Civil Engineer's Forum-FORUM8
このページをスタートページに設定する QR

Facebook - FORUM8

Twitter - FORUM8

YouTube - FORUM8

 サイトマップ | ご利用条件 | お問い合わせ | FAQ | F8ツールバー 英語翻訳サイト | Japanese | English | Korean | CHS/CHT | Vietnam | Francais | Europe

Ver. 日付 内  容
1.00.00 '13.05.13 新規リリース。
1.00.01 '13.06.17 ■主な改訂内容
  1. Suite対応致しました。

■主な修正内容
  1. サンプルデータに基準値ファイル(Kijun1.kzi、Kijun2.kzi)を追加しました。
  2. 「名前を付けて保存」を行うと、一覧入力、結果確認および出力が不可となる不具合を対策しました。
  3. 断面形状が小判形、円形、二軸断面および登録断面の時にせん断スパン割増係数Cptを正しく算出できない不具合を対策しました。

■ヘルプの修正
  • ヘルプ−概要−バージョン情報及び改良点−V1.0.Xの履歴
1.00.02 '13.08.06 ■主な改訂内容
  1. テキスト出力の「許容応力度法M-φ関係」に軸方向鉄筋の本数nsおよび横拘束筋の直径φを追加しました。

■主な修正内容
  1. テキスト出力時に中立軸が枠からはみ出して表示される不具合を対策しました。
  2. 限界状態設計法で鉄道基準を選択したとき、「曲げ耐力Mu(N一定)の参考出力」スイッチが表示される不具合を対策しました。
  3. 主鉄筋配置がタイプUのとき、面外方向の塑性ヒンジ長Lp計算時に使用する軸方向鉄筋の直径が0となる不具合を対策しました。
  4. テキスト出力の「許容応力度法M-φ関係」において、軸方向鉄筋の降伏点σsyが横拘束筋の降伏点σsyと表示される不具合を対策しました。
  5. τaの準拠基準を変更すると、せん断スパン低減係数Cdsにせん断スパン割増係数Cdcの値が設定される不具合を対策しました。

■ヘルプの修正
  • ヘルプ−概要−バージョン情報及び改良点−V1.0.Xの履歴
2.00.00 '14.01.14 ■主な改訂内容
  1. 入力した計算ケースを並び替える機能に対応しました。
  2. コンクリート標準示方書(2002)による斜引張鉄筋量の算出に対応しました。
  3. 1つの計算ケースに複数の断面力を入力できるように対応しました。
  4. 全周鉄筋(4面)による最小鉄筋量の算出に以下の形状が対応しました。
    I桁、T桁、WT桁、箱桁、円孔ホロー桁、BLOCK入力
  5. 「サンプルデータフォルダを開く」を追加しました。
  6. 「製品サポートQ&Aページ」を追加しました。
  7. ライセンス情報の登録画面を更新しました。
    ヘルプメニュー「バージョン情報」に「ライセンス情報」タブが追加されました。認証モード(通常、Web認証)の切り替えやプロテクトキーの選択ができます。
    ※更新に伴い、ヘルプメニュー「通常/Web認証切り替え」は削除されました。
  8. 主鉄筋の入力不要項目をバー表記しました。
  9. 応力度計算が未実行でも必要鉄筋量の確認画面を表示しました。
  10. 必要鉄筋量の確認画面を表示している状態でも主鉄筋を編集可能に変更しました。

■ヘルプの修正
  • 最小鉄筋量のサポート形状にI桁、T桁、WT桁、箱桁、円孔ホロー桁、BLOCK入力が対応したことを追加。
  • 許容せん断応力度、せん断補強鉄筋量に標準示方書(2002)による計算方法を追加。
2.00.01 '14.03.06 ■主な修正内容
  1. 旧版のデータ読み込み時に発生する、テキスト出力表示不具合を修正しました。
  2. 主鉄筋データの複写・貼り付けを行うとエラーが発生する不具合を対策しました。
  3. Ver.2.0.0で作成されたファイルを読み込んだ際に、PPF出力でエラーが発生する不具合を対策しました。
  4. 限界モーメント計算において圧縮限界最大・最小軸力の範囲外に作用軸力が存在する場合、限界モーメントに最大・最小軸力の値が表示される不具合を対策しました。圧縮および引張限界が共に軸力範囲外の時は、計算エラーメッセージを表示します。
  5. データの並び替えを行っても「許容応力度法」および「限界状態設計法」の入力画面にある表項目の値が移動されていない不具合を対策しました。

■ヘルプの修正
  • ヘルプ−概要−バージョン情報及び改良点−V6.0.Xの履歴
2.00.02 '14.05.13 ■主な修正内容
  1. テキストおよびPPF出力の設定データが保存されない不具合を対策しました。
  2. Ver.6以降でせん断照査の準拠基準を「土工指針」もしくは「標準示方書(2002)」とした場合、「せん断スパン割増係数Cdc(τaの補正係数)」による許容せん断応力度τaの割増が考慮されていない不具合を対策しました。
  3. )断面力ケースを複数設定した場合、結果確認画面およびPPF出力に表示される断面力図の中立軸位置が常に最終ケースのものとなっていた不具合を対策しました。
  4. 各プロジェクトにおける計算ケース数(断面ケース数×断面力ケース数)が100以上作成できない問題を対策しました。

■ヘルプの修正
  • ヘルプ−概要−バージョン情報及び改良点−V1.0.Xの履歴
2.00.03 '14.05.23 ■主な改訂内容
  1. 「せん断耐力算出時のβn算出方法」が選択不可の場合、計算時に使用される『Md=Mud/2』を選択するようになりました。

■主な修正内容
  1. 入力設定によって許容応力度法のPPF出力における断面力図が正しく表示できないことが生じる不具合を対策しました。
  2. 許容応力度法のPPF出力において出力書式を「応力度(新書式)」とした場合、エラーが生じる不具合を対策しました。

■ヘルプの修正
  • ヘルプ−概要−バージョン情報及び改良点−V6.0.Xの履歴
2.01.00 '14.07.28 ■主な改訂内容
  1. 荷重ケース毎に許容値の割り増しを考慮できるようになりました。
  2. テキスト出力におけるコンクリート設計基準強度の小数点以下を丸めずに入力値のまま表示するようになりました。
  3. PPF出力における鉄筋表の仕様を変更しました。
    • 詳細設定画面の鉄筋出力段数が実配筋段数より小さい場合、メッセージが表示されます。
    • 「PPF出力タイプ1」では鉄筋出力段数に関係なく、入力された全ての段数が表示されます。
    • 「応力度(新書式)」での合計Asには入力された全鉄筋量の合計値が表示されます。

■主な修正内容
  1. 登録断面データの保存、読み込みが正常に行われない不具合を対策しました。
  2. 限界状態設計法におけるスターラップ鉄筋量Awの自動計算が丸鋼の場合にも異形鉄筋として扱われる不具合を対策しました。

■ヘルプの修正
  • ヘルプ−概要―バージョン情報及び改良点−Ver2.1.Xの履歴
  • ヘルプ−概要―計算理論及び照査方法−入力データ−許容応力度の割増設定
2.01.01 '14.08.20 ■主な改訂内容
  1. 「許容応力度法」−「せん断関係」画面に引張主鉄筋比pt算出時の引張領域を判定するスイッチを追加しました。
    コンクリート断面図心と中立軸のうち選択した位置から引張側の範囲が引張領域となります。

■主な修正内容
  1. 限界状態設計では考慮されない鋼板および炭素繊維シートが計算結果に影響を与えている不具合を修正しました。
  2. テキスト出力で横ケース数を複数にした場合、中立軸位置が枠線をはみ出して出力される不具合を修正しました。

■ヘルプの修正
  • ヘルプ−概要―バージョン情報及び改良点−Ver2.1.Xの履歴
2.01.02 '14.11.12 ■主な改訂内容
  1. PPF出力(許容)において不要な罫線および空行を削除しました。
  2. H24道示に対応していない鉄筋材質(SR235,SD295A,SD295B)を使用した場合に表示される警告メッセージを非表示とさせるスイッチを追加しました。
    「オプション」−「表示項目の設定」−「動作モード」−「制御関係」−「旧道示鉄筋材質使用時の警告メッセージ表示」
  3. テキスト出力「限界状態設計法−終局限界状態の検討−曲げ・軸方向耐力−復旧性の検討」に降伏時および耐力時の中立軸位置を追加しました。

■主な修正内容
  1. テキスト出力において100ケース以上を一度に出力させるとエラーが発生する不具合を修正しました。
  2. 曲げ終局限界の安全性照査で軸耐力(γi・Nᥤ/N᥵d)により照査された場合にも曲げ耐力(γi・Md/Mud)で表示される不具合を修正しました。
  3. Ver.5用入力ファイル(*.rc5)として保存した場合、そのデータが正しく読み込めない不具合を修正しました。

■ヘルプの修正
  • ヘルプ−概要−バージョン情報及び改良点−Ver2.1.Xの履歴
  • ヘルプ−操作方法−表示項目の設定−表示項目の設定(動作モード)−制御関係
3.00.00 '15.06.17 ■主な改訂内容
  1. PPF出力(許容)において不要な罫線および空行を削除しました。
    限界状態設計法に「土木学会コンクリート標準示方書(2012年制定)」を対応しました。ただし、適用部分は下記に示す範囲となります。
    ・耐久性に関する照査−鋼材腐食に対する照査−曲げひび割れ・せん断ひび割れ・ねじりひび割れ
    ・安全性に関する照査−断面破壊に対する照査−曲げ軸力・せん断・ねじり
    ・安全性に関する照査−疲労破壊に対する照査−曲げ・せん断
    ・使用性に関する照査−ひび割れによる外観に対する照査−曲げひび割れ・せん断ひび割れ・ねじりひび割れ
  2. 下記準拠基準において限界状態設計法せん断耐力の算出に用いるβnを安全側に近似して算出できるように対応しました。
    ・鉄道構造物等設計標準・同解説(平成16年)
    ・土木学会コンクリート標準示方書(2007年)
  3. コンクリート標準示方書によるせん断応力度に、軸力を考慮した「j」による算出を対応しました。
    ・「許容応力度法」−「せん断関係」画面の「τmax算出方法」に『τ=S/bjd(軸力考慮)』を追加しました。
    ※旧バージョンと同じ計算結果とするには、「τmax算出方法」を『τ=S/bjd(軸力無視)』に選択して下さい。
    ※「せん断応力度の準拠基準」が『標準示方書(2002)』の場合にも、スイッチが有効となります。それに伴い、旧バージョンではτaとして出力していたせん断応力度をτmaxとして出力するように変更しました。
  4. コンクリート標準示方書による付着応力度出に、軸力を考慮した「j」による算出を対応しました。
    ・「許容応力度法」−「せん断関係」画面の「付着応力度の計算方法」に『τo=Sh/Ujd(軸力考慮)』を追加しました。
    ※旧バージョンと同じ計算結果とするには、「付着応力度の計算方法」を『τo=Sh/Ujd(軸力無視)』に選択して下さい。

■主な修正内容
  1. 限界状態設計法で準拠基準を「土木学会コンクリート標準示方書(2007年)」とした場合、曲げによる疲労破壊の照査で、コンクリート疲労強度に材料係数が二重で考慮されている不具合を修正しました。
  2. 鉄筋の配置タイプをUとした場合、付着応力度が算出されない不具合を修正しました。
  3. 格点数が多い任意二軸モデルの場合、出力タイプをPPF出力形式としたテキスト出力を行うと、照査結果中の寸法表が枠内に入りきらない不具合を修正しました。
  4. 計算方法に限界状態設計法が含まれたデータを登録断面として保存すると、データを読み込み時にI桁変換されてしまう不具合を修正しました。

■ヘルプの修正
  • ヘルプ−概要−バージョン情報及び改良点−Ver3.0.Xの履歴
  • ヘルプ−計算理論及び照査方法−入力データ−限界状態設計法(コンクリート示方書)[2012年制定]のデータ
  • ヘルプ−計算理論及び照査方法−限界状態設計法(コンクリート示方書)[2012年制定]による照査
  • ヘルプ−計算理論及び照査方
3.00.01 '15.08.20 ■主な修正内容
  1. 限界照査結果画面の曲げ耐力の安全性照査結果が制限値を超えていても赤表示されていない不具合を修正しました。
  2. PPF出力許容の応力度(新書式)において、列数が4列以上で鉄筋表を表示させた場合、エラーが発生する不具合を修正しました。

■ヘルプの修正
  • ヘルプ−概要−バージョン情報及び改良点−Ver3.0.Xの履歴
3.01.00 '15.09.16 ■主な改定内容
  1. M-φ関係の応力ひずみ曲線を道示Xとした場合にも、横拘束筋データをPPF出力に表示するように対応しました。
  2. 断面力ケースに名称を付けられるように対応しました。
  3. 炭素繊維シートを考慮した場合でも、降伏ひずみ位置を指定した降伏モーメントの算出に対応しました。

■主な修正内容
  1. 主鉄筋の配置方法をType2とした場合、鋼板および炭素繊維シートの枚数を1枚とすると、断面図に描画されない不具合を修正しました。
  2. 計算設定でねじりに関する照査のチェックを全て外しても、計算時に「ねじり補強鉄筋データを入力して下さい」とメッセージが表示される不具合を修正しました。
  3. 計算方法を許容応力度法のみとしたデータを旧バージョンのファイルとして保存しようとすると、限界状態設計法で保存できない準拠基準が使用されているとメッセージが表示され、保存が行えなくなる不具合を修正しました。

■ヘルプの修正
  • ヘルプ−概要−バージョン情報及び改良点−Ver3.1.Xの履歴
3.01.01 '15.10.07 ■主な修正内容
  1. 許容応力度法の照査結果をテキスト出力するとエラーが発生する不具合を修正しました。

■ヘルプの修正
  • ヘルプ−概要−バージョン情報及び改良点−Ver3.1.Xの履歴
3.01.02 '15.11.06 ■主な改定内容
  1. テキストおよびPPFの「印刷項目設定」で表示されるフォーム画面のサイズを変更可能とし、出力ケース名称の表示幅を調整する機能を改善しました。

■主な修正内容
  1. 断面力ケースを複数作成した場合、PPF出力の断面力ケース名称が常に1つ目を参照している不具合を修正しました。
  2. 主鉄筋の配置タイプを「1:段配置」とした場合、鉄筋本数が1本の状態で分布角を与える(≠0)と、正しい換算断面諸量が算出されない不具合を修正しました。
    ※配置タイプの選択は、配置方法を「Type2」とした場合のみ表示されます。
  3. 主鉄筋の入力画面で「As自動計算」のチェックを外した場合、鋼材種類や配置タイプを変更してもセルが更新されず、数値が入力できない不具合を修正しました。

■ヘルプの修正
  • ヘルプ−概要−バージョン情報及び改良点−Ver3.1.Xの履歴
  • ヘルプ−計算理論及び照査方法−入力データ−許容応力度法のM−φ関係データ
3.01.03 '15.12.25 ■主な修正内容
  1. PPF出力において複数列表示をさせた場合、断面力ケース名称が常に1ケース目を表示している不具合を修正しました。
  2. UC-BRIDGEVer8以降で作成された登録断面データが読み込めない不具合を修正しました。
  3. 「登録断面」画面において、使用する断面形状を選択して確認ボタンを押すとエラーが発生する不具合を修正しました。

■ヘルプの修正
  • ヘルプ−概要−バージョン情報及び改良点−Ver3.1.Xの履歴
3.01.04 '16.02.15 ■主な修正内容
  1. 許容応力度法の断面力入力テーブルにおいて、セルの移動方向を下側にセットした状態でケース変更すると、移動方向が下側にセットされている状態でも右側に移動してしまう不具合を修正しました。
  2. PPF出力限界において、耐久性に関する断面力の入力値が表示されない不具合を修正しました。

■ヘルプの修正
  • ヘルプ−概要−バージョン情報及び改良点−Ver3.1.Xの履歴
3.02.00 '16.06.16 ■主な改定内容
  1. サブスクリプションに対応しました。
  2. 出力詳細設定画面に断面力ケース名称を出力する・しないのスイッチを追加しました。
  3. 各種名称(プロジェクト、出力タイトル、断面力ケース)にPPF出力予約語を用いても、入力した文字列をそのまま出力するように変更しました。

■主な修正内容
  1. 全体結果画面の曲げ応力度照査判定で許容値を満足しているのに赤色表示となる不具合を修正しました。
  2. 軸力を考慮したjによる最大せん断応力度を算出する場合、圧縮応力の作用位置によるケース分岐が正しく動作していない不具合を修正しました。

■ヘルプの修正
  • ヘルプ−概要−バージョン情報及び改良点−Ver3.2.Xの履歴
  • ヘルプ−概要−著作権−プログラム使用許諾
3.02.01 '16.07.29 ■主な修正内容
  1. 照査項目にチェックを入れても、結果確認画面の全体表示で「データはありません」と表示される不具合を修正しました。
  2. Ver.6用ファイル形式(*.rc6)への保存に失敗する不具合を修正しました。

■ヘルプの修正
  • ヘルプ−概要−バージョン情報及び改良点−Ver3.2.Xの履歴
4.00.00 '16.08.01 ■主な改定内容
  1. 断面力ケース毎に応力度の種類を指定した照査が可能となりました。
  2. 斜引張鉄筋に対し、鉄筋規格を指定することが可能となりました。
  3. 使用可能な鉄筋材質を2種類に拡張しました。
  4. 斜引張応力度の算出位置を以下の中から選択可能となりました。
    ・τmax発生位置:最大せん断応力度τmaxが生じる位置にて算出
    ・σI最大位置:斜引張応力度σIが最大となる位置にて算出
    ・図心及びウェブ幅:図心及びウェブ幅が最も薄くなる位置にて算出した中で最も厳しい値
  5. メイン画面及び結果画面における断面図の描画領域をユーザの指定した範囲で表示させることに対応しました。

■ヘルプの修正
  • ヘルプ−概要−バージョン情報及び改良点−Ver4.0.Xの履歴
  • ヘルプ−計算理論及び照査方法−計算式及び算出の考え方−斜引張応力度
4.00.01 '16.09.27 ■主な修正内容
  1. 「限界状態設計法」タブを選択した状態では、ツリー選択によるケース移動ができない不具合を修正しました。
  2. 描画設定において炭素繊維のパレット色を変更すると、鉄筋2のパレット色が変更されてしまう不具合を修正しました。
  3. 描画設定の初期化ボタンをクリックすると、断面図上の鉄筋が描画されなくなる不具合を修正しました。
  4. 許容応力度法−NM図の再計算を実行すると、エラーメッセージ「コンクリートまたは鉄筋のヤング係数が0.0になっています。」が必ず表示される不具合を修正しました。
  5. テキスト出力において列数を2以上とした場合、許容応力度法−照査結果を罫線位置がずれて表示される不具合を修正しました。
  6. 矩形二軸断面のテキスト出力において、照査結果の表が正しく出力されない不具合を修正しました。
  7. 照査結果(許容)において、単位系切替ボタンによる鉄筋応力度の変換が正常に動作しない不具合を修正しました。
  8. 鉄筋規格2に対してH14道路橋示方書以前に記載された鉄筋材質(SR235、SD295A、SD295B)を用いても、警告メッセージが表示されない不具合を修正しました。
  9. 材質あるいは径の異なる鋼材を断面の同じ高さに複数配置した場合、主鉄筋として先に入力された鋼材がM-φ算出時の最外縁鋼材として用いられる不具合を修正しました。
  10. 1つのプロジェクトに複数のケースが存在し、それぞれ異なるM-φの準拠基準が設定されていた場合、2ケース目以降のM-φ曲線が正しく描画されない不具合を修正しました。
  11. 「引張主鉄筋比ptの領域判定位置」スイッチで『中立軸位置』を選択しても、タブ移動や計算を行うとスイッチが『コンクリート断面図心』に変わる不具合を修正しました。
  12. 入力データの出力において、主鉄筋種類を「鉄筋2」とした際の表示が行われていない不具合を修正しました。

■ヘルプの修正
  • ヘルプ−概要−バージョン情報及び改良点−Ver4.0.Xの履歴
4.00.02 '16.12.27 ■主な修正内容
  1. プロジェクトとケースのツリービューでのクリック移動がスムーズに行えるようになりました。
  2. 限界状態において曲げ耐力計算を行っていなくても、出力時には常に曲げ耐力の結果を表示しておりましたが、計算時のみに結果を出力させるように対応しました。
  3. 「道示W」に準拠したせん断照査において、荷重に地震の影響を考慮した場合、許容せん断応力度τa1に平均せん断応力度の値を用いるように変更しました。
    地震の影響を考慮するには、「許容応力度法」−「共通(断面力)」−「応力度の種類」にて、「地震」を選択して下さい。
  4. 任意二軸のPPF出力において、断面図内に表示される中立軸の描画範囲を拡張しました。

■主な修正内容
  1. 限界状態において「土木学会コンクリート標準示方書(2012)」に準拠し、テキスト出力で「出力タイトルの表現」を『基準の表現』とした場合、正常に出力できない不具合を修正しました。
  2. 鉄筋2の許容引張応力度(一般荷重、地震・衝突)の値を変更しても正しく反映されない不具合を修正しました。
  3. 最外縁に設置された鋼材がPC鋼材の場合、降伏ひずみが正しくえられない不具合を修正しました。
  4. 限界状態において「土木学会コンクリート標準示方書(2012)」に準拠した場合、テキスト出力のβnの算出式表記が適切でない不具合を修正しました。
  5. せん断関係斜引張鉄筋の許容引張応力度(地震・衝突)の値が基準値にて設定された値に対応していない不具合を修正しました。

■ヘルプの修正
  • ヘルプ−概要−バージョン情報及び改良点−Ver4.0.Xの履歴
4.00.03 '17.05.12 ■主な改定内容
  1. 旧道示の鉄筋(SD295A など)を用いた計算を行う際に、表示されるメッセージをエラーレベルから警告レベルに変更しました。

■主な修正内容
  1. 鉄筋2を使用した際に、PPF出力にて許容値として鉄筋1を参照する不具合を修正しました。
  2. 旧Verにて作成された入力データの断面ケース名称を正しく読み込まない不具合を修正しました。
  3. PPF許容出力の設定画面を開いた直後に出力操作を行うと列数が初期化されて出力される不具合を修正しました。
  4. 鉄筋1、鉄筋2どちらかに丸鋼「SR235」が使用されているとき、PPF出力の鉄筋表で丸鋼が使われていない鉄筋にも「φ」が印字される不具合を修正しました。
  5. 「ヘルプ - 計算理論及び照査方法 - 計算式及び算出の考え方 - せん断補強鉄筋量」のコンクリートが負担できるせん断について道示W、土木指針の場合の算出式を追加しました。※計算結果への影響はありません。
  6. 曲げとねじりが作用したときのねじり耐力の安全照査の判定を適切に行うように修正しました。
  7. 鉄筋の入力段数が多い場合、PPF許容出力時に動作を停止してしまう不具合を修正しました。
  8. 再描画ボタンにより任意二軸断面が描画領域外になる不具合を修正しました。
  9. PPF出力にて断面図の描画倍率を上げて出力すると、動作を停止してしまう不具合を修正しました。

■ヘルプの修正
  • ヘルプ−概要−バージョン情報及び改良点−Ver4.0.Xの履歴
4.00.04 '17.07.06 ■主な改定内容
  1. 旧道示の鉄筋(SD295A など)を用いた計算を行う際に、表示されるメッセージをエラーレベルから警告レベルに変更しました。

■主な修正内容
  1. 旧Verにて作成された入力データ(*rck)の読み込みが出来ない不具合を修正しました。
  2. 断面形状がブロック入力の際、テキスト出力時に曲げ応力度の計算が行われていないと、正常に出力されない不具合を修正しました。
  3. 鉄筋2を使用した際、PPF出力における鉄筋表での記号名を「D」に変更しました。
  4. テキスト出力:許容応力度法で、「PPF出力形式」にチェックを入れ「改ページ行数」を小さくすると、動作が停止する不具合を修正しました。
  5. PPF出力:許容応力度法で、応力度(新書式)の鉄筋表に表示されるAsの値を、配筋された全種類の合計に修正しました。

■ヘルプの修正
  • ヘルプ−概要−バージョン情報及び改良点−Ver4.0.Xの履歴
4.00.05 '17.08.29 ■主な修正内容
  1. 限界照査結果画面「Vd/Vcd」の値として断面ケース毎の値が表示されない不具合を修正しました。
  2. PPF出力限界において応力度(新書式)の鉄筋表の値が正しく出力されない不具合を修正しまた。
  3. 限界照査結果画面で使用一覧の結果が正しく表示されない不具合を修正しました。

■ヘルプの修正
  • ヘルプ−概要−バージョン情報及び改良点−Ver8.0.Xの履歴
  • ヘルプ−概要−著作権−プログラム使用許諾
4.00.06 '18.11.29 ■主な改訂内容
  1. 炭素繊維シートを用いたM-φ計算において、引張低減係数を任意に設定できるように致しました。
    ※従来版は内部計算にて0.8に固定しておりました。

■主な修正内容
  1. 斜引張応力度において全断面有効時に軸方向圧縮応力度の単位が誤っている不具合を修正しました。
  2. 照査結果(許容)確認画面においてせん断照査タブのせん断補強鉄筋の応力度σs(N/mm2)が許容値にも関わらず赤文字で表示される場合がある不具合を修正しました。
  3. 矩形以外の断面形状においてPPF出力における断面図の中立軸が正しく出力されない不具合を修正しました。
  4. PPF出力の応力度(新書式)における鉄筋表の小数点位置がずれる不具合を修正しました。
  5. 最大せん断応力度の計算において、「τ=S/b・j・d(軸力考慮)」とした場合に中立軸位置と有効高における計算の判定が誤っている不具合を修正しました。
  6. 鉄筋表の出力時に鉄筋2の鉄筋規格ではなく鉄筋1の鉄筋規格を出力している不具合を修正しました。
  7. 主鉄筋入力においてTypeUの周状配置で配筋をする際に、「開始角」を「終了角」より大きい値とした場合に応力度計算が誤った結果となる不具合を修正しました。
  8. せん断照査結果において炭素繊維シート量の算出時に正しく炭素繊維シートの貼り付け間隔の単位に誤っている不具合を修正しました。
  9. 炭素繊維シート量の計算時に道示Vを選択しているにもかかわらずせん断スパンの値を用いた計算を行っている不具合を修正しました。

■ヘルプの修正
  • 概要−バージョン情報及び改良点−Ver4.0.Xの履歴
  • サポート−ご購入についてのお問い合わせ−大阪支社
4.00.07 '19.12.02 【重要】
2019年10月のWindows Update月例パッチ適用後、通信エラーが発生しWeb認証が出来ない場合がある不具合を修正しました。
2019年10月8日にマイクロソフト社より配信されましたWindows Updateの更新プログラムによる影響で、弊社製品のライセンス認証において、「通信エラーです」、「socket error=13」(または「socked error=8」)というメッセージが表示され、ライセンス認証が出来ない場合があり、これを修正しました。
併せて、弊社ホームページQ&AのQ1-45をご確認ください。
http://www.forum8.co.jp/faq/webactivqa.htm#q1-45

■主な改訂内容
  1. 照査結果(許容)の全体表示に付着応力度を表示するようにしました。
  2. 補強鉄筋併用時に付着応力度算出に用いるせん断力を1/2と設定できるよう対応しました。

■主な修正内容
  1. 限界状態設計法のテキスト出力においてせん断補強鉄筋ピッチの単位が誤っている不具合を修正しました。
  2. ヘルプにおいてコンクリートの応力度ひずみ曲線の種類として、選択できないものが記載されている不具合を修正しました。
  3. 応力度検算書の出力において出力ケースが100を超える場合、出力できない不具合を修正しました。
  4. 限界状態設計法において鉄道基準(H16)選択時、降伏曲げモーメントが範囲外で正しく計算出来ていないにも関わらず、誤った値を出力している不具合を修正しました。
  5. 許容応力度法においてせん断関係タブでせん断耐力の準拠基準を道示X(タイプ1またはタイプ2)とした場合、入力データの出力が行えない不具合を修正しました。
  6. 許容応力度法においてM-φ関係タブで「εcu発生位置(芯かぶり)」の値を断面高さとした場合に、計算実行時エラーが発生する不具合を修正しました。
  7. 限界状態設計法において安全性/疲労破壊で用いる、矩形換算応力度の結果が正しくない不具合を修正しました。

■ヘルプの修正
  • 概要−バージョン情報及び改良点−Ver4.0.Xの履歴
  • 使用権許諾の更新
  • 誤字の修正
4.00.08 '20.06.10 ■主な修正内容
  1. 旧Verデータにて限界状態設計法の断面力ケース名が正しく読み込めない不具合を修正しました。
  2. 軸方向圧縮力による補正係数CNを「考慮する」とできない不具合を修正しました。
  3. Ver4で作成した登録断面データを読み込めない不具合を修正しました。
  4. Frame面内/マネージャにてエクスポートしたRC断面計算データが正しく読みこめない不具合を修正しました。
  5. せん断耐力に用いる引張鉄筋量が正しく計算されていない不具合を修正しました。

■ヘルプの修正
  • 概要−バージョン情報及び改良点−Ver8.0.Xの履歴
  • 使用権許諾の更新
4.00.09 '20.07.20 ■主な修正内容
  1. せん断応力度が正しく計算されない場合がある不具合を修正しました。
  2. 軸方向圧縮耐力の上限値の計算に鉄筋2が正しく考慮されていない不具合を修正しました。

■ヘルプの修正
  • 概要−バージョン情報及び改良点−Ver4.0.Xの履歴
4.00.10 '20.07.31 ■主な修正内容
  1. 軸方向圧縮耐力の上限値の計算に鉄筋2の設計引張強度を用いている不具合を修正しました。
  2. 限界状態設計法においてPPF出力が一部正しく出力されない不具合を修正しました。

■ヘルプの修正
  • 概要−バージョン情報及び改良点−Ver4.0.Xの履歴
4.00.11 '21.05.10 ■主な修正内容
  1. 付着応力度が算出されない場合がある不具合を修正しました。
  2. τmax算出時のz算出に用いる中立軸位置が正しく算出されない不具合を修正しました。
  3. 設計曲げモーメントが「0」の場合にせん断耐力のβn算定に用いる純曲げ耐力が正しく算出されない不具合を修正しました。
  4. ヘルプの応力ひずみ曲線に関する文言を修正しました。

■ヘルプの修正
  • ヘルプ−概要−バージョン情報及び改良点
  • ヘルプ−計算理論及び照査方法ー計算式及び算出の考え方ー初降伏曲げモーメント
  • ヘルプ−計算理論及び照査方法ー計算式及び算出の考え方ー終局曲げモーメント
4.01.02 '21.11.11 ■主な改訂内容
  1. 64bit版に対応しました。

■主な修正内容
  1. 付着応力度の計算方法を「τo=Sh/Ujd」とした断面ケースで、中立軸が断面引張縁と最外縁鋼材の間にある場合に、付着応力度τo’が算出される不具合を修正しました。
    -全ての鋼材が圧縮側にある場合は、全圧縮同様に付着応力度の算出を行わないよう修正しました。
  2. 応力度検算書の上縁、下縁の表記を圧縮縁、引張縁に修正しました。
    -負曲げ断面の場合に上下縁が表記と反転していたため、圧縮縁、引張縁の表記で統一しました。
  3. テキスト出力にてケース名称が下付き文字となる場合がある不具合を修正しました。
  4. rc7形式で保存した際に断面力ケース名称が引き継がれない不具合を修正しました。
  5. rc7形式のファイル読み込み時に、限界状態設計法の断面力ケース名称が初期化される不具合を修正しました。
  6. 限界状態設計法にて、せん断有効高さdが不正な値となる場合がある不具合を修正しました。
    -主鉄筋の配置方法をType2、配置タイプを段配置、分布角を0度以外とした場合に、正しく算出されない場合がありました。
  7. テキスト出力にて、複数の断面力ケースがある断面のプレストレス力が不正な値となる不具合を修正しました。
    -断面力のPe、Mpeおよび、PC断面の抵抗Mr'、抵抗モーメント(NM図)の値が正しく出力されていませんでした。

■ヘルプ
  • [概要]-[バージョン及び改良点]-[Ver.4.1.Xの履歴]
4.01.03 '21.12.01 ■主な修正内容
  1. 64bit版にて任意二軸断面のPPF出力時にエラーが発生する不具合を修正しました。
  2. 結果確認画面にて複数ケースのHTML出力を連続で行うと、出力図が最初のケースから更新されない不具合を修正しました。

■ヘルプ
  • [概要]-[バージョン及び改良点]-[Ver.4.1.Xの履歴]
4.01.04 '22.01.24 ■主な修正内容
  1. 限界状態設計法にて、設計曲げモーメントMd=0の場合に設計軸方向圧縮耐力N’ud=上限値N’oudとするよう修正しました。
    -N’ud=N’oud / γbで算出されておりました。
  2. テキスト出力の限界状態設計法にて、一覧出力以外が出力されない場合がある不具合を修正しました。

■ヘルプ
  • [概要]-[バージョン及び改良点]-[Ver.4.1.Xの履歴]
4.01.05 '22.04.05 ■主な修正内容
  1. PPF出力にて鋼種の説明の丸鋼の表記を改善しました。
  2. 「応力度の種類」の説明をヘルプの「許容応力度設計法の共通(断面力)データ」に追記しました。

■主な修正内容
  1. 限界状態設計法にて準拠基準を鉄道構造物とした場合に、曲げ耐力に部材係数γbが考慮されない不具合を修正しました。
  2. ケース名称に文字数上限を超える文字列を入力できる不具合を修正しました。
  3. PPF出力の応力度(新書式)にて、列数を4以上とすると一部項目が出力されない場合がある不具合を修正しました。
  4. PPF出力にて断面図の中立軸が正しく表示されない場合がある不具合を修正しました。

■ヘルプ
  • [概要]-[バージョン及び改良点]-[Ver.4.1.Xの履歴]
4.01.06 '22.05.17 ■主な修正内容
  1. テキスト出力にて中立軸xの値が出力されない場合がある不具合を修正しました。
  2. 出力タイトル変更時に炭素繊維の保証引張強度の入力値が変更される場合がある不具合を修正しました。
  3. 限界状態設計法にて準拠基準を鉄道構造物とした場合に、曲げ耐力に部材係数γbが考慮されない不具合を修正しました。

■ヘルプ
  • [概要]-[バージョン及び改良点]-[Ver.4.1.Xの履歴]


お問合せ窓口




[ ユーザー紹介 ]
前田建設工業株式会社
土木事業本部 土木技術部 ICT推進グループ

学校法人三友学園 専門学校岡山情報ビジネス学院 情報スペシャリスト学科/情報システム学科
[ 新連載 ]
パーソナルデザイン講座 プレゼンテーション編






>> 製品総合カタログ


>> プレミアム会員サービス
>> ファイナンシャルサポート

最近リリースした製品
基礎の設計・3D配筋(部分係数法・H29道示対応) Ver.6
マンホールの設計・3D配筋 Ver.9
UC-1 Cloud 自動設計 RC断面計算
Shade3D Ver.23
電子納品支援ツール(機械設備工事対応) Ver.9

キャンペーン実施中
サマープレゼントキャンペーン

セミナー・イベントカレンダー
開催間近のセミナー
8/19  BIM/CIM入門
8/23  エンジニアの
  プログラミング入門体験
8/24  ビッグデータ解析体験
8/25  3D配筋CAD体験

ソフトウェア/支援サービス
VRソフト(バーチャルリアリティ)
《UC-winシリーズ》
・道路・シミュレータ
・ドライブ・シミュレータ
・マイクロ・シミュレーション
・避難解析・シミュレーション
>>その他VRソフト
FEM解析ソフト
・3次元プレート動的非線形解析
・2次元動的非線形解析
・総合有限要素法解析システム
>>その他FEM解析ソフト
土木・建築・設計ソフト
《UC-1シリーズ》
・構造解析/断面
・橋梁上部工
・橋梁下部工
・基礎工
・仮設工
・道路土工
・港湾
・水工
・地盤解析
・CAD/CIM、建設会計
・維持管理・地震リスク
・建築/プラント
・船舶/避難
>>その他土木・建築・設計ソフト
SaaS/クラウド
《スパコンクラウド®》
・スパコンクラウドサービス
《VR-Cloud®》
・リアルタイムVRシステム
《UC-1 for SaaS》
・FRAME面内
・FRAMEマネージャ
・RC断面計算
・UC-Draw
・電子納品支援ツール
・3D配筋CAD
・グループウェア/事務処理
・ファイル転送サービス機能
・クラウドデータバックアップサービス
・ファイル共有サービス
解析支援サービス/サポート
・UC-win/Roadサポートシステム
・設計成果チェック支援サービス
・Engineer's Studio®解析支援
・地盤解析支援サービス
・EXODUS/SMARTFIRE解析支援
・xpswmm解析支援サービス
・建物エネルギーシミュレーション
・3Dレーザスキャン・モデリング
・3D模型サービス
・3D報告書・図面サービス
>>その他支援サービス
各種ソリューション
・耐震診断/解析
・鋼橋設計
・橋梁新工法
・建築設計
・自治体
・医療系VRシステム
・パーキングソリューション
・ECOソリューション
>>その他ソリューション