Civil Engineer's Forum-FORUM8 このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Google

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

Q&A直杭式横桟橋の設計計算 Q&A ('17.02.22)

NEW! 更新内容

Q19.[基本条件]画面にある「設計水平震度」の入力値はどのように求めるのか('17.02.22)

目  次
 

Q1.直杭式横桟橋の設計計算は水管橋のモデルにも対応しているのでしょうか?

Q2.移動荷重で対応していないクレーン荷重はどうすればよいか?

Q3.上部工の断面諸量は直接入力する方法しかありませんか?

Q4.モデル化の際のバネ要素の考え方を教えてほしい

Q5.杭の偏心について、どのように扱っているか。
例えば、偏心量によって杭の強度が不足する場合は補強を行う、等は自動で行えるようになっているのか。


Q6.モデル化において、杭頭の結合条件や、杭端の支点条件を設定することは可能か

Q7.設計震度の計算プログラムはあるか?

Q8.杭頭部の照査を行いたいが、設定はどこの画面で行うのか

Q9.クレーンの車輪間隔はどのように設定すればよいか

Q10.杭配置の画面で、「配置タイプ」を選択することができないが、なぜか

Q11.初期入力画面に、「満潮時(H.W.L)」、「干潮位(L.W.L)」の入力があるが何に使用しているのか

Q12.初期入力画面で「構造物の種類」を選択できるが、何に影響しているのか

Q13.結果確認画面で「面外」を押下することができないのはなぜか

Q14.データを新規に作成し、解析を行ったが、ESデータファイルはどこに出力されているのか

Q15.解析条件の画面で「モデル化杭行の選択」を選択できるが、この杭行はどの計算に影響しているのか

Q16.漁港基準では、上部工と杭とをヒンジで検討することになっているが可能か

Q17.各検討ケースで地盤反力係数を個々に設定ができないか

Q18.桟橋上部工の計算はできますか

Q19.[基本条件]画面にある「設計水平震度」の入力値はどのように求めるのか



 

Q1.

直杭式横桟橋の設計計算は水管橋のモデルにも対応しているのでしょうか?
A1. 大変申し訳ございませんが、対応していません。
構造が異なるため、今後も対応する予定はございません。
 

Q2.

移動荷重で対応していないクレーン荷重はどうすればよいか?
A2. 移動荷重の直接指定で対処してください。
上部工の杭1本に作用する移動荷重の設計用値を設定します。
 

Q3.

上部工の断面諸量は直接入力する方法しかありませんか?
A3. 現行版では、直接指定する方法しかありません。
 

Q4.

モデル化の際のバネ要素の考え方を教えてほしい
A4. 地盤バネのモデル化につきましては、水平方向の地盤バネは以下の算定式で求めて、仮想地表面以下を分布バネでモデル化し杭下端は「固定」としています。
Ver1.1以降の製品では、杭頭の結合条件や杭下端の支点条件は、変更できるように改善しています。
   K_v = khck・γ_kch ・d
   Kv : 直方向分布バネ (kN/m^2)
   khck : 横方向地盤反力係数 (kN/m^3)
   γkch : 部分係数
   d : 対象の杭径 (m)
 

Q5.

杭の偏心について、どのように扱っているか。
例えば、偏心量によって杭の強度が不足する場合は補強を行う、等は自動で行えるようになっているのか。
A5. 杭が偏心された状態をそのまま、上部工と基礎全体でモデル化し、骨組解析により各照査に用いる断面力を算出しています。
杭強度が不足するから、内部的に強度を満足するまで補強などの実行する機能はありません。
お客様の方で、杭径や杭長や杭本数等の設計条件を変更して照査が満足するまで計算実行し結果を参照する流れになっています。
 

Q6.

モデル化において、杭頭の結合条件や、杭端の支点条件を設定することは可能か
A6. Ver.1.1.0より対応しております。
[解析条件]画面において、モデル化対象の杭列について、■杭頭結合条件・杭端支点条件で杭1本に対しそれぞれ設定することが可能です。
 

Q7.

設計震度の計算プログラムはあるか?
A7. 国土交通省
国土技術政策総合研究所
港湾研究部
港湾施設研究室
http://www.ysk.nilim.go.jp/kakubu/kouwan/sisetu/
で紹介されているツールがあります。
 

Q8.

杭頭部の照査を行いたいが、設定はどこの画面で行うのか
A8. 杭頭部の照査に関する設定は[形状|杭条件]にて行います。
ただし、この画面における「杭頭部の照査」のタブは、[初期入力]画面において「杭頭部の照査をする」と設定しないと表示されませんのでご注意ください。
 

Q9.

クレーンの車輪間隔はどのように設定すればよいか
A9. クレーンの1脚の長さと、この車輪間隔、車輪数からクレーンの車輪の位置を設定します。
たとえば、車輪数:8、1脚の長さ:6.4(m)、車輪間隔:0.8(m) とすると、8/2=4の4つずつを両サイドから車輪間隔0.8に従って配置します。つまりこの場合の車輪中間距離は1.6mになります。

車輪数、1脚の長さ、車輪間隔は、 車輪間隔×(車輪数-1)≦1脚の長さ となるように設定してください。
 

Q10.

杭配置の画面で、「配置タイプ」を選択することができないが、なぜか
A10. 大変申し訳ございませんが、現行製品において杭の千鳥配置には対応できておらず、メニューの選択を行うことはできません。
今後の改訂において、対応を検討する予定です。
 

Q11.

初期入力画面に、「満潮時(H.W.L)」、「干潮位(L.W.L)」の入力があるが何に使用しているのか
A11. 本設定は計算には使用しておりません。
描画用の項目となります。
 

Q12.

初期入力画面で「構造物の種類」を選択できるが、何に影響しているのか
A12. 港湾基準選択時に、使用する基準値の決定に用いています。
 

Q13.

結果確認画面で「面外」を押下することができないのはなぜか
A13. 直杭式横桟橋で行っているのは面内解析であるため、面外の結果を見ることはできません。
 

Q14.

データを新規に作成し、解析を行ったが、ESデータファイルはどこに出力されているのか
A14. ESデータファイルの保存は、[解析条件]画面で、ESデータ保存フォルダを「保存しない」以外に設定した場合に出力されます。
出力先は、基本的に設定に準じますが、「データファイルの保存先と同様」となっており、新規作成後一度もデータを保存しないまま解析した場合、ESデータは製品インストールフォルダに出力されています。
インストール先は、デフォルトで、C:\Program Files \FORUM 8\PileSidePier です。
 

Q15.

解析条件の画面で「モデル化杭行の選択」を選択できるが、この杭行はどの計算に影響しているのか
A15. この選択は、接岸荷重における偏心量にのみ影響します。
 

Q16.

漁港基準では、上部工と杭とをヒンジで検討することになっているが可能か
A16. 可能です。Ver.1.1より、上部工と杭の結合条件を(剛結合,ピン結合)で任意設定に対応いたしました。
 

Q17.

各検討ケースで地盤反力係数を個々に設定ができないか
A17. 計算時の地盤反力係数はkhck(横方向地盤反力係数)・γ_kch(部分係数)の値を使用しているため、 [基準値-部分係数]より検討ケース毎に係数を設定いただくことである程度対応することが可能です。
 

Q18.

桟橋上部工の計算はできますか
A18. 申し訳ございませんが、桟橋上部工の設計計算には対応しておりません。
 

Q19.

[基本条件]画面にある「設計水平震度」の入力値はどのように求めるのか
A19. 照査用震度につきましては各基準類の考え方にしたがって、設計者のご判断にて入力していただいております。
申し訳ございませんが、本プログラムには照査用震度算定プログラム、1次元FILP入力データ作成プログラムID−MAKERは含まれておりません。






戻る
UC−1 INDEX


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
パイオニア株式会社 川越事業所
[ イベントレポート ]
デザインフェスティバル 2016






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
UC-1 for SaaS FRAME(面内)
マネージャ Ver.2
電子納品支援ツール Ver.15
UC-win/Road Ver.12
Allplan 2017
配水池の耐震設計計算 Ver.7

キャンペーン実施中
UC-win/Road Ver.12リリース
記念、VRサポートサービス
グレードアップ
リバイバル
TV番組放映期間特別価格

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
4/5  EXODUS・SMARTFIRE体験
4/6  斜面の安定計算
4/7  スイート積算体験
4/11  UAVプラグイン・VR体験

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CALS/CAD
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション