Civil Engineer's Forum-FORUM8
このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Yahoo! JAPAN

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

Ver. 日付 内  容
9.00.00 '19.04.25 ■プログラムの機能追加
  1. 64bit版に対応しました。メモリを大量に消費する大規模モデルの入力や結果確認およびページ数の多いレポート出力が可能です。
  2. 2つのアウトラインを選択して距離と分割数(または位置)を入力することにより、両者の中間の大きさを持つアウトラインを自動的に作成する機能を追加しました。
  3. オンラインヘルプに対応しました。キーワード検索も可能です。
  4. 英語ヘルプに対応しました。オンラインヘルプ(Web)とpdfファイルで提供されます。
  5. UC-1/RC断面計算 Ver6/7/8 で保存されたファイルの断面形状をインポートできるようにしました。

■プログラムの機能改善
  1. 断面を指定して示方書条項を選択することにより、照査用詳細入力とM−φ特性を迅速に作成する入力画面を追加しました。
  2. 平板要素の結果の数値テーブル「平板要素(Max/Min)」および「平板要素 現在情報」にガウス点番号を表示するようにしました。
  3. FEM解析後の個別結果において、各時刻歴結果グラフに表示される現ステップを意味する赤丸の大きさを変更できるようにしました。変更はシステムオプション「描画オプション」で可能です。
  4. ナビゲーション「モデル特性|フレーム要素の断面」の「断面サムネイル」と断面サムネイルから呼び出す断面編集画面に、材料色で表示するボタンを設けました。ボタンを押すと材料色で指定された色で断面要素が着色されます。
  5. ナビゲーション「モデル特性|フレーム要素の断面」の「断面サムネイル」と断面サムネイルから呼び出す断面編集画面に、主軸座標系zp-ypを表示するボタンを設けました。ボタンを押すと主軸座標系zp-ypが表示されます。
  6. H29道示IIIのせん断補強筋が負担できるせん断力の合計値の特性値Ssを算出するときに、せん断スパンaがd/1.15より小さいときは、Ss式中のd/1.15をせん断スパンに置き換えて算出するようにしました。
  7. H29道示IIIのせん断補強筋に生じる応力度σsを算出するときに、せん断スパンaがd/1.15より小さいときは、σs式中の1.15/dを1/sp(sp:せん断スパン)に置き換えて算出するようにしました。
  8. 入力データのレポート出力「要素|M−φ要素の(M,φ)一覧表とグラフ」のグラフタイトルや縦横の軸目盛の文字サイズを小さくしました。
  9. 入力データのレポート出力に平板要素の照査機能「損傷指標」を出力しない設定を追加しました。

■プログラムの不具合修正
  1. フレーム要素の抽出クエリの設定を行って断面照査を行うと、抽出キーで抽出されたフレーム要素の抽出結果を正しく取得できず、断面照査するときの断面力が間違っている場合がある不具合を修正しました。
  2. H29道路橋示方書V耐震設計編の変位による照査(PFD変位照査)で免震橋の設定をした場合に、変位の制限値に係数αm=2.0を考慮していなかった不具合を修正しました。
  3. 断面に配置されているPC鋼材を削除した後に、プレストレス荷重を削除しても実際には削除されていなかった不具合を修正しました。
  4. ナビゲーション「モデル特性|平板要素の断面|平板断面」の平板レイヤの設定で「Ec算出方法を「材料」または「任意設定」にしているときに、コンクリートの応力ひずみ曲線における最大ひずみの算出が正しくない不具合を修正しました。従来は「Ec算出方法」が常に「COM3」で算出されていました。
  5. 平板断面の設定でレイヤを非線形にした状態で、ナビゲーション「モデル特性|解析設定」で材料特性を線形に変更すると、非線形要素の初期剛性が解析に使用されていましたので、レイヤの設定を弾性に変更した上で解析するようにしました。
  6. ナビゲーション「モデル特性|解析設定」で収束方法を「Engineer's Studio」とした場合に、非線形平板要素の低減係数w(過去の最大引張ひずみに応じたひび割れ平行方向の応力に乗じる係数)を考慮していなかった不具合を修正しました。収束方法を「WCOMD(非線形平板)」とした場合は問題ありません。
  7. リボン「結果|個別結果|ファイバー要素」内でカテゴリを「ひずみ」とした場合において、ひずみコンタ図の凡例の任意設定の最大値と最小値を自動の値より小さく入力すると、コンタ図が正しく描画されない不具合を修正しました。
  8. 許容曲げ応力度の詳細レポート出力において「中立軸から圧縮側縁端までの距離」が不適切な表現でしたので「中立軸から中立軸直交方向正側縁端までの距離」に変更しました。また、引張側鉄筋の「中立軸位置からの距離」の数値の符号が間違っていましたので修正しました。いずれも計算結果には影響しません。
  9. 二軸曲げを受ける許容曲げ応力度の結果で中立軸角度が傾いている場合に、詳細レポート出力において「中立軸から圧縮側縁端までの距離」と「中立軸から引張側縁端までの距離」の数値が正しくない不具合を修正しました。計算結果には影響しません。
  10. 許容曲げ応力度の詳細レポート出力においてコンクリートや鉄筋などの材料にの位置を表す「中立軸からの距離」の数値は距離なので、符号付きから符号を無視して絶対値としました。
  11. PFD残留変位照査の設定で、δy用の基部要素に指定された要素のM−φ特性にPFD照査用詳細入力がない場合に、PFD残留変位照査の表形式入力画面の列「直接δy」 のチェックをはずした後に許容変位タブをクリックするとアドレス違反エラーが発生する不具合を修正しました。
  12. FEM解析後に節点や要素を選択して右クリックメニューから時刻歴結果画面を呼び出すときに、1回目は「ファイバー要素 時刻歴結果」、2回目に「節点 時刻歴結果」を呼び出すと、2回目の呼び出しでアドレス違反エラーが発生していた不具合を修正しました。
  13. 入力データのレポート出力において「モデル表示」の2D表示が正しく処理されていたなかった不具合を修正しました。
  14. 固有値解析実施後に結果付きで保存しようとすると「データ保存時に予期しないエラーが起きました。」というエラーメッセージが表示されて保存できない場合がある不具合を修正しました。これは一度照査まで行った後に結果付きで保存し、その後結果フォルダを削除するなどした場合に発生していました。
  15. Engineer's Studio本体と各オプションを合わせた15個のライセンス認証を行う処理に時間がかかる問題を修正しました。
  16. 簡易形状RC断面で作成した断面に対する付着応力度の照査を行い、詳細レポート出力をすると周長算定の詳細が出力されていなかった不具合を修正しました。
  17. 簡易照査画面のひずみ平面や応力度分布の3次元図の大きさを調整するボタンのイメージが正しくなかった不具合を修正しました。
  18. 計算するランと計算しないランが混在するf3dファイルを読み込むと断面照査の設定が作成されない不具合を修正しました。
  19. ナビゲーション「荷重|ランの定義」の平均荷重ケースを自動複製できない不具合を修正しました。
  20. 断面照査用詳細入力とそこから呼びだされる簡易照査のデータが不整合な状態になっているファイルを読み込むとファイル読込みの途中でプログラムが強制終了する不具合を修正しました。
  21. 古いバージョンのファイルを読み込み、一旦保存した後に、再度そのファイルを読み込もうとするとアドレス違反エラーが発生する場合がある不具合を修正しました。
  22. ナビゲーション「照査設定|断面照査用詳細入力リスト」の鋼板に関して、許容値のタイプが「自動」のときに表示される鋼板種類が不適切でしたので正しい表示にしました。照査結果には影響しません。
  23. ばね要素の抽出キーの結果画面テーブルのヘッダにおいて、「TFzl」と表示されていた不具合を「Tzl」に修正しました。
9.00.01 '19.06.05 ■プログラムの機能追加
  1. 最新のヘルプファイル(CHM、PDF)をプログラムが自動的に確認し、最新版があればダウンロードしてインストール先フォルダのファイルを更新するようにしました。システムオプションに更新確認をするかどうかの設定や確認間隔を変更する設定があります。
  2. ナビゲーション「表示設定|節点・要素」において、フレーム要素の名称を表示させて「断面」の列にチェックを入れたときにソリッド表示の中に埋もれていた名称を常に画面手前に表示するようにしました。
  3. 断面要素の設定画面の鉄筋を配置する「断面要素 鉄筋エディタ|変換」等の入力画面を表形式に変更しました。

■プログラムの不具合修正
  1. ばね値を与えた支点に多点入力(節点荷重、節点加速度、節点強制変位)を行うと解析結果が正しくない不具合を修正しました。この不具合はVer 8.0.0以降の版に内在していました。
  2. 波形を入力した動的解析でシーケンス荷重の設定「継続時間種別」を「選択範囲」とした場合に最終ステップが解析に使用されていない不具合を修正しました。この不具合はVer 7.0.1以降から内在していました。
  3. 連行荷重を用いた活荷重の影響線解析において、複数の集中荷重の位置が起点側から昇順に並んでいない場合に、計算結果が正しくない不具合を修正しました。
  4. H29道示III[5.5.1] の「Mydmin < Md < Mydmax」照査とH29道示III[5.7.1(3)]の「Mudmin < Md < Mudmax」照査を任意設定のレポート出力に追加したときにレポート出力の数値が間違っていた不具合を修正しました。照査結果画面は問題ありません。
  5. ファイバー要素のラン結果「材料ひずみ」のコンタ図が正しく描画されていない不具合を修正しました。
  6. メッシュ要素の座標系を変更してFEM解析を行っても変更されたメッシュ要素の座標系が平板要素断面力等のコンタ図や数値に正しく適用されていない不具合を修正しました。節点変位等の計算自体は正しく処理されていますので、一旦ファイルに保存した場合はこの問題は発生しません。
  7. 64bit版において、モデルを新規作成後に節点や断面がない状態でナビゲーション「節点と要素|フレーム要素|フレーム要素」の「+」ボタンを押すと「0による浮動小数点演算」エラーが発生する不具合を修正しました。
  8. 32bit版において、モデルや断面のDXF/DWGインポート/エクスポート機能が正常に動作していない不具合を修正しました。
  9. 64bit版を4K等の高解像モニターを使用するコンピュータにインストールすると画面レイアウトやフォントサイズが乱れる不具合を修正しました。
  10. 断面照査の詳細な内容を印刷プレビューするとアドレス違反エラーが発生する場合がある不具合を修正しました。詳細な内容とは、リボン「レポート|レポート設定|標準出力」中の「断面照査」やリボン「照査結果|総括表、道示照査」が該当します。
Page Top Page Top
 ■ 更新履歴バックナンバー
    ・Engineer's Studio® Ver.9
    ・Engineer's Studio® Ver.8
    ・Engineer's Studio® Ver.7
    ・Engineer's Studio® Ver.6
    ・Engineer's Studio® Ver.5
    ・Engineer's Studio® Ver.4
    ・Engineer's Studio® Ver.3
    ・Engineer's Studio® Ver.2
    ・Engineer's Studio® Ver.1
戻る
バージョン更新情報

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
東日本旅客鉄道株式会社
[ お知らせ ]
地方創生・国土強靭化
FORUM8セミナーフェア







>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
控え壁式擁壁の設計計算 Ver.7
揚排水機場の設計計算 Ver.4
3DモデルIFC変換ツール
建築杭基礎の設計計算 Ver.5
Engineer's Studio® Ver.9

キャンペーン実施中
地方創生・国土強靭化
セミナーフェア連動
好評につき延長!
FORUM8 Shade3D
トレードアップ

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
6/26  Allplan
6/27  地方創生・国土強靭化(札幌)
7/3  土留め工の設計・
  3DCAD
7/4  UC-win/Road・VR(金沢)

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CAD/CIM、建設会計
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・3D配筋CAD
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・クラウドデータバックアップサービス
・ファイル共有サービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション