Civil Engineer's Forum-FORUM8 このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Google

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

   
Ver. 日付 内  容
7.00.00 '17.02.20 ■主な改訂内容
  1. 構造物特性係数(Cs)を用いたレベル2地震時の線形解析を追加
  2. プッシュオーバー解析時の水平震度−水平変位曲線の出力に対応
  3. 上載荷重および雪荷重の地震時慣性力成分の自動設定に対応
  4. 1997年基準において、地震時土圧係数を近似式から算定する方法に対応
  5. 1997年基準において、「配筋の自動設定」機能を追加
  6. 1997年基準において、底版の張出し部の骨組モデルを考慮した計算に対応
  7. 曲げ応力度照査において、軸力を考慮しない計算方法に対応
  8. せん断応力照査において、必要せん断鉄筋量(Awreq)の算出に対応
  9. 側壁断面変化の勾配が極めて小さい場合の骨組モデルを改善

■主な修正内容

  1. 1997年基準における安定計算における内水のアーム長の取り方を修正
  2. 2009年基準における底版の張出し部について格点の取り方を修正

■ヘルプの修正
  • [ヘルプ-概要-バージョン及び改良点- Version7.0.0〜について]
  • [ヘルプ-操作方法-メニューの操作-オプションメニュー]
  • [ヘルプ-操作方法-各画面の説明-基本データ-基本データダイアログ]
  • [ヘルプ-操作方法-各画面の説明-考え方-考え方ダイアログ]
  • [ヘルプ-計算理論及び照査の方法-常時の検討-Frameによる照査-断面照査-せん断応力度]
  • [ヘルプ-計算理論及び照査の方法-地震時の検討-設計震度-地上構造物の場合]
  • [ヘルプ-計算理論及び照査の方法-地震時の検討-設計震度-地中構造物の場合]
  • [ヘルプ-計算理論及び照査の方法-地震時の検討-断面力の算出(1997年版)]
  • [ヘルプ-計算理論及び照査の方法-地震時の検討-断面照査-許容応力度法による照査-せん断応力度]
  • [ヘルプ-計算理論及び照査の方法-モデル化について-側壁の断面変化を考慮する場合]
7.00.01 '17.03.21 ■主な改訂内容
  1. 頂版の無いモデル、または、柱・梁ありモデルの場合、配筋データが正しく処理されず計算実行できないケースがありましたので、修正しました。
  2. 基本データ画面で、地震時の上載荷重を考慮する場合のみ、計算書に条件印刷を行うよう改善しました。

■ヘルプの修正
  • [ヘルプ-概要-バージョン及び改良点-Version7.0.0〜について]
  • [ヘルプ-操作方法-各画面の説明-配筋-配筋ダイアログ]
7.00.02 '17.05.23 ■主な修正内容
  1. 安定計算の地震時水平力として内水重量が重複して考慮されている不具合を修正しました。
  2. 側壁断面変化がある場合、かつ、迂流壁がある場合、迂流壁の骨組モデルが正しい位置に接続されていない不具合を修正しました。
  3. 解析モデルにおいて底版右側の張出部に剛域が取られていない不具合を修正しました。
  4. 計算書の「断面力の算定」においてせん断照査の判定結果が一部出力されていない不具合を修正しました。

■ヘルプの修正
  1. [ヘルプ-概要-バージョン及び改良点- Version7.0.0〜について]
7.00.03 '17.08.07 ■主な修正内容
  1. 計算書の常時の検討における項目名をケース名+照査結果からケース名のみに修正しました。
  2. 計算確認の各フレーム解析結果画面において、[前のケース]および[次のケース]ボタンの有効/無効に関する制御を修正しました。
  3. 計算書の「考え方」において、入力していない項目が出力されないように修正しました。
  4. 計算書の「荷重の算定」および「安定計算」において土砂重量による鉛直土圧を「鉛直土圧(土砂重量)」に表記を統一しました。
  5. 計算書において、「付加荷重」の計算結果が出力されるように修正しました。
  6. 付加荷重の計算において底版面積が考慮されていない不具合を修正しました。
  7. 計算書の「Hi/Vsi」の出力桁数を3桁から5桁に修正しました。
  8. 計算書の「地震時変動荷重」において、地震時動水圧に関する表中の「水深 H(m)」を「水深 z(m)」に修正しました。
  9. 計算書の「せん断に対する照査」において、τa1≧τmを満たしている場合、τa2やAwreqに関する照査結果を出力しないように修正しました。
  10. 計算書において、迂流壁形状の説明図中にある太線で描かれた矩形を削除しました。
  11. 計算書において、地下水位が構造物に達していない場合、浮力に関する結果出力を省略するように修正しました。
  12. [配筋]、[配筋(柱列帯)]、[配筋(柱間帯)]ダイアログにおいて、入力中の配筋距離の合計値が常に表示されるように修正しました。
  13. [配筋(柱間帯)]ダイアログにおいて、[距離の自動計算]ボタンが表示されないように修正しました。
  14. [形状(柱)]ダイアログにおいて、内幅が左右対称の場合、左の柱本数を入力後、直ちに右の柱本数に反映されるように修正しました。
  15. 組み合わせ荷重の設定ダイアログにおいて、「フラットスラブ構造の主たる荷重方向」をケース毎に入力できたため、各ダイアログで1つに統一しました。
  16. 計算書の出力時に、結果詳細を出力後に結果一覧を出力すると、本来結果一覧に出力されるべきではない設計条件および荷重の算定が出力されてしまう不具合を修正しました。
  17. 計算書において、「転倒に対する照査」の出力内容を改善しました。
  18. 杭を含むモデルにおいて、底版下面の支点条件を「杭頭を固定支持」とした場合、計算ができない不具合を修正しました。
  19. 安定計算において、地震時水平力と地震時動水圧で内水重量が二重に考慮されていたため、地震時水平力から内水重量分を控除するように正しました。
  20. 計算書の「せん断に対する照査」において、曲げ最大時の判定結果が欠損している不具合を修正しました。
  21. 柱-梁モデルにおいて、Y方向の計算結果が出力できない不具合を修正しました。
  22. 迂流壁を含むモデルにおいて、計算時に行う入力内容のチェックが不適切なものとなっていたため修正しました。
  23. 迂流壁を含むモデルにおいて、レベル1地震時X方向の計算時に、地震時動水圧の作用部材に誤りがあったため修正しました。
  24. [形状(柱)]ダイアログにおいて、柱本数の入力制限(20本)を超える入力を行った場合、プログラムが停止する不具合を修正しました。
  25. 目地ダイアログの描画において、左右非対称のモデルの場合に右側の水槽幅が考慮されていない不具合を修正しました。
  26. 地震時動水圧の計算においてB/Hによる補正係数βの出力を改善しました。
  27. 計算書において、地震動レベル2の検討における地震時動水圧の出力が両方向同時に出力されてしまう不具合を修正しました。
  28. 計算書において、安定計算の結果を出力しない設定を行っても安定計算に関する入力条件および計算結果が出力されてしまう不具合を修正しました。
  29. フレーム解析結果画面の材質データにおいて、剛域部材の材質データが出力されるように改善しました。
  30. フレーム解析結果画面の部材データにおいて、剛域部材の材質番号が割り当てられるように改善しました。
  31. 地震時フレーム解析結果画面において、レベル1からレベル2に切り替えた際、検討ケースの選択状況にかかわらず1ケース目の結果が出力される不具合を修正しました。
  32. 任意荷重の入力画面において、集中荷重を入力している場合の入力チェックを改善しました。
  33. 計算書において、柱の横拘束筋のデータが正しく出力されない不具合を修正しました。
  34. 杭配置画面において、未定義のバネ支点条件を選択している場合、確定時および計算実行時に警告するよう改善しました。
  35. 任意荷重を横部材の左端および縦部材の上端に載荷した場合、計算が実行できない不具合を修正しました。
  36. フレーム解析結果画面において、支点データの格点番号が正しく表示されるように修正しました。
  37. 計算書の転倒に対する検討において、偏心量の表記を絶対値にしました。
  38. 杭頭反力の結果確認画面において、検討ケースを切り替えた時に地震動レベルの選択が保持されるように改善しました。

■ヘルプの修正
  1. [ヘルプ-概要-バージョン及び改良点-Ver.7.0.0〜 について]
  2. [ヘルプ-操作方法-各画面の説明-基本データ-基本データダイアログ]
  3. [ヘルプ-計算理論及び照査の方法-常時の検討-常時荷重の算定]
  4. [ヘルプ-操作方法-各画面の説明-配筋-配筋ダイアログ]
  5. [ヘルプ-操作方法-各画面の説明-考え方-考え方ダイアログ]
  6. [ヘルプ-操作方法-各画面の説明-オプション-固有値解析]
  7. [ヘルプ-計算理論及び照査の方法-地震時の検討-断面照査-限界状態設計法による照査-曲げ曲率照査(2009年版)]
  8. [ヘルプ-計算理論及び照査の方法-モデル化について-柱・梁ありの場合]
Page Top Page Top

■ 更新履歴バックナンバー

戻る
バージョン更新情報

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
株式会社デンソー
エレクトロニックコントロール
コンポーネント部

[ お知らせ ]
平成29年道路橋示方書対応製品
価格発表のご案内






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
控え壁式擁壁の設計計算 Ver.6
弾塑性地盤解析(GeoFEAS)2D Ver.4
Geo Engineer's Studio(Lite)
BOXカルバートの設計・3D配筋 Ver.16
柔構造樋門の設計・3D配筋 Ver.11

キャンペーン実施中
平成29年新道示対応準備
CIM・i-Con技術セミナースタート
レンタルライセンス買い取り
有償セミナー受講料割引

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
8/24  UC-win/Road・VR(福岡)
8/25  UC-win/Road DS体験
9/1  AR・S3D&VR
9/5  3DCAD Studio(R)・VR体験

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CALS/CAD
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション