの1層目の単位重量が正しく考慮されなかったため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、出力荷重ケースの選択によっては、落石時衝撃力の算出過程が表示されない場合があったため修正しました。
  • 図面作成において、平面折れ擁壁(竪壁ハンチあり)の断面形状が、入力された形状寸法と異なる場合があったため修正しました。

■ヘルプ
1.概要
  • バージョン及び改良点−Ver.4.1.xについて

2.Q&A
  • 4.土圧
4.01.01 '16.09.09 本バージョンは、擁壁の設計 Ver.16.01.01と同等の機能を有しています

■機能拡張
  • 変化位置,定着位置の自動計算において、「変化位置+定着長+有効高」を採用する場合にも定着長n・φのnを任意指定できるようにしました。

■機能改善
  • メモリ消費量を削減しました。

■不具合修正
  • 変化位置,定着位置の自動計算において、外側引張と内側引張が混在している場合に、常に内側引張時の鉄筋径で定着長を計算していたため修正しました。  
  • U型擁壁設計時において、側壁を片持ち梁として扱う場合に、偏心モーメントを考慮する設定がされていると、土圧の鉛直成分による偏心モーメントが正しく考慮されない場合があったため修正しました。
  • 杭頭接合部照査において、鋼管ソイルセメント杭,SC杭,SC+PHC杭,回転杭の板厚が0となっていたため修正しました。
  • 土地改良(水路工)の新規データ作成時に荷重ケース初期化を行うと、限界状態設計法用の荷重係数が0となっていたため修正しました。
  • 照査項目選択によっては計算確認画面の判定が正しく行われない場合があったため修正しました。
  • 土砂形状が斜面で終了している場合に、土砂形状入力データが変更される場合があったため修正しました。
  • 適用基準を水路工H26年版とした場合に、せん断応力度の照査基準の初期値が正しく設定されない場合があったため修正しました。
  • 天端厚一定形状の3D描画でエラーが発生する場合があったため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、底版の照査(保耐法)の揚圧力算出過程の水位表示に誤りがあったため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、斜面上基礎の支持力計算における傾斜角度β‘が正しく表示されない場合があったため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、照査項目選択で安定照査をしない設定の場合でも地盤反力の判定結果が表示されていたため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、設計条件出力の杭の許容支持力算出時における周面摩擦力の表が正しく表示されない場合があったため修正しました。
  • 結果詳細及び結果一覧計算書において、置換基礎の支持力に対する検討が正しく表示されない場合があったため修正しました。

■ヘルプ
1.概要
  • バージョン及び改良点−Ver.4.1.xについて

2.Q&A
  • 14.底版の設計
4.01.02 '16.10.11 本バージョンは、擁壁の設計 Ver.16.01.02と同等の機能を有しています

■機能改善
  • 計算書内の荷重図スケーリングを調整しました。 

■不具合修正
  • 荷重ケースの組み合わせ設定が「組合せ数20×水位数1」の時に、荷重ケース数が10を超えるとエラーが発生する場合があったため修正しました。  
  • クーロン土圧計算時において、載荷荷重が全載設定の場合でも部分載荷として計算される場合があったため修正しました。
  • U型擁壁設計時において、基礎底面の付着力を考慮できない条件の場合でも、付着力に関するエラーメッセージが表示される場合があったため修正しました。
  • 鉄道基準データ新規作成時において、計算確認画面表示や計算書作成が適切に行われない場合があったため修正しました。

■ヘルプ
1.概要
  • バージョン及び改良点−Ver.4.1.xについて

2.Q&A
  • 2.任意荷重
4.01.03 '16.11.08 本バージョンは、擁壁の設計 Ver.16.01.03と同等の機能を有しています

■機能改善
  • メモリ消費量を削減しました。 
 
■不具合修正
  • 配筋設定方法を「直接入力(集計後)」としている場合に、竪壁基部配筋が確定していない段階で竪壁変化位置,定着位置の自動計算を行っていたため修正しました。
  • RC構造において、全圧縮となる場合の鉄筋許容応力度の扱いに誤りがあったため修正しました。
  • 結果一覧及び結果詳細出力において、底版最小鉄筋量照査における引張鉄筋量表示に誤りがあったため修正しました。
  • 結果詳細出力において、U型擁壁の「作用力の算定」における格点集中荷重の符号が、他の荷重と異なっていたため修正しました。
  • 結果詳細出力において、斜杭角度が全て負値の場合、斜杭地中部断面力図が表示されなかったため修正しました。

■ヘルプ
1.概要
  • バージョン及び改良点−Ver.4.1.xについて

2.Q&A
  • 14.底版の設計
4.01.04 '16.12.01 本バージョンは、擁壁の設計 Ver.16.01.04と同等の機能を有しています

■機能拡張
  • 竪壁保耐計算時において、終局位置判定の有無を選択できるようにしました。
  • 建築基礎構造設計指針,水路工(H26)による許容支持力計算において、荷重の傾斜・偏心を伴わない場合の寸法効果ηの考慮有無を選択できるようにしました。

■機能改善
  • 崩壊土考慮時において、計算誤差によりブロック割が正常に行われない場合があったため修正しました。

■不具合修正
  • U型擁壁設計時において、バネ基礎では計算不要の反力作用幅を地盤反力判定に用いていたため修正しました。
  • 竪壁保耐計算時において、結果確認画面と計算書の表示項目が異なっていたため統一しました。
  • 堆積土圧計算時にエラーが発生する場合があったため修正しました。
  • 混合擁壁設計時において、接合部形状を水平とした場合の盛土等分布荷重換算に誤りがあったため修正しました。
  • 結果詳細計算書のプレビューを実行すると、載荷荷重の設定状態が変更される場合があったため修正しました。
  • 結果一覧計算書及び結果詳細計算書において、照査項目選択で「安定のみ」としている場合でも部材照査結果が表示されていたため修正しました。
  • 結果一覧計算書において、照査項目の選択によっては付着応力度が正しく表示されない場合があったため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、U型擁壁部材設計時のフーチング上の土砂重量計算過程が表示されない場合があったため修正しました。

■ヘルプ
1.概要
  • バージョン及び改良点−Ver.4.1.xについて
4.01.05 '16.12.22 本バージョンは、擁壁の設計 Ver.16.01.05と同等の機能を有しています

■機能改善
  • 杭軸方向鉛直バネ定数Kv算出時に桁あふれする場合があったため修正しました。

■不具合修正
  • 鉄道基準選択時において、地震土圧計算時の載荷荷重計算に誤りがあったため修正しました。
  • 鉄道基準選択時において、計算確認画面の水平安定の結果表示に誤りがあったため修正しました。
  • 重力式擁壁(かかと版なし)で仮想背面が「かかと端」である場合に、単層設定の軽量盛土重量が計算されなかったため修正しました。
  • U型擁壁の底版定着位置計算において、部材設計を行わないケースも対象となっていたため修正しました。
  • ファイル保存時に、許容値−部材設計画面のσsnaが保存されていなかったため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、鉄道基準の永久土圧計算過程表示に誤りがあったため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、載荷荷重範囲の安定照査毎指定時のb位置の地盤反力計算過程表示に誤りがあったため修正しました。

■ヘルプ
1.概要
  • バージョン及び改良点−Ver.4.1.xについて
4.01.06 '17.01.27 本バージョンは、擁壁の設計 Ver.16.01.06と同等の機能を有しています

■機能改善
  • 任意分布の載荷荷重幅の誤差対策を行いました。

■不具合修正
  • 杭基礎設計時において、1列目が斜杭の場合に、杭頭接合部照査時の杭頭水平反力が0となっていたため修正しました。
  • 重力式擁壁設計時において、水圧鉛直成分を無視する設定としても背面側は考慮されていたため修正しました。
  • 結果一覧計算書において、鉄道基準の安定照査の誤字及び単位表記誤りを修正しました。
  • 結果詳細計算書において、U型底版Mmax,Mmin位置の有効高表示に誤りがあったため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、揚圧力の作用位置算出式表示に誤りがあったため修正しました。

■ヘルプ
1.概要
  • バージョン及び改良点−Ver.4.1.xについて

2.Q&A
  • 10.安定計算、許容支持力計算
4.01.07 '17.02.22 本バージョンは、擁壁の設計 Ver.16.01.07と同等の機能を有しています

■機能改善
  • 「考え方−部材設計」画面の「壁面の地盤反力による軸力」の初期値を「考慮する」に変更しました。
  • 滑動計算において、有効載荷幅が負値となった場合はメッセージを表示するようにしました。
  • 基礎プログラムとの連動時において、液状化有無の同時検討を行う場合に、計算用設定値画面の設定によっては荷重ケース数が整合しない場合があるためデータチェックを行うようにしました。
  • 結果詳細計算において、壁面地盤反力が求められなかった時は不要な式を表示しないようにしました。
  • 結果詳細計算において、ブロック積みの地盤反力簡易式では、分布形状を表示しないようにしました。

■不具合修正
  • U型杭基礎(底版弾性体)設計において、杭種がSC+PHCであると計算実行時にエラーが発生していたため修正しました。
  • U型擁壁側壁にバネを考慮する場合において、土砂高さが底版上面より低いと側壁バネが正しく設定されなかったため修正しました。
  • 杭基礎且つ自動配筋時の底版せん断照査において、せん断スパンに照査位置が加味されていなかったため修正しました。
  • 壁面地盤反力簡便法を考慮した許容支持力において、有効載荷幅に誤りがあったため修正しました。
  • 杭基礎プログラムとの連動時において、初期入力画面で保耐法の選択状態を変更した場合の、基礎プログラムのバージョンチェックに誤りがあったため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、壁面地盤反力が算出できなかった場合の分布形状表示に誤りがあったため修正しました。
  • 図面作成において、縦断勾配が設定された竪壁組立筋の数量(長さ、本数)算出が正常でない場合があったため修正しました。

■ヘルプ
1.概要
  • バージョン及び改良点−Ver.4.1.xについて
4.01.08 '17.03.24 本バージョンは、擁壁の設計 Ver.16.01.08と同等の機能を有しています

■機能改善
  • 杭の許容支持力算出時において、杭先端から1D分の周面摩擦力を控除する際の計算誤差対策を行いました。
  • 多層地盤設定時において、「その他の上載材料」の複数設定を制限するデータチェックを追加しました。
  • 荷重−任意荷重画面の「適用対象」を「慣性力」に変更し、適用状態が常時の場合は変更不可としました。
  • 形状−土砂画面ヘルプに「その他の上載材料」設定時の制限事項を追記しました。

■不具合修正
  • 液状化有無同時考慮時に限界状態設計法を行うとエラーが発生する場合があったため修正しました。
  • 竪壁部分配筋時の初期設定に誤りがあったため修正しました。
  • 荷重−任意荷重画面下部の注意文の内容に誤りがあったため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、地震荷重自動決定時の地震時壁面摩擦角の表示が条件により異なる場合があったため修正しました。
  • 結果一覧及び結果詳細計算書において、U型擁壁左フーチングの危険値出力に誤りがあったため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、地震荷重自動決定時の竪壁慣性力の作用位置が0と表示されていたため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、複数の堆積時ケースが設定されている場合に、土砂形状図の堆積高さが全ケース同じ値となっていたため修正しました。

■ヘルプ
1.概要
  • バージョン及び改良点−Ver.4.1.xについて

2.Q&A
  • 18.その他
4.01.09 '17.04.13 本バージョンは、擁壁の設計 Ver.16.01.09と同等の機能を有しています

■機能改善
  • 初期入力画面で「部材の照査」を変更した場合は、「荷重−組み合せ画面」の「照査項目選択」を初期化するようにしました。
  • 結果詳細計算書において、竪壁保耐計算の軸力範囲外となるケースで、最大圧縮ひずみ時の曲げモーメントを適用しない場合は、計算不可項目を表示しないようにしました。

■不具合修正
  • 竪壁保耐計算の軸力範囲外となるケースで、最大圧縮ひずみ時の曲げモーメントを適用する場合に正しく計算されなかったため修正しました。
  • 突起の最小,最大鉄筋量計算時に底版σckを用いていたため修正しました。
  • 基準値ファイル設定を行っているとプログラム起動時にエラーが発生する場合があったため修正しました。
  • U型擁壁の左側壁に照査位置が設定されていても、右側壁に照査位置が設定されていない場合は、計算確認画面の左側照査位置が表示されなかったため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、地震荷重自動決定時の常時ケースに地震時の粘着力を表示していたため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、竪壁保耐の応力−ひずみ曲線の表記に誤りがあったため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、設計条件出力の任意荷重に、入力項目として存在しない「適用対象」の文言が表示されていたため修正しました。

■ヘルプ
1.概要
  • バージョン及び改良点−Ver.4.1.xについて
4.01.10 '17.05.17 本バージョンは、擁壁の設計 Ver.16.01.10と同等の機能を有しています

■機能改善
  • 丸鋼断面積を有効数字4桁で算出するようにしました。

■不具合修正
  • U型擁壁の底版とフーチング高さが異なる場合の土砂高さの扱いに誤りがあったため修正しました。
  • U型擁壁バネ基礎の安定計算時の土圧鉛直成分を無視する設定の場合に、作用力集計に誤りがあったため修正しました。
  • 「考え方−部材設計」画面ヘルプのMc≦Myo≦Muの関係逆転時の説明に誤りがあったため修正しました。
  • 結果確認画面において、鉄道基準の竪壁照査位置の曲げひび割れ表が乱れていたため修正しました。
  • 結果一覧計算書において、U型左フーチングの配筋情報が表示されない場合があったため修正しました。
  • 結果一覧及び結果詳細計算書において、鉄道基準時の項目名称や記号が正しく表示されない箇所があったため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、内部土圧を静止土圧としている場合の地震時土圧式名称が正しく表示されない場合があったため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、竪壁保耐のMc<Mu<My0の補正説明が正しく表示されていなかったため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、竪壁保耐のMy0>Mu時の補正時に、補正前の項に補正後の曲率を表示していたため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、鉄道基準の部材設計時の項目番号に誤りがあったため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、鉄道基準の底版設計時には永久荷重時を表示しないようにしました。
  • 図面作成において、平面折れ擁壁の水抜き穴作図位置が正しくない(底版高を加えていない)場合があったため修正しました。

■ヘルプ
1.概要
  • バージョン及び改良点−Ver.4.1.xについて

2.Q&A
  • 10.安定計算、許容支持力計算
5.00.00 '17.05.31 本バージョンは、擁壁の設計 Ver.17.00.00と同等の機能を有しています

■機能追加
  • 地盤の改良深さ,改良幅計算に対応しました。初期入力画面の「考え方」で選択可能です。(Advanced版)
  • 蓋付きU型擁壁に対応しました。初期入力画面の「考え方」で選択可能です。(Standard版)
  • 純かぶり入力に対応しました。初期入力画面の「考え方」で選択可能です。(Lite版)
  • CAD製図基準(平成29年3月:国土交通省)に対応しました。(Lite版)

■機能拡張
  • U型擁壁端部圧縮応力度の低減範囲指定に対応しました。(Standard版)
  • 擁壁工指針の許容支持力照査方法選択に対応しました。(Lite版)
  • 竪壁設計時の「任意荷重の適用範囲」を鉛直力と水平力に分割し、鉛直力ではY方向範囲指定に対応しました。(Lite版)
  • 崩壊土砂による衝撃力の最大値決定方法選択に対応しました。(Lite版)
  • 落石荷重による水平エネルギー照査有無選択に対応しました。(Lite版)
  • 鉄筋量計算に竪壁傾斜を考慮する場合の傾斜角度算出方法選択に対応しました。(Lite版)
  • クーロン土圧係数計算時のφ−β−θ<0(負の平方根)の扱い方選択に対応しました。(Lite版)
  • 土砂補足容量計算を竪壁天端位置までに制限するか否かの選択に対応しました。(Lite版)
  • 図面作成において、U型擁壁のBタイプ断面(バチ型断面)の図面生成に対応しました。(Standard版)
  • 図面作成において、逆T型、L型、逆L型の引張側2段配筋に対応しました。(Lite版)
  • 図面作成において、逆T型、L型、逆L型の底版主鉄筋(途中止め鉄筋)の配筋に対応しました。(Lite版)

■機能改善
  • 初期入力画面の「標準図集」のチェックは土工指針(H11版),標準設計を対象にしたものであるため、これら以外の基準の場合は選択不可としました。
  • 入力画面や計算書において、静止土圧選択時でも「主働土圧」と表記していた項目を「土圧」表記に変更しました。
  • 計算用設定値画面の「荷重の扱い」において、各項目の対象基礎形式を表示するようにしました。
  • 荷重組み合わせに常時(T),常時(W),常時(CO)が含まれている場合は、結果総括の「常時」を「地震時以外」と表記するようにしました。
  • 前面土砂高さチェックの誤差対策を行いました。
  • 結果一覧計算書において、ブロック積み地盤反力を簡易式で算出する場合は反力作用幅を表示しないようにしました。
  • 結果詳細計算書において、最大せん断応力度のjの算出式を表示するようにしました。
  • 結果詳細計算書において、U型底版設計モデルの土圧作用位置計算過程を表示するようにしました。
  • 図面作成において、逆T型、L型、逆L型の平面折れ90°の底版配筋を改善しました。
  • 図面作成において、逆T型、L型、逆L型の「3D配筋生成(躯体)」に開口部を作図するように改善しました。

■不具合対策
  • 結果一覧計算書において、鉄道基準のせん断ひび割れ表が正しく表示されなかったため修正しました。
  • 静止土圧及び修正物部・岡部採用時に、「一定勾配モデル化」の設定が計算に反映されなかったため修正しました。

■ヘルプ
1.概要
  • バージョン及び改良点−Ver.5.0.xについて
  • プログラムの機能概要―機能及び特徴
  • プログラムの機能概要―適用範囲

2.操作方法
  • メイン画面の操作−『入力』モード
  • 『入力』モードの操作−初期入力
  • 『入力』モードの操作−形状−形状(側面)
  • 『入力』モードの操作−荷重−荷重(蓋上荷重)
  • 『入力』モードの操作−部材−部材(配力筋径)
  • 『入力』モードの操作−考え方−考え方(安定計算:直接基礎)
  • 『入力』モードの操作−考え方−考え方(部材設計:竪壁設計)
  • 『入力』モードの操作−考え方−考え方(部材設計:底版設計、フーチング設計)
  • 『入力』モードの操作−考え方−考え方(部材設計:オプション)
  • 『入力』モードの操作−考え方−考え方(浮力、土圧・水圧:土圧)
  • 『入力』モードの操作−考え方−考え方(衝撃力、崩壊土)
  • 『入力』モードの操作−改良深さ、改良幅−改良深さ、改良幅
  • 『計算確認』モードの操作−改良深さ、改良幅−改良深さ、改良幅

3.計算理論及び照査の方法
  • 荷重の考え方−蓋上荷重−等分布荷重
  • 荷重の考え方−蓋上荷重−輪荷重
  • 竪壁の設計−許容応力度法、限界状態設計法−竪壁傾斜時の計算
  • U型擁壁−荷重の考え方
  • 改良深さ、改良幅−改良深さ、改良幅

4.サンプルデータ
  • サンプルデータ

5.Q&A
  • 1.適用範囲、制限条件
  • 10.安定計算、許容支持力計算
5.00.01 '17.06.21 本バージョンは、擁壁の設計 Ver.17.00.01と同等の機能を有しています

■不具合対策
  • 竪壁保耐計算のコンクリート単位重量が24.5固定となっていたため、入力値を反映するようにしました。
  • 任意形状の底版剛体照査が正しく行われない場合があったため修正しました。
  • コンクリート張工で「荷重−土砂」画面を開くとエラーが発生する場合があったため修正しました。
  • 試行くさび法計算時にクーロン系土圧式のエラーメッセージが表示される場合があったため修正しました。
  • 試行くさび法の「土圧強度分布を推定3」は切土部土圧には適用できませんが、選択が可能であったため、選択不可とするデータチェックを追加しました。
  • 結果詳細計算書において、コンクリート張工の土圧を考慮しない高さが正しく表示されていなかったため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、荷重最大数を「組合せ数20×水位数1」としている場合に、竪壁の任意荷重出力が行えない場合があったため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、斜面上基礎の支持力計算におけるqf‘がqfと表示されていたため修正しました。

■ヘルプ
1.概要
  • バージョン及び改良点−Ver.5.0.xについて

2.操作方法
  • 『入力』モードの操作−考え方−考え方(部材設計:保耐法)

3.Q&A
  • 3.自重、慣性力
5.00.02 '17.07.13 本バージョンは、擁壁の設計 Ver.17.00.02と同等の機能を有しています

■機能改善
  • 図面作成において、U型擁壁に斜角があり、左端平行主鉄筋のみを配筋した場合に、側壁組立筋が配筋できない点を改善しました。
  • 図面作成において、U型の「3D配筋生成(躯体)」に開口部を作図するように改善しました。

■不具合対策
  • U型擁壁設計時において、水平反力>受働土圧となる場合の受働土圧採用計算に誤りがあったため修正しました。
  • 鉄道基準において、計算用設定値画面のεcsdが計算に反映されなかったため修正しました。
  • 鉄道基準において、未対応の曲げひび割れ照査の必要判定を選択不可としました。
  • 結果一覧計算書において、鉛直支持力照査の判定が正しくされない場合があったため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、合力作用位置が底版外にある場合に竪壁保耐の照査結果が表示されなかったため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、軸線から外れる土圧の計算過程が正しく表示されない場合があったため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、軸線から外れる地盤反力の計算過程が正しく表示されない場合があったため修正しました。
  • 図面作成において、逆T擁壁の断面図に作図された引出線が異常に長くなる場合がある点を修正しました。
  • 図面作成において、逆T型、L型擁壁の断面図に不要な2段主鉄筋かぶり寸法線が作図される場合がある点を修正しました。

■ヘルプ
1.概要
  • バージョン及び改良点−Ver.5.0.xについて
5.00.03 '17.08.21 本バージョンは、擁壁の設計 Ver.17.00.03と同等の機能を有しています

■機能改善
  • 結果詳細計算書において、U型安定計算時の作用力集計図に内部土圧を描画するようにしました。
  • 図面作成において、「レイアウト確認・修正」画面での2段配筋図名称を改善しました。

■不具合対策
  • 堆積時の土圧計算時において、全体土圧の堆積土砂重量が正しく計算されない場合があったため修正しました。
  • 荷重最大数を「組合せ数20×水位数1」としている場合に、U型側壁フレーム計算時の偶数ケースの静水圧が考慮されなかったため修正しました。
  • 荷重組み合わせ画面において、地震時ケースの「土砂慣性力」の選択変更が保持されていなかったため修正しました。
  • 混合擁壁で全体安定計算を行う場合に、ネバーカットラインが正しく設定されなかったため修正しました。
  • クーロン土圧を選択している場合に、「考え方−土圧」画面の「φ−β−θ<0の場合」の設定を保持することができなかったため修正しました。
  • 入力データ出力において、バネ基礎時に杭基礎の許容値が出力されていたため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、部材設計をしない設定の場合でも防護柵の設計を出力することが可能となっていたため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、剛体安定照査を行わず断面破壊照査のみを行っている場合に、耐震性の検討結果が全ケース分出力されなかったため修正しました。

■ヘルプ
(1)概要
  • バージョン及び改良点−Ver.5.0.xについて


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
株式会社デンソー
エレクトロニックコントロール
コンポーネント部

[ お知らせ ]
平成29年道路橋示方書対応製品
価格発表のご案内






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
控え壁式擁壁の設計計算 Ver.6
弾塑性地盤解析(GeoFEAS)2D Ver.4
Geo Engineer's Studio(Lite)
BOXカルバートの設計・3D配筋 Ver.16
柔構造樋門の設計・3D配筋 Ver.11

キャンペーン実施中
平成29年新道示対応準備
CIM・i-Con技術セミナースタート
レンタルライセンス買い取り
有償セミナー受講料割引

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
8/22  河川シリーズ体験
8/23  Allplan体験
8/24  UC-win/Road・VR(福岡)
8/25  UC-win/Road DS体験

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CALS/CAD
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション