Civil Engineer's Forum-FORUM8
このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Yahoo! JAPAN

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

Ver. 日付 内  容
3.00.00 '05.07.04 ■主な新機能
・Logical Smartによる図面比較機能の追加。
・XMLチェッカーでの文字列置き換え機能を追加。
・CAD朱書きツールを同梱。

■修正項目
・データファイルの保存に失敗した場合メッセージを表示するように変更。
・CDWritingの一時フォルダを削除するように変更。
・INDEX_C.XML「その他オリジナルファイルフォルダ日本語名」の文字種別を修正。
・管理項目編集画面のヒント欄の表示を修正。
・データファイルを保存した時に「ソフトウェア情報」の「バージョン情報」が更新されない点を修正。
・PHOTO.XMLの初期値設定部分を修正。
・REPORT.XML「報告書オリジナルファイル日本語名」の記入者が「システム記入」になっている不具合を修正。
・シートが複数あるExcelファイルの使用禁止文字チェックが正常に行えない点を修正。
・図面サブフォルダを削除すると製品終了後にエラーが発生する不具合を修正。
・OTHRS.XML, SURV_SUB.XML、DRAWING.XMLのスタイルシートを修正。
・ファイルの管理項目編集ウィンドウでファイルパスを変更後、出力ファイル名を変えない(「いいえ」を選ぶ)と参照先が変わらない不具合を修正。
・出力でデータシート交換用データファイルのDTDが出力されていない不具合を修正。
・データクローズ時のデータ保存に失敗した場合にデータを閉じないように修正。
・データ保存に失敗した場合にも[ファイル]-[開き直す]の一覧に登録される点を修正。
・メニュー「ウィンドウ」の「全て閉じる」でフォルダビューウィンドウを閉じるように修正。
・XMLチェッカー上で、MEET/ORG、PLAN/ORG、OTHRS/ORG001、FACILITY/ORGの「オリジナルファイル日本語名」に入力できない不具合を修正。
・PHOTO.XMLの「シリアル番号」、「写真ファイル名」の記入者が「利用者」になっている点を修正。
・データ変更時にデータフラグが立たない点を修正。
・図面サブフォルダ上で、「サブフォルダの作成」メニューが動かないように修正。
・メニュー[オプション|スタイルシートの設定]でDRAWING.XMLが2回表示される点を修正。

■ヘルプ修正
【本体ヘルプ】
[概要|バージョン及び改良点|改訂履歴(Ver.3.00.00以降)]→追加。
[概要|著作権|Viewer版について]→Ver.3.00.00の新機能内容追記。
[概要|必要システム及びプロテクト|必要システム]→Ver.3.00.00の新機能内容追記。
[概要|必要システム及びプロテクト|プロテクト]→Ver.3.00.00の新機能内容追記。
[概要|プログラムの機能概要|機能及び特長]→Ver.3.00.00の新機能内容追記。
[概要|プログラムの機能概要|適用要領・基準一覧]→Ver.3.00.00の適用要領案追記。
[操作方法|標準的な操作の流れ|管理項目の入力|工事完成図書|その他資料管理ファイル(OTHRS.XML)平成16年7月以降]→操作方法を修正。
[操作方法|その他の機能|図面ファイルの比較]→追加。
[操作方法|その他の機能|プログラムの設定(オプション)|[アプリケーションの設定]ダイアログ]→不要な画像を削除、[図面ファイルプレビュー]の内容修正。
[ユーザー登録|ユーザー登録について]→内容修正。
【XMLチェッカーヘルプ】
[操作方法|文字置換]→XMLチェッカーでの文字列置き換え機能を追加。
3.00.00

3.00.01
'05.07.27 ■機能追加
・使用禁止文字チェック対象の設定機能を追加。
・連番リネーム時の連番が100〜359の場合、A0〜Z9にする機能を追加。

■改良、仕様変更
・CAD朱書きツールをVer.1.17に更新。
・株式会社 関西総合情報研究所が著作権を保有する「CADデータの同一性判別コンポーネント Logical Smart」の検証用DLLを最新バージョンに変更(「Ver.1.1」 →「Ver.1.2」)。
・INDEX_ED.XML, INDEX_EC.XMLの「適用要領基準」を編集可能に変更。
・ツリービューのノードダブルクリック時に管理項目編集ウィンドウを開く設定を廃止。
・図面ファイル比較終了後、結果出力フォルダを自動的に開く設定を追加。
・特定のダイアログを閉じた場合などにツリーにフォーカスを移すように変更。
・媒体納品ラベル設定の「ラベル印刷情報2」の入力インタフェースを変更。
・メインメニュー・ポップアップメニューの制御を調整し、使用できない項目は基本的に非表示にするように変更。
・ツリービューにフォーカスがない場合もメニュー・ツールバー項目が使用できるように変更。
・XMLチェッカーでの変更結果反映時にデータ読み込みダイアログを表示しないように変更。

■修正項目
・データに名前を付けて保存する場合に、既存の同名ファイルがある場合の上書き確認が取られなかった点を修正。
・データ変更フラグが立たない場合がある点を修正。
・INDEX_ED.XML, INDEX_EC.XMLの「住所情報」、「工種-工法型式」、「水系-路線情報」が複数ある時の削除処理が正しくない点を修正。
・INDEX_ED.XML, INDEX_EC.XML、「水系-路線情報」の「現道-旧道区分」の値が「未確認」の場合のみ保存されない点を修正。
・INDEX_EC.XMLのデータをH15.07基準からH16.06基準へコンバートする時に「工法型式」が正常にコンバートできない点を修正。
・ファイル削除後に適切にポップアップメニューが切り替わらない場合がある点を修正。
・関連付けファイルの削除を行った場合に、ツリービューが正常にリフレッシュされない点を修正。
・フォルダをサムネイル表示している場合、サムネイル画像選択中にデータを閉じるとエラーが発生する場合がある点を修正。
・H14.07基準の場合、出力時にBORING\TEST\BRGnnnn以下が正しく出力されない場合がある点を修正。
・XMLチェッカーのツリーノード切り替え時にエラーが発生する場合がある点を修正。

■ヘルプ修正
【本体ヘルプ】
・[概要|バージョン及び改良点|改定履歴(Ver.3.00.00以降)]→Ver.3.00.01での改定項目を追記。
・[概要|プログラムの機能概要|機能及び特徴]→「自在眼6」の記述を「自在眼8」に修正。
・[操作方法|基本操作|インストール]→ランチャからインストールできるソフトウェアの記述更新。
・[操作方法|基本操作|アンインストール]→「自在眼6」の記述を「自在眼8」に修正。
・[操作方法|ダイアログ|[管理データベースに登録]ダイアログ]→削除。
・[操作方法|ダイアログ|[管理データベースから開く]ダイアログ]→削除。
・[操作方法|ダイアログ|[媒体納品ラベル作成]ダイアログ]→削除。
・[操作方法|ダイアログ|[媒体納品書作成]ダイアログ]→削除。
・[操作方法|ダイアログ|[表示項目の設定]ダイアログ]→削除。
・[操作方法|ダイアログ|[アプリケーションの設定]ダイアログ]→削除。
・[操作方法|ダイアログ|[作成ソフトウェアの設定]ダイアログ]→削除。
・[操作方法|ダイアログ|[ウィルスチェックソフトの設定]ダイアログ]→削除。
・[操作方法|ダイアログ|[管理データベースフォルダ]ダイアログ]→削除。
・[操作方法|ダイアログ|[管理項目の初期値設定]ダイアログ]→削除。
・[操作方法|ダイアログ|[アップロードに必要な設定]ダイアログ]→削除。
・[操作方法|標準的な操作の流れ|必要ファイルの登録|ファイル一覧|出力ファイル名の設定]→「100〜359の表現にアルファベットを使用する」の説明を追記。
・[操作方法|標準的な操作の流れ|ラベル・納品書作成|媒体ラベル印刷]→画像差し替え。
・[操作方法|その他の機能|閲覧版]→閲覧版出力変更に伴う内容修正。
・[操作方法|その他の機能|禁止文字チェック]→追加
・[操作方法|その他の機能|図面ファイルの比較]→出力先を開くに関する説明追記。
・[操作方法|その他の機能|管理データベース|[管理データベースに登録]ダイアログ]→追加。
・[操作方法|その他の機能|管理データベース|[管理データベースから開く]ダイアログ]→追加。
・[操作方法|その他の機能|[表示項目の設定]ダイアログ]→追加。
・[操作方法|その他の機能|プログラムの設定(オプション)|[サムネイル]の設定ダイアログ]→削除。
・[操作方法|その他の機能|プログラムの設定(オプション)|[アプリケーションの設定]ダイアログ]→追加。
・[操作方法|その他の機能|プログラムの設定(オプション)|図面ファイルプレビュー]→追加。
・[操作方法|その他の機能|プログラムの設定(オプション)|CD-R書き込みソフト]→追加。
・[操作方法|その他の機能|プログラムの設定(オプション)|写真リサイズツール]→追加。
・[操作方法|その他の機能|プログラムの設定(オプション)|e-printer]→追加。
・[操作方法|その他の機能|プログラムの設定(オプション)|アップロードに必要な設定]→追加。
・[操作方法|その他の機能|プログラムの設定(オプション)|アプリケーションの設定]→追加。
・[操作方法|その他の機能|プログラムの設定(オプション)|サムネイルの設定]→追加。
・[操作方法|その他の機能|プログラムの設定(オプション)|禁止文字チェックの設定]→追加。
・[Q&A|Q&A一覧(その他)]→Q&A追加。
3.00.01

3.00.02
'05.08.25 ■機能追加
・フォルダごとに出力する/しないを設定する機能を追加。INDEX_ED.XML, INDEX_EC.XML, PHOTO.XML, SURVEY.XML(全てH16.06基準)にも反映されます。
・媒体ルート直下のフォルダを出力しない場合、そのフォルダ以下のXMLをXMLチェッカーでチェックしないようにする機能を追加。

■改良、仕様変更
・製品添付の自在眼8を更新。 
 一度、「F8 電子納品支援ツール マルチビューアライブラリ(自在眼8)」をアンインストールして、更新された今回の自在眼8をインストールし直してください。
 <主な改定内容>
  アンテナソフト株式会社の「リッチテキスト・コンバータ2005 R2」相当の変換エンジンに更新。
   ・一太郎2005に対応。
   ・PDFファイルの表示を修正。
・製品添付のDTDファイルを2005年8月9日公開のものに更新。
・REPORT, REPORT\ORG, PHOTO\PIC, PHOTO\DRA, MEET\ORG, PLAN\ORG, FACILITY\ORG, DRAWINGS\SPEC のファイルリネーム時にはファイル名の接頭文字、桁数などの初期設定を行うように変更。
・媒体インポート時にSTLIST.PDFはエラーログに追加しないように変更。

■修正項目
・図面サブフォルダをフォルダ情報ダイアログからリネームすると、フォルダ内のファイルの「格納サブフォルダ」の値が更新されない点を修正。
・GRNDTST.XMLの「試料採取情報」の初期設定値を修正(H16.06基準のみ)。
・BORING\TEST\BRGNNNN, BORING\TEST\BRGNNNN\TESTPIC以下のファイルのリネームダイアログのプレビューが正しく更新されない点を修正。
・その他サブフォルダをリネームしてもXMLに反映されない点を修正。
・媒体納品ラベル設定で[捺印欄を印刷する]にチェックを付けていない場合もプレビューに捺印欄が表示される場合がある点を修正。
・BORING\TEST\BRGNNNN\TESTPICのファイルがGRNDTST.XMLに記述がある場合でも媒体インポート時のエラーログに追加されていた点を修正。
・表計算のファイルがサムネイル表示できない場合がある点を修正。
・プレビューダイアログを開いてすぐに閉じるとエラーが出る場合がある点を修正。
・XMLチェッカーの文字置換時にファイル名がリネームされてしまう点を修正。
・XMLチェッカーでBORING\TEST\BRGNNNN\TESTPICのファイルのアイコンが正常に読み込まれない点を修正。

■ヘルプ修正
【本体ヘルプ】
[概要|バージョン及び改良点|改定履歴(Ver.3.00.00以降)]→Ver.3.00.02での改定項目を追記。
[操作方法|標準的な操作の流れ|必要ファイルの登録|フォルダ情報の表示] →追加。
[操作方法|標準的な操作の流れ|必要ファイルの登録|ツリービューから出力ファイルを設定する] →「ツリービューから出力ファイル名を設定する」に修正。
[操作方法|標準的な操作の流れ|管理項目の入力|土木設計業務|業務管理ファイル(INDEX_D.XML)]→「基礎情報」のフォルダに関する記述を追記。
[操作方法|標準的な操作の流れ|管理項目の入力|土木設計業務|写真管理ファイル(PHOTO.XML)]→「基礎情報」のフォルダに関する記述を追記。
[操作方法|標準的な操作の流れ|管理項目の入力|土木設計業務|測量情報管理ファイル(SURVEY.XML)]→「基礎情報」のフォルダに関する記述を追記。
[操作方法|標準的な操作の流れ|管理項目の入力|工事完成図書|工事管理ファイル(INDEX_C.XML)] →「基礎情報」のフォルダに関する記述を追記。
[操作方法|標準的な操作の流れ|管理項目の入力|工事完成図書|写真管理ファイル(PHOTO.XML)]→「基礎情報」のフォルダに関する記述を追記。
3.00.02

3.00.03
'05.09.01 ■機能追加
・フォルダのファイル一覧ダイアログから、登録ファイルの参照先フォルダを設定できる機能を追加。

■改良、仕様変更
・ウイルスチェックソフトの設定で、ウイルスバスター2005の情報取得に対応。

■修正項目
・管理項目の初期値設定とコピーが出来ない点を修正。
・SURVEY.XML の「基礎情報」の各測量成果格納用フォルダ名の必須度定義を修正。
・インポート時に BORING\TEST\BRGNNNN\TESTPIC のファイルが増える、または、読み込まれないものがある場合がある点を修正。
・土木設計業務データの媒体納品ラベル作成時の文字の位置を修正。

■ヘルプ修正
【本体ヘルプ】
[概要|バージョン及び改良点|改定履歴(Ver.3.00.00以降)]→Ver.3.00.03での改定項目を追記。
[操作方法|標準的な操作の流れ|必要ファイルの登録|ファイル参照先の設定]
[操作方法|その他の機能|プログラムの設定(オプション)|[ウィルスチェックソフトの設定]ダイアログ]→入力方法の説明を修正。
[操作方法|その他の機能|プログラム設定(オプション)|[シリアル番号設定]ダイアログ]→追加。
[Q&A|Q&A一覧(その他)]→Q&A追加。
3.00.03

3.01.00
'05.10.03 ■機能追加
・電子納品支援ツール(農水省電気通信設備対応)を追加。

■改良、仕様変更
・全てのXMLの適用要領基準の初期値設定を可能に変更。
・製品添付のDTDファイルを2005年9月14日公開のものに更新。

■修正項目
・図面ファイルの管理項目をXMLチェッカーで修正しても本体には修正が反映されない点を修正。
・図面XMLの「対象工種−数値」の初期値設定が反映されない点を修正。
・SURVEY.XMLの場所情報の番号を範囲外に変更しようとするとエラーが発生する点を修正。
・SURBEY.XMLの管理項目編集ウィンドウの「平面直角座標系」となるべき部分が「座標系番号」になっている点を修正。
・SURV_SUB.XML「測量細区分フォルダ名」の取得処理を修正。
・COREPIC.XML, OTHRFLS.XML 出力時にXMLが最新の状態になっていない場合がある点を修正。
・INDEX_EC.XMLの管理項目の編集ウィンドウに「設備図書フォルダ名」の表示欄がない点を修正。
・インポート時にOTHRS.XMLの「その他サブフォルダ日本語名」が読み込まれない点を修正。
・MEET.XMLのプレビューにスタイルシートを利用すると「図面ファイル名」と「シリアル番号」が表示されない点を修正。
・H16.06基準での納品書作成時の[媒体データから読み込む]の動作の誤りを修正。

■ヘルプ修正
【本体ヘルプ】
[概要|バージョン及び改良点|改定履歴(Ver.3.00.00以降)]→Ver.3.01.00での改定項目を追記。
[概要|プログラムの機能概要|機能及び特徴]→農水省に関する記述を追加。
[概要|プログラムの機能概要|適用要領・基準一覧]→電子納品支援ツール(農水省電気通信設備対応)の適用要領案について追記。
[参考資料|参考資料]→電子納品支援ツール(農水省電気通信設備対応)の適用要領案について追記。
3.01.00

3.01.01
'05.11.15 ■改良、仕様変更
<国交省、農水省共通>
・「CADデータの同一性判別コンポーネント Logical Smart」の検証用DLLを最新バージョンに変更しました(「Ver.1.2」 →「Ver.1.3」)。
  <Logical Smartの主な修正内容>
  ・追加要素,削除要素,変更要素をそれぞれ別のSFC形式のファイルで出力する機能を追加。
・図面比較「取消」ボタンを「閉じる」ボタンに変更。
・図面比較終了後、ダイアログを常に閉じないように変更。
・ウイルスチェックソフトの設定で、ウイルスバスター2005の情報取得に対応。
・ファイルの一覧表示に「参照先」ボタンを追加。
※Logical Smartは、関西総合情報研究所社が開発したソフトウェアです。

■修正項目
<国交省、農水省共通>
・SURVEY.XML管理項目編集画面「場所情報」の並び替えを行うと「測量区域番号」の値が変更される点を修正。
・SURVEY.XML管理項目編集画面「測量情報」の並び替えを行うとリストのインデックスエラーが発生する点を修正。
・BORING.XML「規定のファイル名をリネーム」メニューが起動しない点を修正。
<国交省>
・INDEX_ED.XML管理項目編集画面の「住所コード」「住所」のヒント欄の説明を修正。
<農水省>
・ツールバーの「追加」ボタンから測量細区分フォルダが追加できない点を修正。

■ヘルプ修正
【本体ヘルプ】
[概要|バージョン及び改良点|改定履歴(Ver.3.00.00以降)]→Ver.3.01.01での改定項目を追記。
[操作方法|標準的な操作の流れ|出力実行|出力実行]→説明を修正。
[操作方法|その他の機能|図面ファイルの比較]→説明、画像を変更。
[サポート|ご購入についてのお問い合わせ]→名古屋事務所の情報を追加。
[Q&A|Q&A一覧(本体)]→Q&Aを追加。
[Q&A|Q&A一覧(その他)]→Q&Aを追加。
3.01.01

3.01.02
'06.03.20 ■新基準に対応
<国交省>
・デジタル写真管理情報基準(案)平成18年01月 国土交通省

■機能追加
<国交省、農水省共通>
・ファイル添付メール送信機能を追加。
  編集中のデータ(XML、ファイル)のメール送信が行えます。
・チェックした書類へのマーク機能を追加。
  ファイル一覧表示中にファイルにマークをつけることができます。
・フォルダ構造印刷機能を追加。
  現在作成中のデータに含まれるファイルの一覧表示、印刷が行えます。
  (プレビュー、印刷には別途「F8出力編集ツール」のインストールが必要です。)
・出力ファイル名と元ファイル名の比較をCSVに保存する機能を追加。
  ファイル一覧表示中に出力ファイル名と元ファイル名の比較をCSVに保存することができます。
・H16.6基準のGRNDTST.XML「各種試験情報」の「試験コード」「基準番号」「規格番号」「試験名称」、STLIST.XML「試験情報」の「圧密試験方法コード」「せん断試験条件コード」に入力支援機能を追加。

■改良、仕様変更
<国交省、農水省共通>
・INDEX_ED.XML、SURVEY.XML、INDEX_EC.XMLの「境界座標」入力部分、DRAWING.XML、DRAWINGS.XML、DRAWINGF.XML「平面直角座標」入力部分に「境界座標入力支援(国土地理院Webページ)」にアクセスできる機能を追加。
・SURV_SUB.XML「測量区分フォルダ名」「測量成果区分フォルダ名」「測量細区分フォルダ名」のコピー、初期値設定を不可に設定。
・図面リネームの整理番号の初期値設定を「0」、改訂履歴の初期値設定を「Z」に設定。
<国交省>
・製品に添付の適用要領基準案を2006年1月13日公開のものに変更。
・測量成果ファイルのリネーム時に測量細区分が「その他」の場合、「整理番号」を入力不可にするように変更。

■修正項目
<国交省、農水省共通>
・INDEX_ED.XML、INDEX_EC.XMLの測点情報のヒント表示が正しく更新されない場合がある点を修正。
・INDEX_ED.XML、INDEX_EC.XMLの測点情報、距離標情報のXML生成処理が正しく動作しない場合がある点を修正。
・INDEX_ED.XMLのスタイルシート表示時に、「場所情報」と表示されるべき箇所が「業務件名等」、「境界座標情報」と表示されるべき箇所が「距離標情報」となっている点を修正。
・PHOTO.XML「工種」のヒント欄の説明の誤記を修正。
・PHOTO.XML「写真区分」の入力選択肢「着手前及び完成写真(既済部分写真等を含む)」を「着手前及び完成写真」に修正。
・PHOTO.XMLシリアル番号自動取得設定時に写真ファイルを削除してもシリアル番号が自動で振り直されない点を修正。
・SURVEY.XML「その他データフォルダパス名」の入力欄がない点を修正。
・XML使用禁止文字チェックにて、1ページ目に禁止文字がない場合でも、禁止文字結果一覧の最初の文字のページが1ページと表示される点を修正。
・ファイル一覧の「現在の順序」「出力ファイル名」「元ファイル名」「元フォルダ名」「サイズ」「更新日時」「種類」のソートが正しく動作しない場合がある点を修正。
<国交省>
・PHOTO.XML「写真区分」のヒント欄の誤記を修正。
・SURVEY.XMLの場所情報を直接入力するとエラーが発生する点を修正。
・BORING.XML「ボーリング情報」の並び替え、削除を行うと「ボーリング連番」の値が変更される点を修正。
<農水省>
・REPORT.XML「作成ソフトウェア名」が「報告書ファイル作成ソフトウェア名」に反映されない点を修正。
・SURV_SUB.XML測量成果情報に成果ファイルを関連づけるときエラーメッセージが表示されない場合がある点を修正。
・BORING.XMLのボーリング情報の初期値設定が反映されない点を修正。
・STLIST.XMLの試験情報のコーン指数のデータが正しく読み込まれない場合がある点を修正。
・OTHRS.XMLのサブフォルダ追加時にフォルダのデータが正しく設定されない場合がある点を修正。
・登録ファイル検索が正常に動作しない点を修正。
・データファイルから直接起動したとき、新規作成ダイアログが表示される点を修正。
・出力実行の分割時に閲覧版のファイルサイズ取得が正しくない点を修正。
・データが存在しないときに、ツールバーの「保存」「出力実行」「Web対応にアップロード」のボタンが有効になっている点を修正。
・アイテムを選択せずにファイル一覧ダイアログで右クリックした時にエラーが発生する点を修正。

■ヘルプ修正
【本体ヘルプ】
[概要|バージョン及び改良点|改定履歴(Ver.3.00.00以降)]→Ver.3.01.02での改定項目を追記。
[概要|プログラムの機能概要|適用要領・基準一覧]→Ver.3.01.02の適用要領案を追記、変更。
[操作方法|メニューの操作|メニュー]→不要な画像を削除。
[操作方法|メニューの操作|[ファイル]メニュー]→不要な画像を削除。
[操作方法|メニューの操作|[編集]メニュー]→不要な画像を削除。
[操作方法|メニューの操作|[表示]メニュー]→不要な画像を削除。
[操作方法|メニューの操作|[ツール]メニュー]→不要な画像を削除、フォルダ構造印刷機能について追記。
[操作方法|メニューの操作|[オプション]メニュー]→不要な画像を削除。
[操作方法|メニューの操作|[ヘルプ]メニュー]→不要な画像を削除。
[操作方法|標準的な操作の流れ|ファイル一覧|メール送信]→メール送信機能についてのページを追加。
[操作方法|標準的な操作の流れ|ファイル一覧|ファイルのマーク]→ファイルのマーク機能についてのページを追加。
[操作方法|標準的な操作の流れ|出力ファイル名と元ファイル名比較]→出力ファイル名と元ファイル名比較のCSV保存機能についてのページを追加。
[操作方法|標準的な操作の流れ|必要ファイルの登録|フォルダ情報の表示]→ヘルプ[出力実行]へのリンクを追加。
[操作方法|標準的な操作の流れ|出力実行|出力実行]→各フォルダの出力設定について追記。
[参考資料|参考資料]→Ver.3.01.02での適用要領案を追加、変更。
[Q&A|Q&A一覧(その他)]→出力、境界座標に関するQ&Aを追加。
3.01.02

3.01.03
'06.05.01 ■改良、仕様変更
<国交省、農水省共通>
・測量成果情報の管理項目編集ウィンドウを開いている時に測量細区分フォルダを追加・削除した場合、ウィンドウ内の細区分フォルダ選択候補に反映されるように改良しました。

■修正項目
<国交省、農水省共通>
・まれに何らかの原因で管理項目初期値設定ファイルが破損している場合に、製品起動時エラーメッセージと対応策を表示するように改良しました。
・ウィルスチェックソフトの実行ファイルパスの設定機能を復活しました。(Ver.2.00.00で誤ってウィルスチェックソフトの実行ファイルパスの設定機能を削除してしまった不具合を修正。)
・ファイルと関連付けられている測量成果情報の「測量成果区分フォルダ名」「測量細区分フォルダ名」を変更しても関連付け解除確認メッセージが表示されない点を修正。
・ファイルと関連付けられている測量成果情報の「測量成果区分フォルダ名」「測量細区分フォルダ名」を変更して管理項目編集ウィンドウを閉じた後に、ツリービューが適切にリフレッシュされない点を修正。
<農水省>
・REPORT、PHOTO、SURV_SUB、MEET、PLAN、OTHRSのファイル関連付けダイアログで[取消]ボタンが機能していない不具合を修正。
・REPORT、PHOTO、SURV_SUB、MEET、PLAN、OTHRSのファイル関連付け時にエラーが発生し、関連付け処理が正しく行われない場合がある点を修正。
・MEET、PLANの「規定のファイル名にリネーム」で、関連付けされていないファイルが元ファイル名に変更されない点を修正。
・INDEX_?.XML「測点情報」「距離標情報」の入力確定時にエラーが発生する場合があり、そのとき、XML反映処理、保存処理が正しく行われない点を修正。
・ツリービューでOTHRS.XMLを選択してメインメニュー[編集|その他資料情報の追加]が選択できてしまう不具合を修正。
・納品媒体ラベル作成ダイアログの[媒体データから読み込む]ボタンが機能しない点を修正。
・工事データ編集中に DISC DESIGNER for CALS 連係機能が動作しない点を修正。

■ヘルプ修正
【本体ヘルプ】
[概要|バージョン及び改良点|改定履歴(Ver.3.00.00以降)]→Ver.3.01.03での改定項目を追記。
[操作方法|その他の機能|プログラムの設定(オプション)|[ウィルスチェックソフトの設定]ダイアログ]→説明を修正。
Page Top Page Top
■ 更新履歴バックナンバー
・電子納品支援ツール(電気通信設備対応) Ver.11
・電子納品支援ツール(電気通信設備対応) Ver.10
・電子納品支援ツール(電気通信設備対応) Ver.9
・電子納品支援ツール(電気通信設備対応) Ver.8
・電子納品支援ツール(電気通信設備対応) Ver.7
・電子納品支援ツール(電気通信設備対応) Ver.6
・電子納品支援ツール(電気通信設備対応) Ver.5
・電子納品支援ツール(電気通信設備対応) Ver.4
・電子納品支援ツール(電気通信設備対応) Ver.3
・電子納品支援ツール(電気通信設備対応) Ver.2
・電子納品支援ツール(電気通信設備対応) Ver.1
戻る
バージョン更新情報

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
ARTC(車両研究測試中心)
(台湾)

[ お知らせ ]
ユーザ要望アンケートご協力の
お願い







>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
Shade3D Ver.20
柔構造樋門の設計・3D配筋 Ver.13
矢板式係船岸の設計計算 Ver.5
基礎の設計・3D配筋(部分
係数法・H29道示対応) Ver.3
控え壁式擁壁の設計計算 Ver.7

キャンペーン実施中
IM&VR BIM/CIM関連製品導入
新規ユーザ様ご紹介
会計ソフトお試し0円

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
8/21  大型土のう/
  補強土壁の設計計算
8/22  上水道・水道管

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CAD/CIM、建設会計
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・3D配筋CAD
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・クラウドデータバックアップサービス
・ファイル共有サービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション