Civil Engineer's Forum-FORUM8
このページをスタートページに設定する スマートフォンサイト QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 Powered by Yahoo! JAPAN

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

Home Back
紹介プログラム
   ASteelPlate
¥1,500,000(税別)
アカデミー価格
特別価格
保守・サポート契約
ライセンスパック
FPBポイント・バンク
Windows Vista/7/8 対応
鋼鈑桁橋(道路橋)の自動設計ソリューション
初版リリース : '07.11.21

計算-CAD統合

Products Guide
製品カタログ(PDF)
Order
製品購入
製品詳細価格/購入サンプル画面ユーザ紹介/評価・Q&A

  Q&A (製品評価や導入の際に役立つQ&Aです)
ライン

 1.適用範囲

Q1−1. y-mater(YTI)の数量計算出力形式に対応しているか?
A1−1. y-MaterTypeを選択することで計算書の出力が可能となっています。
 画像をクリックすると大きな画像が表示されます。  画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
 
Q1−2. 枝桁や分岐桁へは対応しているか?
A1−2. 現バージョンでは、枝桁および分岐桁には対応しておりません。なお今後の開発計画において、他社製線形プログラムの計算結果との連携を計画しており、この際に枝桁や分岐桁の対応も予定しております。ただし対応時期につきましては、現時点では正確に申し上げることができません。何卒ご了承願います。
 
Q1−3. 鋼床版桁への対応しているか?
A1−3. 現在の所、「ASteelDECK」という製品があります。将来、鈑桁と箱桁が順調に行けば、シリーズ製品として実現したいと考えております。
 
Q1−4. 現場継手位置を変更することは可能か?
A1−4. 継手位置を1パネルずつ簡単に動かすことが可能です。
 
Q1−5. 連続合成桁は設計可能か?
A1−5. 設計可能です。
 画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
 
Q1−6. 主桁、横桁等の各パーツの設計だけを行うことは可能か?
A1−6. Excel形式で出力される報告書は、各セルに計算式が入っています。これを利用することで設計可能です。
 画像をクリックすると大きな画像が表示されます。  画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
 
Q1−7. 疲労設計は可能か?
A1−7. 設計可能です。簡便法による照査と累積損傷度による照査のどちらにも対応しています。
 画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
 
Q1−8. 各部材(フランジ,ウェブなど)を別々の材質に設定可能か?
A1−8. 設定可能です。
 
Q1−9. 道示II鋼橋編に対応した、単独の「鋼断面の計算」を行うことは可能か?
A1−9. 可能です。Excelファイルに計算結果を出力します。
画像をクリックすると大きな画像が表示されます。 画像をクリックすると大きな画像が表示されます。 画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
 
Q1−10. 垂直補剛材間隔を添接位置のみ広げることは可能か?
A1−10. 数値入力で間隔を設定するため可能です。

Page Top PageTop
 2.荷重

Q2−1. TL-14や群集荷重などの活荷重では設計できるか?
A2−1. ASteelPlateの活荷重データの自動作成は、申し訳ありませんがA活荷重およびB活荷重にのみ対応しております。TL-14などの従来の活荷重につきましては、以下手順にて作成いただきますようお願いいたします。
  1. 「ASteelPlate」にて、とりあえずA活荷重またはB活荷重を選択して「任意形格子桁の計算 Ver.6」用のファイル(UCGファイル)を作成してください。
  2. 「任意形格子桁の計算」またはテキストエディタにて、作成したUCGファイルの活荷重を編集してください。
  3. 「任意形格子桁の計算」にて作成したUCGファイルを開き、解析を実行してください。
  4. 「ASteelPlate」にて該当ファイルを開き、解析結果ファイルを読み込んでください。
 
Q2−2. 曲線橋の付加曲げに対応しているか?
A2−2. 対応しています。

Page Top PageTop
 3.その他

Q3−1. ASteelPlateを使用するとどのようなメリットがあるか?
A3−1. 一番のメリットは、一貫した自動設計が可能であることです。
線形計算は別プログラムとなりますが、以降(設計,製図,数量計算)はASteelPlateのみで作業を行いますので、作業効率の向上が図れます。
なお断面力算出には、弊社製品「任意形格子桁の計算 Ver.5」を用いますが、骨組みや断面剛性,荷重などの解析用データをASteelPlateが自動的に作成して解析を行いますので、データ作成の手間も大幅に削減することが可能です。
また床版はRC床版のほか、PC床版を選択することも可能です。RC床版、PC床版それぞれの設計を行うことができ、PC床版ではPC鋼材配置図を作成します。
設計計算書および数量計算書はExcel形式のファイルを作成し、設計計算書の各セルには計算式が設定されておりますので、このファイルを単独で利用することも可能です。
最後になりますが、プログラムの年間維持費の低さも大きな特徴になるかと思われます。

Page Top PageTop

FORUM8


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
株式会社センスタイムジャパン
[ お知らせ ]
都市と建築のブログ
連載50回記念







>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
柔構造樋門の設計・3D配筋 Ver.14
マンホールの設計・3D配筋 Ver.8
開水路の設計・3D配筋 Ver.6
UC-1 Cloud 自動設計 BOXカルバート Ver.2
建築杭基礎の設計計算 Ver.6

キャンペーン実施中
パックン出演!CM放送スタート記念スイートシリーズ半額
新製品バンドル
ジュニアセミナー

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
7/14  スイート千鳥エンジン体験
7/16  CIM入門
7/17  UC-win/Road・VR
7/21  ブロックUIプログラミングツ
  ールを活用したShade3D
  プログラミング

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CAD/CIM、建設会計
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・3D配筋CAD
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・クラウドデータバックアップサービス
・ファイル共有サービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション