Civil Engineer's Forum-FORUM8
このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Yahoo! JAPAN

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

Ver. 日付 内  容
9.02.02

(Ver.10)
10.00.00
'10.04.14 ■機能追加
  1. U型擁壁のフーチング(張り出し底版)設計に対応しました。
    (断面力集計にフレーム計算を用いず、片持ち梁として断面力を算定します。)
  2. 載荷荷重の設定において、直接基礎安定照査毎の載荷位置自動設定/任意指定に対応しました。
  3. 竪壁天端上の載荷荷重考慮に対応しました。
  4. 堆積土圧計算方法を盛土/切土から選択できるようにしました。
  5. 堆積土圧計算時における急斜面勾配の任意指定に対応しました。
  6. 杭頭カットオフ照査において、中詰め部許容せん断力算出時の軸方向圧縮力の有無指定に対応しました。
■機能拡張
  1. 入力、計算
    • 示力線方程式における土圧分布の考え方を「三角形」「推定」から選択できるようにしました。
    • 土砂捕捉容量結果を結果確認画面で確認できるようにしました。
    • 落石荷重の衝突速度算出における落下高さの入力最大値を拡張しました。
  2. 計算書(結果詳細)
    • 土砂捕捉容量算出過程に土砂ブロック割図を追加しました。
    • U型擁壁の部材設計出力において、地盤反力算出のための荷重集計表を追加しました。
■機能改善
  1. 入力、計算
    • U型擁壁設計時において、剛域長の自動設定値が負値とならないようにしました。
    • 衝撃力と崩壊土考慮時の土砂形状座標設定において、条件によっては20点全てを使用できなかったので、常に20点使用できるようにしました。
    • 土圧作用面変化点数が指定されている場合は土圧作用面が不連続となっているかのデータチェックを追加しました。
    • 軽量盛土時に土砂ケースが選択されているかどうかのデータチェックを追加しました。
    • 結果総括画面において、許容支持力が0のケースを危険値判定できるようにしました。
    • U型擁壁設計時において、バネ基礎時に適用基準を変更すると、分布バネ値が無条件に初期化されていたため、宅地防災に変更時のみ初期化するようにしました。
    • 軸方向任意分布荷重(三角形分布q1=0,q2≠0)を設定すると、誤差により確定後のq1,q2が入れ替わる場合があったため修正しました。
    • 示力線照査において、限界高さが算出できない場合は∞と表示するようにしました。
  2. 計算書(結果詳細)
    • 断面計算出力の「鉄筋配置」に単鉄筋/複鉄筋の表示を追加しました。
    • U型擁壁設計時において、水平反力として受働土圧を採用する場合の滑動照査計算過程を改善しました。
    • U型擁壁設計時において、「作用力の算定」の荷重名称と図が別々のページに表示されないようにしました。
    • U型擁壁設計時において、水位が設定されていない場合は浮き上がり安全率を表示しないようにしました。
■不具合対策
  1. 入力
    • 不連続仮想背面時の上側壁面摩擦角を常に入力できるようにしました。
  2. 結果確認
    • 示力線結果判定が正しく行われない場合があったため修正しました。
  3. 計算書(結果詳細)
    • U型擁壁設計時において、設計条件出力の任意水平荷重が正しく表示されていなかったため修正しました。
■ヘルプ
  1. 概要
    (1)バージョン及び改良点
    • What's New!!
    • Ver.10.00.00について
    (2)プログラムの機能概要
    • 機能及び特徴
  2. 操作方法
    (1)『入力モード』の操作
    • 1)初期入力
      2)形状
      • 側面
      • 土砂
      3)荷重
      • 載荷荷重
      • 受働土圧
      4)部材
      • 底版照査位置
      5)基礎
      • 基礎の扱い
      • 杭頭結合部
      • 分布バネ:バネ基礎
      6)考え方
      • 安定計算:直接基礎
      • 安定計算:杭基礎
      • 部材設計:底版設計
      • 浮力、土圧・水圧:土圧
    (2)『計算確認モード』の操作
    • 1)安定計算
      • 安定計算結果
    (3)『計算書作成モード』の操作
    • 1)結果詳細
  3. 計算理論及び照査の方法
    (1)荷重の考え方
    • 1)地表面載荷荷重
      • 地表面載荷荷重の荷重の形式
    (2)安定計算(杭基礎)
    • 1)許容応力度法
      • 杭頭結合部の照査
    (3)安定計算(共通)
    • 示力線の考え方
    (4)底版の設計
    • つま先版の設計
    • かかと版の設計
    (5)U型擁壁
    • 荷重の考え方
    • 計算モデル
10.00.00

10.01.00
'10.04.27 ■機能追加
  • 図面作成において、3次元配筋生成及びその表示機能に対応しました。

■機能拡張
  • U型フーチング配筋を図面作成に反映するようにしました。
    (フーチング鉄筋径と底版鉄筋径の大きい方で底版主鉄筋を生成します。)

■不具合対策
1.計算書(結果詳細)
  • 多層地盤計算時において、盛土材料に「その他の上載材料」を含んでいると、設計条件出力の壁面摩擦角が正しく表示されなかったため修正しました。

■ヘルプ
1.概要
(1)バージョン及び改良点
  • What's New!!
  • Ver.10.01.00について
2.操作方法
  • 『図面作成』モードの操作
10.01.00

10.01.01
'10.05.31 ■機能拡張
  • U型バネ基礎時の分布バネの考え方を拡張しました。
     (1)側壁分布バネの考え方(弾性、弾塑性)の選択
     (2)底版せん断バネの考え方(無視、考慮)の選択
  • U型受働土圧専用の粘着力設定を追加しました。

■機能改善
1.入力
  • 「材料」−「躯体」画面の「無筋2」の単位重量の初期値を22.5に変更しました。
2.計算
  • U型バネ基礎で剛域を考慮する設定している場合、照査位置の判定に微小な誤差が発生し、断面力を抽出できない場合があったため修正しました。
  • 堆積高さhdを自動計算する場合は、土砂捕捉容量Vd≧崩壊土砂量vとなるhdを算出するようにしました。

■不具合対策
1.入力
  • U型任意水平分布荷重のq1、q2が入れ替わって保存されていたため修正しました。
2.計算
  • U型擁壁右側の受働土圧係数が正しく計算されない場合があったため修正しました。
3.計算書(結果詳細)
  • 設計条件出力において、U型任意鉛直分布荷重が入力通り表示されない場合があったため修正しました。
  • 水位を考慮する前面土砂ブロックデータの重心位置の計算式の値が、全ケースで同じ値になる場合があったため修正しました。
  • U型フーチング上に土砂又は水が存在する場合の、フレーム鉛直力集計表が正しく表示されなかったため修正しました。
  • 突起抵抗土圧考慮時の突起断面計算において、突起の高さHoに突起の幅が表示されていたため修正しました。
  • 杭基礎連動時において、「つま先版の設計」や「かかと版の設計」の杭反力以降の結果が確認できなかったため修正しました。
4.計算書(結果一覧)
  • U型フーチングが左側のみ設定されている場合に出力できなかったため修正しました。
5.図面作成
  • 平面折れ擁壁の折れ角度が90度より大きい場合に図面が生成できない場合があったため修正しました。

■ヘルプ
(1)概要
  • バージョン及び改良点−What's New!!
  • バージョン及び改良点−Ver.10.01.00〜について
(2)操作方法
  • 『入力モード』の操作−荷重−荷重(土圧)
  • 『入力モード』の操作−考え方−考え方(部材設計:U型設計)
(3)計算理論及び照査の方法
  • 安定計算(直接基礎)−許容応力度法−滑動に対する照査
  • U型擁壁−「バネ基礎」時の考え方
10.01.01

10.01.02
'10.07.05 ■機能改善
1.入力
  • 杭の許容変位量の初期値は常時、地震時とも1.5(cm)としました。
  • 任意形状時の仮想背面に負値を指定できるようにしました。
  • 待受擁壁設計時に急斜面の座標数を変更した場合、誤差により土砂形状データチェックが適切に行われなかったため修正しました。
2.計算書(結果詳細)
  • U型擁壁設計時には、その他荷重の「計算対象」に「底版」を表示しないようにしました。
  • 段差フーチング設計時のω算出式の角度表記に(rad)と(°)が混在していたため(°)に統一しました。

■不具合対策
1.計算書(結果詳細)
  • 安定計算は地盤反力計算のみ行う場合、安定照査結果が出力されない場合があったため修正しました。
  • 衝突荷重時の割り増し係数が正しく表示されなかったため修正しました。
  • U型左側土砂(「勾配−水平」,「水平−勾配−水平」)の勾配部分が鉛直であると、形状寸法図が正しく表示されなかったため修正しました。
  • ハンチと底版テーパーを有している場合、竪壁断面力集計図が正しく出力されない場合があったため修正しました。
  • 液状化無視,考慮の両方を照査する場合、杭本体照査結果が必ずしも危険値となっていなかったため修正しました。

■ヘルプ
(1)操作方法
  • 『入力モード』の操作−許容値−許容値(部材設計)
(2)計算理論及び照査の方法
  • 荷重の考え方−安定計算(直接基礎)−許容応力度法−鉛直支持力の照査
  • 断面計算−許容応力度法−曲げ応力度計算
(3)Q&A
  • 18.その他
10.01.02

10.02.00
'10.09.14 ■機能拡張
  • 静止土圧に対応しました。
    (1)静止土圧係数を直接指定することができます。
    (2)地震土圧を静止土圧、主働土圧から選択することができます。
  • フローリッヒの荷重換算機能を拡張しました。
    (1)土砂形状が水平,一定勾配でも適用できるようにしました。
    (2)U型の場合は適用高さを躯体全高,軸線高から選択できるようにしました。
  • かさ上げ盛土高比>1の場合は自動的に1とする機能を追加しました。
  • 風荷重時の安定計算有無指定に対応しました。
  • U型擁壁設計時の載荷荷重の有効な検討に「受働」を追加し、受働土圧の載荷荷重有無を指定できるようにしました。
  • せん断応力度照査において、斜引張鉄筋の負担するせん断耐力の低減に対応しました。
  • 突起設置時において、突起前面の幅のみで抵抗する手法に対応しました。
  • 土圧の鉛直成分の扱いを常時,地震時毎に指定できるようにしました。
  • U型擁壁以外の受働土圧に載荷荷重を考慮できるようにしました。
  • U型擁壁バネ基礎時及び杭基礎時において、分布バネ反力を確認できるようにしました。
  • せん断耐力算出時におけるβnの算出方法の選択に対応しました。
  • 切土土圧計算時の計算書に切土説明図を追加しました。
  • 図面作成において、SXF出力Ver3.1に対応しました。
  • 図面作成において、AutoCAD 2007形式のDXF,DWG出力に対応しました。
  • 図面作成において、3次元配筋生成機能の機能拡張(躯体外形の作図、非表示、透過表示など)を行いました。

■機能改善
1.入力
  • 風荷重時の許容支持力の初期値を地震時扱いとするようにしました。
  • サンプルデータの杭の許容変位量を1.5cmに統一しました。
2.計算
  • 壁面地盤反力考慮時に許容支持力の計算を行う場合は、全ケースで壁面地盤反力が発生することをチェックするようにしました。
  • 竪壁変化位置自動計算時において、自動計算した変化位置が変化ピッチよりも小さい場合は変化位置を生成しないようにしました。
  • 液状化を考慮する場合に、その他杭の地震時抵抗モーメントが正しく設定されていなかったため修正しました。
  • 杭基礎設計時において、設計地盤面下に微小な層厚の層が生じたとき、水平方向地盤反力係数が計算できない場合があったため修正しました。
3.計算書(結果詳細、結果一覧)
  • U型擁壁設計時において、底版設計モデルに衝突荷重計算過程を表示するようにしました。
  • U型擁壁設計時において、両側引張の場合でも片側配筋のみ表示するようにしました。
  • U型擁壁設計時において、斜面上基礎支持力計算は未対応であるため選択できないようにしました。
  • 設計条件出力に土圧算出式を表示するようにしました。
  • 許容支持力計算出力時に適用基準を表示するようにしました。
  • 竪壁設計時出力において、躯体自重による偏心モーメントの計算過程を表示するようにしました。
  • 過大な粘着力により土圧が算出できないことを計算書に表示するようにしました。
  • 偏心しない場合や滑動しない場合の安全率を∞表示するようにしました。
  • 水圧分布状態(三角形,台形)により計算式を変更するようにしました。
  • 図形数表示制限を緩和しました。

■不具合対策
1.入力
  • 置換基礎時設計時において、天端形状入力を行うことができなかったため修正しました。
  • 粘着力Czが未設定の場合でも、Czに関するメッセージが表示される場合があったため修正しました。
  • 軽量盛土が設定されていない場合は、「その他の上載材料」の設定に未対応であるため、選択不可とするデータチェックを追加しました。
  • 「基礎」−「支持地盤、根入地盤」画面において、鉛直支持力の照査基準を「国交省告示(SS試験)」 「国交省告示(平板載荷試験)」としていると内部摩擦角や粘着力を入力することができなかったため修正しました。
  • 任意形状設計時において、仮想背面座標設定によっては背面土砂ブロックが正しく生成されない場合があったため修正しました。
2.計算
  • 危険水位計算時において、判定に地盤反力を含めない設定の場合も地盤反力を判定に含めていたため修正しました。
  • 置換基礎設計時において、地盤反力が後方偏心三角形分布の場合、置換基礎に作用する地盤反力度が正しく算出できなかったため修正しました。
  • 設計条件出力において、地震時慣性力方向が両方向設定されている場合、地震時の壁面摩擦角を全て表示することができなかったため修正しました。
3.結果確認
  • U型擁壁設計時において、曲げ照査位置数<せん断照査位置数の場合、「底版設計」時の抽出位置が正しく表示されなかったため修正しました。
4.計算書(結果詳細)
  • U型擁壁設計時において、左側土圧計算過程出力に右側水位が表示されていたため修正しました。
  • その他杭の場合は許容支持力算出に未対応であるため、計算書にも許容支持力計算過程を表示しないようにしました。
  • 地盤反力が三角形分布となる場合、つま先版やかかと版設計時の地盤反力計算過程における地盤反力作用幅が適切に表示されなかったため修正しました。
5.図面作成
  • U型擁壁の側壁鉄筋画面で入力した鉄筋径が図面側の鉄筋入力画面で正常に表示されない場合がある点の対策をおこないました。
  • 平面折れ擁壁の底版配力筋の継ぎ手が芋継ぎになる場合ある点の対策を行いました。
  • 正面図矢視図の左右端矢視が表示されない点の対策を行いました。

■ヘルプ
1.概要
  • バージョン及び改良点−What's New!!
  • バージョン及び改良点−Ver.10.02.00〜について
2.操作方法
  • メイン画面の操作−「入力」モード
  • 『入力モード』の操作−初期入力
  • 『入力モード』の操作−形状−形状(土砂)
  • 『入力モード』の操作−荷重−荷重(土圧)
  • 『入力モード』の操作−部材−部材(底版照査位置)
  • 『入力モード』の操作−考え方−考え方(安定計算:直接基礎)
  • 『入力モード』の操作−考え方−考え方(安定計算:杭基礎)
  • 『入力モード』の操作−考え方−考え方(部材設計:オプション)
  • 『入力モード』の操作−考え方−考え方(浮力、土圧・水圧:土圧)
  • 基準値画面の操作−計算用設定値
3.計算理論及び照査の方法
  • 荷重の考え方−土圧の考え方−算定の原則
  • 荷重の考え方−土圧の考え方−試行くさび法(切土)
  • 荷重の考え方−土圧の考え方−静止土圧 ※新規追加
  • 荷重の考え方−地表面載荷荷重−地表面載荷荷重の荷重の形式
  • 断面計算−許容応力度法−斜め引張鉄筋の計算
10.02.00

10.02.01
'10.11.08 ■機能改善
1.入力
  • 突起高さの初期値を底版幅の10%に設定するようにしました。
  • 新規データ作成時以外はU型擁壁の土圧作用面の初期化を行なわないようにしました。
  • 土圧作用面が一定でない場合の「土圧を考慮しない高さ」の制限に関するデータチェックを追加しました。
2.計算
  • 計算上の微小な誤差により背面土砂ブロック割が行われない場合があったため修正しました。
3.計算書(結果詳細)
  • ファイル名にアンダーバーが含まれていてもファイル名が正しく表示されるようにしました。
4.図面作成
  • 3次元配筋生成機能の拡張(Allplan形式、およびIFC形式のファイル出力)を行いました。

■不具合対策
  1.入力
  • 衝突時の杭本体の許容引張応力度初期化を常時値で行っていたため修正しました。
  • 多層地盤の土圧算出において、土砂形状や躯体傾き等の影響で土圧が算出できない場合の滑り角の増加処理が正しく行われなかったため修正しました。
  • U型擁壁設計時において、フーチングが設定されていないと、「考え方」−「部材設計」画面の底版のハンチの扱いを指定することができなかったため修正しました。
  • U型擁壁設計時において、底版に水平分布荷重を設定すると荷重強度が正しくファイル保存できなかったため修正しました。
  • U型擁壁設計時は杭配置自動設定に未対応であるため、杭配置自動設定を選択できないようにしました。
  • 盛土荷重換算時に複数載荷荷重を制限するためのデータチェックが正しく行われていなかったため修正しました。
2.計算
  • 示力線作成時に天端上載荷荷重を考慮することができなかったため修正しました。
  • 外側水位=0,土砂高=0の場合に、動水圧を考慮すると正常に計算ができなかったため修正しました。
  • 曲げモーメントが0となるケースを含んでいる場合、自動配筋時に引張側判定が正しく行えず過大な配筋を行ってしまう場合があったため修正しました。
  • 土圧式が「土圧強度分布」の場合、慣性力作用方向が「→」で「地震動と反対側の有効率」が0であると、地震時土圧が計算されなかったため修正しました。
  • 杭配置自動計算に失敗すると杭長が0となっていたため修正しました
3.計算書(結果詳細)
  • 静止土圧を採用している場合、設計条件出力の受働土圧壁面摩擦角が正しく表示されなかったため修正しました。
  • U型擁壁設計時において、左側にのみフーチングが設定されて、浮力を考慮しない設定である場合、フーチング設計時の出力を行うことができなかったため修正しました。
  • 竪壁定着位置の土圧算出過程が正しく表示されない場合があったため修正しました。
4.図面作成
  • 図面作成において、地覆鉄筋が正常に作図できない点の対策を行いました。
  • 図面作成において、平面折れ擁壁の竪壁左右端高が入力と異なる場合がある点の対策を行いました。
5.その他
  • Windows7へインストールを行うと、ファイル関連付けが行われなかったため修正しました。
10.02.01

10.02.02
'10.12.24 ■機能改善
1.入力
  • 多層地盤計算時において、層厚が非常に小さいために土圧が算出できない場合はメッセージを表示するようにしました。

■不具合対策
1.入力
  • 置換基礎時には安定照査毎の載荷位置指定に未対応であるためデータチェックを追加しました。
  • 二段積み擁壁の形状データチェックが正常に行われない場合があったため修正しました。
  • 初期入力での基礎形式変更タイミングによっては、突起が設置できない場合があったため修正しました。
  • 土圧式を土圧強度分布や土圧係数としている場合、5層入力を行ってファイル保存を行うと、ファイル再読み込み時に、設定した土圧強度や土圧係数が消去されていたため修正しました。
  • Ver8.xx.xx以前のバージョンで作成された、切土部擁壁のデータは切土形状を完全に再現することができない場合があるため、再設定を促すメッセージを表示するようにしました
2.計算
  • 杭連動時及び杭反力のみ指定時において、データの取り扱いの誤りにより、プログラムエラーが発生する場合があったため修正しました。
  • 土圧式をクーロン(物部・岡部)としている場合、「地震時土圧合力分解の考え方」を「地震時合成角を考慮する」としていると、竪壁設計時の地震時土圧が正しく算出されない場合があったため修正しました。
3.計算確認
  • つま先版に鉄筋配置範囲を設定し、照査位置毎に異なる配筋を行っても、計算確認の鉄筋表示では付け根位置配筋が表示されていたため修正しました。
4.計算書
  • 天端形状を天端厚一定としている場合、設計条件出力の躯体形状図が正しく描画されない場合があったため修正しました。
  • 同一の水位ケースを選択している複数の荷重ケースがある場合に、計算書が表示されない場合があったため修正しました。
5.図面作成
  • 数量計算書のプレビューができない不具合を修正しました。
10.02.02

10.03.00
'11.01.27 ■機能拡張
  • 示力線の表示式において、土地改良基準に掲載されている式を表示できるようにしました。
  • 任意モーメント荷重の入力において、鉛直モーメント荷重と水平モーメント荷重に分けて入力できるようにしました。
  • 初期入力画面にて選択された土質名称を、計算書の設計条件において表示するようにしました。
  • 切土入力において、切土の開始位置を竪壁下端,底版後端の何れかより選択できるようにしました。
  • 許容支持力算出基準として、「土地改良(ポンプ場)」に対応しました。

■機能改善
1.入力
  • 自動配筋時の鉄筋径の初期値をD13に変更しました。
  • 形状タイプを変更した場合は、コンクリート種類を初期化するようにしました。
  • 任意形状時に土圧作用面の未入力チェックを行うようにしました。
  • 計算用設定値において土質タイプの入力に変更があった場合、確認メッセージを表示するようにしました。
  • 誤差により背面土砂ブロックが正しく生成されない場合があったため誤差対策を行いました。
  • 底面傾斜任意形状は、傾斜部分を底版扱いに設定しないと正しく計算できない場合があるためデータチェックを追加しました。
  • 載荷荷重の荷重条件(一様、任意)設定は、全ケース共通であることを画面上に表記しました。
2.計算
  • 浮力,揚圧力を考慮しない場合においても、U型擁壁設計時の内部水重を考慮するようにしました。
  • もたれ式,ブロック積み擁壁の切土計算時において、仮想鉛直面が躯体と交差する場合に確認メッセージを表示するようにしました。
  • U型バネ基礎時においても、粘着力が過大である場合には確認メッセージを表示するようにしました。
  • 改良試行くさび法による土圧算出で、土砂形状によっては、誤差により土塊重量が適切に算出されない場合があったため修正しました。
3.結果確認
  • 土砂捕捉容量の判定に、堆積高さの判定結果も表示するようにしました。
  • RC,PC,PHC杭設計時において、せん断照査でNGとなっても、補強筋でOKとなる場合は、値を青で表示するようにしました。
4.計算書(結果一覧)
  • 土砂捕捉容量の判定に、堆積高さの判定結果も表示するようにしました。
5.計算書(結果詳細)
  • 落石荷重を自動計算する場合に、衝撃力の算出過程を表示するようにしました。
  • 土圧式「クーロン(物部・岡部)」を選択時に、計算書の設計条件において粘着力を表示するようにしました。
  • 計算書の土圧表示において、β+θ≧φとなった場合にもβを表示するようにしました。
  • 計算書の表示図において、土圧力が0の場合のバネ反力の描画サイズを調整しました。
  • U型擁壁設計時に合力作用位置が底版外に外れた場合は、計算書に部材照査結果を表示しないようにしました。
  • かさ上げ盛土高比が適用された場合、土圧計算過程にコメントを表示するようにしました。
  • U型擁壁設計時に 水平反力>受動土圧 となった時、「滑動に対する安定」の水平力は向きを考慮して表示するようにしました。
  • U型擁壁設計時の内部土砂重量の算出過程は、内部土圧の有無を考慮して表示するようにしました。
6.設計調書
  • 図面作成を行わない場合においても、設計調書を正常に作成できるようにしました。

■不具合対策
  • U型擁壁杭基礎設計時において、底版弾性体の場合の仮想鉄筋コンクリート断面照査が安全側で行われない場合があったため修正しました。
  • 「荷重」−「土圧」画面で不要なデータチェックを行う場合があったため修正しました。

■ヘルプ
1.概要
  • バージョン及び改良点−What's New!!
  • バージョン及び改良点−Ver.10.03.00について
  • プログラムの機能概要−適用範囲
2.操作方法
  • 『入力モード』の操作−形状−形状(側面)
  • 『入力モード』の操作−荷重−荷重(任意荷重)
  • 『入力モード』の操作−許容値−許容値(安定計算:直接基礎)
  • 『入力モード』の操作−許容値−許容値(安定計算:杭基礎)
  • 『入力モード』の操作−許容値−許容値(部材設計)
3.計算理論及び照査の方法
  • 安定計算(直接基礎)−許容応力度法−鉛直支持力の照査
  • 断面計算−許容応力度法−曲げ応力度計算
10.03.00

10.03.01
'11.02.09 ■機能改善
1.入力
  • 軽量盛土考慮時に、土圧を考慮しない高さに関するデータチェックを行うようにしました。
2.図面作成
  • 3D配筋データのファイル出力機能を改善しました。

■不具合対策
1.入力
  • 中地震時の安定照査をしない場合、「許容値」−「安定計算」画面で表示されないケースがある場合があったため修正しました。
2.計算
  • 速度場法(上界法)での許容支持力算出における有効載荷幅算出時の偏心量は符号を考慮するようにしました。
  • 全鉛直力<0となった場合は許容支持力の計算を行わないようにしました。
  • U型擁壁設計時に、土圧を考慮しない高さ設定値が、安定計算時と側壁設計時で異なっていると、側壁設計時の土圧算出高さが正常に算出されなかったため修正しました。
  • 下記条件の場合に、落石衝突後の擁壁の速度計算時の天端幅に入力値が反映されていなかったため修正しました。
    躯体形状が段差フーチング又は任意形状
    有効質量比α’の算出式が落石対策便覧式
3.計算書
  • U型擁壁設計時に、下記設定を行っていると、内側土圧の算出過程が1ケース分しか出力されなかったため修正しました。
    安定計算時は内部土圧無視
    側壁設計時は内部土圧考慮
  • 落石時における安全性の照査の出力で、設定されていないケースが出力される場合あったため修正しました。
  • 作用力集計の荷重図に設定されていない載荷荷重が描画される場合があったため修正しました。
  • 多層地盤で3層以上設定した場合に、土砂形状図が正しく描画されなかったため修正しました。
4.図面作成
  • 逆L型の底版上面主鉄筋で、曲げ長の計算を誤 る場合がある不具合を修正しました。
  • U型で縦断勾配がある場合に、右端断面図の側壁主鉄筋長を 修正しました。
  • U型で縦断勾配がある場合に、側壁内面図の組立筋の配筋を 修正しました。
10.03.01

10.03.02
'11.03.11 ■機能改善
1.入力
  • 多層地盤設定時において、最大層数及び層厚=0のデータチェックを追加しました。
2.計算
  • U型擁壁直接基礎設計時において、合力作用位置が底版外に外れた場合でも、水平反力を採用して計算続行可能な場合は計算を中止しないようにしました。

■不具合対策
1.計算
  • 多層地盤での地震時ケース計算時、常時土圧を指定していても地震時時土圧で計算されていたため修正しました。
  • 切土採用時の示力線方程式計算時、土圧が正しく考慮されていなかったため修正しました。
2.計算書
  • 竪壁設計時の躯体自重算出過程において、地震時慣性力が正しく表示されていなかったため修正しました。
  • U型擁壁右側土圧算出過程において、土砂水中単位重量に右側の値が表示されていたため修正しました。
  • 崩壊土による移動の力算出過程において、hsmの表示に誤りがあったため修正しました。
10.03.02

10.03.03
'11.04.13 ■機能改善
  • 「荷重」−「組み合わせ」画面で水位が2ケース設定されている場合は、2ケースとも描画するようにしました。
■不具合対策
1.入力
  • 天端上載荷荷重が描画されない場合があったため修正しました。
  • 任意形状の場合、「基礎」−「壁面地盤反力」画面のバネ値初期化が正しく行われない場合があったため修正しました。
2.計算
  • U型左側フーチング設計時にハンチが正しく考慮されなかったため修正しました。
3.計算書
  • 天端上載荷荷重が描画されない場合があったため修正しました。
  • 設計条件出力において、前面土砂の扱いが入力通りに出力されない場合があったため修正しました。
  • 杭連動時のかかと版設計出力において、杭反力の項目が適切に表示されなかったため修正しました。
■ヘルプ
1.操作方法
  • 『入力モード』の操作−考え方−考え方(部材設計:オプション)
2.計算理論及び照査の方法
  • 荷重の考え方−土圧の考え方−算定の原則
  • 安定計算(直接基礎)−許容応力度法−地盤反力度の照査
10.03.03

10.03.04
'11.05.12 ■不具合対策
1.入力
  • U型バネ基礎時に許容支持力の計算を行うと、支持力係数の直接入力を行うことができなかったため修正しました。
  • 杭基礎時の「荷重」−「組み合わせ」画面において、荷重状態が「常時(W)」のケースを含んでいると「考え方」−「安定計算」画面の「底版の剛体照査」のnが入力できなかったため修正しました
  • L型(Aタイプ)、重力式(底版あり,切り欠き無しタイプ)の場合、「部材」−「竪壁照査位置」画面の照査位置が正しい位置に表示されなかったため修正しました。
2.結果確認
  • 竪壁設計時において、コンクリートのみでせん断応力度がOKとなるケースと、スターラップによりOKとなるケースが混在していると、OKであるにも関わらず赤表示されることがあったため修正しました。
3.計算書(結果詳細)
  • U型擁壁の形状寸法図の全高値が正しく表示されない場合があったため修正しました。
10.03.04

10.03.05
'11.06.16 ■機能改善
1.入力
  • 杭の着目点数≦100のデータチェックを追加しました。
  • 置換基礎幅のデータチェックを追加しました。
  • 初期入力画面での形状変更の結果、かぶりが初期化された場合は、かぶり入力画面のボタン色を変更するようにしました。
2.図面作成
  • たて壁主鉄筋に定尺主鉄筋を使用した場合、たて壁断面勾配があっても底版内定着長を確保する曲げ長を計算し設定するように改善しました。
  • たて壁主鉄筋に定尺主鉄筋を使用した場合、3.5mより短いたて壁主鉄筋が配筋されていてもたて壁主鉄筋とたて壁天端筋の定着長を確保するように改善を行いました。

■不具合修正
1.入力
  • 突起ありの状態から初期入力で形状変更を行うと突起無しに強制変更されていたため修正しました。
2.計算
  • 修正物部岡部法時で荷重換算を採用した場合に、土砂形状が水平にならなかったため修正しました。
  • 突起設計時において、突起前面の面積A1の取り扱いに誤りがあったため修正しました。
  • U型擁壁設計時において、クーロン土圧採用時に左側仮想背面高さが正しく考慮されない場合があったため修正しました。
3.計算書
  • U型擁壁バネ基礎時において、安定計算の「分布バネ反力」が複数ケース出力される場合、2ケース連続で同じ値が出力される場合があったため修正しました。
  • U型擁壁バネ基礎時において、部材設計の「側壁前面の水平地盤反力」の最下端の地盤反力が正しく表示されない場合があったため修正しました。
  • U型擁壁バネ基礎時において、地震時断面力図が正しく描画されない場合があったため修正しました
  • U型擁壁時において、側壁設計モデルの「作用力の算定」にフーチング上土砂重量や載荷荷重が表示されていたため修正しました。
  • U型擁壁時において、設計条件出力の左側風荷重が正しく描画されなかったため修正しました。
  • U型擁壁時において、左側壁高>右側壁高の場合に任意荷重や風荷重を考慮していると、荷重図の描画スケールが適切でない場合があったため修正しました。
  • ブロック割り図において、面積が0.001(u)未満のブロックが描画されなかったため修正しました。
  • 任意形状時のかかと版設計出力において、ブロック割り表に誤字があったため修正しました。
  • 落石考慮時において、衝撃力の計算式表示に誤りがあったため修正しました。
  • 液状化を考慮する場合の地震時安定計算結果表示が必ずしも危険値となっていなかったため修正しました。
  • 置換基礎設計時において、設計条件出力の根入深さDfが正しく描画されなかったため修正しました。
4.設計調書
  • 杭配置の表示に誤りがあったため修正しました。
  • 地層データの表示に誤りがあったため修正しました。
  • U型擁壁の配筋表示に誤りがあったため修正しました。
5.図面作成
  • 平面折れ擁壁のたて壁配力筋に継ぎ手が生じる場合、鉄筋記号を「記号1つ」で作図すると図面が正常に生成できない場合があった点の対策を行いました。

■ヘルプ
1.操作方法
  • 『入力モード』の操作−荷重−荷重(任意荷重)
10.03.05

10.03.06
'11.07.06 ■機能改善
1.入力
  • 内部土砂高さ≦側壁高さのデータチェックを追加しました。
  • 切土適用時において、Bk, Hkによる勾配よりもNkによる勾配の方が緩やかな場合は、直線切土として計算するようにしました。

■不具合修正
1.入力
  • 載荷荷重複数指定のデータチェックが正しく動作していなかったため修正しました。
2.計算
  • 適用基準が「土工指針」「その他」以外の場合に、試行くさび法の地表面平均勾配が正しく計算されない場合があったため修正しました。
3.計算書
  • 杭本体設計時のスターラップの間隔が正しく表示されない場合があったため修正しました。
  • 内部土砂高さ=0の場合、内部載荷荷重が正しく描画されなかったため修正しました。

■ヘルプ
1.サポート
  • ご購入についてのお問合せ
10.03.06

10.03.07
'11.09.02 ■機能改善
1.入力
  • サンプルデータMANUCHO21.f8rの設定を変更しました。
    壁面摩擦角→自動、堆積土圧の扱い→壁全体から控除しない

■不具合修正
1.入力
  • 待ち受け擁壁設計時における「荷重」−「土砂」画面の誤字を修正しました。
        流体対抗係数→流体抵抗係数
2.計算
  • U型擁壁の浮き上がりの照査において、右側フーチングの有無を判定する際に左側フーチングの情報を参照していたため修正しました。
  • U型擁壁の底版定着位置計算において、フーチングが存在する場合に正しく計算できなかったため修正しました。
3.出力
  • 多層地盤時において、設計条件出力の地震時壁面摩擦角が正しく表示されない場合があったため修正しました。
  • U型側壁軸線の位置が「天端幅の1/2」である場合、躯体自重算出時における底版軸線外荷重の計算式表示に誤りがあったため修正しました。
10.03.07

10.03.08
'11.11.04 ■機能改善
1.入力
  • 落石検討時は堆積高さ自動計算に未対応であるため選択不可としました。
  • U型擁壁をシングル配筋とする場合、フーチング配筋では上側にしか入力できないようにしました。
  • 「基礎」−「支持地盤、根入地盤」画面の斜面上基礎のガイド図において、前面余裕幅bの表示が不適切であったため修正しました。
  • U型擁壁の内部土圧及び受働土圧の土圧式制限表記メッセージを変更しました。
      「内部及び受働時は試行くさび法、修正物部岡部は適用できません」
                     ↓
      「内部及び受働時はクーロン(物部・岡部)、土圧係数のみ適用可能です」
  • 任意形状の待受擁壁時に、「形状」−「土砂」画面:「仮想背面」の座標設定による角度を計算に反映するようにしました。
2.計算
  • 傾斜仮想背面時の壁面摩擦角は基準に関わらずδ=φとするようにしました。
  • バネ基礎時は合力作用位置が底版外となっても計算を中止しないようにしました。
3.出力
  • 土圧係数による土圧算出過程表示を改善し、水位以下では水中重量を表示するようにしました。
  • 荷重図の描画において、極端に小さい荷重は適切に描画できない場合があったため、該当する荷重は描画可能な最小サイズで描画するようにしました。

■不具合修正
1.計算
  • 土圧式が土圧強度分布で且つ土圧作用面が折れている場合に、土圧合力の作用位置が正しく算出されなかったため修正しました。
  • U型バネ基礎時の底版Mmax, Mminの抽出位置に誤りがある場合があったため修正しました。
2.出力
  • 載荷荷重図が正常に表示されないことがあったため修正しました。
  • クーロン土圧採用時に荷重強度0の載荷荷重を含んでいると、土圧合力値が不適切な位置に表示される場合があったため修正しました。
  • 設計調書の杭の鉛直変位に危険値が表示されていなかったため修正しました。
  • 設計条件出力の雪荷重の表示で、底版の「有効な検討」の表示に、安定計算の設定値が表示されていたため修正しました。
3.図面作成
  • 竪壁天端に勾配があり竪壁主鉄筋に定尺鉄筋と全長鉄筋が混在する場合、竪壁天端筋の曲げ長が長すぎる場合がある点の対策を行いました。

■ヘルプ
1.操作方法
  • 『入力モード』の操作−初期入力
  • 『入力モード』の操作−荷重−荷重(土圧)
2.計算理論及び照査の方法
  • 荷重の考え方−土圧の考え方−算定の原則
10.03.08

10.03.09
'12.01.04 ■不具合対策
1.入力
  • 「荷重」−「組み合わせ」画面において、内水位が適切に描画されなかったため修正しました。
  • U型擁壁の土圧式が土圧強度分布,静止土圧の場合に、初期入力を確定すると土圧式がクーロン土圧に強制変更されていたため修正しました。
2.計算
  • 下側がもたれCタイプの二段積み擁壁の場合、上部擁壁の位置が正しく設定されなかったため修正しました。
  • 軽量盛土多層地盤の層の構成によっては、側圧算出時の層厚が正しく設定されなかったため修正しました。
  • U型擁壁時に左側土砂高さが0であるとエラーが発生する場合があったため修正しました。
3.計算書(結果詳細)
  • U型擁壁で外側土圧を考慮しない場合、設計条件出力の内部土圧,受働土圧の土圧係数が正常に表示されなかったため修正しました。
  • U型擁壁の「作用力の算定」の荷重図に内部土砂慣性力が表示されなかったため修正しました。
  • 任意形状で透水マットを考慮する設定の場合、壁面摩擦角が正常に表示されない場合があったため修正しました。
  • 限界状態設計法における杭本体照査結果は最も厳しい結果を表示するはずが、軸力最大と軸力最小時の結果を表示する書式となっていたため修正しました。
4.計算書(結果一覧)
  • 底版が両側引張である場合に、底版配筋情報が適切に表示されない場合があったため修正しました。
  • せん断応力度照査において、竪壁照査位置が正常に表示されない場合があったため修正しました。
  • 限界状態設計法における杭本体照査結果は最も厳しい結果を表示するはずが、軸力最大と軸力最小時の結果を表示する書式となっていたため修正しました。
10.03.09

10.03.10
'12.03.05 ■機能改善
1.計算
  • U型擁壁の自重集計時に微小な誤差が発生する場合があったため修正しました。
  • U型擁壁の直接基礎において、水平反力計算時に付着力を考慮するは適切ではないため、注意を促すメッセージを表示するようにしました。
  • 土砂補足容量の検討をしない場合は、土砂補足容量に関するメッセージを表示しないようにしました。
2.結果確認
  • 結果総括画面の最小鉄筋量、設計鉄筋量を小数点以下3桁まで表示するようにしました。
3.図面作成
  • 底版突起主鉄筋の先端が底版上面外に作図される場合がある点の改善を行いました。

■不具合修正
1.入力
  • 任意荷重等の荷重入力画面において、荷重ケース数が9の状態でケースの挿入や複写を行う際に「現在の位置より下」を選択すると、プログラムが強制終了していたため修正しました。
2.計算
  • 二段積み時は切土土圧に対応していませんが、入力上は設定可能であったため修正しました。
  • 限界状態設計法適用時の荷重ケースの取扱いに誤りがあり、限界状態設計法の計算が正常に行えない場合があったため修正しました。
3.出力(結果詳細)
  • 部材照査を行わない場合、浮力の計算過程が表示されない場合があったため修正しました。
  • 浮力を考慮しない場合に、U型内水重ブロックデータの重心位置が正しく表示されない場合があったため修正しました。
  • U型側壁軸線の位置を「天端幅の1/2」としている場合、底版照査位置図が正しく表示されなかったため修正しました。
  • 設計条件出力の切土面の壁面摩擦角が正しく表示されない場合があったため修正しました。
  • 載荷荷重範囲の安定照査毎指定が「直接指定」の場合、地盤反力出力が正しく行われない場合があったため修正しました。
4.図面作成
  • 平面折れ擁壁(杭基礎)の場合、平面左右端角度を90度で作図していた点を修正しました。

■ヘルプ
1.操作方法
  • 『入力モード』の操作−初期入力
10.03.10

10.03.11
'12.04.06 ■機能改善
1.入力
  • 急斜面形状のデータチェックが誤差により適切に行われない場合があったため修正しました。
  • 任意形状でハンチを設定している時に、ハンチが躯体範囲に設定されているか否かのデータチェックを追加しました。
2.計算
  • 落石計算時において、最大抵抗モーメントMu<浮上がり限界モーメントMlとなった場合は、NG判定とするようにしました。
  • 背面土砂の鉛直面に載荷されている載荷荷重の慣性力は計算できないため、鉛直面部分をスキップして計算するようにしました。
  • 宅地防災関連の許容支持力照査において下記のデータチェックを追加しました。
      (1)鉛直力V<0
      (2)有効載荷幅<0

■不具合修正
1.入力
  • 天端形状「すりつけ」時に形状データチェックが正常に行われない場合があったため修正しました。
  • 土圧作用面が折れている場合の「荷重」−「土圧」画面の壁面摩擦角初期化が正しく行われなかったため修正しました。
2.計算
  • U型擁壁設計時において、底版軸線外荷重の算出に誤りがある場合があったため修正しました。
3.計算書(結果詳細)
  • 壁面地盤反力を考慮する設定の場合に、壁面地盤反力が発生しなかったケースの地盤反力算出式表示に誤りがあったため修正しました。
  • U型擁壁設計時において、水圧算出式の表示に誤りがある場合があったため修正しました。
  • 地震時荷重自動決定時に地震時土圧計算過程が表示されない場合があったため修正しました。
  • 土砂が存在しない範囲には壁面地盤反力が考慮されないよう修正しました。
  • U型擁壁の受働土圧算出において、見かけの震度の扱いを「KH’(水位毎1)」又は「KH’(水位毎2)」としている場合、水位以下の受働土圧係数算出時の壁面摩擦角の扱いに誤りがあったため修正しました。
4.図面作成
  • 重力式擁壁の底版突起主鉄筋先端曲げ部が突起側面外に作図される場合がある点の対策を行いました。

■ヘルプ
1.サポート
  • ご購入についてのお問い合わせ
10.03.11

10.04.00
'12.10.24 ■機能拡張
道路土工 擁壁工指針(平成24年7月)に対応しました。
  1. 適用基準に「土工指針(H24)」を追加しました。従来の「土工指針」も「土工指針(H11)」として選択可能です。
  2. せん断応力度照査において下記の拡張を行いました。
      (1)コンクリート設計基準強度の選択肢にσck40を追加しました。
      (2)土工指針(H24)が選択された場合は、道示Wの考え方で照査を行うようにしました。
      (3)せん断補強鉄筋比の照査に対応しました。
      (4)斜引張鉄筋の負担するせん断耐力の低減に対応しました。
      (5)無筋時許容せん断応力度の割り増し有無指定に対応しました。
  3. もたれ式・ブロック積み擁壁の検討について下記拡張を行いました。
      (1)土工指針(H24)が選択された場合は、壁面地盤反力簡便法を採用するようにしました。
      (2)壁面地盤反力簡便法における各種係数の自動設定/直接指定の選択に対応しました。
      (3)偏心量照査の設定として「常時:eは負,地震時:e≦B/6又はeは負」を追加しました。
      (4)ブロック積み擁壁の地盤反力度を簡易式で算出できるようにしました。
  4. 試行くさび法による土圧計算において下記の拡張を行いました。
      (1)仮想のり面傾斜角β´の算出基準を土工指針(H24)、土工指針(H11)から選択できるようにしました。
      (2)土工指針(H24)の場合の切土土圧の計算式に対応しました。
  5. 土工指針(H24)が選択された場合は、受働土圧の壁面摩擦角の初期設定値,内部計算値を0とするようにしました。
  6. 鋼材の許容応力度基準値において、現場溶接を工場溶接と同じ値に変更しました。
  7. 土工指針(H24)が選択された場合は、地震規模の表記を変更するようにしました。
  8. 最大鉄筋量の照査に対応しました。
  9. 土工指針(H24)が選択された場合は、滑動照査を道示Wの考え方で行うようにしました。
  10. 土工指針(H24)且つ許容支持力度の計算比較が選択された場合の支持力照査の方法を変更しました。

■機能改善
  • 誤差により任意荷重作用位置が適切に表示されない場合があったため修正しました。
  • 水平反力の発生時における「支持力係数=0」のメッセージの表示方法を変更しました。
  • 図面作成において、竪壁天端背面突起の下端テーパ寸法(高さ・幅)が「0mm」の場合でも図面を生成するように改善しました。
  • 図面作成において、U型擁壁の底版主鉄筋ピッチが計算時と異なる場合があった点を改善しました。
  • 図面作成において、自動計算後の図面作成の際に、底版圧縮側主鉄筋ピッチが500mmとなる場合があった点を改善しました。
  • 図面作成において、杭A法配置で「杭の埋め込み長」が底版下面主鉄筋かぶりより小さい場合は、底版鉄筋の杭箱抜き処理を行わないように改善しました。

■不具合対策
  • 仮想鉄筋コンクリート断面の出力において、不要な荷重ケースが表示される場合があったため修正しました。
  • 限界状態設計法のみの場合においても、許容応力度法の結果を判定に用いていたため修正しました。
  • 竪壁変化位置無しとして計算を行った場合においても、結果が表示される場合があったため修正しました。
  • U型擁壁時の底版設計の結果総括において、常に上側引張りとして表示されていたため修正しました。
  • U型側壁の地盤反力算出時の作用位置に、側壁の勾配が考慮されていない場合があったため修正しました。
  • 壁面地盤反力を考慮する設定の場合に、荷重条件によってはエラーが発生する場合があったため修正しました。
  • 結果詳細計算書のせん断応力度照査の表示において、かかと版のせん断力Shの表示に誤りがあったため修正しました。
  • U型静止土圧時の地震時ケースにおいて、内部土圧に誤りがある場合があったため修正しました。
  • クーロン土圧式での載荷荷重の扱いにおいて部分載荷を考慮している場合に、土圧を考慮しない設定の場合でも土圧が考慮されていたため修正しました。
  • U型擁壁設計時において、結果詳細計算書の「部材の設計」-「躯体自重、土砂重量、浮力」-「浮力」の底版幅が正しく表示されてなかったため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、最小鉄筋量のひび割れ曲げモーメントMcの表示に誤りがあったため修正しました。
  • 任意形状(座標入力)設計時において、片側水位(前面=0、背面>0等)を設定すると、計算実行時にエラーが発生していたため修正しました。
  • U型擁壁設計時において、慣性力無視の場合でも動水圧が考慮されていたため修正しました。
  • U型擁壁設計時において、側壁スターラップ判定が正しく行われない場合があったため修正しました。
  • U型擁壁設計時において、フーチングが存在しない場合の水重量の載荷部材に誤りがあったため修正しました。
  • U型擁壁設計時において、「左側壁内側ハンチあり」且つ「右側壁内側ハンチなし」の場合に、形状寸法が正しく表示されなかったため修正しました。
  • 内部水重による慣性力が集計されない場合があったため修正しました。
  • 「考え方」−「浮力、土圧・水圧」画面の「内部土圧による影響」の設定において、安定計算時と側壁設計時の設定内容が異なる時に、結果詳細計算書の内部土圧の計算過程が正しく表示されなかったため修正しました。
  • 風荷重時の安定計算を行わない設定の場合でも、杭本体せん断応力度照査結果には風荷重時の結果が表示されていたため修正しました。
  • 混合擁壁設計時において、揚圧力が正しく計算できない場合があったため修正しました。
  • U型擁壁で水平反力が発生するケースにおいて、剛体安定照査結果が正しく表示されなかったため修正しました。
  • 結果詳細出力の任意荷重出力において、図と表の荷重番号が一致しない場合があったため修正しました。
  • 結果詳細計算書の載荷荷重図が正しく表示されない場合があったため修正しました。
  • もたれ式Cタイプで図面作成を行うと、入力形状が図面に正しく反映されなかったため修正しました。
  • 図面作成において、竪壁天端張り出し地覆主鉄筋の配筋開始位置が「0mm」の場合に図面が正常に生成できない場合があったため修正しました。
  • 図面作成において、断面図の背面ハンチ高寸法が表示されない場合があったため修正しました。

■ヘルプ
(1)概要
  • バージョン及び改良点−What's New!!
  • バージョン及び改良点−Ver.10.4.0について
  • プログラムの機能概要−適用基準及び参考文献
(2)操作方法
  • 『入力』モードの操作−初期入力
  • 『入力』モードの操作−形状−形状(土砂)
  • 『入力』モードの操作−基礎−基礎(支持地盤、根入地盤)
  • 『入力』モードの操作−基礎−基礎(地盤反力係数)
  • 『入力』モードの操作−基礎−基礎(杭の条件)
  • 『入力』モードの操作−荷重−荷重(土圧)
  • 『入力』モードの操作−荷重−荷重(受慟土圧)
  • 『入力』モードの操作−荷重−荷重(衝突荷重・風荷重)
  • 『入力』モードの操作−部材−部材(底版照査位置)
  • 『入力』モードの操作−考え方−考え方(安定計算:直接基礎)
  • 『入力』モードの操作−考え方−考え方(安定計算:杭基礎)
  • 『入力』モードの操作−考え方−考え方(部材設計:底版設計)
  • 『入力』モードの操作−考え方−考え方(部材設計:オプション)
  • 『入力』モードの操作−考え方−考え方(浮力、土圧・水圧:土圧)
(3)計算理論及び照査の方法
  • 荷重の考え方−土圧の考え方−算定の原則
  • 荷重の考え方−土圧の考え方−試行くさび法(切土)
  • 荷重の考え方−土圧の考え方−試行くさび法(係数)
  • 荷重の考え方−土圧の考え方−静止土圧
  • 荷重の考え方−任意荷重の扱い−風荷重、衝突荷重
  • 安定計算(直接基礎)−許容応力度法−滑動に対する照査
  • 安定計算(直接基礎)−許容応力度法−地盤反力度の照査
  • 安定計算(直接基礎)−許容応力度法−鉛直支持力の照査
  • 断面計算−許容応力度法−せん断応力度計算
  • 断面計算−許容応力度法−最大鉄筋量の照査
  • 突起の設計−突起の水平力
  • 軽量盛土工法−軽量盛土工法の土圧
(4)メッセージ
  • 計算時のエラー
  • 杭連動時のエラー
(5)サンプルデータ
  • サンプルデータ
(6)Q&A
  • 1.適用範囲、制限条件
  • 2.任意形状
  • 3.自重、慣性力
  • 4.土圧
  • 5.浮力、水圧
  • 7.前面土砂
  • 8.任意荷重
  • 9.EPS工法、底版の剛体照査
  • 12.配筋
  • 13.竪壁の設計
  • 18.その他
10.04.00

10.04.01
'13.01.21 ■機能改善
  • 切土部土圧計算過程において、重量が限りなく0に近い土くさびが生成され、これが元で計算ができない場合があったため修正しました。
  • 土圧を考慮しない高さを考慮している場合に、計算上の誤差により仮想のり角度βが適切に算出できないことがあったため修正しました。
  • 図面作成において、図面生成条件の定尺鉄筋使用有無の初期値を「使用する」に変更しました。
  • 図面作成において、3D配筋ビューワ出力フォーマットを更新(Allplan形式ファイルフォーマットを更新)しました。

■不具合対策
  • もたれ式Cタイプでの二段積み擁壁設計時において、上部側載荷荷重の載荷位置基点に誤りがあったため修正しました。
  • 土圧式が「土圧係数」(詳細入力)の場合において、最上層におけるγ・h分の荷重が考慮されない場合があったため修正しました。
  • もたれ式擁壁で許容偏心量の設定が不要な場合でも、設計条件出力では 許容偏心量設定値が表示されていたため修正しました。
  • 落石検討時の地盤反力係数画面が、もたれ式擁壁の壁面地盤反力設定用の画面となる場合があったため修正しました。
  • 基礎の設計計算との連動時において、集計後配筋画面で断面力を確認するとエラーが発生していたため修正しました。
  • 土圧を考慮しない範囲Hrの水圧の扱いの設定が正常に反映されない場合があったため修正しました。
  • 混合擁壁設計の斜面上基礎の支持力計算時における有効載荷幅の扱いに誤りがあったため修正しました。
  • 混合擁壁設計に自立高さ用粘着力Czを考慮することができなかったため修正しました。
  • 結果確認において、もたれ式,ブロック積擁壁の偏心量照査の設定として「常時:eは負,地震時:e≦B/6又はeは負」を選択している場合に、結果総括の偏心量の項目が表示されない場合があったため修正しました。
  • 結果確認において、竪壁の照査位置数によっては、照査位置断面計算結果が正しく表示されない場合があったため修正しました。
  • 結果一覧出力において、基準名称を「土工指針(H24)」とした場合、「支持に対する照査」が正しく表示されない場合があったため修正しました。
  • 結果一覧出力において、スターラップが入力されている部材では、せん断補強鉄筋比が照査の有無に関わらず表示されていたため修正しました。
  • 結果一覧出力において、2段配筋時の丸鋼鉄筋径が正しく表示されなかったため修正しました。
  • 結果詳細出力において、置換え基礎の設計震度が正しく表示されない場合があったため修正しました。
  • 結果詳細出力において、U型内部動水圧が正しく表示されない場合があったため修正しました。
  • 結果詳細出力において、混合擁壁の上側擁壁がRC部材の時に下側竪壁照査位置を指定するとエラーが発生していたため修正しました。
  • 結果詳細出力において、背面土砂の形状タイプが任意形状の場合に竪壁天端上に載荷荷重を考慮すると、載荷荷重が正しく描画されなかったため修正しました。
  • 結果詳細出力において、斜面上基礎の許容支持力計算過程に、設計震度khがレベル1(中規模)時のものしか表示されなかったので修正しました。
  • 図面作成において、平面折れ擁壁の底版配力筋継ぎ手作図が正しくない場合があったため修正しました。
  • 図面作成において、配筋を省略する設定(鉄筋径に「なし」を設定)としても鉄筋が配筋される場合があったため修正しました。
  • 図面作成において、U型擁壁で側壁基部ハンチ寸法線の傾きが正常でない場合があっため修正しました。

■ヘルプ
(1)概要
  • バージョン及び改良点−What's New!!
  • バージョン及び改良点−Ver.10.4.0〜10.4.1について
10.04.01

10.04.02
'13.02.14 ■機能改善
  • 図面作成において、図面生成条件の初期値を「定尺鉄筋:使用する、底版組立筋形状:下開き形状」に変更しました。

■不具合対策
  • ファイル読み込み時にエラーが発生する場合があったため修正しました。
  • 設計データファイル(*.f8r)から製品起動すると、メイン画面の「タイトル」「コメント」が表示されなかったため修正しました。
  • U型擁壁設計時において、底版左側のみに張出しがある場合、土圧の鉛直成分の考え方を「仮想背面に載荷」としても、設定が計算に反映されなかったため修正しました。
  • 結果詳細出力において、L型に任意分布載荷荷重を全載した場合の土圧図が適切に表示されない場合があったため修正しました。
  • 結果詳細出力において、「ワイヤーロープの吸収エネルギー」と表記されるべきところが、「支柱の吸収エネルギー」と表記されていたため修正しました。
  • 図面作成において、断面図の配力筋(天端側ポチ筋)が水平方向にずれた位置に作図される場合があったため修正しました。

■ヘルプ
(1)概要
  • バージョン及び改良点−What's New!!
  • バージョン及び改良点−Ver.10.4.0〜10.4.2について
(2)操作方法
  • 『入力』モードの操作−荷重−荷重(土砂、落石)
10.04.02

10.04.03
'13.03.15 ■機能改善
  • 結果詳細と結果一覧で計算書の見出し書式が異なる場合があったので、同じとなるよう修正しました。
  • 試行くさび法で土圧分布を推定する場合に粘着力が設定されていると、フレーム計算時の土圧分布が適切な分布とならなかったため修正しました。

■不具合対策
  • 切土部擁壁設計時において、「切土部土圧の扱い」が「切土部土圧」又は「盛土部土圧」と設定されている場合、土圧計算ができない場合があったため修正しました。
  • 軽量盛土設計時において、土砂形状によっては「その他上載」が適切に考慮できない場合があったため修正しました。
  • PC、PHC杭の杭本体設計結果の危険値判定が適切に行えなかったため修正しました。
  • 壁面地盤反力簡便法の係数が正しく設定されない場合があったため修正しました。
  • 部材照査しない設定の場合に、かぶりの設定でエラーが発生する場合があったため修正しました。
  • つま先版無し、かかと版有りの重力式擁壁(底版切り欠きなし)やL型Aタイプにおいて、竪壁設計時の土圧作用位置X座標に誤りがあったため修正しました。
  • U型Bタイプの左側壁内側にハンチを設定した場合の躯体形状に誤りがあったため修正しました。
  • 任意形状で土圧作用面が折れている場合に土圧強度分布推定を行うと、土圧合力が正しく計算されない場合があったため修正しました。
  • 結果詳細出力において、試行くさび法の見かけの震度算出式が正しく表示されない場合があったため修正しました。
  • 結果詳細出力において、地震時(液状化考慮時)の杭の抵抗モーメント図が適切に表示されない場合があったため修正しました。
  • 結果詳細出力において、PHC杭設計条件の断面係数Zeの単位表記に誤りがあったため修正しました。
  • 結果詳細出力において、壁面地盤反力を考慮している場合の支持力表示に誤りがあったため修正しました。
  • 図面作成において、平面折れ擁壁の断面図が正常でない場合があったため修正しました。

■ヘルプ
(1)概要
  • バージョン及び改良点−Ver.10.4.xについて
10.04.03

10.04.04
'13.04.10 ■不具合修正
  • 初期入力画面において、地震規模の名称が正しく表示されない場合があったため修正しました。
  • 物部岡部式で見かけの震度と粘着力を考慮する場合、かかと版設計時の下端土圧が正しく算出されなかったため修正しました。
  • 結果確認画面の竪壁の照査位置の表示において、許容せん断応力度の項目名称に誤りがあったため修正しました。
  • 結果詳細出力において、U型擁壁で浮力を考慮しない場合の、土圧算定時の単位重量表示に誤りがあったため修正しました。
  • 図面作成において、平面折れ擁壁の断面図寸法が入力と異なる場合があった点の対策を行いました。

■ヘルプ
(1)概要
  • バージョン及び改良点−Ver.10.4.xについて
10.04.04

10.04.05
'13.07.04 ■機能改善
  • 段差フーチング時は軽量盛土を設定できないためデータチェックを追加しました。

■不具合修正

  • 土圧式が「土圧強度分布」または「土圧合力」の場合に、竪壁設計時の土圧基点位置に誤りがある場合があったため修正しました。
  • 浮き上がりの検討におけるVuとPvが正しく計算されない場合があったため修正しました。
  • 結果詳細計算書の作用力の集計図において、U型擁壁時の土圧が描画されない場合があったため修正しました。
  • 3層以上の多層地盤について、土圧を土圧係数直接指定で算出すると単位重量が正しく反映されなかったため修正しました。
  • 限界状態設計法時の鋼管杭の計算結果において、不要な判定を行っていたため修正しました。
  • 置換基礎の滑動照査において、有効載荷幅を常に底面幅としていたため「支持地盤,根入地盤」画面の「突起無時の底版幅」を参照するようにしました。
  • 図面作成において、たて壁開口部補強筋の鉄筋本数が正しくない場合があった点の対策を行いました。

■ヘルプ
(1)概要
  • バージョン及び改良点-Ver.10.4.xについて
10.04.05

10.04.06
'13.08.19 ■機能改善
  • 図面作成において、たて壁主鉄筋の曲げ長に「計算値」または「作図条件の値」のいずれかを選択できるようにしました。
  • 図面作成において、たて壁主鉄筋を「定尺鉄筋」とした場合、たて壁正面図の寸法線を「全長鉄筋」と 「途中止め鉄筋」の配置情報を合成して作図するようにしました。
  • 図面作成において、L型擁壁で主鉄筋をシングル配筋とし、設定された「底版主鉄筋ピッチ」と「たて壁主鉄筋ピッチ」が異なる場合、メッセージを表示するようにしました。
  • 図面作成において、逆T擁壁の底版上面主鉄筋に継ぎ手があり、後趾主鉄筋の先端が前趾かぶりを確保できない場合は、 底版上面主鉄筋を「継ぎ手なし形状」で配筋するようにしました。
  • 図面作成において、U型擁壁の主鉄筋タイプが「側壁底版一体型」の場合に「組立筋の記号(先頭文字)」を設定できるようにしました。

■不具合修正

  • 擁壁工指針(H24)の支持力照査条件に合致しない場合でも、擁壁工指針(H24)の方法で照査を行う場合があったため修正しました。
  • 背面土砂形状が任意形の場合、盛土の荷重換算を行うことはできませんが、U型左側土砂が任意形の場合は荷重換算を選択することができていたため修正しました。
  • U型時の土圧入力画面において、右側,左側の土圧式に「クーロン(修正物部・岡部)」を選択している場合に、内部,受働の土圧式が正常に反映されない場合があったため修正しました。
  • 「基礎」−「支持地盤、根入地盤」画面を開くことができない場合があったため修正しました。

■ヘルプ
(1)概要
  • バージョン及び改良点−Ver.10.4.xについて
(2)サポート
  • ご購入についてのお問合せ
10.04.06

10.04.07
'13.10.15 ■機能改善
  • 載荷荷重範囲の安定照査毎指定時において、全ケースで載荷荷重が選択されていることをチェックするようにしました。
  • 土砂ブロック割り時において、幅や高さが0に近いブロックが存在すると体積等が計算できないため誤差対策を行いました。
  • 土砂捕捉容量の計算において、急斜面形状に鉛直部分が存在すると容量計算ができない場合があったため誤差対策を行いました。

■不具合修正

  • 地盤反力計算時において、後方偏心の三角形分布の場合にかかと版設計時の地盤反力に誤りがあったため修正しました。
  • 任意形状設計時において、かかと版設計を行った場合でも結果総括画面にかかと版結果が表示されない場合があったため修正しました。
  • 任意形状設計時において、前面土砂の影響が計算に反映されない場合があったため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、U型擁壁の滑動計算に受働土圧を考慮する際の計算式に誤りがあったため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、設計条件の任意モーメント荷重が入力通りに表示されていなかっため修正しました。
  • 結果詳細計算書において、任意形状の揚圧力図に不要な部分があったため修正しました。
  • 図面作成において、逆T式擁壁の底版上面主鉄筋形状が正しくない場合があったため修正しました。

■ヘルプ
(1)概要
  • バージョン及び改良点−Ver.10.4.7について
Page Top Page Top
 ■ 更新履歴バックナンバー
    ・擁壁の設計 Ver.19
    ・擁壁の設計 Ver.18
    ・擁壁の設計 Ver.17
    ・擁壁の設計 Ver.16
    ・擁壁の設計 Ver.15
    ・擁壁の設計 Ver.14
    ・擁壁の設計 Ver.13
    ・擁壁の設計 Ver.12
    ・擁壁の設計 Ver.11
    ・擁壁の設計 Ver.10
    ・擁壁の設計 Ver.9
    ・擁壁の設計 Ver.8
    ・擁壁の設計 Ver.7
    ・擁壁の設計 Ver.6
    ・擁壁の設計 Ver.5
    ・擁壁の設計 Ver.4
    ・擁壁の設計 Ver.3
    ・擁壁の設計 Ver.2
    ・擁壁の設計 Ver.1
戻る
バージョン更新情報

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
東日本旅客鉄道株式会社
[ お知らせ ]
地方創生・国土強靭化
FORUM8セミナーフェア






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
3DモデルIFC変換ツール
建築杭基礎の設計計算 Ver.5
Engineer's Studio® Ver.9
二柱式橋脚の設計計算(部分係数法・H29道示対応) Ver.2
BOXカルバートの設計・3D配筋 Ver.18

キャンペーン実施中
地方創生・国土強靭化
セミナーフェア連動
好評につき延長!
FORUM8 Shade3D
トレードアップ

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
5/28
-29
 UC-win/Road・エキスパート・
  トレーニング(東京)
5/30  建築基礎,地下車庫の設計
6/4  ウェルポイント、
  地盤改良の設計計算
6/5  UC-win/Road・DSVR

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CAD/CIM、建設会計
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・3D配筋CAD
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・クラウドデータバックアップサービス
・ファイル共有サービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション