Civil Engineer's Forum-FORUM8
このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Yahoo! JAPAN

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

Ver. 日付 内  容
8.00.00 '18.11.09 ■要望対応
  • 「防災調節池等技術基準(案)」に準拠した貯留・浸透施設を考慮した洪水調節計算(簡便法の計算)に対応しました。
  • タルボット型、シャーマン型、久野・石黒型、クリーブランド型の降雨強度式について、式中のtの単位の指定(分単位、時間単位)を行えるように対応しました。
  • 山梨県2型の降雨強度式をクリーブランド型に統合しました。これに伴い、以下の変更を行いました。
    • 山梨県1型の降雨強度式名称の初期値(本製品の推奨値)を山梨県型に変更しました。
    • 適用基準、および降雨強度式選択より、山梨県2型の降雨強度式を削除しました。
  • 京都府の基準値(降雨強度式)ファイルを追加しました。
    開発行為に伴う治水対策事務処理マニュアル(案) 平成20年4月に準拠
  • 広島県の3〜24hrの基準値(降雨強度式)ファイルを追加しました。
    道路事業設計要領 【設計編】平成25年6月 広島県に準拠
  • 岡山県の基準値(降雨強度式)ファイルを追加しました。
    岡山県県土保全条例の手引き 平成28年4月 岡山県県民生活部中山間・地域振興課に準拠
  • 簡便法のヘルプ(簡便法、簡便法(貯留・浸透施設併用型)、簡便法(U型側溝を設ける場合))を統合しました。

■不具合対応
  • 基本データ、流域の降雨強度式入力時に複数の降雨強度式を指定し、複数式の算定方法を合成とした場合、Kinematic Wave理論の結果表示、計算書出力時に算定方法が合計の場合の書式で表示・出力を行っていた現象を修正しました。
  • 流域の計算書出力時にKinematic Wave理論の表出力がページからはみ出す場合がある現象を修正しました。
  • 基本データ、流域、排水施設のKinematic Wave理論計算時に浮動小数点のオーバーフローが発生する場合がある現象を修正しました。
  • 基本データ、流域入力画面の流出係数、面積入力時のエラーメッセージ表示時に、タブ名称を正しく表示していなかった現象を修正しました。
  • 降雨強度式にシャーマン型を選択している場合、簡便法の結果表示、計算書出力時に定数bを1.0と出力していた現象を修正しました。
  • 降雨強度式に久野・石黒型を選択している場合、簡便法の結果表示、計算書出力時に定数nを1.0と出力していた現象を修正しました。

■ヘルプの修正(変更)内容
  • 「概要」→「バージョン情報及び改良点」→「Ver8.0.0」
  • 「概要」→「著作権」→「プログラム使用権許諾」
  • 「概要」→「必要システム及びプロテクト」→「必要システム」
  • 「操作方法」→「メイン画面」→「メイン画面の構成」
  • 「操作方法」→「ファイル」→「ファイルアクセス」
  • 「操作方法」→「入力」→「防災調節池等技術基準/流域貯留施設等技術指針(案)」→「基本データ」→「降雨強度式」
  • 「操作方法」→「入力」→「防災調節池等技術基準/流域貯留施設等技術指針(案)」→「流域」→「降雨強度式」
  • 「操作方法」→「入力」→「防災調節池等技術基準/流域貯留施設等技術指針(案)」→「貯留施設」→「スイッチ制御」
  • 「操作方法」→「入力」→「防災調節池等技術基準/流域貯留施設等技術指針(案)」→「洪水吐き」→「降雨強度式」
  • 「操作方法」→「入力」→「林地開発基準」→「基本データ」→「降雨強度式」
  • 「操作方法」→「入力」→「林地開発基準」→「流域」→「降雨強度式」
  • 「操作方法」→「入力」→「林地開発基準」→「排水施設」→「降雨強度式」
  • 「操作方法」→「入力」→「林地開発基準」→「貯留施設」→「スイッチ制御」
  • 「操作方法」→「入力」→「林地開発基準」→「洪水吐き」→「降雨強度式」
  • 「操作方法」→「結果確認」→「防災調節池等技術基準」→「貯留施設」
  • 「操作方法」→「結果確認」→「林地開発基準」→「貯留施設」
  • 「操作方法」→「結果確認」→「流域貯留施設等技術指針(案)」→「貯留施設」
  • 「操作方法」→「基準値」→「基準値(降雨強度式の編集・登録)」
  • 「操作方法」→「基準値」→「基準値(降雨強度式の編集・登録)」→「降雨強度式(新規登録・編集)」
  • 「計算理論及び照査方法」→「流域」→「降雨強度式」
  • 「計算理論及び照査方法」→「流域」→「洪水到達時間(Kinematic Wave理論)」
  • 「計算理論及び照査方法」→「流域」→「降雨波形」
  • 「計算理論及び照査方法」→「流域」→「林地開発基準」→「ピーク流量」
  • 「計算理論及び照査方法」→「貯留施設」→「オリフィス断面(自動計算)」
  • 「計算理論及び照査方法」→「貯留施設」→「許容放流量(Manningの平均流速公式)」
  • 「計算理論及び照査方法」→「貯留施設」→「水位容量曲線」
  • 「計算理論及び照査方法」→「貯留施設」→「簡便法」
  • 「計算理論及び照査方法」→「貯留施設」→「湛水時間」
  • 「計算理論及び照査方法」→「貯留施設」→「ハイドログラフ」
  • 「計算理論及び照査方法」→「貯留施設」→「設計堆積土砂量」
  • 「計算理論及び照査方法」→「洪水吐き」→「設計洪水流量」
  • 「Q&A」→「Q&A項目分類」→「流域データ(降雨強度式)編」
  • 「Q&A」→「Q&A項目分類」→「浸透施設編」
  • 「Q&A」→「Q&A項目分類」→「貯留施設編」
  • 「サポート」→「技術的なお問い合せ」
  • 「サポート」→「ご購入についてのお問い合せ」
Page Top Page Top
 ■ 更新履歴バックナンバー
    ・調節池・調整池の計算 Ver.8
    ・調節池・調整池の計算 Ver.7
    ・調節池・調整池の計算 Ver.6
    ・調節池・調整池の計算 Ver.5
    ・調節池・調整池の計算 Ver.4
    ・調節池・調整池の計算 Ver.3
    ・調節池・調整池の計算 Ver.2
    ・調節池・調整池の計算 Ver.1
戻る
バージョン更新情報

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
医療法人知邑舎 岩倉病院
リハビリテーションセンター

[ お知らせ ]
デザインフェスティバル 2018
-3Days+Eveのご案内







>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
調節池・調整池の計算 Ver.8
たて込み簡易土留めの設計
計算Ver.3
FEMLEEG Ver.9
補強土壁の設計計算 Ver.6
等流・不等流の計算・3DCAD Ver.8

キャンペーン実施中
IT導入補助金
技術サービス早割
オータムFPBポイント倍増

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
11/12
 -13
 UC-win/Road・エキスパート・
トレーニングセミナー
11/21  建築基礎、地下車庫の設計
11/22  スパコンクラウド(R)
11/27  Shade3D

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CAD/CIM、建設会計
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・UC-1 クラウドサービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション