Civil Engineer's Forum-FORUM8
このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Yahoo! JAPAN

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

Q&A耐候性大型土のうの設計計算 ('18.10.19)

NEW!更新内容

Q1−3.初期入力の検討条件「□全体安定照査を行う」の項目にチェックをつけると
エラー「計算対象範囲と土質ブロックの関係が無効です」
が出て計算実行できなくなります。
計算対象範囲と土質ブロックの関係はどこで設定すれば良いでしょうか。
('18.10.19)

Q2−14.入力データを設定し、計算実行をしたところ「Can not Create C:\Users\(ユーザ名)\AppData\Local\Temp\Temp\Kousi」という注意書きが出てきてしまい、全体安定を検討するためのマウスによる格子範囲の設定ができません。('18.10.19)

Q2−15.「Sample4.F4D」において、5段目からは偏心距離が許容偏心距離1.333mを超えています。
しかし、判定はOKとなっております。なぜでしょうか。
('18.10.19)

Q2−16.「耐候性大型土のうの設計計算 Ver2」のモーメントのアーム長算出方法について教えてください('18.10.19)

目  次
 1.入力関連

Q1−1.背面水位を入力することはできますか?

Q1−2.上載盛土を土のう天頂部から離したいが盛土間隔を入力することはできますか?

Q1−3.初期入力の検討条件「□全体安定照査を行う」の項目にチェックをつけると
エラー「計算対象範囲と土質ブロックの関係が無効です」
が出て計算実行できなくなります。
計算対象範囲と土質ブロックの関係はどこで設定すれば良いでしょうか。

 2.計算関連

Q2−1.水位がある場合、浮力の考え方はどうなってるか?

Q2−2.流体力は主動土圧に抵抗する力となるのか、それとも掃流力として前面側に引っ張られる力となるのか

Q2−3.流体力の式に重力加速度が含まれていないが問題ないか

Q2−4.土圧計算はどのような手法を用いていますか

Q2−5.標準図集とは何でしょうか

Q2−6.水位が構造物より高くなっていて水が越流している状態を設計できますか

Q2−7.通常、上載盛土(覆土)は土のうに被らないようにするが、『「耐候性大型土のう積層工法」設計・施工マニュアル』P.44に記載のあるような用地の関係で土のうにも被せなければならない場合があるが、そのような場合の設計はどのようにすれば良いか。

Q2−8.土のうのサイズを変更することはできますか?

Q2−9.地震時の検討には対応しないのでしょうか

Q2−10.粘着力がある場合の試行くさび法による土圧計算はできますか?

Q2−11.安定計算において、各段での検討はできますか?

Q2−12.安定計算において、各段での検討を省略することはできますか?

Q2−13.危険水位の算出機能は、背面水位を固定して前面水位のみ変化させることはできますか?

Q2−14.入力データを設定し、計算実行をしたところ「Can not Create C:\Users\(ユーザ名)\AppData\Local\Temp\Temp\Kousi」という注意書きが出てきてしまい、全体安定を検討するためのマウスによる格子範囲の設定ができません。

Q2−15.「Sample4.F4D」において、5段目からは偏心距離が許容偏心距離1.333mを超えています。
しかし、判定はOKとなっております。なぜでしょうか。


Q2−16.「耐候性大型土のうの設計計算 Ver2」のモーメントのアーム長算出方法について教えてください








 1.入力関連

Q1−1.

背面水位を入力することはできますか?
A1−1. 背面水位の入力が可能です。また、前面水位と背面水位が異なる場合の計算も可能です。
 

Q1−2.

上載盛土を土のう天頂部から離したいが盛土間隔を入力することはできますか?
A1−2. Ver.2で対応予定となっております。
 

Q1−3.

初期入力の検討条件「□全体安定照査を行う」の項目にチェックをつけるとエラー「計算対象範囲と土質ブロックの関係が無効です」が出て計算実行できなくなります。
計算対象範囲と土質ブロックの関係はどこで設定すれば良いでしょうか。
A1−3. ■計算対象範囲の設定について
[全体安定]ダイアログの[基本条件]タブに[格子範囲設定]ボタンがございます。
このボタンを押して頂き、格子範囲の初期設定を行って頂き、メイン画面で計算実行後に再度格子範囲を変更して計算しなおして頂けます。

■土質ブロックの設定について
[全体安定]ダイアログの[地形条件]タブにおいて、画面にある[形状確認]ボタンで、現在の入力での形状を確認して頂けます。
土質ブロックの線が適当であるか(交差などしていないか)確認してください。
 2.計算関連

Q2−1.

水位がある場合、浮力の考え方はどうなってるか?
A2−1. 本製品では遮水土のうを設定することにより遮水シートを想定した場合の計算を行うことができます。
遮水シートより前面側にある土のうに対しては、前面水位に応じた浮力が作用します。
背面水位は、現在のバージョン(Ver.1.0.0)では考慮できない為、遮水シートより背面側にある土のうについては浮力を考慮しません。
 

Q2−2.

流体力は主動土圧に抵抗する力となるのか、それとも掃流力として前面側に引っ張られる力となるのか
A2−2. 抵抗する力になります。
 

Q2−3.

流体力の式に重力加速度が含まれていないが問題ないか
A2−3. 土木研究センター様の『「耐候性大型土のう積層工法」設計・施工マニュアル(初版:第1刷)追加・正誤表(平成24年6月)』(http://www.pwrc.or.jp/books/book_030.html)の「資料-1(9) 22行目」の箇所にありますように重力加速度は考慮しないのが正解だと思われます。
 

Q2−4.

土圧計算はどのような手法を用いていますか
A2−4. 『「耐候性大型土のう積層工法」 設計・施工マニュアル(一般財団法人土木研究センター 平成24年3月)』に準じ、試行くさび法を採用しています。
 

Q2−5.

標準図集とは何でしょうか
A2−5. 『耐候性大型土のう積層工法 設計・施工マニュアル』に掲載されている『資料2−標準断面図集』です。
緊急を要する応急工事等において、本資料の形状や条件を参考にすることで、専用のソフトウェア等で照査をしなくても施工することができます。
 

Q2−6.

水位が構造物より高くなっていて水が越流している状態を設計できますか
A2−6. できません。余裕高を考慮した設計しかできません。
 

Q2−7.

通常、上載盛土(覆土)は土のうに被らないようにするが、『「耐候性大型土のう積層工法」設計・施工マニュアル』P.44に記載のあるような用地の関係で土のうにも被せなければならない場合があるが、そのような場合の設計はどのようにすれば良いか。
A2−7. 土のうに被っている分の上載盛土や敷鉄板の一部については無視して計算を行います。つまり、マニュアルの資料−Tのような裏込め土上に上載盛土(覆土)がある形状として計算を行えば良いということです。
 

Q2−8.

土のうのサイズを変更することはできますか?
A2−8. 土のうのサイズは変更できませんが、単位体積重量は変更することができます。
 

Q2−9.

地震時の検討には対応しないのでしょうか
A2−9. 『「耐候性大型土のう積層工法」設計・施工マニュアル 平成24年』には、仮設構造物のため、地震時の検討を必要としない旨が記載されております。弊社製品は、その記載に準じ、地震時の検討を機能として実装しておりません。
 

Q2−10.

粘着力がある場合の試行くさび法による土圧計算はできますか?
A2−10. 『「耐候性大型土のう積層工法」 設計・施工マニュアル』には記載がありませんが、本製品では下記の計算式を用いて計算および出力できます。
  P={W・sin(ω-φ)-c・l・cosφ}/{cos(ω-φ-α-δ)}
 ここに、
   W:土くさびの重量(載荷重を含む)
   ω:すべり角
   α:仮想背面が鉛直面となす角度(反時計回りが正)
   δ:壁面摩擦角
   c:すべり面に作用する粘着力
   l:すべり面の長さ

上記の計算式の場合、それほど大きくない粘着力を設定したとしても土圧がマイナスになりやすく、土圧がマイナスとなった場合は、土圧=0として計算を行います。
その場合、土圧=0として扱ってよいかどうかの確認ダイアログが開きますので、それ以降の計算については、設計者のご判断でお願いいたします。
 

Q2−11.

安定計算において、各段での検討はできますか?
A2−11. 各段での検討および結果の出力が可能です。
 

Q2−12.

安定計算において、各段での検討を省略することはできますか?
A2−12. 各段での検討および結果の出力を省略することが可能です。
 

Q2−13.

危険水位の算出機能は、背面水位を固定して前面水位のみ変化させることはできますか?
A2−13. 危険水位ダイアログにおいて、「前面高さが変化」、「背面高さが変化」、「前面背面が同じ」から選択することができます。
前面水位のみ変化させる場合は、「前面高さが変化」を選択してください。
 

Q2−14.

入力データを設定し、計算実行をしたところ「Can not Create C:\Users\(ユーザ名)\AppData\Local\Temp\Temp\Kousi」という注意書きが出てきてしまい、全体安定を検討するためのマウスによる格子範囲の設定ができません。
A2−14. 格子範囲をマウスにて設定時にプログラムエラーが発生しませんでしたでしょうか。
本ソフトウェアでは全体安定の計算を行う際、Tempフォルダに一時的にファイルを生成していますが、上記のプログラムエラーが発生して一時ファイルが削除されずに残ってしまった場合に、本エラーが発生することを確認しています。
お手数をお掛けしまして申し訳ございませんが、一旦、プログラムを終了していただき、
  C:\Users\(ユーザ名)\AppData\Local\Temp\Temp (※エラーで表示されているフォルダ)
をフォルダごと削除していただきますようお願いいたします。
 

Q2−15.

「Sample4.F4D」において、5段目からは偏心距離が許容偏心距離1.333mを超えています。
しかし、判定はOKとなっております。なぜでしょうか。
A2−15. 偏心距離がマイナスとなっています。
本出力において、マイナス表記は底面中心から背面側に偏心している場合に用いています。
この検討では、前面側に倒れないかどうかを検討しており、前面側に偏心している距離が許容偏心距離を超えていないか計算します。そのため偏心距離がマイナスの場合は全てOKとなります。
 

Q2−16.

「耐候性大型土のうの設計計算 Ver2」のモーメントのアーム長算出方法について教えてください
A2−16. 「耐候性大型土のう積層工法」設計・施工マニュアルに基づき、多段積みの場合は、もたれ式擁壁に見立てて計算致します。
つきまして、アーム長は、各土のうをもたれ式擁壁の一部と見立てた場合の図心位置を算出しています。




戻る
UC−1 INDEX


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
医療法人知邑舎 岩倉病院
リハビリテーションセンター

[ お知らせ ]
デザインフェスティバル 2018
-3Days+Eveのご案内







>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
調節池・調整池の計算 Ver.8
たて込み簡易土留めの設計
計算Ver.3
FEMLEEG Ver.9
補強土壁の設計計算 Ver.6
等流・不等流の計算・3DCAD Ver.8

キャンペーン実施中
IT導入補助金
技術サービス早割
オータムFPBポイント倍増

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
11/12
 -13
 UC-win/Road・エキスパート・
トレーニングセミナー
11/21  建築基礎、地下車庫の設計
11/22  スパコンクラウド(R)
11/27  Shade3D

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CAD/CIM、建設会計
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション