Civil Engineer's Forum-FORUM8
このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト モバイルサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Yahoo! JAPAN

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

Q&A集 Q&A集
Ver. 日付 内  容
4.00.01 '09.12.09 ■新機能、機能改良
  1. 新しい道路の生成機能と小段のラウンディング
    道路の切土と盛り土の計算が、UC-win/Road 4.0で大きく改善されました。最終的な3D表示が良くなり、法面の異なる部分を詳細に編集することがきます。また、小段のラウンディングの半径を追加可能です。
    小段の終端部を表現するために、「小段のラウンディングモデル作成ツール」を使用可能です。

  2. 世界の地形マップのサポート
    UC-win/Roadは、CGIAR-CSI SRTM (http://srtm.csi.cgiar.org) から90mのメッシュ世界の標高データベースをインポートすることができ、オーストラリアや中国の地形データはスタンダード版に含まれます。新しいメニュー「地形データの読み込み−世界」機能でこの地形データを選択することができます。

  3. コンテクスト
    コンテクストは、UC-win/Road 4.0の新しい概念です。VR環境のほとんどのパラメータを一組で保存し、クリックのみで、これらのすべての設定を適用することが可能です。例えば、コンテクストを使うことで一つの交通状態と天候状態を他の状態に簡単に変化させることができます。コンテクストでは、以下の要素を保存可能です:
       交通量のパラメータ
       描画オプションの殆どのパラメータ
       メインで使われているカメラの位置
       モデルの可視と不可視
    さらに、スクリプトとシナリオでコンテクストを使用することが可能です。カスタマイズされたショートカットボタンをシミュレーションパネルに追加することも可能です。

  4. 交通コネクタ
    交通コネクタは、UC-win/Road 4.0のもう1つの新しい概念です。この機能は、異なる道路上の任意の点を接続することで、交通をある点から他の点へと移動させることが可能です。この機能は、ユーザーが運転している車に対しても適用することができます。例えば、以下のことが簡単に可能です:
       予め定義されたルートの作成
       ランプ接続による道路同士を接続せずに道路を接続
       長い道路を、後で交通コネクタで接続する道路に分割
       道路終点の通過を防ぐことでユーザーが永遠に運転可能なデータの作成

  5. 新規作成、カスタマイズ可能な車の性能
    車の性能のパラメータをUC-win/Road 4.0で編集することが可能です。
    更には、エンジンブレーキとクリープを車の性能モデルに追加可能です。

  6. 天候の特殊効果
    雨と雪の特殊効果が改善されました。雨粒の色とその透過率は、雨粒の重さと空の色から自動的にセットされます。
    描画オプション画面では、天候のパラメータをセットするために適切な方法を適用します。

  7. 照明
    UC-win/Road 4.0は、夜間シミュレーションを強化するために新しい照明機能を導入しています。
    ・車両のヘッドライト
     この機能を使用して、運転シミュレーション中、リアルな車のヘッドライトを表現可能です。
    ・オブジェクトのブルーム効果
     この機能を使用して、弱いグロー光源としてモデルのパーツを見せることが可能です。
    ・スポットライトの光源
     この機能により、シーンで多くの局所的な点光源を配置可能です。この機能は、街灯の表現に大いに役立ちます。

  8. ステレオ投影
    UC-win/Road は、現在、2つのステレオ投影の方法がサポートされています。
    各々の視点(左、中心、右)のために、左右の目用の2つの画面を独立して出力する方法。各々の画面を作成可能なこの方法で、異なるビデオ出力で表示されるように単純でパッシブな投影システムにUC-win/Road を接続することができます。
    NVIDIA(R) Quadro(R)ビデオカードのステレオバッファによるステレオ投影をサポートしている投影/表示ハードウェアへのステレオ投影のサポート。

  9. ユーザインターフェースの更新
    UC-win/Roadのほとんどの画面が修正されました。
    メイン画面、道路断面の編集画面、車両グループの編集画面、シミュレーションパネルが特に改善されました。
    シミュレーションパネル
     シミュレーションパネルの内容を新しく選択することができます。
     コントロールをドラッグによりパネルの外へ出したり、簡単なドラッグ&ドロップ操作でパネルの表示順の変更が可能です。
4.00.02 '10.02.02 このリリースはUC-win/Road 4で韓国語、中国語表示に対応した最初のリリースです。また、このリリースではユーザインターフェースやテクスチャ処理に対し幾つか改良を行いました。
新しくリリースされたVer4で発生した沢山の不具合がこのバージョンで修正されました。

■追加機能
  1. UC-win/Road 4での韓国語、中国語(簡体字)、中国語(繁体字)の各言語表示をサポートしました。
  2. インストーラサイズを削減するために、ダウンロード版のインストーラには、今後日本、ニュージーランド、中国、オーストラリアのDEMファイルを含めないようにしました。これらのファイルはForum 8のユーザ情報ページから個別にダウンロード可能です。DVD版のインストーラには全ての有効なDEMファイルが保存されています。
  3. 断面の編集画面における小段、斜面の編集を改善し、簡単にラウンディング半径の設定を行えるようにしました。
  4. 樹木、道路、マーキング、それに背景に使用する透過テクスチャの読み込みを改善しました。テクスチャの不透過、透過の境界上のピクセル色を補正することによって表示を改善しています。この機能は、[描画オプション]の[テクスチャ]タブでオン、オフの切り替えが可能です。
  5. コンテクストの実行速度を改善しました。
  6. デフォルトのランプ、街灯モデルを追加し、ブルーム機能をサポートするようにデフォルトの車輌、交通信号モデルを更新しました。
  7. テクスチャがビデオメモリへ読み込まれる際、ステータスバーの小さなプログレスバーによって情報を表示するように改善しました。
  8. 運転シミュレーションが0km/hの車輌速度で初期化される時のシナリオイベントを改善しました。ユーザがアクセルペダルを踏まない限り車輌は加速しません。
  9. [描画オプション]画面でテクスチャフィルタリングの設定がUC-win/Roadの再起動なしに適用される様に改善しました。
  10. 路面マーキングについて独立したテクスチャフィルタリングの設定が可能になりました。
  11. 交通生成による車輌で走行中でのカメラの同期を改善しました。
  12. フルスクリーンモードF10キーを押すことでメニューやツールバーが表示されるようになりました。F10キーを押す毎に表示、非表示が切り替わります。
  13. 地形が完全に透過表示されているときの表示パフォーマンスを改善しました。
  14. SDKのログ機能のパフォーマンス問題を改善しました。
  15. UC-win/Roadによる断面側面(盛り土、切り土)のたくさんのステップ数の扱いを改善しました。断面側面の頂点数が1000を超えた場合、それ以降の頂点は無視され、地形が1000番目の頂点に調節されます。
  16. 断面側面の最後のステップがとても小さい時、また、その時メモリ不足に陥るかもしれない警告メッセージを追加しました。

■不具合修正
  1. ツールバーのコントロールがシミュレーションパネル上にドロップできていた不具合を修正しました。
  2. 標識の編集画面の色選択ボタンの問題を修正しました。
  3. ブルーム機能と幾つかのビデオボードとの互換性の問題を修正しました。
  4. シーンに配置された静止車輌のブルーム機能の不具合を修正しました。車輌が交通流の中に存在しないときは車輌のランプは表示されません。
  5. 3D樹木の花卉に関する照明問題を修正しました。
  6. 道路標識、マーキングテクスチャが正しくインストールされないインストーラの問題を修正しました。
  7. コンテクストが交通量を適用しない不具合を修正しました。
  8. コンテクストがモデル表示、非表示選択の修正を適用しない問題を修正しました。
  9. シナリオからコンテクストを実行するとOpenGLエラーが発生する問題を修正しました。
  10. 高度な照明機能が有効になっているとき、道路標識の背面色の表示問題を修正しました。
  11. 交差点の編集画面のユーザインターフェースの問題を修正しました。
  12. [地域設定]の編集画面で交通プロファイルが正しく保存されない問題を修正しました。
  13. 交通流の高速生成に関連する問題を修正しました。
  14. 任意の編集画面を閉じたときに発生する幾つかの交通流表示問題を修正しました。
  15. 運転シミュレーション中、[ルート飛行]の編集画面を開くことで運転シミュレーションを停止した後、そのコックピットていた不具合を修正しました。
  16. 表示言語が日本語におけるシミュレーションパネルの表示問題を修正しました。
  17. シミュレーションパネルからドラフトモードへのスワップに関係する問題を修正しました。
  18. 表示言語が日本語のときシミュレーションパネルの設定が保存されない問題を修正しました。
  19. 幾つかのビデオボード上での湖沼表示に関連する問題を修正しました。
  20. マイクロシミュレーションプレーヤでファイル読み込み後シミュレーションが正しく初期化されない問題を修正しました。
  21. マイクロシミュレーションプレーヤでMD3キャラクタアニメーションのサポートに関連する問題を修正しました。
  22. マイクロシミュレーションプレーヤでMD3キャラクの配置標高の自動調整に関連する問題を修正しました。
  23. 幾つかのユーザインターフェースの翻訳問題を修正しました。
  24. xpswmmプラグインにおけるユーザインターフェースの問題を修正しました。
  25. 高度な照明機能が有効の時の電線の表示問題を修正しました。
  26. 交通シミュレーションのリアルタイム計算におけるパフォーマンスの問題を修正しました。
  27. 道路障害物の表示問題を修正しました。
  28. [道路側面モデルの編集画面]を閉じる時、その親画面である[道路付属物の登録]画面も同時に閉じていた問題を修正しました。
  29. [道路断面の編集]画面で幾つかの入力が不可能になる画面表示の問題を修正しました。
  30. [道路断面グループの編集]画面のユーザインターフェースの問題を修正しました。
  31. スクリプトからの視点方向変更による表示問題を修正しました。
  32. ブログレスバー表示位置に関する問題を修正しました。
  33. LandXMLプラグインで日本、ニュージーランドの50mメッシュを正しくインポートできない問題を修正しました。
  34. 道路を非表示にした際の道路付属物上の透過ポリゴン、およびブルームポリゴンに関する問題を修正しました。
  35. 湖沼の透過に関する問題を修正しました。
  36. 車輌エンジンモデルの問題を修正しました。今後低RPMでは誤った加速度を生成しません。
4.00.03 '10.04.08 ■追加機能
  1. 新規プラグイン:S-PARAMICS連携プラグイン
  2. 新規プラグイン:Communication プラグイン
  3. ゲームコントローラのサポートが改良されました。今回の改良によりゲームコントローラの状態確認に殆どCPUタイムを使用しないようにしました。今後は、UC-win/Road実行中、コントローラを接続、非接続した場合、ハードウェアの認識のためのUC-win/Road再起動の必要はありません
  4. シナリオの交通制御の編集画面におけるカメラの飛行モードが改善されました:ロール角はメイン画面の値が適用されます。
  5. 3Dキャラクタの改善
    1. キャラクタサイズの内部計算が改善され、画面上でキャラクタが非表示の時、表示パフォーマンスが最適化されるようになりました。
    2. キャラクタデータファイル内で実際に有効なアニメーションを設定画面上で選択可能になりました。
  6. マイクロシミュレーションプレーヤーの改善:
    1. ユーザ車両近くの車輌を制御する新しい機能を追加しました。この機能により、マイクロシミュレーションプレーヤーでシミュレーション実行中、マニュアル運転が可能になります。ユーザ車両近くのシミュレーション車輌は、衝突を避けるための減速や停止が可能です。この制御機能は、OpenMicroSimファ イルから読み込まれたデータを上書きし、マイクロシミュレーションプレーヤーの高度なオプション内で有効、無効の設定が可能です。
    2. 移動オブジェクトをクリックすると、そのパスが表示されるようにしました。
    3. MD3キャラクタのアニメーションが改善されました。
    4. ユーザインターフェースが若干改善されました。
    5. マイクロシミュレーションプレーヤープラグインのメインコマンドをスクリプトから制御できるようにしました。
  7. シナリオ:
    1. シナリオの状態が一時間に1台以上の割合で生成された移動モデルを参照するとき、生成された全てのインスタンスが、条件が満されているかどうかの決定に考慮されます。以前は、生成される最初のインスタンスだけが考慮されていました。
    2. モデルコマンドのイベント編集画面で"リセット"コマンドが有効になりました。あるシナリオからモデルのコマンドが実行される時、イベント終了時にはコマンドが自動的にリセットされません。リセットする場合は、"リセット"コマンドを代わりに呼ばなければなりません。
  8. 森林:
    1. 森林の編集画面の樹木の最小サイズを1mから0.1mにしました。
    2. 森林の樹木配置のランダム性を改善しました。
  9. スクリプト実行中に複数のサウンドを同時再生できるようにしました。
  10. ECODriveプラグインの結果画面に表示される会社ロゴをカスタマイズできるようにしました。
  11. 交差点の3Dメッシュの置換に読み込まれた3DSモデルのスケールが再計算されるようにしました。
  12. 車輌の編集画面でのマウスホイールの動作を改善しました。
  13. 道路断面の編集画面で点が挿入されたとき、その点の初期座標が挿入された位置になるようにしました。以前は常に(0,0)に初期化されていました。

■不具合修正
  1. シナリオのイベント編集画面で道路側面モデルを選択できるようにしました。
  2. 経緯度座標表示の不具合を修正しました。
  3. 地形選択画面をリサイズするボタンを再度有効にしました。
  4. 「高度な照明」オプションが有効な場合の樹木の光の計算を改善しました。
  5. 運転シミュレーションを開始するときに発生していたメモリリークの問題を修正しました。
  6. シミュレーションパネルの幾つかの不具合を修正しました。
  7. 湖沼の編集画面の取消ボタンを追加しました。
  8. 飛行ルートの頂点を示す球が表示される際に発生していたメモリリークの問題を修正しました。
  9. 道路平面図で取消ボタンが押された際、デフォルトの地域設定が適用されていた不具合を修正しました。
  10. 道路断面の登録画面での問題を修正しました。
  11. 道路断面の編集画面において切り土/盛り土の編集部で発生していた不具合を修正しました。
  12. 3Dモデルの編集画面において幾つかの部品が移動、マージ、削除された3Dモデル(*.rm)を保存した際に発生していた不具合を修正しました。
4.00.04 '10.05.06 今バージョンの主な更新はCivil 3D プラグインによる AutoCAD Civil 3D 2009、2010、2011のサポートです。

■追加機能
  1. Civil 3DプラグインがAutoCAD Civil 3Dの最新バージョン(2009, 2010, 2011)をサポートしました。
  2. 交差点の入れ替えで使用される3DSモデルについて、3Dモデルの編集画面からオフセットの変更や回転が可能になりました。
  3. UC-win/Roadインストーラにi-Driveシミュレータの新しいドライバを同梱するようにしました。

■不具合修正
  1. UC-win/Road データベースブラウザにおいて、伝送エラーによりダウンロードプロセスが中断された時、通常状態に戻るようにしました。
  2. 上体アニメーションを含まないMD3キャラクタに関する幾つかの問題を修正しました。
  3. 交差点の入れ替えにより配置された3Dモデル表面上を車輌が正常に走行するようにしました。
  4. 交差点の編集画面を閉じる際に発生するアクセス違反を修正しました。
  5. 20x10km地形における道路生成プロセスの時間を改善しました。
4.00.05 '10.08.24 今バージョンでは、ドライブシミュレーションプラグインの新機能としてUC-win/RoadにてSENSO-Wheelに接続可能になりました。

■新機能、改善点
  1. ドライブシミュレーションプラグインによりSENSO-Drive (http://www.sensodrive.de/)のSENSO-WheelをUC-win/Roadで使用可能になりました。
  2. ドライブシミュレーションプラグインがCarSim V8.02へのリンクをサポートしました。

■修正点
  1. 3DSファイルを読み込む際、マスタースケールを適用したい場合、それを選択できるようにしました。この修正は、3DSファイルを読み込むときのスケール問題を対策したものです。
  2. MD3キャラクタのデフォルトアニメーションを正しく保存するようにし、rdファイルを開くとき正しく展開するようにしました。
  3. マイクロシミュレーションプレーヤー
    1. マイクロシミュレーションプレーヤーであるMD3キャラクタモデルを表示するとき発生するエラーを修正しました。
    2. RDファイルを再度開くとき、例えシミュレーションファイルがrdファイルと同じドライブに保存されない場合であってもシミュレーションファイルを再度読み込むようにしました。
    3. マイクロシミュレーションプレーヤーで、xmlの拡張子が大文字の場合に発生する不具合を修正しました。
  4. 地形
    1. 地形を編集する際、地形パッチ上に配置されたオブジェクトの標高が正しく更新されるようにしました。
    2. 地形の境界付近に地形パッチが作成される際に発生するアサーションエラーを修正しました。
Page Top Page Top

■ 更新履歴バックナンバー

戻る
バージョン更新情報

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
東日本旅客鉄道株式会社
[ お知らせ ]
地方創生・国土強靭化
FORUM8セミナーフェア






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
3DモデルIFC変換ツール
建築杭基礎の設計計算 Ver.5
Engineer's Studio® Ver.9
二柱式橋脚の設計計算(部分係数法・H29道示対応) Ver.2
BOXカルバートの設計・3D配筋 Ver.18

キャンペーン実施中
地方創生・国土強靭化
セミナーフェア連動
好評につき延長!
FORUM8 Shade3D
トレードアップ

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
5/28
-29
 UC-win/Road・エキスパート・
  トレーニング(東京)
5/30  建築基礎,地下車庫の設計
6/4  ウェルポイント、
  地盤改良の設計計算
6/5  UC-win/Road・DSVR

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CAD/CIM、建設会計
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・3D配筋CAD
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・クラウドデータバックアップサービス
・ファイル共有サービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション