FORUM8(フォーラムエイト)では、土木設計支援ソフトだけでなく、シミュレーションソフト、建築設計ソフト、構造解析ソフト、避難解析、建物エネルギーシミュレーション、BIMなどの様々な土木、建築、道路といった生活環境を整える業務をされているユーザ様により良いソフトを提供をしていきます。ここでは、UC-1共通のQ&Aを掲載しています。
Civil Engineer's Forum-FORUM8
このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Yahoo! JAPAN

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

Q&AUC−1 共通Q&A('02.04.22)

NEW!更新内容

目 次
1.入力関連 

Q1−1.入力画面上で項目が重なっていたり、入力項目、ボタンがない場合があるが?

Q1−2.プログラムを起動しても確定キーやOKボタンが反転していて選択できない。

Q1−3.SI単位系への単位変換が出来ないのはなぜか?

Q1−4.入力BOX(セル)に数字が上手く入れられない?

Q1−5.入力時に不要となった項目のデータをキャンセルする方法は?

Q1−6.従来単位系の入力に対応していない製品があるがなぜか?


2.印刷関連 

Q2−1.印刷すると、指定した結果が1ページしか出ず、2ページ目からは白紙になる。又A4サイズを選択しているが違う縮尺で印刷されたり文字化けが生じる。

Q2−2. 印刷時においてモジュールエラーが生じ、印刷ができない。

Q2−3.従来単位系で入力計算後結果確認画面で、単位系を変更し印刷したが、入力した単位系で出力される?

Q2−4.計算後印刷しようとするとプリンター側で出力トラブルが生じる。プリンターの液晶画面に「パケットエラー」との表示がでるが対策方法は何か?

Q2−5.印刷したら図だけが印刷されず表のみ印刷されたがなぜか?

Q2−6.出力時に章立て変更のない製品では、どのようにすれば章立て変更や章記号を変えることができるのか?

Q2−7.印刷すると文字が大きくなり、上手く出力できないが?

Q2−8.スタイル設定で採用されている章立て変更機能の利用時の注意点。

Q2−9.WORD出力対応製品で、”Microsoft(R)Word(97以降)がインストールされていません。”エラーで出力できない。WORDはインストール済み。


 
3.製品のインストール、更新(バージョンUp)関連 

Q3−1.Windows版の差分ファイルによるUPデート方法について。

Q3−2.新しい統合CD-ROMが来たがプログラムのUPデートの手順はどうすればいいか?

Q3−3.プログラムをインストールしたところ起動時表示のメイン画面の名称が全て同じ名前で起動するようになったが?

Q3−4.プログラムをUPデートするために差分ファイルやダウンロードファイルを使用した後、プログラムを起動すると画面中にスピードボタンが現れない?

Q3−5.製品起動時に「UC-1 server」のインストールメッセージが出るがなにか?

Q3−6.NT環境でFRAME製品をインストールすると拒否されるが?


 
4.ハードウエア、プロテクト関連 

Q4−1.従来単位版のハードウェアキーで作業を行いたいのだが、バージョンupでSI単位共用版をインストールしたらViewer版でしか動作しない。どうすればいいか?

Q4−2.印刷中に保存ボタンなど押すと「プロテクトキーが見つかりません」と表示されたがどうすればいいのか?


 
5.エラー関連 

Q5−1.エラーが生じたのだがどうすればいいでしょうか?

Q5−2.DOS版データを読込むとエラーが発生するが?

Q5−3.製品利用時に「API32の読み込みに失敗いたしました」のメッセージが出たが?

Q5−4.設計プログラムから「CAD連動」ボタンの関連付けを設定する際の留意点は?

Q5−5.製品を更新したところ、旧バージョンデータの読み込みを行なうと”予期しないエラー”となり読み込めない。また新規保存データも再利用が出来ないが?


 
6.その他 

Q6−1.ウィルスチェックプログラムでスキャンを行ったところ、フォーラムエイト製品において感染している旨のメッセージが出たがどうすればいいのか?

Q6−2.調表出力ライブラリーをダウンロードしてインストールしたがhelpしか存在しないのはなぜか?

Q6−3.調表出力をした際、テンプレートに表示出力されない項目があるが?

Q6−4.「ウイルスが検知されたら自動で削除する」として製品のインストールを行なうと、ウイルス検索時に該当し有るファイルが駆除されてインストールされたが、これは問題がないのか?

Q6−5.計算書をhtml形式でファイル保存する方法が良くわからないが?

Q6−6.杭基礎プログラムとの連動時に、「RPCサーバーは使えません。」とのメッセージが出て、連動が上手くいかなくなったが?

Q6−7.設計調書ボタンが選択できないが?

Q6−8.統合製品で印刷ウインドウの表示がおかしくなった。

Q6−9.「耐震設計ソフトウェアに関する研究委員会」とは?


 

1.入力関連 

Q1−1.

入力画面上で項目が重なっていたり、入力項目、ボタンがない場合があるが?
A1−1.
上記例は極端な例ですが Windowsで大きいフォントを使用されている場合にこの様な現象が発生します。
画面のプロパティ→設定→詳細→フォントサイズで、「小さいフォント」に変更してください。
此により入力項目は正常な画面に成ります。
弊社プログラムの基本仕様は この小さなフォントになっていますのでご利用の際にはご確認下さい。
   
Q1−2. プログラムを起動しても確定キーやOKボタンが反転していて選択できない。
A1−2. プログラムがプロテクトを認識できずにViewer版で起動しており、製品版になっていないことが原因です。
起動している状態でhelp→バージョン情報を確認して下さい。
ここでハードウエアキーの選択がプロテクトの状態にあった設定になっていないため、ローカルやネットワークに設定を変更して下さい。
またプロテクトの接続がされていない場合やはずれている場合にも生じますのでまずマシン背面の接続状況も確認下さい。

ただし、希にプロテクトの問題で上手く起動できなくなる場合があります。
此の場合には
 @プロテクトドライバーをインストールして上記作業を行う。
  原因は印刷時に保存や計算命令を行ったことでプロテクトの認識が出来なくなりViewer版になったことです。
 Aプロテクトの不具合
  RUS(リモートUPデートツール)でまずプロテクトの書き込み情報を確認下さい。
  内容に異常や問題がある際にはその旨記載の上サポート窓口までご連絡ください。
 
Q1−3. SI単位系への単位変換が出来ないのはなぜか?
A1−3. 一般的な理由としましては以下の点を確認下さい。
該当しない場合にはサポート窓口までご連絡いただきますよう御願いいたします。

@製品版として起動していない
VIEWER版として起動している場合には単位系変更そのものが反転して選択が出来ません。
help→バージョン情報でプロテクトの状態を確認頂き所定の状態に再度セット下さい。

Aお客様がバージョンUPをされていない
製品そのもののプロテクトが従来単位系にのみ対応しているものの際には使用できません。

Bプロテクトの書き換えをされていない
AによりバージョンUPをされたにもかかわらず単位系変更が出来ない場合には以下の内容を確認下さい。
SI単位系へのバージョンUPお申し込み後に「パスワード発行申込書」を同封してお送りしております。こちらに必要事項をご記入いただき、弊社へお送りいただくと追ってパスワードを発行いたします。このパスワードを元にユーザ様側でプロテクトにSI版のライセンスを書き込む作業が必要になります。
この作業を終えられていない場合には、バージョンUpのお申し込みにより自動でプロテクトがSI単位系対応に書き変わるわけでは有りませんので、従前の様に従来単位のみの仕様となります。
お送りするパスワードを元にRUSツールを使用いただきプロテクトの内容をお書き換えください。
RUSツールについては導入の手引きを確認いただきながら確認下さい。
 
Q1−4. 入力BOX(セル)に数字が上手く入れられない?
A1−4. 製品毎に又項目毎に必要とする入力内容が異なるため上手く入力出来ない場合があります。
入力BOX部にマウスを合わせ左クリックで 入力状態になりますが、此処で数値入力が出来ない場合には、以下の手順で入力を行ってください。

@まず入力部を左クリックし入力準備状態にする(デフォルト数字が左による)


Aマウスの左ボタンを押しながら移動させ(ドラッグ)、BOX内の文字を反転させる

此処で「DEL」キー若しくは「BackSpace」キーを押しデフォルト値を削除
(※ドラッグ作業をせず「DEL」キーのみでも数値を削除できます。)

B空白になったところで任意の数字を入力
 
Q1−5. 入力時に不要となった項目のデータをキャンセルする方法は?
A1−5. 各プログラムの仕様によりますが、基本的にはデータが不要の際に0の入力等で対応出来ない部分があります。
この際にはメッセージを出すようにしていますが、一度入力したデータを削除する場合には

@載荷荷重などの入力ボックスのセルにマウスを合わせ左クリックをする。
Aここでセル枠が点線に変わります。
 ダブルクリックでは入力状態になりますので必ずクリックでおこなって下さい。
B「DEL」キーを押す

是により不要データ行は削除する事が可能です。
入力項目によっては1列目の項目が▼による選択方式を採用していてこの作業が出来ない場合がありますがその際には2列目で同じ作業を行ってください。
 
Q1−6. 従来単位系の入力に対応していない製品があるがなぜか?
A1−6. ご指摘の製品は、単位系移行期間の終了とともに、開発作成された製品のため、従来単位系は結果の確認機能のみにとどめております。

是まで弊社でご用意させて戴いた各プログラムは、単位系移行の時期の問題もあり、当面は両単位系をサポートするものとして進めて参りました。
これは、単位系移行に伴う不可抗力による入力のミスなどをさけることを目的とした仕様でしたが、法的なSI単位系の使用期間になり、今後の対応としてはSI単位系のみの入力機能とし、従来単位系では確認機能のみとしました。
現在のところ、「PC単純桁」と「ケーソン基礎」「基礎の設計計算」「土留め工の設計計算」などがこの仕様となっておりますが、今後予定の製品においてもSI単位系のみへの対応となる予定です。
結果確認画面上で単位系を変更した結果については確認いただけますので、此方をご利用いただき、ご確認下さい。
   
2.印刷関連  

Q2−1.

印刷すると、指定した結果が1ページしか出ず、2ページ目からは白紙になる。又A4サイズを選択しているが違う縮尺で印刷されたり文字化けが生じる。 
A2−1. この現象が発生する主な原因としては、プリンタドライバが最新のものでないことが考えられます。プリンタドライバは、プリンタメーカーが最新のものを提供していますのでこれに変更してみてください。
最新のドライバの取得方法としては、インターネット上に公開されていますので、これをダウンロードするなどがあります。
この変更によっても同様の現象が発生する場合は、他の原因が考えられますので、プリンタの機種名、使用OS、使用環境(ネットワークorローカル、ネットワークの場合はサーバ側のOS等も合わせて)を調査の上、問い合わせください。
   
Q2−2. 印刷時においてモジュールエラーが生じ、印刷ができない。
A2−2. モジュール’SP_STDP.DLL’のアドレス00A11DFFでアドレス01016C80に対する書き込み違反などのメッセージが表示され印刷できない場合には、

@作業領域を選択出来るソフトの場合
製品のバージョンをUpデートされた際に作業領域が異なる設定になった事などで生じます。
その他(オプション)→作業領域の設定→ディレクトリを再設定して下さい。

Aプリンタードライバーが原因の場合
プリンタードライバーをメーカーホームページより入手し更新する。

Bデータ固有で生じた場合
サポート窓口へデータを添付の上お問合下さい。この際プリンタ名及び使用のドライバーのバージョンをお書き添え下さい。
 
Q2−3. 従来単位系で入力計算後結果確認画面で、単位系を変更し印刷したが、入力した単位系で出力される?
A2−3. UC−1シリーズのSI単位機能として以下の仕様になっています。
従来単位、SI単位ともに1つのプログラムでスイッチの切替で、入力、計算、出力が出来ます。入力データは両単位系で互いに換算可能とし、換算の方法は「単位系の移行に関する参考資料」に準じて行っています。
SI単位系での入力に慣れていない方は単位の設定を従来単位系とし、従来単位系で入力した後で入力単位のスイッチをSI単位系に切り替えることによって、SI単位系で計算することができます。この場合は、念のため入力データの確認をして、換算の値の確認を行うことをお奨めします。

計算は入力された単位系で行います。単位系の変更時の換算係数は、各入力部に差異があり、一つの単位系の中で整合性を図るには入力された単位系で一貫して計算する必要があります。そのため、入力から計算までは、一方通行にしています。
また、出力は計算された単位系で行うようにしております。弊社のソフトでは単位系の併記は行っておりません。
結果の画面表示の時は、単位の切替スイッチで逆単位を表示出来るようしております。プリンターへの印刷時には入力、計算時の単位での出力となります。
ただし、ここでは切り替えた後の単位系で再計算するのではなく、計算された結果を換算係数9.80665で換算した値を表示することとしています。この機能はSI単位系で計算した結果を設計者が確認できる仕様として設けたものです。報告書として使用することを目的とした機能ではありません。
そのため従来単位で計算すれば、出力も従来単位でのものになります。SI単位で行えばSI単位で出力されます。
Q2−4. 計算後印刷使用とするとプリンター側で出力トラブルが生じる。プリンターの液晶画面に「パケットエラー」との表示がでるが対策方法は何か?プレビューでは正常に見えているのだが。
A2−4. ネットワークで キャノン製のLBPを使用している際にこの「パケットエラー」が発生することがあります。
他のアプリケーションでは印刷できるのになぜ?とのご質問を頂きますが、メーカーホームページに記載のドライバーの情報などをお読み下さい。
メーカー側でもソフトや環境によっては正常印刷が出来ないソフトがあると記載しております。

 @メーカーホームページに記載の最新版プリンタードライバーダウンロードしこれを利用頂く方法。
  http://www.canon-sales.co.jp/drv-upd/lasershot/index-j.html からダウンロードが可能です。

関連情報としては、例えば以下の情報が提供されています。

  ●プリンタドライバ Ver6.01/PrintBuddy II V4.00からVer6.11/V4.10への変更点<PrinterDriver>
  ・LBP-840使用時に、プリンタ側に「53パケットエラー」が表示され印刷できない場合がありました。この現象に対応。

 Aプリンター側の設定で出力モードをLIPS3にすれば解決する場合があります。
  此は最新のプリンタードライバーでは上手く対応出来ない際の対策です。LIPSWモードで出力が上手くいかない場合でもLIPSVモードでは上手く印刷されることがありますのでご確認下さい。

また上記に該当しないマシンの場合、例えばLBP880を使用の際には、「同じシリーズのLBP850はパケットに対応していないため、LBP850のプリンタドライバを使用することにより、880のパケットエラーは回避可能です」此方もご確認下さい。
 
Q2−5. 印刷したら図だけが印刷されず表のみ印刷されたがなぜか?
A2−5. ご使用プリンタードライバーとの問題で、図が上手く描画されない場合が有ります。
各メーカーのホームページには常に最新のプリンタードライバーが公開されておりますので、こちらをダウンロードいただき更新してご使用下さい。
また、もしドライバーを最新化しても印刷できない場合には、詳しい状況とご使用の機器をお手数でもサポート窓口までお教え下さい。
 
Q2−6. 出力時に章立て変更のない製品では、どのようにすれば章立て変更や章記号を変えることができるのか?
A2−6. 製品によっては、出力時のフォームを既定としているため、出力設定による章番号などの変更機能をサポートしておりません。
設計図書化される際に、章立ての変更などが必要な際には、お手数ですが計算書のファイル出力機能をご利用いただき、html形式ファイルとして出力後、これを読み込み可能なアプリケーションソフト上で加筆修正いただくことをおすすめいたします(Q6−5参照)。
なお、ご存じのようにhtml形式ファイルはツリー構造であるため、製品が用意している出力によっては、リンク図ファイルなども同時に保存します。保存ファイルを移動やコピーされる際には、同時に図下ファイルもコピーする必要があります。この作業を忘れるとリンクが切れてしまい、『×』表示になりますのでご注意下さい。
 
Q2−7. 印刷すると文字が大きくなり、上手く出力できないが?
A2−7. ご利用のプリンタードライバーとの問題で、出力時に文字サイズがコントロール出来ず、文字が大きく出力される現象が生じる場合があります。 これは、マシン購入時に付属されている提供ドライバーが古い場合や、機種やOSに対応していないドライバーで出力されている場合に生じます。 各メーカーサイトには最新のドライバーが公開されていますので、OSを確認の上ダウンロードしていただきドライバの差し替えを行って下さい。
〜代表的なプリンターメーカーのサイト〜
CANNON
EPSON
RICOH
 
Q2−8. スタイル設定で採用されている章立て変更機能の利用時の注意点。
A2−8. 製品毎に組み込み仕様が多少異なりますが、基礎統合製品では以下の手順にて章立てスタイルを選択変更可能です。

@計算書作成モードにて スタイル設定ボタンを押す
A表示形式を変更する→閉じる
B画面上の章立ては変更前イメージ
C処理モードの「入力」を一度選択し、再度「計算書作成」を選択
D章立てイメージ処理が変更

上記のようにスタイル設定後に一度他の項目選択作業を行うことで章立てスタイルを変更します。

尚現在この設計計算書の章立て変更機能は、擁壁の設計、基礎の設計、BOXの設計、(橋台の設計)にてサポートしている機能です。
※()リリース予定
 
Q2−9. WORD出力対応製品で、”Microsoft(R)Word(97以降)がインストールされていません。”エラーで出力できない。WORDはインストール済み。
A2−9. Word出力では、Wordインストール時にWordが書き込んだレジストリ情報を参照しています。このため、レジストリの情報が何らかの原因により参照できない状態になっていることが考えられます。

■Norton AntiVirus がインストールされていない環境の場合
Wordを再インストールすることで正しいレジストリ情報に書き換えられますので、Wordを再インストールしてご確認ください。

■Norton AntiVirus 2000がインストールされている環境の場合
下記URLのMicrosoftのホームページにて、「Office200x Norton AntiVirus 2000 環境でのプログラムエラー」についての情報が公開されています。
http://www.microsoft.com/JAPAN/support/kb/articles/JP243/5/79.asp
「Norton AntiVirus 2000」をインストールしている場合、こちらが原因と考えられますので、ご一読ください。

【概要】
Norton AntiVirus 2000 がインストールされた環境で Word 2000 を他の プログラムから制御すると起こる現象について説明されています。

【回避策】
この問題を解決するには、以下の方法で Norton AntiVirus の OfficeAV.dll アドインを解除してください。 

1.[スタート] ボタンをクリックし [ファイル名を指定して実行] をクリックします。 
2.[名前] ボックスに以下のコマンドを入力し [OK] をクリックします。
 regsvr32 /u ”C:\Program Files\Norton AntiVirus\OfficeAV.dll” 

解除に成功すると、以下のメッセージが表示されます。 
DllUnregisterServer in C:\Program Files\Norton AntiVirus\OfficeAV.dll succeeded. 

注意 : 上記のパスは、Norton AntiVirus を初期設定でインストールした場合のパスになります。OfficeAV.dll ファイルのパスを確認して指定する必要があります。 

この問題は Office 2000 と Norton AntiVirus Version 2000 を使用したときに発生します。なお OfficeAV.dll が解除された状態でも、Norton AntiVirus スキャン対象が全てのファイルになっていれば、AutoProtect でウィルスの保護はされています。詳細については、シマンテック社の Web ページをごらんください。 
http://www.symantec.co.jp/

※Norton AntiVirus Version 2002をインストールされている場合は、シマンテック社の下記URLを参照の上、ご確認ください。
http://service2.symantec.co.jp/consumer/support-kb.nsf/KBLPF/
4EB4329DCF60437E49256AFF005D2F1F?OpenDocument&PRODUCT=Norton%20AntiVirus2002
   
3.製品のインストール、更新(バージョンUp)関連  

Q3−1.

Windows版の差分ファイルによるUPデート方法について。
A3−1. @バージョンUPするプロダクトの圧縮ファイルを差分ファイルのダウンロードサイトからダウンロードをする。
この際保存先を、プログラムを格納しているフォルダに保存すれば次の作業は軽減できます。
A圧縮ファイルを既にプログラムがインストールされているフォルダにコピー貼付けする。
B圧縮ファイルは自己解凍するので、エクスプローラー上などで実行すると、プログラムを自動で上書きする。
Cプログラムを立ち上げる。

以上で作業は終了しますが、@のダウンロード完了後にホームページ記載のプログラムの大きさとダウンロード後のプログラムの大きさを確認しておいて下さい。
インターネットの利用上の問題で、プロバイダー側が混雑している場合や弊社のホームページが混雑している際に巧くダウンロードできていない場合がありますので、確認しておくことをお奨めします。
また、ダウンロードサイトに記載の在るようにUPデートには最低バージョンが必要ですので、使用しているバージョンをまず此にしておく必要が あります。 この最低バージョンは、弊社からお送りしている保守diskや統合CD-ROMに記載登録されているもの等ですので、お手元のバージョンを 御確認の上作業に当たって下さい。
最低バージョン以前のものにUPデートすると、プログラムの一部が古いままになり巧く作動しない場合がありますので御注意ください。
 
Q3−2. 新しい統合CD-ROMが来たがプログラムのUPデートの手順はどうすればいいか?
A3−2. まず、旧版のプログラムをアンインストール下さい。
この際必ずデータはバックUPを心がけてください。製品によっても異なりますが、アンインストールによりデータが保持されない場合が有ります。
またアンインストールシールド(win付属)の作動不良なども考えると確実なデータのバックUPをお奨めします。

マイコンピュータ→アプリケーションの追加と削除→プログラムの選択→削除


データベース形式を採用している FRAMEマネージャ(面内も同様)等はアンインストールによって、プログラムが格納しているデータも同時に削除されてしまいます。この際エクスポートによりデータを保存されていない場合には復旧できません。必ずデータの保存を行ってください。

次に統合CD-ROMの起動メニューからソフトを選択しインストール下さい。
(AUTORUNでマシンのCDドライブにCD−ROMを挿入するとメニューが起動します)

この際、「製品ライセンス契約」「情報(READ ME情報)」を必ず良くお読み下さい。
マシンや使用の環境によっては必要な環境ファイルが不足している場合もあり、カスタムインストールをする必要があるなどの場合や製品間連動などの重要情報、データの保存についてなどを記載しています。

また必ずプロテクトがマシン背面、若しくはサーバー(NETPROの際)に接続され有効に機能しているかも確認下さい。

以上によりUPデートは完了です。
プログラムインストールは旧版上への上書きインストールは行わないように御願い致します。
上手く動作せずおかしな挙動を示す場合もありますので必ず上記手順での作業を御願いいたします。
 
Q3−3. プログラムをインストールしたところ起動時表示のメイン画面の名称が全て同じ名前で起動するようになったが?
A3−3. インストール時に設定できるインストール先のフォルダ名称を全て同じにされたことが原因です。
その為起動画面が、一番最後にインストールされたプログラムの名称画面で起動しています。
カスタマイズしてインストールされる際にデフォルトで予め設定しているフォルダ名称や位置を変更される際には、必ずプログラム毎に異なるフォルダを作成しインストール下さい。
一度プログラムをアンインストール頂き、上記のように再度フォルダを分けていただければ改善されます。
 
Q3−4. プログラムをUPデートするために差分ファイルやダウンロードファイルを使用した後、プログラムを起動すると画面中にスピードボタンが現れない?
A3−4. Windowsで使用しているdll(Comctl32.dll)との整合性が悪いために発生していると考えられます。そのため、以下のサイトよりパッチファイルをダウンロードし、アップデートを実行して対処して頂きますようお願いします。
(1)ダウンロードサイト
 http://www.microsoft.com/msdownload/ieplatform/ie/comctrl.asp

(2)ダウンロードファイル
401Comupd.exe

(3)インストール方法
@ファイルをダブルクリックします。 →インストール確認コメント
A「Yes」をクリックします。 →契約文表示
B「Yes」をクリックします。 →インストール開始、成功コメント
Cパソコン再起動で有効になります。

この処理により、表示されていなかったスピードボタンが出画し解消されます。
 
Q3−5. 製品起動時に「UC-1 server」のインストールメッセージが出るがなにか?
A3−5. 杭基礎forwinと連動することが可能なプログラムをインストールされた後に起動されると、このメッセージを出画します。
これは、製品間連動時に必ず必要で、インストールされていないと杭基礎forwinとの連動設計が出来ません。メッセージに従いインストール下さい。
 
Q3−6. NT環境でFRAME製品をインストールすると拒否されるが?
A3−6. WindowsNTにFRAMEマネージャ(Ver.1.57以降)をインストールされるには、サービスパック4(以後SP)以上でご利用戴く必要があります。
これは、FRAME製品の改良等に伴う作業において、『SP4以降でOS上に実装される機能』を利用している為です。
その為、SPが4以前の場合にはインストールを中止します。 
よって、WindowsNTで本製品をご利用になる場合には、サービスパック4以降(現在サービスパック最新版は6aです)を導入してください。
なお、サービスパックは、マイクロソフト社のホームページ上から無償でダウンロードすることが可能です。
※このサービスパックにより、WindowsNTに新機能の搭載,機能拡張やバグ修正等が行われます。
   
4.ハードウエア、プロテクト関連  

Q4−1.

従来単位版のハードウェアキーで作業を行いたいのだが、バージョンupでSI単位共用版をインストールしたらViewer版でしか動作しない。どうすればいいか?
A4−1. 当社の仕様で、プロテクトチェックは次のようになっています。
@起動時にプロテクトチェックを行い、接続されているキーがSI単位系対応版か従来単位系版かを判断し、キーに応じた単位系(SI単位系対応版のときSI単位系,従来単位系版のとき従来単位系)で起動します。プロテクトチェックのデフォルトがSIになっている訳ではありません。
Aただし、前回、Viewer版の状態でプログラムを終了していると起動時のプロテクトチェック(@)は行わず、Viewer版としてSI単位系で起動します。
B従来単位系版のハードウェアキーの場合、SI単位系データファイルを読み込む際に、Viewer版に変更する旨の確認メッセージを表示し、強行するとViewer版に切り替わります。
この状態はこのABに該当しています。 そこで、製品版として起動するためには、従来単位系のデータファイルを読み込んで、ヘルプのバージョン情報のハードウェアキーの選択をViewer版から ローカルあるいはネットワークに変更していただく必要があります。
 
Q4−2. 印刷中に保存ボタンなど押すと「プロテクトキーが見つかりません」と表示されたがどうすればいいのか?
A4−2. ご使用のマシンにお送りしている製品(統合CD-ROMなど)から、プロテクトドライバーをインストール下さい。
WIN版ソフトはこのプロテクトドライバーをインストール頂かなくても起動使用いただくことが可能ですが、同時に2つの命令を出したりするとプロテクトが認識できず、製品版からViewer版になってしまい出画しているメッセージをだしています。
help→バージョン情報で、ご使用のプロテクトに応じた設定に再度直していただければ製品として起動しますが、プロテクトドライバーがインストールされない限り同じ現象を生じます。
5.エラー関連  

Q5−1.

エラーが生じたのだがどうすればいいのか?
A5−1. まずエラーの内容を確認下さい。様々な条件下で様々な形でメッセージが現れます。
現象としてはマシン、OS、データ固有のものであったり様々な原因が考えられます。
以下サポート窓口に良くご質問の有る内容を代表的に説明します。
これ以外の現象の際には(注)に従い、サポート窓口への質問作業を行って下さい。

・「IOエラーや領域違反」
@弊社のソフトが新しいバージョンであるかどうかを確認する
 設計には常に新しいバージョンでご使用下さい。
 古いバージョンの場合→新しいバージョンにする →改善されない場合には(注)へ
 新バージョンの場合→(注)へ

A作業領域の変更を行う Q2−2.

BOSが古いバージョンで有る場合
 例えばwi95aなど→OSを新しいバージョンにする
但し此の場合もプリンタードライバーなどを新しいバージョンにすることで問題が解消される場合もありますのでまず各種ドライバー類を新しくすることをお奨めします。

Cメモリの不足やリソース不足→マシンに常駐しているソフトを終了させ、弊社ソフトのみを起動させる。

・「0による浮動小数点数除算」
 入力項目が不足している場合→再度入力項目の確認を行う。
 データ固有で発生してるエラー→サポート窓口へ

・メッセージ的な内容 例えば「寸法データが未入力状態です」などがでた場合
 弊社ソフトにはhelp機能があり、help→トピックの検索→麻月?→メッセージでエラー等のメッセージに対応する方法を記載しています。(無いソフトもあります)まずこの項目を確認すれば、対処が可能です。これ以外のメッセージの場合には(注)に従ってください。
(注)
ご使用のソフトの名称、バージョン、出来れば使用されたデータを添付し御社名、担当者名を明確に記載のうえ、以下のお問い合わせ様式等に準じて記載ください。
ここで重要な要素は、マシンの構成並びにOSなどをアンケート方式にチェック記載頂くことです。
その後サポート窓口までFAX若しくはメールにてお問い合わせ下さい。

問い合わせ様式の場所(各ソフトのhelpを参照)
help→トピックの検索→目次→サポート→製品版をご利用の方→お問い合わせの方法→問い合わせ様式

またはホームページ上の「製品問い合わせサポートフォーム」からご質問下さい。
 
Q5−2. DOS版データを読込むとエラーが発生するが?
A5−2. 詳細は各プログラムのhelpをご覧下さい。
プログラムにより、以下のように2つ以上のファイルを必要とするものやコンバートの必要があります。
その際にはエラー表示をして読込が出来ないものがあります。
又基本的にDOS版のデータを利用できないバージョンや全く互換のないプログラムもありますのでご注意下さい。

@深礎フレームforwinでは以下の3つ若しくは2つが必要です。
・深礎基礎データ   拡張子 SNH
・フレーム面内データ 拡張子 SFH 
・フレーム面外データ 拡張子 SZH

A斜面の安定計算forwin
データファイルは、拡張子(*.DAT)と(*.PRM)の2ファイルが必要です。

B震度算出forwin
データファイルは、拡張子(*.sfi,*.sff)の2ファイルが必要です。
片一方でもエラーは表示しませんが、上部工データが無かったり下部工データがないことになりますので必ず2つ1組で準備下さい。

CBOX・カルバートの設計計算forWindows
データファイルは、拡張子(*.BX4)と(*.BID)の2ファイルが必要です。1ファイルだけでは、読み込むことができません。
必ず2つ1組で準備下さい。

D逆T式橋台の自動設計計算
データファイルは*.GTKですが、旧版データはDOS環境で使用するためのデータであったため、win版データとして使用できるようにコンバートする必要があります。
コンバートの方法は製品のhelpのQ&Aその他に記載されていますのでご確認下さい。
なお、旧版のデータファイルはコンバートの際に3つのファイル(*.GTK、*.GKK、*.GKB)が必要です。ファイルが不足しているとコンバータ実行時にファイルが開けないなどのエラーが発生します。3ファイルを同じフォルダ(ディレクトリ)にコピーしてコンバータを実行して下さい。1ファイルでも欠けた場合には、データの読み込みおよび編集を行うことは出来ません。

E橋脚forwin
DOSデータとして選択できる拡張子は ファイル→開く→ファイルの種類で、柱以降*.cid 梁*.bipファイルが選択可能です。此処では代表ファイル名称だけを表示しているため、このファイルのみを読み込まれた際に以後の設計時にエラーや入力不足のメッセージが発生します。

DOS版ではこのファイル以外に必要なデータを別ファイル化しておりましたのでファイル読み込み時には、この代表ファイルだけではなく全てのファイルが必要です。
お手数ですが、DOS保存ファイルをディレクトリごとコピーしておき、同じフォルダ内に格納して読込み時に、この代表ファイルを選択して読み込んで下さい。
 
Q5−3. 製品利用時に「API32の読み込みに失敗いたしました」のメッセージが出たが?
A5−3. このエラーはOS側が出しているリソース不足に起因するものです。
残念ながらご利用環境で他のアプリケーションが起動しているか常駐プログラムによりリソースが減少したために生じています。
製品によっては一度このメッセージが出ると連続してモジュール違反を起し、回避できなくなる場合もあります。回避が可能な場合には、一度プログラムを終了させ、他のアプリケーションを終了し、再度プログラムを起動して下さい。
回避が出来なくなった場合には、「CTRL」+「Alt」+「DEL」等のキー操作などで製品を強制終了させるなどしていただく必要があります。またこの際のデータは保存されていない場合には残念ながら復旧することは出来ません。

利用されるOSがwinNTであれば、使用できるシステムリソースが無制限なので(厳密には実装メモリやページファイルなどで制限を受けますが)この様な現象は生じませんが、対策としては まず他のアプリケーションは全て終了していただき製品プログラムのみを起動させ利用下さい。

リソースについては、OSに付属のアクセサリのリソースメーターをご利用頂くと現状での消費量などを確認いただくことが可能です。
 
Q5−4. 設計プログラムから「CAD連動」ボタンの関連付けを設定する際の留意点は?
A5−4. 現在設計プログラムと連動が可能な配筋図プログラムの起動EXEは以下になっております。
起動ファイル 製品名称 対応設計プログラム
UC3 ABTI.exe 橋台配筋図 逆T式橋台の自動設計計算、重力式橋台
UC3 WAL.exe 擁壁配筋図 擁壁の設計計算
UC3 BOXI.exe BOX配筋図 BOXカルバートの設計計算

UC−Draw上で配筋図をインストールされるとDraw格納フォルダ内にこれら製品は格納されます。製品毎の連動制限は、製品helpをご確認下さい。
※設計計算を終了する事が出来るデータにおいて配筋図連動が可能です。

<擁壁>
計算が完了すれば 結果確認→UCCAD連動 を選択することが可能になります。
このとき初めて、「UC−CAD擁壁配筋図起動」ボタンを押すと、ファイルの登録画面が開き
配筋図プログラムとの連動を設定していただくことになります。

<逆T式橋台の自動設計計算、重力式橋台>
計算が完了すれば 結果確認→UCCAD連動 を選択することが可能になります。
このとき初めて「UC−CAD橋台配筋図起動」ボタンを押すとファイルの登録画面が開き配筋図プログラムとの連動を設定して頂くことになります。

<BOX>
計算が完了すれば、結果確認→UCCAD連動を選択することが可能になります。
このとき初めて「配筋図起動」ボタンを押すとファイルの登録画面が開き、配筋図プログラムとの連動を設定して頂くことになります。

この時、各プログラムに応じたEXEファイルを設定下さい(上述のEXE)。
誤って他のファイルなどを設定してしまった際は、残念ながら現版では設計プログラムをアプリケーションの追加と削除により削除し再インストールいただく必要があります。
再インストール後、同じ作業を行っていただき連動ボタンに関連付けの作業を御願いいたします。

なお、このボタンの関連付けはあくまで起動を関連付けただけですので、設計されたデータが読み込まれるわけでは在りません。
設計プログラム側の「データ生成」ボタンにより連同用データを生成してください。
配筋図起動後 ファイル→開く→ファイルの種類▼ においてUC−1連動用作図基本データファイルを選択し以後の作業を行ってください。
 
Q5−5. 製品を更新したところ、旧バージョンデータの読み込みを行なうと”予期しないエラー”となり読み込めない。また新規保存データも再利用が出来ないが?
A5−5. 製品バージョン更新の際に失敗されている可能性が高いと思われます。
お手数ですが、製品を一度Windowsの「アプリケーションの追加と削除」にて削除していただき、再度更新頂けないでしょうか。
この際、エラーが出て削除が出来ない場合には、製品フォルダごと削除(データが製品フォルダ内に有る場合には、必ず移動若しくはコピーしてから作業して下さい)していただいた後、再度インストールして下さい。

それでも改善されない場合には、インストールフォルダ名称が原因の場合があります。
製品可能フォルダ名称を「C:\Shindo」などの単純な名称のフォルダにして、再度インストールして戴けますでしょうか。
6.その他  

Q6−1.

ウィルスチェックプログラムでスキャンを行ったところ、フォーラムエイト製品において感染している旨のメッセージが出たがどうすればいいのか?
A6−1. 感染されたと表示されているファイルが「NewPrnStrMake.dll」であれば、以下をご確認下さい。弊社でも現象を確認し原因を確認しております。
実際にはウイルスに感染していないファイルの為、ウイルスは発見されませんでした。安心してご使用下さい。
この誤警告はファイル内に偶然ウイルスパターンと同じコードが存在するために起こるものです。この種の誤警告は最も一般的なウイルス検索手法である「パターンマッチング」方式において、しばしば発生する現象です。
「パターンマッチング」方式とはコンピューターウイルスの持つ特徴的なコードをウイルス識別パターン(=ウイルスパターン)として登録し、検査ファイル内に同じコードが存在するかどうかを比較調査してウイルス感染を識別するものです。
従ってこの誤警告を回避するにはパターンファイル自体を変更する必要があります。

又本件に該当しない際にはお手数ですが、発生したファイル及びプロダクト名称、ウイルスチェックソフトなど詳細な情報をお教え下さい。
 
Q6−2. 調表出力ライブラリーをダウンロードしてインストールしたがhelpしか存在しないのはなぜか?
A6−2. 本プログラムは単体として機能するプログラムではなく、調表出力対応版の各プログラムの追加機能として起動します。
その為インストール頂いただけでは、直接プログラムを起動することは出来ません。
まず、この調表出力ライブラリーを先にインストールいただき、対応版のプログラムを続けてインストール下さい。
又この際の注意点として、必ず旧版のプログラムはアンインストール下さい。
先に対応版のプログラムをインストールされた後、調表プログラムをインストールされてもこの機能は有効に働きません。
必ず調表出力ライブラリーを先にインストールいただく必要がありますのでご注意下さい。
各対応版のインスト−ル後起動いただき、プログラムのメニューからファイル→設計調書(の出力)を選択すれば調表ライブラリが起動するのを確認いただけます。
UC-win/RCでは FILE→Design Sheet....で起動します。各プログラム毎に使用時の制限がありますが、是は各々のプログラムの機能としてご利用下さい。

またダウンロードサイトに各プログラムでの使用の方法も記載していますので確認いただき使用下さい。本プログラムは、全ての計算が終わっていることが重要ですのでまず計算を行ってからご使用下さい。  
 
Q6−3. 調表出力をした際、テンプレートに表示出力されない項目があるが?
A6−3. 調表出力ライブラリーでは準備しているテンプレートは、弊社で入手した設計調表の雛形を基本としています。
この雛形に準じた書式としていますので、プログラム製品によっては機能上出力していない項目も含まれます。
例えば、逆T式橋台の自動設計計算の調表出力では、「配筋図」が記載される項目がありますが、プログラム側では直接配筋図を作成する機能はないためこの図の部分は空白としています
同様に他のプログラムのテンプレートでも機能上サポートしていない項目があります。

現在調表出力ライブラリーの機能としてhtml形式ファイルへ保存が可能ですのでご所有のアプリケーションにてこの保存ファイルに図などを挿入されたりする事でご利用戴くなど御願いいたします。
 
Q6−4. 「ウイルスが検知されたら自動で削除する」として製品のインストールを行なうと、ウイルス検索時に該当し有るファイルが駆除されてインストールされたが、これは問題がないのか?
A6−4. ウイルスバスターの設定において、ウイルスを発見すれば自動で駆除すると設定されているため、該当ファイルが削除されています。
弊社ソフトでは、厳重な管理の元製品をご提供しており、Q6−1にも示しておりますようにウイルス駆除ソフト側のパターンファイルの情報により誤認されることがあります。

ウイルスバスターを起動し、help→バージョン情報をご確認下さい。
そのパターンファイルや、検索エンジンが更新されておれば、9/08現在ウイルスバスター98を例にさせていただくと、
検索エンジン 5.170−0617
リアルタイムエンジン 2.30.154.0
パターン番号 769
となっています。

ウイルスバスターの設定では、自動更新の設定をされていない場合には、そのパターンファイルが更新されず、常に同じファイルで検索する事となってしまい、有効なウイルス検索とはいえません。
自動更新の機能を設定し、常にアクティブなパターンファイルを使用するようお奨めします。

このパターンファイルが更新されていないため、ご指摘の現象が生じていると存じます。
製品に必要な制御ファイルは全て必要ですので、まずはウイルスバスターの情報を確認し更新していただきますように御願いいたします。
また駆除されてしまったファイルがない場合は、製品は正常に動作しません。
回避方法もありませんのでお手数とは思いますが、一度アンインストール後に再インストールして下さい。
 
Q6−5. 計算書をhtml形式でファイル保存する方法が良くわからないが?
A6−5. 現在製品によりファイル管理方法が異なるため、製品別の操作方法を以下に記載しておりますので、下記の方法をご確認下さい。

<仮設構台、土留め、土留め弾塑、二重締め、深礎フレーム、橋脚、液状化、直接基礎、杭保耐、震度算出、RC橋脚保耐>

・ファイル→印刷プレビュー画面で
@「FDの絵」ボタン(ファイル設定ボタン)を押す。
A「設定」ボタンを押し保存先、ファイル名称をまず決定しておく。
B形式を、●HTML(若しくはプレーンテキスト)とし、「確定」とする。この際図の出力形式も選択しておく。
Cプレビュー画面に戻って印刷ボタンを押す。
D印刷ウインドウ上で「□ファイルへ出力」にチェックし「OK」を押す。
Eファイル名確認画面になるので「確定」を押していただく。
以上の作業にて*.html(*.TXT)として保存されます。

・ファイル→印刷項目設定→「ファイル設定」ボタンにより、ABの作業後「プレビューボタン」を押しC以降の作業が可能です。

<擁壁、斜面、圧密、逆T式、重力式橋台、杭基礎、ケーソン基礎、鋼管矢板基礎、ボックスカルバート>

・ファイル→印刷プレビュー画面から
@計算を終了させる。
Aファイル→印刷プレビュー
B「印刷▼」ボタンの▼をクリックしていただく。
C保存を選択し 「保存▼」表示になったところで「保存」ボタンを押す。
D名前を付けて保存 ウインドウに移動するので 任意フォルダへ保存名称を与えて保存していただく。この時、画像形式を必要な形式をご選択下さい。
以上の作業でtml形式ファイルとして保存されます

・ファイル→印刷項目設定 画面から、各項目を選択後→選択項目ウインドウ上の「印刷実行▼」の▼をクリックしていただく。
以後はC以降と同じ手順となります。 

<任意形格子桁>
計算後→結果確認にて行うファイル保存

@「出力」ボタン→印刷ウインドウ上で□ファイルへ出力 にチェックし「OK」を押していただく。
A名前を付けて保存 ダイアログに移動するので、任意フォルダへ保存名称を与えて保存して下さい。
B以上の作業でhtml形式ファイルとして保存されます。

・出力→入力データ、結果データの出力設定による保存していただき、
@出力先をファイルとする。
A「出力実行」ボタン→印刷ウインドウ上で□ファイルへ出力 にチェックし「OK」を押していただく。
Bそれぞれのファイルとして拡張子を与えて保存されます。製品helpの「出力ファイル内容」をご確認下さい。

<RC断面計算>
・ファイル→印刷項目設定 画面からテキスト出力の場合、
@出力先をファイルとする。
A必要項目を選択する。
B「出力」ボタン→印刷ウインドウ上で□ファイルへ出力 にチェックし「OK」を押していただく。
Bファイル名を入力する。
※このとき拡張子を与えないと拡張子のないファイルとして保存される為、ファイルを開く
際には、アプリケーションによって「全てのファイル表示*.*」としてファイルを読み込んで下さい。

・ファイル→印刷項目設定 画面から新版出力(許容、限界)出力の場合
@「プレビュー」ボタンを押す。
B「印刷▼」ボタンの▼をクリックしていただく
C保存を選択し 「保存▼」表示になったところで「保存」ボタンを押す。
D名前を付けて保存 ウインドウに移動するので 任意フォルダへ保存名称を与えて保存していただく。
この時、画像形式について必要な形式を選択して下さい。
以上の作業により、tml形式ファイルとして保存することが可能です。

<鋼断面>
・ファイル→印刷項目指定 画面からプレビュー形式出力の場合、
@必要項目を選択し「プレビュー」ボタンを押す。
B「印刷▼」ボタンの▼をクリックしていただく。
C保存を選択し 「保存▼」表示になったところで「保存」ボタンを押す。
D名前を付けて保存 ダイアログに移動するので、任意フォルダへ保存名称を与えて保存していただく。
この時、画像形式を必要な形式を選択して下さい。
以上の作業により、tml形式ファイルとして保存できます。
 
テキスト形式出力画面上ではhtml形式ファイルの保存機能はありませんが
出力デバイスを●ファイルとして確定 とすると出力場所を製品格納フォルダの下に
作成のTEMPフォルダ上にTXT形式でデータを保存することが可能です。

<UC−BRIDGE>
・ファイル→印刷プレビュー→設計総括表 画面から、
@「印刷▼」ボタンの▼をクリックしていただく。
A保存を選択し 「保存▼」表示になったところで「保存」ボタンを押していただく。
B名前を付けて保存 ダイアログに移動するので、任意フォルダへ保存名称を与えて保存していただく。
この時、画像形式について必要な形式を選択して下さい。
以上の作業により、tml形式ファイルとして保存できます。
 
Q6−6. 杭基礎プログラムとの連動時に、「RPCサーバーは使えません。」とのメッセージが出て、連動が上手くいかなくなったが?
A6−6. 何らかの理由により、製品連動を制御しているCOMSERVERが上手く動作が出来なくなったことで、ご指摘のエラーメッセージとなっております。
恐れ入りますが、一度マシンを終了していただき、再起動後ご確認いただけないでしょうか。
再起動によっても改善されない場合には、設計されている該当製品データをサポート窓口宛へお送りいただくか、製品を全て新版へ更新いただき、再度ご設計頂きますよう御願いいたします。
ホームページのビュワー版サイトにて、各製品最新版がダウンロードいただけるようになっております。
お手数ですが、こちらよりダウンロードしていただくか、あるいは便利な「NetUPDATE」をご使用頂き、最新版へ更新してご利用下さい。
このとき、アプリケーションの追加と削除にてUC-1COMSERVERを削除した後、更新した橋台等連動時の主製品を起動して下さい。
初回起動時に、COMSERVERのインストールガイドが起動しますので、此方に従いインストールいただくことで製品の更新が終了します。
  
Q6−7. 設計調書ボタンが選択できないが?
A6−7. 本機能は、製品とは別にご用意させていただいております「調表出力ライブラリー」をインストールして戴くことにより、有効となります。
ご所有の「統合CD-ROM2001年No.1」以降、もしくは弊社ホームページよりダウンロードしていただき、こちらをインストールして下さい。
  
Q6−8. 統合製品で印刷ウインドウの表示がおかしくなった。
A6−8. 統合製品(擁壁の設計、BOXカルバートの設計、橋台の設計)製品では、計算書作成モードを 選択されると、印刷項目の設定ウインドウとして『出力項目ウインドウ』が開きます。
このウインドウを、ディスプレイ上で移動させているとメイン画面上に組み込まれる場合があります。
(出力項目ウインドウ上のウインドウ名の部分ででダブルクリックしても同じ状況になります)
この際、位置によっては画面上のメインの描画領域上を占めてしまい他の画面表示がわかりにくい場合がございます。
その際には以下のように、境界部を選択しマウスの左ボタンをダブルクリックしていただくことでウインドウを分離する事が可能です。

  
Q6−9. 「耐震設計ソフトウェアに関する研究委員会」とは?
A6−9. (財)土木研究センターが川島和彦東京工業大学工学部教授を座長として「耐震設計ソフトウェアに関する研究委員会」を設置されソフトウエア技術について検討されている委員会です。その成果としては「耐震設計ソフトウェアに関する研究委員会報告書」として

(財)土木研究センター 技術研究所 TEL0298-64-2521 FAX0298-64-2515

にて有償にてご提供されています。

戻る
UC-1 INDEX


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
三菱地所パークス株式会社
[ お知らせ ]
Up&Coming129号デジタルブック版公開中






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
擁壁の設計・3D配筋 Ver.20
斜面の安定計算 Ver.13
圧密沈下の計算 Ver.11
任意形格子桁の計算(部分係数法・H29道示対応) Ver.3
地盤改良の設計計算 Ver.7

キャンペーン実施中
【テレワーク支援 第2弾】クラウド製品ディスカウント
トレードアップ
同時購入
新製品 UC-1 Cloud 自動設計シリーズ 擁壁リリース
スイートデータ消去
SNS いいね!
地方創生・国土強靭化FORUM8セミナーフェア開催

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
4/3  線形最適化OHPASS体験
4/7  UC-win/Road SDK/
  VR-Cloud(R) SDK
4/9  レジリエンスデザイン・
  CIM系解析支援体験
4/10  土留め工の設計・3DCAD

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CAD/CIM、建設会計
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・3D配筋CAD
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・クラウドデータバックアップサービス
・ファイル共有サービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション