Civil Engineer's Forum-FORUM8 このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Google

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

Ver. 日付 内  容

2.00.00

'14.07.02

■機能追加

  • 『下水道施設の耐震対策指針と解説 2014年版』 公益社団法人 日本下水道協会に対応しました。
    1. 動的変形係数を用いた地盤反力係数に対応
    2. 周面せん断力の考慮(管径が800mm以上は、考慮することを基本とする)
    3. 弾性応答時の最大耐荷荷重によるレベル2地震動照査
    4. 下水道用ポリエチレン管の追加
    5. 液状化の判定において、『平成24年道路橋示方書・同解説 X耐震設計編』公益社団法人 日本道路協会に対応

■機能改善

  • 液状化の判定において、地域別補正係数を「基本条件」画面の地域別補正係数ではなく、道示Xの値を内部で自動的に設定するようにしました。
  • 表層地盤の特性値Ts,せん断弾性波速度VDSについて、レベル1地震時、レベル2地震時毎に設定できるようにしました。

■ヘルプの修正(本体プログラム)

  1. 概要
    • バージョン及び改良点−Ver.2.0.0
    • プログラムの機能概要
      機能及び特徴
      適用範囲
      適用基準及び参考文献
  2. 操作方法
    • 入力の操作
      基本条件
      基本条件(継手)
      基本条件(鉛直断面)
      考え方(共通)
      地盤
      荷重
      地盤バネ
    • 計算確認の操作
      計算確認(管体照査)
      液状化判定
    • 基準値画面の操作
      基準値
  3. 計算理論及び照査の方法
    • 表層地盤の特性値
    • 管軸方向の照査
      地盤の変位振幅及び剛性係数
      ポリエチレン管
    • 鉛直断面の照査
      近似計算−地震時曲げモーメント
      骨組構造解析−地震時水平力(レベル1)
      骨組構造解析−地震時水平力(レベル2)
      FRAMEデータ
      安全性の確認
    • 継手の照査
      差し込み継手管きょ−マンホールと管きょの接続部
      管きょと管きょの接続部
      一体構造管きょ(硬質塩化ビニル管)−マンホールと管きょの接続部
    • 液状化の判定
      砂質地盤の液状化の判定の考え方
      繰返し三軸強度比
      土質定数を低減させる土質の扱い
  4. サンプルデータ
    • サンプルデータ

2.00.01

'14.12.24

■機能改善

  • データの新規作成時には、管データが基準値で初期化された状態となるようにしました。

■不具合修正
1.計算
  • 管が地層の境界をまたぎ、地層ごとに異なる地盤バネを設定した場合に、管のFRAMEモデルに設定される分布バネが左右対称とならないのを修正しました。
  • H14年道示書準拠の液状化の判定において、レベル1地震時の水平震度khに誤りがあったのを、kh=0.15に修正しました。
  • 継手の計算の抜出し量の検討で、許容抜出し量を超えてもNGにならない場合があるのを修正しました。

2.計算書
  • 軸方向の計算におけるレベル2地震時の地盤の伝達係数λの算出過程にレベル1地震時の結果が出力されているのを修正しました。
  • Word出力を行うと、図が途中で切れている箇所があったのを修正しました。


■ヘルプ修正
  1. 概要
    • バージョン及び改良点−Ver.2.0.1
  2. 操作方法
    • 標準的な処理の流れ−ツリービュー
    • 入力の操作−基本条件
    • 入力の操作−地盤バネ
    • 計算確認の操作−計算実行(削除)

2.00.02

'15.06.01

■不具合対策

  • 鉛直断面の照査を緩み土圧で設計した場合において、粘着力により土圧増分がマイナスとなる箇所があってもそのままの値で土圧を算出していたのを対策しました。
  • 水平土圧に粘着力を考慮した場合において、土圧の上端がマイナス、下端がプラスとなった場合にFRAMEモデルにマイナスの土圧をそのまま考慮していたのを対策しました。
  • H24年道示書準拠の液状化の判定において、切土の上載圧の単位に誤りがあったのを対策しました。
  • 強プラ管,ダクタイル管において、計算書に表示している緩み土圧の内部摩擦角が度ではなくラジアンで表示されていたのを修正しました。

■ヘルプ修正(本体プログラム)
  1. 概要
    • バージョン及び改良点−Ver.2.0.2

2.01.00

'15.08.05

■機能追加

  • 『下水道施設耐震計算例 -管路施設編- 前編 2015年版』(公益社団法人日本下水道協会)に対応しました。
     1. 固有周期を算出する際の係数αDにおいて、レベル1地震動で1.25、レベル2地震動で2.00をデフォルトとしました。
     2. 鉄筋コンクリート管において、管きょの周辺地盤を考慮したひび割れ保証モーメントの照査方法に対応しました。また、レベル1地震動に対して、周面せん断力を考慮した線形解析でNGとなった場合は、管きょの周辺地盤を考慮したひび割れ保証モーメントの照査を行います。レベル2地震動に対しては、周面せん断力を考慮した従来の線形解析でNGとなった場合は、エネルギー一定則に従った補正係数Csを考慮した擬似非線形解析を行います。
     3. 軸方向照査時の重畳係数をレベル1のみに考慮するようにしました。
     4. 動的ポアソン比において、加重平均を選択できるようにしました。
     5. 地域区分をA,B,CからA1,A2,B1,B2,Cに変更しました。
     6. ゆるみ土圧式を「下水道推進工法の指針と解説−2010年版−」(公益社団法人日本下水道協会)の式に変更しました。
     7. ダクタイル管及びポリエチレン管において、地盤の水平振幅の算出に地盤歪みの不均一度係数を考慮するようにしました。
     8. ポリエチレン管において、内圧による軸方向ひずみと温度変化による軸方向ひずみの計算式による算出に対応しました。
     9. 鉄筋コンクリート管、塩化ビニル管の基準値を耐震計算例の値に変更しました。
     10. サンプルデータを『下水道施設耐震計算例 -管路施設編- 前編 2015年版』(公益社団法人日本下水道協会)の例に変更しました。
  • ゆるみ土圧において、上載荷重を考慮できるようにしました。2014年版の基準を選択した場合に有効になります。
  • 土圧係数において、静止土圧係数に対応しました。

■不具合対策

  • 液計算書の設計条件において、伸縮可とう継ぎ手の長さの単位が(m)となっていたのを(mm)に変更しました。

■ヘルプの修正(本体プログラム)

  1. 概要
    • バージョン及び改良点−Ver.2.1.0
    • プログラムの機能概要
       機能及び特徴
       適用範囲
       適用基準及び参考文献
  2. 操作方法
    • 入力の操作
       基本条件
       基本条件(管軸)
       基本条件(鉛直断面)
       考え方(共通)
       地盤
       荷重
  3. 計算理論及び照査の方法
    • 鉛直断面の照査
       常時
       骨組み構造解析−安全性の確認
  4. サンプルデータ
    • サンプルデータ

2.01.01

'15.11.24

■機能拡張

  • 『下水道施設耐震計算例-管路施設編-前編2015年版』(公益社団法人日本下水道協会)の質疑応答を受け以下の点を変更しました。
     1.ポリエチレン管において、常時の不同沈下量を算出する際に平均せん断弾性波速度を算出する際に初期歪みの10-6を参照できるようにしました。荷重画面において、Kg2算出方法にて選択できます。
  • ポリエチレン管の地震動によるひずみにおける伝達係数α1,α2は、「水道施設耐震工法指針・解説2009T総論(社団法人日本水道協会)」P.268に従い1.0としました。

■不具合対策
  • 2015年設計例で対応した周辺地盤を考慮した照査やCsを用いた疑似非線形解析について、一覧計算書及び比較表に結果が表示されないのを対策しました。

■ヘルプ修正(本体プログラム)
  1. 概要
    • バージョン及び改良点−Ver.2.1.0

2.02.00

'16.04.19

■サブスクリプション対応

  • ライセンスの認証をサブスクリプション方式に変更しました。

■不具合修正
1.計算
  • 液状化の判定を行う場合に、土質として砂れきが選択できなかったのを修正しました。

2.計算書
  • 水平土圧が負となる場合に常時荷重図が正しく表示されない場合があるのを修正しました。

■ヘルプ修正
1.概要
  • バージョン及び改良点−Ver.2.2.0
  • 必要システム及びプロテクト−必要システム
  • 必要システム及びプロテクト−プロテクト
2.03.00 '16.08.04 ■機能拡張
1.計算
  • 地盤データの保存、読込みに対応しました。本製品及び「マンホールの設計・3D配筋Ver.6」以降において地層データの連動が可能です。

■ヘルプ修正
1.概要
  • バージョン及び改良点−Ver.2.3.0
2.03.01 '17.02.16 ■機能改善
1.入力
  • 基準値画面において、管種名称が重複している場合にデータチェックを行うようにしました。

2.計算書
  • 耐震計算において設計水平震度の標準値および地域別補正係数が計算に関係ない場合は、結果一覧計算書に表示しないようにしました。

■不具合修正
  • 地層データで砂れき層を入力すると、計算書の「表層地盤の固有周期」の表の土質区分で「粘性土」と表示されるのを修正しました。

■ヘルプ修正
1.概要
  • バージョン及び改良点−Ver.2.3.0〜2.3.1
Page Top Page Top

■ 更新履歴バックナンバー

戻る
バージョン更新情報

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
パイオニア株式会社 川越事業所
[ イベントレポート ]
デザインフェスティバル 2016






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
UC-1 for SaaS FRAME(面内)
マネージャ Ver.2
電子納品支援ツール Ver.15
UC-win/Road Ver.12
Allplan 2017
配水池の耐震設計計算 Ver.7

キャンペーン実施中
UC-win/Road Ver.12リリース
記念、VRサポートサービス
グレードアップ
リバイバル
TV番組放映期間特別価格

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
4/5  EXODUS・SMARTFIRE体験
4/6  斜面の安定計算
4/7  スイート積算体験
4/11  UAVプラグイン・VR体験

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CALS/CAD
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション