Civil Engineer's Forum-FORUM8
このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Yahoo! JAPAN

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

Q&A集 Q&A集
Ver. 日付 内  容
4.00.00 '09.05.07 ■要望対応
●Ver4.00.00
地表面、地層の不整形地盤(斜層)の入力・計算に対応しました。
  • 入力:胸壁−常時ケース数≧地震時ケース数の制限を撤去しました。
  • 計算:本体縦方向−水平方向バネ算出時に函体周長を用いる計算に対応しました。
  • 計算:本体縦方向−地盤反力係数算出時の鉛直方向の載荷面積についてスパン全面積を用いる計算に対応しました。
  • 出力:本体縦方向−地盤バネ反力の両端(i端、j端)出力に対応しました。
  • Acrobat3D出力(PDF出力)に対応しました。
●函体縦方向レベル2断面照査オプション
本体縦方向における「河川構造物の耐震性能照査指針(案)・同解説 H19.3」に対応しました。
≪重要≫
上記は、柔構造樋門の設計 本体縦方向函体レベル2断面照査オプションキーが必要であり、別途、柔構造樋門の製品と異なるライセンスキーを購入して頂く必要がございます。
本製品は、ハードウェアプロテクトキーのみ利用可能であり、Web認証方式(レンタルライセンス・フローティングライセンス)には対応しておりません。

■不具合修正
  • 表示:本体縦方向−RC函体応力度結果表示画面に鉄筋の許容圧縮応力度の値を誤って最小鉄筋量の情報を表示している問題があり、これを修正しました。
  • 表示:門柱−操作台形状凸(操作台選択ボタンの左から二番目)の3D描画時に正しい寸法で表示していない問題があり、これを修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.4.00.00」
  • 「概要」→「必要システム及びプロテクト」→「必要システム」
  • 「概要」→「著作権」→「プログラム使用権許諾」
  • 「概要」→「必要システム及びプロテクト」→「必要システム」
  • 「概要」→「必要システム及びプロテクト」→「ハードウェアキー」
  • 「概要」→「必要システム及びプロテクト」→「プロテクト」
  • 「概要」→「プログラムの機能概要」→「機能及び特長」
  • 「概要」→「プログラムの機能概要」→「適用基準及び参考文献」
  • 「概要」→「操作方法」→「標準的な処理の流れ」→「設計手順」
  • 「概要」→「操作方法」→「メニューの操作」→「ファイル」→「ファイル」
  • 「概要」→「操作方法」→「メニューの操作」→「ヘルプ」→「ヘルプ」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「基本条件」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「材料」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「地表面」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「層」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「水位・土質」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「地震時沈下・水平分布(レベル2オプション)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「鉄筋(レベル2オプション)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「荷重(レベル2オプション)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「計算ツールバー」→「計算」→「計算」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「計算ツールバー」→「計算結果」→「本体縦方向」→「本体縦方向 レベル2断面照査結果」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「計算書作成」→「計算書作成」
  • 「操作方法」→「スピードボタンの操作」→「スピードボタン」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「計算ツールバー」→「計算結果」→「本体縦方向」→「沈下量計算結果確認」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「地盤の変形係数および地盤反力係数」→「多層地盤の換算変形係数」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「地盤の変形係数および地盤反力係数」→「鉛直方向地盤反力係数」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「地盤の沈下量および地盤の側方変位量」→「圧密沈下量」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体縦方向の設計」→「本体縦方向 レベル2断面照査」
4.00.00

4.00.01
'09.05.22 ■不具合修正
  • 計算:本体縦方向−レベル2地震動の鉛直方向バネ(函体上面の上限値)を算出する際の盛土厚を間違っていた問題があり、これを修正しました(地表面より上側に函体上面位置が設置されたモデルのみ発生します)。
  • 入力:本体縦方向−沈下量直接入力時にレベル2地震動をモデル化する際に盛土を入力できなかった問題があり、これを修正しました。
  • 表示:本体縦方向−レベル2地震動タイプUの断面力結果画面(変位)初回表示時に変位を正しく表示していない問題があり、これを修正しました。
  • 表示:本体縦方向−レベル1の断面力結果画面(矢板バネ反力)のブロック番号を正しく表示していない問題があり、これを修正しました(しゃ水鋼矢板の設置位置がブロック間に設置しているモデルのみ発生します)。
  • 表示:本体縦方向−レベル1のRC函体応力度結果画面(一覧表)に表示する鉄筋の許容圧縮応力度の符号を付加していない問題があり、これを修正しました。
  • 出力:本体縦方向−Sampe4.F7Hを出力するとレベル2の設計条件を出力する問題があり、これを修正しました。
  • 出力:胸壁−連動荷重の上載荷重、雪荷重、その他上載荷重の出力書式に奥行き幅を出力していない問題があり、これを修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.4.00.XX」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「堤防盛土」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「沈下量」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「地震時沈下・水平分布(レベル2オプション)」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体縦方向の設計」→「本体縦方向 レベル2断面照査」→「断面力及び変位の計算」→「計算方法」
4.00.01

4.00.02
'09.06.15 ■要望対応
  • 計算:本体縦方向−水平バネ算出時の周長を求める際に張り出し寸法を考慮するか否かの計算に対応しました。
  • 計算:本体縦方向−換算変形係数(Esm)算出時の最下層及びhnの取り扱い(「hnまで最下層を広げる」(影響を考慮しなければならない深さに一致するように、最下層の層厚を広げる/「hnを最下層までとする」(影響を考慮しなければならない深さを最下層までとする))に対応しました。
  • ヘルプ:本体縦方向−換算変形係数Es=700N/1400Nに関して説明を追記しました。

■不具合修正
  • 入力:本体縦方向−水平バネを周長で計算するモデル時に考え方入力画面の地盤変位荷重算出時(幅B)の算定方法計算スイッチが選択できない問題があり、これを修正しました。
  • 操作全般:本体縦方向函体レベル2断面照査オプションのネットワークキーを正しく認識しない問題があり、これを修正しました。
  • 操作全般:XPのOS上で出力値の書式設定画面を開きプログラムを終了するとメモリエラーが発生する問題があり、これを修正しました。
  • ヘルプ:本体縦方向−レベル2断面照査せん断耐力の計算式が間違っている問題があり、これを修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.4.00.XX」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「基本条件」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「水位・土質」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「考え方」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「地盤の変形係数および地盤反力係数」→「多層地盤の換算変形係数」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体縦方向の設計」→「本体縦方向 レベル2断面照査」→「耐力計算」→「せん断耐力」
  • 「Q&A」→「入力操作関連」
4.00.02

4.00.03
'09.06.22 ■要望対応
  • 出力:本体縦方向−レベル2地震動の出力書式−地盤変位に伴う荷重一覧表に荷重の上限値を追加しました。

■不具合修正
  • 計算:本体縦方向−レベル2地震動解析時の極限支持力算出時に用いる支持力係数の寸法効果に関する補正係数(Sc、Sq、Sγ)を正しく算出していない問題があり、これを修正しました。
  • 計算:本体縦方向−レベル2地震動解析時の周面摩擦係数算出時に用いる函体重量(W)を正しく算出していない問題があり、これを修正しました。
  • 計算:胸壁−たて壁地震時断面力計算時の土圧を算出する際に基部の土圧強度を誤って土圧力を用いていた問題があり、これを修正しました(物部・岡部法(水位以下の見かけの震度の算定方法)を水位面以下では水位ピッチ毎に算定(1)、(2)を指定しているモデルのみ発生します)。
  • 出力:本体縦方向−しゃ水壁を設置していないモデル時にレベル2地震動の出力時に書式エラーが発生する問題があり、これを修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.4.00.XX」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体縦方向の設計」→「本体縦方向 レベル2断面照査」→「断面力及び変位の計算」→「断塑性床上の梁解析」→「モデル化について」
  • 「Q&A」→「入力操作関連」
4.00.03

4.01.00
'09.07.15 ■要望対応
  • Web認証方式に対応しました。
  • 入力:門柱−荷重入力画面の管理橋入力時のガイド図を指定された操作台形状を表示するようにしました。
  • 計算:門柱−横方向の上載荷重を算出する際に受け台部分も考慮するかを指定できるように対応しました。
  • 出力:門柱−レベル2の固有周期の計算過程の数値を指数表記に変更しました。
  • 図面作成:CAD製図基準(案)平成20年5月版のレイヤ名称に対応しました。

■不具合修正
  • 出力:本体縦方向−レベル2地震動の回転変位の結果がradで出力している問題があり、これを修正しました(結果画面も同様です)。
  • 出力:本体縦方向−レベル2地震動の設計条件−基本条件(レベル2)に不用な項目を出力している問題があり、これを修正しました。
  • 計算:門柱−レベル2の横方向照査において、終局ステップのM-φ算出エラー時に曲げ破壊型以外でも計算を中断する不具合があり、これを修正しました。
  • 計算:胸壁−連動荷重の地震時ケース数が2ケース以上のモデルにおいて指定した任意荷重を載荷していない問題があり、これを修正しました。
  • 計算:胸壁−連動荷重の地震時ケース数が2ケース以上のモデルにおいて土圧鉛直を載荷していない問題があり、これを修正しました(入力データ−考え方−地震時土圧−土圧計算式が慣性力の向きに応じて土圧式を計算内部で決定する場合のみ発生します)。
  • 出力:胸壁−連動荷重の任意荷重詳細出力書式が出力されない問題があり、これを修正しました(複数ケース入力時のモデル時に発生します)。
  • 図面作成:鉄筋加工表において、形式の番号が正常でない場合があり、これを修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.4.01.00」
  • 「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.3.01.XX」
  • 「概要」→「著作権」→「プログラム使用権許諾」
  • 「概要」→「必要システム及びプロテクト」→「ハードウェアキー」
  • 「概要」→「必要システム及びプロテクト」→「プロテクト」
  • 「概要」→「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「門柱」→「考え方(門柱)」
  • 「概要」→「操作方法」→「メニューの操作」→「計算ツールバー」→「計算」→「計算」
  • 「概要」→「操作方法」→「メニューの操作」→「ヘルプ」→「ヘルプ」
  • 「概要」→「操作方法」→「メニューの操作」→「スピードボタンの操作」→「スピードボタン」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「門柱の設計」→「横方向解析」→「FRAME解析モデル」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「門柱の設計」→「縦方向解析」→「荷重の考え方」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「門柱の設計」→「本体縦方向連動荷重」→「本体縦方向連動荷重」
  • 「Q&A」→「入力操作関連」
  • 「サポート」→「技術的なお問い合わせ」
4.01.00

4.01.01
'09.07.31 ■要望対応
  • 入力:本体縦方向−堤防盛土、水位・土質、荷重(レベル2)入力画面の内部摩擦角φの入力下限値を0.0に変更しました。
  • 入力:本体縦方向−レベル2地震動解析時の極限支持力を求める位置について指定できるように対応しました。

■不具合修正
  • 入力:沈下量、地震時・水平分布入力画面の表入力におけるペースト処理が動作しない問題があり、これを修正しました。
  • 計算:本体縦方向−地表面のY座標が0.0以外のモデル時に正しくレベル2地震動解析を行っていない問題があり、これを修正しました。
  • 計算:本体縦方向−任意盛土を複数指定したモデルにて正しくレベル2地震動解析を行っていない問題があり、これを修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.4.01.XX」
  • 「概要」→「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「荷重(レベル2)(レベル2オプション)」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体縦方向の設計」→「本体縦方向レベル2断面照査」→「断面力及び変位の計算」→「弾塑性床上の梁解析」→「鉛直方向の地盤バネ」
  • 「Q&A」→「入力操作関連」
4.01.01

4.01.02
'09.08.21 ■不具合修正
  • 計算:本体縦方向−レベル2地震動の継手計算で2スパン以上のスパン番号を正しく計算に用いていない問題があり、これを修正しました。
  • 出力:本体縦方向−レベル2地震動の継手計算結果の開口照査における始点、終点の函体変位量を誤って1/1000倍していた問題があり、これを修正しました。
  • 出力:本体縦方向−レベル2地震動の継手計算結果の可とう性継手の開口照査における開口を誤って1000倍していた問題があり、これを修正しました。
  • 出力:本体縦方向−レベル2地震動の継手計算結果の出力書式−カラー継手のクリアランス照査のカラーの長さを誤って1000倍していた問題があり、これを修正しました。
  • 出力:本体縦方向−堤防盛土図、任意堤防盛土図の描画範囲(出力範囲)が正しく設定していなかった問題があり、これを修正しました。
  • 出力:本体縦方向−圧密沈下の出力書式−基本条件、地盤条件の水位線情報が間違っている問題があり、これを修正しました(地盤条件から水位線情報を削除しました)。
  • 計算:門柱−レベル2の横方向照査において、終局ステップ時のM-φ関係がMy0>Muの状態でも終局変位を算出してしまう不具合があり、これを修正しました。
  • 出力:逆T型翼壁−設計断面Aの浮き上がりの検討出力書式のたて壁高が間違っている問題があり、これを修正しました。
  • 出力:U型翼壁−設計断面Aの浮き上がりの検討出力書式の底版幅、内空幅、側壁高が間違っている問題があり、これを修正しました。
  • 出力:U型翼壁−設計断面Aの底版摩擦力の出力書式の底版軸線幅が間違っている問題があり、これを修正しました。
  • ヘルプ:本体縦方向−圧密計算時に求める無限長帯荷重の増加応力に関する計算式が間違っている問題があり、これを修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.4.01.XX」
  • 「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.3.01.XX」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「ファイル」→「ファイル」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「地盤の沈下量および地盤の側方変位量」→「圧密沈下量」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体縦方向の設計」→「函体応力度」→「RC函体応力度」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「胸壁(川表/川裏)の設計」→「応力度照査」→「応力度照査」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「翼壁(川表/川裏)の設計」→「応力度照査」→「応力度照査」
4.01.02

4.01.03
'09.09.02 ■要望対応
  • 出力:本体縦方向−レベル2地震動の耐力照査結果画面及び出力書式に距離X(照査位置)を追加しました。

■不具合修正
  • 入力:本体縦方向−地表面に中間点座標を設けているモデル時に任意盛土荷重入力画面が入力できなくなる問題があり、これを修正しました(Ver4.01.02のみ発生します)。
  • 計算:本体縦方向−レベル2地震動(タイプT)の地盤変位に伴う水平荷重を正しく載荷していない問題があり、これを修正しました。
  • 出力:本体縦方向−レベル2地震動の出力書式に出力する連動荷重以外の荷重図において正しい位置に荷重を出力していない問題があり、これを修正しました(盛土基準点から函体左端までのX方向距離が0.0以外のモデルで発生します)。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.4.01.XX」
  • 「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.4.00.XX」
4.01.03

4.02.00
'09.09.30 ■要望対応
  • 入力:本体縦方向−GeoFEAS2Dの計算結果(変位量)ファイルを読み込めるように対応しました。
  • 入力:本体縦方向−許容応力度法の鉄筋データをレベル2地震動鉄筋データにコピーする機能に対応しました。
  • 入力:本体縦方向−レベル2地震動計算時の地盤バネの一次剛性に対する二次剛性比の係数の入力に対応しました。
  • 計算:本体縦方向−レベル2地震動計算時にしゃ水鋼データを考慮するかしないかの計算に対応しました。
  • 計算:本体縦方向−レベル2地震動計算時に継手の種類に関係なくX方向バネを拘束するかしないかの計算に対応しました。
  • 出力:本体縦方向−設計書のFRAME結果図の数値出力に対応しました(本体横方向、門柱横方向、U型翼壁)。
  • 入力:翼壁−浮き上がりの計算に用いる壁高の入力に対応しました。
  • 入力:翼壁−U型時の左右側壁せん断照査位置を指定できるように対応しました。
  • 計算:翼壁−堤防保護部の設計に対応しました。
  • 計算:翼壁−浮き上がりの全体及び、堤防保護部かかと版範囲での計算に対応しました。
  • 計算:翼壁−常時、地震時の土圧を主働土圧で計算できるように対応しました(国交省 関東地方整備局、東北地方整備局等の設計基準)。
  • 表示:翼壁−2D、3D描画時に本体函体底版上面と翼壁底版上面を一致させ表示する描画スイッチに対応しました。
  • Windows7に対応しました。

■不具合修正
  • 計算:本体縦方向−任意盛土のY座標にマイナス値が存在するモデルについて計算を実行するとエラーメッセージを表示する問題があり、これを修正しました。
  • 入力:本体縦方向−スパン、ブロックデータを修正すると考え方入力画面を表示するとエラーが発生する問題があり、これを修正しました。
  • 出力:本体縦方向−出力書式(設計条件−応力度照査用)に出力している管直径の小数点以下の桁数を間違って表記している問題があり、これを修正しました(円管モデル時のみ発生)。
  • 出力:本体縦方向−出力書式(本体縦方向−荷重−死荷重(自重))に出力している自重図の寸法線を間違って表記している問題があり、これを修正しました。
  • 入力:本体横方向−鉄筋未入力時にエラーメッセージを間違えている問題があり、これを修正しました。
  • 入力:門柱−考え方入力時の操作台せん断照査位置の柱内面からh/2迄の距離セット処理の値を間違えている問題があり、これを修正しました。
  • 表示:翼壁−U型翼壁のせん断応力度の照査位置名称を間違えている問題があり、これを修正しました。
  • 出力:翼壁−U型翼壁の左右側壁の照査位置を間違えている問題があり、これを修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョンアップ及び改良点」→「Ver.4.02.00」
  • 「概要」→「必要システム及びプロテクト」→「必要システム」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「ファイル」→「ファイル」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「基本条件」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「鉄筋(レベル2)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「翼壁(川表/川裏)」→「基本条件(翼壁)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「翼壁(川表/川裏)」→「材料(翼壁)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「翼壁(川表/川裏)」→「形状寸法(翼壁)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「翼壁(川表/川裏)」→「鉄筋(翼壁)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「翼壁(川表/川裏)」→「荷重(翼壁)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「翼壁(川表/川裏)」→「任意荷重(翼壁)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「翼壁(川表/川裏)」→「考え方(翼壁)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「計算ツールバー」→「計算」→「計算」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「計算ツールバー」→「計算確認」→「逆T型翼壁・堤防保護部 安定計算結果確認」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「計算ツールバー」→「計算確認」→「逆T型翼壁・堤防保護部 浮上がり計算結果確認」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「計算ツールバー」→「計算確認」→「U型翼壁・堤防保護部 浮上がり計算結果確認」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「計算ツールバー」→「計算確認」→「翼壁 応力度計算結果確認」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「オプション」→「表示項目の設定」
  • 「操作方法」→「スピードボタンの操作」→「スピードボタン」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体縦方向の設計」→「本体縦方向 レベル2断面照査」→「断面力及び変位の計算」→「計算方法」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体縦方向の設計」→「本体縦方向 レベル2断面照査」→「断面力及び変位の計算」→「弾塑性床上の梁解析」→「モデル化について」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体縦方向の設計」→「本体縦方向 レベル2断面照査」→「断面力及び変位の計算」→「弾塑性床上の梁解析」→「鉛直方向の地盤バネ」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体縦方向の設計」→「本体縦方向 レベル2断面照査」→「断面力及び変位の計算」→「弾塑性床上の梁解析」→「水平方向の地盤バネ」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「翼壁(川表/川裏)の設計」→「概要」→「概要」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「翼壁(川表/川裏)の設計」→「逆T翼壁・堤防保護部」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「翼壁(川表/川裏)の設計」→「U型翼壁」→「FRAME解析モデル」→「FRAME解析モデル」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「翼壁(川表/川裏)の設計」→「浮上がり検討照査」→「浮上がり検討照査」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「翼壁(川表/川裏)の設計」→「応力度照査」→「応力度照査」
  • 「サポート」→「技術的なお問い合わせ」→「お問い合わせの方法」→「問い合わせ様式−2」
4.02.00
↓4.02.01
'09.10.15 ■不具合対策
1)入力
  • 本体縦方向−門柱・胸壁連動荷重ケースを削除した際に組合せ荷重ケース内の死荷重ケースを削除していない為にFRAME計算時にエラーが発生する問題があり、これを修正しました。
2)計算
  • 本体縦方向−即時沈下量、側方変位量計算時に計算可能(水平スライス)な任意形盛土において間違ってエラーメッセージを表示していた問題があり、これを修正しました。
  • 本体縦方向−レベル2地震動計算時のブロック間J端側の断面情報を右隣のブロックI端の断面情報を用いていた問題があり、これを修正しました。
  • 本体縦方向−レベル2地震動計算時に本体頂版位置が地表面より低い位置に設置しているモデル(地表面が0以外)で計算できない問題があり、これを修正しました。
  • 本体縦方向−レベル2地震動の改良体地層厚を指定しているモデルにて正しく水平方向地盤バネを算出していない問題があり、これを修正しました。
3)出力
  • 本体縦方向−レベル2地震動の計算書(耐力照査−各スパン)において常に下側引張の終局モーメントを出力している問題があり、これを修正しました。
  • 本体縦方向−レベル2地震動の計算書(耐力照査−各スパン)において一覧表の項目名称が間違っている問題があり、これを修正しました。

■ヘルプの変更
  • 「概要」→「バージョン及び改良点」→「Ver.4.02.XX」
4.02.01
↓4.02.02
'09.11.16 ■不具合修正
  • 計算:本体縦方向−床付け面より上側の沈下量を無視していない問題があり、これを修正しました(地表面が凹凸時でかつ、床付け面より上側の沈下量を無視するモデル時のみに発生します)。
  • 表示:本体縦方向−任意盛土図を正しく描画、出力していない問題があり、これを修正しました(地表面が凹凸時でかつ、任意盛土荷重の載荷範囲に地表面の変化点があるモデル時のみに発生します)。
  • 出力:本体縦方向−圧密沈下量の出力書式(結果確認画面)の区分が水位以下なのに正しく水位以下と表示、出力していない問題があり、これを修正しました(水平な地層でないモデル時に発生する可能性があります)
  • 計算:胸壁−連動荷重の土圧計算時に算出する換算載荷重に雪荷重およびその他上載荷重を考慮していない問題があり、これを修正しました(背面土砂が載荷されていないモデル時のみに発生します)。
  • 出力:出力時(本体縦方向レベル2出力、門柱レベル2出力、その他の出力)に用いるスタイル設定データを共有していない問題があり、これを修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョンアップ及び改良点」→「Ver.4.02.XX」
  • 「概要」→「バージョンアップ及び改良点」→「Ver.3.01.XX」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「ヘルプ」→「ヘルプ」
  • 「Q&A」→「入力操作関連」
4.02.02
↓4.02.03
'10.01.25 ■不具合修正
  • 計算:レベル2地震動計算時のしゃ水壁のY方向バネ値をFreeに設定していなかった問題があり、これを修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョンアップ及び改良点」→「Ver.4.02.XX」
4.02.03
↓4.03.00
'10.02.01 ■要望対応
(1)入力
  • 本体縦方向−函体形状(円形)に材質の指定(コンクリート、ダクタイル鋳鉄、ヒューム)に対応しました(鋼管以外については、円管函体の応力度照査を行いません)。
  • 本体縦方向−円形巻き立て断面の本体標準部と張出部で底版厚を指定できるようにしました。
  • 本体縦方向−しゃ水壁の張出部寸法を指定できるようにしました。
  • 胸壁−荷重入力画面の地盤反力度「本体の計算値からの取得」ボタン選択時の「胸壁ケースデータの取得」を解かりやすい画面に改善しました。
(2)計算
  • 本体縦方向−斜層時のEsm算出時に着目する荷重の載荷範囲外に沈下量算出位置がある場合に沈下量算出位置直下の土層厚で計算するスイッチに対応しました。
(3)出力
  • 本体縦方向−レベル2地震動出力書式に「換算変形係数説明図」、「支持力係数Nc、Nq、Nγグラフ」、「鉛直方向地盤反力係数の函体上面の上限値Pvemax図」、「水平方向せん断地盤反力係数の函体周面摩擦力F図」を出力するようにしました。
  • 本体縦方向−応力度計算結果に検討部位を出力するようにしました。
  • 本体縦方向−単鉄筋モデル時は、単鉄筋の書式を出力するようにしました。
  • 門柱−本体縦方向の連動荷重の荷重図を出力するようにしました。
  • 門柱−FRAME荷重の出力に荷重番号の凡例を出力するようにしました。
  • 門柱−FRAME荷重の荷重図に格点、部材情報を出力するようにしました。
  • 門柱−断面力出力時に常時の組み合わせケースの計算結果を出力するようにしました。
  • 門柱−レベル2の設計震度を出力する際にレベル1、レベル2を個別に出力するようにしました。
  • 胸壁−土圧の換算載荷重図の出力に対応しました。
  • 胸壁−本体縦方向の連動荷重の土重図を出力するようにしました。
  • 胸壁−本体縦方向の連動荷重の荷重図を出力するようにしました。
  • 門柱、胸壁、翼壁−設計条件も計算結果同様に常時、地震時出力スイッチに従い出力するようにしました。
(4)図面
  • 「入力モード」→「本体縦方向」→「函体・継手」→「しゃ水壁」の設定項目に張り出し幅が追加されたことに伴い、入力値を連動するようにしました。
  • しゃ水壁の張り出し幅の入力範囲を拡張しました(上限を1.0mから3.0mに変更)。
  • 端部函体寸法のゲート幅と切り欠き深さの入力範囲を拡張しました(下限を0.1mから0.05mに変更)。
  • 「入力モード」→「門柱」→「形状」→「形状寸法」の門柱寸法にあわせて、川表側端部函体の中壁と左右側壁幅の値を自動で調整するように変更しました。

■不具合修正
(1)入力
  • 本体縦方向−材料入力画面にてコンクリート、鋼板(しゃ水鋼矢板)のヤング係数を変更しても関連する入力(部材バネ、継手(スチールベローズ)、しゃ水鋼矢板)をピンク色(入力催促)状態にしていなかった問題を修正しました。
  • 門柱−荷重(レベル2)の照査条件−横方向の入力画面にて「せん断耐力算出に有効な矩形」スイッチの状態が正しく指定できなかった問題を修正しました(耐震性能スイッチは3の場合のみ発生)。
  • 門柱−操作台形状(入力画面右から2番目)の平面図を正しく表示していなかった問題を修正しました。
(2)計算
  • 門柱−操作台形状(入力画面左から2番目)の形状において縦方向の受け台の鉛直力を正しく算出していなかった問題を修正しました。
  • 門柱−L1(許容応力度法)横方向解析 隅角部格点集中荷重を考慮するモデルにおいて操作台の左側格点より左側の位置に任意荷重を載荷したモデルにて正しく荷重を生成していなかった問題を修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョンアップ及び改良点」→「Ver.4.03.00」
  • 「概要」→「プログラムの機能概要」→「適用範囲」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「基本条件」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「材料」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「しゃ水壁」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「考え方」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「計算ツールバー」→「計算確認」→「門柱」→「門柱 レベル2照査結果確認」→「計算書作成」
  • 「操作方法」→「計算理論及び照査の方法」→「地盤の変形係数および地盤反力度」→「多層地盤の換算変形係数」
  • 「操作方法」→「計算理論及び照査の方法」→「本体縦方向の設計」→「断面力及び変位の計算」→「FRAME解析モデル」
  • 「操作方法」→「計算理論及び照査の方法」→「本体縦方向の設計」→「函体応力度」→「RC函体応力度」→「RC函体応力度」
  • 「操作方法」→「計算理論及び照査の方法」→「本体縦方向の設計」→「函体応力度」→「鋼管応力度」→「鋼管応力度」
  • 「操作方法」→「計算理論及び照査の方法」→「本体縦方向の設計」→「本体縦方向 レベル2断面照査」→「弾塑性床上の梁解析」→「モデル化について」
  • 「図面作成」→「Q&A」→「作図関係」
  • 「図面作成」→「Q&A」→「操作関係」
  • 「Q&A」→「入力操作関連」
4.03.00
↓4.03.01
'10.02.19 ■不具合修正
(1)計算
  • 本体縦方向−単層(1層)のみでかつ、「地盤の変形係数(Eom)算出時の深さ基準位置」計算スイッチが「直上函体底面」でかつ、指定されたスパン、ブロックの函体底版下面位置が、床付け面より上側に配置されているモデルにおいて、正しく部材バネを算出していなかった問題を修正しました。
  • U型翼壁−翼壁の左右側壁端部におけるせん断応力度算出時の断面力情報を正しく取得していなかった問題を修正しました。
(2)出力
  • 胸壁−土圧計算時に水位を考慮しないモデルにおいて地震時土圧換算荷重図をプレビュー及び出力する際にハングアップする問題を修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョンアップ及び改良点」→「Ver.4.03.XX」
4.03.01
↓4.04.00
'10.03.31 ■要望対応
(1)入力
  • 本体縦方向−頂版・底版配筋入力画面に同配筋ピッチを指定できる機能(同値設定ボタン)を設けました。
  • 門柱−新しい北海道開発局操作台タイプを追加しました(受け台設置位置が操作台天端から指定可能、操作台下側の梁は柱間に設置、梁下端にハンチ指定可能)。
  • 門柱−新しい北海道開発局操作台タイプの操作台配筋タイプ(柱全幅と操作台高さ/柱奥行き幅と操作台高さ+梁の高さ)を指定できるように対応しました。
(2)計算
  • 門柱−レベル2照査時にMc>My0のときは、Mc=My0として計算するスイッチに対応しました。
  • 門柱−レベル2照査時にMy0>Muのときに、My0をMuとして計算を続行する場合のφy0を縮小して計算するスイッチに対応しました。
  • 門柱−レベル2照査時の塑性ヒンジ点を計算する場合にその位置の操作台形状を用い計算するスイッチに対応しました。
  • 胸壁−土圧算出時に求める水位以下の見かけの震度算出時における上載荷重に背面土砂を考慮する計算スイッチに対応しました。
  • 胸壁、翼壁:主働土圧の土圧係数算定方法を河川構造物の耐震性能指針(案)・同解説(修正物部・岡部)指定時についても水位以下の見かけの震度の算出方法を指定できるように対応しました。

■不具合修正
(1)計算
  • 門柱−レベル2死荷重時の断面諸量を正しく指定していなかった問題を修正しました(操作台受け台設置範囲W2が柱間を超えた場合のみ発生)。
(2)出力
  • 胸壁−地震時静止土圧図に表示している上載荷重を誤って常時の上載荷重を出力していた問題を修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョンアップ及び改良点」→「Ver.4.04.00」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「頂版・底版」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「門柱」→「基本条件(門柱)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「門柱」→「形状寸法(門柱)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「門柱」→「鉄筋(門柱)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「門柱」→「鉄筋レベル2(門柱)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「門柱」→「荷重レベル2(門柱)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「胸壁(川表/川裏)」→「考え方(胸壁)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「翼壁(川表/川裏)」→「考え方(翼壁)」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「門柱の設計」→「横方向解析」→「FRAME解析モデル」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「門柱の設計」→「応力度照査」→「応力度照査」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「門柱の設計」→「レベル2地震動照査」→「横方向レベル2照査」→「骨組モデル」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「門柱の設計」→「レベル2地震動照査」→「横方向レベル2照査」→「M-φ関係」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「門柱の設計」→「レベル2地震動照査」→「横方向レベル2照査」→「せん断耐力」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「門柱の設計」→「レベル2地震動照査」→「縦方向レベル2照査」→「分担重量Wu」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「門柱の設計」→「レベル2地震動照査」→「縦方向レベル2照査」→「M-φ関係」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「胸壁(川表/川裏)の設計」→「たて壁の設計」→「たて壁の設計」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「胸壁(川表/川裏)の設計」→「本体縦方向連動荷重」→「本体縦方向連動荷重」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「翼壁(川表/川裏)の設計」→「逆T翼壁・堤防保護部」→「安定計算」→「安定計算」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「翼壁(川表/川裏)の設計」→「U型翼壁」→「FRAME解析モデル」→「FRAME解析モデル」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「翼壁(川表/川裏)の設計」→「逆T翼壁・堤防保護部」→「安定計算」→「安定計算」
  • 「Q&A」→「入力操作関連」
4.04.00
↓4.05.00
'10.04.30 ■要望対応
(1)入力
  • 本体縦方向−水位・土質入力画面において入力値「即時沈下/側方変位用 Es、地盤反力係数α・Eo」が0.0の場合に警告メッセージを表示するように対応しました。
(2)計算
  • 本体縦方向−レベル2地震動断面照査時の計算速度を向上しました(当社比較:約2倍向上)。
  • 本体縦方向−レベル2地震動断面照査時にMy0>Muのときに、My0をMuとして計算を続行する場合のφy0を縮小して計算するスイッチに対応しました。
  • 本体縦方向−レベル2地震動断面照査時にMc>My0、My0>Muの場合にM-φ曲線をバイリニア型かトリリニア型で生成するかの計算スイッチに対応しました。
  • 門柱−レベル1(許容応力度法)の縦方向の任意荷重について本体縦方向の連動荷重計算時に慣性力の向きを考慮する計算スイッチに対応しました。
(3)ファイル
  • 本体縦方向−レベル2地震動断面照査時のEngineer's Studioの入力データファイルの保存に対応しました(レベル2地震動−断面力の結果確認画面の「ESファイル保存」ボタンにて保存することができます)。

■不具合修正
(1)計算
  • 本体縦方向−レベル2地震動断面照査時のM-φ要素生成時に軸力算出時の曲げの符号と逆方向のMc、φcを常に軸力算出時における曲げの符号のMc、φcを用いていた問題を修正しました(Mc<My0<Mu時に発生します)。
(2)出力
  • 本体縦方向−レベル2地震動断面照査の設計書−連動荷重のY軸方向集中荷重の符号が逆転して出力していた問題を修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョンアップ及び改良点」→「Ver.4.05.00」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「基本条件」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「水位・土質」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「門柱」→「任意荷重(門柱)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「門柱」→「考え方(門柱)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「計算ツールバー」→「計算結果」→「本体縦方向」→「本体縦方向 レベル2照査結果確認」→「断面力計算結果確認」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体縦方向の設計」→「本体縦方向 レベル2断面照査」→「断面力及び変位の計算」→「計算方法」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体縦方向の設計」→「本体縦方向 レベル2断面照査」→「断面力及び変位の計算」→「弾塑性床上の梁解析」→「モデル化について」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「門柱の設計」→「本体縦方向連動荷重」→「本体縦方向連動荷重」
  • 「Q&A」→「入力操作関連」
4.05.00
↓4.05.01
'10.05.19 ■要望対応
(1)計算
  • 本体縦方向−レベル2地震動断面照査時にMu算出時のεcu発生位置(芯かぶり)の取り扱い計算スイッチ「コンクリート圧縮縁位置/最圧縮縁鉄筋かぶり位置」に対応しました。

■不具合修正
(1)入力
  • 本体縦方向−門柱・胸壁入力画面の表(連動荷重)データを正しく保持しない問題を修正しました(常時、地震時の荷重ケースを2ケース以上指定し、個々のケース内の荷重個数を4個以上指定している場合に発生します)。
(2)計算
  • 本体縦方向−レベル2地震動断面照査時を計算しない問題(My0計算エラー 軸力範囲外メッセージ表示)を修正しました(地震時水平荷重生成時に左右の分布荷重の値が同値で符号のみ異なる場合に発生します)。
  • 本体縦方向−レベル2地震動断面照査時のM-φ要素生成時に上縁引張の初降伏モーメントと曲率、終局モーメントと曲率について誤って下縁引張の値を用いていた問題を修正しました(左右端部で発生します)。
  • 本体縦方向−レベル2地震動断面照査時のM-φ要素生成時にひび割れモーメントと曲率の値を上縁引張と下縁引張を逆に用いていた問題を修正しました。
(3)結果確認
  • 本体横方向−応力度計算結果確認画面の「出力先の変更」ボタンが「保存」に切り替わらない問題を修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョンアップ及び改良点」→「Ver.4.05.XX」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「基本条件」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体縦方向の設計」→「本体縦方向 レベル2断面照査」→「耐力計算」→「終局モーメント」
  • 「Q&A」→「入力操作関連」
4.05.01
↓4.05.02
'10.05.27 ■不具合修正
(1)計算
  • 門柱−主鉄筋(レベル2)の左右柱−G鉄筋の本数指定が0本時に正しく配筋情報を生成しない問題を修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョンアップ及び改良点」→「Ver.4.05.XX」
  • 「概要」→「バージョンアップ及び改良点」→「Ver.3.01.XX」
4.05.02
↓4.05.03
'10.06.24 ■要望対応
(1)計算
  • 付属構造物(門柱、胸壁)の連動荷重を算出する際に用いる断面諸元(図心Y)を求める際の計算スイッチ「張り出し寸法考慮/張り出し寸法無視」に対応しました。

■不具合修正
(1)計算
  • 本体縦方向−レベル2地震動断面照査時を計算しない問題(しゃ水壁断面取得エラー)を修正しました(堤防盛土入力画面の盛土基準点から函体左端までのX方向距離に0以外の値を指定しているモデル時のみに発生します)。
  • 門柱−管理橋桁幅が0の場合に本体縦方向の管理橋反力を誤って2倍していた問題を修正しました。
(2)出力
  • 胸壁−断面力のたて壁地震時土圧(静止土圧の土圧強度集計表中の主働土圧)に水平成分Cosδを考慮していない値を出力していた問題を修正しました(計算結果には影響しません)。
  • 胸壁−断面力のたて壁地震時土圧の出力書式に水位面以下の出力書式で出力していなかった問題を修正しました(静止土圧でかつ河川構造物の耐震性能照査指針(案)・同解説(修正物部・岡部)かつ水位面の直上、直下の土圧は等しい以外を指定時のみに発生します)。
  • 胸壁−断面力のたて壁地震時土圧(静止土圧の土圧強度集計表中の主働土圧)に水位下面の土圧を出力していなかった問題を修正しました(水位以下の見かけの震度の算出方法を水位面の直上、直下の土圧は個別に算定を指定時のみに発生します)。
(3)図面
  • 数量計算書の作成において、プレビュー結果をWordファイルに出力した際に、断面図や平面図の一部が表示されない問題を修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョンアップ及び改良点」→「Ver.4.05.XX」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「門柱」→「考え方(門柱)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「胸壁」→「考え方(胸壁)」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「門柱の設計」→「本体縦方向連動荷重」→「本体縦方向連動荷重」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「胸壁(川表/川裏)の設計」→「本体縦方向連動荷重」→「本体縦方向連動荷重」
  • 「Q&A」→「入力操作関連
4.05.03
↓4.06.00
'10.07.29 ■要望対応
(1)入力
  • 本体縦方向−沈下量算出点の入力画面に表示する沈下量算出点描画の処理を改善しました(地表面が100mで盛土座標が0m付近に指定したモデル時も正しく表示)。
  • 本体縦方向−剛支持から柔支持にモデルに切り替えた際に堤防盛土についてもピンク色(入力催促状態)に変更するように対応しました。
  • 本体縦方向−荷重(レベル2)入力画面のしゃ水壁位置の換算係数の入力下限値を0.0→0.1に変更しました。
  • 門柱−形状寸法画面の寸法値X8の入力下限値を0.1m→0.01mに変更しました。
  • 門柱−縦方向の断面力の荷重ケース数を2ケースから5ケースに拡張しました。
  • 門柱−縦方向の連動荷重の荷重ケース数を3ケースから5ケースに拡張しました。
  • 門柱−横方向の任意荷重の荷重ケース数を7ケースから10ケースに拡張しました。
  • 門柱−縦方向の任意荷重の荷重ケース数を2ケースから10ケースに拡張しました。
  • 門柱−任意荷重にモーメント荷重を指定できるように対応しました。
  • 門柱−横方向の任意荷重に「表示高さ」を設けその情報に従い荷重を表示するように対応しました。
  • 門柱−縦方向の任意荷重に「全計算/断面力/連動荷重」の計算スイッチを設け、その計算スイッチに従い計算するように対応しました。
  • 門柱−縦方向の任意荷重に「重心高さ」を設けその情報に従い荷重を計算・表示するように対応しました。
(2)計算
  • 本体縦方向−レベル2断面照査時の地盤沈下・変位荷重を算出する際に用いる地盤変位鉛直荷重の上限値「鉛直土圧/極限支持力/上限値なし」の計算スイッチに対応しました。
  • 門柱−縦方向断面力算出時に風荷重を無視して計算できるように対応しました。
  • 門柱−縦方向連動荷重算出時に風荷重を考慮して計算できるように対応しました。
  • 胸壁−本体縦方向の連動荷重に土重を無視して計算できるように対応しました。
(3)結果確認
  • 門柱−横方向(レベル1)計算結果画面の検討ケース各要素表示画面に全ケースを一括表示/出力するように対応しました。
(4)出力
  • 本体縦方向−レベル1の出力書式に函軸方向の反力一覧表・分布図を出力するように対応しました。
  • 本体縦方向−継手の出力書式(折れ角照査)に出力単位を度とradの両方を出力するように対応しました。
  • 本体縦方向−レベル2の出力書式に地盤反力図(上限値、下限値)、周面せん断反力図を出力するように対応しました。
  • 門柱−縦方向の任意荷重(断面力、連動荷重)について詳細出力書式を出力するように対応しました。
(5)図面
  • SXF出力Ver3.1に対応しました。
  • AutoCAD 2007形式のDXF,DWG出力に対応しました。
  • 端部函体寸法の切り欠き深さの入力範囲を拡張しました(下限を0.05mから0.01mに変更)。

■不具合修正
(1)入力
  • 本体縦方向−スパン・ブロック入力画面の確定時における入力データチェック処理に問題があり正しい値を指定していても確定できなかった問題を修正しました。
(2)計算
  • 本体縦方向−カラー継手の開口量算出時に水平変位量を加算していなかった問題を修正しました。
  • 本体縦方向−レベル2断面照査時に用いる荷重の分割数に大きな値(20以上)を指定したモデルにて計算が失敗する問題を修正しました。
  • 本体縦方向−レベル2断面照査時にしゃ水壁の設置しているモデルにおいて計算エラーが発生する問題を修正しました(しゃ水壁設置位置と任意盛土を構成する座標が同値のモデル時のみ発生します)。
  • 本体縦方向−レベル2断面照査時の地盤変位荷重の右端部(一番右側の支点)の荷重を間違えていた問題を修正しました。
  • 門柱−縦方向の応力度計算に用いる許容値を算出する割増係数を間違えていた問題を修正しました(風荷重を無視するモデル時のみ発生します)。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョンアップ及び改良点」→「Ver.4.06.00」
  • 「概要」→「必要システム及びプロテクト」→「必要システム」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「基本条件」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「門柱・胸壁」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「門柱」→「荷重(門柱)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「門柱」→「任意荷重(門柱)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「胸壁」→「考え方(胸壁)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「計算ツールバー」→「計算確認」→「門柱」→「門柱 横方向計算結果確認」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「計算ツールバー」→「計算確認」→「門柱」→「門柱 横方向計算結果確認」→「検討ケースデータの結果表示」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体縦方向」→「継手」→「継手」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体縦方向」→「本体縦方向 レベル2断面照査」→「断面力及び変位の計算」→「弾塑性床上の梁解析」→「モデル化について」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体縦方向」→「本体縦方向 レベル2断面照査」→「継手」→「継手」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「門柱の設計」→「縦方向解析」→「荷重の考え方」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「門柱の設計」→「本体縦方向連動荷重」→「本体縦方向連動荷重」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「胸壁(川表/川裏)の設計」→「本体縦方向連動荷重」→「本体縦方向連動荷重」
  • 「Q&A」→「入力操作関連」
4.06.00
↓4.06.01
'10.08.16 ■要望対応
(1)入力
  • 門柱−考え方入力画面の「本体縦方向 連動荷重の任意荷重」計算スイッチの機能を無効にしました。

■不具合修正
(1)計算
  • 本体縦方向−即時沈下量及び側方変位量算出時に用いる深さhnを斜層でかつ考え方入力画面−基本タブ「Esm算出時に最下層,hnの取り扱い」計算スイッチを「hnを最下層までとする」に指定しているモデル時に誤って入力値を使用していた問題を修正しました。
  • 本体縦方向−側方変位量算出時に用いる考え方入力画面−基本タブ「Esm算出時に最下層,hnの取り扱い」計算スイッチを誤って即時沈下量算出時の計算スイッチを使用していた問題を修正しました。
  • 本体縦方向−地層の中間層の座標が重なっている場合に計算前チェック処理でエラーメッセージを表示していなかった問題を修正しました。
  • 門柱−1Gateのモデルにおいて地震時1と地震時2の両荷重ケースを計算すると応力度計算時にエラーが発生する問題を修正しました(Ver4.06.00のみ発生)。
  • 門柱−2Gateのモデルにおいて本体縦方向の連動荷重の中柱における風荷重の計算が間違っている問題を修正しました(Ver4.06.00のみ発生)。
  • 門柱−本体縦方向連動荷重(川裏→川表)における任意荷重の集計計算の符号を間違えている問題を修正しました(Ver4.06.00のみ発生)。
(2)出力
  • 門柱−出力書式の任意荷重詳細出力に出力する柱任意荷重種別文字(鉛直、水平)を逆に出力している問題を修正しました(Ver4.06.00のみ発生)。
  • 胸壁−出力書式の連動荷重図に出力している揚圧力の数値が出力されない問題を修正しました(つま先版とかかと版の幅に差異がないモデルのみ発生)。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョンアップ及び改良点」→「Ver.4.06.XX」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「門柱」→「荷重(門柱)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「門柱」→「任意荷重(門柱)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「門柱」→「考え方(門柱)」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「門柱の設計」→「本体縦方向連動荷重」→「本体縦方向連動荷重」
  • 「Q&A」→「入力操作関連」
4.06.01
↓4.06.02
'10.11.08 ■不具合修正
(1)計算
  • 本体縦方向−レベル2地震動照査時において函体左端からの距離を指定してその函体左端からの距離と函体全長を加算した値が地表面XEの範囲を越えたモデル時に正しく換算変形係数Eomを算出していなかった問題を修正しました。
  • 本体縦方向−レベル2地新動照査時に正しいモデルなのに初降伏モーメント範囲外エラーが発生する問題を修正しました(地盤の水平変位荷重が部材内に正負の両符号の荷重を生成するモデル時に発生します)。
(2)出力
  • 本体縦方向−沈下量結果画面(P:プリンタモード表示)及び、出力書式にて定型盛土(嵩上げ、嵩上げ+左腹付け、嵩上げ+右腹付け)の新堤の最終ラインを表示・出力しない問題を修正しました。
  • 門柱−縦方向の応力度照査の中柱(上)の鉄筋量について間違った値を出力している問題を修正しました。
  • 門柱−レベル2地震動照査結果の線形部材端照査に表示・出力している軸力の符号を逆に表示している問題があり、これを修正しました。
  • 翼壁(U型)−設計条件−部材照査条件に出力している地震時受働土圧式の値が入力と異なった値で出力する問題を修正しました。
  • 翼壁(U型)−FRAME荷重の任意荷重5ケース目のみ間違った荷重名称で出力する問題を修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョンアップ及び改良点」→「Ver.4.06.XX」
  • 「概要」→「操作方法」→「メニューの操作」→「ヘルプ」→「ヘルプ」
  • 「Q&A」→「入力操作関連」
4.06.02
↓4.06.03
'11.02.17 ■要望対応
(1)入力
  • 本体縦方向−円形函体材質単位重量の入力範囲を拡張しました(上限を99.9kN/m3から999.9kN/m3に変更)。
  • 本体縦方向−円管の管厚の入力範囲を拡張しました(上限を99.9mmから999.9mmに変更)。
  • 本体縦方向−地盤の(換算)変形係数(即時沈下/側方変位用Es、地盤反力係数用α・Eo)の入力範囲を拡張しました(上限を999999.9kN/m2から9999999.9kN/m2に変更)。
  • 本体縦方向−考え方入力画面の地盤変位荷重算出時(幅B)の算定方法の初期値を「張り出し寸法考慮」に変更しました。
  • 本体縦方向、門柱−鉄筋の入力本数範囲を拡張しました(上限を200本から400本に変更)。
  • 本体横方向、門柱、胸壁、翼壁−斜引張鉄筋の入力値(軸方向の間隔、鉄筋量)の初期値を0.0に変更しました。

■不具合修正
(1)入力
  • 翼壁−計算実行後に川裏翼壁の任意荷重データを修正しても計算に反映しなかった問題を修正しました。
  • 胸壁−荷重入力画面の本体から地盤反力度を取得する際に連動荷重のオフセット位置Xeを考慮していなかった問題を修正しました。
(2)計算
  • 本体縦方向−円形函体の管厚を9.9mm以下のモデルにて計算実行するとエラーメッセージが表示される問題を修正しました。
  • 本体縦方向−円形函体でかつ水平バネ算出スイッチが函体周面(張り出し寸法考慮)のモデルにおいて周長を正しく算出していなかった問題を修正しました。
  • 本体縦方向−レベル2断面照査時に用いる主鉄筋本数を2本多くモデル化していた問題を修正しました。
(3)出力
  • 本体縦方向−円形函体モデル時の設計条件に出力している地盤反力の影響する深さの値について入力値を正しく出力していなかった問題を修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョンアップ及び改良点」→「Ver.4.06.XX」
  • 「概要」→「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「胸壁(川表/川裏)」→「考え方(胸壁)」
  • 「Q&A」→「入力操作関連」
4.06.03
↓4.06.04
'11.05.13 ■不具合修正
(1)入力
  • 本体縦方向−レベル2主鉄筋入力の左右対称入力フラグを正しく保持していなかった現象を修正しました。
  • 門柱−レベル2主鉄筋入力の左右非対称入力時の表データを正しく保持していなかった現象を修正しました。
  • 門柱−縦方向の任意荷重(水平方向)の高さを間違って表示している現象を修正しました。
  • 翼壁−堤防保護部を設置してかつ複断面のモデルにおいて設計断面Aの壁高を正しく設定していなかった問題を修正しました(L1:翼壁設置長とL3:堤防保護たて壁厚+L4:堤防保護部かかと版長が同値の場合に発生する可能性があります)。
(2)計算
  • 門柱−レベル2の計算に用いる中柱H鉄筋の鉄筋本数及び配筋位置が間違えている現象を修正しました。
(3)図面
  • 鉄筋生成時において、「胸壁前面主鉄筋」の曲げ長を胸壁前面位置に応じて算出するように改善しました。
  • 「端部函体」を設置しない場合に「形状-しゃ水壁」画面のガイド図に不要な 端部函体が作図される点の対策を行いました。
  • 鉄筋生成時において、端部函体横鉄筋と胸壁底版主鉄筋の配筋情報が一致するように改善しました。
(4)ヘルプ
  • Ver4.06.03の修正履歴の内容が間違っている現象を修正しました。
    誤:本体縦方向−レベル2断面照査時に用いる主鉄筋本数を2本多くモデル化していた問題を修正しました。
    正:本体縦方向−レベル2断面照査時に用いる主鉄筋をA,C,E,G鉄筋がそれぞれ1本多く、BD,HF鉄筋の始点、終点側に配置している鉄筋が1本少なく配置してモデル化していた問題を修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョンアップ及び改良点」→「Ver.4.06.XX」
4.06.04
↓4.06.05
'11.06.24 ■不具合修正
(1)入力
  • 共通−材料入力画面にて「適用基準」スイッチを「建設省河川砂防技術基準(案)」に指定した際の単位重量(鋼板、土砂(飽和)等)の初期値が間違っていた現象を修正しました。
(2)計算
  • 本体縦方向−レベル2の解析時における浮力に載荷する荷重値が間違っている現象を修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョンアップ及び改良点」→「Ver.4.06.XX」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「材料」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体横方向」→「材料(本体横方向)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「門柱」→「材料(門柱)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「胸壁(川表/川裏)」→「材料(胸壁)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「翼壁(川表/川裏)」→「材料(翼壁)」
4.06.05
↓4.06.06
'11.07.29 ■不具合修正
(1)計算前データチェック
  • 本体縦方向−正しく入力しているモデルにて、レベル1計算実行時に間違った入力データチェックメッセージを表示していた現象を修正しました(3スパン以上のモデルで発生する可能性あり)。
  • 本体縦方向−入力データが未入力の状態において計算実行できる現象を修正しました(沈下量直接入力を指定後に一度も沈下量入力画面を開かずに剛支持モデルへ切り替えたモデル時のみ発生)。
(2)計算
  • 翼壁−逆T翼壁の全体の浮き上がり検討時に用いる面積、躯体重量について間違えている現象を修正しました(堤防保護部のL2とL3寸法が異なっているモデル時のみ発生)。
(3)出力
  • 本体横方向−設計条件−断面形状図の右側ハンチ寸法値に間違った値を出力している現象を修正しました(2連函体モデルを1連函体モデルに変更してハンチ寸法を修正したモデル時のみで発生)。
  • 門柱、胸壁−本体縦方向の門柱・胸壁入力画面が未入力の状態において計算書出力書式の連動荷重の詳細、集計位置Y詳細を出力しないように修正しました。
  • 胸壁−計算書−死荷重ケースの連動荷重図を正しく出力していなかった現象を修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョンアップ及び改良点」→「Ver.4.06.XX」
  • 「サポート」→「ご購入についてのお問い合せ」
4.06.06
↓4.06.07
'11.09.06 ■不具合修正
(1)描画
  • メイン画面−2D(側面図)、3D描画において胸壁の連動荷重のオフセットYeを正しく反映していなかった現象を修正しました。
  • メイン画面−3D描画においてU型翼壁で堤防保護部なしかつY1<>Y3のモデルにおいて底版を正しく表示していなかった現象を修正しました。
(2)計算
  • 門柱−横方向のFRAME計算時に入力した割増係数を用いておらず、常に初期値で計算していた現象を修正しました。
(3)結果確認、出力
  • 本体縦方向−現況の標高としてプラスに大きな値を入力したモデルにおいて残留沈下量結果確認画面、出力書式に出力する盛土形状が正しく表示、出力しない現象を修正しました。
(4)出力
  • しゃ水工−しゃ水矢板長の計算(水平方向)の出力書式に鉛直と間違った文字を出力している現象を修正しました。
(5)ヘルプ
  • 本体縦方向−層入力における例題の数値が間違っていた現象を修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョンアップ及び改良点」→「Ver.4.06.XX」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「層」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「門柱」→「考え方(門柱)」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「翼壁(川表/川裏)」→「考え方(胸壁)」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体縦方向」→「断面力及び変位の計算」→「FRAME解析」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「門柱の設計」→「本体縦方向連動荷重」→「本体縦方向連動荷重」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「胸壁(川表/川裏)の設計」→「本体縦方向連動荷重」→「本体縦方向連動荷重」
4.06.07
↓4.06.08
'11.10.18 ■不具合修正
(1)計算
  • レベル2の継手位置の格点及びブロック間の格点に間違った荷重(自重、浮力、地盤変位)を載荷していた現象を修正しました。
(2)表示、出力
  • 本体縦方向−円管函体の管厚の小数点以下桁数を表示、出力していなかった現象を修正しました。
  • 本体縦方向−計算書の水重出力書式にて円管函体の材質名称を間違えて出力している現象を修正しました。
(3)図面
  • 翼壁天端勾配が大きい場合に、図面生成時にエラーが発生する問題について対策を行いました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョンアップ及び改良点」→「Ver.4.06.XX」
4.06.08
↓4.06.09
'11.11.08 ■不具合修正
(1)入力
  • 門柱−鉄筋(レベル2)入力画面の確定ボタン挿入時のデータチェック及び表示するメッセージを間違えている現象を修正しました(北海道操作台タイプのみ発生)。
(2)計算
  • 門柱−レベル2横方向の慣性力において、開閉装置の作用高が考慮されていない現象を修正しました。
  • 門柱−設計水平震度の自動計算において、開閉装置、および操作台上の任意荷重の重心高さが考慮されていない現象を修正しました。
  • 胸壁−雪荷重、その他上載荷重が未入力のモデルにおいて考え方入力画面おいて水位以下の見かけの震度算出時の上載荷重に背面土砂を考慮する場合にて計算実行時にメモリーエラーが発生する可能性がある現象を修正しました。
(3)結果確認
  • 本体縦方向−RC応力度計算結果確認画面の判定表についてMmax以外(Smaxを除く)を正しく判定していなかった現象を修正しました。
  • 翼壁−U型翼壁の底版におけるせん断照査結果に許容値の割増係数αを表示していなかった現象を修正しました。
(4)ヘルプ
  • 本体横方向、門柱、翼壁の応力度照査(せん断応力度)に許容値の割増係数について記述していなかった現象を修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョンアップ及び改良点」→「Ver.4.06.XX」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「門柱」→「荷重(門柱)」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体横方向の設計」→「応力度照査」→「応力度照査」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「門柱の設計」→「応力度照査」→「応力度照査」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「翼壁の設計(川表/川裏)」→「応力度照査」→「応力度照査」
4.06.09
↓4.06.10
'12.02.29 ■不具合修正
(1)入力
  • 本体縦方向−任意盛土荷重図の描画範囲が間違っている現象を修正しました(地表面に凹凸があるモデル時のみ発生)。
  • 翼壁−考え方入力画面において浮き上がりの検討時の全体計算時に用いる荷重種別を設計断面A、堤防保護部を設定して確定ボタンを選択すると無関係なエラーメッセージを表示する現象を修正しました(設計断面@の荷重数が設計断面A及び堤防保護部の荷重数より大きい場合に発生します)。
  • しゃ水工−浸透経路長−函軸方向の入力画面の「本体及び翼壁の入力情報からの取得」ボタンを挿入時に自動設定する川裏の翼壁設置長を間違って川表翼壁設置長を設定していた現象を修正しました。
(2)制御
  • 翼壁−U型翼壁の堤防保護部の計算時にエラーが発生しても結果確認、出力実行が行える現象を修正しました。
(3)計算
  • 本体縦方向−頂版側が引張でかつコンクリートで必要鉄筋量が決定されるモデルにおいて必要鉄筋量の計算が間違っている現象を修正しました。
  • 門柱−レベル2主鉄筋の配筋にて鉄筋本数を1本と指定している場合に正しく鉄筋本数を生成しない場合がありこの現象を修正しました。
(4)結果確認
  • 本体縦方向−レベル2耐力照査結果画面のレベル2地震動(タイプT)の抽出結果にレベル2地震動(タイプU)の結果を表示していた現象を修正しました。
(5)結果確認、出力
  • 本体縦方向−レベル2耐力照査結果確認画面、出力書式(スパン毎抽出)にてスパン内の全照査点の断面力が0.0の場合にのみ正しい照査点情報を抽出していなかった現象を修正しました。
(6)出力
  • 本体縦方法−地盤バネ反力図の最終スパンの情報を出力していなかった現象を修正しました(4スパン以上でかつ最終スパンのブロック数がスパン数と同値のモデル時に発生)。
  • 本体縦方向−圧密沈下量を直接入力するモデルにおいて計算書の沈下量算出位置の図に堤防盛土を出力していなかった現象を修正しました。
  • 胸壁−連動荷重の土圧出力書式(上載荷重載荷幅と土圧図)が正しく出力していなかった現象を修正しました(上載荷重が載荷されていないモデル時に発生)。
  • 胸壁−連動荷重の土圧出力書式の土圧図に出力するその他上載荷重、雪荷重の載荷開始位置を正しく出力していなかった現象を修正しました(盛土天端以外の位置に載荷しているモデル時に発生する可能性があります)。
  • 胸壁−曲げ応力度出力書式の鉄筋量の表記単位を間違っていた現象を修正しました。
(7)図面
  • 図面作成において、翼壁先端壁の鉄筋径情報が保存されない点の対策を行いました。
  • 図面作成において、川表川裏端部函体を配置しない場合に函体形状入力画面を確定できない場合がある点の対策を行いました。
  • 図面作成において、配力筋配置位置の初期値を「主鉄筋の内側配置」から「主鉄筋の外側配置」に変更しました。
(8)ヘルプ
  • Q&A(Q1-110)の回答に記述している内容を修正していなかった現象を修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョンアップ及び改良点」→「Ver.4.06.XX」
  • 「Q&A」→「入力操作編」
4.06.09
↓4.06.10
'12.02.29 ■不具合修正
(1)入力
  • 本体縦方向−任意盛土荷重図の描画範囲が間違っている現象を修正しました(地表面に凹凸があるモデル時のみ発生)。
  • 翼壁−考え方入力画面において浮き上がりの検討時の全体計算時に用いる荷重種別を設計断面A、堤防保護部を設定して確定ボタンを選択すると無関係なエラーメッセージを表示する現象を修正しました(設計断面@の荷重数が設計断面A及び堤防保護部の荷重数より大きい場合に発生します)。
  • しゃ水工−浸透経路長−函軸方向の入力画面の「本体及び翼壁の入力情報からの取得」ボタンを挿入時に自動設定する川裏の翼壁設置長を間違って川表翼壁設置長を設定していた現象を修正しました。
(2)制御
  • 翼壁−U型翼壁の堤防保護部の計算時にエラーが発生しても結果確認、出力実行が行える現象を修正しました。
(3)計算
  • 本体縦方向−頂版側が引張でかつコンクリートで必要鉄筋量が決定されるモデルにおいて必要鉄筋量の計算が間違っている現象を修正しました。
  • 門柱−レベル2主鉄筋の配筋にて鉄筋本数を1本と指定している場合に正しく鉄筋本数を生成しない場合がありこの現象を修正しました。
(4)結果確認
  • 本体縦方向−レベル2耐力照査結果画面のレベル2地震動(タイプT)の抽出結果にレベル2地震動(タイプU)の結果を表示していた現象を修正しました。
(5)結果確認、出力
  • 本体縦方向−レベル2耐力照査結果確認画面、出力書式(スパン毎抽出)にてスパン内の全照査点の断面力が0.0の場合にのみ正しい照査点情報を抽出していなかった現象を修正しました。
(6)出力
  • 本体縦方法−地盤バネ反力図の最終スパンの情報を出力していなかった現象を修正しました(4スパン以上でかつ最終スパンのブロック数がスパン数と同値のモデル時に発生)。
  • 本体縦方向−圧密沈下量を直接入力するモデルにおいて計算書の沈下量算出位置の図に堤防盛土を出力していなかった現象を修正しました。
  • 胸壁−連動荷重の土圧出力書式(上載荷重載荷幅と土圧図)が正しく出力していなかった現象を修正しました(上載荷重が載荷されていないモデル時に発生)。
  • 胸壁−連動荷重の土圧出力書式の土圧図に出力するその他上載荷重、雪荷重の載荷開始位置を正しく出力していなかった現象を修正しました(盛土天端以外の位置に載荷しているモデル時に発生する可能性があります)。
  • 胸壁−曲げ応力度出力書式の鉄筋量の表記単位を間違っていた現象を修正しました。
(7)図面
  • 図面作成において、翼壁先端壁の鉄筋径情報が保存されない点の対策を行いました。
  • 図面作成において、川表川裏端部函体を配置しない場合に函体形状入力画面を確定できない場合がある点の対策を行いました。
  • 図面作成において、配力筋配置位置の初期値を「主鉄筋の内側配置」から「主鉄筋の外側配置」に変更しました。
(8)ヘルプ
  • Q&A(Q1-110)の回答に記述している内容を修正していなかった現象を修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョンアップ及び改良点」→「Ver.4.06.XX」
  • 「Q&A」→「入力操作編」
4.06.10
↓4.06.11
'12.03.27 ■不具合修正
(1)計算
  • 付属構造物(本体横方向)−斜引張鉄筋量のScを算出する際に用いるτa1を誤って割増ししていた値を用いていた現象を修正しました。
  • 翼壁−U型翼壁底版の最小鉄筋量照査時に比較する必要鉄筋量4/3と引張鉄筋量(入力値)を間違って圧縮側の値を用いていた現象を修正しました。
(2)出力
  • 本体縦方向−地盤変位鉛直荷重を出力する際に沈下量がマイナス時に荷重値をそのままの値で出力していた現象を修正しました。
  • 門柱−レベル2縦方向のkha算出式が間違っている現象を修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョンアップ及び改良点」→「Ver.4.06.XX」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「任意荷重」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「入力」→「本体縦方向」→「組合せ荷重」
  • 「操作方法」→「メニューの操作」→「計算ツールバー」→「計算結果」→「本体縦方向」→「沈下量計算結果確認」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体横方向の設計」→「応力度照査」→「応力度照査」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「門柱の設計」→「応力度照査」→「応力度照査」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「胸壁(川表/川裏)の設計」→「応力度照査」→「応力度照査」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「翼壁(川表/川裏)の設計」→「応力度照査」→「応力度照査」
4.06.11

4.06.12
'12.06.13 ■不具合修正
(1)入力
  • 本体縦方向−スパン数を減らしたモデルにおいてしゃ水壁の入力画面が確定できなくなる現象を修正しました。
  • 翼壁−荷重入力画面の水位表入力において入力可能な範囲の数値を赤表示していた現象を修正しました(表示色だけの問題です)。
(2)計算
  • 本体縦方向−即時沈下量、側方変位量を算出する際に荷重を縦方向スライスで生成したモデル時に任意盛土荷重を2重載荷していた現象を修正しました。
  • 本体縦方向−函体底版位置が複数層を含む層の間に設置したモデルにおいて正しくEomを算出していなかった現象を修正しました。
  • 本体縦方向−レベル2地震動における任意荷重の入力がスパンをまたぎ指定しているモデルにおいてスパン間の荷重を正しく算出していなかった現象を修正しました。
(3)結果確認、出力
  • 本体縦方向−残留沈下量の堤防盛土図を正しく表示・出力していなかった現象を修正しました(地表面のY座標が0.0以外でかつ定型盛土と任意座標盛土の両方を入力しているモデル時のみ発生)。
(4)出力
  • 本体縦方向−地盤の沈下量および地盤の側方変位量に出力している沈下量算出点位置図の番号を正しい位置に出力していなかった現象を修正しました(沈下量直接入力時のモデルで発生)。
  • 本体縦方向−応力度の許容せん断応力度の小数点桁数を2桁で出力していた現象を修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョンアップ及び改良点」→「Ver.4.6.X」
  • 「計算理論及び照査の方法」→「本体縦方向の設計」→「本体縦方向レベル2断面照査」→「断面力及び変位の計算」→「計算方法」
  • 「サポート」→「ご購入についてのお問合わせ」
Page Top Page Top
 ■ 更新履歴バックナンバー
    ・柔構造樋門の設計・3D配筋 Ver.12
    ・柔構造樋門の設計・3D配筋 Ver.11
    ・柔構造樋門の設計・3D配筋 Ver.10
    ・柔構造樋門の設計 Ver.9
    ・柔構造樋門の設計 Ver.8
    ・柔構造樋門の設計 Ver.7
    ・柔構造樋門の設計 Ver.6
    ・柔構造樋門の設計 Ver.5
    ・柔構造樋門の設計 Ver.4
    ・柔構造樋門の設計 Ver.3
    ・柔構造樋門の設計 Ver.2
    ・柔構造樋門の設計 Ver.1
    ・柔構造樋門の設計計算 Ver.2
    ・柔構造樋門の設計計算 Ver.1
戻る
バージョン更新情報

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
東日本旅客鉄道株式会社
[ お知らせ ]
地方創生・国土強靭化
FORUM8セミナーフェア






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
3DモデルIFC変換ツール
建築杭基礎の設計計算 Ver.5
Engineer's Studio® Ver.9
二柱式橋脚の設計計算(部分係数法・H29道示対応) Ver.2
BOXカルバートの設計・3D配筋 Ver.18

キャンペーン実施中
地方創生・国土強靭化
セミナーフェア連動
好評につき延長!
FORUM8 Shade3D
トレードアップ

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
5/28
-29
 UC-win/Road・エキスパート・
  トレーニング(東京)
5/30  建築基礎,地下車庫の設計
6/4  ウェルポイント、
  地盤改良の設計計算
6/5  UC-win/Road・DSVR

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CAD/CIM、建設会計
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・3D配筋CAD
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・クラウドデータバックアップサービス
・ファイル共有サービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション